FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

二人の妻 第34回

「確かにこの携帯は、仕事の連絡にも使うことはあるが……しかし、もしそんなことをしたとしたら個人情報保護法違反だな」

苦笑した隆一を見て、江美子はほっと胸をなでおろす。

「江美子は昨夜、どこに泊まったんだ?」
「美弥子のマンションです」

江美子は思わず、学生時代からの友人の名を告げる。

ここで麻里の名を告げたほうがよかっただろうか、と江美子は一瞬後悔する。

(だけど、昨夜私は隆一さんに、友達のマンションに泊まると連絡をしている。隆一さんは、友達というのが麻里さんだとは思っていないだろう。ここで実は麻里さんのマンションに泊まったと告げれば、私は隆一さんに嘘をついたことになる)

ひとつ嘘をついたことが分かれば、孝之とのことも再び疑惑を招くかもしれない。

「そうか、それならアリバイがあるって言うことだな」

隆一は微笑する。

「疑って悪かった」
「信じてくれるのですか、隆一さん」
「当たり前だ。女房を信用しないでどうする。ちゃんと説明してくれたのだからな」
「ありがとうございます」

そう言いながら江美子はちくりと胸の痛みを感じる。

「しかし、その水上という男には一度釘を刺しておかないといけないな」
「それは、私がやります」
「こんな卑劣な手段を平気でとる男だ。何をするか分からないぞ」
「大丈夫です。それに、これは私と彼との問題ですから」
「そうか、江美子がそこまで言うなら……しかし、何か困ったことがあったらすぐに相談してくれ」

隆一の顔つきが穏やかになったので江美子は安堵する。

「よし、この話はこれで終わりにしよう。正直いって、この写真を見てから江美子が帰って来るまでは、嫉妬で頭が変になりそうだった」
「すみません」
「江美子のせいじゃないさ」

やはり隆一に自分の過去のことは言えない。それにしても水上はどういうつもりか。自分を甘く見ているのか。

(もう一度お灸を据えた方がいいかもしれない)

江美子は改めて水上に対する嫌悪感が込み上げて来るのを感じるのだ。


その夜、隆一は江美子の身体を求めた。江美子が髪を切ってから初めてのことである。

(前よりも激しいわ)

素っ裸で隆一に組み伏せられた江美子は、込み上げる快楽を懸命にコントロールしながらそんなことを考える。

「愛している、江美子」
「私もよ、隆一さん」
「気持ち良いか」
「……」
「気持ち良いと言ってくれ」

どうしてそんなことを確認したいのだろう、と江美子は考える。

そういえば孝之もそうだった。江美子にしきりに恥ずかしい言葉を言わせたがった。あの時は意地になって拒否していたが、そんなことで征服感が満たされるのなら付き合ってあげても良い。

(そう……隆一さんになら付き合ってあげても良い)

江美子は両腕を隆一の背中に回し、強く抱きしめながら「気持ち良い……」と小声で告げる。江美子の中に深々と突き立った隆一の肉塊がその大きさを増し、たちまち身体の奥から波のような快感がこみ上げてくる。江美子は声が漏れるのを恥らうように、その花びらのような唇を隆一に押し付けるのだった。
  1. 2014/09/29(月) 00:53:34|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第33回

「ちょっと話がある。寝室へ来てくれ」
「はい……」

江美子は胸騒ぎを覚えながら隆一についていく。扉を閉めた隆一は、ポケットから携帯電話を取り出す。

「この写真に心当たりはあるか?」

差し出された携帯の画面を見た江美子は、息が止まるほど驚く。そこには裸の女の下腹部が映されており、恥丘のあたりは精液とおぼしき白い液体によって汚されていた。メールには『今夜、奥様を美味しくいただきました。どうもご馳走様でした、水』と書かれている。

「どうだ、江美子」
「知りません……何かのいたずらでは……」
「それならこれはどうだ」

隆一はキーを操作し、次のメールを表示する。それにも写真が添付されており、目を閉じた江美子の顔のアップであり、口元にはやはり精液らしいものが垂れている。

『奥様はおしゃぶりのテクニックも抜群ですね、水』

メールのメッセージを読んだ江美子は、頭がカッと熱くなるのを感じる。

「これは江美子に間違いないな」
「……」
「どういうことなのか説明してくれ」
「それは……」

江美子の顔色は蒼白になり、言葉を失う。

「水」というのは水上孝之のことに違いない。しかしこんな写真は、江美子には撮られた覚えはない。孝之との情事の後、眠っている江美子に気づかれないように撮影したのだろうか。江美子は懸命に落ち着きを取り戻し、隆一に説明する。

「……この顔は、確かに私のものだと思います。でも、もう一枚の写真は……わかりません」
「すると昨夜、友達のマンションに泊まったというのは嘘か?」
「違います。これは昨夜のことではありません。写真をよく見てください」

江美子は携帯の画面を必死な思いで指さす。

「髪の色が栗色です。もし昨夜撮ったのなら、黒い髪をしているはずです」
「……」

隆一は改めて写真を見直す。

「……確かにそうだ」
「昔、私が知らない間に撮られたものだと思います」
「水というのは誰だ」
「それは……水上孝之という男性です」
「江美子の昔の恋人か?」

江美子はこくりと頷く。

「でも、彼との関係はもう五年も前に終わっています」
「……今頃になっていやがらせか」
「そうだと思います」
「しかしどうやってその水上という男が俺の携帯のアドレスを知ったんだ?」
「それは、私にも分かりません」

江美子はその時、最近水上にあったことを話すべきかどうか一瞬迷う。

(しかし、もし会ったことを話せば、どうして呼び出しに対して自分が応じたのかを隆一は疑問に思うに違いない。まだ男と切れていないか、それとも会わなければならない弱みがあったのかと隆一は考えるだろう)

(それに、孝之が隆一のアドレスを知った理由は私自身も分からないのだ。孝之と会った時、もちろん携帯電話は持っていた。私は携帯にはロックをかけていないから、メールの履歴やアドレス帳から、隆一のアドレスを知ることは可能である。しかし、私は携帯を手元から離さなかったはずだ)

「水上さんも私たちと同業ですから」
「銀行員か?」
「はい、ですから、首都銀行にも知り合いは多いはずです」
「その知り合いから、俺のアドレスを聞き出したというのか?」

隆一は首をかしげる。
  1. 2014/09/29(月) 00:51:30|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第32回

「すみません……麻里さんにすっかりお世話をかけてしまって」
「私の方こそごめんなさい。江美子さん、あまりお酒がお強くなかったのね。バーテンダーが随分恐縮していたわ。そうとは知らずに強いカクテルを勧めてしまったって」
「いえ、調子に乗って飲みすぎた私が悪いんです」
「とにかく、珈琲でもお飲みになったら?」
「有難うございます」

動揺していた江美子は熱い珈琲を飲んでようやく落ち着きを取り戻す。

「あの……麻里さん」
「何かしら」
「昨夜私、何を話していました?」
「何って……」

麻里は明らかに戸惑ったような表情をする。

「随分長く話したから、お互い色々なことを話したわ」
「色々なことって……」
「全然覚えていないの?」
「いえ、お手洗いに行ったあたりから……」
「そうなの」

口元に意味ありげな微笑を浮かべる麻里に、江美子は胸騒ぎめいたものを感じる。

「セックスのことよ。主に隆一さんとの」
「そんなことを話したんですか……」

麻里は依然として微妙な笑みを浮かべている。

「私はうれしかったわ。江美子さんが私に心を開いてくれたような気がして」
「具体的には……どんな……」
「本当に覚えていないの?」
「はい」
「困ったわね……」
「教えてくれませんか」
「ちょっと素面では言いにくいわ。また今度お話しましょう」

江美子は顔からさっと血の気が引くような感触を覚える。麻里は「主に隆一さんとの」と言った。と、いうことは隆一以外の男との経験についても話したのだろうか。

江美子は基本的には酒のせいで大きな失敗したことはないが、これまで多少飲み過ぎて饒舌になることはあった。麻里に対してそんな微妙な話までしたとしたら、この前のK温泉での出来事、孝之と望まない再会をさせられたこと、そして麻里そっくりの髪型のことなどで気持ちが不安定になっていたためだろうか。

(まさか、孝之と不倫の関係にあったことまでは話していないと思うけれど……)

自分がそこまで自制心を失うとは思えないが、麻里の謎めいた微笑を見ていると、ついそんな恐れを抱いてしまう。三十二歳で結婚した自分が、過去にまったく男性経験がなかったとは隆一も思っていないが、それが不倫だったとすれば話は別だ。

麻里に裏切られたことによる心の傷がいまだに癒されていない隆一が、江美子にも不倫の過去があったと知ったらどうなるだろう。孝之には「隆一は分かってくれる」と強がったが、正直言ってその自信はない。

まして、父親を裏切った母親に対して憎しみさえ抱いている理穂は、江美子が「同類の女」であることが分かったら、決して受け入れることはないだろう。自分と麻里が離婚したことによって娘を傷つけたことを悔やんでいる隆一は、理穂をとるか、江美子をとるかという選択を迫られたら躊躇なく理穂を選ぶだろう。

珈琲を飲み終えた江美子は、不安な気持ちを抱えながら帰宅する。江美子が横浜の自宅に着いたときはすでに土曜日の昼近くになっていた。

「遅かったな」
「申し訳ありません」

玄関で出迎える隆一に、江美子は頭を下げる。

「理穂ちゃんは?」
「学校だ。今日は部活動で遅くなるそうだ」
「そうですか」
「江美子」

そこで江美子は初めて、隆一の表情が妙に強張っていることに気づく。
  1. 2014/09/29(月) 00:49:57|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第31回

「すみません、少しお手洗いへ……」

椅子から立ち上がった江美子は急にふらつき、麻里に抱きとめられる。

「大丈夫、江美子さん」
「だ、大丈夫です」

手洗いに行った江美子は鏡の中の自分の姿を見つめながら考え込む。

(麻里さんの言うとおりなんだろうか……本当に隆一さんは私の中に麻里さんの面影を……)

鏡の中の自分の姿が、隆一に見せられたアルバムの中の麻里の顔と一瞬重なるような気がした江美子は、再び軽い眩暈を知覚する。

(いけない……落ち着くのよ、江美子)

江美子は必死で気持ちを落ち着けようとする。ふと腕時計を見た江美子は、すでに11時近くになっていることに気づき慌てる。

(隆一さんにメールを打たなくちゃ……)

江美子は携帯電話をカバンから取り出し、キーを打ち始める。その夜のその後の江美子の記憶はすっかり抜け落ちていた。


目を覚ましたとき江美子は自分が見慣れないベッドの上に仰向けに横たわっていることに気づく。下着姿の江美子は反射的にシーツを胸元まで引き上げる。

(しまった……)

ここはどこだろう。少なくとも自宅ではない。いったいゆうべ、あれから自分はどうしたのだろうか。

江美子が混乱していると、麻里が珈琲が入ったカップを持って入ってくる。

「あら、やっと起きたのね、江美子さん」
「ここは……」
「私のマンションよ」

麻里がにっこりと微笑む。

「江美子さん、昨夜すっかり酔ってしまって、とても一人では帰れそうになかったから、このまま泊まっていただいたの」
「えっ……」

麻里がカーテンを開ける。朝の光がさっと差し込み、江美子はまぶしさに目を細める。

「ごめんなさいね、私が調子に乗って泊まっていったら、なんて勧めたせい……」
「いけない、隆一さんが……」

江美子は自分が帰ってこないことに隆一が心配しているのではないかと、慌てて携帯電話を取り出し、送信メールの履歴をチェックする。

『隆一さん、ごめんなさい。つい友達と話し込んで遅くなってしまいました。今夜は彼女のマンションに泊めてもらいます。先に休んでいてください』

(これは……)

確か手洗いで携帯を取り出し、隆一にメールを打ち始めた記憶はある。しかし、こんな内容だっただろうか……。

(帰りが遅くなると打ったつもりだったんだけれど……)

次に受信メールを見る。江美子からのメールを受け取った隆一からの返事である。

『たまには女同士でゆっくり話をしてくるといい。友達にあまり迷惑をかけるなよ』

結果として隆一には心配をかけていないことがわかり、江美子はほっとする。一方で江美子は「友達」というのが実は麻里のことだということを隆一に告げていないことに罪悪感を覚える。

「大丈夫?」

麻里が江美子に声をかける。江美子はそこで改めて、昨夜麻里に対して醜態を見せたことによる恥ずかしさがこみ上げる。
  1. 2014/09/29(月) 00:48:54|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第30回

「それはどういう……」
「男の人は、女よりも過去を引きずるものよ」
「……」
「隆一さんが江美子さんと幸せになるためには、彼が私のことを吹っ切らないといけないわ」
「それと、私に麻里さんの髪型をさせたこととにどういう関係があるのですか?」
「わからないの? 隆一さんは無意識のうちに江美子さんに私の面影を求めているのよ」

麻里の言葉に江美子は衝撃を受ける。しかし、それは旅行中に麻里に会った江美子自身が感じたことである。

「こんなことを言うといかにも自意識過剰のように聞こえるのだけれど、本当にそう思うのだから仕方がないわ。それを隆一さんに一度はっきりと自覚させるために、こんな手段を使ったの」
「……」
「K温泉であなたと隆一さんを見たときから私にはわかっていたわ。私には妹はいないけれど、もしいたとしたらあなたのようだったと断言できるわ」
「そんな……」
「あなたも気づいているでしょう。有川さんもあなたを見た瞬間にわかったと言っていたわ。彼がK温泉で隆一さんに対してやや失礼な態度をとったのもそのせい──彼が私のことを吹っ切れていないことを気づかせたかったためなの」
「それで、麻里さんはそれについてどう思っているのですか?」
「本音を言うと少しだけ嬉しいところもあるけれど、やっぱり迷惑だわ」

そう言うと麻里はカクテルを少し口にする。

「私も隆一さんから離れて、新しい世界へ歩いていきたいの。けれど、隆一さんがいつまでも私を引きずって、理穂がそれを見て悩んでいるようでは心配だわ」
「理穂ちゃんが悩んでいると……」
「隆一さんが苦しんでいるのを見てあの子なりに悩んでいるのよ──そもそもの原因は私なのだけれど」

江美子にはそこまでは気づかなかった。理穂が江美子の新しい髪形を見た際に衝撃を受けた様子は、自分よりも父親の心の傷のことを慮ったせいだというのか。

「……どうしたらいいんでしょうか?」

江美子は麻里の方をまっすぐ見る。

「江美子さんは隆一さんを愛しているんでしょう?」
「もちろんです」
「彼から愛されているという実感はある?」
「それは……」

あると断言したかったが江美子は急に自信がなくなる。隆一が今も愛しているのは麻里ではないのか。自分を抱くことで、麻里を抱けない心の渇きを癒しているだけではないのか。

――麻里

隆一の苦しげな声が江美子の頭の中に浮かんでくる。

「……わからなくなって来ました」
「私の影がなくても江美子さんが隆一さんに愛されること、そのためには江美子さんが隆一さんのことをもっと知る必要があると思うわ」
「もっと知る……」

江美子は麻里の意図を図りかねる。

「私が隆一さんのことを理解していないとおっしゃるのですか」
「そうは言っていないわ」

麻里は首を振る。

「それでも、私は彼とは学生時代以来、離婚するまで15年以上の付き合いよ。その間には色々なことがあったけれど、今でも彼のことは一番わかっているつもりよ。江美子さん、あなたは隆一さんと会ってからどれくらいになるの?」
「……二年です」

江美子の答えを聞いた麻里は微笑む。それは余裕の笑みに思え、江美子は理由のつかない焦燥に駆られる。

「心配要らないわ。私が教えてあげる。隆一さんのことを全部」

麻里の目に、いつか夢の中で見た挑発的な色がふと浮かんだような気がして江美子ははっとする。
  1. 2014/09/29(月) 00:47:34|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第29回

「かしこまりました」

バーテンダーはカウンターに置かれたラム酒を取り上げ、ライムジュースと混ぜ合わせ始める。バーテンダーの巧みな手つきをぼんやりと見ている江美子に麻里が声をかける。

「江美子さんがお話したいことって何かしら」
「え、ええ……それは……」

江美子は一瞬口ごもるが、やがて意を決して話し出す。

「この髪型は麻里さんが昔されていたものと同じですよね」
「そうよ」

麻里が悪びれずに答えたので、江美子は驚く。

「どうしてそんなことを……」
「江美子さんに似合うと思ったから、次に隆一さんが気に入っていたから、その二つが理由よ」
「理穂ちゃんは麻里さんのことを思い出してしまったようでした」
「あら、そうなの?」

麻里は首をかしげる。それのどこがいけないのか理解できない、といった表情である。

「理穂ちゃんの心を乱してしまったようなのです」
「理穂はそんなことで気持ちが乱されるような子じゃないと思うけれど」

アルコールが入っているせいか、麻里の話し方は以前よりもかなりくだけた感じになっている。江美子の前にバーテンダーが出来上がったカクテルを置く。

「ペパーミントのモヒートです。ペパーミントにはリフレッシュ効果や、リラックス効果があるんです」
「あら、美味しそうね」

麻里は「私にも同じものを」と注文する。まもなく麻里の前にも江美子と同じカクテルが置かれる。

「それじゃあ、乾杯しましょう」

麻里はグラスを持ち上げる。

「何の乾杯ですか」
「あなたと隆一さんの結婚一周年のお祝いよ」
「記念日は来月です」
「知っているわ。そのときはもう一度お祝いしましょう」

(隆一さんと同じことを言っているわ)

江美子はそんなことを考えながら、仕方なく麻里と合わせてグラスを持ち上げる。「乾杯」と麻里が言いながらグラスに口をつけると、江美子も釣られてカクテルを口にするが、ペパーミントの甘さと清涼感が心地よく、一気に半分ほど飲んでしまう。

「どう?」
「……美味しいです」
「そう、よかったわ」

2人がカクテルを口にするのを確認したように、バーテンダーがカウンターに料理を出していく。フルーツトマトのサラダ、鴨のたたき、オリジナルのピザなどが並べられる。

「ここは料理も美味しいのよ。江美子さん、仕事が忙しくて夕食がまだなんじゃない?」
「はい」

そのとおりなので江美子は頷く。カクテルは飲みやすいが意外に強い。それほど酒に強くない自分が空腹時にあまり飲むと酔ってしまう。江美子は遠慮なく料理を口にする。

「美味しいです」
「そうでしょう」

確かに麻里が言うとおり、バーのつまみとは思えないほどの味である。バーテンダーが料理に合ったカクテルを作り、知らず知らずのうちにアルコールの量が上がっていく。そんな江美子の様子を麻里は楽しげに見つめていたが、やがて口を開く。

「心を乱されたのは理穂じゃなくて、隆一さんじゃない?」
「え?」

突然の麻里の言葉に江美子はたじろぐ。
  1. 2014/09/29(月) 00:46:22|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第28回

(最悪の週末だったわ……)

得意先周りを終えた江美子はオフィスに戻る電車の中で、週末の出来事を思い出している。

しばらくして落ち着いたのか、理穂が部屋を出てくると江美子が買ってきたケーキを3人で食べた。しかし、理穂は明らかに江美子を見ないようにしており、その態度は日曜になっても変わらなかった。気を使って話しかける江美子に笑って答えるのだが、目はこちらを見ていないのだ。

めったにしないことだが、土曜の夜は江美子から隆一をベッドに誘ってみた。しかし、隆一は「今夜はその気になれない」と首を振るだけのだった。はっきりと口には出さないが、江美子の姿が麻里を思い出させるために違いない。

(いちいちショックを受けていてはやっていけないと言っていたけれど、一番ショックを受けていたのは隆一さんではないのか──)

江美子は憂鬱な気持ちでそんなことを考える。

隆一から止められているので、髪形についてもすぐに直すわけには行かない。それに、これだけ短くしてしまったらバリエーションにも限界があった。

皮肉なことに江美子の新しい髪形は、同僚や上司、そして取引先には好評だった。何人かは褒め言葉のつもりか「オードリーヘプバーンに似ているね」と笑い、それがさらに江美子を憂鬱にさせる。

(ある程度長くなるのを待つしかないわ)

そう考えた江美子が思わずため息をついた時、携帯にメールの着信音がする。送信先には「中城麻里」と表示されている。

(麻里さん……)

ざわついた気持ちを抑えながら江美子はメールを読む。

『ご紹介した美容院はいかがでした? きっと気に入っていただけたことと思います。早速ですが、理穂のことでご相談したいことがあるのでお時間をいただけますでしょうか。麻里』

(白々しい……どういうつもりなの)

江美子はカッと頭が熱くなるのを感じる。麻里は江美子と隆一、そして理穂の間に波風が立つことを楽しんでいるのか。それとも、よほどの天然なのか。

江美子は承諾のメールを打つ。まもなく麻里から、金曜の夜9時に渋谷駅近くのカウンターバーでどうかと返事がある。

(どういうつもりなのか、確かめてやるわ……)

江美子はそう思い定めると、再び麻里に了解のメールを返す。


麻里の指定したバーは、六本木通りと青山通りが交差したあたりのビルの地下1階にある。清潔感のある落ち着いた雰囲気は、女性が一人で入るのに抵抗がない。麻里はすでに到着しており、カウンターの端でカクテルを飲んでいる。江美子の姿を認めると、麻里は立ち上がって会釈をする。

「お忙しいところを急にお呼びだてしてごめんなさい」
「いえ、私のほうでもお話したいことがありましたから」

江美子は会釈を返して席に着く。

「思ったとおりだわ」

麻里は微笑みながら江美子をしげしげと眺める。

「え?」
「その髪型、江美子さんにぴったりだわ。よく似合うわよ」
「……」

邪気のない麻里の表情に言葉を失っている江美子に、バーテンダーが声をかける。

「何かおつくりしますか?」
「え、ええ……」
「ここのバーは、ハーブ入りカクテルが有名なのよ」

麻里の勧めに江美子は思わず「それじゃあ、それをお願いします」と頷く。
  1. 2014/09/29(月) 00:45:08|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第27回

「髪がどうしたの? 美容院に行ったのよ。前から黒くしなければいけないと思っていたから」
「こっちへ来い」

隆一に促されて江美子は寝室に入る。隆一が棚の奥からアルバムを取り出す。

「麻里の写真はほとんど処分したんだが、理穂と一緒に写っているものは残している。今はまだ憎んでいるかもしれないが、あいつにとって母親であることは変えられないのだから」

隆一はそういいながらアルバムを開く。そこには満開の桜の木の下で並んで立っている麻里と理穂の姿があった。その写真を見た江美子は驚きに息を呑む。

理穂の小学校の入学式の際に撮ったものだろう。満面の笑みを湛えた理穂の隣でスーツ姿の麻里が微笑んでいる。麻里の髪型は今のものとは違う──江美子が今日美容院でセットされたのとほとんど同じスタイルの、黒髪のショートだった。

6年半前に撮られたその写真の麻里は現在の江美子とほぼ同年齢。顔立ちが似ていることもあって、同じ髪型の麻里は江美子にとって、まるで自分自身の写真を見ているようだ。

「これは……」

唖然とした表情で江美子はその写真を見つめている。

「理穂が生まれてからの麻里は、短いほうが手入れがしやすいからといってずっとこの髪型だった。そしてこの姿で有川と関係し、俺と理穂の元を去った」
「そんな……」
「江美子はどうして髪を切った? どうして麻里とそっくりなんだ?」
「それは……」

江美子は一瞬、麻里から紹介された美容院に行ったことを話そうかと思うが、すぐに思いとどまる。

そうすると隆一はどうして江美子があの旅行の後、麻里と接触を持っているのかについて不審に思うだろう。言い訳が出来ないことではなかったが、江美子は自分の本心、つまり麻里と自分が接触することによって彼女を隆一から遠ざけようとする意図が、隆一に悟られることを恐れた。

「……ただの偶然です」
「偶然? そんな偶然があるのか」
「私、美容師さんに『麗しのサブリナ』のオードリー・ヘプバーンのような髪型にして欲しいと頼んだんです」
「『麗しのサブリナ』……」
「すみません、子供っぽくて」
「江美子はその映画を観たことがあるのか」
「えっ、ええ……昔テレビで……」
「どんなストーリーだったか覚えているか?」
「いえ」

江美子は首を振る。

「子供の頃だったので、よく覚えていません」
「ヘプバーンが演じるサブリナというヒロインが、二人の男の間で揺れ動く話だ。そのうち一人はプレイボーイで婚約者もいる」

隆一の言葉に江美子は愕然とした表情になる。

「そんな……」
「理穂は母親のことを『ヘプバーンのようだ』と自慢していたし、小学生の頃に彼女の主演した古い映画をレンタルで借りるようねだった。しかし、麻里がこの家を出て行ってからは見向きもしない」
「私、知りませんでした」
「知らないのは当たり前だ。江美子には話したこともないし、麻里の昔の写真を見せたこともないのだから」
「私、すぐにこれからもう一度美容院に行って、髪形を変えてきます」
「その必要はない」

隆一が玄関を出ようとする江美子を止める。

「理穂は少し驚いただけだ。大丈夫だ」
「でも……」
「お互いに意識しなくても、江美子と暮らしていくうちに母親のことを思い出すことはあるだろう。そのたびにいちいちショックを受けていたらこれからやっていけない」
「……ごめんなさい」
「謝る必要はない。偶然なんだろう? 江美子に責任はないよ」

隆一は気持ちが落ち着いたのか、江美子に優しく声をかける。それがかえって江美子は罪悪感に胸がえぐられるような思いがするのだった。
  1. 2014/09/29(月) 00:43:51|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第26回

「平和な結婚生活を送るためだ。俺と月に一、二度付き合うくらいかまわないだろう。かえって刺激になって夫婦生活もうまく行くかもしれないぞ」
「お断りよ。それにどうして水上さんと付き合うことが平和な結婚生活を送れることになるの?」
「旦那が江美子の過去を知っても良いのか」
「誰も知らせないわよ。私とあなたのことを知っているのは、私の方ではごく親しい友人が2人ほどいるだけ。彼女たちは口が堅いから話さないわ。あなたの方はそもそも始めから不倫だったから、誰にも話していない」
「大事な人間を忘れていないか」
「あなた自身が話すというの? そこまで馬鹿だとは思っていなかったけれど」
「恋は盲目っていうじゃないか」
「話すのなら話しなさい。彼は分かってくれるわ」
「旦那の娘も分かってくれるかな?」
「……」

孝之の言葉に江美子の頬が引きつる。

「娘は父親が引き取ったんだろう。不倫を犯した母親を憎んでいるんじゃないのか? 同じ不倫女を新しい母親として受け入れるかな」
「……脅迫するつもり?」
「俺も昔の恋人にこんなことは言いたくない。俺が以前二人の妻をもっていたように、江美子も旦那が二人いるんだと割り切れば良いんだ」
「なんてことを……」
「俺に会うためにわざわざ美容院にまで行って、江美子もその気があるんだろう。早速旧交を温め合おうじゃないか」

江美子は孝之をじっとにらみつけていたが、やがて静かに笑うとジャケットの内ポケットから太いペンのようなものを取り出す。

「何だ、それは……」

孝之の顔が一気にこわばる。

「ボイスレコーダーよ」
「……」
「あなたの言ったことが脅迫にあたるかどうかは分からない。でも、これ以上私にまとわりつくようなら、これをもってあなたの職場に掛け合いに行くわ」
「そんなことは……」
「何でもないというの? あなたが以前のような花形ディーラーならそうかも知れないわね」

江美子は孝之の目をじっと見る。

「あなたは三年前に大きな損を出してディーラーの仕事からは外され、今はバックオフィス勤務らしいわね。潰しのきかない元為替ディーラーが四十近くになって次の職が見つかるかしら」
「……」
「馬鹿なことは考えないで、今度こそ家庭を大事にすることね」
「江美子……」
「さよなら、もう二度と会わないわ」

江美子は伝票を手にすると立ち上がる。孝之の目が一瞬憤怒に燃えたが、江美子の視線を受けて気弱に伏せられる。江美子はつかつかと喫茶室の出口へと歩きだした。


江美子が家に帰り着いたのは三時近くになっていた。横浜で買ったケーキが三つ入った白い箱を手に提げた江美子は「ただいま」と言いながら玄関に入る。

「お帰りなさい」

居間から出てきて理穂は、江美子の姿を目にした途端、さっと顔色を変えて立ち竦む。

「どうしたの? 理穂ちゃん」

江美子は理穂の不審な様子を訝しむ。理穂はしばらく江美子の顔を呆然と見つめていたが、やがてさっと背を向けて自分の部屋に駆け込む。

「理穂ちゃん!」

江美子の声を聞いた隆一が玄関に現れる。隆一の表情が急にこわばったのを見た江美子は、不安に襲われる。

「隆一さん、理穂ちゃんが……」
「江美子……」
「えっ?」
「その髪は……どうして?」
  1. 2014/09/29(月) 00:42:06|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第25回

「それにしても江美子が結婚していたとは最近まで知らなかったよ。水臭い奴だ。披露宴に呼んでくれれば祝いに行ってやったのに」
「何を馬鹿なことを言っているの」
「恋人同士だったじゃないか」
「そんな関係じゃないわ」
「それなら何だ。不倫相手ということか」

江美子はかっと頭が熱くなるのを必死で抑える。

「私はあなたに奥様がいるとは知らなかった」
「それは途中までだろう。知ってからも俺と付き合い続けていたはずだ」
「みんな終わったことよ」
「本当にそうかな」

孝之は静かに笑うと煙草を咥え、火を点ける。

「江美子は吸わないのか」
「二年前にきっぱりやめたわ。水上さんも少しは健康を気にしたら? かわいいお子さんが二人もいるのでしょう」

孝之は一瞬いやな顔をするが、すぐに平静に戻る。

「子供か――二人共ちっとも俺になつかない。家にいると女三人に男一人だ。完全に疎外されているか、せいぜい都合の良い運転手扱いだ」
「水上さんがそんな愚痴を言うなんて全然似合わないわ」
「江美子、また俺と付き合わないか」

孝之はじろりと江美子を見る。

「……何を馬鹿なことを。そんなことが出来る訳がないじゃない」
「あれから俺は思い知った。俺には江美子が必要だったということを」
「都合の良い女だからでしょう」
「月に一、二度会ってくれるだけで良いんだ」
「そんなことを本気で言っているの? 私には夫がいるのよ。水上さんにも家庭があるでしょう」
「俺を愛していると何度も言ってくれただろう」
「それはあなたが結婚しているということを知らなかったからよ」
「嘘をつくな。知ってからも言っていたぞ」
「……」

江美子は一瞬黙り込む。確かにかつて一度は愛した男だ。卑劣な手段を取るとは考えたくなかったが、どうも江美子の最悪の予想が当たりそうである。

「私が愛しているのは夫だけよ」
「北山隆一という男か?」
「よく調べたわね」
「俺が顔が広いことは江美子も知っているだろう。首都銀には何人も知り合いがいる」
「……」
「その夫も江美子を愛してくれているのか?」
「そうよ」
「江美子が昔、不倫をしていた女だと知ったうえでか」
「……」

江美子は険しい目で孝之をにらむ。

「私が32、彼が38で結婚したのよ。それぞれなんらかの過去があることは了解しているわ。でも、そんなことはお互い詮索しないのよ」
「江美子の夫は前の奥さんに不倫されたそうじゃないか」

孝之はひるむ様子もなく江美子の目を見返す。

「……そんなことまで調べたの」
「それが離婚の原因だったとしたら、相当その男は傷ついたはずだ。男にとって女房に浮気されるほど屈辱的なことはないからな。女性不信になってしまってなかなか再婚しようという気にもならない。また、仮に次に再婚する時は、今度こそ失敗しないでおこうと考えるはずだ。要するに絶対に不倫などしない女と結婚しようとな」
「いったい何が言いたいの」
「ある程度過去があることは了解しているとは言ったが、江美子が不倫の経験があることまでは了解しているかな?」
「さっきもいったでしょう。私は不倫をしようと思ってした訳じゃない」
「江美子の旦那がそう取るかどうかが問題だろう」
「彼はそんなことは知らないし、そんなことをわざわざ知らせる必要もないわ」
「どうしてそんなことが言える」
「私は彼を絶対に裏切らないからよ」
「さあ、どうかな」

孝之は短くなった煙草を消すと、新しいものを取り出して咥える。
  1. 2014/09/29(月) 00:37:18|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第24回

「俺と別れるつもりか」
「当たり前でしょう。知らなかったとはいえ、私、不倫の罪を犯したのよ」

そう口にしてから、江美子は改めて自分の犯した罪の恐ろしさに、裸身をブルッと震わせる。

「不倫なんて大げさことを言うな」
「だって、誰が見たってそうでしょう」
「江美子は俺が結婚していることを知らなかったわけだから、不倫にはならない」
「今は知っているわ」
「妻との関係はもうほとんど破綻しているんだ。家に帰っていないのは仕事が忙しいだけじゃない」

孝之はそう言うと、江美子の肩を後ろから抱きしめる。

「嘘よ」
「本当だ。娘が出来てからというもの、妻は俺に対する関心が全くといっていいほどなくなった。俺が家に帰っても居場所がないんだ」
「それは孝之さんと奥様で解決すべき問題よ」
「何度も話したが、まったく聞く耳を持たない。俺には江美子が必要だ。江美子がいないと生きていく甲斐がない」
「駄目よ。不倫なんて、絶対に出来ないわ」
「不倫にならないようにする。妻とは別れる。きちんと慰謝料も養育費も払って綺麗に別れるから、俺から去らないでくれ」
「ああ……」

江美子は孝之を振り払って部屋から出ようとしたが、孝之の腕にしっかりと抱きすくめられるとなぜか力が入らない。

「愛している……江美子……本当だ……俺が愛しているのは江美子だけだ」
「……」
「妻との結婚は間違いだった。俺に人生をやり直させてくれ」

孝之にうなじに接吻を注ぎ込まれると、たちまちそこから力が抜け、江美子は再びベッドの上に倒れこんでしまう。

「どうしても別れるというのなら最後にもう一度だけ、江美子を愛させてくれ」

孝之はそう囁くと、江美子を抱きしめるのだった。

なぜ自分はあんなに愚かだったのか。そこにあったのは未練か、愛情か。結局その時、江美子は孝之と別れることが出来なかったのである。

孝之との関係はその後1年にわたってずるずると続いた。その間何度も江美子から別れ話を持ち出してはその度に孝之は、泣き落としを交えた巧みな口説きで江美子を繋ぎとめた。

しかしそんな江美子もついに孝之に対して引導を渡すときが来た。ある日、江美子は内緒で孝之の自宅へ出向いた。孝之の妻や娘に対する罪悪感に耐えられなくなり、せめて彼女たちが平穏な暮らしをしているかどうを確かめたかったのである。

そこには江美子にとって驚くべき光景があった。自宅の玄関から現れた孝之の妻は明らかに懐妊していたのである。マタニティウェアの下に膨らんだ腹を隠し、3歳になったばかりの可愛い娘の手を引きながら買い物に向かう幸せそうな孝之の妻を見た江美子の心の中で、何かがガラガラと音を立てて崩れ落ちていった。江美子はその日の夜、孝之に対して別れのメールを送ると、その後いっさいの連絡を絶った。

こんな不誠実な男のために26歳から28歳までの、女にとって大事な2年間を無為に過ごしてしまったのか──。

江美子は恨めしげな視線を孝之に向ける。自分も愚かで誤った行動を取ったとはいえ、孝之に対する恨みはいまだに消しがたい。

そしていったいどうやって住所を調べたのか。孝之はいきなり江美子に対して手紙を送ってきたのである。ぜひ一度会いたい。会ってくれなければ旦那さんに直接頼みに行く──そんな脅迫まがいの文面は江美子をひどく憤らせた。

(これも私が犯した過去の過ちの報い。隆一さんには知らせず自分だけで解決しなければ)

江美子はそう思いさだめると、孝之の顔をきっと睨みつける。

「いったいどういうつもりなの」
「どういうつもりとは?」
「とぼけないで。あの手紙よ」
「ああ……」

孝之は薄笑いを浮かべる。
  1. 2014/09/28(日) 12:50:05|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第23回

「久しぶりだな、江美子。もう5年になるかな」

その男──水上孝之は立ち上がった江美子に手を差し出す。江美子が握手に応じないのを見て苦笑しながら向かい側の椅子に腰をおろす。

「髪形を変えたのか?」

ウェイトレスにコーヒーを注文した孝之は笑みを顔にはりつけながら尋ねる。

「そりゃあ5年もたてば、髪形だって変わります」
「いや、違うな。それは美容院に行ったばかりの髪だ。俺のためにお洒落をしてくれたのか」
「……」
「俺はそういったことには敏感なんだ。特に江美子のことについてはな」
「関係ないわ、それに私を呼び捨てにするのはやめて」

江美子は低い声で孝之に告げる。

「水臭いことを言うな。新しい髪を亭主の前に、俺に見せてくれるくらいだ。まだ俺たちは気持ちの上では繋がっているんじゃないか」
「馬鹿なことを言わないで」

今年で38歳になるはずの孝之だが、少し頬の辺りにたるみは見えるが、まあ端正といって良い顔である。江美子もその孝之が誰よりも素敵だと感じたこともあった。そう、今から7年程前までは──。

江美子が孝之と出会ったのは今から7年前。まだ江美子が26歳の頃である。当時31歳だった孝之と江美子は、各銀行の為替ディーラーが集うセミナー懇親会で出会った。

当時、ある外銀の花形ディーラーであり、セミナーの講師まで勤めた孝之にその後の懇親会で声をかけられ、江美子の気持ちは高揚した。為替取引の第一線で活躍する孝之の話は刺激的であり、会話を交わしていると江美子は自分が高められるような気がするのだった。積極的にアプローチしてくる孝之と江美子が付き合い始めるまで、それほど時間はかからなかった。

江美子が孝之との結婚を意識し始めたのはそれから1年ほど後である。なかなかプロポーズをしない孝之に、ある日ベッドの中で江美子がそれとなく結婚のことをほのめかしたとき、江美子は驚くべき事実を孝之から聞かされた。

孝之には結婚して4年になる妻と、もうすぐ2歳になる娘がいるということである。

迂闊にも江美子は、それまで孝之が結婚しているということにまったく気がつかなかった。孝之自身もはっきりとは言わなかったが、一人身だということをそれとなくほのめかしていたからすっかり安心していたのである。

「俺は一人暮らしをしているとは言ったが、結婚していないとはひとことも言っていないよ」
「そんな……」

事実を知って呆然としている江美子に対して、孝之は平然と言ってのけた。24時間体制で仕事をしなければならない為替ディーラーという職業上、孝之は郊外にある自宅以外に都心にワンルームのマンションを借りていたというのである。

「だって孝之は、自分には家族はいないって……」
「それは比喩的な表現だ。家族はいないようなもんだ、という意味だ」

孝之はそう言うとにやりと笑った。

「まあ、江美子はそんなことは気にすることはない。今までどおりの関係を続ければ良いんだ」
「今までどおりって……」
「いわば江美子は月曜から金曜までの俺の妻、いや、自宅に帰るのはせいぜい月に一、ニ度がいいところだから、ほとんど俺の妻同然といってもいい。たまに自宅に帰るときには、俺の戸籍上の妻が現実にも妻になるというわけだ。つまり俺には妻が二人いる、っていうことになるか」
「馬鹿にしないで」

憤然としてベッドから出ようとする江美子の肩を孝之が押さえつける。

「やめて」
「江美子が制度上の結婚にそんなにこだわっているとは思っていなかった。もっと進んだ女だと思っていたがな」
「騙したことが問題なのよ」
「さっきも言ったが、騙したつもりはない。江美子が勝手に思い込んだだけだ」
「詭弁はやめて」
  1. 2014/09/28(日) 12:49:01|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第22回

旅行から帰った江美子がやや重い気持ちで麻里に短いメールを打つと、麻里からはすぐに返事が来た。例の美容室に既に話をしておいたというものであり、担当の美容師の名前まで記されていた。

(やはり、少し面倒な約束をしてしまったかしら)

江美子は妙に手回しのよい麻里のメールに微かな煩わしさを感じるが、すぐに思い直す。自分が間に入ることによって麻里を隆一に近づけない意図もあったが、江美子の本来の目的は隆一と麻里の別れの真相を知ることにあった。

麻里が言う通り非は全面的に麻里にあるのか、それとも隆一が言うように隆一にも責任があるのか、これから江美子が隆一と結婚生活をおくっていく限り、それは是非知っておきたいことだった。

もちろん以前はさほど気にならなかったことである。しかしその時点では江美子はぼんやりと先妻の麻里のことを、娘の理穂からも見放された典型的な悪妻というイメージを抱いていたのだ。

しかし今回の旅行で会った麻里の印象は決してそうではなかった。女の江美子から見ても麻里は魅力的な女性である。その麻里がどうして隆一から去り、有川のもとへ走ったのか。それは江美子にとっても気になることであった。

(どうせならさっさとすませてしまおう)

美容院にはいずれ行かなくてはならないし、麻里の言う通り腕が良いというならそれに越したことはない。麻里は美容院に電話を入れると、土曜の午前中に予約を入れた。当日の朝、隆一と理穂に「美容院に行った後、友人とお茶を飲んでくる」と言い残し、家を出た。

美容院は横浜駅の近くにあった。名前を告げると四十歳くらいの女性の美容師が歩み寄り「いらっしゃいませ、中条様より伺っております」と頭を下げる。

「どのようにいたしましょうか」
「えーと……」

江美子は言葉に詰まる。江美子はお洒落をしたいという気持ちはあるのだが、どうやったら良いのかが今一つ分からない。現在のヘアスタイルもカラーに合わせて以前の美容師から勧められたものである。

髪を黒っぽくしなければならないということだけを告げて、江美子は美容師の提案に任せることにする。美容師は「かしこまりました」と頷き、作業にかかる。

カラーも含めてなのでかなりの時間がかかる。持参した文庫本を読んで時間をつぶしていた江美子だったが、つい日頃の疲れからかうとうとする。はっと目覚めた時には江美子の髪は仕上げの工程にかかっていた。

「いかがでしょうか」

鏡に映った自分の姿に江美子は少し驚く。前髪にボリュームをつけた黒いショートヘアは少しクラシックな印象があるが、それが江美子のはっきりした顔立ちによく似合っていた。

「『麗しのサブリナ』みたいでしょう」

美容師が微笑みながら江美子に話しかける。

確かに、昔テレビで見た映画でオードリー・ヘプバーンが演じていたヒロインに似ている。ヘプバーンと自分を比べるのはまったくおこがましいが、はっきりした顔立ちの自分には確かに似合うかもしれない。

江美子が危惧していたのは、麻里と同じヘアスタイルにされるのではないかということだった。しかし黒のショートということでは麻里と共通点があるが、全体のイメージは随分違っていたため、江美子はほっと安心する。

「いいですわ、気に入りました」

江美子がそう言うと、美容師は「よくお似合いですよ」と微笑しながら頷く。

新しい髪形に満足した江美子は一時的に気分が高揚したが、美容院を出て、これから会わなければならない相手のことを考えるとたちまち重苦しい気持ちになる。東横線で渋谷に出た江美子は駅から歩いて5分ほどの場所にあるホテルの喫茶室で相手を待つ。

待ち人は約束の時間から10分ほど遅れてやってきた。昔から一度として時間を守ったことがない。始めのうちは江美子も随分苛立たせられたものだが、やがて慣れっこになった。

男はしばらく江美子に気がつかない様子で、きょろきょろと辺りを見回している。やがて江美子を認めた男は少し驚いたような顔をするとすぐにニヤリと口元に笑みを浮かべ、大股で近づいてくる。
  1. 2014/09/28(日) 12:48:10|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第21回

「私は有川さんとのことでそれまでの人間関係のほとんどを失ってしまったの。今付き合いがあるのが、仕事関係と、学生時代からの友達のうちほんの少数。これはもちろん自業自得なんだけれど」
「私はやはり理穂のことが心配なの。理穂が私と暮らすのを拒んだのは、私を失う隆一さんに、自分だけでもついていてあげようと思っていたから」
「理穂ちゃんは、自分を実質的に育ててくれたお祖母様を考えていたのでは――」
「あの子が一番考えているのは父親のことよ。小さいころから将来の夢はパパのお嫁さんだって、今でも本気でそう思っているんじゃないかしら」
「そうなんですか」

中学二年という年頃によくあることだと思うのだが、理穂も隆一とはふだんあまり会話はない。むしろ女同士ということで江美子とより話すくらいである。そんなことを告げると麻里は大きく頷く。

「理穂のためにも江美子さんとお友達になりたいの。これから理穂もだんだん難しい年頃になっていく。だけど私の立場では理穂のそばについていて上げることは出来ない。ふだんのことは江美子さんにお任せせざるを得ないわ。また、その方がうまくいくと思う」
「それでも、私は九歳の時まで理穂を育てた母親ではあるのよ。江美子さんが理穂のことで悩んだ時に力になってあげられると思う。いえ、本音を言うと理穂とほんの少しでもつながっていたいのよ。こんなことを江美子さんにお願い出来る筋合いのことではないのだけれど」
「麻里さんの気持ちはよく分かります」

江美子は頷く。理穂は隆一の気持ちを思いやって両親の離婚以来麻里との面会を拒んでいるが、本音では母親を慕う気持ちもあるのだろう。自分が理穂と麻里の橋渡しをすることで、理穂の気持ちが癒されるのなら
いいことではないか。

いや、江美子が麻里の願いを受け入れようと思ったのはそれだけではなかった。これによって江美子は、自分の目の届かないところで理穂が麻里と連絡をとることを阻むことが出来る。麻里が理穂を通じて隆一に再び近寄るのをブロックすることが出来るのだ。

――麻里

先ほど隆一が発した苦しげなうめき声が再び蘇る。

「わかりました、私の方こそお願いします」

江美子は麻里の申し出を思わず受け入れていた。

「そう、嬉しいわ」

麻里は柔和な微笑みを江美子に向ける。

(悪い人じゃないんだ。それはそうだろう、隆一さんが一度は選んだ女性で、理穂ちゃんのお母さんなんだもの)

風呂から上がり、脱衣所の化粧台に座っている江美子は、改めて隣の麻里を見る。鏡に映っている木目の細かい白い肌も羨ましいほどだが、艶やかな黒髪が江美子の目を奪う。

「どうしたの、江美子さん」
「いえ……」

江美子は麻里の潤んだような目で見つめられ、一瞬どぎまぎする。

「麻里さんの髪、素敵ですね」
「あら、どうもありがとう」

麻里が小さく笑う。

「でも、江美子さんも素敵よ。よく似合っているわ」
「私は肌が黒いから、黒髪が似合わないんです」

江美子の髪は明るい栗色である。

「そんなことないわよ。黒くしても素敵だと思うわ」
「そうですか……本当は今は営業店勤務なので、もっと髪を黒くしろと言われているんですが」
「江美子さんは隆一さんと同じ銀行だったわね。あそこはそういったことはわりと自由だったんじゃなかったかしら」
「合併してからはそうでもないんです。それでも、本部にいる時はうるさく言われなかったんですけど」

江美子はそう言うと苦笑する。

「そうなの……」

麻里は軽く首をかしげる。

「今度、私が知っている美容院を紹介するわ。とても腕が良いのよ。値段もそれほど高くはないわ」
「でも……」
「大丈夫、ただの友達としか言わないから。好奇心の籠った目で見られることはないわ。きっと江美子さんにぴったりのものを提案してくれると思うわ」
「そうですか、ありがとうございます」
「そうだ、江美子さん。お友達になったのだから、メールアドレスを交換しなくちゃ」

麻里はそう言うと、化粧台におかれたホテルのサービスに関するアンケートのためのメモ用紙を一枚取り、自分のメールアドレスを書く。

「私、自分の携帯のアドレス、覚えていないんです」

メモを差し出す麻里に、江美子が困ったように告げる。

「あまり使わないのね。いいわ、後でこのアドレスに短いメールをくれればいいから」

麻里はそう言うと立ち上がり、浴衣を羽織る。

「それじゃあ江美子さん。これからもよろしくお願いします」

麻里は一礼して脱衣所を出る。麻里の瞳の中に一瞬、夢の中で見た妖艶な色を見たような気がした江美子は、手のひらの中に残ったアドレスを記したメモに目を落とす。

  1. 2014/09/28(日) 12:45:33|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第20回

江美子はTホテルの室内にある大浴場へと向かっている。男女別の大浴場は時間ごとに切り替えられており、早朝のこの時間では、女湯は江美子が昨日の夕方入ったものよりは小さ目となる。

いまだ午前五時過ぎとあって浴室の中には誰もいなかった。江美子は湯に浸かると身体を伸ばし、昨日からの出来事について考える。

(誰にでも過去はある。いちいちこだわっていてはきりがない)

江美子はそう自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせようとする。

あんな風な形で先妻の麻里と再会したのだ。隆一の心が乱されないはずがない。しかし隆一と麻里とは五年前に終わっているのだ。

(それに私にだって──)

そこまで考えたとき、隆一の苦しげな声が江美子の耳の中に蘇る。

──麻里。

隆一は夢の中で、自分から背を向けて去っていく麻里に呼びかけていたのか。それとも、有川に汚された身体を浄めてやろうとばかりに、荒々しく麻里を抱いていたのか。

江美子が考えに耽っていると扉が開き、人が入ってくる気配がした。

「あら」

声に振り向くと、タオル一枚で前を隠した麻里だった。麻里は微笑して江美子に会釈をすると身体を流し、湯船の中に入ってくる。

「よくお風呂の中で会いますね。これで三度目かしら」
「ええ……」

二度目は有川の計算に隆一が乗せられたことが原因だが、それにしても度重なる偶然に江美子は戸惑う。

江美子の目に麻里の白い肌が映る。先程よりも心なしか艶を帯びているようで、女の江美子の目にも官能味が感じられる。

江美子が隆一に抱かれたように、麻里も昨夜、有川の腕に抱かれたのだろうか。隆一が江美子を抱いている同じ夜、同じホテルで先妻が別の男に抱かれている──そんな状況が江美子には何か極めて背徳的なことに感じられ、頬が熱くなる。

少し淡いピンク色に火照った肌を、江美子がぼんやり見ていることに気づいた麻里は、邪気のない微笑を浮かべて話しかける。

「昨夜はごめんなさい。有川さんがおかしなことを仕掛けて──」
「……いえ、いいんです」

江美子は麻里に微笑を返す。

「あの人、隆一さんが怖いんです」
「怖い?」
「私がまた、隆一さんの元へ戻るのではないかと……」
「……」

やはり、と江美子は納得する。

「そんなことはないと何度言っても納得しなくて。昨夜も私は随分止めたんですが──でも、隆一さんが大人の対応をしてくれたおかげであの人も気持ちが落ち着いたみたいで、助かりました」
「そうですか……」
「学生時代はむしろ逆で、有川さんが陽性でいつの落ち着いていて、みんなのまとめ役のようなキャラクターでした。隆一さんはどちらかというと陰性で、理屈っぽくて頑固でな人でした。私はそんな隆一さんの子供っぽいところが好きだったのですが──」

そこまで言って麻里は口をつぐむ。

「ごめんなさい──私、また余計なことを」
「いえ、かまいません。私が知らない隆一さんの一面を知ることが出来て、むしろ嬉しいです」
「そうですか」

麻里は再び微笑む。

「でも、隆一さんも余裕が出てきた、という感じがしてよかったです。これも江美子さんと一緒になったおかげね」
「そんな、私なんか何の力にも……」
「私なんか全然進歩がなくて恥ずかしいわ。いつまでも同じところをぐるぐる回って──そろそろしっかり前へ歩き出さないと」
「……」
「江美子さん、変な話だけれど、これからも友達になってくださらない?」
「えっ……」

麻里の申し出に江美子は一瞬戸惑う。
  1. 2014/09/28(日) 12:42:16|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第19回

「江美子さん、見るのよっ」

再び前を向いた江美子は、視界に飛び込んで来た恐ろしい光景に恐怖の悲鳴を上げる。輝くような白い肌の麻里をしっかり抱き締めて背後から貫いているのは有川ではなく、隆一だった。

「江美子さん、教えて上げるわ、隆一さんから愛される方法を。よく、見ているのよ」

麻里はそう言うと甘い舌足らずな喘ぎ声を上げながら、隆一の上で腰をゆるやかに蠢かせる。

「ああ……あなた……気持ち良いわ……ああ、たまらない……」
「やめてっ」

思わず耳を塞ごうとする江美子の手が背後から押さえられる。振り向くとそこにはいつのまにか素っ裸の有川がいた。

悲鳴を上げて逃れようとする江美子を有川がしっかりと羽交い締めする。

「りゅ、隆一さんっ、た、助けてっ」

江美子は有川の男根が蛇のように股間をくぐって秘奥に迫ってくるのを感じ、隆一に助けを求める。しかし隆一は江美子の声など全く聞こえない風に、麻里とつながりながら熱い接吻を交わし合っているのだ。

「隆一さんっ」

長い接吻を終えた麻里は江美子に挑戦的な視線を向ける。

「江美子さん、おとなしく有川さんに抱かれなさい」
「そ、そんなっ」
「そうすれば私達、もっともっと仲良くなれるのよ」
「い、嫌っ。嫌よっ」

激しく身悶えする江美子の裸身をしっかりと抱え込んだ有川の肉棒の先端が、ついに体内に侵入した時、江美子はつんざくような悲鳴を上げた。


布団の上に跳ね起きた江美子は枕元の時計を見る。和風の客室にふさわしくない、淡い緑色の光を放つデジタルの時計は午前五時を指している。隣の布団では隆一が軽い寝息を立てている。

(夢……)

全裸のまま眠っていた江美子は、洗面所へ行くと汗ばんだ身体をタオルで拭く。

(なぜあんな夢を)

昨夜の出来事が心の中に引っ掛かっているせいだろうか。終わったはずの隆一と麻里の関係に、私はやはり嫉妬しているのだろうか。

(でもどうして私が有川さんと)

夢の中とは言え有川にしっかりと抱きすくめられ、肉のつながりを持ちそうになった江美子は、なにか隆一に対して裏切り行為を犯したような気になった。

(シャワーを浴びようかしら、それとも……)

江美子は裸のまま部屋に戻る。先ほどは静かな寝息を立てていた隆一が、胸元まで布団をはいで苦しげに身体を捩らせていた。

「隆一さん」

江美子は隆一の枕元にしゃがみこむと、布団を直す。隆一の寝息が静かになっていく。

(隆一さんも夢を見ているのかしら)

そう江美子が思った時、寝返りを打った隆一の絞り出すような声が聞こえた。

「麻里……」

その言葉を聞いた江美子はしばらくその場に凍りついたように座り込んでいたが、やがて立ち上がり、浴衣を羽織ると浴室へと向かった。
  1. 2014/09/28(日) 12:40:14|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第13回

「お願いだ」

隆一が力を入れて、江美子を引き起こす。江美子はされるがままに胸から上を持ち上げられて行く。江美子のとろんとした視線が隆一の視線と交差する。

「江美子がいった時の顔だ」
「嫌……」
「いつもはいかにもキャリアウーマンといった雰囲気の江美子も、こんな顔をするのか」
「隆一さんの意地悪……どうしてそんなことを言うの」

江美子が恥ずかしげに顔を逸らそうとするのを隆一が軽く押さえ、唇に接吻を施す。

「気持ち良かったかい」

江美子は微かに頷く。

「気持ち良かったと言ってみろ」
「嫌……そんなこと、言えないわ」

江美子は再び小さく首を振る。

どうしたのだろう、今夜の隆一は少しおかしい。いつもはもっと紳士的、といえば聞こえはいいが淡泊なセックスである。こんな風に江美子に対して言葉責めをするようなことはなかった。

(でも、今夜のような隆一さんも嫌いじゃない)

江美子はそんな自分の思いのはしたなさに思わず頬を染める。

「そろそろ……外さないと」

江美子はしばらく隆一との行為の余韻に浸っていたい気持ちはあったが、このままでは隆一のものが江美子の中で萎えてしまう。一度江美子から抜く時に、コンドームだけが取り残されてあわてたことがあった。隆一との子供はいずれ欲しいが、仕事が忙しい今はまだその時ではないと思っている。

微かに身体を揺らせながら離れようとする江美子の尻を、隆一がしっかりと押さえ付ける。

「えっ」

戸惑いの声を上げる江美子を突き上げるように、隆一が再び腰を動かす。

「あ、あっ……」

確かに一度放出したはずなのに、隆一の肉塊はほとんどその硬度を保ちながら江美子の中で暴れ始める。身体の中の官能の燠火が再び燃え盛り、江美子を焼き尽くして行く、

「あっ、こ、こんなっ」

江美子が奔馬のように隆一の上で撥ね動く。江美子は隆一に手を取られるようにして、今夜二度目の頂上へと駆け上がって行くのだった。


江美子は隆一とともに露天風呂の中で再び有川と麻里の二人と向かい合っていた。全裸の二人はまるで江美子に見せつけるように戯れあっている。前回は言葉少なだった麻里がまるで隆一と江美子を挑発するような視線を送りながら、有川に対して積極的に振る舞っている。

「ねえ、あなた、ここで抱いて」

麻里はそう言いながら豊満な尻を動かし、有川の膝の上に跨がる。有川の巨大な男根が麻里の股間をくぐり、深々と秘奥に突き刺さる。

「ああっ、い、いいわっ」

麻里は歓喜の悲鳴を上げ、腰部をブルブルと震わせる。江美子は隣にいる隆一の手をぐっと握り締める。

麻里は淫らに腰を動かし始める。有川は麻里の動きに合わせるように、背後から麻里を責め立てる。

「あ、ああっ、き、気持ちいいっ」

江美子が思わず目を背けようとすると、麻里の叱咤するような鋭い声が飛ぶ。
  1. 2014/09/28(日) 12:39:07|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第17回

「でも、さっき、隆一さんはこだわりを捨てると……」
「有川がそういって欲しそうだったからそういっただけだ。そうしないとあいつは、いつまでも俺たちに付きまといかねないからな」
「それじゃあ……」
「有川のほうも俺ともう一度昔のような友達づきあいを再開したいなんて思っていないよ」

隆一は江美子の手を握り返す。

「それに、別れた女房に目の前で裸でうろうろされるのも真っ平だ。江美子だけで十分だよ」
「まあ」

江美子は大きな目を丸く見開く。

「あいつらのせいで少しのぼせた。もう部屋に帰ろうか」

隆一はそう言うと江美子を促し、湯船の中で立ち上がった。江美子も釣られて立ち上がる。

「あっ」

江美子は自分がまだタオルも巻いていない全裸だったことに気づく。あわててバスタオルを取ろうとする江美子の手を隆一が押さえる。

「そのままで」
「えっ」
「そのまま、そこに立ってくれ」

江美子は頷くと、隆一に言われるままに立つ。火照った身体に夜気が心地よい。

「もう……いいでしょう」
「もう少し、お願いだ」

素肌に隆一の熱い視線を感じ、羞恥に駆られた江美子は目を閉じる。

(麻里さんと比べているのか……)

江美子は隆一の心の中を推し量る。

(それとも、私の裸を目に焼き付けることで、麻里さんの姿を忘れようとしているのか)

時間にするとほんの数十秒のことだったかもしれない。しかし江美子にとっては数十分とも感じられる時が過ぎ、ようやく隆一は口を開いた。

「もういい、ありがとう」

江美子は崩れる落ちるように隆一の腕の中に倒れ込む。

「すまん、のぼせてしまっただろう」

江美子は黙って首を振ると、隆一にしがみつきながら唇を求める。二人は全裸で湯船の中で立ったまま、長い接吻を交わすのだった。


「あっ、ああっ、りゅ、隆一さんっ」
「江美子っ」
「も、もうっ、お願いっ。来てっ」

江美子は隆一の上に跨がったまま、ひきつったような悲鳴を上げる。隆一が「うっ」と呻きながら緊張をとくと、江美子はそれを待ち兼ねたように全身を激しく痙攣させる。

「あ、あああっ!」

傷ついた獣のような声を張り上げながら江美子は絶頂に達すると、隆一の胸の上に崩れ落ちる。

「江美子」

隆一は荒い息を吐きながら江美子の背中に手を回す。

「顔を見せてくれ」

江美子は隆一の上に伏せたままの顔を嫌々と小さく左右に振る。
  1. 2014/09/28(日) 12:38:08|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第16回

罪を犯しながらも麻里を手に入れることが出来なかった有川は、いつか再び麻里が自分の元から去るのではないかと脅えている。そんな有川にとって、隆一が再婚したということは朗報だっただろう。

(やはり有川さんは、なんらかの手段を使って私たちがここに泊まるのを知って、待ち伏せしていたのでは…)

理穂が何らかの機会に、いまだある程度の交流を持っている麻里の父親──理穂の祖父に、この週末の隆一と江美子の不在を知らせたのかもしれない。

(いえ、今はそんなことはどうでもいい。隆一さんが麻里さんと復縁するのを望まないということでは、私と有川さんの利害は一致しているのだ)

江美子は湯の下で手を伸ばし、隆一の手を握る。隆一がしっかりと握り返してきたのを確認した江美子は、裸身を摺り寄せるようにする。隆一は江美子の方に顔を向けるとこくりと頷く。

「有川、やめろ」

隆一の声に有川は、麻里を愛撫する手を止める。

「そんなことをしなくても、俺はもう麻里には未練はない。お前の言うとおり、もうこだわりは捨てよう」
「本当か」
「本当だ、まあ、すぐにすべて元通りというわけにはいかないが」
「……」
「ただ、俺の前で麻里のそんな姿を見せないでくれ。あまり気分がいいものではない。俺もお前に対して、それだけはしなかったはずだ」

有川は虚を衝かれたようなような顔つきをしていたが、やがて苦笑を浮かべる。

「……そうだな。それは北山の言うとおりだ。悪かった」

有川は神妙に頭を下げる。

「江美子さんにも申し訳ないことをした」
「いえ……」
「せっかくの水入らず──風呂の中で水入らず、っていうのもなんだかおかしいが──のところを失礼した。俺たちは先に上がるよ」

有川はそう言うと麻里の方を見て、「いくぞ」と声をかける。

麻里は湯の中でタオルを身体に巻き、隆一に一礼し、江美子に向かって「江美子さん、ごめんなさいね」と声をかける。

「いえ、いいんです」

江美子はほっと胸をなでおろす。

有川はタオルを腰に巻きながら立ち上がり、麻里の手を引くと隆一に顔を向ける。

「それじゃあ、ゆっくりしていってくれ、ってまあこれも俺が言うせりふじゃないのかもしれないが」
「ああ」

最後に麻里がもう一度隆一と江美子にお辞儀をする。バスタオルから白い乳房がこぼれそうになっているのが江美子の目にまぶしく映る。有川は麻里の腰に手をまわすようにしながら、脱衣所の方へ歩いていった。

隆一は無言で二人の後ろ姿を見送っている。有川と麻里が完全に見えなくなったとき、江美子が隆一に声をかける。

「隆一さん……」
「ああ」

隆一はそこで改めて江美子の存在に気づいたような顔をする。

「江美子にはおかしなことに巻き込んでしまって、悪かったな」
「いえ、いいんです……でも……」

江美子は再び隆一の手を握る。

「これからまた、有川さんと以前のような友達付き合いをするんですか?」
「まさか」

隆一は微笑を浮かべる。
  1. 2014/09/28(日) 12:37:08|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第15回

「お前だけだぞ。まだ身体にタオルを巻いているのは。素っ裸になっている女性陣に失礼じゃないのか」
「……」

有川のペースに乗せられていることを感じる隆一は苦々しい表情をしていたが、やがて腰に巻いたタオルを外す。堂々とばかりに屹立した隆一の怒張が現れ、正面にいた麻里はひっ、と小さな悲鳴を上げる。

「ほう、相変わらず見事なもんじゃないか」

有川はニヤニヤしながら隆一のその箇所を見ている。

「一緒に風呂に入るたびに、お前のそれには度肝を抜かれたもんだ。普段でも普通の奴が大きくなったくらいはあるからな」

有川はそう言うとちらと麻里の方を見る。

「麻里、どうだ、懐かしいだろう。元の亭主のチンチンは」
「あなた……いい加減にして」
「何を気取っているんだ。久しぶりにお前の裸を見てあんなに大きくなったんだ。うれしいとは思わないのか」

有川はそう言いながら麻里を引き寄せる。

「あなた、駄目っ」
「別に北山だけじゃない。奴ほどじゃないが俺のもなかなかのもんだろう」

有川はそう言うと湯の下から腰を突き出すようにする。赤黒い亀頭がまるで生き物のように表面に顔を出したので江美子はきゃっ、と悲鳴を上げる。

「有川、悪趣味だぞ」
「そんなことを言っても説得力はないな。麻里のあそこを見て堅くしやがって」

有川は声を上げて笑う。

「そう言う俺も人のことは言えん。江美子さんが素っ裸で悩ましい声を上げながら、お前の膝の上で悶えているのを見たせいで、この風呂に入る前からカチカチでな。タオルで隠すのが大変だったぜ」

江美子はあまりの羞恥にこの場から消えたくなる。しかし、湯から出ようとすると再び素っ裸を有川の目に晒さなければならない。その思いが江美子の手足を縛り付けるようにしているのだ。そして江美子をこの場に留めているもう一つの理由がある。

(隆一さんを置いて自分だけが逃げる訳にはいかない)

自分がこの場から去ると、当然隆一は着いてくるだろうが、それでは有川から逃げることになるのではないのかという思いが江美子にはするのだ。

有川が本当に隆一と和解したがっているかどうかは疑問だ。しかし、隆一が麻里とのことを気持ちの上でふっ切れていないのは事実ではないのか。この場から逃げれば、その機会は遠のいてしまう。江美子が隆一と、そして理穂と新しい家族を創るチャンスが手の中からこぼれ落ちてしまうような気がするのだ。

「麻里、来い」
「えっ」
「隆一に仲の良いところを見せつけてやるんだ」

有川は麻里を強引に抱き寄せると唇を奪う。有川のいきなりの行為に麻里は反射的に抗う。麻里の短めの黒髪がはらりと揺れ、額にかかる。

「やめて……あなた」
「何を気取っているんだ。ゆうべは俺の上に跨がってヒイヒイ泣いたくせに」
「江美子さんの前で……なんて事を」
「隆一の前は気にならないのか」

隆一は顔を強張らせながらも、その視線は有川と麻里の痴態に注がれている。そんな隆一に、江美子は胸の奥が痛むような嫉妬を知覚する。

有川は麻里の口を強く吸いながら、湯の下で乳房を荒々しくまさぐっている。江美子は、そんな傍若無人とも言える振る舞いをしている有川の目に焦燥めいた色が浮かんでいることに気づく。

(有川さんは怖がっているのではないか)

再び麻里が自分から去って隆一の元に戻るのではないかと恐れているのだ。有川がずっと麻里のことを愛していたというのは恐らく本当なんだろう。

学生時代に麻里を隆一に奪われた有川は、それが罪になると知りつつ麻里を奪い返した。しかし、麻里は隆一と離婚してからも、家庭を壊したことに対する後悔、特に娘の理穂に与えた心の傷に対する罪悪感から、有川と結婚することはなかった。
  1. 2014/09/28(日) 12:36:09|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第14回

「なんだ、麻里」
「調子に乗りすぎです。江美子さんもいらっしゃるのに」
「江美子さんがいるからこそ聞いてもらった方がいいんじゃないか」
「それは……それこそ隆一さんと江美子さんにお任せしないと」
「麻里は俺たちが以前のように心を開いて付き合うことに反対なのか」

江美子は、有川が「麻里」と呼ぶいうたびに隆一の心がほんの少しだけ揺れるのが、お湯を通じて伝わってくるような気がした。

「反対じゃありませんわ。そう出来ればどんなに良いか。でも、私からそれを言い出す資格はありませんでした」
「そう思うなら麻里が率先して見本を示せ」
「えっ」
「バスタオルで隠してなんかいないで、裸をさらせといっているんだ」
「でも……」

麻里は明らかに戸惑いの表情を浮かべる。

「どうしたんだ、俺にも北山にも何度も見せた裸だろう。今さら恥ずかしいことがあるのか」
「それとこれとは……違います」
「麻里、お前が一番罪深いんだ。だから真っ先に心を開かなきゃいけない。俺たち二人を散々翻弄したんだからな」
「翻弄だなんて……そんな」
「愚図愚図言わずに裸になるんだ。こんな風にな」
「きゃっ」

有川はいきなり腰の周りを覆っていたタオルを外す。透明な湯の下の怒張を一瞬目にした江美子は小さな悲鳴を上げて隆一の肩に顔を隠す。

「江美子さん、どうしました。こんなことで恥ずかしがるほどカマトトじゃないでしょう」
「有川、いい加減にしろ」
「俺は身も心も裸になろうと言っているだけだ。それも別に往来で素っ裸になろうと言っている訳じゃない。ここは混浴の露天風呂だぞ。お互いが裸をさらすのは納得ずくじゃないのか」
「しかし……」
「わかりました、私……」

麻里はそう言うと身体からタオルを外す。真っ白な麻里の素肌が露わになる。

隆一にとっては五年ぶりに見る麻里の見事なまでの裸身である。隆一の肩に顔を埋めていた江美子は、隆一の息遣いの変化を感じ、顔を上げる。

(隆一さん……)

隆一が透明なお湯を通して見る麻里の裸身に目を奪われていることに、江美子は突然激しい嫉妬を感じる。また、さきほどから三人の間に流れている、愛憎の交じった激しい感情から自分だけが疎外されていることに苛立ちを感じた江美子は、まるで麻里に挑戦するように身体を覆ったタオルを外す。

「ほう……」

江美子の素っ裸を目にした北山は感嘆したような声を上げる。

「こうやって風呂の湯を通して見ても、見事な裸だ。北山が夢中になるのも無理はない」

その言葉でやはり先ほどの隆一との痴態を目撃されていたのだと知った江美子は、かっと身体が熱くなる。

「あなた……そんな言い方は……」
「失礼だというのか? 俺は江美子さんを誉めているんだ。折角目の前で裸を見せてくれているのに、何も言わないでジロジロ見ている方がよほど失礼だろう」
「露天風呂で他の客の裸をジロジロ見る方が失礼だというんだ」

隆一が苛立ったように口を挟む。

「相変わらず正論だな、北山。その点は俺とお前が似ていないところだ。俺はいつでも自分に対して正直だ」
「どういう意味だ」
「お前だってさっきから麻里の裸に見取れているじゃないか」
「見取れてなんかいない」
「嘘をつけ。それならその証拠を見せてやる。腰のタオルを外してみせろ」

有川はそう言うと隆一が腰に巻いたタオルを指さす。
  1. 2014/09/28(日) 12:35:14|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第13回

「わかっている……そんなことは俺の独りよがりだって言うことは。あの時、結果的に麻里はお前を選んだ。それについてどうこう言うつもりはない。しかしそれを言うなら五年前のことだって、結果的に麻里が俺を選んだと言えるだろう」
「一緒には出来ない。麻里と俺は結婚していた」
「だから俺はお前に慰謝料を払った。だが、気持ちの上で俺がいつまでもお前に負い目を持つ必要はないんじゃないのか?」

江美子はいつの間にか有川の言葉に聞き入っていた。隆一と麻里が別れるにいたったのは、有川が一方的に悪かったわけではないということなのか。そこに至るまでの三人の長い歴史があったということか。

「多少の行き違いはあったが、俺はお前とはいい友達だったと思っている。今までの人生で、お前ほど気が合う奴はいなかった。学生時代のような関係に完全には帰れないかもしれないが、多少でも付き合いを元に戻したい」

有川は真剣な顔を隆一に向けている。

「お前と麻里は結婚するときに、俺とはいずれ俺の女房を含めて家族ぐるみで付き合いたいとまで言ってくれたじゃないか。多少組み合わせは変わったが、これからでもそれが実現できないか」
「そんなことが……」
「理穂ちゃんのこともあるだろう」
「理穂に何の関係がある?」

有川の言葉に隆一は気色ばむ。

「お前と離婚したとはいっても、麻里が理穂ちゃんの母親であることには変わりない。そういう意味では一生何らかの形でかかわっていかなければならないんだ。憎み合っているよりは、関係を良くしたほうがましだろう」
「理穂がお前に何か言ったのか?」

隆一は有川にいぶかしげな眼を向ける。

「まさか……理穂ちゃんにとって俺は母親を奪った男だ」

隆一は次に麻里に視線を向けるが、麻里も首を振る。

「有川」
「なんだ」
「今回このホテルで俺たちに会ったのは、本当に偶然か?」
「もちろんそうだ」
「さっきお前は、俺の行動はだいたい予想が出来るといっただろう」
「どこに旅行して、どのホテルに泊まるなんてことまで予想できるもんか」

有川がおかしそうに笑う。

「ただ、T県に旅行するのにどこの宿がいいと麻里に尋ねたら、このホテルがいいと麻里が答えたのでここを選んだのは事実だ。麻里はお前と一緒に泊まったんだろうと思った。それとさっきも言ったが、俺とお前は昔から考え方も行動も似ていたからな。いつかこんな風にばったり出会うんじゃないかと思っていた」
「ふん……」

隆一は何か考えるような顔付きをしていたが、やがて微笑して有川の方を向く。

「俺とお前は似ていないところもあるよ」
「なんだ」
「俺は不倫はしない」

隆一はそう言うと有川の目をまっすぐ見る。有川は一瞬気圧されたような表情をしていたが、すぐに声を上げて笑い出す。

「こいつは一本とられたな。まあそれくらいで勘弁してくれ」

有川がさも楽しそうに笑うと、隆一も釣られて笑い出す。どうなることかと見守っていた江美子も、ほっと胸をなでおろす。麻里は少し居心地の悪そうな表情でもじもじしている。

「それじゃあ今晩が記念すべき和解の第一歩というわけだ。幸い4人とも風呂の中だし、これから裸と裸の付き合いをお願いするには丁度いい」
「あなた……」

麻里が再び有川をたしなめる。
  1. 2014/09/28(日) 12:34:16|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第12回

「四人でちょうど良い大きさだな」
「そうですね……」

有川に話しかけられた麻里は隆一から顔を逸らすようにして頷く。有川の視線はじっと江美子に据えられており、江美子は恥ずかしさにますます動揺する。

(やっぱりはしたない声を聞かれてしまったのでは……)

どぎまぎしている江美子に、有川が話しかける。

「さっき麻里に似ていると申し上げましたが、やはり麻里よりずっと若いせいか、肌の張りが違いますね」

江美子を品定めをするような有川の口調に、隆一の顔が不快そうに歪む。麻里があわてて「あなた……」と有川をたしなめる。

「いいじゃないか。お互いに裸なんだから飾ったことを言ってもしょうがない」

有川はそう言うとニヤニヤ笑いを浮かべる。

(先にお湯から出ようか……でも……)

この位置では出るときに有川にまともに裸のお尻を見られることになる。有川は女の好みが隆一と同じで、大き目のお尻が好きだと自分で公言していた。

隆一から麻里を奪った有川の目の前に、タオル一枚で覆われた裸をさらすだけでもたまらなく恥ずかしいのに、その好色な視線にお尻をさらすなんてとても出来ないと江美子は考える。

「家族風呂にいたんじゃないのか」

隆一がたまりかねて口を開く。有川は今度は隆一のほうを向いてにやりと笑う。

「札を見たのか」
「ああ」
「あんな風に予約の札を出しておけば、お前たちが俺たちを避けて露天風呂に入るんじゃないかと考えたんだ。まんまと予想が当たった」

隆一が苦々しい顔つきになる。

「北山の行動はだいたい予想がつくよ。学生の頃からそうだっただろう。俺が予想が出来なかったのは麻里に対する手の早さだけだ。いや、あれは麻里の方の行動が予想できなかったと言った方がいいか」
「何をしに来たんだ」
「俺たちが露天風呂に入っちゃいけないか? いや、こういう言い方はさすがにずるいな」

有川はニヤニヤ笑ったまま続ける。

「北山と仲直りをしたいんだ」
「仲直りだと?」

隆一は眉を上げる。

「お前……お前たちが五年前に、俺に対して何をしたのか忘れたのか?」
「もちろん忘れてはいない。悪かったとは思っているよ」

有川は依然として顔に微笑を貼り付けたまま隆一に視線を向けている。

「しかし、あの件についてはこちらも慰謝料を払って解決しただろう」
「解決なんかするもんか」
「そういわれても困る。お互い示談書に署名したということは法的には解決したということだ」
「気持ちの問題だ」
「気持ちの上でも吹っ切れたから、お前は再婚したんじゃないのか」

有川はもう笑ってはいなかった。有川の言葉に隆一は黙り込む。

「昔の話にさかのぼるときりがない。俺はお前と麻里が結婚する前から麻里のことが好きだった。それはお前にもきちんと話していただろう。それを抜け駆けのように俺から麻里を奪ったのは北山じゃないのか」
「奪ったわけじゃない」
「本当にそうか? 俺が麻里と何度か2人だけで会っていたことはお前にも話していた。お前が俺と同様、麻里に気があるのはもちろんわかっていたが、だからこそ正々堂々と俺のやっていることを公開していたんだ。しかし、お前はその陰で俺に内緒で麻里と会っていた」
  1. 2014/09/28(日) 12:33:18|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第11回

「それは、はっきり見えないからいいという意味ですか?」
「そうじゃない。神秘的だということだ」

隆一はそう言うと江美子の肩を抱き寄せ、軽く接吻する。

「隆一さん」
「なんだ」
「お風呂で……麻里さんの裸を見ました」
「……」
「肌がとても綺麗でした」
「江美子も綺麗だ」
「私は地黒です。麻里さんの肌は透き通るように白くて……」

江美子の口をふさぐように、隆一が再び接吻する。江美子は隆一が求めるまま舌先を預ける。十分に江美子の舌を吸った隆一が、耳元で囁きかける。

「麻里と江美子を比較したことはない。麻里のことは気にするな」
「はい……ごめんなさい」

隆一は湯の中で江美子をしっかり抱くようにすると、小ぶりだが形の良い乳房をゆっくりと揉み始める。江美子の息が段々と荒くなっていく。

「隆一さん……」
「なんだ」
「お湯にのぼせてしまいます」
「この風呂はぬるめだから、1時間くらい入っていても大丈夫だ」
「そんな……」

隆一は江美子の肢の間に手を伸ばす。江美子は思わず足を閉じようとするが、力が入らない。隆一の指先が江美子の股間に滑り込んでいく。

「ここのところは少しお湯の質が違うようだな」
「駄目」
「随分ねっとりしているぞ」
「誰か……人がきます」
「この時間にもう誰も来るもんか」
「ああ……」

隆一が江美子の片肢に手をかけ、力を入れるとそれはあっさりと開いていく。両足を開いた江美子は隆一の足の上に跨るような姿勢になり、背後から手を回した隆一に乳房を揉まれるままになっている。

「風呂の中というのは便利だな。こういう姿勢でも全然重くない」
「私のお尻が大きいから……普段なら重いといいたいんでしょう」
「俺は江美子の尻が気にいっている」

隆一はそう言うと片手を江美子の双臀の溝のあたりに回し、肛門の辺りをまさぐる。

「あっ、駄目っ!」

江美子がむずがるように裸身を悶えさせた時、突然人の気配がしたので隆一は手を止める。

「おやおや、先客がいましたか。邪魔をしましたね」

驚いたことにそこに立っていたのは有川と麻里だった。

有川はタオルを腰に巻いており、麻里はバスタオルで胸元から腰の辺りまで覆っている。江美子は慌てて隆一の膝の上から降りる。

(見られた……でも、どうして)

江美子は恥ずかしさに身体を縮こませる。いったいいつから見られていたのか。隆一の膝の上に乗っかって思わぬところをまさぐられて発した、はしたない悲鳴を聞かれてしまっただろうか。

しかし、有川と麻里は今頃、貸切の家族風呂に入っていたはずではないのか。有川たちと顔を合わせる恐れがないからこそ、隆一は自分を混浴露天風呂に誘ったのだ。

江美子は湯船の外に置いたタオルを手探りで取り、胸から腰の辺りを隠す。

「一緒に入ってもよいかな」
「どうぞ……」

隆一が仕方なく頷くと有川は身体を軽く流し、湯船に入る。有川に促された麻里は申し訳なさそうな顔をちらと隆一と江美子に向けたが、有川に続いて湯の中に入る。隆一と麻里、江美子と有川が向かい合った格好になる。
  1. 2014/09/28(日) 12:32:19|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第10回

江美子は体を包んだバスタオルをしっかりと押さえながら、隆一の後を歩いている。脱衣所から露天風呂までこんなに距離があるとは思わなかった。足元の灯りもそれほど明るくなく、江美子は思わず敷石から足を踏み外しそうになって小さな悲鳴をあげる。

「気をつけろよ」
「はい」

江美子は隆一に手をとられて敷石にあがる。

「私、混浴って初めてです」
「最近は水着やタオル着用のところも多いから、若い女性でもそれほど抵抗なく入るようだ」
「誰かいるかしら」
「そりゃあいるかも知れないが、こちらがあまり気にしていると相手も居心地が悪くなる。自然にすることだ」
「隆一さん、混浴の温泉に入ったことがあるんですか?」
「何度か、な」
「まあ」

薄暗がりの中で江美子が目を丸くする。

「でも、期待したような若い女性はいなかった。どこも婆さんばっかりだったよ」
「それは残念でしたね」

江美子はくすくす笑う。

有川と麻里に偶然出会ったことで動揺を隠せなかった隆一だったが、ようやく冗談を言うような気持ちの余裕が出てきたことに江美子は安堵する。

(露天風呂では二人きりなら良いのに)

江美子はそんなことを考えて顔を赤くする。

二人はやがて露天風呂に着く。女性に配慮してか周囲はしっかり目隠しをされており、照明も暗く落とされている。そして江美子にとってもっとも安心したのは、先客が誰もいなかったことだった。

「誰もいませんね」
「そうだな」

当たり前のことを隆一に確認する自分がおかしくなる。江美子と隆一は身体を軽く流し、風呂に入る。湯は透明に近く、5、6入れば一杯になりそうな大きさのため、他の男性客がいたらやはり抵抗があるかもしれない、などと江美子は考える。

それでも二人きりなら十分身体も伸ばせる。お湯もぬるめで、ゆっくり漬かるにはちょうど良い。江美子は今回の旅ではじめてリラックスしたような気分になり、はあと大きなため息をつく。

「気持ち良さそうだな」
「すみません、つい」

江美子は顔を赤くする。

「二人きりなんだから、タオルをはずしたらどうだ」
「えっ……」

江美子は一瞬ためらうが、やがてこっくりと頷く。

外したバスタオルを湯船の外へ置く。素裸になった江美子は恥ずかしげに隆一から身体を隠そうとする。

「どうした、恥ずかしいのか」
「……」
「江美子の裸なんて見慣れているぞ」
「ひどい……見慣れているなんて」

江美子は拗ねたように顔を逸らせる。

「はっきりと見せてくれ」

江美子は頷くと胸と足の付け根辺りにおいていた手を外す。乳房から鳩尾、そして腰にかけて隆一の視線が注がれるのを江美子は感じる。

「見慣れているといったが訂正しないとな。露天風呂のお湯を通して見る江美子の身体は格別だ」
  1. 2014/09/28(日) 12:30:56|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第9回

「どうしていざ自分の妻のことになると忘れてしまうのかな。相手も自分と同じ、仕事も家庭も両方とも大事にしたい人間だってことを。今回はせいぜいそれを忘れないようにするよ」
「隆一さん、一つ聞いてもいいですか?」
「なんだ?」
「理穂ちゃんは、どうして麻里さんと一緒に暮らすのを拒んだのですか?」
「理穂に直接聞いたわけじゃないから、わからないが」

隆一は首をひねる。

「自分が母親がいないせいで寂しい思いをした人間でありながら、家庭を壊すようなことした母親のことを許せなかったのかもしれない。しかし麻里と別れたとき、まだ理穂は小学3年だったからな。どこまで突き詰めて考えたのか」
「隆一さんのことを可哀そうに思ったのでは」
「理穂がか? それはどうかな」

江美子の言葉に隆一は微笑する。

「可哀そうに思ったとしたら、自分を事実上育ててくれた俺の母親のことじゃないかな。俺は両方の親に対して離婚の原因を伏せておくつもりだったが、麻里が黙っていられなくて自分から話してしまったんだ。曲がったことの嫌いな俺の母は麻里がしたことを随分憤っていたからな。そんな祖母の様子を見ながら、自分が母親と暮らすとは言えなかったのかも知れない」
「そんな……」
「まあ、これは推測に過ぎない。本当のところは理穂に聞かないと分からない。いや、本人に聞いてもどれくらい分かっているか」
「どういうことですか?」
「自分の気持ちは自分でもわからないことが多い」

隆一はそこまで話すと徳利を持ち上げるが、空になっていることに気づく。

「この話はこれくらいでいいだろう。折角の2人きりの旅行だ。もう少し呑もう」


食事を終え、少し酒に酔った江美子は、隆一と一緒に外の空気を吸おうとロビーへ続く廊下を歩いていた。壁沿いに3つ扉が並んでおり、それぞれ木の札がかけられていた。

(ここが家族風呂なんだわ)

ふと見ると、扉の一つに「午後11時~12時、有川様」という札がかかっている。

(有川さんと麻里さんが入るのだわ)

江美子の脳裡に大浴場で見かけた麻里の姿が浮かぶ。豊満な麻里の裸身が湯船の中で有川に抱かれているのを想像し、江美子はふと息苦しさに似たものを感じる。

隆一もその木の札に気づいたようで、複雑な表情をしている。

(隆一さん、今何を考えているのかしら)
(やっぱり、いくら別れたとはいっても、元の奥様が他の男に抱かれると思うと心中穏やかじゃないのかしら)

江美子はそんなことを考えながら隆一のほうをチラチラと見るが、当然ながら隆一の表情からはその心の裡を窺うことは出来ない。江美子は先を歩く隆一について、旅館の庭へ出る。

「星が綺麗に見えるな」

空を見上げた隆一が呟く。

「本当ですね。東京じゃ考えられないほどですわ」

江美子も釣られて頷く。

「理穂ちゃんにも見せてあげたいですわね」
「江美子……」
「はい」
「後で一緒に露天風呂に入らないか」
「えっ」

隆一の突然の申し出に、江美子は戸惑いの表情を向ける。

「こんな綺麗な夜空なら、露天風呂に浸かりながら眺めたら気持ちがいいだろう。江美子は混浴は苦手かもしれないが、ここはタオル着用でかまわないし、今日は客もそれほど多くないようだ」
「でも」
「そうだな、11時ごろがいいかな。寝る前に一風呂浴びると気持ちがいいだろう」
「あ……」

江美子はそこで隆一の意図に気づく。

「恥ずかしいか?」
「少し……でも」

江美子は頬をほのかに染めながらも、はっきりと頷く。

「わかりました」
  1. 2014/09/28(日) 12:30:03|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第8回

「最初からって、大学のサークルの頃からということですか?」
「麻里からその話を聞いたのか?」
「いえ。詳しくは」

江美子は首を振る。隆一は盃を座卓において、江美子に真っすぐ向き直る。

「今日あいつらに会わなければ忘れるつもりでいた。しかし、こうなったら江美子も気になるだろうし、やはり一度はちゃんと説明しておかなければならない」

隆一は意を決したように話し始める。

「俺と有川、そして麻里は大学で同じサークル、歳も同じだった。俺も有川も、麻里も合唱団のパートリーダーだったから、サークルの運営に関して集まって話をすることが多かった。男と女がほぼ同数のサークルだからカップルも出来やすい。麻里を好きになったのは俺と有川はほぼ同時だっただろう。有川は麻里に対して本気だったし、奴の方が積極的だったと思うが、結果的には麻里は俺を選んだ」

「麻里に対して失恋してからも、有川はサークルの役員としての務めは果たさなければならない。俺と麻里は有川に気を使って、出来るだけ奴の前では恋人らしい雰囲気を出さないようにはしていたが、それでも奴にはなんとなく伝わってしまう。いや、そうすることがむしろ奴を傷つけたかもしれない。有川としては結構辛い日々だったんだろうと思う」

「大学を卒業して2年目の年に俺は麻里と結婚した。俺たちは有川に、共通の友人として披露宴のスピーチを頼んだ。奴との友情をずっと大切にしたいと本気で思っていたし、それこそ有川が結婚でもすれば、家族ぐるみで付き合いたいなんて考えていた。若い頃というのは平気で、無神経で残酷なことが出来るものだ。俺が有川の立場だったら耐えられなかっただろうが、奴は平然と引き受けてくれた。俺も麻里も自分たちの幸せで、周りのことが見えなくなっていた」

「結婚した翌年に理穂が生まれた。愛する妻に可愛い娘を得て、俺は幸せの絶頂だった。仕事もどんどん忙しくなり、有川とだけではなく、大学のサークル仲間とは徐々に疎遠になっていった。麻里は大学を卒業後準大手の商社で働いていたが、いったんその会社を辞めて理穂を育てながら独学で二級建築士とインテリアコーディネーターの資格をとり、理穂が3歳になったときに実務経験がないのにもかかわらず中堅どころのリフォーム会社に採用された。そこで実績を積んで4年後に大手のハウスメーカーに転職した。その会社の取引先の不動産開発会社で営業をやっていたのが有川だ」

江美子は大きな目を丸くして隆一の話を聞いている。

「偶然ですね……」
「ああ」

隆一は頷き、日本酒を一口すする。

「その頃ちょうど悪いことに、俺も麻里も仕事が忙しくてすれ違いになることが多かった。俺は正直言って、麻里には家庭に入ってもらいたかったが、毎日活き活きと仕事をしている麻里を見ているとそんなことはいえなかった」

「麻里が本格的に仕事を始めてからは理穂はもっぱら俺の母が面倒を見ていたが、すっかりお祖母ちゃん子になっていた。麻里は麻里で理穂の面倒を見てもらっているという負い目があるためか、俺の母の前では遠慮がちだった。母も悪気はないのだろうがずけずけとものをいうところがあるため、麻里にはそれがかなりストレスだったのだろう。しかし俺に対してその不満を吐き出すことが出来ない。自分の勝手で俺の母に迷惑をかけていると思っているからな」

「そこで仕事のことも含めて愚痴の聞き役になったのが学生時代の友人ということもあり、気心の知れた有川だったのだろう。麻里も酒は嫌いな方じゃないから、仕事上の付き合いや女友達とたまに飲んでくるといっても俺は特に気にしていなかったんだが、後になって酒の相手はほとんど有川だということがわかった。こうなれば有川の方には元々その気があるのだから、男と女の関係になるのは時間の問題だ」
「でも」

江美子は隆一の告白に息を呑む。

「誰もが必ずそうなるとは限らないんじゃ」
「それはもちろんそのとおりだ。その意味では麻里にも責任がある。麻里が俺を裏切ったというのはその点だ。しかし俺も麻里の悩みに真剣に向き合っていなかった」
「けれどそれは、働く母親なら誰でも持つような悩みでしょう?」
「そういった場合、多くは自分の母親を頼る。しかし麻里は小さい頃に母親を亡くしているから相談したり頼れる相手がいない。中途採用で入社した職場では弱みを見せられないからな。だからこそ自分は理穂を失いたくなかったんだろうが」

隆一は顔を上げて、江美子の方を見る。

「俺の気遣いが足らなかった。仕事をしているもの同士、また理穂の父親として、もっと麻里の悩みを聞いてやれば良かったんだ」
「私は隆一さんに色々、悩みを聞いてもらいました」
「そうだったな」

隆一は静かに笑い、盃の酒を飲み干す。
  1. 2014/09/28(日) 12:29:01|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第7回

江美子が隆一を裏切らないことを確認したことで安心したのか、それからは理穂は江美子に対して屈託のない態度を示すようになった。江美子はその時の理穂との会話を隆一に対して伝えることはなかった。

理穂は隆一と麻里が離婚するに至った事情を正確に理解しているわけではないだろう。しかし、自分の母親が父親を裏切るようなことをしたということには気づいており、そのため心になんらかの傷を負っているようだ。

(早熟な子だわ。私が中学生の頃はもっとのほほんとしていたのに。見たくもない両親の修羅場を見てきたせいかしら……可哀そうに)

江美子は理穂の年齢に比して大人びた表情を思い出す。

(私が隆一さんとしっかり信頼関係を築くことで、理穂ちゃんにとっても心が休まる家庭を作らないといけないわ)

江美子はそう思い定めると、隆一に切り出す。

「……さっき、お風呂の中で麻里さんと会いました」
「そうか……」

隆一は更に目を落としたまま答える。

「何か話をしたか?」
「ここで出会ったのはやはり偶然だと……でも、理穂ちゃんと時々連絡は取り合っているとおっしゃっていました」
「え?」

隆一は顔を上げる。

「それは気がつかなかったな」
「携帯のメールらしいです」
「俺との連絡にも必要だからということで、中学に上がるときに買ってやったんだ。それなのに俺には滅多にメールなんかよこさないと思っていたが」
「女同士、相談したいこともあるんでしょう」

自分の言葉がフォローを入れたつもりが、そうではなくなっていると江美子は感じる。麻里は「最低限の連絡」としか言っておらず、理穂から何か麻里へ相談しているなどとは話していなかった。どうしてそれをちゃんと隆一に説明しないのか──江美子は自分で自分の心がわからない。

「相談か。相談なら江美子にしても良さそうだが」
「私はまだ理穂ちゃんとはそこまでの信頼関係はないんでしょう」

どうしてだろう。私は隆一さんに対していじけた言い方をしている。こんなからむような酔い方はしなかったはずだ。

「理穂とあいつの間に信頼関係があるとは思えないがな」

隆一は微かに苦笑を浮かべて首をかしげると、盃の酒を空ける。隆一が麻里のことをやや悪し様に言ったことに気持ちの安らぎを感じた江美子は愕然とする。

(嫉妬……)

江美子はそこで初めて自分の心の裡に気づく。

(私は麻里さんに対して嫉妬をしている。隆一さんを裏切り、とうの昔に別れたはずの麻里さんに。麻里さんが理穂ちゃんと今でも繋がっていることに嫉妬しているんだ)
(それとお風呂の中で麻里さんが私に言ったこと。麻里さんと私はどちらも隆一さんの好きなタイプの女──そのことに拘っている。隆一さんが私の中に、麻里さんの面影を見ているのではないかということがひっかかっている)

「ねえ、隆一さん」
「なんだ」
「麻里さんとは、どうして別れたんですか?」
「それはさっき話しただろう」
「有川さんという男性が、隆一さんから麻里さんを奪ったと」
「そうだ」

隆一は空いた盃に酒を注ぎ足す。

「麻里さんが隆一さんを裏切ったということですか?」
「そういう風に言えば、そうなるかもしれない。しかし、夫婦というのはどちらかが一方的に悪いというわけではない。麻里とのことは俺にも責任があるのだろう」
「そんな」
「結局麻里は俺ではなく、有川を選んだということだ。いや、最初からそうだったのかもしれない」
  1. 2014/09/28(日) 12:27:52|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第6回

江美子が風呂から帰ると隆一は既に部屋に戻っていた。間もなく部屋に二人分の料理が運ばれてくる。用意を終えた仲居が下がると、旅館の浴衣を身につけた隆一と江美子は座卓に向かい合って坐る。

「この旅館は部屋食なのがいいな」

江美子からビールの酌を受けた隆一が、江美子のグラスにビールを注ぎながら呟く。

「他のお客と顔を合わさなくていいからですか?」
「そうだ」

隆一はそう言うと微笑し、手に持ったグラスを江美子のグラスに触れさせて「乾杯」と言う。

「何の乾杯ですか?」
「結婚一周年だ」
「記念日は来月ですわ」
「わかっている。だいだいで、っていうことだ」

空になったグラスに江美子がビールを注ぐ。

「別に来月、お祝いをしないっていう意味じゃないぞ」
「わかっていますわ」
「来月は理穂と三人でやろう。今晩は二人だけで前祝いだ」

隆一は旨そうに二杯目のビールを飲むと、再び江美子のグラスを満たす。

「ここからは手酌でやろう。料理も旨そうだ」

隆一は前菜をつつき出す。しばらくの間隆一と江美子は、新鮮な山菜や川魚を中心とした料理に集中する。

「この山女も旨いな」
「そうですね」

隆一は山女の塩焼きの身をほぐしたのをつまみに、常温の日本酒を飲んでいる。江美子も酒は嫌いではないが、それほど強くはない。隆一に付き合っているうちに江美子の顔は薄い桃色に染まっている。

江美子は先ほど麻里から聞かされたことを話題に出そうか迷っていた。結婚するにあたって隆一に離婚歴があることは知っていたが、「性格の不一致」と説明する隆一に対して深く尋ねることはなかった。

江美子自身が今時離婚など珍しくないと考えていたことと、通常なら母親が引き取るはずの娘の理穂を隆一自身が引き取っていることから、隆一に大きな落ち度はなかったのではないかと判断したことが理由である。

江美子は結婚する前に隆一から理穂に引き合わされた時のことを思い出す。イタリアンのレストランで江美子と向かい合って食事をしながら愛想よく話をしていた理穂が、隆一が急な仕事の電話で席を外した時、声を潜めて江美子に囁いた。

「江美子さん、パパがママと離婚した本当の理由を聞かされている?」
「いえ……」
「それなら教えて上げる。絶対に知っておいた方がいいから」

身を乗り出すように話す理穂の言葉に江美子は思わず聞き入る。

「ママがパパを裏切ったの。男を作ったのよ」
「えっ……」

理穂の言葉に江美子は衝撃を受ける。

ひょっとしてそういうことではないかとは思っていたが、まだ中学1年の理穂があまりに生々しい言葉を発したことにむしろ驚いたのである。

「パパは江美子さんに対して、ママが一方的に悪いというような言い方はしていないでしょう?」

その通りなので江美子はうなずく。

「パパはそういう人なの。自分にも責任があると思ってしまう。でもパパは全然悪くないわ」

理穂は真剣な表情を江美子に向ける。

「江美子さんはパパを裏切らないでね」
「えっ」

江美子は理穂の迫力に気圧されそうになる。

「もちろんよ。そんなことはしないわ」
「良かった」

江美子の言葉に理穂はにっこりと笑みを浮かべる。

「約束よ」
「ええ、約束するわ」
「それなら私はパパと江美子さんの結婚には大賛成よ」
  1. 2014/09/28(日) 12:27:00|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第5回

「でも、有川さんが言ったとおりかもしれません……」
「えっ?」

考えに耽っていた江美子は、麻里がじっとこちらを見つめているのに気づく。

「隆一さんが好きな女性のタイプというのがあるんでしょうね。あの人の譲れない好みは目元がはっきりしていること。胸の大きさにはあまり拘らないけれど、お尻が大きめでしかも形がいいこと。その2つです。江美子さんはそれを両方とも満たしていますわ」
「そんな……」

江美子にとってはコンプレックスだったお尻の大きさを麻里から指摘されたことも恥ずかしかったが、有川という男は麻里から、隆一の好みを聞いていたのかと少々不快な気分にもなる。

麻里はそんな江美子の疑念を察したかのように再び口を開く。

「いえ、有川さんがそういったのは、あの人が昔から隆一さんの好みを知っていたからです」
「どういうことですか?」
「隆一さんと有川さんは、大学時代のサークル仲間だったんです。隆一さんたちの大学を中心とした合唱団で、隆一さんがセカンドテナーのパートリーダーで、有川さんがバリトンのリーダー。私は2人とは違う大学だったけれど、同じサークルに所属していて、そこで彼ら二人と知り合ったのです」
「そうなんですか……」

有川という男と隆一がサークル仲間だということは先ほど隆一から聞いていたが、それ以外は江美子にとっては初耳である。

「江美子さんは私のことを隆一さんから聞いていないんですか?」
「いえ、ほとんど何も」
「あら、そうなんですか?」

麻里は少し驚いたような表情になる。

「隆一さんと有川さんは単なるサークル仲間というだけでなく、音楽の趣味もぴったり合っていて、お互いが一番の親友だと言える仲だったんです。おまけに女性の好みも同じ。目元がはっきりしていてお尻が大きめの女、っていうのは有川さんの好みでもあるんです」

麻里は微妙な笑みを浮かべる。江美子は何と反応したら良いかわからず、やや当惑した表情を麻里に向けている。

「ごめんなさい、少し喋りすぎたかしら」
「いえ……」
「なんだか江美子さんのことを品定めするような言い方をしてしまったわ。初めてお会いしたような気がしなくて、失礼なことを申し上げてごめんなさいね」
「そんな……いいんです」
「隆一さんのことは隆一さん自身から聞かされるべきね。あの人とはもう他人になった私なんかがおせっかいをするのは良くない。それは分かっているのだけれど……」

麻里はそう言うと少し顔を逸らす。

「あの人には……今度こそ幸せになって欲しいの」
「……麻里さん」
「これも余計なことですね。あなたのような女性を見つけたのだから、今はきっと幸せなんでしょう。いえ、これからもずっと」

麻里は湯船の中で立ち上がる。

「本当は私がこのままここから姿を消した方が、江美子さんの気持ちは穏やかになるのだろうけど……」
「そんな、私はかまいませんわ」

江美子は首を振る。

「隆一さんの昔のことを少しでも知ることが出来て良かったです」
「そう、ありがとう。それじゃあ出来るだけあなたたちのお邪魔にならないようにするわ」

麻里はそう言って微笑むと江美子に「お先に」と声をかけ、脱衣所へと歩き出す。湯に濡れてキラキラ光る麻里の白く豊満な臀部が左右に揺れるのを、江美子はぼんやりと眺めていた。
  1. 2014/09/28(日) 12:26:03|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第4回

「あの……理穂ちゃんはお母様と連絡をとっているのですか」
「はい」

頷く麻里を見て江美子は更に尋ねる。

「隆一さんと離婚されてからは、お会いになっていないと聞いているのですが」
「会ってはもらえませんが、たまにメールで最低限のやり取りは。私がいなくなってからは理穂が家のことを取り仕切っていましたので」
「あの……ここに私たちが来ることをご存知だったのですか?」

ひょっとして麻里が、自分と隆一がTホテルに来ることを理穂から聞いて、わざといっしょの宿をとったのではないかと疑ったのである。

「とんでもありません。私もまさか隆一……さんと会うなんて思ってもいませんでした。もしそんなことになるのが分かっていれば有川さんのお誘いを断っています」
「有川さんって……そう言えば、さきほど麻里さんは中条とおっしゃいましたが」
「中条は私が結婚する前の姓です。離婚したので旧姓に戻りました」
「有川さんとはご結婚されていないのですか?」
「はい。私は二度と結婚するつもりはありません」

麻里はきっぱりとした口調で言う。

「私のような女が結婚すると、周りを不幸にするだけです」
「……」
「江美子さんとおっしゃいましたっけ、私がいえるようなことではありませんが、隆一さんを幸せにしてあげてください。そして、出来れば理穂も……」

麻里は湯船の中で深々と頭を下げる。江美子はそんな麻里をしばらくじっと見つめていたがやがて「麻里さん、頭を上げてください」と声をかける。

「私は麻里さんから頭を下げられるようなことはしておりません。ただ隆一さんが好きで……一緒になっただけです。理穂ちゃんと私は家族ですし、仲良くしたいと考えていますが、理穂ちゃんの母親は麻里さんだけだと思っています」
「私には母親の資格なんて……」
「子供にとって、自分を産んだ母親は掛け替えのないものだと思います」
「……ありがとうございます」

麻里は顔を上げて、江美子に微笑みかける。

「それにしても、こんなところで一人の男の前の妻と今の妻が裸のまま挨拶を交わすなんて、考えてみたらちょっとおかしいですわね」
「そういえば」

麻里の言葉に江美子もなんとなく滑稽な気分になる。

「江美子さんには不愉快な思いをさせてしまってどうもすみません。隆一さんによく説明しておいてください。今回のことは本当に偶然なのです」
「わかりました」

江美子も微笑んで頷く。

お互い裸で入るせいか、江美子は麻里に対してなぜか打ち解けた気分になる。

「そうですか、インテリアコーディネーターなんて素敵ですね」
「全然素敵なんじゃないんです。カタカナでなんとなく格好良さそうに聞こえるだけで、本当は泥臭い仕事なんですのよ」

お互いの仕事の話をしているうちに、江美子は麻里が隆一の先妻だということにも不思議と抵抗がなくなってくる。

「江美子さんはおいくつですか?」
「今年33になりました」
「まあ、お若いんですね。羨ましいわ」
「そんな……もうおばさんですわ」
「33でおばさんなら、私なんてどうなるの。来年で40よ」

麻里はくすくすと笑う。

(……ということは隆一さんと同い年)

江美子はちらちらと麻里の白い肌を眺める。

(それにしては綺麗な肌をしている……私よりもずっと色が白くてきめが細かいかも)

江美子がそんなことを考えていると、麻里が思い出したように口を開く。
  1. 2014/09/28(日) 12:25:03|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第3回

「本当ですか?」
「本当だ。麻里がここに来ているなんて思いもしなかった。いや、もしも俺との思い出の宿ならなおさら、あいつに来れるはずがないと思っていた」
「私をここに連れてきたのは、それだけが理由なんですか?」
「そうだ」

江美子はしばらく目を伏せていたが、やがて顔を上げる。

「わかりました。隆一さんの言うとおりだと信じます」

江美子はそう言うと柔和な笑みを浮かべる。

「隆一さんは気になりますか? 麻里さんのことが」
「いや……」

隆一は首を振る。

「さっきはいきなりだったからこちらも驚いただけだ。あれからもう5年以上もたつし、俺には今は江美子がいる」
「それなら、折角の旅行ですから、楽しみましょう。こちらが気にしなければいいだけのことです」

江美子は冷めかけたお茶を一気に飲み干す。

「お茶を淹れなおしましょうか」
「いや、だいぶ歩いたせいか、喉が渇いた。俺もこれでいい」

隆一も湯飲みの中のお茶を飲み干す。

「それじゃあ、お食事前にお風呂に行きましょう」

江美子は立ち上がると隆一を誘った。


Tホテルは和風の温泉旅館であり、男女別に別れた室内の大浴場だけでなく、タオル着用の混浴の露天風呂、またいくつかの貸切の家族風呂がある。江美子は隆一と別れ、室内の女湯に向かった。

チェックイン間もない時間でもあり、風呂には先客は3人しかいない。うち一人は60過ぎ、もう2人は江美子とほぼ同年代と思われる母親とその娘らしい少女である。

少女は母親に髪を洗われながらきゃっ、きゃっと楽しそうにはしゃいでいる。江美子はそんな母娘の姿をぼんやりと眺めている。

(理穂ちゃんと麻里さんも、やはりこのお風呂の中であんな風に楽しそうにしていたのだろうか……)

母親はケラケラと笑う娘をたしなめつつも、慈愛のこもった眼差しを向けている。江美子は軽く身体を洗うと湯船に浸かり、ゆっくりと手足を伸ばす。

日頃溜まった疲れが湯の中に溶けていくようである。江美子は母娘の姿を見ながら先ほど出会ったばかりの麻里のうろたえたような顔を思い出す。

(麻里さんはやはり理穂ちゃんと暮らしたいだろう。理穂ちゃんも本当はそうなのでは……)

母と娘は仲良くてを握り合って風呂から出る。江美子がぼんやりと湯船に浸かっているうちに何時の間にか60過ぎの女性はいなくなっている。一人になった江美子がうとうとしていると、扉が開く音がして新たな客が入ってくる。

顔を上げた江美子は、それが麻里であることに気づく。

「あ……」

麻里は一瞬戸惑ったような顔をするが、やがてお辞儀をすると洗い場に腰をかけ、軽く身体を洗い、湯船に入ってくる。

「先ほどはご挨拶もせずに失礼致しました。中条麻里と申します」
「こちらこそ失礼しました。北山……江美子と申します」

裸のまま2人の女は湯船の中で向かい合う。

「いつも理穂が大変お世話になっています」
「いえ……」

江美子は首を振ろうとして、麻里に尋ねる。
  1. 2014/09/28(日) 12:23:57|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第2回

旅館を出た隆一と江美子が、川沿いの道を10分ほど歩くと木製の吊橋に着く。橋の向こうから歩いてくる男女2人連れを目にした隆一は急に立ち止まる。

「どうしたんですか」

江美子が怪訝な表情をする。2人の男女も隆一に気づいたのか、一瞬顔をこわばらせるが、すぐに平静を保ち隆一に近づいてくる。

「これは北山さん、こんなところで会うとは奇遇ですね」

男は不自然な笑みを浮かべながら隆一に話しかける。

「……どうも」

隆一は頷いて男の後ろに隠れるようにしている女に目を向ける。女はこわばらせたままの顔を隆一からそむけるようにしている。

「どちらにお泊りですか」
「……Tホテルです」
「そりゃあますます偶然だ。我々も昨日からそこに泊まっているんですよ」

男は笑顔を浮かべたまま隆一の顔をじっと見る。たまりかねた隆一が顔を逸らすと、男は口元に勝ち誇ったような笑いをうかべ、江美子に視線を移す。

「こちらは、奥様ですか」

隆一が答えないので、江美子は仕方なく「はい」と返事をし、頭を下げる。

「そうですか」

男は笑いを浮かべたまま振り返ると、背後の女に声をかける。

「やはりどことなく麻里に似ているな。女の趣味というのは変わらないもんだ」

男はそう言うと声をあげて笑う。女はじっと顔を逸らせていたが、やがて「もう、いきましょう」と男に声をかける。

「それじゃあ、また」

男は薄笑いを浮かべたまま隆一に会釈をすると、隆一たちが来た道を旅館に向かって歩き出す。女は深々と隆一に向かって頭を下げ、男の後を追う。硬い表情で立ち竦んでいる隆一に、江美子が気遣わしげに声をかける。

「隆一さん……今の人たちは」

隆一は江美子に背を向けたまま川面に視線を落としている。

「別れた妻の麻里だ」
「すると、男の人の方は……」
「有川誠治、俺の大学時代のサークル仲間だ」

隆一は掠れた声で答える。

「そして麻里を、俺から奪った男だ」


隆一と江美子はその後30分ほど無言のまま散歩を続けると宿に戻る。チェックインを済ませて部屋に案内された2人はお茶にも手をつけないで黙ったまま座卓越しに向かい合っていたが、やがて江美子がたまりかねたように口を開く。

「隆一さん、どうして麻里さんがここに」
「わからん」

隆一は首を振る。目を上げた隆一は江美子が必死な顔つきをしているのに気づき、言葉を継ぐ。

「本当だ。有川の言っているとおり偶然だろう」
「そうなんですか?」
「……ただ、このホテルは以前、麻里と理穂の家族3人で泊まったことがある」

「麻里さんとの思い出の宿って言うことですか」

江美子の表情がさらに強張ったのを見て、隆一は弁解するように続ける。

「違う。ただその時、料理も応対もとてもいい宿だと感じた。だから江美子を今回連れて来たいと思ったんだ。お互い忙しくて、ようやく2人で来れた一泊旅行だから、あえてはずれを引きたくなかっただけだ」
  1. 2014/09/28(日) 12:22:44|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の妻 第1回

横浜を出るころは雲が多かった空も、K温泉に着いた時はすっかり晴れ上がっていた。紅葉にはまだ早いが、かえってそれだけに有名な温泉地とはいえ降車客も多くない。急に思い立った旅行だったが、希望の宿も問題なく予約することが出来た。

「気持ちいいわ、これこそ秋晴れって感じですね」

駅前に降り立つと、オレンジ色のニットのトップに白いパンツ姿の江美子が両手を上げて大きく伸びをする。明るい栗色に染めたウェーブのかかった髪が陽光にきらめくのを隆一はまぶしげに見つめる。

隆一は地面に置いた江美子のバッグを空いた手で持つと、タクシー乗り場に向かう。

「あん……自分の荷物は自分で持ちますよ」

江美子が小走りで隆一を追いかける。隆一はドアを開いたまま客を待っている数台のタクシーのうち、先頭の車に乗り込むと「Tホテル」と行き先を告げる。

「チェックインにはまだ早いから、ホテルに荷物を置いて少しその辺りを散歩をしよう」
「そうですね、2人とも日頃運動不足ですから」

江美子がにっこりと笑うのがドアミラーに写る。

「江美子」
「何ですか?」
「その丁寧語はやめろ」
「だって……習慣になっていますから、すぐには直りませんわ」

江美子は少し困ったような顔をする。

隆一と江美子が出会ったのは今から2年前、隆一が37歳、麻里が31歳のころである。大手都市銀行の一角、首都銀行の審査1部に審査役として配属された隆一は、そこの企画グループに所属していた古村江美と出会った。

一度結婚生活に破れた経験のある隆一は、女性と付き合うことについては臆病になっていた。しかし、江美の育ちのよさから来る天然のアプローチが次第に隆一の心を動かし、一年後に2人は結婚した。

首都銀行は同じ職場の行員同士が結婚すると、どちらか一方は転勤しなければならない内規がある。このため江美はターミナル店舗である渋谷支店の営業部に異動となり、法人営業の仕事に就いている。

タクシーは15分もしないうちにホテルにつく。フロントに荷物を預けて身軽になった隆一と江美子は、再び外へ出る。

「いい眺めですわ」

くっきりとした山並みを見ながら、江美子が溜息をつくように言う。色づき出した木々が美しいまだら模様を作っている。

「理穂ちゃんも一緒だったら良かったですね」

江美子の視線に少し翳りが差したのに隆一は気づく。

「今回の旅行は理穂が勧めてくれたんだ。その気持ちをありがたく受け取っておこう」
「そうですね」

隆一には先妻との間に出来た娘、理穂がいる。5年前に先妻と離婚したとき、小学3年だった理穂にはまだ母親が必要だと隆一は考えたのだが、理穂は母親と暮らすことをはっきりと拒絶した。そればかりでなく、理穂はずっと母親との面会も拒んできた。隆一は娘に根気強く、母親と会うことを奨めたのだが、理穂は頑として受け付けなかった。

江美子と結婚が決まってからは、隆一も娘と母親を会わせることを諦めるようになった。隆一は江美子が理穂とすぐに家族同様にはなれないかもしれないが、いずれはよき相談相手にはなれるのではないかと期待した。そのためには理穂に、母親と会わせることを奨めるのはむしろ弊害になるのではないかと思ったのである。

隆一が江美子と結婚したいということを話したとき、理穂は少しショックを受けたような顔をしたがすぐに平気な顔をして、「良かったじゃない、お父さん」と微笑した。3人で暮らすようになってからも、理穂は江美子に対して屈託のない態度を示したが、それは隆一には、まるで年の離れた姉に対するようなものに見えた。

理穂が江美子のことを母と呼ぶ日が来るのかどうか、隆一には分からない。継母と娘の葛藤といったことは一昔前のドラマや小説ではよく聞くはなしだが、離婚がごく当たり前になった現在ではさほど珍しいものではないのかもしれない。今年中2になった理穂が江美子のことをどう位置付けるのかは理穂自身に任せようと、隆一は考えていた。
  1. 2014/09/28(日) 12:21:41|
  2. 二人の妻・桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プライド 第9回

何から言い出そうか。
居間のソファーに腰掛けてそのタイミングを狙った。
しかし、私の気持ち等お構い無しに、妻からきっかけを作る。
「何時も迷惑を掛けて悪いんだけど、来週の祭日に会社の仲間とテニスの練習に行っても良いかしら?今度、取引会社との一寸した大会があるの。今度は如何しても勝ちたいのよ。それで皆で気分を変えて練習しようと言う事になっちゃて。試合の後は暫らく迷惑を掛ける事も無いと思うの。少し遅くなると思うけど。御免、今回だけ許して」
深々と頭を下げた。いったい何を考えているのか。
知らないと思って,やりたい放題だ。
「駄目だな。その日も色々しなければならない事がある。そんな暇は無いと思うぞ。お互いにな」
「あら、如何したのよ?何時も無関心でいたくせに。もう約束してしまったの。ねぇ、今回だけ許して」
確かに今迄は、妻の行動に無関心であった。これ迄も、友達と温泉に行く事も有た。私は羽を伸ばせる位に思い、大半は文句を言わなかった。何時からだろうか。妻の行動に何の興味も持たなくなったのは。二人で過した時間だけ、女の部分に興味を失い、親兄弟の様に感じてしまっていたのか?夫婦と言えど、所詮は他人である。余りに無関心だと寂しさも感じただろう。妻にこんな行動を取らせたのには、私の責任は無かったのだろうか?
何も無い事は無かっただろう。しかし、それを理解し許す余裕は、この時の私には無かった。
「駄目と言ったら駄目だ。本当にお互いに忙しいんだ。そんな暇はない」
妻が怪訝そうな顔をする。まだ何も知らないと思っているのだろう。
もう全て分かっているんだよ!これだけ不審な行動が続けば、誰だって怪しむ。その位考えないのか?馬鹿にするのも程が有ると言うものだ。
頭に血が上るが『冷静に』と言い聞かせる。
「そもそも会社の仲間って誰なんだ?」
「・・・・・・・」
妻は答えない。それはそうだろう。仲間とでは無く男と行くつもりなのだろうから。
「言ってみろよ」
「言ったら如何するつもり?その人に文句なんて言うんじゃないでしょうね?だいたい一人じゃ無いわ。グループで行くのよ」
「そうか。団体さんか。それでも良いだろう。何人だろうと良いよ。俺もその練習を見に行って、宜しくって挨拶するだけだ。だから、誰なのか言えよ」
「・・・・そんな事してくれなくてもいいわよ。今迄そんな事してくれなかったじゃないの。今更変に思われるわ」
「変に思ってるのは俺だ。なぁ、俺が何を言いたいか分からないのか?そうだな、こんな遠回しじゃ分からないよな」
流石に妻の顔色が少し変わり、私の顔を凝視した。
「なっ何の事かしら?意味が分からないわ。ねぇ、何か誤解してない?」
「誤解ならどれ程良かった事か。もう全て分かってるんだよ。だから、これから如何したいのか、はっきり言ってくれないか」
此処まで言えば、流石にもう悟ったのだろう。
「全て分かってるって・・・・なっ何を分かってるの?」
視線を外している。その声にも動揺が感じられる。私が仕事で結果を残せず、上司の前でしどろもどろと報告している姿もこんな感じなんだろうな。格好の悪いものだ。自信のある者が取る態度では無いのだ。当たり前であろう。この女はこれから、このピンチを如何切り抜けようとするのだろうか?
「お前のやって来た事だよ。何が不満だった?確かに俺の責任も有るだろうな。不満も有っただろう。だけどな、普通そんな事をするか?今はそれが当り前の時代なのかな?なにより、お前はそれで楽しかったのか?」
私は、じっと妻の返答を待つ。
「意味が分かりません」
知を切り通す作戦の様だ。それなら此方も切り札を出す事にしよう。
興信所の封筒を妻に突きつけた。数枚の写真と報告書が入っている。メモリーカードはまだパソコンの中に入ったままである。
妻は力無くその場に、へたり込んでしまった。これから私達は何処にたどり着くのだろうか?
  1. 2014/09/28(日) 12:01:13|
  2. プライド・高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第19回

妻は一旦席を立つとキッチン向かい、私にも「あなたも飲むわよね?」と問いかけながらコーヒーを作り始めました。
「話の途中じゃないか・・・」
私がそう告げかけるとそれをあっさりと遮るように妻はコーヒーメーカーに引いた豆を入れながら
「とにかく落ち着いて。今美味しいコーヒー入れるから・・・」
と黙々とキッチンで作業を続けました。
そして暫くするとコーヒーカップに香ばしい香りを満たして私の前に運んできたのです。
「はい、お待たせ。」
私のコーヒーの好みは妻はよく知っており、私の好きな銘柄の豆の香りがほのかに私の枯れ果てた心を癒してくれるようでした。
するとふいに妻が
「これ、覚えてる? 去年あなたが結婚記念日に下さったお揃いのコーヒーカップ・・・」
といって自分のコーヒーカップを手に取って呟いたのです。
そう、妻が出してきたコーヒーカップは確か去年私が結婚記念日にという事で、特に気に入った唐草地の有田焼で、2つセットでインターネットで購入したものでした。
しかし私のカップは大変に入って常に愛用してきたものでしたが、妻のこのカップは私のと一緒に並べられてコーヒーを味わう事はほとんどなかったのです。
それを今は2つのお揃いのカップを並べて出してきたのです。
「お前はこのカップ、ほとんど使ったことないだろう・・・」
私が問いかけると妻はびっくりした様子で否定してきました。
「あら、そんなことないわ。自宅に居る時は割とこのカップ使う事が多かったわ。あなたが知らなかっただけよ。」
とニッコリ微笑むのです。
私はなぜこんな夫婦間の重大な話し合いの場に2人の記念になるようなものをわざわざ出してくるのかと思い、最初はわざとらしく妻が2人の夫婦関係をこのコーヒーカップで示して強調したのが不愉快にすら思えたのですが、ふいに以前あった出来事を思い起こしました。

5、6年前頃、私の仕事が最も忙しかった時がありました。
忙しかったというよりも、私の昇進が目前まで迫っていた為の私の焦りから仕事を無理矢理詰めていたというのが正解なんですが、がむしゃらに仕事に専念していた為、家に帰るのも侭ならない状況が数ヶ月も続き、しかし結局無理が祟って体調を大きく崩して昇進に失敗してしまった事があったのです。
そして入院する羽目にまでなってしまい身も心も疲弊しきってしまいました。
その時妻は私が昇進することだけに専念して家庭を顧みていなかった事も、結局昇進に失敗してしまった事も、その事が原因で体の調子まで悪くなった事も始終口を挟む事はしませんでした。
しかしようやく退院できて我が家に戻った後、仕事にも復帰してようやく元の生活を取り戻した頃に、佐智子の母親が回復祝いを兼ねて訪れてきてこんな会話を私としたのです。
「本当、則之さんもすっかり元気になってよかったわ。」
と佐智子の母は前置きした後で
「佐智子がいる前でこんな事いったらねぇ、きっと怒ると思うから内緒にしておいて欲しいんだけれど、ほら、則之さんが入院している前後で、うちもお父さんもしばらく体の調子が悪くなってて、佐智子も何日か実家に来た事あったじゃない?」
「ええ 僕が仕事で忙しくなったあたりから退院するまで何回かそちらに行った事は知っています。」
「そう。それでね、佐智子ったら家に来る度に毎朝どこかへ出かけるのよ」
「どこへ?」
「うふふ、それがね、結局佐智子からは何も話してくれなかったんだけれど、この間ね、前に佐智子が使っていた部屋の机の中からお守りがいっぱい出てきたのよ」
「お守り?」
「そう、ほら家の近くに有名な大社があるでしょ? どうやらそこへ毎朝お参りに行っていたみたいなの。」
「へえ」
「それでお守りを見てみたら”病気回復祈願”だったものだから、家のお父さんが大喜びしてね、”俺の為に毎朝佐智子がお参りしてくれてたんだ”って大はしゃぎだったのよ。」
「そうだったんですか」
「ところがね、あんまり一杯お守りがあるものだから色々見てたら”出世祈願”や”家庭円満”なんてのも沢山出てきたのよ。」
「えっ?」
「ふふ。そう、全部則之さんへのお参りだったの。それを知ったお父さんはがっかりしちゃって・・・もう、可笑しくって」
「そんな・・・」
「佐智子ってそうゆうところ昔からあるのよね。私はそうゆう佐智子が好きだけれど。佐智子は則之さんに知られたくないと思って実家に来た時だけ、きっとそんなことしていたのね。」
私はその時佐智子の優しさに触れ、滂沱たる涙が止まりませんでした。
仕事で家庭を顧みなかった私の事も昇進に失敗した事もそれが原因で入院した事も、何も文句も言わずにかえって私の心配をしていてくれた佐智子の優しさが胸に染み渡ってきたのです。
それ以来更に佐智子に対して優しく振舞おう、常に佐智子を一番に考える夫でいよう、とする姿勢が強くもなったのですが。

今目の前に置かれた2つの結婚記念日に買ったコーヒーカップを妻が差し出した理由はもしかしたら、そんな妻の私への思いを表してくれたからかもしれない・・・そう思うと妻のお守りの件がダブってしまい、”妻を疑う”心に大きな誤りがあったのではないかとすら思えてしまったのです。
私が知らなかっただけで妻はきちんとこの結婚記念日のコーヒーカップを愛用していてくれた・・・私が知らなかっただけの事かも知れない。
私が妻はせっかくの結婚記念日のカップを愛用してくれていないと思い込んでいただけ・・・つまり私が昨日今日で見た現実も何か大きな勘違いをしているのかもしれない・・・
テーブルを挟んでコーヒーを美味しそうに飲む妻をジッと私は見つめながら、それでも払拭しきれない現実を重ねてどう解決すべきか迷っていってしまいました。
  1. 2014/09/28(日) 09:15:02|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第18回

浅い眠りについてからどれ位の時間が経過した頃でしょうか、私は玄関からの靴音で目が覚めました。
時計を見るともう午後1時です。
ぼんやりとした思考が少し続いた後、一体自分が寝室で何をしていたのか思い出してしまうと、咄嗟に心の奥に鋭利な刃物でも深く突き刺さるような感触をおぼえました。
ですから帰ってきたであろう妻を出迎える気になど到底なれるはずもなく、私はしばらくはベッドで上半身だけ身を起こしてぐったりしたままでした。
足音は玄関を上がるとそのままリビングに入ったようで、寝室のここからでは何をしているのかよく聞き取れません。
私はいよいよ真実を妻の口から吐き出させなければならないという覚悟と、それでもこれ以上は真実を知らぬまま生活をしていくことが不可能であるという絶望心を持ち合わせたまま、重い腰を上げてリビングへよたよたと歩いていったのです。
そして・・・思い詰めた私の心を静かに、しかし全てを開放せねばならないかのようにリビングの扉をゆっくりと開けました。
妻はリビングの扉に背を向けて座ってイヤリングを外していたようで、扉を開けてもまだ私が居た事には気付いていないようでした。
「今帰ったのか・・・」
ボソリと私が呟くと妻は一瞬怯んだように背をビクッとさせて振り返りました。
「きゃっ あなた? 何? どうしたの? こんな時間から・・・」
私がこんな日中から家に居た事に妻は大変驚いたようでした。
「・・・今日は調子が悪くて・・・会社、休んだんだ」
「・・・そ、そう・・・風邪でも引いちゃったのかしら? お医者さんは?」
「いや、行ってない」
「駄目じゃない、行かなくちゃ・・・もっと酷くなったら大変だから今からでも行った方がいいわ」
こんな私の気持ちを知らずに身を案じている妻の言葉すら逆に虚しく、辛いばかりのものでしかなく、妻が言葉を発する私への偽りの愛情の素振りがかえって屈辱感と怒り、そして藤原と名乗る男への嫉妬心でいっぱいになってしまいました。
「あなた? 大丈夫?」
私は妻への返事もせず、突っ立ったまま妻の姿をジッと眺めるしかありません。
朝見かけた時も意味不明の行動を取った時も全く同じ男を魅惑させる服装に包まれた妻は、きっと自宅に帰るまで藤原という男に何度も求愛され、嬲られ、辱められ、絶頂を味わったのだと思った瞬間に私は感情のまま妻へ問いかけていました。
それは結婚して15年間今まで一度も妻に対して侵犯した事のなかった”妻への疑惑”という心情から出た初めての言葉でした。
「・・・今日、実は駅で佐智子を見てしまったんだ・・・」
「・・・えっ? 駅で?」
「一体、今日これまでどこで何をしてきたんだ・・・」
私はもうこの時は既に流したくもない涙がこぼれていました。
妻は私の掴んだ証拠に対してこれから何らかのレスポンスを返してくるのでしょうが、その話が私の見た事実と相違すれば、この時点で妻は私に嘘をついていた証拠にもなり、また意味不明の行動をありのまま告げたとしても、それはきっと言い訳不能に陥ってしまい、結局は不倫を告白するものになってしまうのでしょう。
いずれにしろ、妻がこれから私に対して告白する内容が私達夫婦の関係全てを引き裂く結果になるのだろうという悲しみが私の涙となって出てきたのだと思います。
「あなた、泣いているの? どうしたの?」
「そんな事はどうでもいい!・・・今までどこで何をしてきたのか、正直に言ってくれ・・・」
「・・・」
「どうした! なぜ黙ってる!?」
妻は言葉を伏せるとただリビングを見つめるばかりです。
「何とか言ったらどうなんだ・・・」
「何をそんなに怒ってるの?」
「一体今までどこで何をしていたんだと聞いてるんだっ!」
「・・・」
「なぜ黙る?」
そう私が重ねて聞くと妻は一瞬大きく深呼吸をしたような素振りを見せて今度は私に問い返してきました。
「・・・あなたは・・・その言葉は、私を・・・何か疑ってるのね?・・・そうなのね?」
妻はそう告げると何だか悲しい目をして私を見つめ直してきました。
私は正直とても躊躇しました。
私がまず”妻を疑っているのか”という質問を認めなければこれ以上話が進まない妻の問いかけであり、今まで私達夫婦は常に「佐智子を信じている」「私を信じてくれている」という関係で成り立っていた夫婦関係を一切断絶した上で会話を進めていかなければならないのです。
「佐智子を疑っている」と言えばもしも何か情状酌量の余地があった場合に私が「許す」と言っても、最早その夫婦関係を修復することは難しくなるのでしょう。
「信じている」と言うのであれば、妻に対して強い問いかけをすることはきっと困難になり、事実がぼやかされてしまうかもしれません。
そんな事を妻の問いかけに対して咄嗟に適切な回答を考えながらも結局はこんな憤りに包まれた状態においてすら決定的な言葉を出せなかった私はきっと弱い人間なのでしょう。
我ながらついに妻に出した返答に情けなくなるばかりでした。
「・・・もちろん、信じてはいる・・・でもちょっと納得できない事が立て続けに起きてしまって・・・」
「一体何がどうしたというの?」
「駅で見かけて・・・それから・・・」
「それから?」
「ちょっと見慣れない服で、しかも何も言わないで出かけたものだから・・・どこに行ったのかと・・・」
もう私はちょっと前までの怒りがあっという間に萎んでしまい、妻に対する疑問を柔らかく、なるべく刺激の少ないように聞くしかできませんでした。
「これはこの前買った服じゃない。あなたにも見て貰ったでしょ? そしたら『とっても似合うよ』って言ってくれたのに」
「それはそうだけど・・・あれじゃ露出が多過ぎるんじゃないか?・・・」
「そうかしら? それほど気になる程じゃないと思うんだけど」
「いや、それで・・・調子が悪くて少し駅前で休んでいたら佐智子が通りかかったものだから、声をかけようと追いかけたら反対のホームから電車に乗っていってしまって・・・」
「やだわ・・・あの時駅にいたの? 声かけてくれればよかったのに」
「声をかけるって・・・一体どこへ向かったんだ?・・・第一今朝は出かけるなんて一言も言わなかったじゃないか?」
「・・・やっぱり疑ってるんじゃない・・・」
「・・・」
私は妻からそう聞かれると何も言い返せない自分が情けなくなりました。
疑っているんです、そう、私は妻を疑っている。
しかし、それを妻に対して正直に告げる事はどうしてもできないのです。
「とにかく納得できるように話して欲しい・・・」
私はそう妻に告げるしかありませんでした。
妻は悲しげな眼を私に投げてから一度俯いて、もう一度大きくため息をつくと
「いいわ。あなたの納得いくまで話します・・・」
と語りだしたのです。
  1. 2014/09/28(日) 09:14:02|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第17回

藤原という若い男・・・女性店員から告げられたその言葉が頭から離れ付いて取れません。
喫茶店の前の通りを自宅方面に歩きながらぼんやりと空を見上げながら私に思い当たる人物はないか、考え続けました。
・・・一体誰なんだろう・・・藤原という男はどこの人間なのか・・・フジワラ・・・あっ。
そうです、その時思い出したのです。
あの妻の日記に書いてあったFという記号・・・。
・・・F・・・FUJIWARA・・・そうだ、あの妻の日記に書き込まれていたFはきっと藤原という苗字の男の事だったんだ・・・。
その藤原という男とどこかで待ち合わせしている時間があのFの文字の横に記されていたに違いない・・・。
私は一つの謎が氷解した喜びが一瞬だけ突き上げたものの、次の瞬間にはどうしようもない嫉妬が心を襲ってきました。
・・・一体どうゆう男なんだ・・・その藤原ってヤツは・・・その藤原という男が妻を誑かして、気持ちを揺さぶっているに違いない・・・。
最早妻の浮気は私の中では断定的なものになっていました。
それで、その藤原という男と肉体関係を持って・・・更にはバイブやローターまで使う程のセックスをしているというのか・・・
私は殺意すら湧き上がる程の感情を押さえつけ、もうこの後に及んでは妻にこの事実を突きつけて確認する以外にないとようやく決心がつきました。
いや、これ程までの確定的な物的証拠が出揃い感情も高ぶった今でしか聞く事はできない、と思ったのかもしれません。
そう決心するとすぐに私はすべて妻から白状させるために自宅へ駆け足で戻りました。
わずか10数分で辿り着いた玄関の前で我が家を見上げると、もう何もかも虚しい気持ちしか込み上げてきません。
全ては偽りだったということ・・・私への信頼も愛情もこの我が家ですら・・・それまでは妻と私の愛の砦とすら思えてきたこの我が家も、今では砂上の楼閣にでもなってしまった虚しさ・・・。
泣きたくなるような思いを堪えて玄関の扉を開けようとすると、鍵が掛かっていることに気付きました。
そう、妻はまだ自宅へは戻ってきていなかったのです。
もしかしたら妻は携帯で藤原と連絡を取って別の場所で会っているのではないか・・・今頃情事の真っ最中なのか・・・そんな妄想が頭を駆け巡り、私は我が家に入っても一向に座して待つ事すらできないままリビングをウロウロして、落ち着く事ができませんでした。
もし今頃妻が男に悶えさせられ、私以外の男性に悦ばされていたら・・・そう思うだけで嫉妬と怒りが収まりません。
きっと私が仕事をしている間に、今日のようにあの日記に示された日ごとに情事を貪っていたのだと思うと、嫉妬で心が燃やし尽くされそうな程の怒りしか込み上げてこないのです。
・・・一体妻はあの後どこへ行ったのだろうか・・・
そう考えていた時にふとキッチンの戸棚の例の日記に何か記されているのではないだろうかと考え、再度あの戸棚を開けてみることにしました。
息を殺しながら戸棚を開けると嫌な記憶を思い起こすような感じがする、あの日記がありました。
私は震える手を押さえながら日記を開いていくと、しかし昨日と今日の欄は未だに空白のままでしかありませんでした。
私はどこかホッとしたような、しかし直ぐに現実には妻は藤原という男に会っているはずで、きっと今日この日記にまたFの文字と時間が記入されるのかと思うと、やりきれない気持ちが込み上げてきます。
「ちくしょう・・・」
私はもう一度他に何か手掛かりになるようなものはないかと戸棚を探しましたが、これといったものは出てきません。
・・・いや、待てよ!・・・
私がハッとしたのは何もない手掛かりではなく、そう、どれだけ戸棚の中を探してみても、あるはずの、いや昨日は間違いなくあったあのグリーンのスケルトンで出来たローターがなかった事に気付いたからでした。
・・・まさか!・・・
私は戸棚を元に戻して再度鍵をかけると、今度は最初に発見したあのバイブを探しに急いで寝室に駆け込みました。
妻の引き出しの奥に仕舞いこまれたあの黒いバイブ・・・
私は引き出し丸ごと床に引きずり出して調べました。
・・・しかし、やっぱりバイブも無いのです。
一体バイブとローターを持ち出した妻はどこで何をしているというのでしょうか。
最早15年で築き上げた信頼関係など微塵もありません。
ただ妻が浮気をしている・・・私に対する妻への信頼を裏切った事への怒りと悲しみが私を包み込むばかりです。
妻は浮気をしている・・・そう考えただけで許せないという感情が押しては寄せてくるのです。
私に対する妻の背任行為は断じて許せる筈もありません。
あれだけ妻を愛し、妻を慈しみ、妻を信じてきた私の15年をあっさりと、そして平然と妻は裏切ったのです。
私は寝室でがっくりとうな垂れてしまうと、もう何もする気すら起こりませんでした。
横のベッドにドサリと身を投げてただ目を瞑り、これまで妻と過ごしてきた15年を回想しては、それが全くの虚像でしかなかった事にただ虚脱感を覚え、眠るわけでもない眠りについていきました。
  1. 2014/09/28(日) 09:13:09|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第16回

私はきっと物凄い形相をしていたに違いありません。
女性店員はびっくりしていて返答すら窮してしまう程だったのですから。
それでもすぐに私が何か悪い事でもしたかしらといった少し眉間にしわを寄せた表情に変えて「何か?」と逆に問い返してくる始末でした。
私はとにかく電話の主を知りたい一心でつい「○○の夫なんです」と女性店員に正直に自己紹介をしました。
すると女性店員は私の言葉を少し考えた上で「ははあ、なるほどねぇ」といった表情を見せてニヤリとして、私と妻に何があるのかを直感したようでした。
「今の電話は藤原様という方からです」
「男性ですか?」
「ええ、男性の方です」
「何と言っていたんですか?」
「藤原という者ですが、○○佐智子様を呼び出して欲しい、と。」
「それ以外は?」
「別に何も。いらっしゃいませんと申し上げたら、分かりましたとだけ。」
「・・・その人は幾つ位の方でした?」
「さあ、でも割と若い感じの声だったかしら。」
「若い男?」
私は女性店員の前で天井を見上げてあれこれと藤原という男性で思い当たる人物を想像してみました。
しかしいくら考えても思いつきません。
私の慌てぶりを見ていた女性店員はもう既にさっき喫茶店を出て行った女が私の妻であり、そこへ私が踏み込んできた痴情の縺れか何かと思ったのでしょう。
「さっきの方が○○さんなんですか?」
と女性店員の方から逆に聞き返してくる始末です。
きっと女性はこういった問題が他人に起こっていると、それを詳しく知りたく思う人種なのかもしれません。
「さっきの方、以前一度こちらへおいでになった事ありますよ」
と今度は女性店員から情報を提供してきました。
「いつですか?それは」
「さあ。でも半月位前だったかしら。」
「その時も一人で?」
「・・・さあ、そこまでは・・・ただ綺麗な方だったからよく覚えていただけなので・・・」
「そうですか・・・」
「何かあったんですか?」
「その藤原っていう男が・・・あ、いやいや。 何でもありません。」
私は咄嗟に何ら関係の無いこの女性店員に話す筋合いはないと思い、これ以上は何も聞くこともないし、痴情の縺れといった雰囲気を女性店員に悟られて恥ずかしくなり、「どうも有難う」とだけ断わってさっさと勘定を済まして店を出てしまいました。
  1. 2014/09/28(日) 09:12:09|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第15回

喫茶店の中は表のこじんまりとした雰囲気とは違って奥に長く、座席は20や30位はありそうでした。
客はあまりいませんでしたが、奥のテーブルで話し合っているカップル、窓際のテーブルで新聞を読みながらコーヒーを飲んでいるサラリーマン、その横のテーブルで談笑している40代位の主婦が2人、そしてカウンターの5つの席の内の1つに腰掛けていた20代の私服の男性が1人で携帯電話を操作していて、それぞれが各々の事をしていました。
そこへ店内をキョロキョロと見渡していた私にすかさず10代に見える女性店員が近づいてきて「いらっしゃいませ」と声をかけてきました。
私はハッとして俯いてすぐに傍の窓際のテーブルに座し、水を用意しながら注文を聞いてきた女性店員に私はコーヒーを頼むついでに妻が一体ここで何をしていたのか聞いてみました。
「あの、さっきここに女性が来ていたと思うんですが・・・誰かと待ち合わせだったんでしょうか?」
「は? ああ、さっき出て行かれた女性ですね。」
「そう、その人。誰かと会っていましたか?」
「いえ、あの奥の席でずっと一人でいらっしゃいました。」
そう店員は言いながら奥の観葉植物の置いてある隣りの席を指差しました。
「誰かと待ち合わせしていたとか、そうゆうのじゃないですか?」
「いいえ・・・」
「本当ですか?誰とも会ってないんですか?」
「・・・本当です。では御注文は以上でよろしいですね・・・。」
あまりしつこく私が聞くので女性店員は少し訝しく感じたのかもしれません。
これ以上何を聞くことがあるんですかという素振りでそそくさとカウンターへ内の男性に告げて奥へ引っ込んでしまいました。
女性店員の話が本当であるならば、少なくともこの中にいる誰かに会ったのではないかという私の想像は間違いだったようでした。
・・・しかし一体何の用事でこんな喫茶店に来たのだろうか・・・スーパーではまるでこの喫茶店へ時間通りに来店する為に時間を潰していたように見えたのに・・・。
妻の行動が全く読めない私はひどく混乱してしまいました。
・・・駅から4つも離れた別の駅から、バスに乗って自宅方向へ戻り、自宅手前のバス停で降りてスーパーで時間を潰し、この喫茶店に来ても本を読んだだけというのか・・・何の用事もなくここへ立ち寄ったなどと考えられるわけもない・・・。
一体どんな理由を付けたら妻のこの不可思議な行動を納得できるのでしょうか。
最早妻の不可解な行動を納得するには、妻に直に問いただすしかないのかもしれません。
しかし私にそんなことが果たしてできるのでしょうか。
いかなる不審な物が見つかったり、不可解な行動をとったとしても、それをどう妻に問い糾せばいいというのでしょう。
まさかダイレクトに妻を怪しいと思って尾行した、などと言えるはずもありません。
いくら思い切った行動に出ようとしても、尚踏ん切りがつかない自分を責めるばかりで、建設的な発想が私には出てこないのです。
私は冷めきったコーヒーの最後の一口を飲み干すとまた溜め息をついていました。
と、その時でした。
店内のカウンターに置いてあった設置電話から客の呼び出しがあったようで、先程の女性店員が大声で「○○様、いらっしゃいますでしょうか? お電話が入っております。」と周囲を見廻しながら呼ぶのです。
私の心臓はドキンと一瞬止まってしまったかと思う程の衝撃が走りました。
そう、女性店員が呼んだのは私の苗字であり、つまり電話の主は妻を呼んだに違いないとそう直感したのです。
私はどうしていいのかわからずドギマギするばかりでしたが、女性店員は続けて私の苗字を呼びます。
しかも今度は「○○様、○○佐智子様・・・」とフルネームで呼んだのです。
私は咄嗟にカウンターを振り返って店内を見廻しましたが、当然誰も電話口に出るはずもありません。
しばらくすると女性店員は電話の主に「いらっしゃらないみたいです」と告げて電話を切ってしまいました。
私は全身が揺さぶられるような思いのまま、すぐに立ち上がって女性店員に駆け寄りました。
立ち上がる際には勢いが良すぎて椅子を倒してしまい、更には途中他のテーブルに膝を当てたりとその動揺ぶりは女性店員にも異様に見えたようで、駆け寄ってきた私を怯えるように女性店員は体を仰け反らせ、それ程私の形相は鬼気迫るものだったのでしょう。
「い、今の。 今の電話は誰からですかっ」
「あ、いや、あの・・・」
「今の、誰からなんですかっ」
  1. 2014/09/28(日) 09:11:01|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第14回

妻がスーパーから出てきたのは入ってから20分程してからでした。
特に何かを買ったわけでもなく、ぶらぶらと店内を歩いて陳列商品を見ていただけのようで、スーパーで時間を潰していた・・・そんな様子にしか見えませんでした。
そして妻はスーパーを出ると迷う素振りもなくその隣にある喫茶店に入くのです。
まるでこの喫茶店に入るのが本当の目的で喫茶店に入る時間を見合わせてスーパーで時間を潰していただけのように私には思えました。
その喫茶店はウッドデッキ調の割とこじんまりとした雰囲気で、少し古くもあるような、それでいて最近出来たような洒落た感じの店ではありましたが、ただ窓の前に植えられた大きな植物の群れが邪魔をして中の様子があまり窺い知れないような造りになっています。
・・・この中にもう待ち合わせの男がいるのか・・・それともこれから来るのか・・・。
私は中の様子が全く分からない苛立ちで通りから喫茶店をジロジロと覗き込んではみましたが、行き交う人には私が不審人物に見えるのでしょう、怪訝そうな顔をして通り過ぎて行きます。
無用の詮索を受けたくなかった私は仕方なしに喫茶店の出入り口がはっきりと見える先程のスーパーの前にあったベンチに腰を下ろして煙草を吸いながら妻の動向を待つ事にしました。
これから誰かが来るのか、ももう既に誰かと中で会っているのか・・・それは分かりませんが見えない不安は一層私を嫉妬と苛立ちを増大させます。
それでも私の苛立ちをあざ笑うかのように、何本煙草をくゆらせながら喫茶店の出入り口へ眼をやっても一向に変化の気配は感じられません。
一体喫茶店の中で何が行われているのだろうか・・・中では妻と楽しい会話が始められているのだろうか・・・いやもし男だったなら、もう妻の手などを握りながら見詰め合っていたりしているのでは・・・。
もう私の中では妄想がどんどんと増幅するばかりです。
電車からバスへ乗り換えて戻ってきた妻の不審な行動・・・スーパーで時間を潰して横の喫茶店に入っていく様子・・・私の中に間違いなく存在した”妻を信じる”という感覚は次第に霧散していくのを実感していきます。
現実を知れば知るほど妻への疑惑は大きくなるばかりで、妻を”信じぬく”という心は徐々に疑心へと変貌し、際限ない嫉妬だけが心を支配していくのです。
それでもまだ心のどこかで妻を信じたい、私の思い込みであって欲しいというわずかな望みも捨て切れていません。
何かしらの理由があっての事ではないのか・・・あの聡明な妻がまさか私を裏切ることなんてある筈が無い・・・そう考えるととても妻の裏切りを認められないのです。
正直、この時程自分自身の情けなさを呪った事はありませんでした。
目の前にはっきりと提示されている現状を見せ付けられても、それでも尚認められない自分・・・。
私の友人や知人だったらこんな時どうしているのだろう・・・きっと私とは違ってきちんとした対処をしているに違いない・・・そう思うと自分の弱さを自ら露呈し、尚それを認めた上で否定すらできない自分が悔しくて仕方ありませんでした。
・・・ここまで証拠が揃っているではないか・・・バイブ、ローター、日記、そして今日の不審な行動・・・。
それを思うと今にも喫茶店に踏み込んでしまいたいという気持ちに駆られるのですが、その一歩が出ない惨めさ・・・一体私は何を恐がっているのだろう・・・。
悶々として遂に結論が出ないまま数十分が過ぎた頃でしょうか、喫茶店の出入り口を気にしていた私が何か気配を感じて目をやると、妻が喫茶店から出てきたのです。
特に変わった様子もなく、妻は喫茶店を後にするとさっさと自宅方向へ歩いていき、通りのタクシーを呼び止めるとすぐに乗り込んで何処かへ行ってしまいました。
私は通り過ぎるタクシーの後部座席の妻の様子をじっとビルの角から隠れて見届けながら、このまま妻を追尾するかどうか迷いました。
・・・もしかしたら何か妻の不審な行動の手掛かりになるような情報が喫茶店で得られるのではないだろうか・・・でも妻の行き先も気になるし・・・。
結局散々迷った挙句にもうかれこれ数分は経っている妻のタクシーを追いかける事は無理だろうと断念しました。
・・・一体どこへ行ったのだろうか・・・自宅の方向だったようだけれど、自宅までタクシーを使う距離じゃないし・・・
言い知れぬ不安は更に募るものの、妻の行き先に何の手掛かりもない私は仕方なしに先程の喫茶店に戻って入ってみる事にしました。
  1. 2014/09/27(土) 09:34:41|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第13回

妻は駅へ入ると切符を購入してホームへと急ぎ早に向かっていました。
私は妻の視界に入らないような位置に常にいるよう注意を払いながら、それでも妻を決して見逃さない距離を保ってじっと凝視していました。
しかし妻を追っているうちに、今まで妻に対しての信頼関係から想像した事もなかった感情がまた新たに加わってきたのです。
体のラインがはっきりと出るスーツに身を包み、ボリューム一杯の胸を窮屈そうに包んでいる山吹色のセーター姿は今すぐにでも引き散れんばかりで、もしこの姿を夫としてではなく、一人の男として遠目に見たならば妻はとても挑発的にすら見えてくるのです。
まるで男達の性の対象と自らなろうとせんばかりに・・・。
今自分が追っている人物が妻ではないかもしれないと一瞬考えると、私の眼に映し出される女性は男の性欲を刺激する女でしかないのです。
事実、ホームに立つ妻を横から後ろからたくさんの男性が妻の足元から上に舐めるように見上げていきます。
何より妻の張り出すような大きな胸に多くの男性が視線を止めていくのが遠目で追尾している私にははっきりと判りました。
そして私は自分の妻として欲情したことはあっても一人の女性として妻を今まで見てこなかった事にはっきりと気づきました。
男から見れば、妻は欲望の対象にすら容易になり得るんだと・・・今まで勝手な思い込みで、結婚した女性は男性の欲求の対象となり得ないと思って生きてきた自分の考えが大いに間違いであった事を再認識させられました。
妻はそんな男性の視線を受けて喜びを味わっているかのようにすら見え、何気なしに身だしなみを整えたり、髪をかきあげたりしていて、それがまた男性の視線を集めてしまうのです。
しばらくホームで電車を待っていると、何やら妻に携帯電話の呼び出しがかかったのでしょう、すぐに鞄から携帯を取り出して耳に当てると何か会話を始めました。
私のいるこの距離では妻の会話の内容は聞こえるはずもなく、私はやきもきした気持ちで妻の様子をじっと監視するしかありませんでした。
・・・一体誰と何を話しているんだろう・・・
今すぐにでも妻の携帯を取り上げて電話の向こうにいる相手を確かめてしまおうかという衝動にすらかられました。
妻は携帯で2、3会話のやりとりを済ますと携帯をすぐにしまい、済ました顔で駅へ到着してきた電車へ乗り込んでいきました。
私もあわてて1両ずらして同じ電車に乗り込み、混雑している車内で向こうの車両に立っている妻をそっと覗き込んで監視を続けました。
この電車は私の会社へ向う方向とは全く逆で、私自身は仕事の関係で得意先に向う都合で何度か乗車した程度しかありませんでしたので、この先に一体何があるのかすらわからず、ただ妻の下車を待つだけしかありません。
妻は乗車した駅から4つ目の駅の電車が到着するとそそくさと降り、大勢の乗降客でごった返す駅構内へと足を進めていきます。
私もあわてて混雑している電車内をかきわけてようやくホームへ降り、妻を追いかけました。
・・・この駅近辺のどこかに目的地があるのか・・・一体妻はどんな用事があるというんだ・・・。
この駅はやはり私は何度か得意先が所在している関係で降りた事はありましたが、妻にとっては仕事の関係先がこんな場所にあるはずもなく、一体何の目的でこの駅へ来たのか、その意図が全く理解できません。
私はいよいよこれからこの眼で妻の未知の部分を見てしまうのかという恐ろしさと、遂に妻の秘密が明らかになるという奇妙な心の交差で心臓が爆発しそうになっていました。
階段を下りて駅を出ると駅前ロータリーはそれまで乗降客でごったがえしていた駅の中とは打って変わってビックリするほど閑散としていて、妻はその中の一角にあったタクシー乗り場へ向っている様で、5人程の列が作られた最後尾に並んでから、今度は妻から電話をかけはじめました。
私はタクシー乗り場から5メートル程離れた駅構内のコンビニの角に隠れていて、やはりその会話の内容は聞き取れません。
妻は先程とやはり同じように2、3会話を交わすと今度は急に周囲をキョロキョロと見廻し、あと一人待てば乗れる筈のタクシー乗り場をまるで放棄するように歩き出して、今度はバス乗り場へ向っていってしまったのです。
・・・? 一体どうしたというんだ・・・。
妻が周囲を見廻した時は、もしかしたら私の追尾に気づいたのかもしれないという恐怖心が襲い、思わずコンビニの角に身を潜めてしまいましたが、どうやらバス乗り場を探していただけのようでした。
バス乗り場にはわずか数人しか待っておらず、まさか私も一緒にそのバスに乗るわけにもいきません。
私は妻が待機しているバス会社を確認してから、すぐ傍にあったバス会社の事務所へ向うとバスの行き先が張り出してある看板を眺め、妻がこれからどこの方面行きのバスに乗るのかを確認してみました。
するとおかしな事に、妻が乗ろうとしているバスは私の自宅方面へ向うバスになっているのです。
つまり先ほど妻が出発した駅から電車に乗って4つ目のこの駅で降り、今度はバスに乗ってまた元来た駅へ向おうとしているのです。
看板に書いてあったバスの停留所を順に追ってみても、電車にほとんど沿った国道を通るルートで、バスに乗る意味がありません。
・・・どうゆうことなんだろう・・・何か目的が変わったのだろうか・・・
私は妻がどうゆう行動に出ようとしているのかその意図が全く汲み取れず、躊躇してしまいました。
しかしあれこれ考えている間もなく妻が待っているバスは到着したようで既に発車してしまいましたので、私はタクシーでバスを追いかけようと思い、タクシー乗り場に向うと、3人程の乗客の後ろについてタクシーを待ちました。
タクシーはすぐに到着し、5分程バスに遅れながらも駅を発車してすぐに妻の乗ったバスの経由路を運転手に告げて、車を走らせて貰いました。
私があれこれと後部座席で悩み考え込んでいるとタクシーの運転手が私の告げた行き先が奇妙だったのでしょうか、乗車して少ししてから運転手から問いかけてきました。
「お客さんも妙な人だね。駅にいたんだからこのルートで駅に向かうなら電車のが早かったんじゃないの?まあ私はおおいに結構なんですがね。」
私を怪訝そうに聞く運転手に私は敢えて聞いてみました。
「・・・このバスのルートで駅から離れるような経由先はないんですか?」
「ここら辺はずっとベッドタウンが続くじゃないですか、そこをバスがクネクネと走るんですが、これといった場所は経由しませんね。」
「そうですか・・・」
はやりタクシーの運転手もどう考えてもこの経由路をバスやタクシーで移動するという事は変に感じられるようです。
だとすると妻は一体何の目的であのバスに乗ったというのでしょうか。
果てしない疑問が山積みになっていると、ふと前方に妻を乗せたバスが見えてきました。
もうあと3つ程度停留所を行けば自宅のある駅圏内になってしまう場所です。
バスは二車線ある左側をゆっくりと前進しながら自宅方向の駅へ向っていきます。
すると自宅のある駅からほとんど離れていない停留所にバスが停車するとそこから妻が降りてきたのです。
「すみません。バスの停車したその先で止めて下さい。」
私は急いでタクシーを止めてもらい、バスの停留所から100m程離れた所で降ろしてもらいました。
タクシーを降りて妻を探すと、私の降車した場所とは逆の方向へ向って歩いています。
・・・自宅方向とは逆だし・・・ここに何があるんだろう?・・・
私は人通りがほとんどない国道の歩道を妻と距離を保ちながら進んでいくと、妻は角を曲がると奥にあったスーパーへと入っていってしまったのです。
・・・スーパー? なぜスーパーに?・・・
スーパーの出入り口で私は首をかしげるばかりしかありませんでした。
スーパーなど自宅や駅の付近にいくらでもあります。
なぜあんなルートをわざわざ通って結局自宅からそれほど遠くないスーパーに入っていったのか・・・全く判らないのです。
そもそもスーパーに行くというのであれば、あんな刺激的な格好をしなくていいはずです。
私はきっと何かあるに違いないと思い、今度もスーパーの外の駐車場の陰からこっそりと妻が出てくることを待つことにしました。
  1. 2014/09/27(土) 09:33:44|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第12回

私は押しては引く波のような心に戸惑いながらも、自分自身がいたたまれず昨日と同じコーヒーショップへ向い、昨日と同じコーヒーを頼みました。
何か昨日このコーヒーショップで心が落ち着いた感触を無意識のうちに行動に出ていたのでしょう、全く同じ席に座ってコーヒーをゆっくりと口へ運ぶと、深いため息をつきました。
昨日突然襲って来た信じられない出来事に、それまでの平穏な夫婦関係を粉々に吹き飛ばされてしまったような感覚です。
いや平穏な夫婦関係というよりも平穏だと信じきっていた夫婦関係だったのでしょうけれども。
それでも15年という長い年月を経過して突如私の心に入り込んできた疑心は、とてつもなく大きくなって心に圧し掛かってきます。
ガラス張りの向こうでは通勤途中のビジネスマンやOL、学生達が駅へと向ってこれからの一日を生活していくのでしょう。
ほんの一昨日までの私も全く同じようにその人混みに飲まれて同じように駅へと向っていたはずです。
ところが今日はあの波の中に身を置くことすらできずに、それを眺めながらぼんやりとコーヒーを飲んでいるのです。
何だかそれが妙に滑稽で、自分自身でも何をしているんだろうとすら思いました。
しかし・・・そうした生活を今日は送れない原因に眼を向けると、このままではいけないとは思いつつもどうすればいいのか判らない自分に突き当たってしまうのです。
きちんと昨日妻に問いただせれば良かったじゃないか・・・そうすれば少なくとも今日もここで一人でコーヒーを飲んでいるはずもなかった・・・。
そう思うと全ては自分の優柔不断さが悪い方向へと自ら進んでいっている気になって仕方がありません。
きちんと、結論を出さなくては・・・妻にきちんと問いたださねば、このままではいられない・・・。
しかし、そこまでは決心できてもいざ昨日見つけたバイブ、ローター、日記、そして今朝包み込めない程の妻の胸の感触を思い浮かべると、もし万が一私が考えている最悪のシナリオであったなら、どうなってしまうのだろうという恐怖が私を襲うのです。
もしも・・・問い詰めた挙句に妻が浮気を告白したなら・・・。
そう考えると強い嫉妬心が急激に突き上げてどうにもなりません。
どうしよう・・・このままでは心が死んでしまう・・・何とかしなきゃ・・・
そう思ってガラス張りの向こうに眼をやった時でした。
コーヒーショップの目の前を妻らしき女性がスーッと通り過ぎていったのです。
ベージュの上下のスーツ姿で、短めのタイト・・・黒のストッキングに包まれたその女性は、私の視界に一瞬だけ入るとスタスタと駅の方向へ向って歩いていってしまいました。
ほんの一瞬の出来事で私はそれが一体何なのか、すぐには事情が飲み込めなかったのですが、ハッとすると私は咄嗟に今いた女性を追いかけようと駆け出し、ドアを開けて外へ出てみました。
駅の方へ歩くその女性は後ろ姿しか見えませんが、さっき見たあの横顔は間違いなく妻だったと直感しました。
あの長い髪、体形・・・どれも妻と全く同じです。
私はすぐにその女性を追いかけ、全力で人混みをかきわけていきました。
あれは妻だった・・・一体こんな朝からどこへ出かけるというのか・・・
私は胸の鼓動が高鳴っているのを走ったせいだと思っていましたが、それはこれから妻が向う先への不安感だったのかもしれません。
息が切れてしまう程の心臓の高鳴りが、もうほんのわずか目の前にまで追いついた妻の肩を掴んで止めようとする力を与えてくれないのです。
手を伸ばして・・・声を出して・・・妻を呼び止めよう・・・
そう思うのですが、ついに私は妻を呼び止めることはしませんでした。
私はじっと妻の4、5メートル後ろについて、妻の後をついて行ってしまいました。
一体何処へ行くのか・・・それを突き止めればはっきりするじゃないか・・・
そう、私はずるい事に妻に直接問い糺す事で夫婦の信頼関係が崩壊してしまう事を恐れる余り、妻の行動をこの眼で確かめる事で、事実を掌握しようと考えてしまったのです。
  1. 2014/09/27(土) 09:32:54|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第11回

翌朝、私は妻の声に起こされました。
昨日リビングにそのまま横たわって眠ってしまったことを思い出し、頭をかきながら起き上がって妻を見ると既にキッチンで食事の準備をしている様子でした。
妻はキッチン越しにリビングを覗いて私が起きた事に気付いたようでした。
「めずらしいわね、いつも寝室で一緒に寝てるのに。どうしちゃったのかしら?」
と調理をしながら聞いてきました。
「ああ、佐智子が戻ってきてくれた安堵からかなぁ。知らない間にここで眠ってしまったみたいだ。」
ソファから起き上がって顔を洗おうと洗面器に向かうとすっかりタオルなどが真新しくされてありました。
特にここ一週間は全く洗面の掃除すらしていなかったものだから、髪の毛やら石鹸やらが詰まっていた排水口も綺麗に掃除されていて、気の効く妻がいつものように私の為に朝を気持ちよく過ごせるようにと気を使ってしてくれている気配りが、なんだか昨日の出来事をまるで嘘か夢だったような気持ちにすらさせるのです。
洗面を終えて少しさっぱりした気持ちでキッチンで朝食を用意する妻の横顔を覗き込むと妻はいつものようにニコニコしながら調理していました。
私はそんな妻の姿を横からジーッと眺めこんでしまいました。
ほんのり茶色に染め上がったロングの髪の奥から覗かせる顔立ちは20代の頃よりも少しばかりのふくよかさは増したものの、長い睫毛と小さいながらも筋の通った鼻柱、そして少しだけ厚い唇が微妙なバランスで整っていて、その造りから発する笑顔・・・。
そして首からぶら下げられたエプロン姿からでも容易に判別がついてしまう程のふくよかな胸・・・丁度横からの眺めだとマスクメロンが2つ、たわわに実ってぶらさがっているようです。
更に視線を胸から腰に落としていくとアンバランスなほどに急激に細く細く絞られていくウエスト・・・それらを受け止める為に大きく張り出したようなヒップ・・・。
15年来眺め知り尽くしてきた妻の姿であるのに昨日の事が脳裏を重複したのか「もしも本当にこの体が他の男の慰めになっているのなら・・・」と考えると朝だというのに、唐突な嫉妬心が芽生えてきてしまいます。
ずっと自分の妻であり私を愛していてくれている、という自負や思い込みががきっと私の15年間のうちにそうした嫉妬心をずっと心の中から奪い去ってしまっていたのでしょう。
結婚した者が理性と貞操を守るのは当然であるという私の観念、また妻もそんな危うさを微塵も見せてこなかったという安心から、勝手な解釈で安堵を確信し、その妙な確信で私の不安を塗り固めて囲んでしまっていたのです。
それにふと気付いた時、目の前にいる妻を一人の女として性の対象にしたならば、この女を支配する事は男性にとってはどれほど喜ばしいものになるでしょうか。
そう思うと15年間もの長い間隠されてきた私の嫉妬心に火をつけ、妻を誰にも奪われたくないという思いが一瞬のうちに私の行動原理となって体を支配し、気が付くと朝食の準備をしている妻の背後から抱きしめてしまいました。
「きゃっ 何? どうしたの?」
両肩をビクッとさせて不意の私の抱擁に驚いた妻は、一度もこんな行為をしたことのない私に少し動揺したのか、珍しく怒り口調で抵抗してきました。
「ちょっと、朝食が用意できないじゃない。 朝から何してるのよ」
私は言葉で抵抗する妻をそれでも放すまいと後ろから力強く抱きしめ、左手で腰から上に手の中に納まりきらないバストを揉み上げ、右手は腰の付け根を手で愛撫しながら、首筋に私の唇を這わせました。
「やっ やだ。 本当にどうしちゃったの?」
妻とマニュアル通りに寝室で夜営むことしかなかったわけですから、こんな風に突発的な行動に出た事などなかった私を知っている妻にとっては、驚くのも無理はありません。
「ん、んん。何だかあなた、凄く変よ。こんな朝から・・・」
少し吐息まじりの妻の言葉は、きっと妻が一番感じる胸を強く揉みしだいたからでしょう。
それでも妻は力を込めて両手で私の手を払いのけてしまいました。
私は妻の抵抗に逆らえずつい両手を放してしまいました。
「ご、ごめん・・・」
「あなたがこんなことするなんて・・・」
「つ、つい・・・」
妻はじっと私を見て更に私を厳しく叱るのかと思いましたが、すぐに振り返って調理を再開してしまいました。
「ほんと、ごめんな」
「もういいから。すぐに朝食出すからリビングで待ってて」
後ろ姿で調理しながら少し突き放すような言い方をされ、私は自分が普段通りの行動ができない姿をきっと妻は訝しく思ったのかもしれません。
気まずい雰囲気のまま朝食を運んできた妻に、私はもう一度さっきの突発的な行動を反省してあやまりました。
「さっき・・・ほんと、ごめん。朝からどうかしてた・・・」
しかし妻は朝食の用意をする手を止めることもなく、また私の眼を見ることも無く
「早く、朝食を取って。会社に遅れるわ」
としかいいません。
しかもいつもは一緒に取る朝食すら妻は「色々やらなければならない事が残ってる」といってさっさと洗濯場に行ってしまいう始末です。
私は朝食を黙々と取ると、玄関にポツンと用意されていた鞄に目をやり少し考えた上で、洗濯場で作業をする妻を確認して寝室の扉を閉め、携帯電話を取り出すと会社に連絡を入れ、調子が優れないのでもう一日休暇をしますと伝えました。
やはりこんな気分でいい仕事などできません。
いや、昨日の一件と今朝の出来事がどうしても私の心が時間に余裕を求めるのです。
・・・きちんと気持ちを整理しなくちゃ・・・とにかく会社をもう一日休んで妻との事をこれからどうするのか、じっくり考えなくては・・・。
そう、私は結婚以来始めて妻に対する背任行動に出る覚悟をこの時点で決めていたのかもしれません。
寝室を出て洗濯場にいる妻に「じゃあ行ってくる」と伝え、私は玄関に用意されていた鞄を手にして家を後にしました。
  1. 2014/09/27(土) 09:32:05|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第10回

一体どうゆうことなのか・・・。
私には妻の行動が皆目見当もつきませんでした。
妻の言っている事は本当の事なのだろうか・・・。
私は灰皿に手を伸ばして引き寄せ、煙草の灰の落ちる様をぼんやり見つめながらリビングで考えこんでいました。
妻は帰ってきて数時間もすると、電車で疲れたからと言ってシャワーを浴びて既に寝室で眠ってしまっておりました。
勿論明日の私の仕事に差し支えないようにと溜まったYシャツや下着などはきちんと洗濯して乾燥機にかけてあります。
実家に行く以前と何ら変わる事のない妻の様子や仕草に、今日一日目まぐるしく沸き起こってきた事が、まるで何事も無かったかのような錯覚にすら捉えられてしまう程でした。
リビングには妻が実家から持って帰ってきたお土産の袋などが細かく分けられてきちんと置いてありました。
私はその小分けされた袋を眺めながらもう一本煙草に火をつけると、もう一度今日起こった事を思い出してみることにしました。
寝室のタンスにタオルに包まれて仕舞ってあったバイブ・・・
キッチンの戸棚に鍵がかかっている引き出しにしまってあったローターと日記・・・。
その日記に記されていたFという不可解な記号と必ず付随して記されている時間・・・。
そして日記の最後に幾度かに書き分けられて綴られた詩・・・。
更には不可解な理由で急遽実家から帰ってきた妻・・・。
どれもこれも訝しく納得のいくものではありません。
しかし妻の帰宅後の笑顔や会話を見ている限り、何ら実家に行く以前と変わった様子は感じられず、普段通りの妻に疑う隙など全く考えられないのです。
このアンバランスな現実をどうリンクさせても私には納得のいく答えが見つかりません。
それまでは目の前にある現実だけを見て判断するだけだったので、妻に対する完全な疑いしか持てなかった私でしたが、妻の笑顔と私を心配して戻ってきたという言葉に、嘘の匂いが全く感じられないのです。
私が妻を信用し過ぎなのか、妻が私を平然と騙しているのか・・・まさか。
15年も付き合ってきた妻の嘘など見抜けないわけないではないか・・・。
だとすると今日現実に目に飛び込んできたバイブやローター、日記に対して先入観が働いて、かえって身勝手な理屈をつけているだけなのだろうか・・・。
今すぐにでも妻を揺すり起こして真実を聞き出したいと思うのですが、もしも私の考えが違っていたら妻を傷付けてしまう、妻との信頼関係は二度と修復できなくなってしまう、そのような考えが交差し脳裏を支配してしまい、どうしても実行できないのです。
事実、寝室のドアをこっそりと開けてベッドに横たわり眠る妻を目の前にしては、何度も起こそうとしました。
しかし今あどけない寝顔を私に見せる妻に、夢でも見たのではあるまいか、という錯覚すら起こしてしまうのです。
しかし、もしも・・・もしも私の危惧している想像が現実であったならば・・・妻は15年という長い年月で培った「夫婦間の信頼」を逆手に取って私を欺いていることになります。
私は何度もリビングと寝室を行き来しては、とりとめのない理屈をあれこれ考え、また寝室に行っては妻の寝顔をこっそりと覗くという行動を繰り返すばかりでした。
私はそれでも心のどこかで妻が実家の義母に伝えた通りに今夜帰ってきたという事実こそを依り所とし、無意識のうちに安堵感を高めていってしまいました。
もし妻に愛人や情事を貪る者がいるのであれば、きっと今夜帰って来なかったに違いない・・・帰ってきたという事は義母に言った言葉は嘘であれ、あくまでも妻の機転で行った言動であって、私に対してついた嘘の言葉ではないのではないか・・・そうでなければ帰ってくる筈がない。
結局、私は安堵感を得たいが為に身勝手な解釈で不安感を塗り固めていき、いつのまにかリビングで眠ってしまいまいた。
  1. 2014/09/27(土) 09:31:17|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第9回

一瞬のことだったので咄嗟には解らなかったのですが、よく顔を見るとそれは紛れもなく妻の顔でした。
「えっ あれっ? ええっ?」
私は声にならない声を上げてつっ立ったまま呆然としました。
・・・なんで妻がここにいるんだ?・・・
そして思わず口にしてしまいました。
「佐智子、一体どうしてここに・・・? 何で帰ってきてるんだ?」
私があまり驚いたままでいるのを見た妻は「うふふ」と笑いながらバスルームに入ってくるなり、私が服で頭や体を拭っているのを見てびっくりした様子で言いました。
「やだぁ、もう。 何で着てた服なんかで体拭いてるのよぉ、ちょっと待ってて。今タオルとガウン取ってくるから」
そう妻は言って寝室の方へそそくさと向かっていきました。
私には何が何だか分かりません。
妻は私に黙って実家を去したわけであって、他にもバイブやローター、日記など様々な疑惑の品々が見つかっているんです・・・そこから連想していた事は紛れもない『妻の浮気』だった筈で、その妻が今夜自宅に帰ってくる事等想像すらしていなかった私にはあまりに突飛な事で妻の行動が判断つかないのです。
どうして妻は今日帰って来ているのか・・・一週間の余白を残して実家を去して私の知らない誰かと情事を貪っているはずじゃなかったのか・・・。
思い過ごし? 思い込み? いや、そんな筈はない・・・。
第一どれもこれも納得できない事ばかりじゃないか・・・それを自分自身で目の当りにしてきたじゃないか・・・。
尚も呆然と立ち尽くしている私の元へタオルとガウンを持ってきた妻はニコニコしながらこう言いました。
「びっくりしたでしょ? うふふ」
妻は私にバスタオルを渡すとそそくさとドアを閉めリビングへ戻ってしまったようで、私はタオルでさっさと体を拭き、ガウンを羽織るとソファに腰を下ろした妻にすぐに問いかけました。
「一体どうしたんだ! 突然帰ってきて・・・」
「うふふ」
「ちゃんと理由を教えなさい! 一体どうしたっていうんだ!」
「そんな怒鳴り調子で聞かないで・・・」
私は少し怒気の篭った口調で妻に問い糾した事を改め、冷静を装って経緯を改めて聞いてみました。
「あんまり驚いたから・・・すまん。 でも本当にどうして急に帰ってくる事になったんだ?」
「・・・あなたをね、驚かせたかったの。」
「何、それ? そんなの理由にならないだろう。向うで義父さんや義母さんだって急に帰ったら不思議に思ったはずだろう。」
「・・・嘘よ。本当はね・・・」
私が妻の回答を食い入るように待っていると、タイミング悪くそこへ自宅に電話が突然かかってきてしまいました。
妻は答えを途中で遮り、ちょっと待っててという手振りをして電話口に出るとどうやら電話の相手は実家の義母らしいのが分かりました。
「・・・うん。今着いたの。・・・そうよ。ええ、やっぱりびっくりしてたわ、うふふ。・・・うん大丈夫。それじゃ、また明日電話するから。 うん」
妻は電話を切ると一瞬私を見てから、もう一度ソファに座り直しました。
「さっきの話の続きだけど・・・」
私が会話を復活させようとすると私の言葉を押し留めて妻から率先して話を続けました。
「こんなにびっくりするとは思わなかったわ。本当はね、向こうで大体の事が片付いたからお母さんに言って、先に帰らせてもらっちゃったのよ。」
「・・・」
私が尚も怪訝そうな顔で妻を見ていると、私の聞きたい事を察したのか続けて
「きっと驚くだろうなって思ってたわ。本当は昨日電話して『帰るから』ってあなたに伝えておこうかとも思ったんだけれども、いきなり帰ってびっくりさせてあげたかったの。嘘じゃないわ。」
「でも・・・」
私は一瞬躊躇しました。
(実は私は実家の義母さんに昨日電話したんだ。そしたら私から電話が入って『出張だから帰ってくるように』と私が言ったと言われたんだ。私は電話もしていないし、帰って来いとも言っていない。出張なんてことも真っ赤な嘘じゃないか。それはどうゆうことなんだ?)
本当はそう聞き返したかったのですが、まだ事情がよく飲み込めていない私は、妻に発する次の言葉が見つかりません。
言葉に詰まっている私に妻は続けました。
「本当にこんなにびっくりするとは思わなかったの。ごめんなさい。でもお母さんには言ったんだけど、ほら、あなたったらきっと着替えもろくに洗濯できないだろうし、食事にも困ってるんじゃないかと思って・・・それで帰らせてもらったのよ。」
「・・・」
「そしたら、やっぱり。 うふふ、私可笑しくなっちゃった。バスタオルも用意しないでお風呂に入って。その上さっきまで着てた服で体を拭いてるんだもの。」
「いや、それは・・・」
「やっぱり帰ってきて正解だったわ。私が用意しなくちゃ駄目なのよ、あなたは・・・」
妻はそう言うと会話を強制的に終了させ、ニコッと微笑んで実家から持ってきた荷物やお土産の袋を取り出してさっさと整理し始めてしまいました。
私は妻が荷物を整理する後姿を眺めて、手を止めさせて更に詳しい話を・・・つまり私が今日一日見た全てについて聞きたいと思いましたが、どうしても躊躇が先行して、ただ妻の仕草を見続けるしかありませんでした。
  1. 2014/09/27(土) 09:30:31|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第8回

・・・それから何時間が過ぎたのでしょうか。
いつからか転寝に入っていた私はハッとして起き、目をこらして時計を見るともう午後の7時を廻っていました。
外は闇に包まれ、また私のこの家も更に深い闇に覆われたままになっていました。
私は重い腰をゆっくりと上げて照明を点けると、気だるさの中で何を考えるわけでもなく、絨毯に転がったままの電話の子機や、無造作に散らかった書類などを眺め回し、しばらくすると一つ一つ手に取ってはゆっくりと整理をし始めていました。
「別に今更何を整頓したところで、この家には本当の真実などないんだ・・・散らかっていようが整頓されていようが、それが問題じゃない。別にどうだっていい事じゃないか・・・」
最早妻に裏切られたという観念に支配されていた私は、目に映る全ての物が無意味にすら思えてなりません。
どれほど考えたところで妻のあの日記に書かれた文章に含まれた意味は、夫である私以外の人間に対する愛としか受け取れなかったのです。
だから、今更何かを片付けて何かを整頓したところで、虚像を組み上げ直すだけの作業でしかなく、ましてや今夜妻が帰ってくるはずもなかろうし、妻が今一体何をしているのかを知りたくても、その術を知らない私にとっては、一週間後に妻が帰ってきてから真実を突き詰めていくしかないのだろうと思うと、何もする気になれなかったのです。
そうは思うものの、何かせずにいられない気持ちが手足を勝手に支配してゆっくりと心無しながらもリビング、キッチンと散乱していた物品を片付け始めてしまいました。
そして、キッチンのあの戸棚・・・。
今にも引きちぎってしまいたい程の嫌悪感でいっぱいにさせる日記であるのに、それでも手に取りきちんと引き出しに仕舞う私の行為は、自分自身でも滑稽でしたが、結局はまだ妻を信じていたいという心の奥の訴えなのか、それとも妻が何事もなく帰ってきた時にプライベートまで覗き込んでしまった私への不信感を恐れたものなのか、いずれにせよそれが私の本当の心の表れだったとはこの時は考えてもみませんでした。
戸棚の引き出しなど、一通り片付いた事を確認して私はもう一度ソファに腰を下ろすと、ふと自分自身の酷く汗臭い体臭が気になり出しました。
洗濯すらしていないシャツとズボンに仕事の疲れがたまったまま洗っていない体では、当然のことです。
私はコンビニにTシャツと下着を買いに行き、自宅に帰るとすぐにシャワーを浴びる事にしました。
シャワーは勢いよく私の体に降り注ぎ、気だるい疲れを洗い流してくれます。
とはいえ体の表面上をさっぱりと綺麗にするだけのものでしか勿論なく、心はどんよりと暗く、沈んだままで変わる事はありません。
ふとシャワーを眺めていると、新築の時に妻が丹念に選んで決めた色と形であることを思い出してしまい、一瞬のうちにシャワーに包まれながらも忘れかけていた妻との楽しかった思い出が感情となってふいに心を突き刺すのです。
私はシャワーの放射状に噴き出す流れの中に顔を押し込み、泣きました。
自分自身でも本当に不思議でしたが、シャワーが顔にかかった途端に涙が溢れ出して止まらないのです。
一度涙が流れ出すと、妻との楽しい思い出がどんどんふくらみ始め、涙はシャワーの水に混じって次から次へと流れ落ちてきました。
私が最後に涙を流したのは何歳だったことでしょう・・・。
ふいに溢れるように湧いてきた涙は止まることを知らず、ただただ涙が止まるまで私はシャワーに顔を向けていました。
妻に裏切られた悔しさなのか・・・それとも妻と私がお互いに同じ量の信頼を持っていると思い込んでいた愚かな自分に対してなのか・・・
私はこれから妻から愛される事もなく、心の底から求められる事もなく、ただ時間を人生を消費するのを待っているだけの人生となってしまうのだろうか・・・。
この涙はそのいずれをも含んだ涙だったと思います。
私はこれから妻にどう接すればいいのだろうか・・・受け入れなければならない現実がある以上、真実を知らなければ妻を同じように信じることなどできない・・・それでもまだ妻を愛している自分・・・。
葛藤はしばらく止まる事無く続きました。
しかしようやく心も落ち着き涙も止まった後、頭と体を洗ってほんの少しだけさっぱりした気持ちでバスを出ました。
私はコンビニで買ってきたTシャツと下着を取りました。
しかし、ふとバスタオルがないことに気づいたのです。
なんて馬鹿なんだろう。肝心な事を忘れているなんて。やっぱりダメな奴だ。
妻の行動にわずかすら気づかなかった自分への思いと、シャツや下着を用意しておきながら肝心のバスタオルは用意し損なった自分が妙に交差して、私は自分自身をやっぱり愚かな男なんだと改めて思ったものでした。
それでもこのまま衣服を着るわけにもいかず、濡れた体のまま困惑していました。
びしょびしょの体のまま寝室にあるだろうタオルを取りに行く事もできなかった私は、しばらく考えあぐねた挙句にさっきまで着ていた服を洗濯籠から取り出して、体を拭くことにしたのです。
頭や体をさっきまで着ていた服で拭うというのは何とも衛生的にもよくなさそうで、拭っていて「これじゃもう一度シャワーを浴びないと駄目だな」などと一人ほくそえんでいると、体を拭いている私の横でバスルームの扉が突然ギイッと開いたのです。
私は一体何事が起きたのかと一瞬怯んで声を上げそうになったのですが、次の瞬間ドアの奥から人の顔らしい物が飛び込んできたのです。
  1. 2014/09/27(土) 09:29:09|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第7回

妻が日記の最後に記していた文章は種類や色、太さの違うボールペンや鉛筆、万年筆などいったバラバラな筆記形跡だったので、どうやらその都度妻が感じた事を書き込んでは文を繋げて一つの詩を綴ったものらしいようでした。
しかしそんな事はどうでもいいことで、私にとって最も重要だったことは何よりもそこに記述されている詩とも本音ともとれる、わずかの数行にわたって綴られた文章こそ妻の素顔である事を知ってしまった衝撃だったのです。
妻はこうページに記していました。

求める愛、求められる愛、与える愛、受け入れる愛 心の愛、体の愛
様々な愛の形 今まで私が知っていた愛は、それで全てだと信じていた
今の私はどんな愛の形なのかしら
知っているのは私だけ 本当の自分自身を分かるのは私だけ
本当の私を知る喜び 本当の私が現れる喜び
従う喜び、解き放たれる高揚感、虐げられる屈辱感、そしてその愛すら秘して昇り詰める極み
こんな真実もまた愛の形

まるで何か愛について確信を得てしまったかのようなこの文は、それでも妻自身が間違いなく書き込んだものである事と、妻が愛という無形の対象に対して何らかの心の動きを示している事がすぐに読み取れました。
しかし一旦は疑ったものの、最後まで妻を信じ抜こうと誓い直した私にとっては、妻に誓うとか妻を信じるとかいう思いが全く無意味なものでしかなく、私の一方的な願望、勝手な思い込みでしかなかった事を示した文でもあった事はただ衝撃の一語に尽き、手足の震えが本当に止まらなくなってしまいました。
「なんて事だ・・・」
もう誰がどう弁護しようとも妻をどれだけ擁護しようとも、その文章が少なくとも私に対して向けられたメッセージではないことは紛れもない事実なのです。
妻には間違いなく情事がある・・・。
ふいに再び襲ってきた悪夢のような虚脱感と嫉妬感、そして何よりも信じる決心をした直後に妻に簡単に裏切られ、しかも妻のわずかな変化すら気づくことのできなかった自分の愚かさに怒りが沸き、最早その真実の全貌を漏らさず掴まなければ気が済まないという気持ちだけが私を支配していったのです。
「真実を知りたい・・・妻に何があったのか・・・」
私は我武者羅に受話器を取るともう一度実家に電話しました。
昨日実家の妻に一体誰からどうやって連絡が入ったのか、妻の素振りはどんなだったのか。
もう譬え妻の両親であっても、現実に起きている夫婦の実情を話しても構わない、どんな事をしてでも真実を突き止めてやる、という思いでいっぱいで、その後に妻の両親がこの事を知ったらどう感じ、どう嘆くかなど考えている余裕すらなかったのです。
しかし無情なのか有情なのか、実家の電話は誰も出ません。
「くそっ 何だっていうんだ」
何度、何十回電話しても誰も出ない呼び出し音に更に苛立ちは募り、頭をガリガリとかきむしって、それならば他に何か手掛かりになるようなものがないか、色々思い浮かべてみることにしました。
会社、友人・・・旧友・・・。
・・・しかし妻の交友関係など全く承知していなかった私は誰一人思い浮かべることができないのです。
そう、そこで私は初めて気づいたのです。
私は妻について何も知らなかった事を・・・。
思いつく妻に関する事柄は夫婦間2人の事ばかりで、妻の交友関係や妻の過去など、これといって妻から聞く事も聞かされた事もなく、妻の信頼している人や友人、或いは悩み、或いは望みなど、深く妻から聞かされた事もなく、つまりは妻との関係を「信頼し合っている」と私が勝手に思い込んでいただけのものでしかなかった事に、気づかされたのでした。
15年もの間、その事に全く気づかず私は一方的な愛や信頼を押し付けていただけなのだろうか・・・。
妻の私に対する言動や行動は具に理解していたつもりでも、実はそれは妻の仮の振る舞いであって、本当の妻はもっと違った言動や行動、考え方をしていたのだろうか・・・。
「一体私たち夫婦は何だったのだろう・・・」
そんな自分自身に投げ掛けた疑問にすら即答できない自分が情けなく、不甲斐無く、人として、男性として妻という一人の女性の心すら掴み取ることができていなかった自分の浅はかさがくっきりと浮き彫りになったような気がして、ソファにがっくりとうなだれてしまいました。
  1. 2014/09/27(土) 09:27:37|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第6回

外の世界はもう午後に差し掛かっていましたが、頭上に輝く太陽に照らされた町並みが妙に生き生きとしていて、まるで私に充て付けられているようでした。
私はいつも通勤に使用している駅までの道のりをゆっくり歩きながら、駅前にあったコーヒーショップに入りました。
中は割と空いていて、奥の座席に座るとコーヒーをゆっくりと飲みながら、もう一度考えてみることにしました。
ところが自宅ではあれほど混乱しきっていた自分が、ここではずっと落ち着いて冷静に考えられるような気がするのです。
普段は全く気づく事もなくただコーヒーを飲んで時間を潰すだけの場所と思っていた喫茶というものが、これほど安息をもたらしてくれる場所であったということに初めて気づいたような思いでした。
そして私は一つ一つ落ち葉を拾い集めるように、今までの出来事を考え直してみることにしたのです。
妻は今実家からどこへ向っているのだろうか。
もしかしたら私をびっくりさせるつもりで帰ってくるつもりなのだろうか。
バイブやローターは浮気などではなく、もしかしたら私との夜の営みが少ない時などに、どうしても我慢できずに自分で慰めてしまっただけなのかもしれない・・・。
日記にしたってFという記号と時間が記されているだけで、それらと繋がる根拠など何もないわけだから、本当に私の勘違いなのかもしれない。
コーヒーを一口二口と喉に流し込む度に、次第にそれまでとは違い、強引な考え方は相変わらずでしたが、少しずつポジティブな考え方に変わっていくのが自分でもよく解りました。
「やっぱり自宅に籠もって考えてなくて良かった」
少々の安堵感はわずかでも私を救ってくれます。
私の生活には一切無関係の人がコーヒーを作り運んでくれ、そして同じようにコーヒーを飲んでいる人も全く別の事を考えている・・・。
そんな空間がとても必要だった事に改めて気づき、我ながら咄嗟にとはいえ自宅を出てきた事に正当性を見い出したような思いでした。
「とにかく今夜、今夜全てが解る。その時までもう余計な事は考えまい。私は今でも妻を愛しているし信じている。これが今ある事実なんだ。愛する妻を信じて家で待とう」
そう結論を導き出すとスーッと心が軽くなったような思いになり、レジで清算を済ますともう一度自宅へ帰ることにしました。
自宅に戻ってリビングへ入ると自分が取った行動とはいえ、明らかに家の中を引っ掻き回した様子が一目でわかる程でした。
奥のキッチンは戸棚から引き出しが出されて、中にあったものが色々と引っかき出されていました。
それを一つ一つ手にとって元あった場所へ入れて戸棚を整理すると、最後にあの日記がもう一度私の目の中に飛び込んできました。
私はもう、既に心に決めた事だから気にも留めるものかという軽い気持ちで再度日記をパラパラと捲りながら眺めてみました。
やはりそれでも間違いなく、一週間に数回書き込んであるFという記号と時間。
「何か仕事の打ち合わせとかかもしれないし・・・」
そう思いながら最後まで見ていくと日記の最後の方のページに目が止まりました。
日記は妻が実家へ出向く前日まで記されて、残りの数十ページは空白になっていましたが、最後のページから数ページにだけ、妻の筆記で何やら書き留めてあるのです。
最初に日記を見つけた時は慌てていたし、何よりFという記号ばかりに気を取られていたので気づかなかったようなのです。
私は一字一句見落とさぬようにじっくりと読んでいきました。
  1. 2014/09/27(土) 09:26:42|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信頼関係 第5回

一体何がどうなっているのか・・・。
私の全く知らないところで何かが確実に起きているという事実はどう否定しようとも否定できるものではありません。
何か得体の知れないものが、実は平穏だと思っていた私の生活の中で起きている不安感が体と心を包み込み、襲い掛かってくる感覚が増すばかりでした。
結婚依頼15年間、ずっと信じてきた妻との信頼関係が全て崩れ去っていくような虚しさなのでしょうか・・・。
私は受話器を置くと呆然としてソファにドスンと腰を落としました。
事実を、真実を知りたい・・・今妻はどこで何をしているのか・・・。
焦る気持ちと同時に、それでもまだ妻を信じ抜きたい気持ちと、しかし今度は今まで全くほんの些細な事すら疑わずに生きてきた自分自身の愚かさが滑稽にすら見え、妻がもしも私が信頼している事を逆に手玉に取っていたのであれば、どれほど愚かな夫に見えていたのかと思うと、妻が私を見下すような嘲笑をする姿が頭の中で思い浮かべられ、何とも言い難い辛い気持ちにすらなったのです。
妻は私に隠し事をしている・・・。
隠し事どころか、何か私に言えない情事すらあるのかもしれない・・・。
今夜妻がきちんと帰ってくるか帰ってこないのかによって、明らかな判断基準となる結論が導き出されるのは間違いないのですが、果たして私にその事実を受け入れる心の整理がつくのだろうか・・・。
もしも妻が帰って来なかったらその時どうするのか、もしも妻が帰ってきたらその時はどうするのか・・・。
私は繰り返し自問自答しては決して導き出せることのない答えをグルグルと頭の中を駆け巡らせていました。
どれだけ妻を信じようと弁護しても、現実に自宅に隠されていたバイブとローター、そして日記のFという記号と時間、更には私に何の連絡もなしに実家から勝手に帰ってしまったという疑いようのない事実。
何よりお互いに一切の隠し事がなかったと思っていた夫婦関係は実は私の一方的な思い込みでしかなかったという真実。
これらの事実をどうやって理にかなうようにつなぎ合わせても納得などできるわけないのです。
そう、私はこの時既にある程度の確信は無意識のうちに掴んでいたのかもしれません。
妻が浮気をしているということを。
もしそうであるならば・・・と考えると自宅に一人ポツンといる自分自身が妙に虚しく思えてなりませんでした。
部屋の天井から壁、家財道具へと目を移せば自宅を新築する際に一つ一つ夢を乗せて妻と計画を練っていた事が思い起こされて辛くなります。
「壁紙はこの色がいいわ。だって凄く落ち着くんだもの」
「この家はあなたと私の愛の巣なの、誰にも入り込む余地のない2人だけの世界なの」
妻と一緒に夢の新居に思いを寄せていた当時の光景が、辛く虚しく思い起こされ、私は自分自身がいたたまれず、とにかく虚像で固められたこの家から脱出したい思いで、古びて汚れたズボンとポロシャツ姿に着替えると自宅を跡にしました。
誰かと話したいわけではないけれど、とにかく無音の時計の針だけが虚しく時を刻んでいるあの家にいたくないという思いだけが心理として働いていたのです。
  1. 2014/09/27(土) 09:26:00|
  2. 信頼関係・あきお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR