FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

ビックバンバン 二章 浴室での陵辱 第4回

ごく普通の家庭で、父と共に健康で朗らかな生活を営んできた母にとって、突然の父の失墜による生活の激的変化、ましてや母は今、考える余裕すら与えらず、今日会ったばかりの男に浴槽で体を弄られ続けるという状況に陥っている。
普通の人妻ならとっくに逃げているはずだが、母の気丈な性格はどんな窮地に陥っても、我が身が耐えてすむならば、と考えてしまうようだ。
しかし、その性格を熊谷は見抜いていると同時に、実に巧みにギリギリのところまで母を追い詰めて楽しんでいるように見える。
「よしよし、奥さん可哀想なことをしたな、誰でも始めは泣いてしまうもんじゃ、奥さんはよう耐えた方じゃ、ようし泣かんでええ、どうれ今度は痛くないからの、ほら、縁に手をついて、ゆっくり尻を上げてごらん、尻のマッサージが疲れを一番取ってくれるんじゃ、恥ずかしいことはひとつもない、あくまでマッサージじゃ、ほれ、上げてごらん」  気丈で男勝りの母のプライドを強引にへし折り、一転、今度は童女をあやすように優しくしゃべりかける。
「ほれ、尻を出してごらん」
強烈な乳責めからようやく解放されたという安心感で、かえって普段の理性を失わせている母は、涙を溜めたキョトンとした目で心配そうな顔をしながらも熊谷に小さく「うん」とうなづき、手を浴槽の縁に掛けると、オズオズと尻をもたげ始めたのである。
 やがて湯の中から、薄紅色に綺麗に染まった見るからに重たげな、肉のパンパンに詰まった尻を熊谷の鼻先へ、ぷくぅぁと浮かべて見せた。
「おうおぅ、立派な尻をしおって」
母は振り向いて、はにかんだような、それでいて少しでもからかわれると今にも泣き出しそうな切ないほどの愛想笑いを熊谷に見せている。
母のこんな笑い方を見るのは初めてだった。
 あの気の強い母が熊谷の言うがままに。
「それそれ、もそっと上げてごらん、うんうん、そうじゃそうじや、力を抜いて尻をくつろげて、そうして尻肉が割れるほど自分で突き出してごらん」
母は心配げに首を捩り熊谷を窺おうとするものの、なんとか満足してもらおうと突きだしている自分のムッチリとした尻が邪魔で、熊谷の今にもよだれを垂らしそうな顔を見ることが出来ないようだ。
「ほらほら、もそっと突きだして、あと少しじゃ奥さん、尻の割れ目を盛り上げる位のつもりで突き出すんじゃ」
言われた通り、とうとう母はやっと顔が湯から出ているぐらいに上体を沈め、重量感のある尻を思い切りよくせり上げ、さらに尻肉を割るために足をじりじりと開いていった。
「おう出てきた出てきた、赤い可愛らしい蕾じゃのう、情の深そうな尻の造りじゃ、蕾の周りまで、いやいやもっと上の方までも柔毛を生やしおって、さすがに主婦の尻じゃ、商売女とは違う牝本来の野生の尻じゃ」
熊谷は、ようやく思い通りに擡げられた母の量感たっぷりの尻たぶを下からすくい上げるようにしながら、指に吸い付くような触感を楽しむ。
「なぁに、なんなの、熊谷さん珠恵のなにが見えるの、いゃぁん」
 言われるままに尻をせり上げ全身を薄桃色に染めて、特に突き上げられた尻は発情を誇示するかのように赤く上気し、湯気を立ち上らせている。
「いや奥さん、マッサージじゃ、心配せんでいい」
しかしどこを弄られるのか、「あっあっ、あぁん、あんあん」と時折、母は湯しぶきを上げながら熊谷の顔の間近で激しい尻振りを見せる。
しぶきを浴び顔を拭う熊谷が弄りの手を休めると、母は不安そうに熊谷を窺いながらも、またじんわりと腰の方から背筋を反らすように、柔らかい体を十分に使って、熊谷の顔の前に重たげな尻をせり上げ、合わせ目を剥き出すように踏ん張ってゆく。
もう母は完全に自分を失っている。いつもは冷たいほどの理知的な光をたたえている瞳が、今は涙を溜めて半熟卵のようにトロンとしており、半開きの口の端からは荒い吐息に合わせて水飴を思わせるトロリとした涎がのぞいている。
このままでは、これ以上なにをされるか分からない。なにをされても、もはや母には拒むだけの余力が残っているようには見えない。
成熟した男と女のせめぎ合いに、なんの用意もなく怒濤のごとく突入させられた只の一主婦でしかない母にとって、熊谷の強引で巧みなきつい責めは冷静に耐えきれるものではない。
逡巡しながらも堪え忍ぼうと決心をした人一倍気丈な母は、そんな気性を見事に見透かした熊谷に乗じられ、尻の割れ目を自ら剥き出して見せるほど感情をコントロールされている。
どうにかしないと、なんとかここから母を助け出してやりたい、そうしないと母は熊谷の奴隷にされてしまうのではないか、時折小さな泣き声を上げながら、熊谷に尻をしつこく弄られている母のあまりにもエロチックな姿も僕の心臓の動機を早めてくる。
なんとかしてやりたい、でもどうすれば、蛇に睨まれた蛙のように僕は躰全体がすくんでしまって息をするのさえ苦しい。
 そんな焦る様子を熊谷は感ずいたのか、母の尻から顔を起こして僕を正面から見据えると、鬼のような赤い顔をして「へへぇ」とだらしなく笑い、「そうじゃ、太郎君を忘れておったわい、どれ太郎君にも見せてやろう、おまえのママがどんなに可愛いか、女の尻の奥がどんなに可愛いものか、ひとつ勉強じゃ、ママの尻で勉強するのもわるくない。ほれ奥さん、今度は反対じゃ尻を太郎君に向けるんじゃ」
「えっ、やゃっ、なにをするの、えっ、いやいや」
 むずかるようにする母を下から支えると簡単に湯の中でくるりと回し、思わず沈めそうにする尻を左右からバシッと叩くように掴むと、グイィと脚をしっかりと立たたせて、「あひぃ」と怯えた母の声に間髪を入れず、ぴったりと閉じた肉厚の尻の割れ目に 両の親指をグッと突き入れる。そしてまるで裂けよとばかりに、むにいぃと尻たぶをこじ開けた。
「ひゃやあ、や、や、なになに、いゃぁん」
いやがる母は尻を振り立てて逃げようとするが、熊谷の太い指が埋まるほどガッチリと尻肉に食い込んで、母の尻を制している。
「太郎君、これが女の尻というやつじゃ、お前のママはこんな大きな尻をしおって、ほれ見てみろ、奥の造りのこのこじんまりした様子を」
熊谷がいかにも嬉しげに無造作に割り裂いた母の尻を見せられ、僕は気を飲まれた感じで母の淫靡な尻の造りに思わず見入ってしまった。
掻き広げられたたっぷりとした薄紅色に染め上げられたの尻肉の狭間に、鮮紅色の縦長の楕円形がヌラヌラと滑り光っている。
股間の下で尖ったようになっている陰毛からそのぬめりが幾筋か糸を引いている。尻でいやいやをする母の動きで、湯が時折そこを洗う。
「ほれ可愛いじゃろう」
 熊谷が親指でこじ開けているその間に、苦しげに引きつれている更に赤みの強い母の尻の穴があった。
「えっ、なぁに、どうなってるの、太郎ちゃん、太郎ちゃん見ちゃ駄目ぇ」
母が泣き叫ぶ。
 自分の尻の狭間が著しく潤みを増しているのを感じてはいるものの、尻肉をこじ開けられてそれを息子に見せつけている、そんな想像すらしたことのない姿を今熊谷という男に強いられながら、すでに前後不覚の状態に陥っている母は熊谷に弄られ、苛まれるのを気の強さをむしり取られた、ただただ雌の本能のみで対応している。
「よし、もっと面白いものをみせようかな、奥さん息んでごらん、そらそらいつもウンチをするときみたいに、息むんじゃよ奥さん」
熊谷の声が母の小刻みな荒い吐息を覆い包むように浴室に響く。
「これもリラックスのひとつのやり方でな、遠慮もなにもいらん、ウンとここを膨らましてごらん、おぅおぅそうじゃそうじゃ、可愛いぞ」。
言われるまま母は上半身を堅くさせて息をクッと詰めると、火照った頬を更に紅潮させ息む表情に入っている。
熊谷に露わにされている母の可憐な蕾が内側から盛り上がるように膨らみ、小さく口を開けてモムモムと赤ん坊の口のように動いている。
熊谷はその小さく開いた蕾に鼻を押し当てると、まるで深呼吸するように母の匂いを楽しみ味わう、状況を把握出来ないまま母は蕾を膨らませようと、更に息みを強める。
「どれ太郎君、今度はこうだ」
熊谷はいままで嗅いでいた鼻を上げ、それまで懸命に盛り上げていた母のフジツボのような蕾にまるで押し込むように両の親指を突き入れると、グニッとばかりに剥き上げた。
赤い蕾から薄桃色の肉が花開くように剥き出された。
「あっあっ、なんなのぅ、いゃぁん、太郎ちゃん母さんお尻が変よぅ、気持ちが悪いわぁ、あぁんなに、なにされてるのぉ」
取り乱す母、同時にいままで散々息まされ、挙げ句尻の穴を剥き出された反動か、プシュッと堰を切ったかと思うと、母は排尿が始まってしまった。
「あぁ」、たまらず尻を湯に沈めようとする母に、「馬鹿者、まだわからんか」、と熊谷は一喝、ぐっと尻を引き上げると、バシィッと平手で打ち据えた。
「ひゃぁん」、尻を窄め、引っ込めようとする母、「上げろ」、厳しい熊谷の声、「いゃぁんいゃぁん、許してぇ許してぇ」、泣きながらも必死でまた尻を上げる母、そこへまたバチィン、バチィンと両の尻たぶを容赦なく打ち据える熊谷、母は激しい打ち込みに重たげな尻を湯しぶきを上げて震わせながらも、熊谷の手形で張り染められていく尻を更に叩きやすくするかのように、止め切れない尿を滴らせながら歯を食いしばって持ち上げる。
鬼が笑っているような、そして酔いしれているような赤い顔をして、熊谷はもはや逃げる気力の失せた、それどころか打たれる度に持ち上がる従順な母の尻肉を心地良さげに飽くことなく打ち据える。
母は振り子のように打ち下ろされる腕を必死に目で追いかけながら、か細い泣き声を上げ、熊谷の憐憫の情を待つ以外に道をなくしていた。
あぶねえ、もうこりゃだめだ。
「かあさん、かあさん、しっかりするんだ」
僕は居ても立っても居られなくなり、おざなりに洗っていた体にシャボンを付けたまま浴槽に飛び込むと、母の肩を掴んで揺さぶった。
「あぁぁ、あぁん、助けて助けてぇ」
僕は思わず母の頬を打っていた。
「かあさん」
母の酔ったような目に一瞬光が戻った。
そして改めて見た、自分ののた打つ尻を今また打ち据えようと身構える熊谷の姿、わずかに正気の戻った母にいったいどう映ったのか。
「いや、いやああぁ」
母は激しい泣き声を残して浴槽から飛びだし、体も拭かず風呂場から逃げ二階へ駈け上った。
振り返ると、浴槽にあぐらをかいたままの熊谷の目が僕を捕らえた。
額から汗をダラダラと垂らしながら熊谷は、「小僧」と言ってニタリと笑った。
その夜、熊谷はどこかへ消えた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/07/06(日) 17:35:22|
  2. ビックバンバン・ざじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビックバンバン 三章 やくざのアジトでの陵辱 第1回 | ホーム | ビックバンバン 二章 浴室での陵辱 第3回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamibunko.blog.fc2.com/tb.php/1322-6acd86d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR