FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

管理組合の役員に共有された妻 第1部 新年会で共有された妻 第8回

第8章 浪人生の目の前で脚を開かされた妻


 『ピンポーン』
盛り上がる男たちに割り込むように、玄関でチャイムが鳴りました。
 「おお、来たな。」
副会長がうれしそうに立ち上がります。
 「なんですか?」
山本さんの問いに笑顔で答え、副会長は玄関先に向かいました。
 「よく来た、さあ上がれ、上がれ。」
玄関の方で副会長の声がしました。
 「田中さん、どちら様ですか?」
まるで自分の家のように振舞う副会長の様子に、私は少しむっとしながら言いました。
それに勝手に上がれと言っていますが、奥には全裸の妻がいるのです。

 「おじゃまします。」
副会長の後から、大学生くらいの男の子がおどおどと入ってきました。
 「みなさん、紹介します。甥の裕太です。兄貴の子供なんですよ。」
 「やだ、ちょっと待って!私こんな格好・・・」
自分の痴態を映し出すパソコンの画面を呆然と見詰めていた全裸の妻が、あわててキッチンのカウンターの後ろに滑り込むように隠れました。
 「おお、いらっしゃい。」
鈴木さんが笑顔で迎えます。
 「大学生?」
山本さんが気さくに声を掛けました。
 「いえ、浪人中なんです。」
裕太君は、恥ずかしそうに、チラチラと妻を盗み見ながら答えています。
 「こいつ、もうすぐ大学受験なんで、しばらく家に泊めてやってるんですけど、たまには気晴らしをさせてやった方がいいと思って、さっき呼んだんですよ。」
副会長は、全く悪びれずに言いました。
 「いいですよね、ご主人」
 「え?ええ、それは、もちろん・・・」
副会長にそう言われて、まさか断れるはずもありませんでした。
 「大変ですね。がんばってくださいね。」
私は裕太くんに当たり障りのない挨拶をしました。
 「ありがとうございます・・・」
そう言いながらも、裕太くんはキッチンに隠れるように立っている妻が気になって仕方がない様子です。

妻は、キッチンのカウンターに置いてあったエプロンを見つけ、それを身に着けていました。
何もないよりはましと思って、慌てて身に着けたのでしょうが、裸の上にエプロンというのは、男にとってある意味裸よりもエッチであるのは言うまでもありません。
でも、妻にはそんなことを考える余裕もなかったのでしょう。
 「どこ受けるの?」
 「一応、○○大です。」
山本さんの質問に相変わらずチラチラと妻に視線を向けながら、裕太くんは素直に答えました。
 「そりゃあすごい。ねえ、奥さん、○○大ですって。」
 「え、ええ。」
急に振られた妻はキッチンの影に隠れるようにしながら、困惑した笑顔を返しました。

 「がんばってくださいね。」
妻は、やっとの思いで平静を装いながら言いました。
 「あっ・・・、ど・・どうも、ありがとうございます・・・」
エプロン越しに豊かに膨らむ妻の乳房に見とれていた裕太くんも、あわてて目をそらしながら答えます。
 「この奥さんはね、がんばっている人を見ると応援せずにはいられないんだよ。ねえ、奥さん。」
山本さんが言いました。
 「え?ええ、まあ。」
まさか否定することもできず、妻は引き攣った笑顔で答えます。
裕太くんの視線を気にして、エプロン越しに乳首が透けていないか確かめているようです。
 「そうだ、キミも何か奥さんにお願いしてみたら?キミが受験に受かるためだったら、奥さんも協力してくれるはずだから。」
鈴木さんは裕太くんにそう言いながら、妻にも笑いかけました。
 「鈴木さん、それは・・・」
妻が、口ごもります。
 「よかったな、裕太。せっかくのご好意だ・・・、さあ、奥さんに何かお願いしてみなさい。」
そんな妻を無視するかのように、副会長が言いました。
 「いえ、とくに・・・」
裕太くんは恥ずかしそうに俯き、小さな声で答えました。
 「そうだな・・・キミは、彼女いるの?」
 「いえ、いません。」
 「じゃあ、女の子とエッチしたことは?」
鈴木さんや山本さんが遠慮なく、浪人生に立ち入ったことを聞いています。

お世辞にも裕太くんはモテそうなタイプではありませんでした。
銀縁の四角い眼鏡をかけ、いまどきの若い人にはめずらしく、黒いべったりとした髪の毛を7・3分けにしています。
やせた体を包む服装も地味で、シャツをしっかりズボンのなかに押し込んで、サラリーマンのようなベルトまでしていました。
一昔前の「がり勉くん」のイメージです。
おそらくセックスどころか、女性の裸を見たことすらないに違いありません。
そんな青年が、半裸の妻を前に真っ赤になって俯いているのです。
私は、そんな裕太くんを可愛そうに思う反面、この青年に妻が性の手ほどきをするストーリーを勝手に想像し、興奮していました。

 「ありません・・・」
私の予想通り、裕太くんはそう答えました。
 「じゃあ、女の人のアソコ見たことは?」
副会長が、優しい顔で言いました。
 「・・・・・まだ・・・・」
 「ちょっと、田中さん、もう・・・」
副会長のたくらみに気づいたのか、妻があわてて言いました。
「じゃあ、どうかな。奥さんに見せてもらったら。」
副会長が当たり前のように、さらりと言いました。
 「え!?」
いいんですかと言う表情で、裕太くんが妻の顔を見ました。
妻はかぶりを振ります。
 「うそよ。ごめんなさいね、裕太くんの叔父さん酔っ払ってるのよ」
妻は無理して笑顔を作っていいました。
 「ぼく・・・」
 「え?」
 「女の人の・・・見てみたい・・・」
浪人生が震える声で言いました。

 「ほら、そうこなくっちゃ。男はみんな女のアソコが見たくてしょうがないに決まってんだから。」
鈴木さんが手を叩いて喜んでいます。
 「…無理です。」
妻が弱々しく拒みました。
 「そりゃあないでしょう。可愛そうにこんなに緊張しまくってるじゃないの、この子。」
山本さんが援護します。
 「うそよね。私なんか・・・もうおばさんよ。」
妻は、キッチンの隅のほうで身を屈めながら一生懸命裕太くんを説得しようとしています。
 「だから彼女いないんだって!奥さん。かわいそうなこと言わないであげてくださいよ。」
山本さんが裕太くんを代弁するように答えました。
 「ほら、奥さん、責任とって見せてあげなよ。減るもんじゃなし、さっきだってさんざんみんなに見せまくってたじゃないの!」
鈴木さんもだんだん興奮して声を荒げます。
 『いったい何の責任なんだ・・・』
鈴木さんの言葉は理不尽でしたが、誰もが息を飲んでその先を期待していました。
もちろん、私も。
妻は、鈴木さんの迫力に押されて何も言い返せなくなっていました。

 「せっかくこんな格好していることですし・・・」
山本さんも鈴木さんを応援します。
 「でも・・・」
 「そんなこと言うんだったら、またさっきみたいに無理やりしちゃうよ。いいの?」
副会長が冗談ともつかぬ口調で言いました。
 「・・・いや。」
 「ほら奥さん、子供じゃないんだから・・・」
一転、鈴木さんがやさしく言いました。
裕太くんは震えながらそのやり取りを見つめています。
 「さあ、奥さん・・・」
山本さんが、妻をキッチンまで迎えに行きました。
 「やめてぇ!」
腰をかがめ、脚を踏ん張りながらもずるずると引きずられていく妻に裕太くんが熱い視線を注いでいます。
妻の胸は、薄い生地とはいえエプロンで隠れていましたが、お尻は丸見えでした。

 「こちらにどうぞ」
山本さんからバトンタッチを受けたように、鈴木さんが妻をテーブルの方に促します。
 「え?」
妻が軽い驚きの表情を見せました。
 「どうするんですか?」
 「どうって、この子によく見えるようにここに乗ってもらうんですよ。」
鈴木さんは、そう言いながらいそいそとテーブルの上のお酒を片付け始めました。
 「そんな・・・」
 「だって、さっきみたいに後ろからじゃ恥ずかしいでしょう?お尻の穴だって見えちゃうし。
だから少しでも恥ずかしくないように、このテーブルの上で脚を開いてもらうんですよ。」

 いったいどちらの方が恥ずかしい格好なのでしょうか・・・。
妻が先ほどと別の体勢で、そしてさきほどよりもはっきりとした角度で陰部を晒す姿を想像し、再びアドレナリンが私の体中を駆け巡りました。
 「いやあ!!それだけは・・・」
妻は頭を抱えてしゃがみこみました。
 「じゃあ、さっきみたいにバックから見せてもらえますか?どちらでも奥さんの好きな方でいいですよ。」
 「どっちも、イヤ・・・」
 「奥さん、いい加減にしなさいよ。」
こんどは山本さんが凄みます。
性格的に大人しい妻は、他人から強めに言われるのがとても苦手でした。
普段真面目な山本さんにまで叱られてしまい、妻は恐怖と緊張で縮み上がっていました。
 「埒明かないからまた脱がしちゃいましょうか?おや、いつの間にそんなの着ちゃったんですか?
裸にエプロンなんてますますエッチですよ。サービス満点ですね、奥さん。」
鈴木さんがわざと大きな声で妻を辱めました。
妻は屈辱に顔を強張らせています。

 「さあ鈴木さん、早いところ奥さんを乗っけちゃいましょう。」
どうやら山本さんもその気のようです。
自ら妻の左脚と背中の辺りを抱きかかえ、鈴木さんに右脚とお尻を持つように促しました。
 「奥さん、いきますよ。」
鈴木さんも妻の右脚を抱え、お尻の下に手を入れました。
 「いや・・・・」
抵抗する妻を、山本さんと鈴木さんが一気に抱きかかえ、すでに綺麗に片付いたリビングのテーブルに座らせました。
妻は所謂「体育すわり」で、テーブルの上に乗せられたのです。
妻は脚をぴったりと閉じて、震えながらひざを抱えています。

 「さあキミ、ここに座りなさい。」
鈴木さんが妻の正面に座るように指示し、裕太くんは恥ずかしそうに従いました。
 「じゃあ奥さん、準備はいいですか?」
妻は、その質問に答えずに固まっています。
 「奥さん!!」
再び山本さんが大きな声を出しました。
 「は、はいっ!」
妻が、ビクッとして顔を上げました。
真面目な山本さんも、自分の怖いおじさんキャラに酔っているようです。
 「ほら、早くしなさい!」
鈴木さんが促します。
 「はい・・・」
妻は、少し脚を開きました。
裕太くんが、食い入るように妻の脚の奥を覗き込みます。

 「どうだい?見えるか?」
副会長が甥に声を掛けました。
 「いえ、よく見えません・・・」
裕太くんは妻の股間から目を離さずに答えます。
 「奥さん、もう少し開いて上げなよ。」
山本さんが妻に指示します。
 「はい・・・」
再び妻が脚を広げます。
妻のひざはガクガクと震え、痛々しいほどでした。
 「奥さん、そんなチンタラやってたら、この子のストレスがたまるじゃないか。さっきみたいにバッと開いて見せて上げなよ!」
さきほど無理やり妻の膣口を開いたのは他ならぬ私だったのですが、鈴木さんはまるで妻が自分から開いていたかのように言います。
 「はい、すみません。」
妻は完全に怯え、パニックになっているようでした。
ひざを抱えていた腕を解き、バランスをとるために腰の後ろの方で体を支えました。
今までよく見えなかった妻の恥ずかしい入り口が、リビングの淡いライトに照らされます。

 「これで・・・・いいですか?」
妻は裕太くんにとも、鈴木さんにともつかぬ調子でつぶやきました。
 「どうだ、見えるかい?」
副会長が裕太くんに聞きます。
 「はい。よく見えます。」
裕太君は瞬きもせず、妻を目で犯しています。
 「どうだ、奥さんのオ○ンコ、どんな風だ。」
 「はい。ひだがあります。」
 「ひだは、どんな具合だ。」
 「・・・重なって、ぴったり閉じています。ちょっとねじれています。」
 「そうか、そんな風になっているのか。副会長は満足そうに笑いました。
 「でもそれじゃ、中まで見えてないってことだな。」
 「中・・・?」
 「そうだ、そのビラビラの中が本当のオ○ンコだ。見たいか?」
 「はい。」
 「聞こえただろ、奥さん。中も見せてあげなさい。」
副会長が妻に命じました。
 「はい。」
すでに抵抗することをあきらめたのか、妻は素直に少し体を起こし、後ろについた手を太ももの下から、自分の股間に移動させました。
あまりにも素直な妻の言動に苛立ちを覚えましたが、すでに夫の立場をなくしてしまった私にはそれをとがめる資格などありません。
妻は左右それぞれのビラビラに左右の中指と薬指を添えています。
 次の瞬間『ペロン』と言う感じで二枚のひだがはがれました。
 「・・・」
妻が顔を背けます。

 「どうだ、奥さんの中が見えるか?
 「はい。」
 「奥さんの中は何色だ。」
 「ピンク色です。とても綺麗です・・・」
 「ほかには?」
 「とても柔らかそうです。それにヌルヌルしています。」
 「キミに見られて、濡れているのかな?」
 「そうなんですか、奥さん?」
裕太くんの顔がぱっと輝きました。
 「どうなんだい、奥さん?彼に見られて、また、濡れちゃったのかな?」
鈴木さんが裕太くんに続いて聞きます。
 「・・・・」
 「きっとそうだよ。よかったな。」
副会長が、とてもうれしそうに甥に言いました。
 「見られただけでこんなに濡れちゃうんじゃ、キミに触られたらもっとよろこぶよ。なあ、奥さん」
鈴木さんが半強制的な口調で言います。
 「どうだい奥さん、せっかくだから彼にも触って貰ったら?」
 「いいんですか?」
裕太くんの顔は上気し、どんどん鼻息が荒くなっていきます。
 「だめ・・・」
妻が、最後の抵抗を見せました。
 「裕太、女の人が『だめ』っていうのは、いいっていうことなんだぞ。よく覚えとけ』副会長が得意げに言い、
 「そうだよね、奥さん?」
と妻を軽く睨みました。
 「本当に・・・だめ」
妻が自らの指で陰唇を開いたままの格好で、消え入りそうな声で言いました。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/09/09(火) 11:36:01|
  2. 管理組合の役員に共有された妻・エス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<管理組合の役員に共有された妻 第1部 新年会で共有された妻 第9回 | ホーム | 管理組合の役員に共有された妻 第1部 新年会で共有された妻 第7回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/3198-c56a2172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR