FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

妻の快楽・秀樹

私(秀樹52歳)・妻(敏江45歳)の夫婦。
子供二人育て上げた為、妻も日中の余った時間、介護ヘルパーをしている。
収入はそれ程でもないが、充実した日々を過ごしていた。
そんな妻が介護している相手は、70歳の良雄だ。
少し認知症を患っている。
いつもの様に良雄の家に訪問した妻は、
妻「 あらっ~? 留守かしら ? 」
いつもは玄関ブザーを押したら 1Fの部屋から返事が来たが、無かった。
しかし玄関は施錠されていなかったので家の中に入った。
1Fの居間には良雄は居なかった。が、人の気配はしていた。
トイレか ?
良雄は風呂場に居たのだった。
風呂場のドアが少し開いていたので 中をこっそり覗いたら、、、、、
良雄は背中をドアの方に向けて 右手を激しく動かしていたのだった。
妻「 ? 」
瞬間は 良雄が何をしているのか ? 分らなかった。
すると、良雄は向きを変えて 正面が見えた。
妻「 あっ・・・・・・・」
妻は声が出てしまった。良雄は勃起したペニスを扱いていた。
そう、オナニーをしていたのだった。
妻の存在に良雄は気づき、
妻と 良雄の二人の目が合った。
その瞬間だった。良雄のペニスから白い液体が飛散ったのだ。
そう ! 射精だ。 妻は、何年ぶりかに その飛散る瞬間を見たのだった。
妻は呆気にとられてしまった。
何より70歳でオナニーをしている事、それに精液を飛ばす力。
良雄「 すみません ! 変なところを お見せして ! 」
妻「 いえいえ、元気ですね~、、、、、ふふふ・・・」
そう言った妻だったが、内心は違っていた。
{ 主人とは 随分ご無沙汰しているわ ! 70歳でもあんなに元気なのに~体が疼いちゃうわ " }
そう。私はEDになってしまっているので 妻とのSEXは数年無かったのだ。
妻は私に抱かれると 必ず快楽に達していたので 肉体が思い出したのだった。
妻はイク時は、全身を痙攣させてイクのだ。物凄く気持ち良さそうだ。
あの姿を見る限り、妻の肉体は あの快楽を記憶しており 次の機会を待っている筈だ。
そんな肉体を持つ妻は、男の性を見てしまったのだから 肉体が騒ぎ出した。
妻「 良雄さんっ ?  たしか 女性とSEXを、、、、、」
良雄「 ああ SEXなんて した事って無いよ " 」
妻「 でしたら 童貞って事ですよね ? 」
70歳の童貞とは、、、、真剣に考えたら恐ろしい事だ。と 妻は感じた。
だったら、この老人は オナニーを何回してきたと いうのか ?
妻は 色々と想像していたのだった。
妻「 オナニーをしているって事は 今だに性欲があるんですね ? 」
良雄「 恥ずかしいが、 そっちの方が衰えなくって、、、まだ まだ、、、
     ただ、今 結構 飛ばしたけど、いつもは あんなに飛ばないんですよ !
きっと、敏江さんに見られたって事で 
興奮してあんなに飛んだんでしょう ! 」
妻「 まぁ そうなんですか ? よく  飛んだものね  " !
羨ましいわねぇ~ それに比べ、主人ったら、、、」
良雄「 おっ、旦那に不満でも、、? そうか ! 夜の方が駄目なんだねっ ! 」
妻は良雄の言葉に頷いた。
その日は介護の仕事を済ませ、帰宅をした。
帰宅途中、妻の脳裏には良雄のペニスから吹き出た精液の瞬間が妬きついていた。
妻の肉体は 女の快楽感を眠りから起こした。
寝る時も思い出し、等々 妻は何年ぶりかに自慰をした。
私の寝ている隣で、妻は70歳の老人の射精を思い出して快楽に耽っているのだった。
私が妻の異変に気付き、
私「 どうしたんだ ? 魘されているようだけど ? 」
妻「 えっ・・だ 大丈夫よ ! 悪い夢を見ちゃぁって、、、」
妻は誤魔化して答えた。
すると、妻は私の下半身に手を伸ばしてきた。
妻「 無理かな ? 」
そう言って手でペニスを握ってきたが、
私「 駄目だろう ! もう立たないよ " 」
何分か妻はペニスを握り擦ったが勃起はしなかった。
妻「 やっぱり 駄目か~、、、、、、」
私「 なんだ 欲求不満なのか ? 」
妻「 別に 大丈夫よ " 」
妻は内心とは違う答えを言った。
その後、妻は眠りに入っり 翌朝、妻は介護先の良雄の家に向った。
昨日の事を思い浮かべ、玄関扉を開けた。
良雄は1Fの居間に座ってテレビを見ていた。
妻は今日も良雄がオナニーをしているかもしれない。と思っていたが
予想は外れた。
良雄「 昨日は、、、、、見っとも無い所を見せて、、、」
妻「 いいえ 良いんですよ ! 気にしないで下さい。  」
良雄「 ありがとう " じゃぁ 遠慮なく  今日も これから自慰を、、、、、」
妻「 えっ、、今からやるんですか ? 」
良雄「 ええ !  やっぱり駄目ですか ? 溜まっているもんで、、、」
妻「 ほんとですか ? 凄い性欲ですね !  なら 見てていいですか ? 」
妻は本心を言ってしまった。
良雄「 えっ、見てくれるんですか ? 嬉しいなぁ~ ! 」
良雄も 妻が見たいと言ったので嬉しくなった。
妻「 見るだけで、そんなに喜んで頂けるのなら、手伝いましょうか ?
   手でよければ、、、、、、ふふふ 」
良雄「 願ってもないよ ! 是非お願いしますよ ! 」
良雄の嬉しさは、倍増した。
妻は、こうなったら恥を捨て本心で当ろうと思ったのだった。
手で出してあげるのなら、浮気じゃぁないし、、、と勝手に思ったのだ。
妻は手早く、良雄の下半身を裸にするとペニスは勃起していた。
目の前に見るペニスは昨日の物より大きく見えた。
妻は自分の手の寸法からペニスの大きさを推測してみた。
すると、17Cm~19Cmはある立派な物だった。
妻「 昨日、見た時は分らなかったけど、良雄さんのって大きいですね " 」
妻は正直に言った。
良雄「 他と比べた事がないし、当然 そんな事言われた事もないよ !
     御主人の物と比べてって事 ?  それとも もっと多数の人と比べて ? 」
妻は頷いて答えた。
良雄「 へぇ~ 敏江さんって 経験豊富なんですね ! そのようには見えないけど、、、」
妻「 ほんとの事 言いますが、豊富って言われても 片手くらいよ ! 」
良雄「 いや~片手でも 凄いですよ ! 敏江さんは 5本の味を知ってるって事ですね ! 」
妻「 まぁ 味だなんて、、、恥ずかしいわっ~ ! 」
良雄「 ついでに聞きますが、5本の内 誰のが一番良かったんですか ?
     結婚したって事は、やはり 御主人ですか ? 」
妻「 一番は主人の前に付き合っていた人の物かな ? 」
良雄「 そうですか ! なにが違うんですかねぇ ? 」
妻「 今にして思ったのは、長さと太さかな ? 」
良雄「 長さねぇ ? で 私の物は ? 」
妻「 さっき言ったとおりよ ! その人並みよ ! ふふふ 」
そのような会話をしている最中も、妻は良雄のペニスを扱いていたのだった。
良雄のペニスは初めての女性の指の感触に 若さ溢れる勃起になった。
妻は力苦よく勃起しているペニスに自然と顔を近づけていき口に含んだ。
良雄「 えっ口で、、、、ああ気持ちいい " 」
妻は一旦ペニスを口から離し、
妻「 出そうになったら 出して ! 飲んであげますから、、」
そう言って再び口に含んだ。
しかし、良雄のペニスは中々射精を迎えなかった。
敏江としては、旦那なら射精を迎える時間なのに。と思っていた。
この時点で、妻は良雄に射精をして欲しい。との思いが強くなっており
妻としての理性は無く 女のプライドが次の行動に移したのだった。
妻「 まだ出そうもないんですか ? 口じゃぁ あまり気持ちよくないの ?」
良雄「 出そうなんだけど、でも射精までは、、、いつも遅いから、、、」
早撃ち主人と違い、長持ちするペニスだったのだ。
妻「 よければ、私の中に入れてみますか ? 」
ついに大胆な事を言った。
良雄「 本気で、、、、、、、」
既に妻の肉体が我慢できなくなっていたのだ。
良雄「 70歳の童貞を 貰っていただけるんですね ? 」
妻は黙って頷いた。
妻「 良雄さん下になって寝てください。私がやりますので、、、」
妻は体位を上になりペニスを指で握ると自分のオマン○に添えた。
妻「 いいですか ? 入れますよ ! うっ ~は 入ったる~ 」
良雄のペニスが妻のオマン○の中に全部が消えていった。
何年ぶりか ?  妻の子宮口に亀頭が当った。
良雄「 おお~中が暖かいよぉ~気持ちいいぞぉ~」
初めての感触に吠えた。
が、この時 妻は一点ミスを犯してしまった。避妊だ。
70歳の年齢に油断したのか、生で入れてしまったのだ。
二人のプレイが始まってしまった。
妻は体位の上から腰を上下左右に激しく動かし、
下の良雄も腰を突き上げる動きを激しくしたのだ。
妻「 い いい ~ あああ 当っている~ 」
良雄「 うぉ~気持ちいい~」
若い夫婦のようにプレイをしたのだ。
妻の子宮口に良雄の亀頭がグングン押し当てていた。
射精が遅いペニスも、等々耐えられなくなっていた。
良雄は妻の腰に両手を当てて、妻のオマン○を引き付けて
良雄「 うぉ~・・・・・・で 出る~・・うっ・・・・・ 」
良雄のペニスから大量の精液が妻の子宮口に注がれてしまった。
妻「 あっ・・私も イ イク~~・うっ~・・」
妻も良雄に力強く抱きあった。
妻も70歳のペニスによって、思い出したようにオルガ二ズムに達してしまったのだった。
妻のオマン○は久しぶりに達したので、良雄のペニスの感触を味わうように
締め続けた。
二人は快楽の余波に酔いしれ、数分後、
良雄「 凄く 良かった ! ありがとう " これがSEXなんですね ! 」
妻「 いいえ" 此方こそ ! 」
良雄「 結構 沢山出しちゃったけど ?  零れてきますよ ! 」
オマン○からは、良雄の言うとおり、大量の精液が垂れていた。
垂れた精液を見た妻は、良雄の言葉で正気になった。
妻「 あっ そうか ? どうしよう  困ったわ ? 危ない日なのに " 」
良雄「 危ない日って ?  」
妻「 えっ、、分りません ? 危ないって意味 " 」
良雄は、まったく分らないという顔をした。
70歳にもなれば、生で女の体内に精液を注ぐ事の意味も頭から消えてしまっていた。
妻「 赤ちゃんよ ! 妊娠するのに 危ない日って事 ! 」
良雄「 えっ 妊娠 ? 」
妻「 良雄さんが 今 生で出しちゃったでしょ ! だから 危ないって事よ ! 」
良雄は妊娠の言葉に内心喜んだ。
もしかしたら、この女性が自分の赤ちゃんを、、、でも まさか妊娠なんて、、。
妻は、{ 失敗したわ " コンドームを着けなかった" でも70歳だから、 きっと 大丈夫よ }
妻は自分で自分を言聞かせていた。
だが、結果は、、、、、、、、、、、
二人は翌日も抱合ってしまった。
二人ともSEXの快楽に陥ってしまったのだ。
たが、その時からはコンドームを装着して抱合った。
来る日も、来る日も快楽を味わっていた二人。
良雄は取り戻すかのようにSEXの虜になり妻の肉体を求めた。
妻は快楽の日々を過ごしていたので生理が遅れている事にも気付かずにいたのだ。
そして、、、、、、
3ヶ月が過ぎた日、
妻に吐き気が襲った。その吐き気を妻の肉体は覚えていた。
妻「 ま まさか ? に 妊娠、、、だとしたら、良雄さんとの、、、、、」
妻は70歳の老人の赤ちゃんを宿してしまったのだ。
たった一度、生で出された だけなのに、、、、、、
この年齢で妊娠するとは、、、しかも主人以外の人の種で 恥ずかしいわ 、、、
妻は困ったので良雄に話をする事にした。
翌日、
良雄「 今日も楽しもう " 敏江さん ! 」
妻「 それが、、、、、困った事に、、」
良雄「 困った事 ? どうしたの ? 」
妻「 妊娠したの ! 」
良雄「 妊娠 ? それは目出度い事じゃぁ ないですか ! 」
妻「 だって 良雄さんの赤ちゃんよ ! 」
良雄「 えっ 俺の、、、、、」
良雄は嬉しくなった。
70歳になって父親になれる。と、、、
妻「 主人とは 何年もSEXしてないわ ! 私の体内に子種を入れたのは
良雄さんだけよ ! だから疑う余地もないの ! 良雄さんの赤ちゃんよ ! 」
良雄「 そうですか ! 俺の赤ちゃんか " 」
良雄は、敏江が赤ちゃんを下ろすと思った。
妻「 良雄さんの独り身だけど、親戚は ? 」
良雄「 もう何十年も 音信不通だから 生きてるのか、死んでるのか ? 全然、、」
妻「 てっ事は 天涯孤独って事だわね ? 私のお腹の中の赤ちゃんが 唯一の、、、」
良雄「 そうだね " 敏江さんのお腹の子が この世に産まれれば、、、
この家や預金を相続させられるけど、このままだと 国に没収かな ? 」
妻「 そうなるわね ! 、、、、、、」
妻は考え込んだ。
妻は、{産む事にしたら主人にばれるし、産んだら良雄さんの財産が、、、、、}
妻は散々女の快楽を味わっていたのに、今は金の事が頭に残った。
良雄「 敏江さん ?  もし もしだよ お腹の子を産んでくれたら 俺の財産を
    全部 その子に相続させたいし、実際産んだら その子が相続権利が
     ある事になるよね ! 」
妻「 いいの ? もし産んだら その子に譲っても ? 」
良雄「 当然だよ ! 俺の子なんだから ! それに母親が敏江さんだから問題なしだね ! 」
妻は考えた。
妻{ そうか " 主人と離婚しても、、、産んだ子の母親として財産を、、、}
妻は思いが錯綜した。
それでも、また今日も良雄に抱かれ 快楽を貪った。
二人は、妊娠してしまった事でコンドームを着けないでプレイした。
しかも、今日の妻はいつもより更に激しく快楽感が襲ってきた。
70歳の老人の子供を宿したという、事実が興奮を高めていたのだ。
妻「 良雄さん~ いいわ 生は 気持ちいい " もうイッちゃう~ イッていい ? 」
良雄「 いつもより早いな~ 駄目だ ! 一緒にイクんだ ! まだ達しちゃあ駄目だよ ! 」
妻「 無理~"我慢できない ! イカせて~ もうイク~、、」
良雄「 イクなら 俺の子供を産んでくれる事と、俺と結婚してくれ~ !
それが 約束できるのならイッて いいぞ~ !  どうする イクのか ?  」
妻「 分った ! 産む 産んであげるから イカせて~ううう、結婚してあげるから、、、」
イカせて、もう駄目、イク イク イッちゃう~ぐぅぉ・・・・」
良雄「 俺も出るぞ~うぉ~、、、」
子宮の中には二人で宿した赤ちゃんがいるのに役目を終わった良雄の精子が
再び妻の子宮口から子宮内部へと注がれていった。
用済み精液が妻のオマン○から垂れてきた。
妻「 それにしても 凄い量ねっ " これだけの量だもの 妊娠もする筈よねッ ! 」
良雄「 まさか70歳になって 父親になるなんて ! 想像もしてなかったよ !  
敏江さんがイク前に約束した事 ? いいね守ってよ ! 」
妻「 うん 約束する ! その代り もっと もっと 私を抱いてくださいね " 」
私だって この歳になって 妊娠するなんて想像もしてなかったわ ! 」
良雄「 おお  結婚したら 毎日だ ! 死ぬまで敏江さんを 抱き続けるさぁ ! 」
妻は良雄にキスをし、力強く抱合った。
そして、妻は、、、、、、
私に離婚を申入れしてきた。理由は、性格の不一致との事との事。
等々 真実を私には言わなかったのだ。
まぁ さすがに 不倫とか浮気したとか だったら言えたかもしれないが
好きでもない70歳の老人の子供を妊娠した。とは言えなかったのだろう。
ただ快楽を求めた妻の結果だ。その報いが70歳の子供を妊娠した。
と、思っていた私だったが 甘かった。
財産と自身の快楽を手に入れる為、良雄のペニスで狂ったようにイキ続けたのだ。
その後、
妻は良雄との快楽生活を送り、良雄は腹上死をした。
ところが、良雄の死によって妻の予想が外れのが判明した。
良雄には預金は無く、住んで居た家も借家だったのだ。
結局、妻は70歳の種で子供を産んだけだったのだ。
快楽を味わえた事だけが妻にとって身になった。
妻の肉体はオルガ二ズムという麻薬に犯され
次の獲物を探す事を妻の肉体が求めていた。
子供を施設に預け、妻は捜し始めた。
48歳になっていた妻を相手にしてくれる男は、そう 多くはいない。
外陰襞は黒々と垂れ下がり、膣も内径が肥大化してしまい、
クリトリスは皮も剥け大豆大になってしまっていた。
子宮口も口を広げ もう生殖臓器の面影は無い。
それでも、女の快楽を求める肉体。見る影もなかった。
妻が見つけた獲物は、、、、、、
それは3Pプレイを趣味にしている男達だった。
43歳と45歳の男性だ。2人とも妻子が居る。
今日も、いつものように3Pが始まった。
妻は3Pでも 2人の男性に個々オマン○をするのでなく
妻のオマン○に2本のペニスを挿入するというプレイだった。
妻のオマン○は2本同時に難なく受け入れるのだった。
2本のペニスにはコンドームは装着されず、生での挿入だった。
それが条件で付き合った妻。
二人の男は妻が妊娠してしまう事を望んでの事だった。
妻が狂ったようにオルガ二ズムに達すると2本のペニスから略同時に
妻の口の開いた子宮口に精液が噴射された。
生殖能力のある妻の肉体は、当然 妊娠してしまった。
どちらとも分らない子供を宿す妻。
その子供を産まされ、また施設に預け、再び2人の どちらとも分らない子供を宿し続けた。
それを繰り返す妻。
妻が58歳になり閉経を迎えた時、妻は6人の子供を出産していたのだった。
もう妊娠する事ができない体になった時、二人の男は妻から離れていった。
そこまで堕ちた妻だが、それでもオルガニズムの為に獲物を求めた。
これからは妊娠の心配は無い。
男の精液を生で好きなだけ受け入れられる。
そんな妻が生涯を終える時がきた。
その時の妻プレイは、、、、、、
自慰しかなかった。
まともな自慰では妻の肉体は満足できなかったので、
長さ30Cm、太さ直径10Cmもある超巨大バイブを使用していた。
アメリカからの輸入品で、日本のアダルトショップで販売していた。
妻が購入しようとした時、店の主は言った。
主「 まさか、奥さんが使うんじゃあ 無いよね ? こんなにデカイ物は、
   アメリカ人のように あそこがデカイ女の人でないと、使えこなせまいでしょ ? 」
妻は、大丈夫よ と言って店主に話し購入した。
店主は呆れた顔をして妻を見ていた。
ただ、店主も まさか 妻のオマン○に入るとは思っていなく、
妻の相手とのプレイで 玩具程度に使用するのだと思っていた。
だが、妻は しっかりと使用した。
自らの力で強引に子宮口を押し開く妻。
初めて使った日から、30Cmの化物を根元まで咥えてしまう妻のオマン○。
全てが呑み込まれると、一気にピストン運動をする。
しかも、数センチのピストン運動ではなかった。
30Cm全体を一度全て抜取り、30Cmを再び一気に挿入するピストンだった。
喚き散らしてイク妻となっていた。
バイブなので好きな時、いつでもオルガニズムに達する事ができるし
一日の中で何度もできるのだから、妻の肉体は快楽を求め続け、
1日の中、5回は達していた。
それを、繰り返していた日々が続き、等々肉体も限界にきた。
連絡の着かないのを気にし、女性の友人が家を訪ねたら
妻は、下半身を裸にしオマン○にバイブを刺したままの姿で死んでいた。
心筋梗塞だった。快楽の頂点に達した時、そのまま亡くなったのだ。
その姿を見た、友人は、
友人「 な なんなの これは ? 敏江さんが こんなに淫乱だったとは ?
こんなに太い物を性器に入れて亡くなるなんて、、、、、
そんなに気持ちいいの ? 、、、、、試しに、私も、、、」
友人は、警察が来る前に、バイブを抜き、自身のバックに入れたのだった。
数週間後、その友人が超巨大バイブを使って自慰をしている姿が
狂った女の題名でインターネット上に投稿されていた。
大きな空洞になってしまったオマン○の画像と30Cmがオマン○に消えている画像。
友人も妻のように、女の快楽という麻薬に堕ちてしまったのだ。
続く・・・・・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2016/02/06(土) 18:57:10|
  2. 1話完結■職場関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<落書きの導き 導き~ | ホーム | むちむち・笹崎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5775-cdfbe260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR