FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

私の妻 第3回

妻と大木が寝室へ入った後、居間に残された私は仕方なくソファーに毛布を抱えてパジャマも着ないで下着姿のまま横になったのですが、急に訪れた今日の不幸な出来事に興奮してか、寝室へ行った二人のことが気になってか、少しも眠気が襲ってきませんでした。
そして、私は寝室で二人は大人しく寝たのか、それとも妻は大木とエッチをしているのか、などと考えると自然に片手をパンツの中へ入れて、既に硬く勃起している私の分身を擦りました。
何回も射精を繰り返し、パンツは気持ち悪いほどに濡れてしまいましたが、そのうちに私はソファーで眠りに落ちてしまったのです。


そして、次の日の朝、私は妻の声で目を覚ましました。

「なによぅ!これっ!」

妻の声に目を開けると、私の寝ているソファーの脇に上半身だけパジャマを着け白い素足を丸出しにした妻と、その妻の背後から腰に手をまわし身体を密着させて大木が立っておりました。
妻は私の下半身を指差し、大木はニヤニヤと笑っています。
私が掛けていた毛布はソファーの下で丸くなっており、私の身体を覆うものは下着だけになっており、昨晩の射精でゴワゴワになって大きな染みを作ったパンツを妻は指差していたのでした。

「なによ、大きな染みを作って寝小便でもしたの?」

「えっ、え、いや..」

私は何も言えずに、慌てて落ちている毛布をひろいあげて股間を隠しました。

「あははっ、その染みはオナニーの染みだな?そうなんだろ?」

大木はすぐに私のしたことに気づいたようでした。
「は、はい...」

私は消え入るような声で答えていました。

「うっそー、やだあ!バッカじゃないの!」

妻は大きな声を出し、気持ち悪い汚物でも見るように私を見下ろしました。

「聡子の旦那がオナニー好きとは思わなかったよ、今日はこれから仕事だけど今夜は是非オナニー姿を見せてくれよな。あははははっ」

大木はそう言って笑うと、朝食のためにテーブルに行き、妻は大木の為にキッチンの方へ歩いて行ったのでした。
そして、二人は仲良く朝食をとると再び着替えの為に寝室へ入って行ったのです。
私は何をして良いのか、ただソファーに呆然と座っているだけでした。

暫くして、寝室のドアーが開くと妻と大木は出勤するための着衣に着替えて出てきました。

「あんた、私達は今日は飲み会で遅くなるけど、あんたは寄り道しないで帰って寝室の掃除と洗濯をしておいてよ」

妻はそう言い残すと、大木と夫婦のように仲良く手をつないでマンションの玄関から出掛けて行ったのです。
この様な状況になっても、私は他のマンションの住人が妻と大木が手をつないで歩いているのを見たらなんと思うだろうか、などと自分の妻が寝取られた悔しさよりも世間体を考えている始末でした。


その日は会社へ出勤しても殆ど仕事も手につかずに、ぼーっとしていたような気がします。
そして、会社の終了と同時にすぐに会社を飛び出して、家へと向かったのでした。
マンションに帰ると私はすぐに朝出がけに妻から言われた洗濯に掛かりました。
寝室のベッドは布団もシーツも直さないで妻と大木が寝たままの姿を晒しており、妻の脱ぎ捨てたのであろう衣類はベッドの下に散乱していました。
そして、ベッド脇に置いてあるゴミ箱には丸められたティッシュが山のように捨てられてありました。
そのティッシュの量から、私の妻は何度も大木に抱かれて快楽をむさぼったのだと感じました。
私はそのゴミ箱の中身をフローリングの床へぶちまけて、あるものを探そうとしました。
そうです、私はティッシュの中から使用済みのコンドームを探し出そうとしました。
しかし、それは無駄なことでした...。
ゴミ箱の中からは使用済みのコンドームを発見することはできませんでした。
私は、恐れていた中出しの事実を自分自身でゴミ箱をひっくり返すことで、確認してしまったのでした。
最初は目の前が真っ暗になったのですが、妻がで大きく開いた股の間の割れ目に大木の巨大なペニスが生でピストンする姿を思い浮かべて、私の股間はギンギンに勃起していました。
そして、私は股間の充血を鎮めるのと同時に、妊娠の心配を振り払うかのように激しく股間のペニスをしごきたてて果てたのでした。



私は洗濯と掃除を済ませると、簡単に食事を採ってからテレビと時計を交互に見ながら妻の帰りを待ちました。
テレビを見ていても全然内容は頭に入りませんでした。
待ちながら考えることといえば、今日は妻が一人で帰ってきてくれれば、などということでした。
そして、夜中の1時を少し回った時にインターホンの音が鳴ったのでした。

『ピンポーン』

私は応答もせずに急いで玄関に走ると、施錠を外してドアーを開きました。
そこには私が期待したように妻一人ではなく、大分酔っているのか足元の覚束ない妻を抱えるように大木も妻の脇に立っていました。
そしてまた、妻を抱えて大木の反対側に妻と同じ位の年齢で150cmの聡子より10cmほど背の高いスラッとした体形の女性が笑顔を見せていました。

「こんばんはー、おじゃまーす!」

その女性は明るい声で私に向かって挨拶をしました。

「こ、こんばんは..」

私は第三の人物の出現に戸惑い、挨拶を返しながら妻の方を見ました。

「同じ職場で私と同期の野田雅美さんよ、今日は旦那さんが出張で居ないって言うから、うちで三次会しようってことになって連れてきたのよ」

妻はそう言って居間へと入っていきました。

「あらぁ、聡子さん、そんな紹介の仕方しないでぇ、大木さんはどう思っているか分からないけど、私は大木さんの恋人って思ってるんだからぁ」

雅美と紹介されたその女性もかなり飲んでいるようで、笑いながらテンションの高い声で話していました。

「あははっ、雅美さん、酔って何を言っているんだよ、さあさあ、お邪魔して飲み直すぞ」

妻への手前なのか、大木は少し苦笑いをすると雅美さんの手をとって、妻に続いて居間へ入って行きました。
私は慌てて三人の為にビールやらつまみの乾き物などを居間のテーブルに用意しました。
三人は妻と雅美さんが大木を挟んで並んで座っていました。
その様子は、まるでどこかのクラブかスナックで客をホステスがもてなしているかのような感じでした。
女性は二人ともミニスカートを履いているのですが、飲んでいるためか脚が開きかげんで、向い側に座っている私は目のやり場に困ってしまうほどでした。

「もうっ、聡子さんは旦那さんがいるんだから、洋之さんから離れてよ!本当はいつものように今日は洋之さんと二人で過ごしたかったのに、洋之さんが面白いことをしようって言うからついて来たんですからね」

そう言いながら、雅美さんは大木に身体をすりよせていきました。
その言葉と態度に私は大木と雅美さんが良い仲なのだと、すぐに分かりました。
このことを私の妻の聡子は知っているのでしょうか。
それにしても大木という男は家庭を持った年上の女性に手を出すのが相当好きなようです。

「あははっ、今日は二人で聡子を責めてみようかと思って誘ったのさ、雅美はレズの経験があるって言ってたから誘ったのさ」

大木は雅美にそう言いながらも、聡子の反応をうかがうようにしていました。

「な、何を馬鹿なこと言ってるのよ!雅美はどうだか知らないけど、私は絶対にそんなの嫌ですからね。それに洋之は雅美とは別れて、ただの飲み友達に戻ったって言ってたじゃないの」

妻は酔いもどこかへ吹き飛んだのか、大木に険しい目を向けて叫びました。

「そうかあ、分かったよ。聡子がそう言うなら帰るけど、二人の関係も終わりだな。聡子は旦那へ返すぜ」

大木は怒ったようにそう言うと雅美さんの手をとって、ソファーから立ちあがりました。

「あっ、嫌よぅ、洋之お願い、そんなこと言わないでよ。私が悪かったわ、何でも言うことを聞くからそんなこと言わないで!洋之が私から去ってしまうことを考えると、いつも胸がキュッと締めつけられるの..」

妻は立ちあがった大木の脚にすがりついて、哀れな声で大木が出て行くのを引きとめるのでした。
私はこのまま大木が帰ってくれるのを願ったのでしたが....。

「そうか、やっと自分の立場が分かったのか。聡子はもう俺のチンチンが忘れられなくなったってことだな、えっ、どうなんだい?」

「は、はい、そうなのよ、私は洋之と洋之のチンポから離れられないの..」

妻は顔を赤らめながら、大木の言葉にうなずきました。
大木は再びその言葉に満足したようにソファーに座り直しました。

「あらあら、二人はそれで良いかもしれないけど、私はしらけちゃったから帰るわよ」

今度は雅美さんがソファーから立ちあがろうとしました。

「分かった、分かった。そんなこと言わずに機嫌直してくれよ」

今度は大木が雅美さんの機嫌をとる番でした。

「そうねぇ、私はレズっても良いけど今ので冷めちゃったから、私の前で二人のエッチを見せてよ。そうすれば、またその気になるかもしれないわよ。どうかしら、できる?」

もうすっかり私のことなど無視して、雅美さんは大木と妻にセックスをする様に求めました。

「あ、ああ、やってやるよ、そのかわりに俺と聡子がエッチするのを見せたら雅美も俺の言うことを聞くんだぜ。聡子、おまえも裸になれよ」

そう言うと大木は立ちあがっていきなり服を脱ぎはじめて、あっという間に素っ裸になりました。
妻の聡子もその勢いにつられたように服を脱ぎはじめました。
大木の股間のペニスはもう巨大に勃起して上を向いています。

「あっ、洋之ぃ..」

大木はいきなり妻に覆い被さって床に押し倒すと、濃厚な口付けで妻の口を塞ぎました。
妻も大木の背中に細い腕を巻き付け、くちづけを返しています。
しばらくは二人で床を転げ回るように激しく唇を求め合っておりました。
そして一度二人は身体を離すと、聡子は大きく脚を広げ、大木をその間に迎え入れようとしました。
それを見て大木は、妻の割れ目に私の物とは比べ物にならないくらいに大きくなったペニスを宛がいました。
その瞬間巨大なペニスは何の抵抗もなくヌルッと妻の割れ目に納まってしまいました。大木はお尻の双肉を引き締めては緩ませる動きをリズミカルに繰り返し、妻の中に大きなペニスを出し入れしていました。
その度にクチュクチュッっという音を繰り返しています。
妻は目を閉じて、恍惚に近い表情をしていました。
しかし、私には嫉妬はまったく感じられませんでした。
互いに喜ばせあう二人を見る快感だけを感じていたのでした。

その二人を見ながら、私は熱くなった股間へと手を伸ばし、二人のリズムに合わせてペニスを擦り始めました。
そして、向側では雅美さんも息遣いを荒くしながら、手をミニスカートの中へと伸ばしていたのでした。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/05/24(土) 13:56:15|
  2. 私の妻・つよし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私の妻 第4回 | ホーム | 私の妻 第2回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/29-efbba997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR