FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

パーティー 第2回

「また書斎も立派ですねぇ。ここ何畳くらいあるんですか?」
 広い室内をながめ回しながら私が言った。
「さあ、14,5畳はあるんじゃないかなぁ」
「いいなぁ、うちなんか今ある4畳半の書斎もどきの部屋が来年には直樹に取られちゃいますからねぇ」
「あはは、そりゃ悲しいねぇ」
 書斎の窓からは、下のテラスが見える。佳澄さんと加奈がテーブルでコーヒーを飲みながら談笑しているまわりで、子供たちがワアワアと、はしゃぎまわっていた。一面に敷き詰められた芝の緑と五月晴れの空の青が、目を染めるほどの色彩を放っている。なんともすばらしい眺めである。こうしてここからの眺めを見るたびに、自らが手に入れた幸せの大きさを噛み締めることであろう。

「しっかし、なにもかも立派なお宅ですよねぇ、さっきからため息しかでませんよ」
「いやいや、親の遺産全部使い果たしちゃったよ。もうすっからかんさ。親父怒ってんだろうなぁ、こんな無駄遣いしやがってね」
 言いながら、佐久間氏が部屋のコーナーにある黒い革のソファにすわり、私も勧められるまま腰を下ろした。
「奥さんが綺麗で、瑞希ちゃんもあんなに可愛くて、最近よく勝ち組、負け組って言いますけど、佐久間さんって、ほんと究極の勝ち組ですよね。うらやましいったらありゃしない」
「アハハッ、そうでもないって。これでもいろいろあってさ」
 そう言って佐久間氏がタバコに火をつけた。

「それはそうと、奥さん、また綺麗になられましたよね」
「えっ・・・そうかい?」
 私の言葉に、組んでいた足をほどき佐久間氏がグッと身を乗り出した。意外な反応だった。 佳澄さんへの”賛美”はいつものお約束のようになっているはずなのに。
「どんなふうに?」
 佐久間氏が長いままのタバコをもみ消し言った。
「うまくは言えないんですけど、以前の美しさになんかこう、妖艶な感じが加わったというか」
「そうか、妖艶ねぇ!も、もっと具体的に言うと、どんな感じかな?」と、さらに身を乗り出す。
「具体的に・・・ですか?」
 どうしてしまったのか。佳澄さんの話題を持ち出したとたん、明らかに佐久間氏の様子が一変した。
「どうかしたんですか?」
「いや・・・」
 私の言葉に、急に我に返ったように乗り出した体を元へと戻した。

「じゃそろそろ、戻りましょうか」
「いや、ちょ、ちょっと待ってくれるかな」と佐久間氏が立ち上がろうとする私を制した。
「どうしたんです?」
 目が私の顔と窓の外を何度も往復するように、キョロキョロと動き回っている。明らかに落ち着かない様子だ。
「実はさ・・・」
 次の言葉を吐き出すべきか、飲み込むべきか、激しく逡巡している様子が見て取れた。いつも堂々としている佐久間氏らしくない態度であった。
「佳澄さ・・・」
 そう一言つぶやいて、しばらくの沈黙ののちだった。佐久間氏の口から信じられない言葉が飛び出した。

「浮気してんだよ」

「へぇ?」と私が間の抜けた声を上げた。これまでの和やかな空気とはあまりにそぐわぬ言葉であったので、私は瞬時にそれを理解することが出来なかった。
「浮気してるんだよ、佳澄」と佐久間氏が繰り返し言った。
「浮気ぃ!?奥さんが!?」
「ああ」
「なに言ってんですか、あはははっ、冗談やめてくださいよ。あの佳澄さんに限ってそんなことあるわけないじゃないですか」
「ううん、冗談なんかじゃない。ほんとだよ」
「またまたぁ」
 佐久間氏の表情からはさっきまでの微笑みが完全に消えている。佳澄さんが浮気をしているその真偽はともかく、彼はどうやら本気にそう思っているらしい。

「マジですか?」
「ああ」
「どうしてわかっちゃったんですか?」
「なんとなくね」
「なんとなく?それだけですか?」
 私の問いに佐久間氏はうつむき、小さく含み笑いを見せた。
「な~んだぁ、びっくりさせないでくださいよぉ。それって単に佐久間さんの被害妄想ってことですか?。そりゃあれだけの美人の奥さんじゃそんな風になるのも無理はありませんけどね」
 何を言い出すかと思えば・・・。もともと親分肌の佐久間氏は、どうも年下の私を子分のように思っているフシがある。ときにこうして悪い冗談を言って、私の反応を楽しんだりするのだ。
「さぁ、下に戻りましょう。佳澄さん、手作りのデザートがあるって言ってたじゃないですか」

「ちょっと待って」

 そう小さく言って佐久間氏が立ち上がり、机の上にあるパソコンのスイッチを入れた。
「どうしたんですか」
 私の問いかけを無視したまま、佐久間氏は腕を組み、パソコンの起動画面を見つめている。

 しばらくしてパソコンが立ち上がると、デスクトップにある「tuma」と名づけられたフォルダーを開けた。
「これ付けて」と、佐久間氏は机の引き出しからイヤホンを取り出し、パソコンのスピーカーにつないだあと、私に手渡した。私は言われるがままにイヤホンを右の耳に入れた。

「じゃ、いくよ」
 そう言って佐久間氏が、画面上にある「シーン3」と名づけられたアイコンをダブルクリックした。次の瞬間、信じられない音声が私の耳穴に飛び込んできた。

『吸って!ああん!吸って!藤木くん!そこっ・・・あっ吸ってぇ~~!』

 絶句した。凍りついた。そのまましばらく佐久間氏の横顔を凝視し続けた。マウスを握り締めたまま佐久間氏がじっとパソコンの画面を見つめている。それは紛れもなく佳澄さんの声であった。さっき、沈んだ車内を瞬時に和ませたあの声で、喜悦の咆哮をあげているのだ。

「な、何ですかこれ!?」そう一言、ようやく口から出た。
「佳澄の浮気の現場さ。今のは四つん這いにされて、後ろからクリトリスをチューチュー吸われてるところだよ」

『おばさん自慢のオレンジケーキなの。おいしいんだから。ほっぺが落ちても知らないぞお』
 窓の下、テラスでは佳澄さんが自家製のスイーツを切り分けている。
”あの佳澄さんが・・・まさか・・・”
 あまりの衝撃に今度は足に震えが来た。いまだかつて経験したことのない類の強烈なエロスの波動を全身に感じていた。股間が痛いほどにいきり立っている。

「どうだい」
 佐久間氏がようやく視線を私に向けた。
「信じられません・・・。これはどうやって?」
「盗聴だよ」
「盗聴?」
「ああ」
「佳澄と男の浮気の現場の一部始終が録音されている」
「そりゃすごい・・・」
 あの佳澄さんが他の男とセックス・・・。そして今その最中の声を聞いた・・・。悪い夢でも見ているのか。まるで現実感がない。

「しかしどうやって盗聴なんてできたんですか?」
 映画や小説じゃあるまいし、妻の浮気現場の盗聴などそんなに簡単に出来るはずがない。

「頼んだんだよ、相手の男に」

「頼んだ?、て、どういうことです?」
「だから、相手の男に妻とやってるところを録音してくれと頼んだんだ」
「どうして?・・・、頼むって・・・、え、なんかわけがわかんないんですけど?」
 浮気の相手に録音を頼むとはどういうことだ?やはりこれは何かのおふざけか?

「斉藤くん」
「はい?」
「驚かないで聞いてくれよ」
「何ですか?」
「実は・・・この女房の浮気はオレが仕掛けたことなんだ」
「えっ?」

「オレが男に佳澄を寝取ってくれと依頼したんだ」

「何ですって!」

「やっぱり驚いたかい」と佐久間氏が口端にわずかな笑みを浮かべ言った。
「ど、どうしてそんなことを!?」
 狂ってる・・・。自分の最愛の女房を他の男に寝取らせるなんて・・・。
「君、こんなサイト知ってる?」
 佐久間氏は今度は画面上にある「妻物語」というアイコンをダブルクリックした。ブラウザーが立ち上がり、直後、黒地に白文字のなにやら怪しいサイトが画面上に現れた。

『妻物語』
『汚れていても良いですか?それでも愛してくれますか?』
『自分の妻の性体験』
『これほどに興奮出来る話題が他にあるだろうか?』
『色々な男に騙され犯されて嬲られて・・・』
『上の口・下の穴・後ろの穴まで犯されて・・・』
『あなたも奥様の過去・現在の淫らな性体験教えて下さい』
 各所に数々の刺激的な言葉が散りばめられている。
「ここはね、自分の妻を他人に寝取らせたいと日夜妄想する輩が集う場所なんだ。オレも毎日のように訪れてる」

 自分の妻を他人に寝取らせたい---。
 そういえば、そういう癖のある亭主達がいることをうちの雑誌で特集したことがある。だがそういう男達の多くは、ひ弱で神経質そうなイメージがあった。まさかこの豪放磊落な佐久間氏が・・・。
「佐久間さんにはこういう嗜好があると?」
「ああ、そうさ。それもかなりの重症でね」と佐久間氏が苦笑いを浮かべた。
「驚きました・・・。まさか佐久間さんが・・・」
「おいおい、そんな特殊なものを見るような目はやめてくれよ。オレはね、ここにくる連中ほど自分の妻を純粋に愛しているものはいないと思ってる。けっして変態なんかじゃない。愛してなかったら他人に抱かせてみたいなんてことは思やしないさ」
「そんなもんなんですかね。ということは、今回の一件は佳澄さんも承知の上ということなんですね。夫婦でそういうプレイを楽しんでると」
「いいや」と佐久間氏が大きく首を横に振る。
「佳澄はオレが仕掛けたことは知らない。自分の意思で浮気をしていると思っているよ」
「そ、そんな・・・」
「おかしいかい?」
「おかしいですよ!だっていくら佐久間さんが仕掛けたとはいえ、それじゃ佳澄さんは佐久間さんを裏切ったことになるんですよ。スワッピングも、妻を他人に提供して喜ぶMの夫の存在もわかりますが、それはあくまで夫と妻の互いの合意のもとで成立するひとつのプレイであって、妻が不貞を働くということとは根本的に別のものじゃないんですか」
「君の言うこともわかる。こういう亭主たちにもいろんなタイプがあってね。君の言うように必ず二人の合意のもとで、プレイとして楽しみたいというものもいる。がしかし、オレは純粋に女房に裏切られたいんだ。そしてそのことによって死ぬほどの切なさを味わいたいんだよ」
「それがわからない。失礼ですけど、それでほんとうに奥さんを愛していると言えるんでしょうか?」
「ああ、オレは純粋に佳澄を愛している。俺たちはこうなった今も深い絆で結ばれているんだ。それだけは確信している」
「そうですか・・・。でももし今はそうだとしても、この先万が一奥さんがその男と本物の関係になったらどうするんです?。ないとは言い切れないでしょ。理性や愛情が肉欲に負けてしまうことだってあるかもしれませんよ」
「斉藤くんオレはね、もしそうなったらそれでもいいと思ってるんだよ」
「ええーまさか!それはおかしいじゃないですか!」
「いいや、そうじゃない。オレはね、もし仮にそうなっても、佳澄はいつか必ずオレのもとへ帰ってくる。そう確信しているんだ。偉そうに言うとね、オレ達夫婦は、そこまで崇高な信頼関係で結ばれてるってことなんだよ」
「わかりません・・・」
”妻を愛しているからこそ”
 この種の嗜好をもつ亭主たちの言い分はいつもそうだ。愛するがゆえに他人に弄ばれる妻の姿を見てみたいと。しかし、それじゃいったい愛するとは何なのだ。愛とは男と女が一対一で向き合い、互いに慈しみあうことではないのか。女房の足を拡げて股間を他人の目に晒すようなマネをして、果たしてそれが本当の愛と呼べるのか!

「まあそりゃそうさ、そういう癖のない人間には逆立ちしたってオレらの思いは理解できないさ」
 佐久間氏は立ち上がり、もう一度ソファへと移動し腰を下ろした。
「それより、なんだってオレがこんな話を君にするのかって、思わないかい?」言いながら、再びたばこに火をつけた。
 佐久間氏の言葉に急に我に返ったようであった。言われてみればそうだ。佐久間氏はどうしてこんなことを私にカミングアウトする必要があるのだろう。余りの衝撃の連続に、今までそんな単純な疑問さえも湧いてこなかった。
「ええ、まあ」
「それを説明する前に、どうしてオレがこんな風になっちまったかを聞いてくれるかい?」
「はい・・・」
 私はなぜかソファに座って佐久間氏と向き合う気にはなれず、窓辺に寄りかかったまま話を聞くことにした。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/10/29(水) 08:40:55|
  2. パーティー・ミチル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パーティー 第3回 | ホーム | パーティー 第1回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/4697-ad173cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR