FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

窓明かり 第四話~姉弟~

 詩乃と連れだって入った赤坂のPホテルのバーには、すでに石倉彰の姿があった。私たちの姿を見て、彰はいつものように颯爽とした笑顔をみせる。

「こんばんは、義兄さん。姉さんも、ひさしぶりだね」

 彰は詩乃の二つ歳の離れた弟であり、私には義弟にあたる。

「きょうはわざわざありがとうございます。―――なんか、すごいな。月刊Rの編集長さまが僕なんかのためにお祝いに駆けつけてくれるなんて」
「いきなり冷やかすなよ。いや、そんなことはどうでもいいか。彰くん、このたびは栄えあるK大文学部教授への昇進、本当におめでとう」
「おめでとう、彰。姉さんも自分のことのようにうれしいわ」
 私の声に唱和するように詩乃も祝いを述べる。
 精悍なおもざしをわずかにゆるませて、彰は「ありがとう、義兄さん、姉さん」と頭を下げた。


 K大仏文学科を卒業し、そのまま大学に残った彰が、大学史上最年少の若さで次期教授に決まったのはつい先日のことだった。
 どちらかといえば普段は感情表現の控えめな詩乃だが、この報せが届いたときの喜びようといったら、ひととおりのものではなかった。むろん私もうれしかったが、それは常にない喜びようの妻を見られたといううれしさのほうが勝っていたかもしれない。
 ともあれ、今夜はその祝賀会というわけで、彰と夫婦ふたりで飲むことになったのだ。


「―――しかし、その若さですごいね。もちろん、ここまでくるためには並大抵の努力じゃなかったろうが」
 乾杯を終えた後で、あらためて感嘆する私に、彰は「もういいですよ。あんまり誉められると背中がこそばゆい」と照れくさそうに手を振った。
「まあまあ。何にせよ、わたしなんかの親戚から大学の教授先生がでるなんて夢にも思わなかった。これも君の姉さんと結婚したおかげだな」
 傍らで穏やかにカクテルを傾けている妻に水を向けると、詩乃は大きな瞳をぱちくりさせて「あら」と口元に手をあてた。それから妙に色っぽい流し目で、「後家の未亡人で渋々手を打ったあなたも、ようやく少し元がとれてよかったですね」などと言う。
「お、その絶妙の切り返し。さすがは石倉教授の姉上だ」
「あなた、ちょっとふざけすぎですよ」
 そんな他愛ないやりとりを眺め、微笑を浮かべていた彰は、「夫婦仲が良くていいですね」と、ほっとため息をつくように言った。
「君はまだ身を固める気はないのかい?」
「今は余裕がありませんね。助教授なんて肩書きがついていたって、実収入は微々たるものでしたから。これからはそういった面では多少ましになるでしょうけれど、残念ながら相手がいない」
「高望みしすぎなんじゃないか。君ならいくらでも寄ってくる女性はいるだろう」
 本心から私は言った。客観的に見て、石倉彰は男前と呼べる容姿の持ち主だ。姉と似た切れ長の二重に黒目がちの瞳。俳優のように高い鼻梁、薄い唇。地位や名誉や収入といった要素を抜きさっても、内外ともに充実した男だと思う。
「どんな女性が理想なんだね」
「そうですねえ。穏やかで、寛容な、やさしい女性がいいかな。思春期の中学生みたいな答えですみません」
「ちいさい頃から母さんやわたしにがみがみ言われて育ったから。正反対の、おっとりとおしとやかな女性に憧れているんですよ、きっと」わけしり顔で詩乃は言い、それからいたって真面目に付け加えた。「でも、早く安心させてね」
「はいはい。最近は口を開くとこうなんだからね」
 降参のポーズで両手をあげて、彰は私に苦笑を向けた。


 詩乃がトイレへ行き、しばしの間、私と彰はふたりで杯をつきあわせた。
「―――義兄さんには本当に感謝しています。義兄さんと結婚してから、姉さんは見違えるほど明るくなった」
 唐突に、彰がぽつりと呟いた。
「どうしたんだい、急に」
「きょうはうれしい日でした。教授になったからじゃない。そのことで、今まで姉さんにかけていた重荷を、ほんのわずか取り除けた気がしたからです」
「重荷ってなんだい。姉さんは君のことをそんなふうに思ってなんて」
「思っていなくても」彰は珍しくつよい口調で、私の言葉を断ち切った。前髪のかかった眉間の辺りに懊悩の翳があった。「事実、僕は姉さんに負担をかけていたんです。大学への入学したときからそうだった。知っていますか? 姉さんが前の亭主を結婚したのは―――しなくちゃならなかったのは、僕のためなんです。僕を大学に行かせるために、姉さんは二十歳の若さで、よく知りもしない男の妻になった」
 およそ二十年も前の話だ。
 当時、詩乃と彰の実家は、経営していた家電の部品工場が押し寄せていた不況の波と大手企業による生産ライン一括化の波にうまく乗れなかったこと、加えてふたりの父が投機に失敗したこともあって、借金で首も回らない状態になっていたという。長男である彰を進学させることすら、ままならなかったらしい。

 そんな苦境に喘いでいたさなかのこと。有力取り引き先企業のひとつであるM社で重役を務める男が、石倉の実家に姿をあらわれた。


 ―――甥の英輔が、あんたのとこの詩乃さんを娶りたいと言っておる。


 石倉家の経済状況を知りぬいた上で、まるで天与の助けを与えるように、男は押しつけがましく言った―――という。

「僕が言うのもなんですが、当時の姉は町でも評判になるほどうつくしかった。今だって綺麗だけれど―――あの頃は、望めばどんないい結婚もできるはずだったんです」
 私は思わず唾を飲み込んだ。
「英輔さんとは―――いい結婚じゃなかったのか」
「はたから見ればそうだったかもしれません。相手はM社でエリートの地位が約束されたひと。歳の差があったことを除けば、まず玉の輿といっていい。でも―――僕にはそうは思えなかった。いや、そうは思えなくなったんです」

 どこか苦しげな表情で、彰は言葉を絞り出していた。


 それは、どうして―――?


 しかし、そのとき詩乃が席に戻ってきて、それきり彰は今まで見せていた苦渋の表情をぱたりとひっこめたので、私も口に出そうとした問いをそっと仕舞いこんだ。


 祝いの席は終始和やかにつづき、詩乃はずっと上機嫌で、いつになく酔ってしまったとしきりに言っていた。そんな珍しい姉の姿を見つめる彰の目には、安堵とともに切なさの色もまじっているようで、なぜ彼がいまだ身を固めようとしないのか、私にはどこかですとんと腑に落ちるものがあった。


 そんな感慨と同時に―――
 私は、先日の出来事を思い出していた。


 あのいかがわしいSMクラブ「玄武」での一件。
 オーナーと呼ばれていた男。
 かつて、詩乃の死んだ夫、英輔の友人であったという男。
 あの男は、詩乃を知っていた。


 いや、そんなことに問題はない。
 たとえ、どんな種類の友人がいたとて、それは個人の自由だ。その友人が、友人の妻と顔見知りだったからといって、そこに何の不思議があるのか。
 けれど。
 あのとき、たしかに詩乃は驚いていた。いや、もっと正確にいえば、その驚きには怯えがいりまじっていた。
 まるで過去から浮かび上がってきた亡霊を見るような―――。


 ―――歳の差があったことを除けば、まず玉の輿といっていい。でも―――僕にはそうは思えなかった。
 ―――いや、そうは思えなくなったんです。


 過去より現れし亡霊―――その名は。



 だが―――
 私はそこで思考を放棄した。



 傍らには慈しみ合う姉弟。
 その姉は私の最愛の女性だ。


 だから―――もう何も考えない。
 考えてはいけない。


「何をぼんやりしているの?」


 気がつくと、詩乃が横から私の顔をまじまじと見つめていた。心配そうな顔をしている。


「いや―――何でもないよ」


 そう、何でもないんだ。
 この胸にわいた厭な予感など、幸福な現在の前には何の意味も持たない。


「身体の具合でもわるいの? 昨日から急に冷え込んだし、あなた、風邪をひきやすいから」
「何でもないったら。熱もないし、身体はいたって健康だよ。ちょっと考え事をしていただけさ」
「そう? ならいいけれど」
 かすかに眉をひそめた表情を柔和なものに戻し、詩乃はまた、妻の顔から姉の顔になった。



 今にして思えば―――
 この時点で、私はひとつの選択をしてしまったのだ。


 酷く、間違えた選択を。


 だが、そのことに私がようやく思い当ったのは、以後ずっと時間が経ってからのことだった。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/11/23(日) 18:53:31|
  2. 窓明かり ・BJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<窓明かり 第五話~乱れ~ | ホーム | 窓明かり 第三話~赤い夜のつづき~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/5461-09e9266a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR