FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

続々妻のヌードモデル体験その12

妻の洋子は、照れくさそうに枕で顔を覆い、そのままベットの上に寝そべっていましたが、小島さんは、自分の出した精液が洋子のおへそに溜まっているのを見て、ベットサイドにあったティッシュと数枚取り、洋子のその部分を丁寧に拭き取っていました。そして、洋子のびっしょりと濡れている陰毛の所も別のティッシュで拭き取ろうとしているのを私が気がつき、妻に言いました。
「洋子、シャワーを浴びておいで」
そんな冷静さを装っていた私ですが、今にも妻・・・洋子を抱きたく、そして、その洋子の中にいきり立っている自分の物を埋め込みたくてしょうがありませんでした。そんな気持ちを知ってか知らずか、「うん・・・」といい、顔を覆っていた枕をとると、ベットから立ち上がりました。洋子は小島さんに揉みしだかれ、少し赤みかかっている乳房を揺らしながら、バスルームの方に向かっていきました。
ぷりぷりと形の良いヒップの目で追いながら、その様子を再びカメラにおさめました。
残った小島さんは、洋子のラブジュースでてらてらと光って、べとべとになっている自分のものをティッシュで拭き取っていました。残された私と田中さんはカメラをテーブルの上におき、その様子を見ていました。そのうち田中さんが
「ご苦労さん」と小島さんに声かけていました。
「いえ・・・」と私に遠慮をしているのか、あまりしゃべろうとしないので、私から声をかけました。
「すばらしい写真が撮れました。」
その言葉に田中さんもうんうんとうなづいています。
「洋子があんなになるなんて、実際感動しました。やっぱりプロですね」
「いえ、そんな、でも、奥さんのあそこがきつくて、こらえるのが大変でしたよ。ご主人がうらやましいです。」
その言葉に私以外に同じく妻の体を知っている田中さんが複雑な顔をしていました。
「こんなことは他にもあるのですか」と言う問いに
「そうですね、3Pとかでご主人の代わりに相手をしたり、とかがありますね。」
「ふーん、他にも結構あるんですね」
「ええ、」
田中さんが「彼は一応ちゃんとした俳優なんだが、まだ売れてなくてね。これからさ」
というと小島さんが頭を掻いていました。
「でも、ご主人の前で失礼ですが、奥さん、お若くて、私がお相手をした人達とは全然違っています。だから、最初、勝手が判らなくて、淫行しているのかなんて思っちゃいましたよ」
「そうですか、小柄だし、歳のわりに若く見えるんで」という私の言葉に、再度、田中さんがうなづいていました。
田中さんが「あっ、ちょっと席を外します」と言うと携帯電話を取り、部屋の外に出て行きました。
田中さんがいなくなると、やっぱりお互い気まずい感じになり、私はリビングの方に移動しました。そこから見えるバスルームには、妻が長い髪をシャワーキャップなのでしょうか、かぶっている様で、スポンジで体を洗っている姿が半透明のガラスに透けて見えていました。長い足をバスタブにのせ、そして、その股間をオナニーするように丁寧に洗っているように見えます。
しばらくして、外に出て行った田中さんが奥さんの圭子さんを連れて戻ってきました。
「家内を連れてきました。さっき来ていたのですが、佳境だったので、下で待たせていました。」
「裕一さん、どうも、すいません押しかけてしまって、でも、どうしても見たかったもので」
「あっおはようございます。というかこんにちはですか」
「あなた、もう終わったの?」
「うん、さっきな、洋子さんはシャワーを浴びているよ、ほら」と指をさしました。
「あっ、本当ね、これってなんか、見えちゃうじゃない・・でも、遅かった様ね」
「うん、でも、洋子さんは綺麗だったぞ」
「そう・・・」
二人でそんな話をしているのを聞いていると、そこにバスタオルを巻き付けた洋子が出てきました。圭子さんを見つけて挨拶をしています。
「おはようございます」
「おはようございます。すいません押しかけちゃって、すばらしかったそうですね」
その言葉に洋子は、シャワーを浴びた後とはいえ、再び顔を赤くしながら、うつむきながら、うなづいていました。
「私も見たかったわ」と、ご主人の田中さんに圭子さんが囁いているのが聞こえました。そこで、私は、バスタオルを巻いたまま、立っている洋子に近づき、
「洋子、すばらしかったよ、一番のモデルだよ。」
「うん」
「実際、洋子もどうだったの」
「うん・・・良かったわ」
「そう、あのさ、圭子さんもきたし、そして、まだ撮り足りない気持ちなんだ」
「えっ、・・・」
「でね、もう一回いいかな」
「・・・」その私の言葉に妻はしばらく黙っていましたが、「うん」とうなづきました。
そのやりとりを聞いていた田中さんは、「いや、圭子の事は気にしないで下さい。」
「いえ、私としても、別の形の洋子をもう一回見てみたいのです。」
というと、小島さんがいるベットルームに行きました。
「あの、小島さん、もう一回洋子とお願いできますか」
「えっ、あっ、はい、今日もこれしか予定がないし、私はかまいませんが、」
「それでは、お願いできますか。実は見学者の方がもう一人来ていますが、」
「ええ、聞こえていました。別に私はかまいません。AVでは、もっといっぱい人がいますし」
というと、リビングにとってかえし、田中さんと洋子に言いました。
「と、言う事で、もう一回洋子を撮影したいので、お付き合い下さい。」
「・・・判りました。では、準備をしましょうか」
と、田中さんは、再度、カメラにフィルムを装填したり始めました。
「じゃー洋子、こっちにおいで」と手を取りました。
そして、くるくると巻き付けてあったバスタオルをはがし、そのまま全裸の状態にさせました。
「あっ、待って下さい。」田中さんは、その様子をあわてて撮影しました。
私は、暖かい妻の手を引き、小島さんの待つベットルームに連れていきました。私達の後を追う様に田中さん夫婦が入ってきます。ベットルームに入ると私は、ベットに腰掛けている小島さんに向けて軽く背中を押しました。洋子は、その美しい全裸の状態のまま小島さんの所に行くとバスタオルを巻いて座っている小島さんの前にひざまづきました。そして、巻いてあるバスタオルを取ろうとしました。小島さんは洋子の、そのしぐさを見て、腰を上げ、タオルを取る手助けをしました。
するっと、バスタオルがとれると先程の黒い凶器が明るい照明の中に晒されました。しかし、さっき既に放出したその物はだらんとなったままでした。洋子が、私の方を振り返って見ています。
「うん」と言い、私がうなづくと、小島さんの毛深い陰毛から垂れ下がっている黒い物を両手に握りました。そして、上を向かせると、妻みずから、その可愛い口に小島さんの黒い凶器を含んでいきました。
じゅっじゅっと唾液を混ぜながら、小島さんの凶器を口から出し入れをはじめ、小島さんはやがて、上体をベットに横たえ、洋子のフェラチオを堪能していました。
夫である私は、すね毛もそんなに無く陰毛も濃くない方なのですが、小島さんの下腹部をよく見ると、へそまでつながっている陰毛など結構毛深く、更にその毛深い陰毛の奥から生えて、節くれだっているその凶器を、躊躇せずにおいしそうにしゃぶっている妻を見ると何とも言えない感じがし、再び自分の物が勃起を始めました。
じゅっじゅっ・・ちゅぱちゅぱと言う卑猥な音が部屋中に響いて来ると、小島さんの物がだんだんと復活してきました。田中さんから習った尿道口を舌で刺激するテクを披露すると、すっかり小島さんの黒い凶器が復活し、そそり立っていきました。そんな光景に撮影することを忘れてしまいましたが、田中さんは冷静にその妻の行為を記録していて、奥さんの圭子さんは、時々、舌で唇を舐める様にしていました。
「奥さん、いや、洋子さん、もう大丈夫ですよ、今度は私がお返しをする番です」
というと、ベットサイドでひざまづいて小島さんに奉仕していた妻の手を取って自分の方に抱き寄せました。先程と同じように妻を仰向けに寝かせ、その口にキスをしました。
ちゅーちゅー・・・ぺちゃぺちゃと舌と舌が絡み合い、お互いの口の中に相手の舌が入って暴れているのが見えました。そんな行為をしばらくしてから、小島さんが顔を上げようとすると洋子はその小島さんの口に吸いついたまま顔を持ち上げてきます。しかし、ある所までいくとその口が離れ、小島さんの口から垂れた唾液が洋子のその口の中に流れて行きました。その唾液をこくっこくっと飲み干し、うっとりしていました。そんな妻の姿を見て、この瞬間の顔を撮影しなければと思い出しあわててカメラを妻に向けました。
そして、小島さんは、妻の下半身の移動すると、その長い足を大きく広げさせました。すると奥には名残を洗い流して、新たなピンク色をした洋子の女性を示す器官が口を開けていました。
小島さんは、その部分にいきなりむしゃぶりついていき、顔を埋めるや、先程とは違って激しく顔を振り始めました。妻の太股をその腕で大きく広げ、激しく愛撫する行為に洋子は大きなあえぎ声をあげました。ぴくっぴくっとおそらく小島さんが洋子の快楽のポイントを責める時、太股の筋肉が波うっていて、さっき見せてくれたように妻の突起に舌を当てている事が想像できました。
しばらくすると小島さんは洋子のそこから顔を上げました。そして、妻の手を取って起き上がらせるとその後ろに廻りました。ぼーっとした洋子は何が始まるのか判っていないようです。そして、後ろに廻ると妻を抱える様にふとももの下から手を廻し、その長い足を大きく広げさせ、その部分を撮影している私達に向けました。
「洋子さん、みんなにここを写してもらいましょうよ」と妻の耳元でささやき妻の手を取って自分のその手と交代しました。
「あぁー・・」と洋子は言いながら、自分で足を大きく開きました。さらに小島さんはその中心部に後ろから両手を差し入れ、妻の陰毛をかき分けると器用にそのひだを左右に大きく広げました。
その洋子の女性器官は自分の出した液体と小島さんの唾液が混ざり、更に激しくかき回されたため白く泡立ち、その混合液がだらだらとシーツに垂れていくのが見えました。
小島さんに抱えられる様にその長い足を上げられ、自らの体の奥深い所をわれわれに晒していました。恥ずかしそうにうつむいているそんな洋子の姿を田中さんと私が一心不乱に撮影しました。
そして、私が「洋子、こっちを見てくれ。これじゃ、洋子が判らない・・・」と叫んでいました。
「うっ・・んっ・・と、小島さんにの腕にうずくまる様にしていた洋子でしたが、そろそろと顔を上げ、その可愛い顔をこちらに向けました。そして、つぶっていた目を開いて私達を見回しました。
妻にはカメラを抱えている男が2人、そして、田中さんの奥さんが見えていたはずです。一瞬、私の方を見つめると、すぐに別の方に視線を移していました。洋子が見ているであろう方向を私が振り返って見ると、その先には田中さんの奥さんの圭子さんがいました。
妻のその潤んだ表情は、女として、逝かされた喜びと、そして、同性の前でこんな恥ずかしい行為をさせられている自分を比較している感じでした。
しばらくそのままの姿勢でいてから小島さんは洋子をよつんばいにさせました。そして、自分の方に洋子のヒップを向けるとそのいきりたった黒い凶器を洋子の中に埋没させていきました。その動きは夫である私にはじれったいほど遅く感じ、ずぶずぶと言う音が聞こえてきそうな遅さでした。
いったん奥まで入れ終わると、今度は逆に激しく腰を打ちつけ始めました。
ぱんぱんと言う小島さんと妻の洋子がぶつかり合う音が部屋中に響き、それに合わせて洋子のあえぎ声も出始めました。洋子は時々、目を開け、そして、圭子さんの方にうらやましそうに見ていました。いや、女として圭子さんに勝ったと思っているのかも知れません。
小島さんから激しく突き上げられる度に、洋子の乳房が振り切れんばかりにゆさゆさと揺れ、その快感を声に出していました。後ろから突き上げている小島さんの毛深い陰毛の色と、洋子の小麦色をしたヒップとの、色のコントラストが際立ち、断続的に洋子の女性器官に出し入れしている小島さん黒い凶器に洋子の出した白い液体がまとわりついて見えます。そしてその結合部分からでるお互いの粘膜を子擦れ合っている音がぴちゃぴちゃから、ぐちゃぐちゃと言うだんだんと水分を多く含んだ音に変わりだし、洋子が顔を上げ、時々、小刻み逝ってい様子が見て取れると小島さんも洋子の締めつけに声を出し始めました。
「洋子さん・・・そろそろ、逝きますよ」
「あんあん、だめ・・・・まだ・・・・」
「ごめんなさい、このままだと、中にでちゃう」
「あん、そんな・・・」
と、私を見つめながら、その快感に酔いしれていました。
「うっ・・だめだ・・・」と小島さんは、自分の物を洋子から引き抜くと、妻の背中に大量の精液をまき散らしました。
「うっうっ、まだ出る」と、自分の物しごく様にその液体をかけ続けていましたが、もう出なくなるとそのまま横に倒れてしまいました。
洋子は、四つんばいになったまま余韻にひたっていましたが、やがて、小島さんが横に倒れたのを見ると、私の方に顔を向け、そして言いました。
「あなた、・・・・お願い・・・・」そのヒップをこちらに向けました。
「えっ・・・」
〔あなたのを頂戴〕と言っている様に思えました。
私が、どぎまぎしていると、隣にいた田中さんが、私が持っていたカメラを預かり、そして、うなづいています。
「よし、洋子、今行く」と言うと手早く服を脱ぎ、全裸になりました。そして、ベットに上がり、ぱっくりとピンク色の口を開けている洋子のその部分を目指しました。小島さんはそのまま私と代わる様にベットから降り、床に座ってしまいました。
シーツに突っ伏した状態で待っていた洋子は、私がベットにあがる振動でこちらを向くと、私のいきり立っているその状態をみて微笑んでいました。そして、自分の女性部分を私の物に向けて突き出してきました。さっきまで他人の物が入っていた妻のその部分にずぶずぶと挿入していきました。ぐいっと奥まで挿入すると洋子の暖かい感触が私の物を包み込んできます。それを堪能しながら、小島さんと同じように腰を振り、洋子を激しく突き上げました。洋子の背中には小島さんの出した精液がかかっていて、それが私達の動きに合わせて上下に流れ、さらに脇腹などへ垂れて流れて行くのが見えます。
このままでは小島さんと同じくバックのままで、妻に逝かせれそうだったので、動きをいったん止め、つながったまま洋子を仰向けにしました。
仰向けになるとその洋子の乳房がゆさっとそれ左右に広がりました。ほっそりとしたウェストには先程の小島さんの精液が垂れて流れてきた跡が残っています。しかし私はそんな事は気にせず、洋子の体に覆いかぶさり、腰を動かしました。洋子が、私の口を求めて抱きついてきて、お互いにむさぼる様にキスをしました。私の下で洋子の乳首がこすれ、それが痛いほどに立っているのが判りました。
「愛してるよ洋子」
「あっ・・ん・・、私も・・・好き好き」
ぐいっぐいっと締めつけがはじま始まり、洋子が逝きそうになっているのが判りました。そして、激しく腰を動かしていましたが、洋子の高いあえぎ声を聞くとたまらず、私のDNAを妻の洋子の一番奥深くに注ぎ込みました。
田中さんはその様子を撮影していてくれ、更に圭子さんも顔を赤くしながら見ていました。
妻の中に入れたまましばらく洋子の体の上で大きく息をしていました。そして、洋子の中に入っていた物を引き抜くと、それには洋子と私の体液が混ざって白濁した液体がまとわりついていました。
「ふぅー・・・洋子、気持ちよかったよ」と言うと洋子は頷いていましたが、私の小さくなっていく物をみて、それを口に含むと、びしょびしょになっているその物を綺麗に舐め取ってくれました。
目をつぶって洋子のテクを堪能し、再び目を開けると田中さんが、私達の行為の中心部にカメラを向け撮影していました。気がつくと小島さんは、いなくシャワーでも浴びに行ったのでしょう。奥さんの圭子さんが何とも言えない表情でこちらを見つめていたのが印象的でした。
「ありがとう洋子、気持ちよかったよ」
「うん・・・」
二人して抱き合っていると小島さんがバスタオルを巻いて出てきたので、私達が代わりにシャワーを浴びに行きました。バスルームで妻の中心部を丁寧に洗い、そして私が洗ってから先に出ました。既に田中さんはカメラの片づけをしていて、小島さんは服を着ていました。
「小島さん、今日は、どうも、ありがとうございました」
「いえ、私こそ、良かったです」
「そうですか、おかげで良い写真が撮れました。」
そう言うと田中さんもうなづいていました。そして、田中さんから聞いていた金額を入れた『薄謝』と書いた封筒を手渡しました。
小島さんは「どうも・・・」と言うと鞄の中にしまいこみながら更に言いました。
「なんか、もうお止めになるそうで、」
「ええ、過去にも何回か止めようと思った事があり、そのたびにもう一回もう一回となってきたのですが、そろそろ頃合いでと思っていたので。」
「そうですか、こう言うと失礼かも知れませんが、もったいないです。実際、奥さん・・洋子さんは売れっ子になりますよ」
売れっ子といってもそう言うのは私の主旨と違うし、と思いつつ、「あはは・・」と苦笑いをし、横にいた田中さんも複雑そうな顔をしていました。
小島さんが帰って行くと、洋子がバスルームから出てきました。たぶん、顔を会わせるのが恥ずかしかったのかも知れません。洋子はバックから着替えを取り出し、着替えていました。
ホテルを4人で出ると田中さんに送られて帰宅の途に着きました。車中で、田中さん夫婦にしきりに良かった良かったと言われると、なんとも言えない感じがしていました。Tシャツにミニスカートという妻のいつもの姿を見ると、さっきまであんな事をしていたなんて思えない感じでしたが、その内容はカメラに記録されているはずです。
後日、それらの写真を見て、私の妻・・洋子の冒険を振り返って見ようと思っています。ではさようなら
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/08/28(木) 13:39:15|
  2. 妻のヌードモデル体験・裕一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その後の妻のヌードモデル体験その1 | ホーム | 続々妻のヌードモデル体験その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2902-094f1391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR