FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

黒の凱歌 第一部 第17回

「コンドームを服の中に入れっぱなしにしてきた。お前、取りにいってくれ」
岡にそう言われて、美枝子はD室を出た。今日は危険日だったし、たとえ安全日でも美枝子は妊娠のリスクを犯したくなかった。もしも子供が出来てしまったら、と想像するだけで恐怖に身がすくんでしまう。
入り口に向かって歩いていると、透明な部屋の中から男たちが見つめてくる。美枝子は頬を染め、胸と股間を押さえて小走りになった。
入り口のそばの部屋で、女が初老の男に貫かれているのが目に入った。美しい女だった。女はいかにもいやらしげな初老の男の手管に酔って、髪を振り乱して快感に悶えていた。
思わず美枝子がその様子を見つめていたら、ふと女と目が合った。美枝子は慌てて目を逸らした。
入り口の扉を出て、受付のアイマスクの男に事情を話す。胸と股間はしっかり押さえたままだ。
ようやくコンドームを手に、再び淫風渦巻く部屋に戻る。これからのことを思うと、気が重かった。だが、逃げることはできない。
最初、岡の偏執的な調教は、美枝子にとってただの恐怖に過ぎなかった。今では別の恐怖がそれにとって代わろうとしている。岡が美枝子に次々と教え込む新たな刺激。その刺激に徐々に慣らされ、変わっていく自分への恐怖だった。
最初は岡たちに抱かれるだけで死にたくなった。抱かれた後は、岡たちへの嫌悪感と夫や子供への申し訳なさで気が狂いそうだった。しかし、今はもう美枝子の肉体が凌辱者たちの愛撫に馴染んでいた。気分が高まると、思わず腰を振って刺激を求めてしまう。与えられる快楽によがり声をあげてしまう。そんな罪深い肉の重みに、美枝子はいつか潰されてしまう気がした。
岡は美枝子が露出の快楽に弱いと見抜いたが、美枝子も近頃はそれを自覚しかけていた。高速道路で放尿することを強制され、その姿を道行く車のドライバーに見られたとき、美枝子は泣きたいほどの屈辱と同時に、激しい高揚を感じていた。下半身が熱く疼くのを自覚して、無意識に頬が火照った。
自分という女が分からなかった。
通路を通っていると、先ほど初老の男に貫かれていた女が部屋から出てくるところだった。目が合って、思わず美枝子は軽く頭を下げた。
女は不思議そうな顔をして、美枝子に近寄ってきた。
「あなた、ここは初めて?」
「そうです」
「指輪をしてるわね。となると、さっきの若い子たちは火遊びのお相手かしら」
女が使った『火遊び』という言葉に、美枝子はぴくりと反応した。何が『火遊び』なものか。わたしはそんな淫らな女じゃない。
わたしは―――。
「楽しむといいわ。ここでは何をするも自由よ」
「楽しむだなんて・・・」
美枝子の歯切れの悪い言葉に、女はおやっという顔をした。
「こんなところまで来といて、意外と古いのね、あなた。さてはあの子たちに強引に押し切られたのね? でも」
女は悪戯っぽく笑って、突然手を伸ばし、美枝子の乳房へ触れた。
「いや!」
美枝子は驚いて身を引いた。
「ふふっ。おっきなオッパイね。張りがあって、いかにもイヤラシイ感じ。あなた、口ではそんなこと言ってるけど、相当好きなほうでしょ」
「そんなこと・・・」
「隠してもダメよ。身体を見れば分かるわ。あなたの身体は淫乱の雰囲気があるわね」
(淫乱・・・・わたしが淫乱・・・・)
「体裁ばかり気にしてると、楽しさも半減しちゃうわよ。思い切って自分を解放してご覧なさいな。魂も吹き飛ぶほど気持ちよくなれるわよ」
「・・・・・・」
「後であなたのHを見に行くわ。可愛いよがり顔を見せてちょうだいね」
女はそう言って妖艶に笑うと、また部屋へ戻っていった。

「ん・・・んふ・・・・」
美枝子のくぐもった声がD室に響いている。
今、美枝子は岡の足元に跪いて、その肉棒を口いっぱいに頬張っている。艶やかな朱唇でしごきたて、舌で亀頭を舐めまわしている。
「もういいだろ。コンドームを付けろ」
「はい・・・」
そう返事して美枝子は、先ほど取ってきたコンドームを指で広げた。
「失礼します・・・」
そう言って、岡の勃起したペニスにコンドームをかぶせていく。その白い手指に嵌まった結婚指輪がきらりと光った。
夫の忠明との閨房でも、美枝子はこうした行為をしたことがあった。あのとき美枝子は恥らいながらも、愛しい夫のものを優しく見つめたものだ。
だが、今となって美枝子は考え込んでしまう。性的にあまりにも初心だった美枝子は、結婚して夫と床をともにするようになってしばらく経っても、「イク」ということが分からなかった。夫も気にして、色々と愛撫に工夫をこらしたり、美枝子の気分を高めようと努力してくれたものだった。そうして、やっとのことで美枝子は「イク」ことを覚えたのだった。若妻だった美枝子は、それでやっと一人前の女になれたような気がした。最初に絶頂に達した夜、美枝子は恥ずかしいような、うれしいような気持ちになったことを覚えている。
だが、その後十数年も経って岡たちに与えられた快楽は、美枝子のそんな初心な思い込みを打ち砕くものだった。襲い来る快感で全身がばらばらになってしまうのではないかと恐怖に駆られるほどのアクメの興奮。自分の精神がどこまでも果てしなく高みに昇りつめていくようなあの感覚。夫とのセックスではありえなかった悦楽―――。
皮肉なことに女としての美枝子を開花させたのは愛する夫ではなく、愛のかけらもない凌辱者たちだったのだ。
そして今、美枝子はその凌辱者たちに嬲られている。
透明なベッドに仰向けに寝そべった岡。その身体の上に美枝子はまたがって腰を使っている。岡の若々しく引き締まった浅黒い肉体と、それとは対照的に生白く、むっちりと柔らかそうな美枝子の肉体。岡に豊乳を揉みまわされ、下から剛棒で突き上げられる度に、美枝子の顔が切なげに歪む。
美枝子の口は金子のものだ。金子の勃起した長大な肉棒を、美枝子は必死の想いで頬張り、しごきあげている。岡が下から突き上げる度、その刺激で思わず口の奉仕を忘れては、金子に後頭部を押さえつけられ、喉深くまで赤黒い肉棒を押し込められ、瞳に涙を滲ませている。
美枝子の細やかな形のよい手は、藤吉のものを握り締めていた。こちらもその手がペニスをしごきあげることを忘れると、美枝子の背中へばし~んと勢いよく平手が振ってくる。
三人の若者と、年増盛りの美女の壮絶極まりない4Pの光景に、壁の向こうには裸の男女がわらわらと集まってきていた。美枝子は全身で男たちに奉仕させられながら、時々その人だかりを見ては、頬を染め、ぱっと瞳を逸らした。
(こ・・・こんなところを知らない人たちに見られて・・・)
カァッと身体が熱くなる。
それは目も眩むような非日常的な体験だった。少し前までほんの小さな世界に生き、それに満足していた平凡な人妻の自分と、たくさんの人に見られながら獣のようなセックスに耽っている今の自分は、あまりにもかけ離れていた。
「見物人が集まってきたようだな。奴らをもっと楽しませてやるか」
不意に岡がそう言うと、身体を起こした。淫らな行為に熱中していた金子と藤吉も、ちょっと不服そうな顔をして美枝子から離れた。
「おい、ここで四つん這いになれ。見物してる奴らの方に顔を向けてな」
「そ、そんな・・・いやですっ・・・出来ません」
美枝子は思わずその場にへたりこみながら、全身で拒否の意を表した。今のままでも気絶しそうなほどの恥辱を感じているのに、この上、男たちに嬲られているときの顔まで、何の関係もない人々に晒すのは耐えがたかった。
「本当は期待してるんだろ? さあ、見せてやれよ。セックスしてるときのお前が、どんなにイヤラシイ顔をしてるか、はっきり見せてやれ」
「やめて・・・ああん・・・許してぇ・・・っ」
イヤイヤする美枝子を岡たちは無理に引っ張っていって、観客の前に四つん這いにさせる。顔を伏せられないように、美枝子の両手を背中の後ろに回させ、その両手を後ろから岡ががっしりと掴み、引っ張りあげる。美枝子の上半身が浮き上がり、観客の前に晒された。
(あ・・・ああ・・・・)
否応なく視界に入る透明な壁越しの光景。
鼻の下を伸ばした下卑た男たちが、若いカップルが、老人が。
先ほどの美しい女が、その相手の初老の男が。
美枝子を見ていた。興奮してペニスを勃起させながら、あるいは冷ややかな笑みを浮かべながら、彼らはじっと美枝子を見つめていた。
(み・・・見られてる・・・・わたし・・・見られてる)
(こんな姿を・・・・こんな恥ずかしい姿を・・・)
美枝子は、頭の中で何かがぷつっと音を立てて切れた気がした。
岡も見つめていた。魂が抜けてしまったような、呆けきった美枝子の表情。だがしかし、その美枝子の股間がじっとりと濡れを帯び始め、奥の女の命がひくひくと蠢きだしたのを。
「さぁ、いい顔を見せてやりな」
そう言うと岡は掴んだ美枝子の両手を手綱のように引き絞りながら、その四つん這いの尻に猛りたつ剛棒を押し当てて一息に貫いた。

異様な熱気がその場を取り巻いている―――。
岡の怒張が激しく美枝子の陰部に一突きをくれる度に、美枝子がうめき声をあげ、その顔が歪むのが見物している男女の目にはっきりと映っていた。
「ほうら、皆がお前のスケベな姿を見てるぞ。もっともっとよく見てもらおうな」
「いやいやいや~!!」
身体を激しく震わせて面を伏せようとする美枝子の両手を、岡は馬の手綱のようにぐいぐい引き絞りながら、その尻にますます強い打撃を加える。その度にばこん、ばこんと肉と肉がぶつかる音がする。
「ひい~っ」
状態をのけぞらされた美枝子の瞳に映る、透明な壁越しの人、人、人。
すでにそこには、その空間内のすべての人間が集まっていた。固唾を呑みながら、快感によがり狂う人妻の姿を見ていた。
不意に岡が美枝子の膣から怒張を引き抜いた。がっくりと腰が抜けたように倒れこむ美枝子の両膝に手を入れると、岡はそのまま美枝子を持ち上げ、観客のほうへ運んでいく。
「や・・・やめ・・・」
幼女のオシッコスタイルで持ち上げられ、両足を開ききった状態でしとどに濡れそぼった女陰を曝け出された美枝子は、もはや涙も枯れきった様子で弱々しい抵抗をする。
透明な壁の向こうで、男たちが一斉に美枝子の股間を凝視するのが見えた。壁越しとはいえ、その距離はわずかしかない。
岡がせせら笑う。
「皆が見てるぞ。お前の淫乱お**こを。ぐちょぐちょに濡れて、男を欲しがってひくひく動いているお**こをな」
「あああああああ」
呆けたような表情の美枝子の口から、よだれがどろりと垂れた。
(見てる・・・・皆がわたしのアソコを見てる)
「さて、ここでもう一回、観客にイクところを見せてあげような~、美枝子」
言いながら、岡は美枝子の開いた陰部にずぶりと怒張を差し込んだ。
「ふあああ・・・・っ」
途端に訪れる快感に、美枝子はうつつないよがり声をあげる。そのドロドロに蕩けきった表情の物凄さに、見物人たちはいっそう興奮した。男たちは激しく勃起した股間を、耐え切れずに擦ったり、女に口で奉仕させたりし始めた。
(興奮してる・・・・わたしを見て興奮してる)
(わたしのイヤラシイ・・・淫らな身体を見て・・・)
(夫のものじゃないペニスを入れられて・・・感じてるアソコを見て・・・)
(興奮してる―――)
『あなた、口ではそんなこと言ってるけど、相当好きなほうでしょ』
『あなたの身体は淫乱の雰囲気があるわね』
先ほど女に言われた言葉が頭の中でぐるぐる回る。
(淫乱・・・そうよ・・・わたしは淫乱なの)
夫以外の男に抱かれ―――
そうして悶える肢体を他人に見られ―――
どうしようもないほど性感を昂ぶらせてしまう―――
淫乱女。
『体裁ばかり気にしてると、楽しさも半減しちゃうわよ。思い切って自分を解放してご覧なさいな。魂も吹き飛ぶほど気持ちよくなれるわよ』
解放―――

「あ、は・・・っ、あ」

「み・・・見て・・・・美枝子の淫乱な肢体を・・・っ」

「オチンチンを咥えて・・・感じてる・・・イヤラシイお**こを見て・・・。ああん、見てぇ・・・っ」

ガクガクと身体を揺すりたてながら、美枝子はいつしかそう叫んでいた。
口元からよだれすら垂らしながら、狂ったように「見てぇ・・・もっと見てぇ」と繰り返している美枝子を見ながら、岡は満足の笑みを洩らす。ついに美枝子を堕としてやった。目の前の快楽のことしか考えられない、淫らな牝犬に変えてやった。
「よぉし、それなら皆の前で思いっきりイクとこを見せようなぁ、美枝子」
「はあああああ、たまんなぁい・・っ、・・・み、見て・・・・美枝子の思いっきりイクとこ見てぇっ」
岡はそんな愛しい女の狂態に欲情をかきたてられ、、美枝子の膣内に押し込んだ怒張を目茶目茶に突き動かした。
「あはっ、はあああん、イクッ、美枝子イクぅ~!」
快楽に顔を歪ませ、瞳からは涙をぼろぼろと零しながら、美枝子はこれまでで最高のアクメに達した。
途端にがくっと力の抜けた美枝子の身体を、岡が抱え下ろす。美枝子はそのままふらふらと透明な壁に倒れ掛かった。
見物人の前に、白目を剥いて喜悦の表情を浮かべたまま失神している美枝子の顔と、透明な壁にぐにゃりと張り付いた大きな乳房が晒される。
たまらずに何人かの男が透明な壁に、美枝子のもたれかかるその方へ射精する様子を、岡は満足げな顔で見ていた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/08(火) 00:49:19|
  2. 黒の凱歌・TELL ME
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒の凱歌 第一部 最終回 | ホーム | 黒の凱歌 第一部 第16回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/1358-54a06f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR