FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

花 濫 第13章焼けぼっくり6

腰で折り曲げられ、伸びきった両脚の足首を掴んで左右にひらかれ、その間に男の腰が入っていた。掴んだ両足を手綱のように上下に揺すりながら、
男は前後に抽送運動を繰り返していた。女は人形のように自由に動かされながら、この世にいなかった。
男だけが夜のしじまの中で一点を見据えて孤独な動きを続けていた。突然鳴りはじめた電話のベルは、最初男にしか聞こえなかった。

調布のインターチェンジを出たから、あと三〇分で着く……、劉がまだいるなら、駅前の餃子を買って帰るが……。電話が切れる直前に、そのままで
もいぞ、と夫が言った。意味はわっかったが、劉の手前、そうはゆかなかった。
しかし、夫の期待を、すべて消し去ることも出来ず、思案のすえに、和室をそのままにすることにした。
劉には、夫が和室に入ることはないから、と説明した。和室は二人の体液と汗の淫らな痕跡が、布団にも空気にもいろ濃く残っている。
身体を洗う間もなかった。素肌に皺になった茶のハウスコートを着た。釦がふたつとれていた。その分だけ乳房と尻が多くむき出しになった。劉が着
替えたのを見届けてから、自室にかけこみ、鏡にむかった。狂って血の色に染まりかけた妻の顔が、おぼろげに視えた。
乱れた髪を直しながら、寝起きのような顔を化粧で隠そうとしているな、と惣太郎は思った。目の潤みも上気した顔も隠しようがないのにとも思った。 

心に乱れはなかったが、動揺している男を、どう静めるか、ということだけが頭にあった。夫と通じ合って仕組んだ、とは言えなかった。帰ってきて、
夫がどういう態度を示すかということも考えてみたが、それは夫しだいで、考えてもはじまらないことだった。夫が男に無体な態度をとるとは思えなか
ったが、純な男の心の動揺には心が痛んだ。夫が、もう劉と会うな、と言ったら、はたしてそれに従えるだろうか。いまの女には、肉の希望だけが
すべてのように思えた。

夫が帰ってくるのだから、ちゃんとした服装で現れると思っていたのに、ネグリジェ姿で現れた冴子を見て劉は、息をのんだ。
ネグリジェは薄くどうかした光線のかげんで、陰毛が透けて見えた。下穿のないのも歴然としていた。
「そんな恰好で………」
微笑みかけた冴子の顔が一瞬、惚けた表情をみせてから、あわてふためいて、また自室にかけ込んだ。
まだ精神が正常にかえっていない、と劉は思った。
これでは、もうすぐ帰ってくる主人に見破られるかも知れないと考えると、日本の社会ではどうか知らないが、台湾で畏敬のひとの妻と通じたという
ことが発覚すれば、それは社会的抹殺を覚悟しなければならない。
劉の中に恐怖がはしった。すぐにもこの家を飛び出したい衝動にかられたが、日本の風習ではないことはたしかだが、この家の主人は、どこが違っ
ていると、前から考えていたことが、その衝動を阻止させていた。

調布の外人寮にいたころ、毎夜のように、この家にやってきて酒を飲み、夫婦と話し、そして主人が二階の書斎に消えるのを待って、階下の和室で
交わっていたことを、主人はほんとうに知らないのだろうか、という疑問があった。
若い妻とわかい男が、毎日のように、夜遅くまで、ふたりだけでなにをしていたと考えていたのだろうか。まったく疑念がを感じなかったとすれば、
よほど自分の妻を信頼していたか、世間知らずというほかない。

言語学者として世間でも通る五十歳の男の経験が、それほど非常識とは思えなかった。当時じの劉にとっては冴子が生き甲斐の軸だった。
はじめて識った女のやわらかさは、なにものにもかえがたかった。
そんな時、同じ寮に宿泊していたバンコック出身のヴエンという青年が、あなたも橋田先生の所に出入りしているらしいが、あの先生はインポで奥
さんを満足させてやることが出来ないと聞いた。もしそうであったら、あの若いし美人の奥さんは欲求不満に違いないから、ぜひ一度紹介してくれ、
と劉に言ったことがある。

ヴエンは、政府の奨学金で留学していたが、ただ貧困な母国を抜け出して豊かな日本で遊びたいという、真摯な学問を追求する劉とは違った世界
の人間だから、それまで劉は相手にしなかった。
しかし、その時だけは、ヴエンの話しにのるような恰好で、
「それは初耳だ。本当なら、あなたより自分が立候補しますよ。しかし、それは事実ですかねえ……」
劉が、わざと好色そうに問いかけると、

「隣の部屋のラサールも、よくあの家に遊びに行くそうだが、酒を飲んだすえ、奥さんを抱いてダンスを踊った時、あまりにも魅力的なので、つい
激しいチークダンスをしたのだが、横で見ていた主人が、自分はもう若くないが、妻は若いのだから慰めてくれ……、と言ったそうだ」
劉は焦る心を鎮めながら、
「そしたら?」
と促したが、
あとのことは言わなかったね。その後通っていないところを見ると、成功しなかったのではないか」

ちょうど劉が冴子によって男になったばかりだっただけに、ヴエンの言葉は衝撃で、しばらくは、そればかり考え続けて、あるいは、自分とのこ
とが発覚して、とおまわしに詰問してきたのだろうか、とまで疑ったが、そのあとなにもなかった。
いまの冴子は、たしかに精神的混乱を起こしていたのだろうけれど、混乱しているがゆえに、無意識で素裸にネグリジェをはおるというのは、夫
とのあいだに、それが許されるような一種の馴合の合意とでもいうべきものが成立している、とも考えられる。
だからこそ、本能的に裸にネグリジェを纏うという行動に出たのではないか。劉の脳裏に生じた瞬間の疑念は、なぜか彼の心に尾をひいた。

つぎに現われたとき冴子は、ミニのグレーのスカートに、胸ぐりの大きくあいた目の醒めるような深紅のブラウスをつけていた。深紅が冴子の
肌の白さを目立たせていた。
「これならいいでしょう……」
冴子は、少女のように短いスカートの裾に手をかけてしなをつくってみせた。一瞬、股間のあたりまでまくれ上がったスカートの奥の隠微な部分に、
下穿は見えなかったが、きくわけにもいかなかった。

車の停まる音もなく、玄関があいたのは、それから間もなくだった。
冴子が出迎えに出た。靴を脱ぎ手提げ鞄を渡しながら見上げた夫の眼に光があった。首尾を問うまなざしであることは冴子の一目でわかった。
冴子は返事をせず顔を赤らめた。惣太郎があがってきた時に、冴子はリビングにいる劉を気遣いながら、そっと玄関横の和室の襖をあけてみせた。
惣太郎が、わずかに開いた襖から首を突っ込んで、

「相当派手にやったな」
小声で言ってから、冴子のスカートの裾に手をさしこんだ。
下穿のない股間は濡れていた。
「なんだ、風呂にも入っていないのか」
惣太郎は、ややふるえる声で妻に言った。自分が興奮しているのが、わかった。
「一度
入りましたけど……」
消え入るような声で妻が答えて赤面した。

リビングで聞き耳をたてているであろう劉を気にして、惣太郎はわざと大股で歩いてリビングに入った。ドアをあけた正面のソフアにかしこまって座
っている劉が、いたずらを見つかった子供のように顔を皺わらせて笑った。
「劉君はあまり飲めないのだったね。無理に飲むとどうなるんだい?」
惣太郎がブランデーグラスを揺すりながら訊いた。
「すぐに前後不覚になってしまいます。あとで聞きますと、とても元気よくなるそうですが、自分では覚えておりません。二、三杯飲むと、これが限
度だというように頭が重くなってきて、それを過ぎると、あとは忘れてしまうのです。自分の行動を覚えていないというのは恐ろしいことです。それ
で、あまり飲まなくなってしまったのです」
「酒を飲めば、多かれ少なかれ、記憶は失うものだよ。まあ、今夜は、もう泊まることにして、ゆっくりやろうよ」

劉をけしかけるようにして、ふたりで酒をかわしだしたのは十二時を過ぎた頃だった。自分で云った通り、劉はすぐ酩酊した。酩酊すると暗示にか
かりやすくなるタイプだった。それを惣太郎は巧みに利用した 自分が帰るまでの妻とのことなど、軽々と告白し、死んで詫びると、泣きながら訴
えた。
惣太郎の老獪な誘導で、劉と妻を和室に入れて愛交に入らせるには、それほど時間はかからなかった。

もう休んだ方がいいから……、とシーツの皺を横目で見ながら布団に劉を寝させ、その横に妻に添い寝するように命じたとき、妻は、
「いやよ、こんなに明るいところで……」
羞恥に顔を染める妻を説き伏せて寝させると、劉は自然の反応で、すぐに妻を抱いた。酩酊して眼はつぶっているが、もう惣太郎が、すぐそばで
見ているなどということは眼中にないらしく、着ていた寝巻も下穿も脱ぎ捨てて全裸になって、妻に挑んでいった。
贅肉のない硬く逞しい劉の裸体が、妻に馬乗りになって、妻の衣服を剥がしはじめた。酒を飲んでいない妻はあがらったが、劉には非力だった。

「そんな無茶なことしたら、破れてしまうわ」
薄いブラウスの前ほっくをはずさないで、強引に前を開こうとする劉に妻が叫んだ。
「いいではないか、ブラウスの一枚ぐらい…」
惣太郎が言った時には、もうブラウスは、左右にちぎられて、ぼろきれにようになって、妻の躯の下に落ちていた。
深紅のミニスカートが捲くしげられた格好で、妻は劉のものを受け止めていた。仰向けにされた蛙のように両脚をくの字形に開いたあいだに劉の
腰がはまってい動いていた。惣太郎のものと比較するとひとまわりも、ふたまわりも大きく見える劉の陰茎がまた妻を貫いた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/12/03(水) 09:06:20|
  2. 花濫・夢想原人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花 濫 第14章田辺の帰国 | ホーム | 花 濫 第13章焼けぼっくり5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5718-682287a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR