FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

嘱託輪姦 第3章 3人の猟人

 約束の8時に海岸には3人の若者の影があった。
「おっさん、本当にいいのか?」
「ああ、しっかりやってくれよ。だけど、私は知り合いになった人とマージャンをすると言って出てきたんだ。マージャンをする夜は、朝まで帰らないことが多いから、おそらく女房はいつも見ている9時からのテレビドラマを見る前に戸締りを確かめるだろう。だから、あんた達が別荘へ入るのはその後だ。その前に、私が裏口の錠を開けるから」
「ちくしょう! まだ1時間もあるのか」
「まあ、そんなにガツガツすんなよ。時間はたっぷりあるんだ。それより裏口から入って真っ直ぐいくと玄関だ。そして手前右側の部屋で女房はテレビを見ている。ベッドはその部屋の続きにあるから、女房を襲ったら、直ぐにベッドへ連れていけよ。ソファーの付近にはいろんなものが沢山あって危ないからな。向かって右手の壁にスイッチがあるから、ベッドのほうの明かりをつけておくんだな」
「わかったよ、入ったらまかしときな」
「そうか、じゃあ思いっきりやってくれ。泣いたって喚いたって気にすることないから」
「おっさんも変わってるよな、あんなにきれいな奥さんを俺たちに廻さそうとしてるんだから…」
 それは私の心にズキッと針を刺すような言葉であった。彼達は女房を抱けることに興味はもっていても、やはり、どうして自分の女房をほかの男に抱かすのか、それも3人もの男たちに廻さすのか疑問に思っているだろう。しかし、それを彼達に説明しようにも、私自身それが分からない。だから、私はそれには応えず、
「あんたがケンってのか? しっかりやってくれよ」
 兄貴格のヤスシの後ろで、黙って突っ立ってる本当に影のような黒漆の男に声をかけた。
あと1時間もしないうちに、サチ子はこの3人の狩人、ヤスシ、トオルそしてデカマラだというケンに自由を奪われ、そのサチ子の白い肌に巣くっている魔性は、若い猟人達によって巣くっている穴を塞がれ、追い立てられるであろう。男を狂わす何かをもっている魔性は、かえってそれを悦ぶかも知れないが…
「もう、そろそろだな。じゃ私はいったん帰って裏口を開けておくから、後15分くらいしたら入るんだな」
 女肉に飢えた彼たちの触覚は、熟れた女肉の匂いをかぎつけて、さぞや、いきり立っているであろうと思われる彼達を残して、私は別荘へと引き返した。
 私には、彼達がここへやってくるまでに、まだしておかなければならない事があった。それは、裏口の錠を開けて、前もって開けておいた窓から納戸へ入り、納戸の押入れから天井裏へ上がることであった。
 彼達には別荘を出て行くといったが、私には最初からそのつもりはなく、3人の男達によってサチ子がたっぷりと陵辱されるさまを最後までこの目で見届けるつもりだ。
 裏口を開けた私は中へ入ってみたが、案の定、テレビに見入っているのか、サチ子が気づくことはなかった。
 天井裏に持ち込んであった毛布の上に腹ばいになった私の眼下にはベッドが見え、その向こうにはソファーに横になったサチ子の姿があった。おそらく戸締りは確認して回ったであろうが、誰もいない気安さからか、サチ子はパンティもブラジャーもつけずに素肌にじかに黒のナイロン地のネグリジェをまとっており、まっ白い肌がより効果的に悩ましく裸身を浮き立たせていた。
 天井裏へは下の部屋の明かりが、まるでサーチライトのように何本も何本も差し込んでいたが、その明かりで時計を見ると9時15分…、サチ子はテレビの画面に見入っている。
しびれを切らした猟人達が美味な女肉を求めて襲ってくることも知らずに…

 いきなりドアが開いた。サチ子はハッとしてそちらを見たがそこには誰もいない。
「だれっ? 誰かいるの? あなたでしょう、おどかさないでよ、びっくりしたわよ」
「ねえ、あなたでしょ?」
「あっ!」
 入口に兄貴格のヤスシを真中にして右にトオル、そして左には全身に墨を塗りたくったようなケンの3人が姿を現した。
「だれ? だれよっ!」
「あなたたち…いったい、なにを…お金なんかないわよ!」
「バッカヤロウ! 金なんかいらねえよ。俺たちゃ強盗じゃないんだ」
「…」
 やにわにトオルとケンがサチ子に飛び掛り、トオルがサチ子の右手首をぐっと掴んだ。
「あっ! なにをするのっ…」
 びっくりして手をひっこめようとする隙に、今度はケンがこれもがっしりとサチ子の左手首を掴んだ。
 つい今まで、くつろいでテレビを見ていたのが、異様な黒人を交えた若い男達の突然の出現には、驚きとともにあっけにとられていたサチ子だったが、
「立つんだよ!」
 と言うヤスシの声と同時に、両脇からとられていた腕を二人の男に持上げられてはじめて狼狽した。
 救いを求めるように、ヤスシの方を見たサチ子は、そこに獣欲の炎に燃えた“男”の眼に会い、言うべき言葉を失ったのであろう。まるで催眠術をかけられたように、フラフラと立ち上がったサチ子の前にヤスシが近づいた。
「いやっ! なになさるの」
「あんたが、この別荘にきた時から、俺達は目をつけてたのよ。旦那がマージャンの約束をしてるの聞いたんでよ、今夜がチャンスだって思ったのさ。その旦那が出かけたんで、じゃあ、その間に俺達が楽しませてもらおうって思ったわけよ。まあ、あんたもたっぷりと楽しませてやっから安心しな」
「いやっ! 許してっ! お金…あるだけあげる…」
「金はいらないって言っただろうが、俺達が欲しいのは、あんたの、この身体だけよ」
「あんたたちなんかに…」
 サチ子は激しく抵抗し始めた。両腕を捻るようにもがいても、トオルとケンにがっちりと掴まれた腕はビクとも動かなかった。
「やめなさい! こんなこと…やめなさい!」
「俺は、命令されるのが大嫌いなのさ」
 ヤスシはトオルの持っていたナイフをとり、そのナイフの先をサチ子の顔にあてた。
「きれいだ…だがよっ、暴れるとそのきれいな顔に大きな傷がつくぜ…おとなしく俺達に抱かれるんだな。逃げようったって逃げるところもないし、それによいくら叫んだって、ここじゃあ、誰もきやしないさ」
 ズボンの前を異常に突っ張らせたケンが声を荒げた。トオルも目をギラギラさせている。
「ガツガツすんなよ時間はたっぷりあるんだ。奥さんはよ、俺達に抱いてもらいたいって、用意して待ってくれてたんだよ。俺達がきたらすぐにでもできるようにネグリジェの下には何も着てないのさ…パンテイまで脱いでやんの、お前も触ってみなって」
 その声を聞くとケンは左手をサチ子の胸元にまわし、彼女の胸のふくらみをぐいぐいと揉みしだいた。
「すごいっ! ヤスシ、お前知ってたのか? このスケのデカパイを…」
「ああ…やめて!」
 身をよじって暴れるサチ子の身体を、背後からがっしりと抱きこんだケンは、両手を生き物のように、豊かな胸元に這わし、唇をサチ子の首筋に荒々しく押し付けていた。ケンのしぐさに勇気づけられたのか、トオルも同じように触っている。
「なんてすべすべしてるんだ…」
「いやっ! さわらないで…」
 まるで蛇が這いずり回るように、手首から肘へ品定めでもするかのように二の腕を握り締めたり撫でたりしているが、おそらく彼達には肉付きのよい女の成熟した肉体のやわらかい弾力が、こまかく震えて掌の中いっぱいに広がっているであろう。暖かいぬくもりがじかに伝わって、彼達のものは一段と膨らみを増している。
 二人の男が欲情に目をギラギラさせて、嫌悪感と羞恥と、そして恐怖感でふるえているサチ子の肌を楽しんでるいる間に、ヤスシは腰をふり、脚をばたつかせてもがくサチ子の身体から、アッという間にネグリジェを剥ぎ取ってしまった。
 しみひとつない白い肌を隠すものは何一つなく、男達の淫らな視線がその裸身を這いずり回っていた。
「あなたたち、気でも狂ってんじやないの! こんなことして私が許すと思ってるの? 後で警察に訴えますからね…」
「ああ、サツに言いたきゃ言ったらいいさ、サツでよ、奥さんに突っ込んだら、もっとして、もっとしてって、泣いて嬉しがりましたって、くわーしく白状するからよ。実地検証をさせてもらえたらいいな、実演でもすりゃあ、サツの旦那も大喜びよ」
 おそらく、サチ子は愕然としているだろう。たかが脅しだと思っていたのが、なにもかも計算づくでやっている。初めて、サチ子の顔に絶望感が現れた。
「奥さん、分かったろう? 今夜は、俺達と楽しくやろうや。旦那には絶対にバラさないからよう」
「ヤスシ、早くやろうよ。もう我慢できないよ…下のほう、触ってもいいか?」
「ああ、たっぷり刺激しておいたほうが、奥さんも悦ぶからな。そうだ俺達も裸になって元気のいいところを見せようぜ。奥さんだけが素っ裸じゃ不公平だからな」
  三人の若者はかわるがわるにサチ子を押さえて、一人づつ裸になっていった。ヤスシもトオルも、それにケンも、素っ裸になった連中は若さを誇るように、これ見よがしに勃起したものを突き出しており、その中でもケンはブリーフを弾き下ろした途端、30度近い角度をもってまるで鉄ん棒のように逞しく怒張した肉塊を、ぬっとばかりに突出していた。
 ヤスシから、ケンのはでかいと聞いてはいたが、いま眼下に見えるそれは、ヘッドだけはテカテカと赤みをおびて光っているが、股間から隆々と立ち上っている肉塊は猛々しく蒼筋を浮かべ、太さ長さ共に他の二人を圧倒するものであった。それは、男の私が見てもほれぼれとするものであり、手馴れた女を服従させるには、格好の武器となるであろう。
 怒張した一物をこれみよがしに突出した裸身に囲まれたサチ子は、さすがにもう説得の意欲も失せたのか、男達の裸身から目をそらせるのに懸命のようであった。
「すげえオッパイだなあ…」
トオルが何回目かの嘆声を漏らして手を差し伸べた。
「奥さん、そろそろベッドへいこうか。奴らもしびれ切らしてるからよう」
「やめて…」
  サチ子が、二人に掴まれている手をふりほどこうとして悶えると、ヤスシが反対側からその白い乳房の頂点についている乳首を指で抓みながら、
「奥さん立ったままでやるのが好きかい? それだったらここでぶちかましてやろうか」
 ヤスシは怒張したものをサチ子の下半身に突き立てた。
「いやっ! いやっ! やめて…なぜ、こんなことを…ああっ!」
 突き立てられた腰を引きながらも、もっとも敏感な性感帯である乳首を、ヤスシに指の腹でコロコロと刺激されて、サチ子が思わず声をあげた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/11(金) 10:16:32|
  2. 嘱託輪姦・Hirosi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嘱託輪姦 第4章 陵辱 | ホーム | 嘱託輪姦 第2章 痴戯の悪夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/1458-19ab083b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR