FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

疑惑 第5回

じっと目と目が見詰め合うが、明らかに私の目の方が充血を帯びていた。
瀬川さんの奥さんは掌で私の口を塞ぎ、口許に笑みを浮かべながらはやる私を制した。
「うふ・・・だ・め・・・これ以上は無理よ・・・水野さん。」
我が耳を疑った・・・あれほど積極的に挑発していた筈の彼女が掌を返すような言葉を発した。
「・・・だめ・・・だって?」
「あら・・・当然でしょ・・・私は人妻なのよ・・・あなただって奥さんが有るじゃない・・・冗談で済まされるのは、ここまでよ。」
「今更それは無いよ・・・散々、その気にさせといて。」
「あら・・・私のせいにするの~・・・そりゃ、際どい話しは確かにしたけど・・・だからってお隣りの人妻を犯して良いって事には成らなくてよ。」
お・・・犯す・・・だと、この女・・・肩を掴んでいた手に力を込めた・・・。
「い、痛いよ・・・乱暴する積もり・・・」
あまりの屈辱に身体がガタガタ震える。
「なあ・・・奥さん、あんまりだと思わないか?誘うような言葉や表情で俺をその気にさせた上、その手で弄ってさえ来たくせに。」
「あら!止めてよ変な言い方・・・確かにあなたと奥さんの性生活について質問はしたわよ・・・でも、答えるか答えないかはあなたの勝手じゃない、それに私の不満も話したけど・・・でも・あなたにそれを鎮めて何て一言だって言っちゃいないし思ってもいないのよ。その上、弄ったってどういう意味・・・?手には確かに偶然に触れたよ・・・でも変な所に引っ張って触らせたのはあなたじゃない・・・自信が有るのかどうか知らないけど・・・あんまりって言うのはこっちの台詞よ。」
か~~と頭に血が上った・・・彼女の言い分では、悪いのは全て私だと言う事に成ってしまうではないか。

椅子から立ち上がって逃れようとする彼女の細い腰を力一杯抱きかかえると、身を浴びせるように床に押し倒し組み敷いた。
「やっ・・・ちょっとお、これって冗談じゃないわよ・・・私はあなたに食事をしてもらったのよ・・・お腹が減っちゃ気の毒だと思ったから!それなのに何て事してるのよ、これ立派な犯罪よ・・・その上、私はあなたの知人の妻で、それにあなたの奥さんとも親しくしている人妻なのよ。」
これ以上何を言われても言葉を返す気に成らなかった・・・幾ら抗議したところで彼女が取り合うとは思えなかった・・・、だがここまで来た以上後へは引けなかった・・・。
腹の上に馬乗りに成って両脚で彼女の両腕を挟み込み動きを封じた、不満の言葉を吐き続けるのを見下ろしながら背広の上着を脱いでネクタイをもぎ取り床に投げ捨てる。
憤りと同時に私の中にある考えが浮かんでいた・・・彼女はさっきからの話しで欲求を持て余しているのは明らかだった、肉体に楔を撃ち込んで遣りさえすれば満たされない疼きが炎の如く燃え上がり自ら快楽を求めて走り出すに違いないと・・・。
ベルトの金具を外してスラックスのジッパーを降ろすと彼女の抵抗は狂ったように激しさを増した。
肩や両足を投げ出すように跳ね上げ続けていたが、トレーナーを捲り上げられブラジャーを乱暴に千切り取られて露出した小振りな両の乳房を鷲掴まれた上に、紅に近い褐色の乳頭を舌先で転がしてやると、観念したのか体力に限界が訪れたのかゼイゼイと息を乱しながら顔を横に背けて抗いを納めた。

全く反応も示さずに、ただ目を閉じて横たわる彼女からはこの場を早く遣り過そうとでもしているかのような意思を感じた。
腹の上で馬乗りに成って乳房を揉みしだいていた手を尻の後ろに回してジーパンの前ボタンに移動させると、ビクッと下半身に力を込めたのが分かったが相変わらず抵抗は無かった。
硬い布地が下腹部にきつく食い込んでいて、後ろ手の不自由な姿勢でボタンを外すのはなかなか骨が折れた、まるで貞操を破られまいと踏ん張ってでもいるかのようだったが、遂には口を抉じ開けられてしまった・・・肌をきつく絞め付けた腰丈のローライズは最上部の戒めを解かれると弾けるようにひとりでにジッパーを割り裂いた。
頭を捻って見るとV字に開かれた前合わせから淡い黄色のサテンのパンティーが顔を覗かせていた。
回した手を素早く潜り込ませて奥を探ってみると、抗いとは裏腹に既にどろどろに蜜が溶け出していた。
「拒んでいたわりには、随分派手に湿らせてるじゃないか・・・奥さんだって期待してたんじゃないの・・・本当は?」
秘密を暴き有頂天と成った問い掛けにも彼女は相変わらず顔を背けたまま反応を示さなかった。
身体をずらして足元に移動し下半身から窮屈なジーパンをパンティーもろとも奪い取ると、性急にスラックスと下着を膝までずり下げて裸の腰を脚の間に割り込ませ、一気に貫いた。
男根が押し込まれた瞬間、彼女は「むっ・・・」と押し殺すような鼻息を漏らしたものの、興奮の余り早くも快感に咽ぶ我が愚息の懸命な攻撃にも少しの反応も示す事無く、時の過を待つかのごとくに目と口をきつく閉じ合わせたまま・・・只、身を横たえするに任せているのみだった。
何とかして、嬌声を搾り取ろうと女体を反回転させ片方の足首を高く掲げて連結を限界まで深めた上で必死に抽送の速度を増すものの・・・木偶の棒が如き彼女に一切の変化も与える事は叶わなかった。
そればかりか能力を超越した猛烈な責めで、早くも自ら限界を招いていた・・・押し入ってから物の五分と経ってはいなかった。
「はう・・・う・・・ふっうう!」
無表情の彼女とは裏腹に、情け無くも私だけがクライマックスに必死で耐える呻き声を漏らしてしまっていた、尿道の半ばまで精は上り詰めていてこれ以上の行為の続行は一方的な自失を意味した。

くそっ・・・!
声一つ上げさせる事の出来ないでいる自分自身の不甲斐なさに茫然自失と成りながらも・・・前後させる腰の律動を中断せざるおえなかった・・・このまま自分一人絶頂を迎えてしまっては、余りに惨めだった。
動きを止めた腰に変えて、分泌される蜜液を塗り込めた中指をきつく閉じ合わされた裏門のおちょぼ口に当てがい根元まで差し貫いた。
その行為に彼女は閉じていた目を見開き、あくまで無表情、無言のまま蔑むような目線を投げて寄越した。
無遠慮に中指で肛門を抉っていた私だったが、余りに厳しい眼差しに大いにたじろいだ。
「ごめん・・・痛かった・・・。」
媚びるように彼女のご機嫌を伺いながら・・・中指を退散させる中途半端な男の姿が有った。
情け無い事に性器までが萎縮してしまい、力無く膣口から抜け落ちて垂れ下がった。

身支度を整え終えた彼女が始めて口を開いた。
「水野さん・・・私、あなたには正直がっかりしちゃった・・・暴力で女を物にしようなんて、最低ね。」
彼女の言葉に何も反論が出来なかった。暴行を非難する言葉よりも男としての能力を発揮できず仕舞いに終わった不甲斐なさが胸を締め付けた。
欲求不満を訴えていた筈の彼女に苦痛の呻きのひとつも与える事が出来ずに、自分勝手な性交ですら完結できなかった己の非力が怨めしかった。
「安心して・・・主人や奥さんには内緒にしておくから・・・。でも一言謝って、でないとあなたとこれからお隣り付き合いも出来なく成っちゃうから。」
悔しかった・・・零れ落ちそうに目の縁に溜まった涙を必死で堪えた。
「奥さん・・・無礼な行為を犯して済みませんでした・・・二度としませんから許して下さい。」
言い終えて噛み締めた奥歯に更に力を込めた・・・決して俺だけが悪いのではない筈なのに・・・。
「認めた訳よね・・・ご主人・・・最悪の結果だけは免れたけど、貞操を破られたのは間違い無いんですからね。」
「は・・・はい・・・」
堪えていた涙が一筋頬を伝って顎先まで流れた。
「泣いてるんだ・・・。」
「・・・」
「だらしないわね・・・しっかりしてよ。あなた男でしょ。そんなだからあんなセックスしか出来ないのよ・・・お陰で私は助かったけど・・・あれじゃ奥さんとも上手く行ってないんじゃないの?」
「くっ・・・」
憤りは最早限界まで達していた・・・しかし悔しいが暴力に訴え出た所で、更に惨めに成ることは目に見えていた。
そんな状況の中、自分でも戸惑うような変化が生じていた。
自分は今、生涯で最悪の屈辱を味合わされているのだ・・・にも拘わらず萎えていた男根が再びむくむくと頭をもたげ始めていた。
前から気が付いていたのだが、私は自らを辱められる事でより性欲を掻き立てられると言う性癖を持っている。
妻を他人に寝取られる妄想が私の最も興奮できるシチュエーションなのだが、寝取る男達は必ず私よりも圧倒的に強い精力の持ち主で・・・妻は必ず私に対しての三行半と相手に対する隷従を誓わされながら至高の悦楽に身を焦がす・・・私はそれを見せ付けられながら独り孤独な精を吐き出す・・・。
つまり、瀬川さんの奥さんから与えられた屈辱的な状況と性的な侮辱が屈折した性欲に火を点けているのだ。
しっかり身支度を整えた彼女に対し、一種のショック状態の中にいた私は未だに下半身をワイシャツの裾で隠しただけの半裸姿のままで床にへたり込んでいた。
慌てて前を隠したのだが、彼女はそんな私の変化を見逃さなかった。
「あら~あ・・・水野さん、今頃起って来たの・・・変な人~・・・苛められて興奮するの?あなたって・・・。」
図星を差されて真っ赤に顔が上気する。
「気持ち悪う~・・・うふふ・・・変態みたいよ・・・。」
更なる侮辱は勃起を最高の硬度にまで高める。
慌てて床に脱ぎ散らかした下着とスラックスを拾い集めて身に着けようと立ち上がった拍子に、ワイシャツの裾の合わせ目を割って勃起が露出してしまう。
それを目の当たりにした彼女からは、くぐもったような笑いが漏れた。
「帰るの・・・?」
「え・・・ええ・もう用無いだろうし・・・。」
「部屋で出すの・・・?」
「・・・い・や」
「そのままじゃ・・・辛抱できないでしょ・・・ふふ・・・そうなんでしょ・・・?」
「関係無いだろ・・・奥さんには。」
「あ~ら・・・勿論よ・・・関係無いよ・・・でも・・・ちょっと興味は有るわよ・・・うふふっ」と言うと悪戯っぽく笑みを覗かせながら膝までパンツを引き上げた私の正面に立ち塞がった。
「出すの・・・見せてよ・・・見た事無いんだ・・・。」
「な・何を・・・」
「あなた、断れない筈よ・・・それともさっき謝ったのは嘘だったのかしら・・・?」
「・・・」
「うふふ・・・少しだけ、手伝ってあげるから・・・ね?」
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/08/30(土) 18:08:49|
  2. 疑惑・again
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<範子 第1回 | ホーム | 疑惑 第4回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2946-ea659c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR