FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

花 濫 第9章凌辱の期待2

家に着き、玄関の扉をあけた。
物音を聴いて迎えに出た妻の様子を一瞥して、惣太郎は息を呑む思いをした。
女とは一夜のうちにこんなに変わるのかと思った。茄子紺の結城紬に白地に桔梗の模様の入った真綿紬の帯を締めているが、着物の衿が乱
れているし、帯もゆるんでいる。裾も乱れ赤い帯締めもゆがんでいる。いつもきっちりと着ないと気の済まない妻とも思えない乱れようである。
 
しかし、その乱れ姿は、落魄した印象ではなく、いかにも妖艶で発情の精臭が匂いたっているようななまめかしさである。顔を伏せたままだが、
後ろでまとめた髪が乱れて、額から頬に垂れている。表情は見えないが憔悴し切っている様子が伺えた。
「お帰りなさい」
口の中で呟くように言ったまま妻は顔をあげなかった。しかし顔は俯向いていても首筋まで真赫にしているのが判った。
 
こんなに羞恥のこもった妻の姿態を見るのは新婚の初夜以来である。これが二十七歳になって三人の男を識っている女かと思うほど、妻の羞
恥は新鮮で初々しかった。惣太郎はすべてを了解した。
「おい、ラサールが来たんだね」
というと、冴子はなおも夫の顔を見ないよういにして、こくりと頷いた。そして、
「いや!」
と叫ぶようにいうと、夫に背を向けて部屋の中に走り込んだ。しかしちゃんと心得ていて、玄関からいちばん遠い自分の部屋に飛び込んで行っ
た。惣太郎が追いかけて入っていくと、部屋の隅に妻は背を向けてうなだれて坐っている。俯向いた細い襟足や肩の辺りにげっそりと窶れが見
えるようだった。

「顔をみちゃいや、お願い顔を見ないで」
そう言って必死に顔をそけようとする妻の頬を、惣太郎は両手ではさんで強引に仰向かせると、激しく噛み付くような接吻をした。咽喉の奥で
呻きながら力なく夫の接吻を受けた冴子は、やがてぐったりと夫の腕の中で顔をう仰向けてしまった。
それは惣太郎がはじめて見る妻の顔だった。惣太郎は驚きを隠すことが出来なかった。化粧を施していたが、化粧では隠しきれない荒淫の
後が痛ましかった。

眼の縁が黒ずんで下瞼にはっきりと隈をつくっていたし、頬にも型のいい額にも疲労の後が哀れだった。
いつもきらきらしている黒い瞳がとろんと潤んでいて、白眼にはまだうっすらとピンクの色が残っていた。それは激しい疲労と睡眠不足の証なの
だろうが、、どうしたことか頬を真っ赤に上気させ、とろんと眼を潤ませているのは何を物語っているのだろうか。惣太郎は尋常ではない妻の様子にあっけにとられ
ていた。
 
まるで妖術にでもかけられて、その憑きものが今なお落ちていないような妻の呆然とも朦朧ともとれる様子を見ていると、一体妻はどんな凶暴
な性の餌食にされたのだろうか。しかし、妻の尋常でない表情には、恐怖とか驚愕を体験した後の緊張感はない。眼の潤みや上気した頬の様子は、明らかに徹底し
た快楽に翻弄され続けた跡の、余韻のくすぶりの中にいるということを証明している。

突然惣太郎の身内を駆け回る凶暴な血と、けねげにもそれをやりとげた妻へのいいようのないいとしさとで、彼はいきなり妻の体を畳の上に
押し倒すと、その弛緩してぽってりと骨を抜かれたような女体に覆いかぶさって抱き締めた。

「ラサールとしたんだね。してくれたんだね」
「したわ………あたしもう滅茶苦茶よ」
「何度もしたのかい」
 
冴子はじっと夫の見詰めたまま二、三度頷いて、
「一度がとてもとても長いの、それに何度も何度もよ…………あたしもう駄目、ラサールの悪魔のようなテクニックにすっかり溺れてしまったわ。
何度も失神しては目覚めてまたしたわ。あたし汚れてしまったの」

冴子の充血した眼にみる見る涙があふれて、それは幾筋も眼尻に流れていった。唇も悲しげに震えて、
「中が破れるかと思うほど大きくて、体の奥深くまで達するほど長いの。それに、一体どうなっているのか、する度にものすごい快感が押し寄
せてきて、あたしもう殺されると思ったわ。それがあんなに何度も何度もされて、最後には気絶してしまったわ。それで終わりかと思ったら、気が
つくとまたしてくるの。もう勘弁してと言いながら、不思議にまたあたしも感じてくるのよ。きっと色情狂になってしまったと思ったわ」
「そんなに奴は凄かったのかい」

「激しいとか凄いとか言うのじゃないの………入れられただけで思わず泣き叫んでしまうくらい感じるの……あんな人が本当にいるのね」
「どれ、今の内に見せてご覧、お前がそんなに感じたところを」

着物の裾を割って太腿の間に手を入れると、冴子は腰を振って必死に拒むようにするのだった。
「おい、どうした」
一昨夜までは、浩二との後でも拒まなかったのに、
「………駄目、今駄目、ね、お願い、今はやめて」
「いいんだよ………おれは見てやりたいんだ」
妻の諦めたようなほっと息を抜くような囁きが耳をくすぐった。
 「なんだか、いつもと違うような気がするの。とても大きなのが、昨夜から今先までずっと入っていたでしょう………まだ開いているような
気がするので恥ずかしくて………」

「えっ、彼は今先までいたのか……じゃラサールのがまだ残ってそのままだって言うのかい?」
妻はゆっくり頷くと、
「お風呂にもまだ入っていないんですもの……あとで、あとどんなにでもされましから、いまはそっとしておいて、お願い」
「お前、ラサールが、そんなによかったのかい?」
「そんなじゃないの。そんなんじゃなくって……あ、あ」

惣太郎は無理矢理に妻の躰を押さえつけると裾を捲りあげた。二本の象牙のように白く輝く白い太腿は、やや湿り気を帯びてはいたが別に変わ
ったところはない。捲るにつれて奥の方からかって嗅いだことのないほどの濃い性臭が漂ってきた。
「ここにまだラサールのが入っているんだな」
「………入ってるわ………いっぱい入ってるわ、あたしどうしよう……」
「なにをそんなに興奮しているんだ。浩二のだって田宮のだって………ラサールだけは違うとでも言うのか」
「ちがうわよ……ものすごく多いの……無茶苦茶多いのよ」
「よし、見てやる、さあ、見せるんだ」
「昨日から、ぜんぜん洗ってないのよ……ねえ、驚くから、きっと驚くから」

冴子は諦めたように全身の硬直を解いた。もう拒まないという放棄の姿勢だった。
深紅の腰巻きを更に捲りあげるとぴっちりと肌を包んだ真っ白い絹のスキャンティーが現れたが、一瞬惣太郎は我が眼を疑った。白いなかに
点々と小さなバラの花を散りばめたような紅い染みがあった。急いで股を開かせると、スキャンティーの丁度谷間をつくっている箇所にべっとり
と五、六センチほどの長さに血の滲んでいる跡があった。

「生理じゃないだろう? 冴子、お前こんなにされて………」
「だから驚くといったでしょう……でももう大丈夫よ、もう痛みもないし、癒っているから……ほとんど子宮から出たらしいの」
「もういいでしょう、あたしお風呂に入ってきれいにしたいの。……ねえ、今夜抱いて、お願い」
そういって部屋を出て行きざま、冴子は夫を振り返って淋しげに笑った。

その夜、惣太郎と冴子の閨の営みは、いままでにない激しいものとなった。何よりも惣太郎は自分の妻が、現実にラサールという異人の男
を体験したという実感が、興奮を掻きたて、妻の冴子は、まだほとぼりの覚めないラサールの実感が夫の愛撫によって再び燃え上がり、ふた
りはそれぞれの思惑が興奮の坩堝を溶かし込んでしまたようだった。
それはいつものような差し回した前戯や手管などはもう必要としなかった。ふたりは唸り、呻きながらまるで憎しみ合うように凶暴に奪い合い
求め合って、悶絶するまで貫き貫かれ続けていた。

冴子が惣太郎にラサールとの情事をぽつりぽつりと語りはじめたのは、次の晩からだった。
翌日の授業を風邪を引いたからと休講にし、妻の冴子には急ぎの原稿があるからといって書斎に閉じ込もり、惣太郎はセットしておいたテー
プにイヤホンをつけて朝から聴き入った。
学校から借りてきたテープレコーダーは、何しろ二四時間も録音できる装置だから、カッセットではなくオープンリールの大きな機械である。
これを自分の書斎の押入に置き、マイクのコードを書斎の外の廊下から、妻の部屋に延ばしていた。コードを隠すのに苦労したが、高性能の
 
マイクは妻の部屋の中ならば、どんな微細な音も逃しはしないし、近くのリビングの音もうまくすれば拾うはずだった。
期待に胸を膨らませて惣太郎はレコーダーのスイッチを入れた。すると、いきなり冴子のすすり泣くような声が耳に飛び込んできた。惣太郎
の胸の動悸が思わず高くなった。しかし、その声はさまざまな雑音に混じって余り明瞭な音声ではない。冴子の部屋の小さな置時計が秒を刻
む音が、大きな時計のように大きく明瞭には入っているところを見ると、妻がすすり泣いているのは彼女の和室ではなくリビングらしい。テー
プは自動的にあの日の夕方五時から作動しているのだから、ラサールの訪問は五時より前だったに違いない。

なんといってもラサールと冴子は初交である。やってきてすぐそんなことが出来るわけではない。お茶でも出し話をしている内にそうなったか、
あるいは食事の後かも知れない。しかい、食事にしては時間が早すぎる。五時といえば、まだ夕暮れの薄闇が漂いはじめたばかりである。
惣太郎には、その時間になると見えるリビングの窓の外の茜の空をバックにした梢の様子や、もう暗くなった部屋の隅の電気ポットの使用中を
知らせる赤い小さな光や、テーブルに置かれたシクラメンの赤い花のかげろいまでが正確に思い浮かべられる。そんな光景の中でふたりは一体
何をしていたのだろうか。

「ラサールは何時頃来たんだい?」
「三時頃だったかしら、あたしがそこのストアにお買い物に行って帰ってすぐだったわ」
「それからすぐはじまったのかい?」
「まさか、犬じゃありませんわ。お茶を飲んでお話をしていたの、彼のお国のことや彼のお国での家族のこと、いろいろ話してくれたわ。彼の
家ってとても大きいんですって、お部屋だけでも一五もあるそうよ。とても恵まれた家庭の長男らしいわよ」
「どんなきっかけからはじまったんだ?」
 
「ヨガのお話からよ。ヨガのマッサージがたいへん楽になるからって、肩を揉んでくれたの」
「肩の次が躰になってとうとうっていう訳か、それは何時頃だったんだ」
「四時頃かしら…………ねえ、どうして刑事みたいに、そんなに細かく聴くの?」
「お前と一緒になって、お前の体験を識りたいからさ。できるだけ話してご覧」
「あたしそんなに正確には覚えていないわ。せっかく用意した食事もつくらず、結局も昨日朝までしなかったんですもの」
「飲まず食わずでやたというのか」
「ううん、お酒とつまみはあったわ」
妻の話に偽りはない様子である。一日かかって聴いたテープの内容に合わせて聴いて行けば、惣太郎自身がその場に居合わせたように正
確に微細に妻とラサールの情事が判るのである。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/12/03(水) 08:27:13|
  2. 花濫・夢想原人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花 濫 第9章凌辱の期待3 | ホーム | 花 濫 第9章凌辱の期待>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5703-ee91cb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR