FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

無防備妻の柔道部物語 第3回

― そして夜 ―

「 ねぇ パパ? ・・・ 」
「 ん? なんだ? 」

「 あっ 練習のときなんだけどね 柔道の ・・・ 」
「 うん? ・・・ それがどうした? 」

「 あのー 柔道の 練習で寝技とかってするじゃない ・・・ その時にねぇ なんていうのかなー 何かやたらと硬くなったオチ○チンが私に当たってくるのよねー ・・・ しかもみんなの 」
「 ・・・ ヘ ヘェー ・・・  どっ どんな風に? 」

「 うーん 何て言えばいいのかなぁ ・・・ とりあえずズボンの上からでも分かるくらい こんなにツンツンに硬くなっててー ・・・ それが寝技のときに私のお尻やお腹に ゴツン! ゴツン! 当たってくるのよねぇ ・・・ ホント ちょっと痛いくらい 」

( ・・・ 一応愚鈍な妻にも分かっているらしい ・・・ )

「 ・・・ これって やっぱりアレだよねぇ ・・・ たしか例の精液が溜まっているという生理現象からそうなるのよねぇ? 」
「 ・・・ さっ さぁーな ・・・ 」

「 自分で処理できないのかしら? ・・・ あっ 確かそういう時って男の人って苦しいのよね? 」
「 ・・・・・・ 」

「 ・・・ ふーん チョットかわいそうかも ・・・ ん? あっ そうだわ ・・・ どうせならわたしが上にいって抜いてきてあげようかしら そうすればオ○ンチンもやわらかくなって苦しくなくな ・・・ 」
「 ブッッ!! バッ バカッ! よせって! そんな余計な! ・・・ 」

「 え? あらどうして? 」
「 どっ どうしてって ・・・ いっ いいからかまうなって! そんな ・・・ あっ ホラッ! 彼らも疲れているやろうし (そういう問題でもないが・・・) 」

「 ・・・ ふーん ・・・ 」

( ・・・ やっぱり自分がついて来て正解である ・・・ あぶない あぶない ・・・ )



― そしてその後、かたづけも終わり、お風呂にも入った後、いつもの様に居間でくつろいでいたのであったが、そのうち またまた ちょっとした事件( 妻にしてはそんな程度であろう )が起きてしまったのであった ―

― たぶん夜の10時頃のことだったと思うが ・・・ 私は居間でウトウトしながらテレビを見ており、妻はそんな私の側で「柔道○物語?」だったと思うが、そんなマンガを読んでいたのである ―

「 ・・・ うふっ うふふふふっ 」
「 きっ キモイなー お前 ・・・ 」
「 ・・・ うふっ うふふっ だっ だって面白いものぉ このマンガ ・・・ ふふふっ 」

― 妻は風呂上りに例のニットスカートの姿で、そのうちあいかわらず大股を広げると、見たくもないそのパンティーを晒しながら、ゲラゲラと笑ってそのマンガを読んでいる ―

そして私は、しばらくしてからもう一度最後にビールを飲みたくなり、台所へ行ってチビリチビリとビールを楽しんでいたのであったが ・・・ しかしそのうち何やら足音が少し聞こえてきて、ふと廊下に目をやると、なんとコソコソと動く人影が見えたのであった。

( ・・・ あん? 誰やアレ? ・・・ )

すると良く見ると、その人影は部員の中でも下っ端の浦田君と松君で、そのうち彼らは妻のいる居間の前で立ち止まり、襖に軽く( トン トン )とノックをすると、少しその襖を開け中にいる妻に声をかけてきたのであった。

「 あっ あのぉ すいません  しっ 新聞ってありますか? 」
「 ヒャハハッ ん? 誰? ・・・ あっ 松くん?か? ・・・ 新聞? うんあるわよー  あっ 入って読んでっていいわよー 」

「 あっ いいスかー 」
「 すいませーん 」

そして妻の返答を聞いた二人は、そのうちソローリと襖を開け、妻のいるその居間に入っていったのである。 

「 おじゃましまー ・・・ あっ! 」
「 しつれいし ・・・ おっ! 」
「 ヒャハハッ どうぞー ・・・ ん? あらどうしたの? 」

「 ・・・ あっ! いえっ! 別に ・・・ 」

「 ・・・ え えーと  スッ スポーツ スポー ・・・・・・」
「 うっ うん ・・・・・・ 」

すると居間に入った二人の目にすぐ入ったのは、ゲラゲラ笑いながらマンガを読む妻の姿 ・・・ ではなく、とうぜんその下の大股開きの妻のパンチラ いやパンモロで、そのうち二人は妻と目が合うと、すぐにその部分から目を背けたのではあったが ・・・ しかしそのうち妻に言われ、てきとうな場所に座ってその新聞を読み始めると ・・・ やがてやはり気にせずにはいられないのか、壁側にいる妻の姿にチラチラと目線を向け始めたのである。

「 ・・・ 二人ともどお? 練習大丈夫? 」
「 ・・・ えっ!  あっ はい! だいじょうぶっス ・・・ 」
「 ・・・ うっ うん ・・・ 」

― たまに聞こえる妻の声に「ビクッ!」っとするも、チラチラと気になる妻のパンティに目線を向け続ける二人 ・・・ しかも今日の風呂上りの妻のパンティは、白色のフロント部分がレースがかっているもので、とうぜん彼らから見えるそのパンチラには、薄く黒い陰毛までいやらしく透けて見えてしまっている様子 ・・・ しかしもちろん妻は、そんな開けっ放しの恥ずかしい股間や、彼らの不自然な目線など、毛程も感じることもなく、そのうち更にM字の足をだらしなく広げると、そんな彼らにずっとそのパンチラ大サービスを、晒し続けていたのである ―

「 ・・・ でそうなのよぉー 」
「 へっ へぇー  しゅっ 主婦もたいへんなんスねー ・・・ 」

― さらにそのままの格好で、新聞を読み終わった彼らに雑談までして、引きとめてあげるやさしい妻である ―

「 ・・・ でねぇー その時うちの子供がー ・・・ 」
「 へぇー ・・・ 」

― いつもの事であるが、相変わらず一方的に自分のことを延々と話し続ける妻である ・・・ すると二人は、一応そんな妻のくだらない話に耳を傾けてあげながらも、やはり自分達の視線に全く気にもしない妻に慣れてきたのか、そのうち顔の緊張を緩めニヤニヤした表情も見せると、やがて少し自分達の体勢を、妻のそのパンティが見やすい位置になるように、ゆっくりと移動までさせる行為までし始めたのであった ―

「 ・・・ でねぇー その時の患者さんにもすごく感謝されて ・・・ 」
「 ・・・ ん?  あっ 奥さん看護婦さんだったんスかー? ・・・ 」
「 ・・・ へぇー すごいっスねー ・・・ 」

― 誰も聞いていないのに 自分が看護婦だったことまで自慢げに話す妻 ―

「 ・・・ん? ふふん そうよぉー!  私こう見えても昔はバリバリのナースだったんだからー ・・・ あっ そうだ!  だからもし痛い所とかあったら遠慮なく言ってねっ もちろん私が診てあげるからー 」
「 へぇー ・・・ 」

「 ・・・ ん?  あっ そういえば松くん どっちかの足くじいてなかった? ・・・ アレは大丈夫なの? 」
「 ・・・ えっ? あー アレっすか?  ハハッ 大丈夫 大丈夫 あんなのもうぜんぜん平気っスよー 」

「 へぇー ・・・ やっぱ若いわねー 」
「 ・・・ ん? ヘヘッ  あっ でもこっちの方はちょっと痛いかなぁ ・・・ なーんて! ヘヘヘッ 」
「 プッ! バーカッ  やめろよー あいかわらずのキモオヤジネター ・・・ 」

「 あっ やっぱり? チョイ引いた? 」

するとそのうち妻のそんな問いかけのやりとりに、松君も余裕がでてきたのか、なんと冗談まじりに自分の股間を指差しながら、そのようにふざけた答えをしてきたのである。

― とうぜん普通なら 「バカなこと言わないの!」 みたいな感じになると思うのだが ・・・ しかし! やはり!そこはそーんな妻である ―

「 えっ! どこ! あらたいへん ・・・ そこお腹? ・・・ ん? もっと下のところ? じゃない ・・・ もしかしてオ○ンチンのところ? 」
「 ・・・ へっ?  あっ いや冗談っスよ じょうだん ハハッ  」

「 えー ホント? ・・・ あらぁ でも何か腫れているんじゃないかしら?  ちょっ ちょっといい? 」
「 えっ? ・・・ あっ! ちょっ ・・・ 」

― すると妻は、そのうち松君のそんな冗談に真顔で心配そうに近寄り、しかもやがて、彼のそんな指を差した股間部分に、そっと自分の手の平を当て始めたのであった ・・・ とうぜんその行為に驚き慌てる松君 ―

「 ・・・ あらやだ やっぱりちょっと腫れているじゃない? ・・・ 」
「 えっ? あっ いやっ これは ・・・ 」

「 ・・・ ん? ちょっといいかしら ちょっと診せてみてね 」
「 えっ! あっ! ちょっ! ウソッ! ・・・ 」

そして妻は、そのうち松君の短パンとトランクスをおもむろに掴むと、そう言いながらなんと ズリッ! っと一気に下げてしまう行動をおこない ・・・ するとトランクスを下げると、そんな妻の目の前には、パンモロで幾分も大きくなった松君のペ○スが プルルルン! と飛び出してきたのであった。

「 ・・・ うわっ! あら!やだ! ほんとオチ○チンが赤く腫れてるっ ・・・ 」
「 ・・・・・・ 」

「 ・・・ あらぁ  ちょっ ちょっと診るわね! 」
「 ・・・ えっ? ウソッ! ・・・ あっ! 」

― するとそのうち 心配そうに なんとその生チンに手をのばし始める妻である ―

「 ・・・ ん? ・・・ え? ・・・ あっ あらやだ どんどん腫れあがってくるわあ 」
「 ・・・ あっ ・・・ そっ あっ! ・・・ 」

そして更に妻は、そのプルンと飛び出した松君のペ○スを、いかにも具合でも診るかのように やさしく手の平に包み始め、そのうちなんと!軽く握るような行為で、触診みたいなことまでし始めたのであったが ・・・ しかし松君のペ○スは、妻が触ると当然のごとくたちまち膨張していき、やがてそのペ○スの先端が、腹部に張り付く程の反り返りになっていってしまったのであった。

― とうぜん浦田君も、信じられないような顔で ポカーン としながら妻の行為を見ている ―

「 ・・・ んん? どう? このへんとか痛い? 」
「 ・・・ あっ!  いっ いや そういう問題じゃ ・・・ あっ! 」

― そして更に妻は、そのうち医者の診察の真似事の一つでもあるのか、松君のそのペ○スに手の平を添えると、やがて滑稽にも二本の指で「トントン」と軽くつつくような仕草までし始めたのである ―

「 ・・・ ん? んん? ・・・ ちっ 違うわよねー ねっ 根元のほうかしら? 」
「 ・・・・・・ 」

「 ・・・ ん? でも何かこれって病気じゃあ ・・・ ん? 」
「 ・・・・・・ あっ! 」

「 ・・・ ん? ・・・ ん? あっ! ウフフッ やだぁ やっぱりー ・・・ フフフッ  ん? あっ! ゴメンね ・・・ フフフッ でも安心して!松君  これは多分ケガとかとは違うと思うわぁ フフフッ 」
「 ・・・ へっ? ・・・えっ? 」

「 うふっ これはねー ・・・ 病気とかとは違って たぶん精液が溜まりすぎてこうなっているだけだと思うわ フフッ もう松君 ・・・ なかなかカワイイわねっ  」
「 ・・・えっ? えっ? えっ? なっ 何?言って ・・・ 」

「 苦しかったでしょ? フフフッ でも大丈夫! ・・・ 今日は私がスッキリさせてあげるから 」
「 ・・・・・・ 」

「 ・・・ ちょっとまってて ・・・ よい しょっ ・・・ ンンッ チュッ! 」 
「 ・・・ ええっ! うそっ!! 」
「 ・・・ まっ まじで!! ・・・ 」

( ・・・ ははっ ・・・ や やっぱり ・・・ )

― すると妻は、松君のペ○スを触りながらそのうちニッコリそう言うと、やがて案の定、自分の唇をそのペ○スの先端にもっていったのである ・・・ 当然いきなりのフェ○チオにビックリ仰天の二人 ―

「 チュッ ん? ・・・ うふっ ホラ!もうこんなにあふれきてるじゃない カワイソウに ・・・ チュル チュルルッ ・・・ 」

そして妻は、そのうちすでに先濡れしている松君の先端を、いきなり舌先で「チロチロ」といやらしく舐め始め、そのうちもう一度松君の顔を見上げてニッコリ笑うと、ゆっくりとその先端を口の中に含み ・・・ しかもやがてそのペ○スを奥深くまでくわえ込むと、とうとう顔を上下に動かし、妻の言う その治療行為を行い始めたのである。

「 ・・・ ンフぅゥー ・・・ ジュルルッ 」
「 ・・・・・・ 」

― チュポッ ジュルッ!  ンハッ!   チュポッ ジュルルル! ・・・ 驚きで静まり返った居間の空間に、妻のそのフェ○チオの音だけがいやらしく響いている ―

「 ・・・ ・・・ あっ ・・・ あっ いっ いいっ 」
「 ・・・ んふっ? ・・・ んん? ・・・ 」

しかしそのうち驚きから意識を取り戻した松君は、やがて妻のそのフェラチオ行為には、感じぜずにはいられなくなったのか、時折うめき声を漏らし始め ・・・ すると更にいつのまにか、左手をそんなフェラ中の妻の乳房にもっていくと、やがてそのうつむいた体勢で垂れ下がった妻の乳房を、ゆっくりと持ち上げるように触る行為までし始めたのであった。

「 ・・・ んん? ・・・ んふふふ ・・・ 」
「 ・・・ ハァ ハぁ ・・・ 」

「 ・・・ いっ いいな ・・・ 」

そしてそんな浦田君のほうは、松君にする妻のそのフェラチオ行為を、しきりにうらやましそうに上から眺めている様子で ・・・ しかしそのうち、当然我慢できない浦田君も、やがて自分の股間をモゾモゾと触ると、松君と同じように妻のもう片方の乳房に恐る恐る手をのばし、するとそんな妻の顔色を伺いながらではあるが、ゆっくりその乳房を触り揉む行為をし始めたのである。

― チュッポッ チュッポッ チュッポッ ・・・ ジュルッ ―

「 ・・・ ハぁ ハァ  あっ あっ ・・・ 」
「 ・・・ いっ いいな   つっ 次  おっ 俺もいいっスか? 」

「 ・・・ チュポッ ン? ・・・ ンフフフッ ヒヒホー( いいよー ) 」

― 松君の大きなペ○スを、しきりに口元を上下に動かしながら御奉仕する妻 ・・・ しかもそのうち、射精しやすくするためか、掴んだその根元を 時折に指を使って グリグリとマッサージまでする行為をしている ―

「 ・・・ あはぁぁ きっ きもちいィ 」

― そして先ほどより更にうれしそうなうめき声を発する松君で その行為がよほど気持ちが良いのであろう ・・・ 確かにツボを得てる?指使いのようにも見える ・・・ しかしたぶん普通であればそんな行為は、S○Xの時のいやらしい考え方などの思いつきでするものだと思うのだが、とうぜん妻はそういった感情などみじんもない人間であり ・・・ するとその行為も妻にとっては、ただ単に「 あっ そうだ! こうすれば 早く いっぱい出るのではないだろうか! 」 というなんとなく無邪気な仕事的?な感じの工夫の1つに過ぎないかもしれない ―

「 ・・・ はぁ ははぁ ・・・ ちょっ チョットお尻触ってい ・・・ 」
「 ・・・  チュポッ ジュルッ ・・・ ン? ・・・ 」


― そして妻のお尻に、そう言いながら ピタリと手の平をあてがう浦田君 ・・・ するとそのうち乳房の感触を味わっていた浦田君が、四つん場でプリッ!っと突き出している、妻のムッチリしたお尻に今度は目をつけ、やがてその丸いお尻を、いやらしく撫で回す行為をし始めたのであった ― 

「 ・・・ はぁ はァ  なっ なんか いい形っスねー( 何を言ってるんやアンタ オッサンかよ・・・) 」
「 ・・・ ン? ・・・ 」

― 突き出した妻の丸いお尻を、まるで中年オヤジみたいに、いやらしく撫でながら形を確かめる浦田君 ・・・ するとやがて彼は、妻のニットスカートを、その丸いお尻を撫でながら、少しずつ捲くり上げるようにしていき、するとそのうち捲れて露出してきたパンティーを見てうれしそうにニヤリとすると、そのパンティー越しに大きな尻たぶの感触を、ムニュムニュと揉むような行為で触り ・・・ 挙句の果てには、なんと妻の顔色を伺いながら、中指を一本 その尻の中心に、恐る恐るソォーっと差し込み始めたのである ― 

「 ・・・ チュポッ! ン? ・・・ ン? ンフッ ・・・ 」
「 ・・・ ハぁ はぁ ・・・ えっ?  いっ いいんスか?  ヘッ ヘヘッ 」

― しかも妻は、別に感じている感覚など持ってもいないのだが、そのうち浦田君のその指が入りやすくするためか、閉じていたふとももを、やがて軽く開いてあげることまでするしまつで ・・・ すると浦田君は、そんな妻の行動を見ながら、「感じてるんじゃねえか? OK?」みたいな受けとめ方でもしたのか、そのうちその進入させた中指で、妻のアソコをスーっといやらしくなぞる行為をし始めたのであった ― 

― ジュポッ ジュルッ レロレロ ジュポッ! ―
「 ・・・ はぁ ハァ あっ あっ スげぇ ・・・ 」

そして妻の乳房を触りながら、そんな御奉仕を楽しんでいる松君も、そのうちには浦田君が捲った妻のニットスカートを更に胸元まで捲くり上げ ・・・ やがて妻のその生乳をポロンと露出させると、そのまま黒く飛び出たその乳首を、指でグリグリと いじくったり 引っ張ったりする行為までし始めたのである。

「 ・・・ ン? ・・・ ン?  ンンン! ンッ! 」
「 ・・・ うはァ はぁ  えっ? ・・・ あっ ああっ すっ すいません 」


― しかしやがて、あまりにもグリグリとしつこく引っ張るものだから、妻に手をガシッ!っと掴まられて、やがて「お触り禁止」にされてしまう松君 ―

― チュポッ チュポッ チュポッ ジュポッ ジュボッ ―
「 ・・・ はぁ あっ ・・・ はァ アアッ!  だっ ダメッ! いくっ 」

そしてそのうち、彼らに邪魔をされながらも、妻のフェ○チオのストロークが、段々と速くなっていき ・・・ すると!たまりかねた松君が、やがて妻の頭を軽く押さえると、とうとう腰をのけ反らせるように痙攣し始め、そんな妻の口の中でドクンドクン?と欲望をぶちまけたようであった。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/10/28(火) 07:56:41|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無防備妻の柔道部物語 第4回 | ホーム | 無防備妻の柔道部物語 第2回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/4681-a897a042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR