FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

家主 第14回

「今日はえらく早かったじゃないか。」
三時過ぎに帰宅した梓に声をかけた。
「ええ、使わない部屋の掃除は少しずつで良いんだって。」
「それじゃああんまり稼げないな。」
「うん、でもしょうがないわよ。不必要な仕事を時間給のためだけにする訳にはいかないでしょ。」
「まあそうだけど・・・嫌な仕事を引き受けた訳だし金くらいは充分貰わなきゃ割りに合わないだろ。」
「嫌な仕事って、別に私、嫌々やってる訳じゃないわよ。」
「でも、ひひ親父の家だぜ。嬉しい訳無いだろ。」
「大家さん、そんなに変な人じゃないわよ。静さんだって凄く良くしてくれるし。それに私、あなたにちゃんと暮らせるだけの収入さえ有れば、こんなバイト引き受けなかったわよ、家賃だって帳消しに成るんだし他に何処にこんな良い話が有ると思ってるの。」
そう言われると実際そうだし何も返す言葉が無かった。
「私、汗かいたからシャワー浴びて来る。あなたは明日、大事な打ち合わせが有るんでしょ、私に絡んでる暇があるんならしかっり構想練ってよ。数少ない大口クライアントなんでしょ。」

湯船に湯を注ぐ音が聞える。シャワーだけではなく湯に浸かる積もりでいるらしい。
ひひ親父とパソコンで何を見ていたのか聞いてみようと思っていたのだが、予想外に挑戦的な態度をとった梓の前に口にする事が出来なかった。
カーテンの奥で何が行われていたのだろうか。疑念は益々膨れ上がっていた。
脱衣所へ忍び込むと梓の下着を探した。バスルームでシャワーを使っている梓の後姿がすりガラス越しに見える。パンツは直ぐに見つかった、綿素材で白地に小さな薔薇の花が幾つもプリントされている以前から良く見かけるパンツである、裏返して調べてみたが股間の当たる部分の内張り布に長い使用期間を思わせる茶色い染みが付着している程度で思っていたような疑惑を裏付けるような痕跡は何処にも無かった。

湯船にはぬるめの湯が張ってある。ゆっくりと肩まで浸かり今日の出来事を反芻してみた。
あの後、ひひ親父は地下に有るトレーニングルームへ消え、静と二人リビングに残された。洗い物の後、昼食の鯵の開きをグリルで焼いていると、テレビを見ていた静の前のテーブルに置かれたビジネスフォンの内線が鳴った。応対した後、静はキッチンへやって来ると冷蔵庫からスポーツドリンクを取り出し、「マシーンルームに届けてくれって。」と言いながら私に手渡した。
「鯵は、見ておくから。」と言って菜箸を取り上げた。
「玄関脇の階段を降りたら正面よ、他には地下には部屋は無いから。」
レンガ造りの階段を降りると“MACHINE ROOM”と表示された大きな鉄製の引き戸が現れた。開くのにかなり力が必要だった。
中へ入ると中央のベンチにひひ親父が仰向けに寝ており、その上部には百キロの表示の有るウェイトを積んだバーが架けられている、左右合わせて二百キロ。八十を過ぎた老人がこれを持ち上げようと言うのだろうか。
「おお、梓。ご苦労だったな、そこのテーブルに置いておいてくれ。」
と言うとバーベルに石灰の粉を塗りつけた手をかけた。
「うりゃあああああ!!!」
掛け声もろともバーベルは重りを軋ませる音を立てながら仰向けに寝そべる頭上へ高々と持ち上げられた。「やっ!!」今度は胸の上まで降ろされると「えやっ!!」再び頭上へ差し上げられる。その度に重しが悲鳴を上げ、ギシッギシッとバーベルを軋ませる。
過重がかかったひひ親父の腕や胸の筋肉は先程までとは桁違いの張り具合を呈しており、その太さはプロレスラーかボディビルダーを思わせる。歳が八十を過ぎているとは知らない人にはとても信じては貰えないであろう。ひひ親父の強さはこのトレーニングによってもたらされた物なのだろう。
ギシッギシッギシッギシッ!!!既に十回近く上げ下げは繰り返されており、流石のひひ親父も背をベンチの上で反り返らせ逆海老反りの姿勢になって来ている。
それでも驚くべき強靭さでバーベルと闘う「オリャッ!!」「オッシャ!!」身体中、汗でテカテカに光っている。しかし私の目はさっきから別の物に釘付けに成っていた。
私はベンチに寝転ぶひひ親父の足の方向に立っているため、身体を反らすひひ親父の下腹部が嫌でも目に付く。ピチピチのボディスーツ一枚で包まれただけの下半身は脚を踏ん張る度に尻をベンチから浮かせ股間を突き上げる。
サポーターは着けていないのであろう、股間の大きな生殖器はもっこりどころかくっきりとした形まで完全に浮かび上がらせている。
「オオリャッ!!」必死でバーベルと格闘しているのを良いことに、真っ直ぐ足元に近づき、屈み込んで股間の間近まで顔を近づけてみる。
先程の屹立状態は治まっているにもかかわらず、自分の手首ほどの太さが有る。それは途中で二度ほど折れ曲がり先端は右腰骨の上まで達しており、そこに鶏の卵ほどの亀頭部の瘤を作っている。思わず溜め息が出てしまう、平常でも勃起した夫の三倍は楽に有る。これがさっきの様に膨張したなら・・・恐らく五倍、いやいや十倍ほどの容積に成るのではないだろうか。
もう一つ私を驚かせたのが丸々とした睾丸だ、片方の玉だけでも自分の手に収まり切れないであろう、両方の玉を合わせたなら一リットルは入りそうだ。昨日の凄まじい噴出量もこれなら納得が入った。ひひ親父がいつもだぶだぶの綿パンツを履いているのも頷けた、もしぴったり目のズボンなど履こうものなら脱腸と間違えられるだろう。
この怪物のような物を自分が受け容れる事に成るのだろうか。ぞくぞくと背筋に冷たいものが走るのと同時に股間は妖しい期待で再び蜜を吹き溢した。

ガチャン!!!「ふううう~~~」
ようやくベンチプレスは終了した。
「梓、残念だったな。静の奴、今日に限ってえらく早くに帰って来やがったもんじゃ。いつもは一度出掛けたら最後いつまでたっても帰って来んくせに・・・。その上、めったに外出する事も無いしのう・・・。やっかいな婆さんじゃ、折角念願が叶って梓が来てくれたというにじゃまもんが居っては願いが叶わん・・・。さて、どうしたもんじゃろうのう。来週の通院日まで待てそうに無いんじゃがのう・・・。」
「あの、私の家では拙いですか?」
「あんたの家は亭主が居ろうが。」
「明日は主人、大事な打ち合わせが有って、たぶん夜まで帰りません。」
「成る程な、梓もわしを待きれんか?あんたの家なあ・・・。ご主人との愛の巣でわしに夫婦の引導を引かされるわけじゃな・・・。悪くないのう。人妻を寝取るのには最高の舞台じゃ。大事な打ち合わせをしている真っ最中に、己が妻を愛し続けたベッドの上で最愛の妻は醜い老人の手にかかり夫との決別を声高に誓わされながら何度も何度も快楽の果ての果てを嫌と言うほど味合わされる。仕事で疲れきった体を休めに帰宅してみれば、そこに妻は無く、居るのは無頼漢の性の奴隷に落とされた淫乱きわまりない生身の女の性のみ・・・。ええシナリオじゃ。よっしゃよっしゃ、明日は梓には休みを取らせようただし外出は禁止じゃ、ええな約束さえ守ったならボーナスに三十万、いやいや百万出そう。梓ほどの女を食らえるんじゃそれくらいな~んも惜し~無いわ。一生懸命打ち合わせしようとも梓の旦那の仕事にはそんな価値は有りゃ~せんじゃろうが梓の身体には充分それだけの価値が有るんじゃよ。ええな、お前から言い出した事じゃ最早、後戻りは許さんぞ。」

湯船の中で脚を広げて股間を弄くる。
想像しただけで蜜は止めど無く湧き出し湯の中に白い濁りを吐き出す。
中指と人差し指の抽送に加え薬指までも参加させズボズボと卑猥な音を立てながら腹の中を掻き混ぜる。白い濁りは驚くほど大量に浮かび上がって来て今や湯面から股間部の眺めを奪い去っている。
「うう・・・やっぱり、三本はきつい・・・。」
三本の指を挿入したのは生まれて始めてだ、夫の細いペニスしか受け容れた事の無い膣口は指二本が限界で三本では痛いばかりで感じる事さえ出来ない。再び指を二本に戻し膣内の上壁を擦り上げる。「あああ・・・い・いい・・・」やっぱり二本の方が数段気持ち良かった。「はあ・はあ・・・」マスターベーションの快感を更に高めるため尻を浮かせ女性器を湯面の上に持ち上げる。滑りを洗い流していた湯が無くなると膣の入り口付近の摩擦が無くなりぬるぬるしたジュースで全体が潤う。指も遥かにスムースな出し入れが可能に成り早くもアクメを迎えつつあった。
しかし明日の事がとても不安に成っていた。ひひ親父の人間離れした巨根を果たして自分が受け入れる事が出来るのだろうか。
そして何故かロストバージンの事を思い浮かべていた。
入社してすぐに夫は私を口説いてきた、最初の内は何度もやんわりと交わして来たのだが相手が社長だという事を考えればいつまでも曖昧な態度を取り続けるわけにもいかず、真剣に考え出したのは一年を過ぎた頃だっただろうか。
夫は歳はかなり上だったが中々の男前だったし、脛っかじりとはいえ業績を伸ばしている会社の社長でも有った。断る理由も見つからず夫を受け入れる決意をした。
最初、私が嫌がった事も有り夫は性急な肉体関係を強要はしなかった、いたわりの気持ちだとばかり思っていたが、今思うとするとその頃から既に性に対して淡白だっただけなのかもしれない。
しかし、私もいつまでも拒みつづける訳にもいかず、ついには当時一人暮らしをしていたワンルームマンションで処女を捨てた。
今までずっと拒みつづけていたもののセックスに対して興味が無かった訳ではなく、コンプレックスに成っていた小さな胸を晒すのが怖かっただけだった。
夫は何もかも優しくしてくれた。私の要求には全て従がってくれたし無理な要求もしては来なかった。
私は、キャミソールを付けたまま下半身だけ露出して夫のペニスを受け入れた。
余りの激痛に何度も動きを制限したのだが、その要求も全て受け入れてくれた。私は夫に動かす事を禁じた、最後は自分の手でティッシュペーパーの中に吐き出し果てた。
私の出血はかなりの量でシーツに真っ赤な大染みを付けた。
あれほど痛かった初体験を思うと、夫がかなりの短小なのが不思議だし、ましてひひ親父の巨大な一物を己が受け入れなければならなくなった現実が恐ろしかった。

バスルームは湯の熱気と我が身の火照りで、灼熱の様相を呈して来ていた。
身体中に汗がべっとり張り付き息苦しささえ覚える、ただこのまま上がる訳にはいかなかった。あと少しで気をやる事が出来るのだ。
空いている方の手を使い水道の蛇口を捻りシャワーで冷水を頭上から雨のように降らせた。
火照りきった肌に冷水の滴が当たると白い湯気が立ち上る。二本の指を激しく出し入れさせ官能を追い込む事に必死に成った。あと少し、あと少しでいってしまえる、だが手の届く所まで来ている絶頂の扉にどうしても手が届かない、もどかしさに気が変に成ってしまいそうだった。
冷水シャワーの影響で肌の火照りは鎮められそうに成っていた。「また・・・また、ダメなの・・・。」瞳からは大粒の涙の玉が零れた。
ひひ親父・・・閉じた瞼の裏側に卑猥にニタニタ笑うひひ親父が現れた。その淫靡な顔を遮るように下方からもりもりと巨大なペニスが伸びてくる。「ああ・・・凄い・・・顔まで届いてる・・・。」ひひ親父は大きく口を開け頭ほども有る亀頭の先端に自ら吸い付いた。
「嘘でしょ・・・自分でフェラチオ出来るの・・・どうして・・・そんなに・・・凄いの・・・どうして・・・私を苦しめるの・・・」
抽送を繰り返す二本の指に、再び薬指その上に小指と親指まで加え掌を丸め込んで五本指を一気に膣口へ捻じ込んだ。
「ぎゃあああああああ!!!!!!うううう!!あああああああああああ!!!!」
その一突きが十数年に渡り頑なに閉ざされていた禁断の地への扉を開いた。
「おおおおおおおお!!!はっはっははははあはあああ・・・ああああ!!!おうん!」
ドボンと音を立てて浮かしていた尻が湯船の底に落下した。生まれて始めて果てる事の出来た喜びに涙が後から後から湧き出してきた。

「どうした!」夫があまりの大声に驚いてバスルームへ飛びこんで来た。
私は何も答える事が出来ず、夫も恐らく凄まじい光景に全てを悟ったに違いなかった。
ピンポーン!
チャイムの音が響き、玄関の扉を激しくノックする音と「どうしたの!梓さん!何か有ったの!」と叫ぶ美穂のけたたましい声が耳のどこか遠くの方で鳴り響いていた。
湯船にへたり込む私は髪は乱れ果て前髪が顔の全てを覆い隠すように濡れて張り付いている。左足はだらしなく浴槽の縁に引っ掛かり大股を開き右手は五本指を女性器の中に挿し込んだままで身体全体、とりわけ内腿の筋肉が引き攣ったように痙攣を繰り返している。
張られた湯は全体に乳白色に濁りを見せ、五本指の挿入されたままに成っている膣口からは身体を震わす度に真っ白な本気汁を塊と成って噴き出している。
そんな私を夫はまんじりともせずに、ただ黙って見詰めていた。
美穂の叫びが聞えていたが、やがて何も聞えなくなった。どうやら気を失ってしまったようだった。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/06/11(水) 06:12:17|
  2. 家主・えりまきとかげ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<家主 第15回 | ホーム | 家主 第13回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/562-ba14093c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR