FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

贖罪 第16回

【#16 翻弄】
 自宅に帰り着いたとき、すでに暦は変わっていた。
 名神高速の途中で降りはじめた雨は次第にその強さを増している。
 締め切った室内にこもった梅雨時独得の湿り気に、気分が滅入りそうだった。エアコンを除湿にして、ソファに座り込んだ。いや、へたり込んだと言ったほうがよいかもしれない。
 冷気を含んだ乾いた空気の中でだらだらと服を脱ぎ、パジャマに着替えた。
 スコッチは胃の腑にたまったままだ。私はキッチンで湯を沸かし、焼酎の湯割りを作った。こいつを流し込めば、ウイスキーだって活性化するだろう。
 とにかく、今は酔いたかった。体を貫いたままの緊張感をほぐさねば、考えだってまとまらない。

 湯割りの一気呑みの効果はてきめんだった。
 五臓六腑にしみわたるとは、このことだ。毛細血管の隅々まで新鮮な血流が届き、体が温もった。同時に、頭はどんどん冴えてくる。
 Sとの対面。入れ墨男の衝撃。巧妙にコントロールされた輪姦。Sの性哲学。そして、私の同意のもとで妻に加えられた針責め。
 今夜、京都のマンションの一室で眼にし、耳にしたあらゆるシーンが奔流のように脳裡に立ち現れては消えた。
 かすかな震えが取りついていた。
 妻を私設秘書にと請われて、私たち夫婦が行き着く先を見てみたいからと快諾したのは、強がりだったのか。いい格好がしたくてあんなことを言ってしまったのか?
 私はくじけそうな心を見つめて自問した。
 答えは否だった。
 Sの性哲学に感銘を受ける以前から、私はそれを願っていたではないか。
 平凡な主婦で終わるはずだった妻が、意に添わぬ性交を受け入れたことをきっかけに、非凡な経験を積み重ね、性の地獄を覗いてしまった。責任の一端は、Fと密約を交わした私にもある。だが、妻は自分が堕ちたセックスの闇から眼を背けることはしなかった。
 ということは、Sの言葉どおり、妻はある資質に恵まれているに違いない。
 死の恐怖を甘い悦楽に昇華できるという、恐るべき資質に。
 性的な面で私をはるかに凌ぐ妻に対して嫉妬が湧いた。
 夫婦合意のうえで性の世界を渉猟しているのではないだけに、私は劣等感に打ちのめされてもいた。
 一線を踏み越えたと言っても、私がやったことは初老のSMマニアのペニスを咥えたことくらいだ。それも芝居がかった状況で、興奮に衝き動かされて。
 だが、妻は違う。
 予備知識もなく、心の準備もできないままで、見知らぬ男や女に体を開かざるをえないのだ。
 それには、覚悟と勇気が必要だ。そう、私の仕事になぞらえると、飛び込み営業の状況そのものだ。出たとこ勝負だと腹をくくらなくてはならない。
 いや、ずいぶん違う。
 飛び込み営業には、駄目で元々という心理的な逃げ道があるが、妻にそんな甘えは許されてはいない。すべてを現場で受け入れなくてはならないのだ。
 妻を一瞬でも妬んだ私は、自分の幼稚さを恥じた。
 この境遇を妻が求めたわけではない。途中からは、私が仕組んだのだ。あまつさえ、Sの調教計画に差し出してしまった。もし、妻の肉体や精神が破壊されるという最悪のシナリオが待っていたら……。
(何を考えとるんや、おれは!)
 私は頭を振って、不吉な連想を追い払った。アルコールが脳を痺れさせているのだろうか。
(S先生がそんな無責任なことするわけないやろ……)
 Sという人物を見込んだ自分の眼力を信じるしかないことを、私は悟った。
 ふと、掛け時計に眼をやった。午前三時を回っていた。三時間ちかく自問自答していたことになる。
 湯割りのお代わりを作り、書斎のパソコンの前に座った。
 メーラーを起動した。Sはじっくりと調教のプロセスを味わっているはずだ。例の「調教記録」とやらをしたためている余裕などないだろう。
 期待はするな、と自分に言い聞かせながら、ダイヤルアップを実行した。
 メールサーバが受信メールを送りはじめた。
 私の眼はディスプレイに釘付けになった。
 六通の新着メールが送られてきている。タイムスタンプは、ほぼ三十分おきににメールが送信されていたことを示している。
 フリーメールで、妻のファーストネームが発信元になっていた。
 添付ファイルはない。
(映像は無いんか?)
 私は首を傾げた。
 最初のメールは午前一時ちょうどに発信されていた。

***********************************
「調教記録その2-a」
先程は有意義な時間を持つことが出来た。感謝する。若い人の考え方を拝聴するのも新鮮で良いものだ。君の事だから、多分、これをそれほどの時間差も無く読んでくれているものと思う。
細君は、つい今し方休憩を終え、調教の次の局面に進まれ様としておられる。君も落ち着かないだろうから、こちらの様子を逐次報告して上げよう。映像を送ろうかとも思ったが、撮影等によって現場の緊張感を殺いでしまうような事にでもなれば元も子も無い。後日、ビデオを届けさせるから、今夜の所は御容赦願いたし。
現在、細君は胡座縛りをされている所だ。働き者の2人が、肌に傷を付けぬよう細心の注意を払いつつ縄を掛けている。先程の歓楽を思い出しているのか、細君の頬に心なしか赤味が差して来た様に思えるのは気のせいか・・・。
***********************************

 胡座縛りがどのようなものなのか、はっきりとは知らないが、読んで字の如しなのだろう。
 あの入れ墨男たちの手によって拘束されつつある妻の姿を想像すると、私のペニスは急速に硬度を増した。
 マウスを動かすのももどかしく、次のメールをクリックした。

***********************************
「調教記録その2-b」
緊縛が済んだ。細君は胡座の体位で固定され、更に足首の縄留めと乳房を上下から締め上げる縄が繋がれている。つまり、胡座をかいたまま前屈した状態だ。呼吸は楽では無いし、目の前には剥き出しの己の女陰が在る。この苦痛と屈辱感が想像出来るかね。
1人が竹笞を、1人が蝋燭を持ち、細君に歩み寄った。成る程、3種の苦痛で細君を楽しませ様という趣向か。息苦しさの為、悲鳴を出す事は出来ぬ。だが、その間にも笞が肌を打ち、熱蝋が滴る。流石、私が見込んだけの事はある連中だ。相変わらず言葉嬲りが上手い。細君を追い込んで、懲罰の口実を探している。
***********************************

 笞に加えて、蝋燭までも! 針責めの応急手当を受けただけの妻にとっては、あまりにも過酷な調教だ。
 強制的に前屈させられて、圧迫感も急速に増しているにちがいない。そんな妻にふたたび言葉による陵辱を加えるとは……。
「耐えろ。いや、耐えんでええ。つらかったらギブアップしたらええんや。無理したらあかんで!」
 ヤクザの容赦のない折檻に、ひとり全裸で立ち向かう妻の姿を思い、私はつい声に出した。

***********************************
「調教記録その2-c」
何時、この様な言葉を覚えるものか、私には想像がつかない。聞いているこちらが赤面する様な下品な言葉を細君は知っているね。君が教えたのかな。その様な下品な言葉を口にするのが余程嬉しいらしく、細君は随喜の涙を流しておられる。
いや、嬉しいのはそれだけでは無い様だ。既に背中一面に蝋の花びらが散り、脇腹や尻を笞痕が走る。芸術的なオブジェとしても通用しそうな位だ。これ程迄に肉体を彩られたのが嬉しいのだろう。声もまた素晴らしい。笞の一振り、蝋の一滴毎に漏れる嗚咽に風情がある。
勿論、細君には最新型の筒具を銜えて貰っている。無粋なモーター音が殆ど耳につかぬ程の優秀な品だ。だが、安心し給え。動作は強力無比。奥に向かって進むような細工が胴にしてあるから抜け落ちる心配は無い。先端部は断続的に膨張して最奥に刺激を送る。流石、国産品だけの事はある。これは、業界で大化けするかも知れない。
それにしても、目から涙を流しながら、女陰からは涎を流す。まあ、何と忙しく貪欲であることか、女という生き物は。
***********************************

 妻に加えられる責めの数々が眼に見えるようだ。Sは、私をからかったり、経営コンサルタントならではの感想を洩らしたりと、余裕を見せつける。そこがまた憎らしくもあり、頼もしくもある。
 妻は安全だ。私は、そう確信した。Sの冷静な観察眼が保たれているかぎり、限界を超える責めを受けることはないだろう。
 次のメールの予想もしない文面に、私は一瞬混乱し、Sの用意周到さに唸った。

***********************************
「調教記録その2-d」
私です。あなたに断りもなく中国に行ったりしてごめんなさい。Sさんがあなたに直接説明してくださったそうですね。ちょっと気が楽になりました。
帰国したら、すぐに帰してもらえると思っていたのですが、京都で一泊することになりました。
ずいぶん不自由していると思いますが、明日には戻りますからもう一日辛抱してください。埋め合わせはきっとしますから。
私の方は元気です。北京でおいしいものを食べ過ぎて、ちょっと太ったかもしれません。あなたも、私のことは気にしないでしっかり食べてくださいね。
Sさんには、とても優しく接していただいています。
週末は、あなたと2人きりでゆっくり過ごせますように。心配をかけてごめんなさい。
***********************************

 妻からのメールだった。
 私に送ってやるからと、昼間にでも妻に入力させたのだろう。
 あのような仕打ちを受けるとは想像すらしていない文面だ。知らぬ者には無邪気とも読める書きようだが、文章の裏側に張り付いている妻の胸の内を思うと、愛しさがこみ上げてくる。性交用秘書として中国に同行させられたことをおくびにも出さず、私の身を気づかってくれている。すべてを、私が知っているとも思わずに……。
 何度も、読み返した。
 そのうち、ディスプレイの文字がゆがんで見えはじめた。不覚にも、涙があふれていた。
 そのとき、Sの哄笑を聴いたような気がした。
 思い出せ! とSの声が言った。これが女だ、と。
 美醜、善悪、優劣などの単純な価値判断がいかに愚かしいことかを女は教えてくれる。清濁併せ呑んでこそ人間。成熟の意味を知れ。
 幻の声はそう語った。

***********************************
「調教記録その2-e」
細君のメッセージをお伝えした。と言うのは建前で、タイピングに疲れてしまったものだから手抜きをさせて戴いた次第。
夕食後、細君に打って貰ったものだ。なかなか健気なものではないか。どの様な視察旅行であったかは、君から問い質して戴きたい。
さて、細君は3度アクメを迎えた。高性能の淫具を嵌められているとは言え、笞と蝋涙を受け続けながら気を遣るとは・・・。
今、細君は縄を解かれて2人に口で奉仕している。矢張り本物が良いと見えて、1本を呑んでいる時も手は遊んでいない。もう1本に、袋から竿迄技巧を極めた愛撫を加えている。普通の男であれば噴出させているだろう。
おやおや、細君が2人に何か言っている。本性が甦ってきた様だ。挿入を懇願している。卑猥な言葉を駆使して、2人をその気にさせ様としている。
2人は、あの立派なモノで細君の頬を横殴りにしたりして焦らしている。もちろん、2人は細君の望みをすぐに叶える気はない。今夜の目的を達成する迄は・・・。
***********************************

(今夜の目的やて……?)
 酔いが一気に醒めた。まだ、妻に対する性的な蹂躙が行われるというのか。
 何度もオルガスムスを迎えさせられたあげく、針責めを受け、さらに笞と熱蝋で虐げられた妻に何をしようというのか。責めを受ける間、精神的にも痛めつけられている。このままでは、妻は壊れてしまいかねない。
 ――『針責めの第二段階だ』
 京都のマンションを辞去しようとした私に、Sが洩らした言葉をふいに思い出した。あのときは、妻の狂乱ぶりと凄惨な光景を大画面で見せつけられて頭が混乱していた。
 Sからのメールには針責めのことはいっさい記されていない。すると、今夜の目的というのは、針責めの第二段階ということか。
 苦痛を快楽に昇華できるかどうかを、それによって試そうとしているのだ。
 これ以上、どこに針を刺そうというのか。
 もし、無茶な部位に刺し、針が折れたらどうするのか。
 その答は、次のメールに記されているのだろう。タイムスタンプは午前二時四十九分。現在時刻、三時二十分。すでに針責めは行われてしまったか、最中かだ。
 マウスにかぶせた右手が震える。
 私は最後のメールをダブルクリックした。

申し訳ありません。長々と書いてしまったあげく、思わせぶりな形で終わってしまいました。性導師S氏の巧みな誘導に翻弄される私の感情の乱れぶりを、冗長とは思いましたが敢えて書かせていただきました。このような経験をお持ちの方には、きっとご理解いただけると信じています。では、また後日。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/30(水) 07:50:34|
  2. 贖罪・逆瀬川健一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贖罪 第17回 | ホーム | 贖罪 第15回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2036-6ed2340c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR