FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

花 濫 第7章公認の情事3

若やいだ鮮やかな山吹色の七分袖のワンピース姿の妻は、夫からはじめての女に出会ったように下からまじまじと見られて、妻は思わず顔を上気させて
いった。酒に酔ったように白い肌の底から、一度に血の色が広がり、夫に見つめられて、羞恥と困惑と恐れの表情を交互に現していた。

「今朝まで何処にいたんだ? この悪い女房は……」 惣太郎が妻に冗談とも本気ともとれように言ってから妻の手を捕って自分の上に引いた。
妻は軟体動物のような柔らかさと重さで、彼の胸の上に崩れ落ちてきた。崩れながら妻は、そうするのが当然のように、顔を夫の顔に寄せてきて、いきな
り唇を合わせた。
それは夫婦だけに通じる、容赦の願いであり、報告だった。

上から唇を押し付けている妻を抱き止めながら、惣太郎は妻の躯が、いつもより柔らかくなっているような気がした。片手をワンピースの裾に這わせて、
スカートの奥に手を入れた。つるつるとした化繊の下着の奥に隠された、小さなスキャンティーの上から豊満な妻の尻を愛撫した。

田宮や浩二が食卓に向かって待っているのだから、当然拒否すると思ったが、妻は小さく、あっ、と言ったまま、待っていたように一層躱を柔かくして惣
太郎の上に崩れ落ちた。思い切ってスキャンティーの端を掴むと、尻の方から一気に剥ぎとりはじめた。
太腿の中程まで剥いでから、掌を股間に進めた。臀の割れ目の辺りから、もうじっとりとした溢流が感じられ、さらに掌を差し込むと、そこはなま暖かい体
液が満ち溢れている。陰唇は、もう溶けてでもいるように柔らかくなっていて、惣太郎の指奥に誘い込むようにうごめいている。膣の内部は、ぬるりとした
体液が溜っていて、惣太郎の指を伝って流れ出た。

「すんだら、ちゃんときれいにしなければ駄目だよ。浩二君のは、さすがに若いね………、量も多いしねばっこいよ………。………浩二とどうだたんだ?…
…ちゃんと報告するはずだろう」
膣に挿入した指を、すこしいたずらっぽく動かして、惣太郎は妻の耳元でささやいた。

「あっ……。とても敏感になっているの………、もう感じちゃう………」
妻は惣太郎の上で身を揉みながら、もう目尻に皺をよせて、あえいだ。
「貴方と田宮さんに挟まれていたのは覚えているの…………」
「それは昨夜のことだろう?」
「ええ、それから一体どうなったのかしら。目が醒めて驚いたわ。だって、真裸で和室に寝ているでしょう………、それに………浩二さんがわたしの中にい
たのよ………」

惣太郎がワンピースを下から捲りあげようとするのを、自分で胸の釦を外し腕から脱ぎながら言った。
ワンピースの下から、いきなり豊かな胸が露わになってとびだした。下着を着ていると思ったのは、股の付け根くらいまでしかない短い、スカートのような下
着だった。
冴子は惣太郎の浴衣の胸を押し広げて、自分の乳房を押し付けながら甘えるような声を出した。

「あなたの策略だとすぐ判ったわ………。だからあたし…………」
冴子が惣太郎の股間に掌を伸ばして、まさぐりはじめた。
「どうして、俺が仕組んだと思ったんだ?」
「枕元の、あの水差しは、茶タンスの上の段から出したでしょう? あそこに水差しが入っているのを知っているのは貴方だけだし、それに、貴方以外の人が、
浩二さんの寝ているところに私を寝さす筈がありませんもの……」
「それでお前は、安心して浩二を頂いたわけか」
「違うわ! 前に言ったように、私が気が付いたらもう浩二さんが………」
「入っていたというのか」
「そうよ、びっくりして抵抗したのだけれど、浩二さんがすごい力で押さえつけて来るし、それに…………」

「……それに、どうしたというんだ」
「浩二さんがねえ………、あたしが自分で浩二さんの所にきたと思い込んでいるらしく、ママありがとう、ありがとうって、何度も言うのよ。まさか、主人が
こうしたのよともいえないでしょう?」
妻はまさぐっていたものが勃起したのを知って、上から自分の中に当然のように挿入して吐息をついた。惣太郎は妻の内部は、まだ浩二の放出した物が溢れて
いて滑らかだが、惣太郎を包んだ膣壁が、いつもより強く圧して来るのを感じていた。乱淫のために膣壁が腫れているに違いなかった。

「………それで、やったのか………。浩二はどうだった?………」
惣太郎は耐えきれなくなって腰を突き上げた。妻がうめき声を発した。
「なんといっても若いでしょう。ものすごいの……」
妻はそこまで言って、何を思い出したのか、
「いや!」
と叫ぶようにいうと、夫の胸に顔を埋めた。膣がきゅんと痙攣しているのは、よほどの刺激を受けたに違いないと惣太郎は思った。

「そんなによかたのか!」
惣太郎は、むらむらと沸き起こる嫉妬と被虐の陶酔に身を灼かれるような思いで、胸に打ち伏した妻の顔を両手に挟んで強引に上げると惣太は夢中で妻の唇を
むさぼっていた。
「うっ」
咽喉の奥で呻きながら接吻をうけると、やがてぐったりとまた胸に顔を埋めた。

惣太郎は上になった妻を、挿入したままゆっくりと横たえた。
松葉を二つ合わせたようなその体位は、惣太郎が疲れた時によく使う格好である。横になり片腕で頭を支えられるその体位は、男にとってとても楽である上、
仰向きになった女の全部を見ることが出来る。
妻の、いつもより濃い化粧の顔が朝の光を浴びて白く輝いていたが、化粧では隠しきれない荒淫の跡が痛ましくかがえる。
目の縁が黒ずんで下瞼にはっきりと隈をつくっていたし、頬にも形のいい額にも疲労の跡が見える。まだ二十代の若さで、これほどの疲労が浮かぶということは、
昨夜からの酒の暴飲と荒淫が、相当なものであったことを物語っていると惣太郎は思った。
惣太郎を見上げる目も、いつものきらきらした光が消えて、とろんと潤んでいて、白目にまだうっすらと充血の跡が残っている。先ほどまで透き通るように白か
った頬が、媾合にはいってからは真っ赤に上気し、とろんとした目が異常に潤んでいるのは、さきほどの浩二との情交の火照りが、再び蘇ってきているのだろう
か。

そう思うと、惣太郎の身内に嫉妬の混じった凶暴な血のたぎりと、健気にも、生まれて初めて三人の男に犯されながら、懸命にそれを受容してきた妻へのいいよ
うのないいとしさとで、惣太郎はいきなり妻の躯から一旦離れると、そのぼってりとした骨を抜かれたような女体に覆いかぶさった。

「何回したんだ?」
「わからないわ………」
「そんなにしたのか………。お前が目が醒めたのは何時頃だ?」
「三時くらいかしら」
「それから寝てないんだな?」
「浩二さんって若いでしょう、何度しても満足することってないみたい」
「その度にいったのか?」
「だってすごいんですもの………。何度も何度もいったわ……。最後は死ぬかと思うくらいいき続けたのよ」
「いま先もしていたじゃないか」
「あれは、一時間ばかり寝てからだったの……寝たというより、あたしが失神したのかも知れない。起きる前にちょとだけしたの………」
「あれがちょっとなら、相当すごかったんだな」
「見てたの?」
「いや、襖の外までおまえの声が響いていた」
「まさか!」

「本当だ。昨日の夜は、田宮と二回、俺ともしたし、一時前に浩二の部屋に行ってからも、田宮と浩二が変わる変わるしていたのは覚えていないのか?」
「そんなの嘘でしょ? 田宮さんと浩二さんの二人に同時にされたなんて……」
「嘘なもんか、嘘だと思うなら田宮に訊いて見ろ」
「あたし……浩二さんとしているところを田宮さんが見ていたというわけ?…………あたし………どうしましょう……もう田宮さんの前に顔を出せないわ」
 
「今朝はまだ田宮に会っていないのか?」
いいえ、いまも茶の間で一緒にお茶を飲んでいたの。……あたしが、昨日は酔ってしまって覚えていないけれども、あれからどうなったのって聞いたら、自分は
すぐ二階に上がってしまたから知らないって言ってたわ」
「せっかく彼がそう言うなら、そっとしといた方がいいよ。お前の事を考えて言ってくれているのだから」

惣太郎の腰の動きが激しくなるにつれて、妻の奥の方から強い男の体液の匂いが漂ってきた。
「ここに、まだ、浩二や田宮のものが入ったままなんだな?」
「………田宮さんのは知らないけど…………浩二さんのはそのままよ……だって、貴方との約束を守らなければ怒るでしょう?」
羞恥に顔を覆った掌の中で妻が言った。                 

性交の跡をそのままにして、一刻も速く惣太郎の所に来ると言うのは、惣太郎が妻に与えた義務だった。
「よし、見てやる」
「一度は拭ったんだけど………今日はいつもと違うの………きっと驚くから」

惣太郎は妻から抜き去ると、思い切り脚を開かせた。妻は拒否しなかった。しだいに現れた陰唇の周囲が赤く腫れていて、性交のすごさを物語っている。
「あのね、浩二さんは、そのままにされちゃうから、もうわたしもむちゃくちゃになってしまうの」
「そのままて、何がそのままなんだ?」
「だから入ったままで………ひとつ躰のままで、何回も何回もいくの。若い男の人ってそうなの?」
「誰でもってことはないけど、そういうのを抜か六っていって、精力の強い男のことを言うんだ。浩二はよょっぽどお前の躰がよかったんだな。あいつ、経験
があったみたいか?」

「わからないわ、夢中だったから」
やはり顔を隠したまま妻が答えた。
「よっからろう、若い男は強くて………」
「それどころではなかったわ。このまま死んでしまうのじゃないかと思うほど感じるんだもの……」
「でも何度もいったんだろう?」
「そんなつもりはないから、最初は拒否していたんだけど、そのうちいきなり痙攣がきて……それが続けざまなの、あたし狂ったかと思ったわ………浩二さん
って、いつまでも続くし、終わってもすぐまたしてくるんですもの」

「満足したか」
「浩二さん?」
「浩二もお前もだ」
「浩二さんとても満足したようよ。ああ、そうだ……こんな経験はじめてです。一生忘れません……って言ってたから……」
「田宮と浩二とどちらがいい」
妻はしばらく答えなかったが、いきなり顔を振って夫の目をのぞき込むようにすると、
「浩二さんよ! だって若くって清潔でしょう」
「浩二は後悔していないんだな」
「やっぱり浩二さんは若い今頃の人よ。一夜あたしと一緒に、なにかスポーツをしたみたいに、さばさばした感じで、パパのお許しが出れば、またお願いし
ますだって…………」
「………で、お前はなんていったんだ………」
「主人は、たぶん何もいわないと思うわ。だけど、秘密にすると叱られるっていっておいたの」
「そこまで言ってしまったのか」
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/12/03(水) 08:13:07|
  2. 花濫・夢想原人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花 濫 第7章公認の情事4 | ホーム | 花 濫 第7章公認の情事2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5696-1bae25eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR