FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

贖罪 第17回

【#17 動揺】
 六通目のメールには、添付ファイルを示すクリップマークがついていた。
 メールを開いたが、たった一行、「調教記録その2-f」と記されていただけだ。
 添付ファイルは二点。拡張子は、.jpg。
 クリックした。
 妻の顔のクローズアップだった。
 顎を突き上げ、眉間に縦皺を刻んでいる。真上からの強い光を正面から浴びているため陰影がないが、それだけに表情のありのままが写し取られている。
 苦悶――最初の印象はそうだった。だが、じっくり眺めているうちに、歓喜の表情に見えてきた。
 なぜだろう? 私はさらに観察した。そうだ、妻は歯を食いしばってはいないのだ。上下の犬歯を唾液の糸が結んでいる。
 もし、針を刺されるほどの激痛を与えられれば、奥歯を噛みしめて耐えるはずだ。Sの言うように、苦痛と快感は表裏を成すものなのだとしても、苦痛イコール快感ではないはずだ。苦痛のあとに、快感がやってくるものなのではないのか。
 二点目の添付ファイルをクリックした。
 私は思わず声を上げていた。
 この写真もクローズアップ。それも、妻の秘苑の。
 かなり大きな角度で開脚させられている。無毛の恥部のすべてが露わになっている。
 大陰唇は洗濯ばさみで左右に大きく広げられているうえ、左右の小陰唇に針が二本ずつ貫通していたのだ。さらに、包皮からむき出されたクリトリスをも太めの針が貫いていた。
 わずかだが出血がみとめられた。だが、膣口からあふれるおびただしい量の愛液が秘苑全体を潤ませているせいで、血液は滲むことなく細い糸のように粘膜に張りついているだけだ。
 本当に妻の性器になされた責めなのだろうか。
 にわかには信じることができず、私はその考えにすがろうとした。
 だが、解像度の高い映像はそんな私の願望を打ち砕く。
 左大陰唇の脇のほくろが、被写体が妻であることを示していたのだ。

 それから明け方までパソコンに向かい、何度もメーラーを立ち上げダイアルアップしたが、Sからのメールは来なかった。
 私の眼は冴えに冴えていた。考えねばならないことは山ほどあった。
 メールをあそこで打ち止めにしたSの意図。
 ああまでされて歓喜の表情を浮かべる妻の心理的な変化。
 妻の肉体的ダメージに対する危惧。
 そして、私がこれまでの人生で経験したことのないほどの動揺。
 これらについて、ひとつひとつ考えてゆかねばならない。もちろん、そばに妻がいない現状では、考えても詮無い事柄もある。
 私はパソコンの電源を切り、デスクに頬杖をついた。
 不思議に、妻の体が傷つけられたことへの怒りはなかった。乳房への針責めで、消毒などに気を配っていたSのことだから、取り返しのつかない無茶をすることはないという安心感があったからだ。
 それよりも、私の動揺は、妻の心理面に対する不安から来ていた。
 Sが求める快楽は、常識とか好色とかいう日常的な感覚から突き抜けてしまっている。それに引きずられ、究極の悦楽に開眼してしまったであろう妻は、元の暮らしを送ることができるのか、という不安。Sに与えられたような苦痛と快感を、私は妻に与えることができるのだろうかという恐怖。
 いや、それよりも妻はもう私のもとに帰ってこないのではないだろうかという喪失感に、私の心は揺れた。

 昼前。インターフォンのチャイムが鳴った。受話器に飛びついて耳に押し当てた。
『ただいま』
 妻の声だった。
 私は短い廊下を走り、玄関のロックを外した。
 どんよりと曇った空をバックに、明るい色のワンピースが私の眼を射た。
「かんにんしてね。勝手ばかりして」
 妻はいつもの笑顔を私に向けた。だが、その笑みはすぐに薄れ、顔がゆがんだ。唇を固く結び、閉じた眼から涙が溢れ出す。
 私は、おののきはじめた妻の肩を抱き、リビングに連れていった。
 ごめんなさい、と何度も詫びながら妻は泣いた。
「どないしたんや。謝らんかてええやんか。おれも納得済みのことやないか。Sさんには優しくしてもろたんやろ? おまえからのメール、読ませてもろたで」
「そんなんじゃないの。あなたに断らんと、からだに……からだに……」
「おまえが納得したことやったら、それでええやんか。うん? からだに何したんやて」
 妻は涙を拭くこともせず、立ち上がった。
 ワンピースを乱暴に脱いだ。下着はいっさい着けていなかった。
 全身に笞痕が走っていた。一打、一打が慎重にコントロールされていたのだろう。すべてのミミズ腫れが同じ色だった。皮膚が破れたり、皮下出血を起こしたりしている箇所はない。
「二、三日もすれば消えるやろ。だいじょうぶや」
 妻はかすかに首を振り、脚をゆっくりと開いた。
 小さな金属音がした。
 股間の亀裂に光るものがあった。
 金色の環がクリトリスを穿っている。
 そして、小陰唇からは繊細なチェーンが垂れていた。
(ボディピアスまでされたんか……!)
 私の表情に気づいた妻は、両手で顔を覆った。「ごめんなさい! みんな私が悪いの。決してSさんに無理強いされたわけと違うんよ」

 私は、妻をソファに深々と座らせ、両の太腿を掴んで左右に押し開いた。
 秘裂の頂点の肉芽には金色のリングが取り付けられていた。リングのせいで、包皮は上部にたくし上げられたままの状態になっていた。クリトリスは真っ赤に充血し腫れている。
 そして、小陰唇。左右対称二か所ずつ、計四か所に肉芽を貫くものよりも小ぶりのリングが顔を覗かせ、それぞれにチェーンが取り付けられている。金色の鎖は左右のリングから互い違いに渡され、ちょうど膣口の前でエックスを描いていた。小陰唇もまた腫れ気味で、貝の舌のように肉溝からはみ出している。
「腫れてるやないか。だいじょうぶか? 痛くはないんか?」
「これ……ピアスのせいだけやないの」
 つい今しがたまで涙をためていた眼が細められた。まるで、遠くの風景に焦点を合わせるときのように。
「ピアスをつけられてから、二人の男に朝まで愛されたせい」
 私は絶句した。
“愛された”と言ってのける妻に。そして、針で責められたばかりの妻が入れ墨者たちに蹂躙される光景を思い描いて。

 秘苑全体のむくみというか、腫れは、荒淫によるものだったのか。
 無理もない。仁王のペニスは勃起時には二十センチにもなろうかという逸物だ。龍のそれは、妻の指が回りきらないほどの極太だ。女を責めるプロとはいえ、昨夜から妻にフェラチオをさせ、接しても洩らさなかったため、溜まりに溜まっていただろう。射精を前提にした輪姦の壮絶さは想像を絶するものだったに違いない。
 妻の小さな溜息に、私はわれにかえった。
 秘裂のあわいから液体がにじみ出していた。
 ピアスに気をつけて襞をかき分けた。その瞬間、どろりと半透明に濁った粘液がこぼれ落ちた。精液特有の青臭い匂いが私の鼻腔を直撃した。
 見上げると、妻と眼が合った。
 妻がうなずいた。「二人分のエキス。Sさんが『溜めて帰るように』って」
「で、どうしろって?」
「わかってるくせに」妻は私を見つめたまま言った。「あなたはきっと舐めるだろう、とSさんが……」
「ヤクザが出したものをか」
「やっぱり見てたんやね、私が犯されるところを」
「最後までは見てへん。Sさんにならおまかせしても安心やと思たから。しかし、おまえがいややったら正直に言うんやで。いつでも中止できるんやからな」
「いややない。あなたがいつもついていてくれると思うと何でもできそう」

 昨夜来、私に取りついていた心の揺れがぴたりと治まった。
 妻は、私の存在があるから正気を失わずにいられるのだ。つまり、私の公認が、妻の心理的な命綱というわけだ。命綱の強靱さを信じているから日常から大きく外れることができる。狂気にも近いSの性の迷宮に分け入ることができるのだ。
(しっかりせな、あかんがな)
 私は自身を一喝した。妻が帰ってこないのではと、一瞬でも疑ったことを恥じた。私の心の強さがすべての鍵なのだ。
 妻の秘苑に顔を寄せ、こんこんと溢れ出す精液の残滓に舌を伸ばした。
 妻の胎内で温められた粘液を掬い、飲み下す。
「うれしいっ、うれしいっ」
 うわごとのように繰り返し、妻は私の髪を指で梳いた。
 ヤクザたちの精液をすっかり舐め取るまで、妻は二度達した。激しいオルガスムスではなく、安堵感に満ちた静かな絶頂だった。

 ソファの上で、私たちは抱き合ってまどろんだ。
 雨足が強くなったような音に、私は目覚めた。
 シャワーの水音だった。
 やがて、髪にタオルを巻いただけの妻がリビングに戻ってきた。
「なに、それ?」
 妻の手のチューブと脱脂綿に視線を投げた。
「化膿止め。一週間は気を抜いたらあかんのやて」
「セックスはお預けかいな」
「あ、そうや」
 妻はチューブと脱脂綿をダイニングテーブルに置き、キッチンカウンターのハンドバッグを手にした。中からビデオカセットを取り出す。
「Sさんから、あなたに。約束の物やて』
 私はソファから飛び起きた。
 昨夜の一部始終が記録されているテープだ。
 私はテレビラックに歩み寄り、ビデオデッキにカセットを挿入した。
 テレビの電源を入れ、ソファにとって返した。
 そんな私の性急な動きを、妻は驚いたように見つめるだけだった。

この文章を書いていると、いろんなことを思い出します。動揺というより、混乱と言ったほうが正しいのではと思えてきます。それもこれもSの巧妙な演出にまんまと乗せられてしまったからでしょう。まだまだ、Sに翻弄され続ける愚かな私なのですが……。では、また後日。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/30(水) 07:51:51|
  2. 贖罪・逆瀬川健一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贖罪 第18回 | ホーム | 贖罪 第16回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2037-29f300a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR