FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

贖罪 第18回

【#18 転換】
 妻が他の男に刺し貫かれるシーンを二人で観るというのは、私たち夫婦にとって初めての体験になるだろう。
 これまで私は、蹂躙を受ける妻を別室のモニターで、あるいはメールに添付された画像ファイルでばかり見せられてきた。唯一、夫婦のベッドルームでSMマニアたちから激しい責めを受けたときに同室が許されだけだ。あれほどの興奮を味わってしまうと、もどかしさだけがつきまとう。リアルタイムであればあるほど、映像ではなく現場を見たくてたまらなくなる。
 だが、今日は違う。ビデオは観るが、それだけではない。隣には妻がいるのだから。
 妻の反応を窺いながら、疑問点を質し、感想を訊く。
 考えるだけで、下腹部に疼きが走る。

「やめて!」
 妻はテレビに駆け寄ると、スイッチを切った。
「観るんやったら、一人で観て」
「なんでや? 今までと同じことやないか。おまえの姿を別室でモニターすることと、ちっとも変わらへん。それに、うちの寝室で一緒やったことがあるやろ。SMのおっさんたちが来たときに」
 私は、わざと無神経な言い方をして妻を見た。
 口紅をさしていない唇が引き絞られる。妻は、片腕で両の乳房を覆い、もう一方の掌で恥丘を隠した。私に対する不信感がそうさせたのだろう。
 初対面の男に対して、妻はいつもこのような態度を取っているにちがいない。
(面白い。自分の妻を犯すなんて、どんな気持なんやろう)
 邪悪な思いつきに加速度がついた。
「ほら、テレビをつけてくれへんか。ヤクザとのお楽しみの続きを見たいんや」
「本気で言うてるの?」
 妻の眼が、私の本意を見逃すまいと凝視する。私は口元を皮肉っぽくゆがめて見せた。これで、私の本意が伝わっただろう。夫婦だけにわかる微妙な表情の揺れ。ゲームの始まりを告げる合図だ。
 ひと呼吸ほどの間の後、妻は乳房と陰部を隠したまま膝を折り、テレビのスイッチを押した。

 オーラルセックスから始めた。
 ビデオと同じように妻の口に勃起を押し込み、時間をかけてしゃぶらせた。妻の口技はプロさながらだった。性感のツボを巧みに刺激してくる。ただ、プロと異なるのは、フィニッシュまでもっていかないことだ。
 片手でやわやわと私の陰嚢を揉みながら、射精の兆しを常にチェックする。睾丸が緊張する気配を感じると、陰茎を横咥えして私のほとぼりを冷ますことを繰り返した。
 そのたびに、私の尿道を先触れの粘液がどくりと走るのを感じ、腰が痺れた。
 テレビのスクリーンでは、龍の入れ墨を背負った男の野太いペニスを含まされようとしていた。
 その映像に、一年前、このソファの上でFのものに口で奉仕する妻の姿がだぶった。テレビ、記憶、そして現実。空間と時間を超越して口腔性交に耽る妻に、私は激しく欲情した。その瞬間、私の忍耐に限界が訪れた。
 慌てて妻が亀頭に唇をかぶせようとしたが、遅かった。
 私はおびただしい量の精液を放った。
 大部分は妻の口元を直撃したが、脈動のたびに排出される粘液の一部は、私の腹ばかりでなく、ソファや床にも飛び散った。
 ティッシュペーパーの箱に伸ばしかけた私の手を妻が押さえた。そのままの格好で、精液にまみれた顎を私の腹にこすりつけ、きれいに舐め取ってしまうと、次にソファと床の粘液を舌で掬った。
 その自然な動きは、妻がそんな行為を常に強いられていることを示していた。もはや、不潔などという感覚はないのかもしれない。背中に刻まれた無数の笞痕が、妻の行為を無惨に彩っている。
 妻にその行為を仕込んだ男たちの力量に、私は嫉妬した。そのせいか、大量に射精したばかりだというのに、勃起の勢いに衰えはまったくない

 口をすすぎたいとの乞いを無視して、妻をソファに仰向けにし、これ以上硬くなりようがないほどの充血しているペニスを秘裂に押し当てた。
 すでに、自らの分泌物で潤っている肉洞は、私のものをスムーズに受け入れてくれるものとばかり思っていた。だが、大陰唇や小陰唇は完全に充血してほころんでいるものの、膣口は固く閉じ、私の亀頭を押し返す。
「………?」
 私の驚きようを、妻はいたずらっぽい眼で見た。
「これも教わったの。男の人っていいんでしょ、こういうの? さあ、入ってきて」
 腰を入れると、ようやく妻の肉洞に進入することができた。襞が私の肉柱を圧迫する。根本まで押し込むと、亀頭の先端が子宮口に触れた。少しでも動かすと精を洩らしそうだ。私は気をそらすために妻に語りかけた。
「男を悦ばすため言うてるけど、おまえかて、ええんやろ?」
「うん」妻は両腕を私の背中に回してきた。「でも、いつもより大きいような気がするんやけど、気のせい?」
「ここにヤクザのものが入ってたんかと思うと、妙に興奮するんや」
「好きで抱かれてるんと違うんよ」
「ほんまかどうかわからへんな」
 私はテレビのリモコンを取り、音量の調節をした。
『はっ……う。くうううっ。す、すごい。いっぱいになってる。くううっ』
 妻が龍の凶器を受け入れていた。Sと一緒に観たシーンだった。
 ビデオは粗編集がなされており、映像は、二人のヤクザに膣と肛門を犯されるシーンに変わった。この間、妻は数え切れないほど頂を極めさせられていたことを、私は知っている。
『……お願いします。もう……もう、堪忍してください。これ以上、だめ……』
 言葉とは裏腹に、画面の妻は、仰向けなった龍の厚い胸板に両手をつき、背中を弓なりにして、二本の剛棒をさらに体の奥深くに受け入れるために尻を蠢かせていた。
「ほら、自分から尻を振ってるやないか」
 顔をテレビに向けてやると、妻は食い入るように見つめはじめた。ヤクザたちのストロークに合わせて、肉襞がリズミカルに締まる。
「どっちがええんや? おれとヤクザと」
 妻はテレビに目を向けたまま、針の痕がかすかに残る乳房を揉みはじめた。麓を掴み、乳首まで絞っていく。乳首は、興奮のためばかりでなく、針の貫通による腫れも加わって、色も大きさもアメリカンチェリーさながらだった。
「正直に言うてええんやで。どっちがよかった?」
「ヤクザのほうがええに決まってるやないの」
 つまむというよりも潰すといったほうがふさわしい荒々しい愛撫に、乳首にルビーのような血玉がわいた。
 私は妻の手首を掴んだ。「だいじょうぶか? 痛いんとちゃうか」
 だが、その手は邪険に払われてしまった。
「あなたのじゃ物足りないから、こんなことせなあかんのよ」
 妻は、左手で乳首を責め、右手を無毛の下腹部におろして、むき出しのクリトリスを指の腹でこすった。
 夫婦のゲームは、あうんの境地に達している。
 私は妻の中からペニスをあっさりと抜き去った。あっ、と小さな声を上げる妻を腹這いにさせ、双臀を割った。さまざまな男の肉棒や器具に蹂躙されてきた割には、アヌスに崩れはなかった。
 すでに愛液にまみれているすぼまりに屹立を突き立て、一気に押し込んだ。
 目立った変形こそないものの、妻の括約筋は柔軟性を増していた。私の亀頭は抵抗なく前進し、直腸に収まった。
 ソファに顔を埋めた妻の口からくぐもった呻きが洩れた。
 妻の両肩を掴んで引き起こし、つながったままで床に足を下ろて立ち上がった。
「な……なにするん?」
 嫉妬と怒りに狂った私に激しく突かれることを、妻は予想していたらしい妻は、意外な成り行きにとまどっていた。
 私は返事をせず、ペニスを根本まで埋めたまま冷蔵庫に向かって歩を進めた。
「野菜室」
 私が命じると、妻は腰を折り、冷蔵庫の最下段を開いた。妻の不在の間、自炊せざるをえなかったせいで、野菜室の内容は把握していた。
「おれのものじゃ物足りないんやろ。好きな物を食べさせたる」
 野菜室の中にはレタス、トマト、レモン、そしてキュウリがある。妻は私の意図を悟り、直径が三センチはありそうなキュウリを選んだ。

 両脚を揃えてソファに腰を下ろす私の上で、妻は正面を向いて大きく脚を開いていた。
 私は妻の肛門を犯しながら、背後から両手を回して乳房をなぶった。妻は、キュウリを自ら秘裂に埋め込み抽挿している。膣の薄膜越しに、キュウリのワイルドな感触が私の陰茎に伝わってくる。
 音量を絞ったテレビには、妻が笞打たれ、蝋涙を垂らされる姿が映っていた。
「あなた、もっとぶって、もっと熱いのをちょうだい……なんでもしますから。お願いですから……」
 うわごとを洩らす妻は、すでにビデオの世界に入ってしまっている。演技などではない。痛みと快楽が不可分になった次元に達してしまっているのだ。
 妻は何を見、何を感じているのだろうか。
 直腸の蠢動を味わいながらも、私の理性は働きつづけていた。やがて、男と女を隔てる大きな障壁の存在に思い至っていた。それは、文字通り壁だった。ジェンダーという大きな一枚岩。
 しょせん、男には女の肉体の内奥までわからない。オルガスムスのイメージすら描くことができないではないか。ノーマルなセックスを行っていてもその有り様なのに、アブノーマルな世界で女が得ることのできる快楽がいかようなものかわかるわけがない。
 性差、という簡単な言葉で、男はそれを受け入れるほかはない。
 性のぬかるみに夫婦が手を携えて踏み込んだところで、二人が同じ快楽を味わうことは不可能だろう。かといって、性の冒険が男をみじめにするだけだと決めつけたりするつもりはない。
 男には男の、女には女の、性愛を極めるプロセスがある。女の悦楽を同じように感じようとすること自体が間違いだったのだ。
 Sの言葉の断片が脳裏によみがえった。

「――人間の快楽中枢は脳なんだよ。決して粘膜の神経細胞などではない。
 ――ご婦人が性感に耽るのを観ることが、なによりも楽しい。
 ――射精などとは別の次元の快楽」

“人間”を“男”に置き換えてみてはどうだろう。Sが調教メールを律儀に送ってくれたのは、私にそれを悟らせるためだったのではないだろうか。ディスプレイで発光する文字の連なりに、私は激しく興奮させられたことを思い出した。
 Fが妻をこの部屋で犯しているさまを盗み見したとき、私は図らずも精を洩らしてしまった。肉体的な刺激をまったく受けていなかったにもかかわらずだ。
 原点に立ち返ろう。
 妻を観察しつづけよう。ストップをかける権利を、夫の私が行使する瞬間まで。
 だが、今夜はたっぷりと妻の肉体を貪る。今現在の感触を五官に叩き込み、妻が、どのように変わりゆくかを眺めてゆけるように。
 私は、ペニスに力を込め、激しく突き上げた。
 喜悦の声を洩らすために、妻が大きく息を吸い込むのがわかった。

またまた長文になってしまいました。スペースを圧迫してしまい、申し訳ありません。ちびちびと短い間隔で書き込むのが理想なのですが、書きはじめるとあれもこれもと盛り込みたくなってしまいます。もうしばらくお付き合いくださいましたら幸いです。では、また後日。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/30(水) 07:53:01|
  2. 贖罪・逆瀬川健一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贖罪 第19回 | ホーム | 贖罪 第17回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2038-d64e3f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR