FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

品評会 第24回

右の扉が開き、さきほどの案内の男が入って来た。
男は開いた扉のノブに手をかけながら、左手で室内を指し示し、訪問者を招き入れる恰好を見せた。

“本当に・・・本当に響子がここに・・・”

これが誰かの手の込んだいたずらで、実は響子はすでに友人との用事をすませ、
詩織と一緒に家に帰って風呂にでもつかっているんではないか。ああ、そうであったらどんないいいだろう。
ことここに及んでも、いまだそんな儚い望みにすがりついていた私であった。
だが、その望みが無残に打ち砕かれてしまうのに時間はかからなかった。その僅かの後、扉の陰から響子が姿を現したのだ。

「響子・・・おまえ・・・どうして・・・・」

胸がU字に切れ込んだクリームイエローのワンピースを身にまとい、響子がおずおずと部屋に入ってきた。
ほんの数時間前まで一緒にいたはずなのに、もう長い間逢っていないような奇妙な錯覚に囚われていた。
「やあ、遅かったね。心配したよ」と、凪がソファから立ちあがった。
俯き、両手を軽く身体の前で重ね、黙りこくったまま響子が扉の前に佇んでいる。
「さあ、そんなところに突っ立ってないで、こっちに来てすわってよ」
凪に促され、「失礼します」と消え入るような声を発した後、響子がゆっくりと歩き出した。
私の目の前を横切り、凪の向かい側のソファに腰を下ろす。俯いた横顔が蒼ざめて見えた。
右に凪、左に響子、私の目の前で二人が対峙した。

「ちっとも変わらないね響子。こうして君がそこにすわっていると、まるで八年前にタイムスリップしたみたいだよ」
響子が相変らず固い表情のまま、下を向いている。

「決心してくれたんだね」

凪が乗り出すように両肘を膝の上にのせ、両手を組み合わせながら言った。
“どんな・・・どんな答えを用意して来たんだ響子・・・”
ドトッ!ドトッ!心臓の音がはっきりと聞こえてくる。緊張のあまり、腋の下がじっとりと汗で濡れてきた。

「誤解されては困ります。今日は、もうこれ以上あたしに構わないでほしいということを伝えにきたんです」

顔を上げ、カッと目を見開き、響子が言った。これほど頑なな表情をした響子は見たことがなかった。
“やった・・・。”その瞬間、全身の力が抜け、心の底から明るい気分がふつふつと湧き出してくるのを感じた。
“ありがとう響子・・・。やっぱりおまえは私の知っている響子だった・・・。ありがとう。ありがとう”
心の中で何度も礼をいい、目頭を熱くした。

「フフッ・・・きっと、そう言うだろうと思った」
そう言って、凪がローテーブルの上に置いてあったシガレットケースを持ち、響子に向けて差し出した。
「いらない」
「やめたのか?」
“タバコっ・・・?、響子はタバコを吸っていたのか?”
次ぎの瞬間、響子が意を決したように、顔をあげ叫んだ。
「あたしは変わったの!もう凪さんが知ってるあたしじゃないの!あたしは高梨響子なの。もう君原響子じゃない!」
その響子の激昂をこともなげに受け止め、凪が言った。
「変わった・・・、いや変わったと思っていた。一ヶ月前、オレに再会するまでは。
そしてこの一ヶ月の間に、結局あの頃のまま、なんにも変わっちゃいない自分に気づいた」
「何言うの!、違うわ!それに、あのときのあたしを本当のあたしと思わないで!あの時は病気だったの。
あなたという病原菌に冒された病人だったのよ!」
「病原菌か・・・よく言ってくれるよ。その病原菌にもう一度冒されたくて、こうして訪ねて来たんじゃないのか」
「ばかなこと言わないで!自信過剰もそこまで行くと滑稽ね」
「あの盆踊りの夜に声をかけてから今日までの一ヶ月、どうやって過ごした?
憂い、戸惑い、苦しんで、昔を思い出しながら、一人悶々とした日々を過ごしていたんじゃないのか。
亭主とのセックスの後で、満たされない身体を一人で慰めてたんじゃないのか!」

“盆踊りの夜・・・・?そんなことがあったのか・・・いつ???・・・・・・あっ・・・!あのとき・・・、詩織の言ってた・・・”
『それが、すっごいかっこいいお兄ちゃんだったよ。背がこ~んなに高くって』
“お兄ちゃんて・・・あの時はてっきり伊能のことだと思っていたが・・・そうか、この男のことだったのか!”

凪の言葉に動揺したのか、響子の目が落ち着きを失った。実際、凪の言葉は、いみじくもこの一ヶ月の響子の様子を要約していた。
“やはり、あの夜の自慰行為は、この男とのセックスを思い出しながらのことだったのか・・・。
それにしても、私の知らない響子とはいったい・・・?”

「図星だな。きみは、なんにも変わっちゃいないんだよ響子。病気なんかじゃない。あれがほんとのきみの姿なんだよ」
「違う!勝手なこと言わないで!」
「きみの身体はオレにはまるように出来てるんだよ。きみはオレと融合するために生まれてきたんだよ響子。
回り道をしたけど、オレたちは、こうして結ばれる運命にあったんだよ」
「どうして私があの人と別れなくちゃいけないの?!私はあの人を愛しています。あの人は・・・」
「だめだ、あの男はおまえを幸せにすることはできない」響子の言葉を遮り、凪がきっぱりと言った。
「なぜ?!私は高梨といて幸せなの!あの人は心の底からあたしを愛してくれているわ!あたしは今の生活がいいの!
もうあの頃には戻りたくない!お願いだから私のことはほっといて!」

響子を傷つけたくないと、品評会の件は伏せると言っていた凪であったが、このまま響子が頑なな態度をとり続けていると、
結局最後には伝家の宝刀のごとく、それを暴露するに違いない。そうなると破滅だ。私はなにもかも失ってしまうことになる。
“あの人は心の底からあたしを愛してくれているわ!”
響子の言葉に、あらためて自分のしでかした事の愚かさに身がすくむ思いがした。
私はただ、身体を縮こませ、ことの成り行きを見守るしかなかった。

「君はまだ裕子のことを気にしているのか?」
「関係ない・・・」
「あれはオレ達の責任じゃない」
「いいえ!裕子さんを・・・、あなたの奥さんを死に追いやったのは、あたし達よ!あたし達が彼女を殺したようなものよ!」
「違う!、違うよ響子・・・、あれは裕子が・・・」
「あの日、離れの鴨居にぶら下がった裕子さんを見た瞬間、あたしの中ですべてが燃え尽きてしまったのよ・・・」
「きみのせいじゃない・・・」
“鴨居にぶら下がるぅ?!首吊り自殺・・・?!奥さんを死に追いやった・・・不倫・・・?”
そんな衝撃的な体験をしていたのか・・・?!穏やかな家庭に育ち、私同様いたって平凡な人生を歩いてきたと思っていた響子が、
こんな屋敷に住んでいる男と深い関係にあり、その上かほどの愛憎劇を演じてきていたとは・・・。
手を伸ばせばいつも手の届く存在だった響子が今、はるか遠い存在になっている。

「運命を感じないか?」凪が言葉を続ける。
「運命?」
「そうだ。八年ぶりに日本に帰ってきたその日に、偶然君に逢うなんて、しかも一番好きだった浴衣姿の君に逢うなんて。
その上、その浴衣が僕がプレゼントしたものときてる。これが神の思し召し以外のなんだって言うんだい?」
“そうだったのか・・・あの盆踊りの日・・・あの赤トンボの描かれた浴衣が・・・”

「どう思っていただこうとそれはあなたの勝手です。でもそれに私を巻き込まないで下さい!何度も言うけど、
今の私には高梨との幸せな生活があるんです。お願いだからもうそっとしておいてください!」
響子の声に怯えが感じられた。まるで声に出して拒否の言葉を吐きつづけなければ、凪の魔力に吸いこまれてしまう。
そんな畏怖の念が響子の声帯を震わせ、言葉となって吐き出されているように思えた。

「とにかく、そういうことですから、あたしはこれで失礼します」響子がソファから立ちあがった。
「さようなら、もうお会いすることはありません。お元気で」と、小走りに入り口の扉へ向かう。

「おまえ、本当にそれでいいのか!」

凪の叫びに、扉の前で響子が立ち止まった。
「おまえはよくても、それでおまえの“身体”を納得させることが出来るのか!?」
俯き、両肩をいからせながら、響子が両の拳を握り締めていた。
立ちあがり、凪が一歩、二歩、響子に近づいていく。怯えきった表情で響子が振り返って凪を見た。

「こ、来ないで!」響子が叫んだ。

その叫びを無視したまま、凪がじわじわと響子との距離を縮めていく。
それとともに、響子がズルズルと後ずさり、やがては背中が扉につくまでに追いこまれてしまった。

「来ないで!お願いだから、来ないでぇ!来ちゃだめっ!」

凪は響子の目の前に辿り着くと、その顔を挟みこむようにして、両手を扉につけた。
「あああ・・・・」
眉間に深い溝を刻み、固く瞳を閉じながら、響子が斜め下に顔を伏せた。ピクピクと睫の震える様子が見える。
凪が、ゆっくりと響子の髪に顔を埋めていった。
「ああ・・・懐かしい・・・響子の香りだ・・・」
“やめろ凪!それは・・・それはオレの香りだぞぉ!!”
顎の先に指をあて、凪が響子の顔を持ち上げた。
眉間の皺がさらに深くなり、ガクガクと膝を振るわせる響子の姿を、私は祈る思いで見つめていた。
“逃げろ響子ぉ!何をしている!は、早く逃げるんだ!このままじゃ・・・きっと・・・あっ・・・!や、やめろ凪ぃ!”
固く結ばれた響子の唇に、凪の唇が近づこうとしていた。

運命の時は、すぐそこに迫っていた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/08/26(火) 13:41:56|
  2. 品評会・ミチル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<品評会 第25回 | ホーム | 品評会 第23回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2839-66563eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR