FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

名器 第10回 新しい恋 その1

昼になり、自分専用の金庫に入れてあるお金を取りに行きました、会社に入り、社長室に入ると、引っ越しの時お手伝いにきてくれた、留美ちゃんが、お茶をもって来てくれました。 

  この本田留美ちゃんは専務の本田勝三氏の姪で、今年の4月に短大を卒業し入社してきた新入社員で、美人というよりかわいい系の女性です。

  留美ちゃんは、癒し系の女性というか、話をしているだけで何か楽しくなる不思議な魅力を持った女の子で、入社以来気にな
っているのですが、会社の従業員は、私が保護する立場であり、私を常に助けてくれる本田専務の血縁でもあるので、ちょっかいを出してはけないと思っていました。
  しかし、妻順子の本性をみて、愛情が急速に冷めたいま、留美ちゃんに惹きつけられるものを感じだしました。

「この前の引っ越しの時のお手つだいのお礼と言ったらなんだけど、留美ち ゃんがいやでなかったら、食事に誘いたのだけど」
 と云いますと、驚いたようで、
 「ええー、ほんとですか、ほんとにお食事に連れていって下さるのですか」
  
と、嬉しそうに少し恥ずかしそうに答えていました。

 「留美ちゃんの都合のいい時でいいんだけど、いつがいいの」

 「あのー、私はいつでもいいです、社長さんのご都合のいい時で」

  留美ちゃんの幼さが残る顔が 恥ずかしそうに、赤くなっていました、なん
と清純、清潔そのもの、可愛い顔つきでした。
  「今日は暇なんだけど、留美ちゃんはどう」 

  「ハイ、私はいつでもいいんですけど、今日は、会社の制服で来ていますので」

  「では、留美ちゃんのアパートに送っていき、私服に着替えてから行くのはどう」

  「はい、嬉しいです、社長さんの新車に乗せて頂けるのも嬉しいです」

 私は、少し舞い上がっていました、こんなに可愛い女性が、中年のおじさんに
なった私に好意を寄せてくれている事に。
 5時半過ぎに、会社の駐車場で待っていると、留美ちゃんが急いで、小走りに
やってきました、留美ちゃんのアパートは会社の借り上げで会社の近くでした
のでそのアパートに送り、着替えを待ってレストランにいそぎました。

そのレストランは、私が高級で新鮮な野菜の販路を拡大し始めた時に開拓した、
得意先で、美味しい神戸牛をメインにしたお店で、オーナーシェフに無理をい
って小部屋を取って貰いました。

レストランの小部屋に案内され、オーナーが自らオーダーを取りにきた時留美
ちゃんが、立って挨拶をしました、私もやもう
えず立って挨拶をしようとすると、気を利かしたオーナーが、
「今日は、お客様としてお出でいただいたのですから、かたぐるしいご挨拶は抜きにして、ごゆっくり私どもの料理をお楽しみください」
と雰囲気を和らげてくれます、料理はオーナーにお任せで、留美ちゃんに甘口
の白ワインを注文しました。
前菜、スープ、メインディッシュと進むうちに、留美ちゃんのやっていたスポ
ーツが、マイナーな競技の槍投げで、女子の部では、国体にも出て、2位にな
ったことや、全国大会でも3位になったことなど、私の誘導に、嬉しそうに、
楽しそうに語ってくれ、終わりのコーヒーが出るころには、白ワインは空にな
っていました。
ワイン一本は日本酒に換算すると、三合ほどになるそうですが、留美ちゃんは
顔が少し赤くなった程度で、酔ったとは思えません。
 オーナーに礼を云って勘定を済ませ、車に戻り、ご機嫌な留美ちゃんをのせアパートに送っていこうとしていると、

 「社長さん、今晩は、ほんとに有難う御座いました、こんなに楽しい事は生まれて初めてです」

 「留美ちゃんが、そんなに喜んでくれて、嬉しい、かえって俺のほうからお礼を言いたいぐらいだ、ほんとに楽しかった、有難う」
「私まだ帰りたくないんです、もっと社長さんと居たい、どこか連れて行ってください」

 「そんな事言っていいんかい、彼氏が聞いたら怒るぞ」

 「ええツ、私、彼氏なんかいません、今までお付き合いした人もいません、好きなのは社長さんだけです、入社以来好きになって、だんだん自分が抑えられなくなって来たんです」

 「いいのかい、後悔しても知らないよ、俺も留美ちゃんが可愛くてかわいくて、仕方なくなってきていたんだ」

 と云い須磨のマンションの方向にUターンし、マンションに連れ込みました。
 マンションに入るなり、上気した留美を抱きしめ、キスをすると、留美の両手が私の背中に周り抱きしめてくれました。
 呼吸が荒くなり、性的な興奮が起こり出したのか、口が開きだしたので、舌を入れディープキスになり、留美の舌を吸い込み、舌と舌を絡めあい、歯の裏側をなめ、口の中を舌で舐めまわす等をしていました。
 玄関口でディープキスに夢中になり、10分以上キスをしていました、もうこれ以上我慢が出来なくなり、寝室に連れ込み、ワンピースを脱がせ、シミーズを取り、ブラジャーをはずし、ベッドの上でパンティを脱がしました。
 留美は顔を両手で覆い、恥ずかしがっていましたが、一切抵抗はせず、呼吸を荒くしていました。
 素早く、ネクタイをとり、Yシャツを脱ぎ、ズボン、パンツを脱ぎ、留美ちゃんの上にかぶさって、再度キスをはじめ、耳に息を吹きかけ、首筋に舌をはわし、乳首を吸い込む様になめると、感じるのか、「はーー」と声を漏らしだしました。
 留美の乳房は大きいのですが、仰向けに寝ていても張りがあり、乳房がぺちゃんと潰れたようにはならず、こんもりと盛り上がっていました。
 顔を覆っている両手を、外し、私の首に持って来ますと、嫌がらず抱きついてきました。
 
 弾力のある乳房を両手で下から押し上げるようにし、乳首をなめていると、
 「ハー」と悩まし気な声をあげます。
  留美の顔を見ると、目を閉じ、口を半開きに厭け、白い歯みせ、快感をむさぼる女の表情になっており、普段の幼さの残る可愛い顔から、男を引き付ける大人の女になっていました。
 
  所謂、あへ顔 に興奮した私は、乳房の愛撫から、腹部を舐めくだり、留美の女陰をまじかにみました。
  陰毛は、割れ目から上の方に、ほんの申し訳程度に生えているだけで、割れ目が丸見えでした。
  陰阜は盛り上がっていて、少し もりまん で、土手が高いものでした。
  割れ目は土手と土手の間に、一本の筋が走っているようなもので、小陰唇は、発達してなくて、両側からぴたりと合わさったようになっていて、少し陰阜と色が違いますが、変色していないものでした。

  両のふとももを膝の処から肩に担ぐように持ち上げました、留美は恥ずかしいのか、また、両手で顔をかくして、恥ずかしそうにしていましたが、この恥ずかしそうにすることで、さらに性欲を掻き立てられます。

  まだ、男性器を受け入れる準備が出来ていないのか、割れ目は開いていませんでしたので、両手で開きました。
  中は全体がピンクで、綺麗なものでした。               
クリトリスは薄皮を被ったままで、少し膨らんでいるのか、盛り上がっているようにみえ、膣口は小さく、何か白く見える皺のようなものが膣口を覆っておりその中に人差し指ぐらいの穴が空いているのが見ました。
 少しですが、愛液が沁みだしているのがわかりました。

  このように、留美のオメコを見たり、土手を舐めたり、太ももを舐めたりしながら、クリを覆っている薄皮を舌で外し、クリ自体を舐めはじました。

  その時まで、何も云わなかった留美が、
  「汚いので、やめてください」
といいました、たしかに、独特の匂いがしており、この鼻につんと来る匂いが、新鮮な刺激になっていました。
  
  「留美のものなら、何も汚いものはない、愛しているんだ、好きなんだ」
  といいますと納得したのか、何も云わなくなり、呼吸が荒くなっていきました。

  肩から足を降ろし、足をいっぱいにひろげ、いよいよ挿入です、私のチンポを手でもって、クリと,膣口の間を上下にこすりだしました、だんだん愛液が多くなり、亀頭部分に私の我慢汁と留美の愛液を指で塗りつけ、挿入時の留美の顔をまじかで見る為、体を上にずらし、覆いかぶさり、片手でチンポを膣口のあたり保持したまま、
  「留美、いれるよ、しっかり抱きついて、痛いのなら我慢せず痛いといってね、優しくするから」
 といいました、留美は、両手を私の背中に回ししっかり抱きついてきました、その時にタイミングを合わせ、ぐいと挿入していきました、
  「痛いー」
 
という声で、挿入の速度を緩め、ゆっくりと奥の方に押し込んでいき、奥に届いた時、動きをやめ、留美の耳元で
 「好きだよ、愛しているよ」
と囁きを繰り返しました、その囁きにつれ、背中にまわした両手が強くなり、
膣壁が私のチンポを締め付けて来るのを感じました。
 はあ、はあ、はあ、と留美の呼吸がいよいよ早くなり、ゆっくりと、ピストン運動をしていきました。

 留美の膣はきついもので、入っている陰茎全体がキツキツに包まれていまして、特にカリの部分がしっかり膣壁に絡めとられているような感じがし、すぐに逝きそうになりました。
 ピストン運動をやめ、奥のコリコリした処をグイグイと突くようにして射精を延ばそうとしましたが、チンポ全体が強く吸い込まれるように感じ、

 「留美、もう行きそう、行きそう」
 
 というと同時に、射精が始まりました、留美にも射精がわかるのか、背中に回した手がきつくなりました。

 こんなに早く射精してしまうなんて考えてもいなかった事で、妊娠させてしまったかもわからない、など考えながらキスをし、耳もとで、

 「良かったよ、有難う」
 と囁き、用意してあった綿のハンカチを取り出し、ゆっくりとまだ大きいままの、チンポを抜いて、ハンカチを当て、出てきた血の混じった精液をふきました。
 やはり、留美は処女だったのだと確信しました。
 綺麗にふき取った後、自分のチンポも拭き、キスしてやろうと顔を見ると、留美は目にいっぱい涙を溜め、泣いていました。

「ご免ね、処女を奪って、痛かったのかい、それに留美の中へ、だしてしまった」
 と謝ると、留美は横にいる私に抱きついてきて

 「いいえ、私、嬉しかったんです、大好きな社長さんが私を抱いてくれはって、嬉しかったんです」
 
 私は留美を抱きしていました、留美も私に抱きついてきて、自分からキスをしてきました。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2017/09/24(日) 12:50:33|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名器 第11回 新しい恋 その2 | ホーム | 名器 第9回 別離の始まり その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5957-83f648f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR