FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

家主 第16回

湯の音で主人が風呂場に居るのが分かった。そして、重大な忘れ物が脱衣所に有る事を思い出していた。

身体はまだシャンとはしておらず、立ち上がると足元がふらつく。だが、行かねばならなかった。
ようやく脱衣所に到着すると手提げバッグの中を改めたが、忘れ物は既に無くなっておりポリ袋のみが無造作に脱衣篭の中に置かれていた。
バスルームの扉は完全には閉ざされておらず、ほんの少し隙間を空けている。扉を完全に閉めないのは主人の癖で、風呂場に限らずトイレでも玄関でもいつも少しだけ開いているのだ。昔からよく注意して来た事だったが、未だに直ってはいなかった。

音を立てぬよう注意しながら、そっと隙間を窺がった。
主人はバスタブの中央部に少し前屈みになって私に背を向けて座っていた。
その左手には、しっかりと私の忘れ物が握られており、あろう事かそれを口に含んで吸い立てているではないか。そうしながら右の肩が小刻みに揺れ出したかと思うと大きく頭を仰け反らせ浴槽の縁に背を投げ出した。
仰向けに浴槽に寝そべるような格好に成ったため口一杯に頬張った忘れ物も、忙しなく上下する右肘もしっかりと確認できた。
握り締めているペニスから湯の内に吐き出され浮かび上がるザーメンや、歯を立てて噛み締められる私の忘れ物も見て取れた。

危うくベッドに潜り込むと、元通りにタオルを額に乗せた。
私の身に興った性の疼きを見落とす筈は、いくら淡白な主人でも有り得ないだろう。それほどあのパンツには大量の分泌物が付着していたのだから。
ひひ親父の存在に身の内を疼かせている事もばれてしまったかもしれない、そうでなくても勘繰っている節が有ったのだから。だとしたらこれ以上のひひ親父との接触はかなりの危険を伴うだろう。しかし自制を促す自分に抵抗する欲望は更に膨れ上がっている。
ただ、主人はひひ親父と私の事をどう考えているのだろうか?
妻の肉欲の証を手に入れながらも責めるのではなく、こそこそと隠れて自慰に耽っていた主人の考えが分からなかった。
興奮してオナニーで果てた自分と同じように、ひひ親父に汚されようとしている妻の貞操に逆に興奮しているのではないのだろうか?そんな考えが頭をもたげる。
どっちにしても自分は既に後戻りできない欲求に支配されており、今更、あれほど身を疼かせた目の前にぶら下がっているひひ親父との背徳の肉交を諦める事など出来よう筈も無いし、あの強引なひひ親父がここまで期待させた女をみすみす見逃す事など有り得はしない。もし拒めば美穂と同じように類稀な腕力で無理やりレイプされるのは火を見るよりも明らかだった。
いずれにしろ、決定権は奪い去られた後でしかなかった。主人が万が一にもひひ親父に対抗しようとも、腕力、金力、精力どれを取っても勝ち目は無かった。

明日の合瀬に対する不安とは別物の新たな不安感が湧き上がっていた。
私だけが生贄に成ろうとしているとばかり思っていたのだが、きっとそうではなくて夫婦揃ってひひ親父の祭壇に供えられようとしているのだろう。
私だけでなく主人を巻き込んでしまっている事は、さっき覗き見した自慰にふける主人の姿からも明らかだった。
夫に対する罪悪感が大きく胸を締め付け出していた、間違いなく主人を傷つける事に成ってしまうような行為が許される行為なのか自問自答が始まっていた。
その時、音も無く襖が開き主人が寝室に入って来た。タンスに下着を出しに来たなと思っていたのだが、全裸のままでベッドの私の隣に入り込んで来た。
とても意外に思った、普段主人は夜型に変わった作業のパターンのせいも有るのだが、週の殆どの夜をリビングで過ごすようになっていた。今日のようにベッドに潜り込んでくる時には決まって、身体を求めてくる。だが今日は先程、自慰により放出したばかりで淡白な夫が一晩に二度もその気に成ることなど、未だ見たことが無かった。

ベッドに入るや直ぐに手を私の胸に這わせてきた。その手を払いのけて背を向けた。
主人が本当にもう一度、やろうとしているとは思えなかったし、またいつものように触るだけ触ってその気にさせておいて、いざと成ると寝息を立ててしまうのが落ちのように思えた。
主人の求めを拒否し背を向けたものの美穂との不倫の事実から来る憤りと、自分の置かれた現状から来る申し訳ない気持ちが胸内で渦を捲いていた。
私は主人を拒んだこのベッドの上で、留守をいいことに明日、背徳の契りを結ぼうとしている。ひひ親父は言った、わしに抱かれたなら亭主とは二度と出来ない身体に成ってしまうと・・・。事実ならば今夜が夫婦で愛を確かめ合える最後のチャンスなのだ。
このダブルベッドは売却したマンションから私が無理にここへ運び込んだベッドだ。
主人は反対した、それはそうだろうと思う。四畳半しかない畳みの寝室にはどう考えても大き過ぎたし、不釣合いだった。
しかしこのベッドは結婚のお祝いに郷里の友達がみんなでお金を出し合ってプレゼントしてくれたもので、メッセージカードにはこう書かれていた。
「二人のそばでいつも二人を見守って、喜びや苦しみも悲しみも包み込んで、老いたなら慈しみ守り。二人の終生のパートナーで有らん事を。」
誰が考えた文句なのだろう・・・たぶん、秀才の敬子当たりだろうか?
敬子は三人の子供に恵まれ、札幌で幸せに暮らしていると聞く。
先だって同窓会の案内状が届いたが、札幌までの旅費は今の私達には重過ぎ、泣く泣く欠席の返状を送った。
そんなメッセージカードの言葉通り、良きにつけ悪しきにつけ私達を見守り続け、特に私を何も言わずに優しく毎晩、抱いて眠ってくれた。
このベッドには主人と私の生活の全てが記されているような気がする。

背を向けたまま、手を這わせて長きに渡り私の唯一だった男性を探った。
驚いた事に出してから一時間も経っていないと言うのに、そこは充分な硬度を甦らせていた。
ゆっくりと上下に擦りながら顔を向け主人を見た。目と目が出会い、どちらからともなく唇を重ねた。激しく口を吸い合いながら主人を愛している自分に気付いていた。
そう私は主人を愛している、どんなに苦労しようとも私にとってかけがえの無い人・・・。ひひ親父に勿論、愛などは無い。有るのは熟し切った怨めしい己が身体が示す肉欲のみ。
だから貴方が満足させてくれたなら、明日ひひ親父を拒絶する事も出来るかもしれない。祈るような思いでペニスを握り締めた。

私が上になりお互いの性器を貪り合った。既に女陰はしとどに蜜を溢れさせており主人の口の周りをベトベトに汚している筈だった。蕾を刺激する舌先の動きと膣口を出入りする指の動きに、はしたなく尻を打ち振りながら、口の中を唾液で満々と満たして慎重にペニスを飲み吐きする。慎重に扱わなければ主人は直ぐに口の中で果ててしまう、今まで何度も味わった苦い経験である。今日だけはそれを許しては成らない。今夜が最後のチャンスなのだ、ここで私一人取り残されるならば明日はひひ親父の良いようにされてしまうのは目に見えている。今は夫婦の絆を作る事が全てなのだ。
「もう入れていい・・・?」
媚びるように聞くと、上に跨った身体を下方にずらし、ペニスの根元を握って上向きに固定して主人の顔に背を向けた体勢でゆっくりと腰を沈めた。
慣れ親しんだ夫のペニスが根元まで埋没した。中腰で尻を上げ下げしながら、指先で自ら蕾を押し潰した。
「ああ・・・いい・・・いい・・・」
何時ものように媚声を吐く振りをしながら腰の動きを早めた。そうしながらも夫がいつ先にいってしまうのか心配で思いっきり動けない。尻を最大まで落とし、跨ったまま座りこんで膣口をこれでもかと言うくらいまで押し付けてみるのだが、やはり少し届かなかった。痒い背中を掻こうと手を回すのだがあと少しで痒い場所まで届かない、そんなもどかしさももう慣れっこになっていた。
「もう少し・・・もう少しなの・・・」と心の内で叫びながら、口からは「あああ・・・いいの・・・いいの・・・奥まで来てる・・・」と言いようの無い演技を繰り返す。

二度目と言う事も有るのだろう、今日の主人はいつもより数段頑張ってくれていた。背面騎乗位の後、後背位そして今は正常位で蜜壺を責めている。額には大粒の汗がいくつも光り吐く息も荒く成っていた。
私も官能がかなり疼き始めていた。演技ではなく本音で言葉が発せられた。
「もうちょっと・・・もちょっとだからいかして!もっと早くやってエ!」
はあはあと息を弾ませ腰を激しく打ちつける。私も我慢が出来なくなり主人の腰に両手を回し引き付けて猛烈に尻をブンブン振り回した。
「あああああ・・・いきそういきそう!お願い!お願い!」
と突然主人の動きが止まり、私の尻たぼに手をかけ動きを封じた。
ど・・・どうして・・・。
涙が零れそうに成った。主人に限界が来ていることは分かっていた、続ければ直ぐに果ててしまうため一時中断して間を取ろうというのだろう。いつもならとっくに果てているはずだが今日の主人の頑張りには危機迫るものを感じる。
主人も私とひひ親父に只ならぬ気配を感じている筈だった、恐らくは自分の手で私を取り戻そうとしているのだろう。
しかし、全ては水泡に帰してしまった。後少しの所で寸断された官能は十歩以上後戻りしてしまっていた。
再び激しく出し入れをしたかと思うと、また中断してしまった。
こんな行為を幾ら繰り返されても、果てるどころかだんだんと冷めて行く自分を感じていた。
最早これまで・・・諦めの念が決意と成った。
主人の動きと呼応させて声を発した。
「あ・あ・・・あああ・・・いっ!いちゃう!・・・あああいく――――!!!」
身体を仰け反らせ、口を大きく開き。結婚以来、主人によって仕込まれた最高の演技で応えて見せた。

主人は満足した様子で動きを緩め、まだ果てていないペニスを引き抜こうとしている。
口で吸い出されるのが好きな主人は度々、私の演技に気を良くして抜いたペニスをフェラチオさせ果てた。
果てる演技だけの私は、もんもんとしながらも主人を絶頂へ導いてやった。
しかし今日は、それでは決意を果たせない。
主人の尻に手を回し、抜去を封じ。
「お願い、今日の貴方最高だった。だから、中に欲しいの。このまま出して。」
「子供、大丈夫か今は作れないって言ってたじゃないか?」
「うん、今日は安全日だから・・・それにアルバイトで少し楽になりそうだし、だからもうそろそろ作ってもいいかな・・・。ねっ!お願い。」

主人は動きを再開すると呆気なく膣内に精をしぶかせた。
主人の性癖と子作りを制限していたため、もろに精子を注がれたのは一年振りくらいに成るかもしれない。
主人が抜け落ちた後の膣口を指で弄り、流れ出る白濁を確認すると。
「これで、ばれないよね・・・。」
と小さく呟いた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/06/11(水) 06:14:27|
  2. 家主・えりまきとかげ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家主 第17回 | ホーム | 家主 第15回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/564-c8e2a509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR