FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

イトコと親友に、そして・・・ 第16回

それにしても、目の前の綾が、あの綾なのかと目を疑う。
 どうしてもぬぐえない、覗き部屋からの綾の姿態に対する違和感。
 綾と出会うまで、どちらかといえば性に開放的で、こだわりの少ない女性としか
付き合ってこなかった私にとって、綾との出会いは人生を変えた衝撃でした。
性の衝動の強い私にとって、やはりそれを受け止めてくれる様な女性を選んできたのかも
知れないのも事実。
 勝手な話だが、そういう付き合いの中で長続きする事は皆無で、愛情を深めるというより、
会うたびに飽きてくる自分も情けなくもあり。勿論、その女性たちを見下しているのでは
さらさら無く、むしろ自分が飽きっぽいのではと責めるようにもなり、
 「燃え上がるのも早かったけど醒めるのも早かったわね」 私が別れたいと言った時に
ある女性に強烈に皮肉られた言葉がいつまでも残り、だいたい、自分に合う女性というのが
分からなかった私。
 ある時、オヤジの友人の中でもちょっと異質な人・・オフクロが唯一嫌っている存在、
が遊びにきた時。その人は奥さんを連れて来た事が無く、いつも奥さん以外の女性を
連れて来て、応対に戸惑っていたオフクロ。その晩は図々しく(?)その女、キッチンに
入ってきて「奥さん、私がやりますから、座っててください」そう言って、土産に持ってきた
デカイ魚を勝手にサバキ始め・・逆上したオフクロ。
 泊まりはいつもラブホで、その深夜、そのラブホから電話があり、オヤジの友人の方が、
風呂場で胃痙攣を起こして救急車で運ばれたとの事で酔いの醒めないオヤジを乗せて
病院へ。その帰り道、「マー、彼女はいるんか?今」聞いてきたオヤジ。
長続きしない事を言うと、「マー、自然にいくんだ、自然に、ここで決めるんだココで、
ココじゃないぞ!」そう言って、私の胸を叩き、ついで、股間を叩いたオヤジ。
 確かに、間違いなく股間が女性に向いていた事は事実。

それから数ヶ月が経ち、いつもの店にいつもの奴と行き、いつものものを食べ終えて、
大食いの同僚が終えるのを待ってボーっとしていると、目に入って来たある女性・・
目立つ訳じゃなく、ただなんとなく目にしていて、「ん!」私の目線に気ずいた同僚が、
振り向きざま、「あ~、綺麗だよな、あっ、無理無理、だいたい、おまえのタイプじゃないだろ」
確かに、よくみると、ハッとするほど綺麗なのに、キラキラと目立つところがなく。
「見た事あったか?」「あれ?おまえ気ずかなかった?俺、何べんも見てるけど」
「何べんも?何で気ずかなかったろ」「だ~から、オマエの好みと違うのかと思ってさ」
「・・・いや、綺麗だ」 ブッとふきだして、「あれ、惚れちゃった?止めた方がいいと
思うけど・・・振られるよ、ああいう人は不純な男は嫌うんだから、ハハッ」
「バ~カ!だれも付き合うなんて言ってないだろ、ただ、綺麗だって言ってるだけだろ!」
「言っとくけどな、ああいうのはカワイイっていうんだ、カワイイ!」
「ったく、な~んにも知らね~んだから、ああいうのを、キ・レ・イ!って言うんだ、
覚えとけ!」
  時々、私達は声のトーンの高さをひどく間違える所があり、何時の間にか大きくなって
いた事に気ずかず、最後のキ・レ・イはひどくこの場の雰囲気を壊してしまったらしく、
何か、嫌な静けさと、何人かのクスクス笑う声と、隣の席の中年の高そうな背広を着た
男性がカルボナーラスパゲテイを喉につかえさせてムセッテいる姿と、横に倒れて
腹を抱えて笑っている同僚、一番マズカッタのが私の左手が彼女を指差していた事。
慌てて手を下ろした時には、もう、彼女の顔は真っ赤。
  一緒に来ていた同じ制服を着た女性は振り向いて目を丸くしていて、あわてて手を
下ろした私を見て彼女に何か言い、やはり両手で口を押さえて笑い出し、彼女は両手を
ホホに当て・・
 「なあ、なあ、バレチャッタ?こっち見てる?」相変わらず寝たまま笑い続ける同僚。
 「ああ、顔赤くなっちゃったよ、マッズイな~」
 「え!赤くなっちゃったの?どれ!」
 「見るなバカ!」
起きてアカラサマニ振り向くバカに思わず頭をビシャッ!
 「イッテー!叩かなくてもいいだろ、イッテーな~」
また振り向いてこちらを見た同僚らしき女性が何かを言って笑いをこらえていて、
彼女は、グラタンにフォークを立ててクルクル指で回して、見るからにいたたまれない様子。

 以来、彼女は顔を見せなくなり、約一ヶ月も過ぎた頃、たまたまその時の話をしていた時、
 「彼女、かわいかったな~」
 「あれ?おまえ、綺麗だって言ってたじゃん」
 「ん、あの後さ、恥ずかしそうにしてさ」フォークを立ててまねしていた時、

   コツ、コツ、コツ、
 「アッ!オイ、来たよ、来た来た!」
 見ると、あの二人が入ってきて、遠くに座ろうとした彼女だったが、同僚が指差して、
前と同じような所に。何か、困りながらついていく風。
 私はドキドキして、意識過剰の状態。
 「オマエど~したの? さっきから、すましちゃってさー、そうだねとかそれはさとか、
  何気取ってるの?・・・アッ、おまえ、好きになっちゃったの?」
 「あ、あ~、なった、胸がドキドキしてる」
ガクッと顔をテーブルに伏せ、笑い出した同僚。
 「オッマエサ~、一目ぼれって言うんだろうけどサー、あれ、相当ガード固いよ?
  今までの彼女達と違うよ?」
 「わかってるさ!だからドキドキするんじゃないか!ボケ!」
 「あのさ~、美女と野獣とは言わないけどさ~、何って言うか・・清純とドスケベ?」
 「ド、ドスケベ~! ドスケベはないだろードスケベは!・・アッ!」
又もトーンの調整の失敗! 同僚は又テーブルに顔を伏せ、笑い出し・・
 「オ、オイ、彼女どうしてる? こっち見てるか?」
 「ん?あ、あ~、」
彼女は両手を口に当ててこらえるように笑っていて、
 「笑ってるよ」
 「何?笑ってる?」顔を上げた同僚が「ホントか?」今度は振り向かず。
同僚は真顔になり、「マー、チャンスあるかも知れないぞ?声かけてみれば?」
 「ん!こんなドキドキしててか?だいたい何もキッカケないじゃないか、まるでナンパ
じゃね~か!」
 「だってさ、今までだって、大したキッカケなかったじゃないか!いつものオマエらしくも無い」
 「いつものって、それがまずいって今言ったじゃないか、かなり真面目そうだし」
 「声かけるのは一緒だろ?いいから当たって砕けろだ、砕けたら俺が直してやるから、ナ!」
彼女達が会計を済ますのを待ち、ドアを開けるのを見て急ぎ追いかけ、道路を歩き出した
二人に声をかけ、
 「あの~、スミマセン!」(何か用意して、落ちてましたとか言えば良かったとかが脳裏を横切り
すぐ振り向いたのは同僚の方、すぐ相手を察して、
 「綾、何か用事があるって!」
 「エ?」明らかに狼狽の様子。
 「あ、あの~、今度、ちょっとお茶でも・・だめですか?」
 「エッ 私ですか?・・・」(私、お付き合いしている人が・・の恐怖!)
 「・・ダメですか・・」(シマッタ!オネガイシマス!がよかったか?)
すると同僚が、ニッコリして「私も一緒でいいですか?綾、臆病でダメなんです、こういうの」
 「サヤカ・・」困ったように同僚の腕をつかみ、
 「勿論、私も連れてきましょうか?あっ、アイツでよかったら・・」
店の方を指し、するとクスッと笑った二人。
 「楽しそうでいいですね、お願いします。」明るく勝手に決めてくれた同僚のサヤカさん。
別れると、ダッシュで戻り、デートの予定をキャンセルさせ、
ついにその日を迎え、牧場までドライブし、下りて歩くうち、
 「あや~!手ぐらい握りなさいよ~、ほら、見て?」
ナヌ!もう手を握ってる! 握られてる同僚は照れながらもピースサイン。
 「あ、あ~、俺たち、心で手を握ってるから」緊張で、冗談も言えない。
しかし、口を押さえて吹き出した綾。
ちょっと安心して「ネ!」と綾を見ると、ニッコリして答えた綾。
その可愛らしさにドキッ! あ~笑う顔がまた綺麗だ!
 「あ~あ! 見てらんね~!先に行きましょ、サヤカさん」
食事の時、トイレに立って綾がいなくなった時、
 「○○さん、綾ね、真面目すぎて、これまで誘われても断っちゃうし、付き合い始めても
  疲れるとか言ってすぐ辞めちゃうし、最近、お見合いでいいなんて言い出して、
  だから、大変だろうけど、よろしくネ!」
席を立った同僚が、私の肩をもみだし、
 「マー、大丈夫か?オマエもガチガチじゃねーか、今までのオマエ・・」
思わず腹に入ってしまった肘撃ち。
 二度目のデートのディズニーランドは向こうの2人の気ずかいで、当日になって、
2人だけのデートになり、アトラクションの助けもあって、何とか楽しく過ごせたが、
あまりに今までと違う、清楚な雰囲気が、私を別世界に誘い始め、ちょっとした冗談も
言葉足らずな話も理解してくれるやさしさに、どんどんのめり込んでいった私。
 帰りの駐車場までの長い距離で、
 「手をつないでもいい?」高校生以来、口にしなかった私にしては礼儀正しい問いかけ。
足を止めてしまった綾に、ドキッとしたが、うつむきながら近ずいてきた綾の手を握った時の
あまりの柔らかさに驚き、全身に電気が走った衝撃。車中でも握り続けていたが、
綾の、小さな町工場を経営する家が見えた時、綾が初めてその手を握り返してくれ、
最後に「楽しかった、ありがとう」という言葉に、慌てて次のデートを頼み、
クスッと笑ってうなずいてくれた綾。
  みるみると自分が洗われる様な気のする不思議な綾への恋愛。
ある公園で、ベンチで話していた時に、私の話そうとすることが綾の口から語られ、
私の語る事に驚いて「私も今それを・・」初めて知った心の繋がり。
  やがてカップルが近くのベンチに座り、ディープキスからだんだん過激になる様子に、
すでに綾の力でエッチな気持ちが飛んでいた私。ちょっと前なら刺激されて私も同じ事を
していた筈。
  慌てて立ち上がり歩き始めた私達。
「分からなくなっちゃうと思うんです・・」小さな声で言った綾。
「え? 何が?」
「あの、ああいう事をすると、それ以上、相手のことが、分からなくなっちゃうと思うんです」
一瞬、コレまでの私の愚行を責められた様な気がして、ドキッとしたが、
今、次から次に相手の想いが伝わった初めての体験に、納得せざるを得ず、
 「ああ、俺もそう思う・・」
その言葉に、立ち止まった綾。
 「本当に?」
 「えっ?」
 「本当にそう思うんですか?」
 「あ、ああ、勿論、だって、さっき、綾さんと話していて、綾さんの想っている事が
分かるような気がしたし、綾さんも俺の考えてる事を分かってくれたような気がしたし、
俺、正直言って、こんな付き合い方初めてで、セックスすると、自分も相手も嫌になってきて、
いつも長い付き合いが出来なくて、今回、綾さんの様な、なんていうか、人の心を大事に
想う心のきれいな人は初めてで、だんだん俺の心まできれいになってきた様な気がして・・」
  話してる内に何を言ってるのか解らなくなり、そして何かがこみ上げてきて、
言葉が出なくなってしまった私。
  気がつくと、綾が目の前にいて、綾も涙を流していて、「ありがとう・・」と言って
私の体に身をあずけてきた綾。この世に、こんな快感があったのかと目もくらむような
至福感。
  それから3ヶ月程して、珍しく、平日にそれも綾の方から誘いがあり、綾は両親が
忙しいので夕食は綾が作る為に、平日のデートは初めて。有頂天で待ち合わせ、
私の車中、初めて見る綾の思いつめた様な表情。
  「どうしたの?」
  「エッ?アッ、ごめんなさい・・」
  「いや、気は使わないでいいよ、会えただけで嬉しいんだから・・ただ何か
  元気がないから・・」この時だけは何を考えているのか、さっぱりわからず。ただ、
もう綾なしの人生は考えられなくなっており、根拠はないがふられる事への恐怖感も
全くないわけではなく、
  「まさか、俺、ふられちゃうんじゃないだろうな・・まあ、そん時は死ねばいいだけだけど」
さすがに驚いた様子の綾。
 「死ぬって・・」
 「ふられちゃうの?」強く横に振ったことでまずは安心!安心したせいか、いきなり
いつもの綾への感がよみがえり、
 「サヤカさんに何か言われたの?」 一瞬驚いた様子で、うなずいた綾。
 「何て言われたの?・・・・まあ、無理に言わなくてもいいけど」
 「正光さん?」
 「エッ?何?」
 「ちょっと聞きにくいんだけど・・」
 「何?綾子さんの聞きたい事なら何でも答えるけど・・」
 「ウ~ン・・・あのね、あの・・男の人の生理について、サヤカに聞かされてね」
 「男の生理?! 何それ・・」
 「ウン、あの・・だから、出ちゃうでしょ?」
 「エッ!出ちゃう?・・・何が?」
 「あ~、やっぱり聞けない・・」
 「アッ、射精の事?出ちゃうって・・」
 思わずホホを両手で隠した綾。赤面した時の綾の仕草。
 「ん~、だから気持ち良くなって出ちゃうんだけど、あの時にね、アッ、夢精って言って、
成長期に夢でエッチな夢見て出ちゃう事もあるけど・・」
 「正光さんもあったの?」
 「勿論!」
 「今も?」
 「アハ!今は無いけど、まあ、手コキしちゃうしね、普通、」
 「テコキ?テコキって?」
 「あ~なんだか俺も恥ずかしくなってきたな、だから、女性とするように自分の手で
するわけ・・・あっそういえば・・」
 「なに?そういえばって・・」
 「アッいい、それこそ恥ずかしい」
 「エッ何?私も言ったんだから言って!」
 「あ~、その夢精さ、この前、一回あったっけ・・」
 「夢で?・・・誰と?・・」
 「綾さんに決まってるじゃん、もう、エッチな格好した女の人見ても平気になっちゃったし」
 「平気になったって・・ホント?」
 「ああ、平日は会えなくて苦しいけど、あって綾子さんを見ると、涙出るほどうれしいし、
話せばそんな綾子さんと気持ちが通じる事で凄く嬉しいし、それに手を握ると体中に電気が
走って、・・それに・・」
 「・・・それに?・・」
 「綾子さんを・・抱きしめると、何と言うか、綾子さんを全部吸い取れるような気がして
もう、幸せな気分で一杯になって、そして、だんだん、すごく安心してきて・・」
 「・・・ありがとう・・私も。 でも、正光さん、平気なの?・・あの、サヤカが言って
たから・・」
 「ああ、大丈夫だよ、俺、どうしても我慢できなくて、綾子さん想像してテコキする時
は、綾子さんの承諾得てからにするからさ」
思わずふきだした綾だったが、
 「今まで、しなかったの?・・それ」
 「ああ、俺にとっちゃ奇跡だけど、本当!」
 「・・ありがとう・・でもね、サヤカに聞いたのは私の方なの」
 「エ!何を?」
 「正光さん、この前抱きしめてくれた時、したくなったのかと想ったから・・」
確かに、自然な勃起で、慌てて腰を引いて、おかしな格好になってたが・・
 「アッ、確かに・・でもあれ、したいっていうか、綾を俺の中に入れちゃいたくなって、
自然に・・ホントに自然に」
 「ん~ん、いいの、サヤカに聞いたら、当たり前だって・・」
 「でもさ、綾子さんに無理な事して欲しくないから、自分より相手の事大事に想うの初めて
だし、この気持ちも大事にしたいし、それに、この気持ち、綾子さんから吸収したものだし」
 綾は、何時の間にか下を向き、ハンカチを手に持っていました。
 「正光さん、連れてって・・」
 「ん?帰るの?もう・・」違うことは解っていても信じられず。
 「ん~ん、・・そういう所・・」
 「エッ!って、ラブホ?」 コクンとうなずいた綾。
 「無理しなくてもいいよ、ホントに」昔の自分とは全く逆の言葉。
 「ん~ん、・・行きたいの、正光さんと・・お願い、連れてって・・」
初めて私の肩にしな垂れかかってきた綾。そして、回してきた腕。
これさえも、初めての至福感。今までの経験が、ゲームであった事を痛いほど知らされ。
パニクッタ状態ながら、1度入った所だけは避けたく、以外に(?)知らない所はなく、
愛する女性と探すラブホが、こんなにも幸せなモノとはつゆ知らず!

 車庫に入れる手が少し震え、ドアを開き、階段を上がる時にも後に続く綾の
足音に、信じられないような至福を感じ。
 ドアを開けると、信じられないほど美しく見え、ココにも綾の力を感じ。
 「綺麗なのね、良かった」
私は思わず風呂にお湯を入れようとして、手馴れた自分を見せたくない気持ちになり
慌ててソファーに座り、
 「正光さん?」
 「ん?なに?」
 「私、正光さんの過去の事、気にしていないから・・」
また私にしな垂れてくれた綾。その綾の体温に、初めて大人の交わりという感覚を知り、
今までの、同じようなシーンを、子供のお遊びであった事を知り。
 「私、入れてくるね」
私の心を見抜いて、浴槽のお湯を入れに行ってくれた綾に、悲しいほどのありがたさを
感じ、この女性に出会った事が、やはり奇跡であった事を痛感した私。
私の勃起にさえ、底知れぬやさしさで動いてくれる事に、綾の浴室の姿を見ながら、
涙があふれてしまった私。
 戻った綾が、驚いて立ち止まり、私の横に座って
 「正光さん・・」
そう言って、膝の上に私を抱き寄せてくれた綾。
 「正光さん、私、幸せ・・本当に出会えてよかった・・」
想う同じ事を、言ってくれる綾であっても、この言葉だけは私を励ますためにさえ聞こえ
それさえも感じ取って、私を強く抱きしめてくれた時に、ワズカデモ疑った自分を恥じ、
思わぬ綾の言葉のプレゼントに気を失うような至福感の絶頂にいたり。

 落ち着いて体を起こすと、
 「大丈夫?」言った綾の姿が、メロメロになっていた綾の美しい顔に何かの光が
射したような眩しさを感じ、
 「大丈夫?・・」 又聞いてきた綾に思わず唇を合わせた私。何でしたか解らないほどの
自然なキスも初めてだが、やはり、全ての存在を身に入れてしまいたい気持ちに火を点けた
初めてのキス。
 思い余ってソファーに横にして、離したくない想いが爆発して、綾の上に覆いかぶさって
あらん限りの力で抱きしめた私。底抜けに柔らかく、「ウン!」と言って、苦しいかと
力を緩めようとした時に、背中に回してきた手が、さらに私を引き寄せてくれた綾。
勃起してきた腰を浮かそうとした時に、首を横に振ってくれた綾。
頬を頬にすり寄せながら、髪をやさしくなでられ、「正光さん・・」
耳に届いた時に、生まれて初めて、至福のなかで、柔らかい綾の腹を股間に感じながら、
射精の妙感に綾を感じる、幸せの射精を教えてくれた綾。

結婚生活に踏み切れる女性とはであえ
生殺しの様な挿入に、リズムを合わせて尻を動かす綾。
おおよそ、あの綾とは思えない破廉恥な姿態。
恥ずかしげに横を向く顔と、義兄に答えて動く下半身の不一致が卑猥さを助長し、
勝手に動いているかのような股間の動きが卑猥で・・ふと感じた疑問。

私の企みで、二人きりの夜を迎える事を知った朝。
義兄のあからさまに軽薄な態度とは対照的にふさぎこんでいた綾。
その日を迎えるまで、家族に接する時以外はふさぎこみ続けていた綾。
これから起こる事に期待と興奮で、狂っていた義兄と私の3日間。

迎えた夜、いきなりの義兄の浴室の覗きを許し、初めての二人きりのこの部屋で、
あの細い指で、逝かせた綾。

今夜、ついに衣服を剥ぐ義兄の蛮行を許し、股間を覆う最後の布さえも剥ぎ取られ、
全裸の肌を義兄の目に晒した綾。
愛撫を許し、ついに擬似性交に励む綾。
義兄の心理はともかく、知りたいのは綾の本心。
驚く様子を感じられなかった、下半身をさらす時に私を見つめた目。
義兄が自分の体に入ろうとする事を、判断を委ねたような目。

何度も中断させながら、擬似性交に励む二人をぼんやりと眺めながら、
何か感じる違和感に、コレまでの様々な場面を思い出しつつ・・

 「アアッ!」
ねじ込まれはじめていた綾。
半分ほどねじ込んで、ジッと動かない義兄。
そして相変わらず横を向いたまま目を閉じている綾。
 「ウーン」義兄はうなると、いきなり抜き、またゆっくりとねじ込まれていき、
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/06/07(土) 01:45:48|
  2. イトコと親友に、そして・・・ ・正光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<巨乳妻 第1回 | ホーム | イトコと親友に、そして・・・ 第15回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/428-634c66b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR