FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

贖罪 第8回

【#08 傍観】
 三宮の駅前で私を拾うと、Fの運転するBMWは山手に向かった。
 午後八時。すでに日本屈指の夜景がクルマの前後左右に広がりつつある。だが、神戸の夜景は、そのさなかにあっては堪能できない。神戸港からのパノラマがすばらしいのだ。それはまさに、官能のありようにも似ている。エロティシズムとは、ある程度、距離を置いてこそ、その香りを味わうことができる。どっぷり浸かってしまっては、単なる肉体の刺激が支配するベタで無粋な世界が広がるだけだ。
 これから私は妻の痴態を目撃する。指一本触れることなく、声ひとつかけることなく、ただのオブザーバーとして、見知らぬ男に狂わされてゆく妻の姿を見つめていなくてはならない。そんなことはごめんだという男性もいるだろう。精神の均衡を乱されてしまう男性もいるかもしれない。だが、私は取り乱すことなく、妻の狂態を見届けることができるという確信めいた自信があった。
 元旦の夜、妻の告白を聞き終えた私は、妻と風呂に入った。汚れてしまった身を嘆き、不本意にも激しく反応した性感を呪う妻を湯船の中で抱き、隅々まで洗ってやった。すべての汚れは洗えば落ちる。心まで汚れていなければ大丈夫だと励ましながら、湯が生ぬるくなるまで妻を抱き続けた。
 BMWは、山手の大通りから急な坂に入り、高価そうな分譲マンションの駐車場に乗り入れた。
「着いたで」
 助手席の私を一瞥して、Fはドアを開けた。

 七階建てのマンションの最上階でエレベーターを降りた。
 一戸一戸の面積が広いらしく、吹き抜けの周囲をポーチ付きの玄関が四つ囲んでいるだけだ。その一つのドアにFがカードキーを差し込んだ。
 作りつけの下駄箱のガラス扉の向こうに男物の靴が三足、女物の靴が二足見えた。一つは妻が気に入っているショートブーツだった。
(いわゆる5Pというやつか……)
 私は溜息を洩らした。仕事帰りの身にとって、いささかヘビーな光景を見ることになる。
 住戸内のどこからか、かすかに人の話し声がする。妻の嬌声が耳に飛び込んでくるものと覚悟していた私には、ちょっと意外だった。
 Fに招き入れられた六畳ほどの和室の一方の壁にはモニターテレビが三台並び、その前に置かれた文机には、レバーやつまみがひしめくビデオ編集機のような装置があった。
「適当に座り」
 部屋の隅に積まれた座布団を指し示すと、Fはモニターテレビのスイッチを入れていった。三つの画面のノイズがかき消え、鮮明な映像を映しだした。フローリングの広い部屋が三つのアングルから捉えられている。
「リビングや」
 Fはぶっきらぼうに言うと、レバーを操作した。
 画面の一つがソファセットをズームインした。三人掛けのソファに初老の男たち、一人掛けのソファ二脚のそれぞれに女の姿があった。一人は妻、もう一人はTだ。五人は服を着ていた。着衣に乱れはない。
 私は首をひねった。すでに九時前だというのに悠長なものだ。カネに明かせてこんな高級マンションを秘密の隠れ家にしている爺さんやおっさんの割にはがつがつしたところがない。元旦の日に妻を犯した僧侶とはまったく違う。
「しもた! つまらんな」
 Fが舌打ちをして、私に首をねじった。
「もうお開きやで、今夜は」
「妻を、このまま帰してもらえるんですか」
「帰すもなにも、あとの祭りやがな。いや、祭りの後、言うたほうが正しいんかな」
「………?」
「もうとっくに終わったちゅうことや。もうちょっと早よ会社を出て来なあかんで。オブザーバー失格や」
 合点がいかない様子の私に、Fは面倒くさそうに語って聞かせた。
 三人の男とTは、すでに妻を貪ったあとなのだという。午後六時集合だったから、クライマックスは八時過ぎだろうとFは踏んでいた。だが、予想に反して5Pの宴は終わり、全員がシャワーを浴びて身繕いをすませたばかりの場面だったのだ。
「奥さんが新鮮やったから、おっさんたち飛ばしすぎたんちゃうか」
 私は肩を落とした。何を目撃してもうろたえぬように、朝から気を張ってきた。その反動が、落胆にも似た疲れとなって私の心をふさいだ。
「見たかったなあ、奥さんが四人に責められるとこ」Fは大袈裟な溜息をついた。
「ちょっと待ってください。今、四人て言いませんでした?」
「ああ。Tさんが指導係になって、おっさんたちに奥さんを嬲らせたんや。同じ女やから、結構えぐいことやったんちゃうか。それが見たかったんや」
 同意しそうになる自分を必死に抑えた。妻が味わう恥辱を共有し、痛みを分かち合おうと心に誓っていたんじゃないのか、おれは? なぜ落胆する? なぜ、モニターに近づいて妻の憔悴ぶりを見守ってやろうとしない?
「そないにがっかりせんかてええやろ」
 Fは私を見て苦笑した。
「一部始終はビデオに撮ってあるから、次の機会にでも渡したるわ」
「いえ、結構です。その場におらんと意味がありませんから」
「ははーん、ライブ志向か? 臨場感がないと立ちが悪いちゅうわけかいな」
「いや、そういうわけでは……」
 Fに本心を見透かされたような気がして、私はあわてて首を振った。
「まあ、ええ。声だけでも拾てみよか」
 操作盤のつまみにFの手が触れると、文机の端にセットされたミニスピーカーから男たちの声が流れはじめた。
『とは思えなかったよ、あの反応ぶりを見るかぎりね』
『まったくや。Tさんの出る幕がなかったんと違うかい?』
『私なんか邪魔なくせに』Tの声。写真の印象とは異なり、透明感のある細い声だった。『でも、教授がお持ちになったバイブはよさそうでしたわ』
『実用面では日本製にまさるものはないらしいが、ドイツ製のものには独特のムードがあるよね』
 教授と呼ばれた白髪頭が、ソファの脇に載せた書類鞄から箱を取り出し、蓋を開けてみせる。Tが中身を掴んだ。
 長さも太さも男の二の腕ほどはありそうな筒具が姿を現した。
 男たちは好色な笑みの中にも複雑な表情を浮かべている。妻が顔をそむけるのを、私は見逃さなかった。
『最初は無理だと思ったんやけどな』五分刈りの男が言った。『ふつう、そんなん入れられたら壊れるで。そやろ、Tさん?』
『女って、意外とタフなもんなんですよ』Tは、手にした淫具を弄びながら答えた。『赤ちゃんかて産むくらいやから、これくらい平気なんちゃいます?』
『そこまで言うんやったら、あんたもいっぺん試してみたらどうや』髪の薄い痩躯の男がからかった。『この奥さんみたいにひいひい言わしたろか』
『お尻にも入れてえ、と言ったのは傑作でしたな』教授が神妙な顔で言った。『それこそ壊れてしまう』
『どっちが? 奥さんのアヌス? それともそのバイブが?』五分刈りが調子に乗る。
『そらバイブに決まってるやろ』
 痩躯の男がまぜっかえすと、妻を除く全員が爆笑した。
「妻は……妻は、いったい何を……?」
 呆然とつぶやく私を見て、Fは鼻を鳴らした。「だいたいわかるやろ。気になるんやったら、奥さんに訊けばええこっちゃ。今夜は燃えるで」
「やっぱり、ビデオいただけますか」
 万事まかせろ、と言いたげな表情で、Fは私を見た。
『しかし、こんな奥さんと暮らしてる旦那も体力もたんで』五分刈りが喋っていた。『わし、腰がふらふらやで。抜かずのなんとやらいうのは二十年ぶりとちゃうかな。教授はどないでした?』
『社長にあやかりたいもんですなあ。あいにく、そこまではいきませんでしたが、とても満足しました。前と後ろから責められながら、ときおり見せる表情がなんともすばらしい。退官後も、やめられそうにありませんな』
『やめたら老け込みまっせ』痩躯が言った。『それに、教授が持ってきてくれるオモチャが毎回楽しみで楽しみで。体とカネが続くかぎり、この集まりを続けていきましょうや』
 高笑と苦笑が交差する中、妻は最後まで顔を上げなかった。
 三宮駅まで、Fが送ってくれた。
 BMWのリアシートに私と並んで座る妻に、気になっていたことを訊いた。大阪の僧侶に嬲られた日は月経直後だったから妊娠の心配はなかったが、これからも頻繁に男たちに奉仕しなくてはならないのなら避けて通れない問題だ。望まない妊娠の結果、妻の体がダメージを受けては取り返しがつかない。妻の返事によっては、貯金を下ろし、保険を解約し、それでも足りなければ退職金の前借りをして全額返済するつもりだった。私の中に芽生えた邪悪な好奇心のために妻を傷つけるわけにはいかない。
「避妊は……どうしてる?」
「低容量ピルを服んでる」
「体調は、悪くないか」
「だいじょうぶ。アレルギーなんかないから」
「それは知ってる」妻の肩を抱き寄せた。「たいへんやったな、今夜は」
「ほんとにいいの、このままで?」妻の声が湿り気を帯びた。「何人もの男の人に抱かれる、こんな私でも」
「夫婦やのに、なに水くさいこと言うてるんや」
 妻がしがみついてきた。歯磨きペーストの香料が妻の吐息に混じっていた。
 フロントグラスいっぱいに広がる神戸の夜景を眺めながら、脳裏に満ちる不道徳な悦びの奔流に、私はとまどっていた。妻はあと幾人、いや、幾十人もの男の精を子宮に浴びるのだろう。喉にも、そして、いずれは直腸にも。
 その思いに、私の性器をは甘くうずいた。
 帰宅後の妻の一人語りを待ちかねる暗い情熱を、私はそのときはっきりと自覚した。

 今、思い返しても、そのときの嗜虐的(被虐的?)な情念がどこから湧いてきたのかよくわかりません。性格的な欠陥があるのか、それとも男とはそういうものなのか……。「妻物語」に寄せられる皆さんのお話に、その答えがありそうなのですが、今は私たちの物語を思い出すのに精一杯です。これからも、よろしくお付き合いください。では、後日。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/30(水) 06:32:59|
  2. 贖罪・逆瀬川健一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贖罪 第9回 | ホーム | 贖罪 第7回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/2028-3b6779b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR