FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

続々妻のヌードモデル体験その8

てきぱきと田中さんが撮影の準備を始めました。カメラやら三脚・ライトやらを出し、そして、部屋の一角に幕を降ろしていました。私は何をしていいのか判らず、その様子を眺めていただけでしたが、洋子の方は奥さんと一緒にソファーにシーツを敷いたりするのを手伝っていました。
準備が整うと、田中さんはお手伝いさんに「2~3時間ほどは、緊急以外の電話や来客も断る様に」とインターホン越しに言って人払いをしてくれました。
そして、奥さんの圭子さんが田中さんに何か言うと、妻の洋子の手を取って部屋を出て行きました。
「あの、洋子はどこに・・・」というと
「暑かっただろうし、シャワーでも浴びてきたらと言ったんだ、それに圭子もね」と言いました。「そうですか、そう言えば今日も暑かったし」ここに来るまでの間にも、汗を結構かいていたのを思い出しました。確かにこういう事は、田中さんや私では気がつかない事と圭子さんの女性の心遣いに感心をしました。
圭子さんと妻の洋子が来るまでの間、田中さんとはどういう話をしていいのか判らず、洋子とのなれそめや、逆に田中さん夫婦の話しなどを話していました。しかし、その状況と言うのはこれから始まるお互いの妻のヌード撮影であると言う事、そして、奥さんの圭子さんが知っているのか判りませんが、その撮影者の田中さんは、妻の洋子を抱いた相手だと言う特殊な状況が、SEXとは違う別の興奮を私自身が感じていました。また、この前の同じ様な状況になると、田中さんは奥さんがいるのに洋子を抱くのか、また、それを多分私も許してしまうのではと思いました。そして、今私の目の前にいる田中さんの手や指、しゃべっている口が、ついこの間、妻の洋子の大切な部分を蹂躙していたのかと思うとぼーっと田中さんを見ていました。
そうこうしているうちに部屋のドアが開き、圭子さんと洋子が入ってきました。その二人の姿は、既に裸になっていて、その上に大きなバスタオルを巻いている姿でした。圭子さんも洋子もバスタオルの上からは乳房の谷間が見え、そして、下からはお互いの長い脚とそのふとももが覗いていました。やや大柄な圭子さんは、バスタオルが小さく見え、歩いているとふとももの上には既に黒い物がチラチラと見えていました。
田中さんが圭子さんに向かって言いました。
「あっ、なんだ、もう脱いでしまったのか、今日の洋子さんの姿も撮っておきたかったのに」
それを聞いた洋子はうつむいています。圭子さんが気をきかせて
「そんなあなた、みんなの前で脱ぐってやっぱりはずかしいわよねぇー」と言い、
「だから、洋子さんともうシャワーを浴びて、このまま行っちゃおうかって相談したのよ」
洋子は前にもっと大勢の前で脱いだ事があったのですが、あえて黙ったまま、田中さん夫婦の話の成り行きを部屋の片隅で座って聞いていました。
「それより、始めましょうよ」と圭子さんが言うと、田中さんはうーんと言いながらカメラの所に向かって行きました。
「じゃー最初は圭子、頼むよ、そうそっちに」と言い、奥さんの圭子さんを垂れ幕の前に立たせました。そして、バスタオルを取ると圭子さんは全裸になっていました。洋子は、圭子さんの脱いだバスタオルを持って私の所にきました。私は立って、洋子の持っているバスタオルを受け取るとそのバスタオルを椅子にかけて置きました。
田中さんが奥さんの圭子さんにポーズを付けながら、撮影をしています。私も洋子もその様子を見ていましたが、洋子の片方の手が、私の手に触れ、握りしめてきました。そのまま洋子の手を握り、二人して圭子さんの立ち姿や寝姿のいろいろなポーズを眺めていました。そのうちに圭子さんは私達の方を見て、にこりと微笑むと、脚を開いて、その大切な部分をこちらに向けました。薄い陰毛の中心に奥さんの女性を示す物がありました。そして、バックやM字開脚などでその部分を私達に見せつける様にすると、最後は自らの指で開いて、その奥の赤い部分を写真に撮られていました。まるで洋子を挑発かの様な、その体位に、私の手を握っている洋子の手が、しっとりと濡れて来ていました。
田中さんが、「圭子、いいよ、ありがとう、次は洋子さんお願いできますか」と言いました。
洋子は「はい」とはっきりとした声で言うと、バスタオルを脱いで圭子さんのいる所に向かっていきました。圭子さんはすっと立ち上がると洋子と代わり、私の所にやってきました。
田中さんが同じように妻の洋子の撮影を始めました。奥さんの圭子さんが全裸のまま私の所に来たので、さっき脱いだバスタオルを渡そうとしました。
「ありがとう、でも、いいわ、このままで」と受け取らず、全裸のまま私の横で田中さんと洋子の撮影を見ていました。しかし、ヌードを撮影している現場といえ、横には田中さんの奥さんが全裸でいるので気になって仕方がありませんでした。ちらっと見ると圭子さんの白い大きな乳房とその先の乳首がつんと上を向いているのが見えました。しばらくして、圭子さんが、私に囁きました。
「洋子さんってきれいね。いいわー若いし、肌に張りがあって、」と言います。
「えっ、そうですかそう言って頂けると、でも、圭子さんもお綺麗ですよ、餅肌でうらやましいです。すべすべしているし」
「いやーねー、うまいわね」
「そんな、失礼ですが、おっぱいも洋子より大きくてうらやましいです。それに近くで見るときめの細かい肌で、触ってみたくなりますよ・・あっ失礼しました。」
「うふふ、お世辞でもうれしいわ」
そうしているうちに洋子も自分が女性であるその証拠を田中さんにさらけ出していました。そして、体位は圭子さんより、過激でした。立ったまま片足を大きく上げて更にその部分を指で広げたりしてアクロバティックなポーズをとっていました。洋子自身は奥さんの挑戦を受けて立っていると思いました。私は、洋子が指でその部分を広げる様にしているその時、クチャと音が聞こえたように思え、洋子のその女性部分の感触を知っている田中さんに思い出してくれと言わんばかりの痴態した。
「洋子さん、ありがとう、こんな凄いポーズは私の記憶には今まで無いな。じゃー圭子も入って二人で撮影したいんだが、圭子、いいかい?」と、私達を振り返って聞きました。
すると圭子さんが「あなた、そんなにすぐに続けちゃ、洋子さんも疲れるわよ。少し休憩をしましょうよ。」
「あっ・・あぁー、そうか、すまん、ついのってくると、そうだね、少し休憩しよう」
というと、ライトを消し、仰向けになって寝ポーズでいる洋子の手を取って起こしました。洋子も全裸のまま私達のいる部屋の片隅に来ると、奥さんの圭子さんがさっきのワインを注いで洋子に渡しました。
「洋子さん、お疲れさま、凄くきれいだったわ」
「いえ、そんな、奥様の方こそ、私、奥様に負けない様にと思うのが精一杯で」
「そんなことないわ、私にとって洋子さんの方が先輩よ。今回のポーズもわたしに出来るかどうか、足がつっちゃうかもね。うふふ、ねぇーあなた」
そこに田中さんもやってきて、会話に加わりました。
「そうだね、洋子さんはなにか新しいものをしてくれる。」
「そんな、田中さんの御夫婦のように共通の趣味でもあればいいのにね。あなた」
「うっ、うん、そう、たしかに夫婦でヌード撮影なんて、仲がいい証拠だよ。おれもやろうかな、デジカメでも買ってさ」
「あら、あなた始めるの、いいわよ、私なら、いつでもモデルOKよ。」
「そうね、裕一さんの初モデルは洋子さんとして私もいいわよ」と圭子さんも冗談かも知れませんが言ってくれました。
「あはは、そうだね裕一君も始めたらいいよカメラの方の指導は任せてくれよ」
「あっ、いや、つい、調子に乗って、出来るかどうか、デジカメなら現像も要らないからって思っただけで」
「そうそう、始めはなんでもいいのさ、そして、これと言うのがあれば、そして更に進んでいけば」
そんな事を話していると妻の洋子も田中さんの奥さんの圭子さんもワインが進んで行きました。すこし洋子の顔が赤くなり、そして、正面にいる圭子さんの白い乳房も赤みが出てきました。
「あなた、酔っちゃうわよ」
「おおーそうだ、じゃーいいかな」
というと、圭子さんは洋子の手を引いて、先程の所に行きました。
ライトがつき、撮影が再び始まりました。
最初は二人並んで撮影されていましたが、段々とお互いが絡む様になってきました。
立ったまま、お互いの乳房をくっつけてみたり、お互いに正面の向き合って座り、洋子と圭子さんの長い脚を絡ませたり、洋子が圭子さんの白く大きな乳房に手を回してその乳首を隠す様にしたりしていました。圭子さんの白い肌と洋子の小麦色の肌のコントラストがますます二人をエロチックにしています。
洋子は、圭子さんに触れる度に恥ずかしそうに「すいません」などと言っていました。しかし、いやいやしているようには見えず、洋子にレズの気があるのかとも思えます。
そのうちに、田中さんが口で説明するのがもどかしくなったのか、自分で二人にポーズを付け始めました。洋子のその部分を圭子さんの手が覆ったり、圭子さんの部分を洋子の太股で隠す様にしたり、きわどいポーズが続いていました。
そして、そんなふうにしていると、二人の顔が近づいていたとき、圭子さんが、洋子に口づけをしていました。私は「あっ」っと、心の中で小さく叫んでいました。
田中さんも、そのアクシデントを見逃さず、早速、強烈なフラッシュの光を出しながら撮影していました。
圭子さんが口を離すと、「ごめんなさいね。洋子さんが可愛くて、気分を悪くしたらごめんなさい。」と言いました。
洋子は、しばらく黙ってそして、「いえ、私も、奥様とは、そんなつもりではなかったんですが、つい」
「私、そういう気はないんだけど、どうかしているわ。」
でも、何か判る様な気がします。洋子もそっちはないと思います。でも、二人を見ているとそうなっても仕方がないというか、ほんとに自然でした。
それからは、洋子の脚を大きく広げると、その間に入り、洋子の女性部分を圭子さんが広げました。その中に圭子さんの長い指を挿入してしまいました。さすがに舐めたりなどは無かったのですが、洋子は一方的に圭子さんに責められていて、圭子さんのその手は洋子の出した快楽の液体でベトベトになっていました。
そんな様子を田中さんは一心不乱に撮影していて、私の存在すら目に入らない様でした。洋子は最初、声を押し殺す様にしていましたが、最後、高い喘ぎ声を上げだす頃には2~3回は逝ったのかも知れません。圭子さんは、途中から冷静になっていたようで、そんな洋子を自在にコントロールしていました。洋子はそんな圭子さんに対して、どうすると言う訳にも行かず、ただ、圭子さんの指技に喘いでいました。
その二人の光景は、全裸の圭子さんが、同じく全裸の洋子の上になり、二人のあそこがこちらを向いて全開になっています。そんな様子に私も、おそらく田中さんも爆発寸前だったのにちがいないと思います。
洋子が、ぐったりとすると、責め続けていた圭子さんは、我に返った様になり、今まで洋子に入っていた指を抜きました。すると洋子ではなく、私を見ると
「裕一さんごめんなさいね」と言われました。
「いえ、・・・」とだけ言うのが精一杯でした。
そのあと、圭子さんは、洋子を抱き起こす様にすると、そのまま立ち上がりました。ふらふらとしている洋子を肩に抱える様にして、片方の手を洋子の乳房の下をぐっと持ち上げて立ち上がらせました。
「あなた、もういいでしょう。バスルームに行ってくるわ」というと
「あっ、あぁー、そうだね」と田中さんも言うのが精一杯のようでした。
洋子は圭子さんに抱えられる様にして、二人とも全裸のまま、扉を開けてその部屋から出て行きました。
残された男達は、しばらく無言でした。田中さんは、機材をもくもくと片づけています。私も、それを手伝っていました。しばらくして、田中さんが、カメラをしまいながらいいました。
「裕一君、今回も、奥さんの洋子さんの魅力を再認識したよ」
「はい・・・」
「圭子が、まさか、あそこまでするとは思ってもいなかった。」
「私も、妻でありながら、しかし、失礼ですが、奥様の圭子さんもなかなか魅力的です。」
「そうかね、そう言ってもらえると私も、うれしいよ」
「正直言って、奥様で凄く興奮しました。」
「うん、そうか、・・・」
「圭子さんは、その・・・なんというか、レズの気は?」
「それは無いと思うが、こればかりは本人じゃないとな」
「そうですか、洋子も同じだと思います。」
「正直な話し、撮影して興奮してしまって、最後はちゃんと撮れたか不安だよ」
「いえ、それは私も同じです。もう勃起してしまって・・あっすいません。」
「あはは、それは私も同じだよ。今回も更に洋子さんは更に美しくなって・・」
そうです、洋子が圭子さんに責められて喘いでいる姿がいまだに目に焼きついています。その顔はいやらしくて、一番美しく思えました。
そうしているうちに洋子と圭子さんが服に着替えて戻ってきました。圭子さんの後に、続いて洋子が部屋に入ってきました。私の横に来た洋子から石鹸のいい匂いがしてきました。ミニのワンピースからのぞく、洋子の長い脚と、ノースリーブの横から見える胸と、さらに田中さんの奥さんの圭子さんの指を見て、これがさっきまで洋子の中に入っていたのかと思うと、さっきの痴態が頭の中によみがえりいたたまれない気持ちになってきました。
「そろそろ、夕方だし、食事の用意をしようか」と田中さんが言うと、インターホンで電話をしていました。
「準備ができるまでしばらく待っていてくれるかね」と言われ、圭子さんの案内で客室へ通されました。でも、洋子と2人きりにになった準備ができるその間、洋子とSEXをしてしまいました。というか、洋子自身も私が求めてくるのを拒まず、ワンピースを着たまま、Tバックをずらし、洋子を後ろ向きにすると私の物を挿入しました。バックの体位のまま抽送して、しばらくすると洋子は私の腰の動きに合わせる様に、「うっ、あっ」とあえぎ声をあげ始めました。さっきの痴態を思い出し、あっと言う間に洋子の中に放出していました。
しばらくして奥さんの圭子さんが夕食の準備が出来たとやってきました。さっきまでのむらむらしていた気分が抜け、落ち着いて夕食を御馳走になり、その夜田中邸を後にしました。帰る道中、田中さんが夕食の準備をすると言って私達を客間に通してくれたのは、私が洋子とSEXをしたかったのを見抜いていて、そのための時間と場所を提供してくれたのではと思い、感謝しつつ、田中さん自体も圭子さんとしたかったのではと、その夜、洋子と話しながら2回戦目に突入しました。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/08/28(木) 11:24:51|
  2. 妻のヌードモデル体験・裕一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続々妻のヌードモデル体験その9 | ホーム | 続々妻のヌードモデル体験その7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2898-e8582ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR