FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

贖罪 第19回

【#18 隷従-1】
 週明けから、妻はSの私設秘書として大阪本部に通いはじめた。出勤は朝十時、退勤時間は特に定まっていない。
 Sが差し向けるバンが行き帰りの足だ。電車やバス、地下鉄のような公共の乗物を使わずに勤め先に赴くのは、妻にとって初めての経験のようだった。
 初日から妻のレンタルが始まるものとばかり思っていたが、最初の一週間はSの雑用をことづかっただけだった。もちろん、この期におよんで妻が隠し立てをするとは思えない。
 そんな私の落胆を見透かしたかのように、Sからのメールが届いた。

***********************************
前略 明後日より某国の日系人実業家に招かれて講演を行う予定。細君には勿論同行して戴く。予定は一週間。不自由をお掛けするが、御容赦の程を。
***********************************

(某国やて?)
 ディスプレイの前で、私は吹き出した。もったいぶった表現で煽る、Sの茶目っ気がおかしかった。煽られてやろうじゃないか、望むところだ。
 私は妄想の翼を広げた。
 世界のどこかに心の準備もしないままに連れて行かれた妻は、やはりホテルに軟禁状態にされ、日系人実業家とやらの性欲処理をさせられるのだろう。人種が同じとはいえ食べ物も言葉も考え方も異なる、そんな連中の嬲りものにされる妻の不安は、やがて新鮮な悦楽に取って代わるにちがいない。
 Sに連れられて外国に行くのは、これが初めてではない。中国での映像をいまだ見ることができずにいる私は、今回の妻の渡航が非常に楽しみだった。意外性が私の欲情の炎に油を注いでくれることに期待して、あえて行き先は訊ねないことにした。某国、と秘密めかしたSの意図もそこにあるのかもしれない。もちろん、このメールのことを妻に告げるつもりもなかった。私はFやSからのメールや添付ファイル専用の隠しフォルダにメールを移し替えてOSを閉じた。

 二日後、無人の自宅に帰宅した。
 覚悟していた私は、会社の近所で夕食をすませていた。
 一人でシャワーを浴び、ビールを飲んだ。読もうと思って積んでいた本を広げた。心が騒いで活字を追うことができないのではないかという不安は杞憂だった。午前一時前まで読書に集中することができたことに、私自身、驚いた。いったん腹を決めると、これほどまでに平静になれるのだろうか。
 いや、そうではない。一週間、どうあがいても妻の顔が見られないことを知っているからだ。もし妻が、近畿圏で見知らぬ男たちに陵辱されているのなら、心は揺れ動いていただろう。どんな責めを受け、どれほど淫らな言葉を吐き、どれくらい激しい悦楽に身を焦がしているのか……。帰宅した妻に一部始終を聴くのが待ちきれずに悶々と時間を空費している自身の姿が見える。
「大人になったもんやで、健一くん」
 自嘲ともつかぬ言葉を洩らして、寝支度にかかった。

 妻が帰ってきたのは日曜日の昼下がり。予定より一日早かった。
「ごめんね。ゆうべ関空に着いたんやけど、時差ボケがひどくて空港のホテルに一泊させてもらったの」
 私は目を疑った。薄化粧が無意味なほど、妻はよく日に焼けていた。
「どないしたんや。真っ黒やないか」
「ほんまはこの歳で焼きたなかったんやけど、あんまりビーチが気持よくて、つい……ね」
 小さく舌を出す妻は三十四歳とは思えぬほど初々しかった。
「ビ、ビーチって、いったいどこに」
「Sさんに聞いてないの?」
「聞いてへんよ」
「ハワイ」
「………」
「現地でタクシー会社やってはる社長のプライベートビーチ」
「そやったんか。楽しんだようやな」
 聞きたいことは山ほどあった。だが、私は妻の表情ににじむ疲労を見て、それ以上の質問はやめた。焦ることはない。夜、ゆっくり聴けるのだから。
「腹へってないか」
「だいじょうぶ。朝、たっぷり食べたから。あなたこそどう? ろくなもの食べてないんとちがう。何かつくろうか?」
「適当に食ったから、いいよ。どうする? シャワーでも浴びるか?」
「ちょっと横になっていい? 日焼けが火照ってつらいのよ」
 妻はベッドルームに入り、全裸にタオルケットを巻き付けて出てきた。
 革のソファは体に張りつくからとタオルケットをソファに敷き、その上に赤味の残る小麦色の肌を横たえた。
 その焼けっぷりを感心しながら眺めていた私は、水着の跡がないことに気がついた。
 トップレスまではわかる。だが、妻の下半身に日焼けを免れた箇所はない。剃り上げられた恥丘まで褐色になっている。
 私の視線に気づき、妻が身じろぎした。
 クリトリスと小陰唇を貫く金色のリングがちらりと見えた。
 太腿の内側までも焼けている。
 プライベートビーチで妻は開脚させられ、秘部を潮風と陽光に晒させられつづけていたのだろうか。
「ぜんぶ聞きたい?」
 妻がささやいた。呆気にとられていた私は、あわててうなずいた。
 Sの調教は往路の機内から始まったという。
 離陸し、シートベルト着用のサインが消えるとすぐに、Sは最新型のノートパソコンを取り出した。手慣れたしぐさで操作して、液晶ディスプレイに写真を映し出した。
マルチ商法で妻をがんじがらめにしたFから提供されたデジカメ映像だった。ホテルで犯されてゆく過程が鮮明に記録されている。
 Sは、写真を見せながら妻にそのときの状況、精神の動揺、肉体の反応を語らせた。妻にしてみれば思い出したくもない記憶だったろう。だが、Sは執拗に妻に迫った。プライバシー重視のファーストクラスだからこそできる精神的な拷問だ。
 Fが提供した写真のすべてを見終わるのに三時間はかかったそうだ。
「それだけじゃなかったの」妻は両手を後頭部にあてがって枕にした。腋窩が黒い。伸びかけた腋毛だった。「写真はもっとあった」
 Sと関わりはじめてからのものも、大量にハードディスクに格納されていたのだ。Sはシートをリクライニングにし、見たければ自由に見ていいと言って眠った。
 ノートパソコンを閉じるのも自由。続きを見るのも自由。三時間にわたってマゾ性のツボを刺激されつづけた妻は後者を選んだ。
 Sのオフィスで嬲られる姿、中国で視察団の中年男たちに奉仕させられる姿、入れ墨を背負った男二人に蝋燭と針で責められ、あげくのはてに淫裂にボディピアスを打たれる姿。
「フライトはあっという間だったわ」
 妻は両腿を閉じ、小刻みにこすり合わせていた。それだけで陰唇のリングが刺激を呼び、剥き出しになったクリトリスに淫らな快感が湧くのだろう。
「気持ち悪いくらい濡れちゃって、たいへん。着陸してから機内のトイレで拭いたけど、あとからあとから溢れてきて、トイレからよう出られんかったわ」
 迎えのクルマでオアフ島の繁華街を抜け、滞在予定地のコテージに向かった。講演会の主催者が所有するゲストハウスだった。スペイン風のバルコニーをもつ瀟洒なたたずまいは、コテージと呼ぶにはあまりにも豪奢だった。五人のメイドに出迎えられた妻はどぎまぎしてしまったそうだ。
 ゆっくり夕食を食べて旅の疲れを癒しておくがいいと言って、Sはすぐに歓迎レセプションに出かけた。
「一回くらいはしてもらえるかと思うたのに」
 Sのつれなさを思い出して、妻は唇をとがらせた。
「飛行機からずっと高ぶってたんよ、私」
「忙しい人やから、無理もないんとちゃう」
 私は他人事のように言った。本当は、Sの意図が痛いほどわかっていた。飢えと渇きを妻に与えたのだ。その夜の、いや、滞在期間中、常に繰り広げられるであろう狂宴のために。
「それで、Sさんが帰ってきたのは何時頃?」
「十一時頃かな」
 メイドはいずれも通いで、夜の九時には帰ってしまうらしい。入れ替わりに、警備員が敷地に配置されたという。
 リムジンが一台、コテージの車回しに停まった。
 運転手がドアを開けると、Sと二人の日系人、一人の白人が現れた。
 四人は談笑しながらコテージに向かってきた。
 ふいに私設秘書としての身分を思い出した妻は、出迎えなければと焦った。だが着る服がない。日本から着てきたドレスは、クリーニングのためにメイドが持ち帰っていた。残るはバスローブくらいしかない。
「それで、どないしたんや?」私はダイニングチェアを引き寄せて腰を下ろした。「いくらなんでもバスローブいうのは失礼やろ」
「Sさんの考えてることが、そのときわかったの」妻の目がきらりと光った。「服を残しておかなかった意味がね」
 ドアを開けたときのSの満足げな顔、あとの三人の驚きの表情は今でもはっきりと思い出すことができると妻は言う。
 それはそうだろう。歓迎レセプションの二次会をやるものとばかり思っていた三人を出迎えたのが全裸の女とあっては、誰だってびっくりする。
 おまけに、その女が玄関ホールに正座して三つ指をついているのだから。
 ふた呼吸ほどの間をおいて、Sが沈黙を破った。
「ミスター・コバヤシ、お話ししていた日本土産とはこのことです」
「S先生にこんなご趣味があるとは意外でした」四十半ばのコバヤシは海千山千の経営者らしく、動揺を隠して好色な笑みを浮かべた。「お土産というからには頂戴できるのでしょうか」
「それは、あなたがたしだいです。ミスター・ミウラ、ミスター・ルイス、お気に召しましたかな」
 三十代のミウラはうなずいただけだった。ルイスは肩をすくめてコバヤシに視線を投げた。
「あなたがたが気に入らなければ、この女はハワイに捨てていきます。もし、非常に気に入っていただければ、日本に連れ帰ります」
「話が逆ではありませんか?」コバヤシが首をかしげた。
「合衆国五十番目の州で、日本人の魂を持ち続けておられるあなたのお眼鏡にかなうということは、まさに日本の至宝。こんな島に置いて帰るわけにはいきません」
「見せびらかして、おしまいとは……」コバヤシは憤慨した。「あなたはひどい人だ」
「見るだけ、と言いましたか?」Sはコバヤシの肩を抱いた。「滞在期間中、
存分に使っていただいて結構。その上でご判断ください」
「お人がわるい」
 コバヤシが野太い声で笑った。あとの二人もつられて笑った。
「そういうことなら遠慮なく楽しませていただきましょう。ミウラ、アレックス、このご婦人をリビングにお連れして」
「お待ちなさい」
 興奮を隠しきれないコバヤシをSが押しとどめた。
「この国ではレディファーストが常識かもしれませんが、この女はあなたがたの奴隷なのです。気遣いは無用」
 おい、とSは妻に声をかけた。
「『ご主人様たちの手を煩わせるんじゃない』って。はじめて見たわ、Sさんの怖い顔」
「で、それから?」身を乗り出そうとした私は、ペニスが勃起しきっていることに初めて気づいた。「それからどうしたんや」
「這ったわ。掌と膝でリビングルームまで」
「Sさんたちは?」
「後ろからついてきた。私のお尻を品定めしながら」

今回のエピソードは、一回では終わりそうにありません。妻への調教の本当の第一歩だと思えますので、できるだけ細かく書かせていただくつもりです。Sさんや妻から訊き出したことをつなぎ合わせていると、やはり矛盾点が出てきます。書いては妻に読ませ、疑問点を質しながら書き進めております。中途半端なところで終わりますが、なにとぞご容赦ください。では、また後日。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/30(水) 07:54:29|
  2. 贖罪・逆瀬川健一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贖罪 第20回 | ホーム | 贖罪 第18回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2039-6f66dab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR