FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

管理組合の役員に共有された妻 第1部 新年会で共有された妻 第11回

第11章 そして、私にも犯された妻


 私は、妻の半開きの唇に自分の唇を押し付けました。
 「むぐう」
弾力のある妻の唇が、私の唇を柔らかく押し戻します。
鈴木さんの唇と、裕太くんと副会長のペニスに犯された妻の唇をやっと取り戻したのです。
妻もチロチロと私の舌を舐め、私の感触を確かめているようです。
私が舌を引っ込めると慌てて追いかけてきました。
舌を折り曲げ、もう一度妻の口の奥にねじ込むと、妻は唇をすぼめてしっかりと私の舌の根元を押さえ、その舌を私に絡めてきました。
 「ピチャ、ピチャ」
同時に妻は唇を前後に動かし、私の舌をフェラします。
私は妻の乳房に手を這わせ、乳首が手のひらの中心になるように軽く掴みました。
円を描くように乳房を揺らすと、手のひらでグリグリと乳首が踊り私を喜ばせました。
まだべっとりとついたままの裕太くん、副会長、山本さん、鈴木さんの精液を妻の乳首に塗りたくるようにして乳首を刺激すると、乳首はさらに勃起し、その存在感を訴えます。

 「ああーん」
妻の官能モードはすでに完全に蘇っていました。
私は妻の唇をふさいだまま、妻をソファーに座らせました。
そして妻の左右のふくらはぎを掴み、ちょうどM字になるように両足もソファーに乗せました。
鈴木さんの巨大なカリを持つペニスにかき回された膣は、もはやその二枚の陰唇が閉じ合わさろうとする力を失い、ぱっくり口を開けていました。
ゆっくりと指を這わすと、膣中は妻の淫液と鈴木さんの精子がまざり、ぬるま湯のように溜まっていました。
 「すごいぐちゃぐちゃだね。まるで中身が溶けてるようだ・・・」
再び沸き起こる嫉妬心から、思わず自虐的に言っていました。
 「そうよ。とってもよかったの・・・」
私の思いを知ってかしらずか妻が応えます。

 私は妻の両足首をつかみ、陰部に顔を寄せました。
鈴木さんの精液が混じった妻の淫汁を啜るのには少し抵抗がありましたが、一気に妻の下の唇をめがけ、猛烈なキスをしました。
 「ジュパパ!」
 「あああん。」
鈴木さんの逞しいペニスですでに達していた妻は、再びの官能に腰をくねります。
私は唇で妻の陰唇を咥え、その味を十分に味わいながら、鈴木さんの精子の残骸をかきとるように、出来る限り舌を差し込みました。
 「ああ・・・はーん。」
妻の膣がヒクヒクと私の舌に絡まり、妻の淫液と鈴木さんの精液が混ざった、少しピリッとした感触が私の舌を刺激します。
私は妻のビラビラを唇に、陰壁を口内に見立て、激しくディープキスをしました。

 「ジュルジュルルルルルル・・・・・」
 「ああ。ああああん!」
妻は腰を前後に振り、私のキスに応えてくれます。
 「あん。いい!!あなた」
妻は、腰を振りながら淫らな声をあげました。
私は、思い出したように親指をクリトリスにあてがいました。
 「やん!」
妻が、ビクッと仰け反ります。
妻の反応に気を良くした私は、親指に神経を集中し硬く突起した妻の陰核を攻め始めました。
 「いや。あうう・・・」
妻の腰がグリグリと私の顔を圧迫します。
二枚の陰唇で口と鼻まで塞がれ、息苦しいほどでした。

 「ああ、だめ、だめ・・・またいっちゃう!!」
『また』と言う言葉が私を興奮させます。
妻は膣中に納めた私の鼻でオナニーをするかのように、腰を振り続けました。
 「あなた、もう入れて・・・」
私は愚息を取り出し、妻の膣口に亀頭の先をあてがいました。
 「あーん。」
妻の反応に催促されるように一気に体重を乗せ、膣内にペニスをめり込ませました。
 「あーーん」
私のペニスが妻の膣壁を擦りながら、奥のほうへ吸い込まれていきます。
妻のヌルヌルした膣壁が、私の敏感な亀頭をヒクヒクと締め付けるたびに、私は今まで味わったことのないような快感に身震いしました。
いつも清楚で落ち着いた格好をしている妻が、今は5人の男たちの目の前で脚をM字に開き、私のペニスを淫らに欲しているのです。
「どうだ?いいか?」
私は、喘ぎ声を出しながら妻に言いました。
「・・・・あん」
亀頭がひっかかる感触が好きな妻は、自らリズミカルに腰を上下左右に動かし、私のペニスを深く浅く出し入れしました。
 「ああ、・・・そんなにしちゃ、だめだ・・ああ。」
私は、情けない声を出しました。
恥ずかしいことに、妻の中にペニスを差し入れてまだ3分も経たないうちに、すでにイきそうになっていました。

 「ああん。だめ・・・。もっと我慢して・・・、あふ」
私が少しでも長持ちさせるためにペニスの出し入れをゆっくすればするほど、妻の腰の動きはどんどん激しくなっていきます。
 「あん。あん。あーん!!」
沈んでは出てくる私のペニスによって、卑猥に形を歪める妻の陰唇が私の視覚をも刺激し、もう耐えられなくなっていました。
 「あああ、そんなにしちゃだめだ!!」
私は少しでも長く妻の膣内の感触を楽しむため、腰の動きをとめ、ペニスへの刺激を抑えました。
 「あん。もっと・・・」
妻はそれを許さず、自ら腰をグリグリと押し付けてきます。
 「もうだめだ。イくよ・・・」
 「ああん・・・わたしも!!」
妻は、私の精を搾り取ろうとするかのように、自ら膣ヒダをヒクつかせました。
 「ウゥ・・・」
とうとう私のペニスが堪えきれず、毒汁を吐く準備態勢に入りました。

一瞬、頭の中が真っ白になったかと思うと、出番を待っていた私の精子がその行き場所を求めて、ドクドクとペニス内部を疾走しました。
勢いよく流れ出た私の精子は、先をあらそうように妻の膣に流れ込み子宮を目指しています。
「ああん。」
膣内が私の熱い精子で満たされ、妻はブルっと震えました。
私は、妻の膣口から精子がこぼれださないように、下腹部をぐりぐりと押し付けました。
私の精子が妻の子宮に流れ込む確かな感触に私も満足しました。
 「終わったよ。」
私は、少しも軟らかくならないペニスを妻の膣内に残したまま、言いました。
 「・・・うん。」
私の精子を素直に受け入れた妻が愛しく、私は妻にキスをしました。
妻は、いつもするようにやさしく舌をからませてきました。
 柔らかく暖かい妻の舌を吸いながら、わたしはボーっと姦通の余韻に浸っていました。
やがて私はゆっくりと妻の膣中からペニスを抜きました。
しばらくすると、妻の膣口から私の精子がブクブクと出てきて妻の太ももを伝い、床を汚しました。
 「奥さんも、またイッたみたいですね。」
妻の肉ヒダを割って流れ出る私の精子を眺めながら、副会長が言いました。

 「これでみんなしっかり抜いてもらいましたね。あとは・・・・」
みんなが、相変わらず写真を撮り続けている高橋さんを見ました。
 「やあん」
妻が慌てて乳房を両腕で隠しました。
今までの痴態がすべて撮られていたことに、改めて気づいたようでした。
 「僕は、今日はいいです。」
高橋さんがレンズで妻を狙いながら言いました。
 「僕は今日の写真で部屋でオナニーします。」
 「そんな・・・・」
妻が唖然とした顔をしました。
 「もう撮らないで!!それに写真は消すって約束・・・・」
 「だから、それはさっきお断りしたはずです。こんなすばらしいズリネタ他にありませんよ。」
 「だめ、絶対だめです!!」
妻が慌てて言います。
 「約束が違います・・・」
 「だから、一回オナニーするだけですって。」
 「そんなのひどいです。」
 「なんでしたら、どこかのサイトに投稿してもいいんですよ。」
高橋さんが目つきは、人を強請る時のものでした。

 「もう、許してください。」
妻の顔は先ほどの妖艶な表情と打って変わって、恐怖に泣き出しそうに震えています。
 「まあまあ、奥さん。高橋さんにも少しくらいは楽しみを残してあげましょうよ。悪い人じゃないから、約束は守ると思いますから。」
山本さんが妻をなだめます。
 「ひどい・・・」
結局、妻は写真を撮られた弱みから逆らえませんでした。
 「後で必ず、消してください・・・・」
小さな声でそう言うのが精一杯でした。
 「わかってます。ご心配でしょうから、奥さんの目の前で消去しますのでまた招待してくださいね。そうですね、今度はご主人がお留守のときにでもいかがですか・・・・」
妻は、高橋さんの虚ろに鈍く光る目から逃げるように俯きました。

 接待から始まった妻と役員たちの性宴が終わったのは11時を過ぎていました。
結局、高橋さんが妻の写真を持って帰ったほかに、副会長がブラジャー、山本さんがパンティを持って帰りました。
妻は嫌がりましたが、「今日の記念に」と押し切られてしまったのです。
 5人が帰った後、私は酔いと疲労で、ろくに片付けもせずに布団にもぐりこみました。
妻も「お休み」と一言だけ言って、寝てしまいました。
妻と話をするのが怖かった私は、ほっとしました。
 疲れているはずでしたが、興奮して頭がさえてしまい、全く寝付くことが出来ません。
私は、今日の出来事を順番に頭に思い描きながら布団の中で愚息を弄くりました。
ひとつひとつのシーンを思い出すたびに沸騰する愚息を静めるため、一晩で3回もトイレに立ちました。
 
 ・・・翌朝、どんよりとした気持ちで目を覚ますと、すでに妻は起きだしていました。
 「昨日はご苦労さま」
何気ない振りをよそおいながら、私はリビングに入りました。
昨日の性宴が嘘のように、ほとんど片付けられたリビングに背を向けて、妻は朝食の支度をしておりました。
 「おはよう。」
妻は振り返ることもなく、挨拶をしました。
 『やっぱり、怒ってるのかな?』
忙しい朝、妻はたいてい背中越しに挨拶をするのですが、その日はそんなしぐさすら気になって仕方がありませんでした。
朝食をとり、息子を迎えに妻の実家に向かいました。
車内では特に話が弾むというわけではありませんでしたが、よく考えれば妻とは普段からこんな調子でした。
昨日のことをさりげなく言い出したいのに、何と言っていいか分かりません。
私たちの間に、普段とは違う不自然な息苦しい空気ができていました。

 「ママ!ほら、おばあちゃんにこんなに買ってもらったんだよ。」
息子が小学校で流行っているという昆虫のキャラクターが描かれたカードを抱えて駆け寄ってきました。」
思えば、息子にとって初めてのお泊りになったのですが、昨日は息子の心配どころではなかったのです。
 「いい子にしてた?ユウ…タ」
一瞬だけ妻が言葉を詰まらせました。
 「ユウタ」
昨日副会長が連れてきた甥の名前も裕太くんでした。
おそらく妻もそのことを改めて思い出したのでしょう。
あの時私はそんなことにも気がつかないほど興奮していたのですが、妻は裕太君のペニスを咥えながら、罪悪感を新たにしていたのに違いありません。

 それでも妻が惑ったように見えたのはその時だけでした。
息子や義母に接している時も、普段とまったく変わったところは見せません。
私は妻の気持ちが全く読みきれないまま、不安な日々を過ごすことになるのでした。


第1部 完
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/09/09(火) 11:42:06|
  2. 管理組合の役員に共有された妻・エス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野球妻 第1回 | ホーム | 管理組合の役員に共有された妻 第1部 新年会で共有された妻 第10回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/3201-635bd5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR