FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

序破急 - 破の2 「ネットカフェの個室」

「今度、何時、重盛にオマンコ触らせるの?」
「明々後日・・・」
柚布子の唇は深い眠りに落ちながらそう動いた。 英生も柚布子のおでこにキスをすると眠りに就いた。
今日がその日である。



「もしもし」
「あ、俺」
「貴方、どうかしたの?」
「今日、こっちへ来る?」
「・・・・・」
親戚で不幸があったとか緊急なこと以外で英生は柚布子に就業中の電話をすることなどなかった。 しかも英生の職場に来るかどうかを尋ねられた。 柚布子は咄嗟には答えられなかった。 何故なら重盛とデートをする約束をさせられていたからである。

「来ないんだ、それは良かった」
「え? でも急に呼ばれるかも知れないわ」
「そっかー」
英生の電話は今度柚布子が納めるシステムの現地調整に英生が行くかも知れないというのである。 その打ち合わせが今日行われるというものである。 もし、同じ会議で顔を合わせてしまったらどう振舞うか打ち合わせしておこうというものであった。

しかし、打ち合わせは社内の関係者だけで行われることを英生は知っていた。 英生は柚布子が今日重盛と逢うかどうかの探りを入れていたのである。 あの夜の柚布子の言葉が本当なら今日はデートして際どいところまで進むと妄想を膨らましていたのである。




重盛は柚布子の肩に廻した手を下に降ろし、柚布子の脇の下から胸へと運びスーツの上からその膨らみを掌に包んだ。 もう一方の手は柚布子の膝からスカートの中へと進んで行った。 柚布子は両手で重盛が迫ってくるのを拒んでいた。 重盛の唇が柚布子の顔に接近していた。 まるで、臨海地区の公園で重盛が迫った時の続きのような光景であった。

ここは繁華街のネットカフェのような個室喫茶の一室、システム・インテグレーション産業からは離れた街である。 いつものように少し飲んで、その後にもう少し話そうということでここに連れて来られた。

「まさか、こんなところでセックスをするわけない」柚布子の中の固定観念である。

柚布子はホテルに誘われたら断ろうと思っていた。 だが、ネットカフェなら断り切れない。 何故なら手配した案件がもうすぐ納品され、次の引き合いの話も出ている状態なら断り切れない。 それにあと少しで後任のマネジャーが来るのである。 それまではなんとか誤魔化そうと思っていた。 いや、欲張っていたと言っていいだろう。 本人にその気がなくて既婚でここまで来たなら態度をはっきりさせる方が付き合い上は問題が起きないのである。


柚布子は二つの選択肢の内どちらかを選ばなければならない状態であった。
重盛の手の侵攻か、唇の接近のどちらかを防がなくてはならない。 個室のソファーに並んで腰掛ている状態で、重盛の上体が柚布子に被さろうとしていた。

重盛は焦らなかった。 案の定、前回と同じところまではあっという間に攻められた。 重盛はそれを自分が許された者と勘違いして余裕を持っていたのである。

柚布子の右胸は重盛のゆったりした指の運動に次第に乳首か硬くなってくるのを感じていた。 重盛の指はアコーディオンでバラードを弾くようにゆっくりと膨らみを押していた。

一方、重盛の片方の手は柚布子のスカートの中で自由に動くことが出来た。 それは、柚布子の両手は重盛の上体を押さえて必死に唇の接近を防いでいたからである。 柚布子にとってはどちらも防ぎたいが物理的に無理なのである。

「やっぱり、嘘を言ってでも断れば良かった」 柚布子はそう思ったに違いない。 前回の臨海地区で迫られたことから、誘いを断らなければ必然的にこうなるのは分かっていたのである。 にも係わらず、重盛の誘いを断らなかったのは英生の性癖を知ってしまったからだ。 今日の予定は前回のデートを切り上げる為にむりやり約束させられたものである。 柚布子は何か理由を付けて断ることも考えていたが、直前の夫の電話で気持ちが変わったのだと思うようにした。

本当にそうであろうか、柚布子は身体の奥に潜む背徳への願望に気付いていないのである。


理性は簡単に崩れる。 重盛が柚布子の耳の後ろに唇を押し付けるといままで硬く閉じていた太腿が緩んだ。 その瞬間、重盛の手は内腿の奥まで侵攻し、内側を丹念に摩り始めた。
そして、少しづつ脚を開かせていった。

「あ、あん」
柚布子の喘ぎのような吐息が漏れた。 個室になってはいるが防音ではない。 柚布子は声を堪えることにも神経を働かせなくてはならなかった。

重盛の唇は耳の裏から喉、そして顎へと吸い付きながら進んだ。 そして喉仏付近を吸うと柚布子は上体を仰け反らせた。 その瞬間、重盛は柚布子に上体を被せ、ソファーに横向きに倒した。 狭い個室のソファーから柚布子の上体ははみ出した。

重盛は一旦、柚布子の喉から唇を離し、柚布子と距離を置いた。 するとスカートの中から手を抜くと柚布子を見つめた。
柚布子は首を振って拒否の意思を示したが、そういう場合男はそれを受諾の意思と解釈するのである。
重盛はスカートから引き上げた手を柚布子の胸の谷間へと運んだ。 それを柚布子の片手が阻止するが、構わずブラウスの釦を外しにかかりる。 柚布子のもう片方の手が阻止を応援するがそれを待っていたかのように重盛は上体を被せて来た。 しかし、先ほどより接近しないが、柚布子は両手でそれを押さえるしかなかった。


そうしているうちにブラウスの釦は2つ外された。 スーツの上着を着たままブラウスの釦が外れている情景。 その間からは柚布子の黄色の下地に白い刺繍のような模様のあるブラジャーが見えている。 男の誰もが飛び掛るのに充分な光景である。

重盛の手は柚布子の手に抑えながらもブラウスの胸元から中へ侵入した。 重盛の掌は初めて柚布子の柔肌に触れた。 それは暖かく例えようのない柔らかさであった。 重盛は女の肌に触れるのが始めてではないが、初めて触れた時のような感動を覚えた。 それが人妻の柔肌と知れば感動は更に増したかも知れない。

「だめ、お願い」
柚布子の声にはお構い無しに重盛の指は芋虫にように柚布子の胸の膨らみを奥へと進んだ。 柚布子が手に力を入れて抑えれば、その力にに勝る指の屈伸力で進み終にブラジャーの端に指が掛かった。

「あん」
それは以外と浅かった。 重盛の指がブラジャーの端を潜り第二間接くらいまで進めたところで、柔らかい乳房とは異なる突起に遭遇した。 柚布子の乳首である。
重盛の人差し指の腹は柚布子の乳首を釦を押すような仕草で刺激した。 柚布子の乳首はプッシュロック釦のロックが解除されたかのように乳房の中から飛び出し隆起した。


乳首の刺激に柚布子の手が緩んだ、その瞬間重盛の唇は柚布子の唇の脇にある黒子に吸い付いた。 そして吸いなから舌で刺激した。 柚布子は硬く唇を閉ざしていたが、乳首の刺激と黒子の刺激で息苦しくなり息を吐いた。
重盛は何となく気が付いていた。 唇の左下の黒子が性感帯なのではと。 俗に言う男好きする黒子又はビューティー・マークに使われるものとは少し位置が違って、しかも大きい。 小さい頃はその黒子がコンプレックスだったに違いないと思った。
であるからこそ感じ易いと重盛は読んだ。

「は、はー」
果たして重盛の読み通り柚布子の唇が開いた。その瞬間、重盛は黒子から舌を一気に柚布子の唇の割れ目に滑り込ませた。 柚布子はそれを防げなかった。 何故なら柚布子の右の胸を押さえていた重盛の手は乳房への侵攻と同時に柚布子の頭部を押さえていたからである。

柚布子は口を閉ざすことが出来ない。 何故なら、閉ざせば重盛の舌を噛んでしまうからである。 相手の舌を噛むということは、相当相手を憎んでいることを表すからである。 柚布子はかつて学生時代に同じように迫って来た男性の舌を噛んで絶交した経験があった。

重盛の舌は柚布子の歯と歯茎を刺激した。 そして口の奥へと舌を進ませ、柚布子の舌を捲るように動かすと同時に吸った。 最初は動かなかった柚布子の舌も溜まる唾液に耐え切れず吸ってしまった。 ついには舌を互いに絡ませた。

1分近く舌を絡ませ吸いあったであろうか。 重盛は一旦唇を離した。 二人とも大きく呼吸した。 そして、重盛が再び唇を重ねると今度は何の拒否も無く重盛の舌の動きに合わせるように柚布子は舌を絡ませて自ら吸った。

重盛はキスに専念するのと同時に乳首を刺激していた手で乳房全体を包むと、手の甲でブラジャーを捲るように乳房をブラジャーの外に出した。 スーツの襟元から果物の皮を剥がされたように露になった乳房は扇情的である。 どんな男もその光景を目の当たりにすれば、そこに唇を這わせるに違いないのである。

重盛もまたそうであった。 重盛は唇はもう堕としたと判断し、唇を一気に乳首へと移動させ、それを含んだ。

「あん、いや、止めて」
そんな柚布子の懇願には耳を貸さずに、舌で乳首を転がし吸った。 重盛は一生この乳首を転がし続けても飽きないだろうと思った。 それ程柚布子の乳首は魅力的なのであった。

「あ、いや、だめ、お願い」
重盛は柚布子の乳首にだけに集中してはいられなかった。 今日は決着を付ける予定でいたからだ。 もちろん、この個室で柚布子を抱くことなど出来ないが、場所や日を変えても気が変わらないように堕とすつもりでいた。 勿論、今夜ホテルに連れ込めれば最高の出来なのである。


「あ、あ、お願い、止めて」
柚布子はソファーニ倒されたような格好になり胸から上はソファーの肘掛からはみ出していた。 重盛は乳首を舌で転がし、吸うのと同時にもう片方の乳房も同じように露にすると揉みしだいた。 重盛は柚布子に覆いかぶさる姿勢から床に膝を付く体制になった。 そして、揉みしだいていた乳房の乳首にも舌を這わせ転がし、吸った。 それを交互に繰り返した。

「あん、いや、だめ」
柚布子の声は次第に喘ぎ声に変わろうとしていた。 柚布子はそれを必死に堪え、重盛の頭部と肩を両手で押しのけようとしているが、本気の力が入ってはいなかった。 やがて、重盛の髪の毛を掻き毟り感じまいと堪えた。

「だめ、いや、いや、だめ」
重盛はこのタイミングだと思った。 柚布子の両手は重盛の頭にあった。 柚布子の感心をを胸に惹き付けておいて、自由の効く手を柚布子のスカートの中へ一気に入れた。 指で股間をパンストの上から刺激するようなことなどなく、尻に廻しパンストの淵から手を入れた。 柚布子が起き上がろうとするのと同時にパンティの中まで手をいれ、尻を剥いた。 そしてその手を前に廻すと柚布子のパンストとパンティーは一緒に降ろされ、陰毛が露になった。

重盛は自分の股間が久しぶりにズボンの中で熱くなっているのを感じた。

柚布子は必死にパンティを押さえた。


「やめて、もう逢わないから」
果たして、重盛の手はそんな言葉で止まるだろうか・・・


重盛の手が一瞬止まった。 それは、今まで喘ぎそうな声が急に語気が荒く大きかったからである。 だが、重盛は露になった陰毛に手を伸ばすことを止めなかった。 柚布子の陰毛を見て何もしない男は男ではない。

重盛は手を動かせなかった。 柚布子の陰毛に手を伸ばしたが柚布子の両手によって押さえられていた。 重盛はその力が尋常でないと感じた。 それでも中指の指先は茂みを越えて湿り気に触れていた。 そして、芋虫のように指を這わせて割れ目へと入りその中で蠢かせた。

「あん、いやー」
柚布子は上体を仰け反らせた。 重盛の中指の湿度は一気に百分率を超えた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/11/02(日) 12:51:26|
  2. 序破急・中務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<序破急 - 破の3 「伏兵」 | ホーム | 序破急 - 破の1 「包囲網」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/4828-b7733303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR