FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

序破急 - 序の47 インターフォン

「まっ、昌哉さ~ん」
柚布子は久世の名前を叫びながら身体を硬直させた。 名前を叫ぶことで精神的に満足させていた。 そしてその余韻に浸ろうとしていると、異様な空気の振動と人声のような音を感じた。

余韻の中でその振動が自分の部屋の玄関ドアを叩く音で、誰かが名前を呼んでいる声であると気が付いた。

柚布子は正気に戻った。 状況から判断すると、インターフォンの工事業者が尋ねて来たに違いないのである。 習慣とは恐ろしいものである。 人が尋ねて来るのであればインターフォンのチャイムが鳴ると思っていた。 しかし、柚布子たちの部屋はチャイムが鳴らないということを忘れていた。

柚布子は慌てた。 今、全裸である。

ベッドの脇に脱いだインナーとワンピースを取りあえず着けた。 そして玄関ドアへと手櫛で髪を整えながら向かった。


玄関のドアスコープから外を覗いた。 もし、工事業者であれば暫く待ってもらって身だしなみを整えようと思った。 柚布子の頭の片隅に、もしかすると音は空耳だったかも知れないとの思いがあったからである。

ドアスコープの外には誰もおらず、何の物音もしなかった。 空耳だったのである。

柚布子は念の為ドアの外を確かめる事にした。
ドアのチェーンを外しロックレバーを開放にした。 レバー式のドアノブを下に降ろし、ドアを押し開けた。 機密性の高いマンションのドアは空気が通う瞬間まではとても重く力が要る。

ドアを開けた瞬間、柚布子はドアと一緒に外に出てしまった。 と、その時確かにドアの前には人は居なかったが、インターフォン工事の関係者だろうか、二人の若い作業服姿の男性が他の階へ行くつもりでエレベータの前に居たが、勢い良く開いたドアの方を振り返った。

作業員は開いたエレベータの扉には目もくれず、一目散に柚布子の部屋の前にやって来た。 

「おはようございます、 またお留守かと思いました」
「すいません、奥にいたものですから」
柚布子は咄嗟に答えた。 もし、作業員が居たならドアを開けずに少し待たせて身だしなみを整えてから中に入れようと考えていたが、誰も居ないという想定でドアを開けたところ作業員が来てしまったのでそれが出来なくなった。
作業員も工事のことは事前に通知済みで部屋の前で待たされたのだから、直ぐに中に入って作業が出来ると思っていた。

「508号室、これから作業に入ります」
一人の作業員がトランシーバーで管理人室の作業員にでも連絡をしたのであろう。 もはや、柚布子は作業員を待たせることは出来ない。

「どうぞ」
柚布子は作業員を部屋の中へ入れた。
「失礼しまーす」
一人の作業員が養生シートを抱えながら柚布子に続いた。 最初は下を向いて入って来た作業員だが、急ににやけた表情になり視姦するかのように目線を身体に這わせたのを柚布子は感じた。

作業員は居間に来るなり独特な匂いを感じ取っていたようだ。 それぞれの世帯には個性のある匂いが付き物であるが、あの匂いはどこでも同じである。 作業員は柚布子の陰汁の匂いを嗅ぎ付けたに違いない。 そして、柚布子の姿を観察した。 特にミニのワンピースの裾から膝にかけて視線を何度も這わせた。 柚布子は気が付いていないが、作業員には両方の膝頭から脛にかけて薄っすらと肌が腫れるほどではないが、赤味を帯びていることがはっきり見えていた。

部屋着姿であるのは当たり前である。 だから生脚であっても不思議ではない。 だが、作業員は柚布子が纏っている服が少ないことに気が付いていたかも知れない。 インナーとミニのワンピースのみである。 しかも膝頭から脛にかけて擦れたように赤い。 それは四つん這いの姿勢でいたことを物語っている。 そしてその臭いはワンピースの裾の奥からも漂っていたかも知れない。

もう一人の作業員は玄関の外で玄関のインターフォンを壁から外していた。 中に入った作業員はリビングのインターフォン周りを養生シートで養生を行っていた。 柚布子はそれを少し離れて見ていた。

「工具を取ってきます」
中に入った作業員は養生を終えるとそう言って玄関に向かった。 そして何かひそひそと一言二言外の作業員と言葉を交わして工具箱を提げて戻って来た。 柚布子はまだどうしていいのか考え付かずにただ立っていた。

作業員は手際良く壁のインターフォンを取り外した。 養生など必要のないくらいの手際良さであった。 すると玄関からもう一人の作業員が新しいインターフォンを持って入って来た。 柚布子に目礼するその顔は初対面の時とは違ってにやついていた。

「古いコードを引き出しますので、もう少し養生します」
そう言うと反物のように丸めていた養生シートをリビングの中へ伸ばした。 と、その時作業員の手が止まった。 作業員の視線の先には白い小さな布が落ちていた。


柚布子もそれに気が付いた。 寝室から出て来る方向からは見えない位置にそれは落ちていたので柚布子はすぐに気が付かなかった。 柚布子は咄嗟にワンピースの上から股間を押さえようとするのを止めた。
もし、それを見られたら自分がその小さな布切れを身に付けていないことを白状しているようなものである。

作業員は思ったに違いない。 今、この女を押し倒してミニのワンピースを捲れば、何も身に付けていない生身の女体が現れ脚を広げ容易に女の体内に自分の欲望を突き刺すことが出来ると。 一人でも可能な状態だ。 もう一人と共謀すれば、隣の寝室に連れ込みベッドで抵抗できない状態で思う存分楽しむこが出来る。

柚布子もまた、同じように危険な状態であると感じていた。 なんとか口実を考えて他の部屋で身だしなみを整えようとしたが、リビングは中心に位置しているので何をするにも悟られてしまう。 何も気が付かないフリをするのが最善だと思い立ち尽くすしかなかった。

柚布子には作業員の背中に目があるかのように感じていた。


作業員の手際は相変わらず良かった。 一人の作業員が準備を済ませたのか再び玄関へと戻っていった。 そして掛け声が聞えるとリビングの作業員は古いコードを壁からみるみる引き出した。 そのコードは養生シートの上へ長い蛇のように畝っていた。 そして。その蛇の先には小さな布切れが柚布子のミニのワンピースの中は何も着けていないことを物語るように落ちている。

あと少しで蛇が柚布子の布切れを飲み込むのではないかと思うくらい近づくと、蛇は止まり、その根元に新たな蛇の頭が現れた。

古いコードを通線代わりに新しいコードを玄関から通したのである。 同じ技術系の柚布子はそのやり方に感心していた。

作業員が新しいコードの先端のビニールを剥がすと、そこには幾つかのコネクターが既に付いていて新しいインターフォンの裏に差し込んでボタンを操作した。 そして暫く操作した後、壁に取り付けた。

取り付けが終わるとトランシーバーで連絡して柚布子の方を振り返った。
「奥さん、取り付けが終わりましたので説明します」
「はい」

柚布子はインターフォンの前へ来ると、作業員と肩を並べるように立った。 作業員は柚布子の胸元から中へ視線を這わせた。 インナーとミニのワンピース以外にその下に着衣がないことが手にとるように分かった。


築15年以上のマンションのインターフォンは映像記録付きの最新のものに交換された。 柚布子が使い方の説明を受けているうちにもう一人の作業員が養生を片付けていた。 最後に玄関のインターフォンの説明を聞くと所定の書類に印鑑を貰って作業員は次の部屋の作業へ向かった。

柚布子は気恥ずかしい時間が過ぎてほっとしたに違いない。 だがリビングに戻った柚布子に新たな事件が待ち受けていた。
 


「人妻のマン汁たまんねぇ~な」
「朝っぱらからオナ狂いだからな」
「犯らせてくれるかもな、お、その5階に停まるぞ」
ここは一般のマンション、ビジネス用ビルのエレベータに比べれば昇降速度が遅い。 幅広い年齢層に対応する為、停止してからの扉の開閉速度も遅い。

柚布子は外出の為エレベータの前で待っていた。 その人声はエレベータの降下と共に降ってきた。 エレベータの扉の奥からの人声なので周りに聞えるほどではなく、エレベータの前で待っている人にしか聞えなかったであろう。

柚布子はその会話が自分の事に違いないと思った。 だから、エレベータの中の人と顔を合わせたくなかったが、エレベータの扉は開く寸前である。 もし、開いてエレベータに乗らなかったら不自然だし、扉の前から離れる時間もない。 柚布子は聞えなかったフリをしてエレベータに乗るしかなかった。


インターフォンの工事作業員が部屋を出て行った後、柚布子はその重大なことに気がついた。 インターフォンの工事中には恥ずかしい思いを隠しつつ平静を装っていた。 その原因となった小さな布切れ。 柚布子が不用意に脱ぎ捨てたままで、作業員に発見されたかも知れない下着。 それをいの一番に片付けようとしたがソファーの陰にそれは無かった。

状況からみて柚布子がインターフォンの説明を受けている間に養生シートを片付けた作業員が一緒に持ち帰ったに違いないのである。 物が物だけに、作業員を追いかけ問い詰められない。 それは柚布子に恥ずかしい行為の最中だったことを逆に弱みとして握られるかも知れないという思いがあったからである。

これ以上係わらなければ何事も起こらないと思った。 現にどういう経緯のものであろうが、窃盗なのであるからそれを盗んだ者がそれをネタに何かしてくるとも思えない。 ましてや窃盗が知られれば職を失うことは間違いないのである。 仮に警察沙汰にならなくても、その手の業者は住居内のものに手を出さないように常に教育していることになっているからである。

柚布子の恥ずかしい行為を盗まれた下着からは証明出来ない。 だから大人しくその下着を諦めればそれ以上大きな事件にはならないのである。

柚布子は作業員と顔を会わせたくはなかったが、ネイルサロンの予約があったので出掛けなくてはならなかった。


果たして、エレベータの扉が開くとそこには柚布子の部屋のインターフォン工事をした作業員たちが乗っていた。 一人は初対面と同じように養生シートを丸めて抱えて手には工具箱を提げていた。 そして、もう一人は古いインターフォンやゴミをビニールに入れて持っていた。

柚布子は軽く会釈をしてエレベータに乗ると、身体を反転させて外を向き「閉」の釦を押した。 5階より下でエレベータに乗って来る者は無くエレベータは1階まで降りた。 その間皆無言だったが、作業員たちがにやにや笑いを堪えているのが息遣いで感じていた。

エレベーターが1階に着くと柚布子は振り返らずにエントランスの外に出た。 柚布子の姿が見えなくなると高らかに何か話す声が聞えた。 柚布子は自分の痴態を話し始めたのだと思った。 そして足早に駅へと向かった。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/11/02(日) 12:43:57|
  2. 序破急・中務
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<序破急 - 序の48 ネイルサロン | ホーム | 序破急 - 序の46 有給休暇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/4823-533923c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR