FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

役員会 第51回

ところが犬山達の計画は、妻と藤村さんが互いに連絡を取り合うと
破綻しかねません。「2人揃って夫に真実を告白しよう」という意
思統一がされてしまうと、2人を脅すネタがなくなるのです。

それで犬山達は、週末の役員会には妻と藤村さんを交互に呼び、オ
ンライン役員会でも2人を同時に参加させることは泣く、極力連絡
をとらせないようにしたのでしょう。役員会の場で妻と藤村さんそ
れぞれに対して、もう一方がより彼らに対して従順な態度を示して
いたと吹き込み、互いの不信感を煽っていたのかもしれません。

また、どちらか片方の不倫が露見してしまうのも犬山達にとっては
危険なことです。そのために犬山達は長尾や西岡には慎重な行動を
取るように言い渡したと思われますが、まさか私がオンライン役員
会に侵入するなどということを想定しなかったのでしょう。

「ホテル十番館」の前で長尾が妻に露出調教を行ったのは相当無謀
な行為のようですが、西岡が見張りに立っていたし、調教の間ほと
んどはサングラスもかけさせていた。まさか向かいの公園に夫の私
が潜んでいるとは思わなかったでしょう。

今でもどうして妻の不倫が私にばれたのか、犬山達は本当のところ
は知らないはずです。妻の態度のおかしさから私が疑念を抱いて、
興信所を使って行動を調査したとでも思っているではないでしょう
か。

とにかく片方の不倫がばれたら、ばれた側を自分たちの支配下にお
く必要があります。長尾や西岡との不倫から、犬山達の悪行にたど
り着かれては困るのです。西伊豆の温泉コンパニオン会社に身柄を
預けるというのは単なる脅しではないのかもしれません。

長尾との不倫関係が私に露見したとき、妻はパニックに陥ったでし
ょう。そうなった場合は夫も子供も捨てて身一つで犬山のところに
来るように散々いい聞かされており、逆らった場合はおぞましい電
気責めにまでかけられたのですから。妻は精神的にほぼ犬山達の支
配下にあったといえるでしょう。

私たち家族と別れたくなかった妻は散々迷い、最後の望みをかけて
藤村さんを訪ねたと思われます。妻はおそらく必死で藤村さんを説
得し、ともに夫に不倫の罪を明らかにして詫びようといったに違い
ありません。しかしそこで妻は藤村さんの拒絶にあったのでしょう。
藤村さんは妻が犬山達に従わないと、西岡と自分との関係が夫に露
見し、離婚されることを恐れたのだと思います。

藤村さんは、妻が温泉に売られることには同情したかもしれません
が、それよりもその恐ろしい運命が自分に降りかかったわけではな
いという幸運を喜んだのかもしれません。藤村さんの説得に失敗し
た妻はその夜、近くのファミレスで不安な一夜を過ごしたのでしょ
う。ひょっとして、翌日もう一度藤村さんに会ったのかもしれませ
ん。しかしそれも無駄な努力だったでしょう。

妻は結局、犬山のところに行かざるを得なくなるのですが、私や浩
樹と別れなければいけない辛さ、犬山のところで受けるお仕置きの
恐ろしさから逡巡します。行くのが遅くなればなるほど事態は悪く
なるのですが、それでも妻の足はすくみます。憔悴しきった妻がよ
うやく犬山の手に落ちたのが昨夜というわけです。

しかし私に理解できないのは、どうして妻が私に全ての真実を打ち
明けず、破滅の道を選んだかです。私に真実を打ち明けることで妻
の不倫が世間に知られ、また藤村さんの不倫も同様のことになった
としても、無理やり家庭を捨てさせられ、温泉に売られるよりはは
るかにましなはずです。どうして妻にその決断が出来なかったので
しょうか。

「さて、このように奥さんは罪を自白したわけですが、どうやって
償ってもらいましょうかね」

犬山はニヤニヤ笑いながら二条の赤い線が刻まれた妻の豊満なヒッ
プを撫でさすります。

「ああ……ですから、こうやって、お仕置きを受けてるじゃないで
すか……も、もう許して……」

限界まで糸で引き出された妻のクリトリスは、不気味なほど赤黒く
変色しています。

「そこをあんまり長い間きつく縛り付けていると、壊死が起きます
よ」

さすがに医師の道岡が不安げな声を出します。

「本当ですか」
「そこんところは男のペニスと同じですからな。勃起したペニスの
根元を輪ゴムで縛り付けるようなもんです。あまり長い間続けると
血が通わなくなって腐ってしまいます」
「どれくらいなら大丈夫ですか」
「そうですね……連続なら1時間が限界ですかね」

道岡が答えます。

「なるほど、そういうことなら50分吊り上げて10分休憩という
ことにしましょう。それならいいですかね? 道岡先生」

犬山が残酷な笑みを浮かべます。

「まあ、それなら大丈夫でしょう。10分の間は鬱血が収まるよう
にしっかりマッサージをしてあげることを忘れないで下さいね」

道岡も笑いながら答えます。

「奥さん、それじゃあ、40時間遅刻の罰として、1時間あたり10
分のクリトリス吊りということにしましょう」

犬山はそう言うといったんバケツを滑車から外します。
  1. 2014/06/15(日) 01:47:55|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第52回

そしていったんバケツの水を捨て、1リットルのペットボトルの水
を入れなおすと、再び滑車に取り付けます。妻のクリトリスがまた
ピーンと伸び、「ああっ」という悲痛な声があがりました。

「バケツの重さが約600グラム、水と合計で1.6キロの錘をク
リトリスにぶら下げているわけです。これで50分間耐えてもらい
ます。大丈夫ですか?」
「は、はい……」

妻は必死で苦痛を堪えながら言います。

「それでは、それをこれから8セット繰り返します」
「え、えっ……?」

犬山の言葉を聞いた妻は驚きに大きく目を見開きます。

「ど、どういうことですか……」
「言ったでしょう、1時間の遅刻に対して10分の吊りですから、
40時間で400分、これを消化するためには50分の吊りを8回
行う必要があります。50分吊っては10分休憩を繰り返す。お仕
置きが終わるのはこれから8時間後、今が午前10時だから、午後
6時ですね」

あまりのことに妻はブルブルと震えだします。

「途中、食事をしたければ私がさせて上げますよ。赤ちゃんみたい
な気分になって下さい。おしっこは出来るだけ10分休憩の間にし
て下さいね」

犬山の言葉に男たちは一斉に笑い出します。

「そ、そんなことを続けられたら……き、気がおかしくなってしま
います」
「何、少しくらいおかしくなってもらった方がいいんですよ。その
方が温泉コンパニオンやストリッパーの仕事が辛くなくなりますよ」

犬山はそう言ってゲラゲラと笑います。

「それから、これはあくまで遅刻のお仕置き、藤村さんをそそのか
して我々を裏切ろうとしたのはそれとは別の重罪です。幸い未遂に
終わったとは言え罪は罪ですからね。遅刻とは別にしっかりと償っ
てもらわなければなりません」

犬山はそう言って妻の頬をぴしゃぴしゃと叩くと、机の中から綿棒
の束と何か大きさの違うビー球のようなものが連なった半透明の棒
状の器具を出してきます。それを見た妻は瘧にかかったように裸身
を震わせ始めます。

「い、嫌……そ、それは嫌……」
「駄目ですよ。罪は償ってもらわなければなりません」
「で、でも……今日はオシッコの穴とお尻の穴を苛めるのは許して
くれるといったでしょう……」
「それは奥さんが罪を自白する前の話です。今は事情が違います」
「ああ、そんな……ひどいわ……」

妻は絶望にうなじをのけぞらせます。

犬山という男は真性のサディストのようです。妻が苦痛と恐怖、羞
恥と屈辱に顔を歪め、裸身を悶えさせるるのをさも楽しそうに眺め
ています。

「奥さん、未練たらしいですよ」
「潔く罰を受けなさい」
「マゾっ気がある奥さんにとっては案外楽しいお仕置きかもしれな
いですよ」

男たちは犬山に煽られたように残酷な言葉を妻に吐き続けます。妻
は恐怖に震えながらもくなくなと裸身を捩じらせています。そんな
妻の姿からはどこか妖しいまでの色気が感じられます。

「ああ……絵梨子、も、もう駄目なのね……」

クリキャップによる責めで立て続けに4回イカされ、さらにクリト
リスを吊られ続けていることで、妻の被虐的な性感がすっかり目覚
めたのかもしれません。妻はシクシクとすすり泣きながらも腰部を
色っぽくくねらせ、そのたびに花芯につながれたバケツが妻の頭上
でゆらゆらと揺れています。

「ク、クリを吊られながら……オシッコの穴や、お尻の穴を責めら
れるなんて……え、絵梨子、いったいど、どうなるの……」
「そんな風に甘えた声を出しても許しませんよ。素直に罰を受けな
さい、さあ、こういう風に言うんです」

犬山は再び妻の耳元に口を寄せると何ごとか囁きかけました。妻は
すっかり諦めたのか先ほどのような抵抗は示さず、うん、うんと素
直に頷いています。やがて犬山に催促されて妻は口を開きました。

「ああ……み、皆様……○○絵梨子は、こ、これからは皆様には決
して逆らわない、従順な女奴隷としてお仕えいたしますわ……」

妻は自分のそんな屈辱的な言葉に、被虐性の性感が煽られたのか、
白い裸身が徐々にピンク色に紅潮していきます。

「こ、このたび……皆様のお言いつけに背いたお仕置きとして……
絵梨子のオシッコの穴とお、お尻の穴を、お、思う存分虐めて下さ
い……絵梨子が二度と皆様の言いつけに背かない、可愛い女奴隷と
して生まれ変われますように、よ、よろしくご指導願います……」

そこまで口にした妻は、ハア、ハアと荒い息を吐きながら潤んだ瞳
で犬山を見上げます。

  1. 2014/06/15(日) 01:48:50|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第53回

「い……犬山会長様……B高校PTA役員会を代表して……じゅ、
重大なつ、罪を犯した絵梨子を思い切り罰して下さい……よ、よろ
しくお願いいたします」

男たちから一斉に拍手が湧き起こります。

すでに妻は、消極的ではありますが犬山の責めを受け入れるような
そぶりを見せ初めています。これは苛酷な責めを被虐の快味に転化
することで自分の精神の平衡を保つ、無意識的な自衛行為なのかも
知れません。

しかし、このまま責め続けられると妻はマゾヒスティックな快感の
中毒とでもいれる状態となり、ついには精神に異常を来たすかも知
れない、そんな恐怖が私を捉えました。いくら長尾との不倫行為で
私を裏切った妻とは言え、これ以上彼らの好き放題にさせる訳には
行きません。

「里美……俺はもうこれ以上我慢できない」
「駄目よ」
「しかしこのままじゃ、絵梨子の気が狂ってしまう」
「でも、証拠が……」
「証拠がなくても証人はいるだろう、里美、証人になってくれ」
「○○さん、連中はどうしようもない変態のサディストだけど、社
会的地位は十分すぎるほどあるわ。彼らの言葉とライブチャットの
チャットガールをしているフリーター女の言うことじゃ、どちらが
信用されると思う?」
「くそっ」

私は口惜しさに歯噛みします。

「この映像さえ記録できれば奴らを一網打尽にできるんだが……下
田の野郎、くだらない物を作りやがって」

私はつい下田に八つ当たりをしてしまいます。

「何でもデジタルでコピー出来るようになったから、それを防ぐ技
術が生まれるのは仕方がないわ」
「デジタルか……便利になるのも考えもんだ。俺がガキのころはラ
ジカセなんてのもなくて、テレビやラジオの前にテープレコーダー
のマイクをおいて好きな歌を録音したもんだが……」

私がそう口にすると、里美が「それよ!」と叫びました(実際のや
り取りはメッセンジャーを使って無言で行っています)。

「ど、どうした?」
「難しく考えすぎていたわ、私たち」
「どういうことだ?」
「下田さんの会社のコピーガードがあまりにも出来が良いので、簡
単な方法を忘れていたの」
「画面を直接ビデオカメラで映すのか?」
「そんなことをしたら画像がぼけちゃうけれど、理屈としてはそれ
に近いわ。デジタル映像だからといってデジタルで記録する必要は
ないのよ」

里美は説明を始めます。

「デジタル映像をいったんアナログ映像に変換する機械があるのよ。
パソコンに保存されているファイルをアナログテレビに出力すると
きなどに使うもので、ダウンコンバータと呼ばれているわ。DVD
のコピーガードはこれで事実上外すことが出来るの。もちろん画質
は落ちるけれど、証拠としては十分綺麗なものが撮れると思うわ」
「下田さんのシステムでは完全なデジタルファイルをコピーするこ
とはほぼ不可能だけれど、ディスプレイに出力されている映像をア
ナログ映像にすることは出来る。これをテレビの画面に出力して、
VHSビデオか何かで録画してしまえばいいのよ」
「そんな簡単なことで良いのか? それじゃあコピーガードにも何
もならないじゃないか」
「簡単だけれど面倒くさいわ。コピーガードというのはだいたいそ
んなものよ。面倒くさいことはビジネスにはならない。だから複製
する意味がない。私たちはビジネスをするわけじゃないんだから、
手間をかければコピーガードは実質的に外せるということ」

ちょっと今から電気屋に行って買ってくるわ、といって里美はログ
オフしました。妻を助けるために私に力を貸そうという気持ちはも
ちろんあったのでしょうが、それはそれとして女としてこれ以上妻
の痴態を見るのが苦痛だったのかもしれません。

「お、おい……里美……」

妻を救う希望が生じる一方で、私は当面PCの前に一人取り残され
たような心細い気持ちになりました。

画面では妻に対する尿道責めが開始されています。犬山は拘束椅子
に乗せられた妻の大陰唇を思い切り開き、メディカルテープで内腿
に固定します。犬山ははっきりと露出した妻の陰裂を押し開き、尿
道口を露出させます。

「ああ……や、やっぱりそこを責めるのですね……」
「今更何を言ってるんですか、往生際が悪いですよ、奥さん」
「お願い……せめてベビーオイルを塗って……」
「駄目です。今日はお仕置きですからね、奥さんがよーく反省でき
るように、メンソレを塗ってあげます」

犬山はそういうとメンソレータムの蓋を開け、綿棒の先にたっぷり
塗りつけます。

「ああ……嫌……メンソレは嫌……」

妻の様子を見ると、これまでも何度か犬山たちから尿道を責められ
たことはあるようです。妻のおびえた様子から、どのような責めに
なるのか非常に不安になります。
  1. 2014/06/15(日) 01:49:46|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第54回

「ああっ!!」

犬山が綿棒で妻の尿道の周囲に触れたとたん、妻はつんざくような
悲鳴を上げます。犬山がニヤニヤ笑いながら周辺を撫で回すと、妻
はクリトリスが引っ張られるのもかまわず、綿棒を避けるように腰
をうねらせます。その様子が滑稽なのか、男たちからいっせいに笑
い声が起きます。

「静かにしなさい、ちょっとお仕置きされただけで責められただけ
で大きなお尻を揺さぶるなんて、みっともないですよ」

犬山の軽口に男たちはどっと笑いこけます。

「だ、だって……メンソレが……染みる……」
「こんなのはほんの小手調べですよ、奥さん」

犬山は妻を宥めるように豊満なヒップをパン、パンと叩きます。

「それでは、行きますよ」

犬山は悪魔のような笑みを浮かべると、綿棒をいきなり妻の尿道に
突き立てました。妻は断末魔のような声をあげ、拘束椅子に固定さ
れた双臀を激しく震わせます。

「し、沁みるっ!! 沁みるーーっ!!」

敏感な粘膜にメンソレがよほど沁みるのか、妻はとめどなく涙を流
しながらヒイ、ヒイと壊れた笛のような悲鳴を上げます。

「まだまだ、こんなのは序の口です」

犬山は綿棒を2センチほど押し込み、ゆっくりと抽送運動を開始し
ました。綿棒が妻の尿道口を犯している様子は、ペニスが女陰に出
入りしている様子にそっくりです。

「あ、ああっ!! し、沁みるっ!! 沁みるわーーっ!! あっ、
ああーーっ!!」

妻はもう恥も外聞もないといった風に悶え泣きます。秘部にぽつん
と開いた小さな尿道口を責められるだけでこれほどまでに女を乱れ、
狂わせることが出来るのか。私はディスプレイの中で白い裸身をピ
ンクに染めてのたうたせているのが自分の妻であることも忘れ、そ
の妖しいまでの乱れっぷりにすっかり目を奪われていました。

しかしもっと驚いたのは、時間が経つにつれて妻がそのすさまじい
尿道責めを受容し始めたことです。

「あっ、ああっ……ああーーっ、うっ、うっ、うーーんっ……」

犬山が綿棒を抽送し続けると、妻はメンソレの刺激に次第に慣れて
きたのか、声は徐々に甘い響きを帯びてきます。そして何と犬山が
操作する綿棒の動きに合わせて、腰を淫らに蠢かせ出したのです。
1.6キロの錘をぶら下げているクリトリスも、加減が分かってき
たのかそれほどの痛みは感じないようです。

犬山が手を離すと、綿棒は妻の尿道口に突き立ったままフルフルと
頭を震わせています。その様子がいかにも滑稽に見えるのか、男た
ちは手を叩いて笑いあっています。

「どうです、奥さん。ここの穴を虐められるのも、まんざら悪い気
分でもないでしょう」

犬山はそういいながら綿棒をくい、くいと指先で揺らします。妻は
その度に「あっ、あっ……」と切なげな声を上げます。

「どうですか、ちゃんと答えなさい」
「……あんまり……ひどくしなければ」

妻は真っ赤に染まった顔をさも恥ずかしげにそらせ、小さな声で答
えます。

「あんまりひどくしなければどうなんですか? はっきりいいなさ
い」

犬山が綿棒をぐいと押し込みます。妻は「ああっ!」と悲鳴を上げ
ると豊満なヒップをガクガク震わせます。

「あ、あんまりひどくしなければ……わ、悪い気分じゃありません
わっ! で、ですから、そんなに深くしないでっ。お、おしっこが
洩れちゃいますっ」
「そうですか、それならこれくらいの深さならどうですか?」

犬山は1センチほど綿棒を引き上げると、小刻みに抽送させます。
妻はすっかり尿道責めの快感に酔い痴れているのか、腰部をガクガ
ク震わせながら叫びます。

「あ、ああっ、そ、それくらいが、ちょ、ちょうどいいですっ」
「おしっこの穴を責められるのは気持ちいいですか?」
「き、気持ちいいっ」
「それなら、これはどうですか?」

犬山は小さなバイブを糸で伸ばされた妻のクリトリスに当てながら、
綿棒を激しく抽送させます。

「あ、ああ、ああっ、そ、そんな風にされると、た、たまらないわっ」
「どこがたまらないんですか」
「絵梨子のク、クリトリスが、たまらないっ」
「クリトリスだけじゃないでしょう」

犬山が再び綿棒を押し込みます。

  1. 2014/06/15(日) 01:50:37|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第55回

「あ、ああ、あっ、あーーんっ!! く、クリトリスだけじゃあり
ませんわっ。おしっこ、おしっこの穴が、た、たまらないっ!!」
「まったく、頼もしい奥さんだ」
「肉体改造してやるのが楽しみですな」
「どこまで淫乱になるのか、想像も出来ませんよ」

男たちは妻の狂乱状態にギラギラした瞳を向けながら、そんなこと
を言い合っています。

「あーっ!! だ、駄目っ、駄目よっ。い、犬山さんっ。そ、そん
なに深くしたら、え、絵梨子、おしっこを洩らしてしまいますわっ!」

妻はもはや懊悩の極致といった状態です。限界まで引き伸ばされた
クリトリスをバイブでなぶられ、メンソレを塗った綿棒で尿道口を
責められる、その倒錯的な快感に身も心もすっかり浸りきっている
のです。

そればかりか憎い責め手であるはずの犬山に対して、どこか馴れ馴
れしくその名を呼ぶ様子は、まるで主人の手によって調教される忠
実な飼い犬のようです。

「ああっ、いっちゃうっ!! い、犬山さんっ、え、絵梨子、ク、
クリと、お、おしっこの穴でいっちゃいますっ!!」

陰核と尿道の二箇所責めに妻は恥も外聞もないといった感じで泣き
喚き、快感を貪るように肉感的な裸身を悶えさせています。

「もっと、もっと深く、絵梨子の、絵梨子のおしっこの穴を虐めてっ!」
「深くしたら洩れちゃうんじゃないんですか」
「は、はいっ、洩れちゃう、洩れちゃいますっ! おしっこ、おし
っこ出させてっ!!」
「みんなが見てるけど良いんですか、奥さん、みんなの前でおしっ
こを出すんですか?」
「はいっ、いいですっ、だっ、出させてっ! もう、洩れちゃうっ、
あっ、あーーっ!!」
「いいですよ、さあ、出しなさい」

犬山は空のペットボトルを手に取り、妻の尿道口にぴったりと当て
ると一気に綿棒を引き抜きました。

「ああっ、ああーっ!! いくっ、いくっ!! 絵梨子、いっちゃ
うっ!!」

妻の尿道口から噴水のように水流がほとばしり、ペットボトルの中
を叩きます。尿道とクリトリスの同時責めの激烈な快感の中で妻は
勢い良く排尿しながら倒錯的な性の絶頂を極めたのです。

すさまじいまでの妻の崩壊の様子を、3人の男たちは息を呑むよう
に見つめています。

排尿を終えた妻はシャワーで後始末するために、犬山に抱えられる
ようにして浴室へ連れ込まれます。その間毛塚、橋本、道岡の3人
はいましがた鑑賞したばかりの妻の狂態について、感想を述べ合っ
ています。

「しかし変われば変わるもんですな。あの清純そうな○○さんの奥
さんが、あれでは完全な淫乱女じゃないですか」
「30させ頃、40し頃と言いましてね、女はあれくらいの年齢が
最も性欲が激しいもんです。それに比べて旦那の方はだんだんセッ
クスが弱くなってくる年代ですから、欲求不満になるのも無理はあ
りませんよ」
「さすがは道岡先生、実感がこもっていますね」
「うちのクリニックにくる患者も、40台の女性が増えていますよ。
この前は処女膜を再生したいという女性がいたのには驚きました」
「40台で処女膜再生ですか?」
「ずっと旦那とセックスレスで欲求不満だったところに若い恋人が
出来て、その不倫の相手の誕生日のプレゼントに処女を捧げたいと
いうことらしいんです」
「そんなこと出来るんですか?」
「経験の浅い若い女ならともかくその年になるとかなり難しい手術
ですし、化膿しないような後の処理も大変なんですが、どうしても
っていうのでやりました。恋人を感激させることが出来たっていう
のでえらく喜ばれましたよ」
「感激したっていうより単に驚いたんじゃないですか」
「そういえばうちのランジェリーショップも、輸入物のセクシーな
下着を買う中年の女性客が増えました。50台でも平気でTバック
やGストリングを買って行きますね。試着をしたところを見てくれ
と言われるんで困りますよ」
「見てあげるんですか?」
「商売ですからね、しょうがないですよ。○○さんや藤村さんのよ
うな美人なら大歓迎ですが、腹の出た婆さんがTバックをはいてい
る姿は見られたもんじゃないですよ」
「○○さんや藤村さんを毛塚さんのショップのモデルに使えば、売
れ行きが上がるんじゃないですか?」
「もう使っていますよ」
「えっ?」
「いや、○○さんはまだですが、藤村さんはネットショップのブラ
のモデルにね。あの奥さん、オッパイがでかいからモデルにちょう
どいいんですよ」
「そんなことをして大丈夫なんですか?」
「顔出しはしていませんからご心配なく。本人にはちゃんとモデル
料も払っていますよ。○○さんは上背がありますしお尻が大きいで
すから、ボディスーツやTバック、Gストリングのモデルがぴった
りですな」

毛塚がそう言うと、後の2人は声を上げて笑います。

「ところで道岡さん、明日の役員会ですが、急に出張が入って出ら
れなくなったんですよ」

橋本がいかにも残念そうな声を上げます。

  1. 2014/06/15(日) 01:51:27|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第56回

「本当ですか?」
「それでお願いなんですが、明日はブロードバンドがつながるホテ
ルに早めにチェックインしますから、オンライン役員会でも中継し
てもらえませんか」
「それはかまいませんよ。診察室にPCとCCDカメラをを持ち込
んでおきましょう。一部始終を中継される方が○○さんもきっと興
奮するでしょう」

3人は淫靡な笑い声を上げ合います。

「しかし今年は当たり年でしたな。藤村さんといい、○○さんとい
い、いかにも品のいい奥さんという見かけをしているのにかかわら
ず、マゾっ気も十分ある」
「責めれば責めるほどいい女になって行くようです」
「犬山さんはそう言ったところを見抜く天性の才能がありますから
ね」
「そういえば去年の江藤さんの奥さんもマゾっ気については十分で
したね」

江藤さんという名前が出たとたん橋本以外の2人はクスクス笑い出
します。

「何がおかしいんですか?」
「江藤さんの奥さんとはまだ続いているんですか? 橋本さん」
「えっ?」
「知っていますよ。今年の春に2人だけでデートしていたのを」
「明日の急な出張というのも怪しいもんですね」

毛塚と道岡はしきりに橋本をからかいます。橋本は真っ赤な顔にな
っています。

「心配しなくても、会長には黙っておいてあげますよ。会長は後腐
れが起きるのを嫌いますからね」

毛塚の言葉にようやく橋本は安心したような声を上げます。

「すみません……彼女、今年の役員会の様子をやたら聞きたがるん
ですよ。それでつい明日の肉体改造手術のことを話したらぜひ自分
も見たいって言い出して……」
「それでホテルからアクセスして2人で鑑賞し、興奮したところで
ベッドインするっていう訳ですね」

道岡が笑います。

「しかし橋本さん、江藤さんには念入りに口止めしておいてくださ
いよ。女は口が軽いですからな」
「わかってますよ。彼女も旦那にばれたら大変ですから役員会のこ
とは絶対他言しないはずです」

私は彼らの会話からかねてから想像していたとおり、妻たちが彼ら
の最初の犠牲者ではなかったということを確認しました。里美から
メッセージが入ります。

「江藤さんっていうのもPTAの役員だったの?」
「ああ、確か藤村さんの前に会計を担当していた人だ。去年の女性
役員は彼女一人だったはずだ」

しかし犠牲者だったはずの江藤さんと、現役員の橋本の関係がいま
だに続いているというのはどういう訳でしょう。それも今の橋本の
話だと、関係の継続については彼女自身の意志からでもあるような
のです。

それはともかく、これだ彼らの弱みをひとつ握ることが出来そうで
す。知り合いの興信所に連絡して、明日の橋本の足取りを尾行させ
れば江藤さんとの密会の証拠を押さえることが出来るでしょう。

もう一つの有利な情報は、明日の役員会もオンラインで中継されそ
うだということです。里美が言うとおりコピーガード外しが出来る
のなら、彼らの悪行の動かぬ証拠も押さえることが出来ます。

明日は妻を救うために道岡のクリニックに単独で踏み込むしかない
と覚悟を決めていた私ですが、タイミングを誤れば彼らにシラを切
られる可能性がありますし、仮に肉体改造手術が開始されていたと
しても、妻の同意を得て行っていることだといわれれば手詰まりで
す。

「そういえば江藤さんは妻と同じ銀行の融資業務部にパートで勤め
ていたはずだ。ということは当時の上司は橋本……」
「橋本は職場のパート社員と不倫の関係を持ったということね?」
「それで橋本が関係を持った江藤さんをPTAの役員に引きずり込
み、4人がかりで調教したというわけか」
「でも、その江藤さんがいまだに橋本と関係を持っているのはどう
してなの?」

私は里美のその質問には答えませんでしたが、先ほどの妻の様子か
ら江藤さんは犬山や橋本たちから調教されるうちに倒錯的な性の虜
となり、役員としての任期が終わっても通常の生活に戻れなくなっ
たのではないかと考えました。

犬山たちが本当に妻を温泉コンパニオンとして売り払うかどうかは
分かりませんが、現在の妻の様子では、いずれ少なくとも江藤さん
と同じ道を辿るかも知れません。今のうちに引き戻さなければ大変
です。

「しかし、会長と○○さん、随分長いシャワーですな」
「まったく、何をしているんでしょう」

男たちがそんな風に話をしていると、ようやく裸の下半身にバスタ
オルを巻いた犬山が、裸の妻を抱くようにして戻ってきました。妻
は妙に内股気味になっており、足元もおぼつかない感じです。
  1. 2014/06/15(日) 01:52:10|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第57回

次に私の目に信じられない出来事が映りました。

犬山が妻に何事か囁きかけると、妻は恥ずかしげにうなずいて犬山
の首の周りに腕を回し、ぶら下がるようにします。そこを犬山が妻
を抱き寄せるようにしてキスを求めると、妻はためらわず犬山の分
厚い唇に甘えかかるように唇を合わせたのです。

「いよっ、会長」
「お熱いですな」
「いつの間に○○さんと出来たんですか」

犬山と妻は長い接吻を男たちにわざと見せ付けるようにします。男
たちは口笛を吹いてしきりに犬山を冷やかします。

ようやく犬山は長い接吻を終えると、カメラの方に顔を向けます。
犬山は片方の腕を妻の裸の腰の周りに回して、ともするとバランス
を崩しそうになる妻の身体を支えながら、うなじのあたりにチュッ、
チュッと接吻を注いでいます。その様子はまるで仲の良い夫婦のよ
うです。私は怒りと嫉妬で胸が熱くなるのを感じます。

「いや、皆さん、お待たせしました。浴室で奥さんのおしっこの後
始末をしていたら、この奥さん、いきなり色仕掛けで迫ってきまし
てな」

犬山はそういいながら空いた片方の手を妻の股間に伸ばします。妻
は「あーーん」と甘えた声を出して身悶えしながら犬山にしなだれ
かかります。

「こら、しっかり立たんか、絵梨子」
「だって……犬山さんがあんなに長い時間クリを吊り上げるんです
もの。絵梨子、身体が痺れてしまって……」
「あれくらいで弱音を吐いてどうするんだ。まだこれから7時間は
吊られるんだぞ」
「いやーん、もうクリを吊るのは許して……絵梨子、何でもします
から」

妻の人格が全く変わってしまったような態度に私は驚愕しました。
自分のことを子供のように「絵梨子」といい、犬山に甘えるように
呼びかけるその姿は、私の知っている妻とは別人のようです。

「そうだ、絵梨子、風呂の中で俺に迫った言葉をここでもう一度繰
り返してみろ」
「そんな……恥ずかしいわ」

犬山に促された妻は言いにくそうにもじもじしていましたが、犬山
は散々責められた妻のクリトリスを再び嬲ります。

「あ、ああっ! い、言いますわ……そこはもう許してっ!」

クリトリスを責める手から逃れようともどかしげに腰を振った妻は、
犬山の指示に従います。

「ね、ねえ、犬山さん……クリばかりを虐めるんじゃあ面白くない
でしょう? も、もっと他の方法で絵梨子の身体を楽しんでみない?」
「絵梨子、オマンコとお口を使って、犬山さんにいっぱいサービス
致しますわ……ですから、もう、クリを責めるのは許して」

絵梨子は犬山にしなだれかかりながら甘い声でそう言い、ねえ、ね
えと下半身をバスタオルで覆われた犬山の下腹部にこすりつけるよ
うにします。

「他にもお願いしたことがあっただろう、絵梨子」

妻は言いにくそうに俯きましたが、豊満な臀部を犬山にパシッと平
手打ちされ、再び口を開きます。

「そ、それから……絵梨子を今日から犬山さんのお妾さんにしてく
ださらない? こ、このホテルのお部屋でずっと暮らさせて、毎日、
犬山さんに奉仕させて……」
「絵梨子、本当は犬山さんのようにお金持ちで、逞しい人が大好き
だったの……夫も子供も、長尾先生も捨てて犬山さんだけのものに
なりますわ……だ、だから……温泉に売るなんてひどいこと、なさ
らないで……お願い……」

妻はそんな風に言いながら、犬山に抱きついて首筋や胸元にキスの
雨を降らせます。

「さて、どうしますかな? 皆さん」

犬山は淫靡な笑いを浮かべながら他の男たちに尋ねます。

「会長にお任せしますよ」
「私もです」

男たちも意外な成り行きを楽しむようにニヤニヤ笑いあっています。

「何でもするといいましたね、奥さん」
「ハイ……」

妻は小さな声ですが、はっきりと答えます。

「それでは、浣腸責めにかけますが、いいですね?」

妻ははっとした表情になり、顔を上げます。

「嫌ならクリトリス吊りでも良いんですよ」
「い、いえ……」
「どうなんですか? どちらがいいんですか」
「……浣腸をお願いします」

妻は小さな声で答えます。
  1. 2014/06/15(日) 01:52:56|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第58回

「そんな答え方は気に入りませんね。奥さんがクリトリス責めの代
わりならなんでもすると言い出したんですよ。もっと嬉しそうにし
て下さい」
「は、はい……すみません」

妻は無理やり作り笑顔を浮かべます。

「え、絵梨子を浣腸責めにかけて下さい……お願いします」
「さっきと比べると随分言い方が硬いですね。やっぱり奥さんは浣
腸が苦手なようだ。無理をしないでクリトリス責めにしますか?」
「い、いえ、ごめんなさい」

妻は慌てたように裸の犬山にすがりつきます。

「ねえ、ねえ、犬山さん……絵梨子にお浣腸をして。絵梨子、お浣
腸が大好きなの。絵梨子の大きなお尻を……お浣腸で思い切り責め
て」
「まだまだ、こんな風にしながらおねだりするんですよ」

犬山はまたしても妻の耳元で何ごとか囁きます。妻は「ああ……」
と溜息を吐くようにして裸身を捩じらせます。やがて妻は思い切っ
たようにCCDカメラに向かって豊満な尻を突き出し、両手で尻た
ぶをぐいと押し開きました。

双臀の狭間に秘められた妻の菫色の肛門が、ディスプレイ上に露わ
になったので私は肝を潰しました。

「み、皆様……ご覧いただけますか? こ、これが淫乱人妻、○○
絵梨子のお尻の穴でございます……いかがですか? 良く見えます
か?」

男たちから良く見えないな、とか、もっとケツの穴を開け、といっ
た野次が飛びます。

「ああ……」

妻は男たちにせき立てられ、再び限界まで尻たぶを開きます。身体
のバランスを崩してつんのめりそうになる妻を犬山がしっかりと支
え、やわやわと乳房を揉み上げます。

「ど、どうですか? こ、これでご覧になれます?」

妻は肛門をはっきりと見せたままくねくねと色っぽく尻を振ります。

「良く見えますよ」
「襞の数までくっくりとね」

男たちがからかうと、妻は「ああ……嬉しいわ」と再び尻をくねら
せます。菊の花のような縦皺に取り囲まれた肛門からその下部にく
っきりと開花した女陰まであらわにした妻。驚いたことにそんな羞
恥の極限といった姿を晒す妻の秘苑から、キラキラと光りながらね
っとりした愛液が滴り落ちているのです。

(妻はこんな姿を見られながら感じている……)

つつましく清楚だった妻が犬山に対して色仕掛けで迫り、男たちに
淫らな姿を見せつけて翻弄する。私は犬山たちの調教によって妻の
中の全く新しい人格が目覚めたのではないかと感じていました。

しかしなんと淫らで艶っぽいのでしょう。私は妻の逞しいばかりに
張り出した双臀が大好きでしたが、ディスプレイ全体を埋め尽くし
た迫力満点のそれに、今すぐすがりつきたいという欲求に駆られま
した。

私の股間はすでに、通常では考えられないほどの硬化を見せていま
す。憎い男たちに妻を淫らな手段で嬲られる、そのことに対する憤
りは確かにあります。しかし、それが今や自らの興奮を高めるため
のスパイスになっていることも否定出来ないのです。

「ね、ねえ……絵梨子のお尻の穴、可愛い? 藤村さんや江藤さん
のお尻の穴と比べて、色や形、大きさはいかがかしら? ねえ、ね
え……黙ってないで、感想をおっしゃって」
「お尻の穴では奥さんが一番ですよ」
「そうですね、色といい形といい、申し分のないケツの穴だ」

男たちは笑いながら妻の肛門に批評を加えます。

「ああ……嬉しいわ……」

妻はその言葉どおり、さも嬉しげに尻をくねらせます。

「こ、今度の慰安会では絵梨子は、前回のようにオマンコや、お口
だけでなく、このお尻の穴も使って皆様にご奉仕させていただきま
すわ……で、ですから明日は道岡先生のクリニックで、し、しっか
りと絵梨子のお尻の穴を開いて下さい……お願いします」
「よく言えましたね、奥さん」

犬山が妻の尻をポン、ポンと叩くと、妻は崩れ落ちるように倒れ、
犬山にしっかりと抱きとめられます。

「は、恥ずかしいわ……恥ずかしいのよ……犬山さん……」
「よしよし、良い子だ、良い子だ」

犬山は羞恥の極致で悩乱状態にある妻を子供のように宥めると、再
び唇を奪います。妻は躊躇わず犬山に唇を預け、甘えるように舌を
吸わせています。妻は犬山が送り込んでくる唾液を嚥下しているの
か、うっ、うっと喉を鳴らしています。

これまで妻が行ったことがないような熱烈なディープキスを、私は
呆気にとられて眺めていました。
  1. 2014/06/15(日) 01:53:41|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第59回

「いやはや、お暑いですなあ」
「お似合いですよ、会長」

やがて接吻を終えた犬山は、妻の背中をなでながら甘ったるい声で
話し掛けます。

「それじゃあお望みどおり、浣腸責めにかけてあげますよ」
「……お願いしますわ、犬山さん」

妻は長い睫毛で縁取られた瞳をうっとりと閉じ、今度は自分から積
極的に犬山の唇を求めていきました。


妻は再び拘束椅子に裸身を固定され、両足を高々と吊られたポーズ
をとらされています。椅子と妻の尻の間にはクッションが置かれ、
妻の肛門はまっすぐCCDカメラに向けられ、ディスプレイにはっ
きりと映し出されています。

その上部には木通の実のように開いた妻の女陰が、そして先程まで
糸に吊られて、いまだに充血を見せているクリトリスがはっきりと
その姿を見せています。それら女としての極限の羞恥の箇所の上に
妻のうっとりと目を閉じた顔が並んでいる様子は、何かオブジェの
ように見えます。

いよいよ浣腸責めにかけられることになった妻の表情はさすがに緊
張の色を隠せません。先ほどの犬山とのやり取りから、妻が役員会
で浣腸責めにかけられるのは初めてのことではないようですが、妻
にとって浣腸責めは苦痛と屈辱以外の何物でもなかったのでしょう。

しかし、繊細なクリトリスを8時間も吊られつづけるよりは、一時
の苦痛と屈辱に耐えた方がましだと考えたのでしょうか。そんな妻
の悲痛な覚悟が硬化した表情から伺えます。

「ところで奥さん、浣腸責めにかける前にひとつやっておきたいこ
とがあります」

これ以上いったい何をするつもりなのか。突然の犬山の言葉に、妻
は不安そうな表情を見せます。

「奥さんはさっき、私の妾になりたい、このホテルの部屋でずっと
暮らさせて欲しい、といいましたね。あれは本心ですか?」

「はい……もちろん本心ですわ」
「それなら奥さんが着てきた服、これももう要らないということで
すね?」

犬山はクロゼットの中から脱衣籠を取り出してきます。その中には
妻の外出用のクリーム色のワンピース、上下お揃いの白いブラジャ
ー、パンティ、そしてストッキングなどが入っていました。

「あ……それは……」

妻は慌てたような表情になります。

「どうなんですか? さっきのは本心ではないんですか?」
「で、でも……それがないと、絵梨子……ずっと裸で暮らさなきゃ
いけなくなります……」
「それでも構わないじゃないですか」
「そんな……困ります。お、おかしな女だと思われますわ」
「このホテルは私の持ち物です。部屋の掃除や奥さんの食事の世話
をする従業員には事情を良く言い聞かせておくから大丈夫ですよ」
「だって、明日の……道岡先生のクリニックは……」
「素っ裸のまま車に乗せていってあげます」

妻は目を丸くします。

「そんな……ひどいわ……今度の慰安旅行はどうするのですか……」
「それも素っ裸ですよ。なに、旅行といっても奥さんは最初から最
後まで素っ裸のままでなんら問題ありません。コンパニオンと一緒
にお酌をするか、我々と混浴する以外はセックス三昧です。服なん
て必要ありませんよ。宿の人間にはよく言い含めておきますよ」
「ああ……ひどい……そんなことって……」

妻は拘束椅子の上で身悶えします。なよなよと裸身を悶えさせるそ
の姿は困惑、苦悩といったものだけでなく、露出の快感に対する期
待のようなものまで感じさせます。私は一昨日「ホテル十番館」の
前で見た長尾たちとの妻の露出プレイの様子を思い出していました。

おそらく妻は、犬山に色仕掛けで妾になると迫りながら油断を誘い、
いざとなればホテルからいつでも逃げられるような方法を確保しよ
うとしたのでしょう。しかし、着るものを全て奪われてしまえばそ
れも難しくなります。

そんな妻の企みは犬山からあっさりと見抜かれていたのです。妻は
自らにあえて淫らな心を駆り立てて犬山を篭絡しようとしたのです
が、海千山千の犬山の敵ではありませんでした。むしろそんな浅墓
ともいえる手管を、犬山から逆に責めの手段として利用されてしま
ったのです。

「どうなんですか? やっぱり妾になるのはやめて温泉に売られた
ほうが良いんですか」
「嫌……それは嫌……お、お願い……売らないで……」

妻はさすがに温泉に売られて、子供とも二度と会えなくなるのは耐
え難いのか、嫌、嫌と首を左右に振ります。その顔には気のせいか
まるで現在の切羽詰まった状況を楽しむかのような、恍惚とした色
が浮かんでいるのです。

「それならもう、服は要りませんね?」
「はい……」

妻は頬を染めながら小さな声で答えました。

  1. 2014/06/15(日) 01:54:31|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第60回

「これからずっと、素っ裸で暮らしますか」
「はい……おっしゃるとおり、素っ裸で暮らしますわ」

妻は開き直ったような口調でそう言います。

「それなら、このワンピースはホテルの女子社員にあげることにし
ましょう。奥さんが身につけていたブラとパンティはどうしましょ
うか?」
「お、お好きなようにして下さい……」
「そうですか、それなら奥さんもこれから一文なしでは何かと不自
由でしょう。ブラとパンティをセットで役員の皆さんに買ってもら
うことにしますが、いいですか」
「け、結構ですわ……」
「そうですか……それならこんな風に言いなさい」

妻は犬山の言葉をハイ、ハイと頷きながら聞いていましたが、やが
て顔をCCDカメラの方へ向けました。

「や……役員の皆様……ひ、人妻絵梨子の使用済みのパンティとブ
ラのセット……い、いかがですか……ぜ、ぜひお買いになって」

妻は瞳を潤ませ、声を震わせながらそう言うとくねくねと豊満な尻
をゆすります。役員の男たちからどっと笑い声が湧き起こりました。

「お、おとといの朝、絵梨子が家を出てきてから……け、今朝、犬
山さんに脱がされるまで、2日間もはきっぱなしにしていたパンテ
ィなの……。しょ、証拠をお見せしますわ……い、犬山さん……す
みませんが……パンティのクロッチのところを……カメラに向けて
くださる?」
「こうですか?」

犬山は笑いながら妻の純白のパンティを取り上げるとカメラの前で
広げ、クロッチの部分を見せ付けます。そこにはわずかですが黄色
い染みが見られました。男たちから再びどっと哄笑が湧き起こります。

「ね……ねえ……おわかりになった? ほんの少しですけど、黄色
いシミがあるでしょう? い、淫乱人妻、絵梨子のシミ付きパンテ
ィ、ブラと一緒にお買いになって……お願い」
「いくらで買えばいいんだい?」

毛塚の声に妻は恥ずかしげに黙り込みます。

「せ、千円では……」
「染みのついたパンティを千円で買えっていうのかい?」

毛塚はわざとらしく驚いたような声をあげます。

「す、すみません……それじゃあ……ご、五百円で……」

妻が小さな声でそう言うと、男たちはたまらず笑いこけます。

「奥さん、そんなに商売が下手じゃ、先が思いやられますよ」

犬山はそういうと妻の尻をピシャリと平手で叩きます。

「奥さん、染みのついたパンティは値打ちものなんですから、もっ
と高く売らないと」
「そうそう、奥さんの財産はもう、そのブラとパンティしかないん
ですからね。真剣に売って下さい」
「ああ……すみません……」

妻は再び犬山から何ごとか言い含められ、自棄になったように激し
く尻を揺さぶりながら男たちに哀願します。

「ねえ、ねえ……42歳のエッチな人妻、絵梨子のパンティ、高く
お買いになって。お願いっ」
「お、お買いいただいた方には特別に、フェ、フェラチオもサービ
スいたしますわ。ねえ、ねえ、買ってーー」

「よし、俺が買おう」

毛塚が声をあげます。

「パンティとブラ、セットで3万円でどうだ」

妻はおどおどとした表情を犬山に向けますが、犬山は残酷な笑みを
浮かべて首を振ります。

「も、もう少し……高くならないかしら……毛塚さん」
「これ以上高くかい? それじゃあもう少しサービスしてもらわな
いと無理だな」
「サービスっておっしゃられても……どうやって……絵利子の身体
ならどこでも自由にしていただいていいわ」
「奥さんは我々の女奴隷なんだから、そんなのはサービスとは言え
ませんよ」

男たちはそう言って笑い合います。

「それじゃあこうしましょう。明日の肉体改造の前に奥さんの陰毛
を全部剃り取る。それと合わせて5万円ということにしましょう」
「そんな……」

妻の顔が羞恥のあまりさっと紅潮します。

「そんなことをされたら、しゅ、主人になんと説明すれば」
「おや、まだご主人のところに帰れるつもりなんですか?」

犬山が太い眉を上げます。

「温泉に売られるのを許されたとしても、奥さんはこれからずっと
このホテルで、私の妾として暮らすんじゃないんですか? もうご
主人に会うことはないはずですよね」
  1. 2014/06/16(月) 00:30:47|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第61回

妻の瞳からポロポロと涙がこぼれ落ちます。

恐らく妻は不倫がばれた時には家族を捨てて家を出ろと言われてい
ても、しばらくの間犬山たちの言うとおりにしていればいずれ解放
されるだろうと甘く考えていたのでしょう。いかに嗜虐的な趣味を
もつとはいえ、社会的地位のある男たちが人妻を拉致するというよ
うなことをするはずがないと思っていたのだと思います。

解放されたら私のところに戻り「不倫という罪を犯したからには申
し訳なくて私とは一緒にいられないと思い、長尾とも別れて独りで
反省してしていたが、どうしても子供を捨てることは出来ないので
家に帰って来た」と頭を下げる。そうすれば私は一時は妻を叱るか
もしれないが、結局は長い不在を心配し、また子供を思う気持ちが
勝って自分を家に入れるだろう。それからゆっくり私に詫びれば良
いと安易に考えていたのかも知れません。

「どうなんですか? ここで私の妾として暮らすといったのは嘘だ
ったんですか? ええ、奥さん」

犬山はそういいながら妻に迫ります。

「う、嘘ではありませんわ……」
「それなら私を愛しているというのも本当なんですね?」
「ほ、本当です……」
「ご主人よりもですか?」

妻は少しの間つらそうに顔を伏せていましたが、やがてさっと顔を
上げると「はい……主人よりも愛しています」と答えました。

(嘘だろう……絵梨子)

私は、妻が犬山を愛しているといったのはこの場をしのぐための方
便だろうと思いながらも、激しい衝撃に胸が痛くなります。しかし、
次に妻が取った行動はさらに私を驚かせるものでした。

「それじゃあ、愛している証拠を見せてもらえますか」

犬山はそういうと腰に巻いていたバスタオルを外します。52歳と
いう年齢が信じられないほどの逞しい男根が隆々と屹立していまし
た。犬山は先走りの液体にぬらぬらと光ったそれを妻の口元に押し
付けるようにしました。

「わかりました……」

妻はうなずくと口を開け、ピンク色の舌を出すと犬山の亀頭に這わ
せました。

「ああ……素敵……逞しいわ」

ため息をつくようにそう言った妻は、ぺろぺろと鈴口の辺りをなめ
上げていましたが、やがて大きく口を開け、犬山の肉棒を飲み込む
ようにします。

「犬山さん……好きよ……ああ……愛していますわ」

妻はさもいとおしそうに犬山の男根をしゃぶり続けます。

「玉袋も舐めるんだ」

妻はこっくりうなずくと犬山の男根から口を離し、チュッ、チュッ
と何度か再び口吻をしてから大きく口を開け、だらりと垂れた玉袋
を咥えます。

「もうご主人には未練はありませんね」
「は……はい……」
「ちゃんと答えるんだ」

犬山の声に妻はとろんと潤んだ瞳を向けます。

「……もう、主人には未練はありませんわ」

そういうと妻は再び犬山の肉棒に熱い口づけを注ぎます。犬山が何
事か妻にささやきかけると、妻はため息をつくように口を開きます。

「絵梨子が二度と主人のところへ帰れないように……絵梨子のオマ
ンコの毛を全部剃ってください」
「絵梨子は赤ちゃんのような身体になって、生まれ変わったような
気持ちで犬山さんに、お妾さんとしてお仕えしたいの」
「奥さんの気持ちはよく分かりました」

犬山はそういうとすっと身体を引きます。妻は一瞬きょとんとした
ような表情を犬山に向けます。私はそれがまるで、妻が犬山を最後
までイカせることが出来なかったことを残念がっているように思え
ました。

「これ以上私一人が楽しんでいては、他の皆さんに恨まれます。そ
ろそろ浣腸を始めましょう。いいですね、奥さん」
「ハイ……」

妻は素直にうなずきました。

嫌悪しているはずの浣腸責めを受け入れる──妻の現在の表情には
抵抗といったものは見られず、ただ気弱げに目を伏せ、羞恥に薄く
頬を染めているだけでした。

「浣腸の前にお尻の穴を少しマッサージしてあげましょう」

犬山はそういうとKYゼリーを指先に取り、露わになった妻の肛門
に塗り付けました。
  1. 2014/06/16(月) 00:31:34|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第62回

「あっ……」

妻の喉から小さな悲鳴が洩れます。

「おや、どうしたんですか? 感じるんですか」
「そ、そんなこと……ありませんわ」
「そうでしょう、お尻の穴で感じるなんて、奥さんはそんなはした
ない女ではないはずですよね」

犬山は意地悪くそんなことを言いながら、指で妻の菊の花弁を丹念
にマッサージしていましたが、それが徐々に粘っこい柔らかさを示
して来たのを見ると、おちょぼ口のような菊蕾に人差し指を差し入
れます。

「ああっ……」

再び妻は切なそうな悲鳴を上げます。犬山はそんな妻の反応を楽し
むように、ゆるやかに指先を抽送し続けます。

「おしっこの穴でも、お尻の穴でも感じるなんて変態女は私の妾に
するわけにはいきませんよ」
「は……はい……」

妻はそういいながら、つらそうに眉をしかめます。

「犬山さん……も、もう十分ですわ……」
「マッサージはもう良いんですか?」
「はい……」
「浣腸をして欲しいというんですね?」
「は、はい……」

そういいながらも犬山は淫靡な指の動きを止めません。妻は徐々に
切なげに豊満な尻をくねらせ始めます。

「あ、ああ……そんなにされたら……お、お願い……」
「感じてしまうというのですか?」
「ち、違います……」

KYゼリーでしっとりと濡れた妻の肛門は犬山の指の動きにあわせ
てまるで食虫植物のように収縮し、ぬちゃ、ぬちゃという音を立て
始めます。

「お願い……早く浣腸を……」

妻はその部分からはっきりと、妖しいばかりの性感を覚え始めたの
でしょう。もどかしく尻をくねらせながら浣腸を催促します。

「まだまだ……もっとお尻の穴をやわらかくしなければ……」
「ああっ……もう許して……」

犬山はピンク色をした小さなローターを取り上げると、妻の肛門に
当てました。ジーッという小さな音が響き、妻の肛門がひくひくと
収縮します。上方の陰裂から愛液がいわゆる蟻の門渡りを伝わり、
つーっと流れ落ちてきました。

「ああーーん」

妻は明らかな歓喜の声を上げて、双臀を蠢かせます。あの貞淑な妻
が自分を陥れた憎い男に排泄器官を責められ、喜悦の声を張り上げ
ている。私は悪い夢を見ているような気分になってきました。

「お尻で感じているんですね、奥さん」
「ち、違います……感じてなんかいません」
「それじゃあ、これは何ですか?」

犬山は指先で妻の愛液を掬い取ると、目の前に差し出します。妻は
嫌々と首を振りますが、犬山は濡れた指を妻の頬で拭うようにしま
した。

「感じたんですね?」

犬山に問われて、妻は赤く頬を染めてこっくりとうなずきました。

「はっきり言いなさい。尻の穴で感じたんですね」
「はい……お尻の穴で感じました」
「そんな変態女は私の妾にするわけにはいきませんよ」
「嫌っ」

妻は悲鳴のような声を上げて身体を悶えさせます。

「お妾にしてくださいっ、お願いですっ。絵梨子を犬山さんのお妾
にしてくださいっ!」
「駄目です。奥さんのような変態女はやはり、温泉に売り飛ばして
ピンクコンパニオンやストリップをさせた方がいいでしょう」
「嫌、嫌、お願い……売らないでっ!」

妻は「売られる」という言葉に反応するのか、裸身を激しく悶えさ
せて泣きじゃくります。

「お、お浣腸のお仕置きを受けたら絵梨子を売らないとおっしゃっ
てくれたじゃないですか。は、早くお仕置きをして。絵梨子にお浣
腸をしてっ!!」

妻の激しい乱れように、男たちの間からは嘲笑が洩れます。

「わかりました。それじゃあ、浣腸してあげましょう」

犬山はようやくローター責めをやめると、用意していたガラス製の
浣腸器を取り上げます。安堵のため息をついた妻に犬山はまたして
も難題を吹きかけます。
  1. 2014/06/16(月) 00:33:37|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第63回

「浣腸液はいつものように薬用グリセリンを2倍に希釈したもので、
このシリンダーには100ccの浣腸液が入ります。奥さんに施す
浣腸の量は200ccです。いいですか?」
「はい……」

妻はすっかり覚悟を決めたのか、拘束椅子の上に乗せられたままう
っとりと目を閉じ、浣腸を受けるのを待っています。

「100cc入れるごとにカメラに顔を向けて『○○cc、お浣腸
いただきました、有難うございました』とはっきりお礼を言うので
すよ、わかりましたか?」
「はい、わかりました……」

これ以上取り乱すのも見苦しいと考えたのか、妻は素直にうなずき
ます。いよいよ浣腸責めの開始です。

「あっ!」

浣腸器の嘴管が肛門につきたてられた瞬間、妻はうなじを見せて顔
をのけぞらせます。犬山がポンプを押すと、浣腸器の中の薬液がみ
るみる減っていきます。

あっという間に100ccの薬液が妻の体内に注ぎ込まれました。

「ひゃ、100cc、お浣腸、いただきました……あ、有難うござ
いました」
「よく言えましたね」

犬山は続けてシリンダーに薬液をたっぷりと吸い上げます。妻が顔
をこわばらせてそれを見ているのに気づいた犬山は、叱咤するよう
に言います。

「そんな硬い表情は気に入りませんね。奥さんがお願いするから浣
腸して上げているのですよ。もっと嬉しそうに、浣腸をしてもらう
ことへの感謝の気持ちを表さなければなりません」
「は、はい……すみません」

妻は無理やり作り笑いを浮かべます。犬山はそんな妻を見ながら、
再び嘴管を妻の肛門に突き立てました。

「あっ……」

妻は硬い嘴管で微妙な箇所を突き破られる苦痛に小さな悲鳴を上げ
ます。

「おや、どうしました。浣腸が嫌なんですか?」
「い、嫌じゃありません……う、嬉しいです」
「浣腸されて気持ちいいですか?」
「は、い……気持ちいいです」
「そうですか」

犬山は残酷な笑みを浮かべました。

「浣腸されるのが気持ち良いなんて、やっぱり奥さんは変態ですね」
「ち、違います」
「そんな変態女は私の妾になるより、温泉に売られる方がお似合い
じゃないですか?」
「嫌っ、売らないでっ!」

妻は幼児が駄々をこねるように、逞しいばかりに張り出した双臀を
揺らせます。

「それじゃあ、やっぱり浣腸は気持ちよくないんですか? クリ責
めに切り替えましょうか?」
「嫌っ! ク、クリは嫌っ……ああ……絵梨子、いったいどうした
らいいの……」

混乱の極致でシクシク泣き出す妻の菊蕾を、犬山は嘴管の先でくす
ぐったり、ぐいと挿入してはほんの少し薬液を注入したり、いった
ん浣腸器を外して指先でやわやわとマッサージしたりします。一寸
試し五分試しになぶり抜く犬山の手管に、妻は次第に狂乱状態に陥
っていきます。

「あ、ああっ、も、もうっ!! じ、じらさないでっ!! か、浣
腸するなら早く浣腸してっ!!」

双臀をうねらせて悶え泣く妻の陰裂からはとめどなく甘い果汁が滴
り落ち、こころなしか大きさを増したクリトリスは鞘を弾かせてフ
ルフルと震えています。それを見た犬山はクリキャップを取り出す
と妻の花芯に装着しました。

「ああっ、もうっ、そ、それは嫌っ!!」

再びクリキャップで花芯を吸い上げられ、妻はその鋭い感覚に絶叫
します。犬山はクリキャップを弾いては浣腸器のポンプを一押しし、
もう一度弾いてはまた押すという動作を繰り返します。

2つの性感帯を時間差で責められるたまらない感覚。シリンダーの
中の薬液が少しずつ減るにつれて、妻は快楽の頂上へと追い上げら
れて行きます。

「あ、ああっ、も、もうっ、イキそうっ!!」

クリトリスとアヌスを交互に責められる倒錯的な快感に妻はついに
断末魔の悲鳴を上げます。

「そらっ、とどめだっ!!」

犬山はニヤリと笑うとシリンダーに半分近く残った薬液を妻の体内
に一気に注ぎ込みました。
  1. 2014/06/16(月) 00:34:29|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第64回

「あっ、あああっ!!! い、いっ、イクっ、イキますっ!! あ
ああっ!!」
「ちゃんとお礼の言葉をいわんかっ、この変態馬鹿女っ!!」
「ああっ! に、200cc、お浣腸、いただきましたっ!! あ
りがとうございましたっ!!」

直腸内に注ぎ込まれる浣腸液を膣内への射精のように感じた妻は、
そうほざくように叫ぶと、がっくりと首をのけぞらせました。


200ccの浣腸を施された妻は、うっとりと目を閉ざしたまま犬
山によって腹部を緩やかにマッサージされています。犬山に耳元に
何か囁かれた妻は微笑してうなずき、求められるままに唇を重ねま
す。妻は温泉に売られたくない一心で犬山に媚を売っているのかも
しれませんが、その様子はまるで仲の良い夫婦のようで、私は激し
い嫉妬に身体が熱くなります。

「どうですか、奥さん。そろそろ催してきたんじゃないですか?」

犬山が尋ねると妻は恥ずかしげにこっくりうなずきます。

「それじゃあ素直におねだりしなさい」
「ハイ……」

妻は羞恥に頬を赤らめてそう返事をしました。

「犬山さん……絵梨子、し、したくなったの……お願い……」
「何がしたくなったんですか?」
「ああ……意地悪……」

妻は裸身をうねらせ、ため息をつくように言います。

「い、犬山さん……絵梨子、う、ウンチがしたくなったの……」

妻がそんな言葉を吐くのを聞いた役員の男たちはいっせいに笑いこ
けます。

「通常の浣腸なら、大人でも50%グリセリン溶液で100cc注
入すれば排便を誘発できます。3分から5分我慢させれば十分排泄
の効果は得られます。奥さんの場合は倍の200ccを注入しまし
たから、排泄欲求が起きるのも当然でしょうね」

犬山は妻の苦痛をよそに、ペラペラと解説を始めます。

「さすが会長、お詳しいですな」
「これからは、浣腸博士と呼んであげましょう」

男たちは妻が苦悶する様子を楽しげに見ながら、そう言ってゲラゲ
ラ笑いあいます。

「それじゃあ、そろそろ始めましょうか」

妻はほっとした表情になります。真性のサディストといってよい犬
山にしては意外に早く解放するのだなと思っていたら、犬山は部屋
の奥の方から病院で使う医療用のワゴンのようなものを引っ張り出
してきました。

ワゴンの上にはぬるま湯の入った洗面器とエネマシリンジ、そして
片側にゴム球、もう片側に萎んだ風船のようなものが付いたチュー
ブ状の器具が乗せられています。

「奥さん、これが何だかわかりますか?」

犬山は片方のチューブの先に取り付けられたしぼんだ風船のような
ものを妻に見せ付けます。妻は首を振りますが、なにか不気味なも
のを感じているのか、表情は不安に満ちています。

「これはピッカーカテーテルという医療用の器具です。一般的には
バルーン浣腸と呼ばれています。こちらの萎んだ風船をお尻の穴に
入れて、このゴム球を押すと……」

しぼんだ風船が見る見る膨らみ始めます。妻の瞳が徐々に恐怖の色
に染まっていきます。

「こんな具合に肛門内部で膨らんで、便が洩れるのを防ぐことが出
来ます。また、このエネマシリンジをチューブの先に取り付けると……」

犬山がエネマシリンジのゴム球を押すと、バルーンの先からピュッ
とぬるま湯が迸り出ました。

「このままの状態で浣腸も出来るのです。どうですか? なかなか
便利なものでしょう」
「そ、それを私に使おうというのですか……」
「もちろんですよ。他に誰に使うのですか?」
「そ……そんな……さ、させてくれるんじゃないんですか」
「何を寝ぼけたことを言っているんですか、奥さん」

犬山は悪魔的な笑みを浮かべます。

「ただ単に浣腸をして排泄させてあげる、それでは奥さんの便秘の
解消を手伝っているだけで責めにも何もならないじゃないですか」

犬山の言葉に男たちはどっと笑いこけます。

「奥さんは『浣腸責めにかけて下さい』といいましたよね。責めと
いうからには苦しんでもらわないと意味がありません。今からこの
バルーンを奥さんのお尻の穴に挿入して、空気を入れて内側から拡
張します。そしてエネマシリンジを使ったぬるま湯での高圧浣腸に
かけます。たっぷり1時間は我慢してもらいますからね。楽しみに
して下さい」
「そ、そんな……い、嫌っ!」
  1. 2014/06/16(月) 00:35:21|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第65回

妻は悲鳴をあげて拘束椅子に固定された豊かなヒップを揺らし、必
死で抵抗しますが、所詮は自由を奪われた身の悲しさ、あっという
間に肛門にバルーンを挿入されてしまいます。

「早くしないと洩らしてしまいますからね」
「ああっ!!」

犬山がゴム球を2、3回握ります。たちまち妻の直腸内でバルーン
がふくらみ、妻は傷ついた獣のような悲鳴をあげます。あっと言う
間に妻の排泄口は内側から栓をされてしまいました。

「どうですか、奥さん、苦しいですか」

犬山はゴム球を片手で持ったまま、ブルブルと痙攣している妻の尻
を撫で回しします。

「く、苦しいです……」
「そうですか……」

犬山は口元に悪魔的な笑みを浮かべます。

「……それでは、もう少し膨らませましょうね」
「嫌っ、ど、どうしてっ!!」

犬山はもう一度ゴム球を膨らまします。ディスプレイに映し出され
た妻の肛門が、内側からの圧力で盛り上がっているように見えます。
余程苦しいのか、妻の丸い尻にたらたらと脂汗が流れ落ちます。

「どうですか? 奥さん」
「く、苦しい……ああっ…辛いわ……」

苦悶に歪んだ妻の表情を、犬山はさも楽しそうに眺めています。

「それでは高圧浣腸を始めますよ」
「いやーーっ!! も、もう許してっ!!」

犬山はぐいっ、ぐいっとエネマシリンジのゴム球を押し、妻の腹中
に浣腸液を注ぎ込んでいきます。先ほどのようなグリセリン溶液で
はなく、ただのぬるま湯ですが、量が多いため大変な圧迫感がある
ようです。

さらに先ほどのグリセリン浣腸によってすでに妻の大腸は刺激され、
蠕動運動に伴う激しい便意が起こっています。まさに「責め」の名
にふさわしい圧倒的な浣腸に、妻は哀れにもヒイ、ヒイと泣き喚い
ています。

私はディスプレイの中の妻のそんな苦悶の姿を呆然と見つめながら、
犬山や他の男に対する憎しみよりも、そんな妻の妖しいまでの被虐
美にすっかり魅了されているのを感じていました。私はいつの間に
かズボンを降ろし、剥き出しのペニスを片手で握り締めています。
先端は先走りの液で濡れ、爆発寸前といった状態です。

「どうですか、奥さん、相当苦しそうですが、大丈夫ですか?」
「い、いえ……も、もう限界です……」
「なに、遠慮しなくてもいいんですよ。こんなに立派なお尻をして
いるんですから、まだまだ入るでしょう」
「うーーっ!! ゆ、許してっ!!」

再びエネマシリンジのゴム球が押され、妻に浣腸液が注入されます。

「これでグリセリンが300cc、エネマシリンジで1リットル入
りました」
「そ、そんなに……」
「どうですか? 奥さん、もう限界ですか?」
「も、もう駄目……こ、これ以上入りません」
「折角だから2リットルまで頑張りましょう」
「あーーっ!! もう駄目っ!!」

犬山が再びゴム球を押します。再び妻の絶叫と男たちの哄笑が部屋
中に響きます。

犬山の見事なまでのサディストぶりに、私は驚嘆の念を禁じ得ませ
んでした。妻を好き放題に嬲られていることへの腹立たしさはもち
ろんあり、証拠を押さえた後は犬山や他の役員に鉄槌をくらわせた
いという思いもあるのですが、今は犬山に対してなぜか不思議な親
近感と畏敬の念すら感じます。

「これでグリセリンと合計して2リットルが入りました。今から1
時間頑張ってください。いいですね」
「そ、そんな……我慢出来そうにありません」
「今からそんな泣き言を言ってどうするんですか、情けないですよ、
奥さん。そんなことで私の妾は務まりませんよ」

そう言うと犬山はピッカーカテーテルのゴム球を持ちます。

「それじゃ、漏れないようにもう少し膨らませて上げましょう」

犬山はそう言うと2回続けざまにゴム球を押しました。

「ぐ、ぐふうっ……」

限界まで拡張される苦痛に妻は白目を剥きます。拘束椅子の上で妻
は、身体を固定した皮バンドを引きちぎらばかりの勢いで苦悶にの
たうちまわります。

「ああっ……辛いわっ!! お腹が……お腹がっ、ああっ、ど、ど
うにかなりそうっ」

脂汗を流しながら裸身をよじらせる妻の腹部は心なしかぷっくりと
膨らんでいます。犬山はそんな妻の腹部に手を当てるとぐいと押し
ました。
  1. 2014/06/16(月) 00:36:11|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第66回

「お、おおおっ!! お腹が、お腹が裂けちゃうっ!!」

犬山にぐいぐい腹部を押されるたびに妻は言語を絶する苦痛に泣き
喚きます。脂汗を流し、裸身を震わせながら苦悶する妻の様子を男
たちはさも楽しそうに眺め、談笑しているのです。

「い、犬山さん……絵梨子、もう、もう、限界です……」
「まだ10分もたっていませんよ」
「だって……だって……絵梨子、気がおかしくなりそうなんです」
「これくらいでおかしくなったりしませんよ。おかしくなるってい
うのはこういうことを言うんです」

犬山は再びクリキャップをつまみあげると妻の花芯に装着します。
その悪魔的な性具の刺激は浣腸の苦痛に戦っている妻の精神力を粉
々に打ち砕きます。

「うわ、あっ、あっ! あああっ!!」

無残に引き出された妻のクリトリスを犬山はキャップ越しに数度弾
いていましたが、やがてローターを当てて刺激し始めます。

「ひ、ひいいっ!! い、犬山さんっ、か、堪忍してっ!! 気、
気が変になるうっ!!」
「変になっても良いんですよ、奥さん。奥さんは温泉に売られるん
ですからね」
「い、嫌っ!! 売られるのは嫌っ!!」

妻は拘束椅子の上で泣き叫び、悶え苦しみ、そして快感にのたうち
まわりながら必死で犬山に哀願します。

「う、売らないっていってくれたじゃないですかっ!! え、絵梨
子をお妾さんにしてくれるって、いったじゃないですかっ!!」
「奥さん。奥さんをずっとここに置いておく訳にはいかないですよ。
いくら私のホテルとは言っても、監禁罪になってしまいます」
「そ、そんなっ!!」
「西伊豆のコンパニオン業者とは話をつけています。奥さんはピン
クコンパニオンとして売られて、温泉旅館の助平な客の接待をした
り、ストリップ小屋で実演専門の踊り子として働いてもらいます」
「い、嫌ですっ。売られるなんてっ!!」
「奥さんは42歳とかなり年齢はいってますが、若く見えるのであ
と10年は稼げますよ」
「ああ……そんな……」

妻は絶望の声を上げます。

「人間諦めが肝心ですよ、奥さん。だいたい、長尾先生と不倫した
ばかりでなくホテルの外で露出プレイをしているところまで見られ
て、これからどんな顔をしてご主人と暮らしていくんですか」

犬山はローターを止め、妻のぷっくり膨らんだ腹部を撫でながら、
因果を含めるように話します。

「おまけに奥さんは我々に調教されて、オシッコの穴や尻の穴で感
じる変態女になったんですよ。もう普通の生活を送るのは無理だと
思いませんか?」

妻はもはやシクシクとすすり泣くだけでした。

「ピンクコンパニオンとして売られるのを承知するのなら、バルー
ンの空気を抜いて楽にして上げますよ。どうですか、奥さん……」
「……嫌です……夫や子供と別れるのは嫌……」
「まだそんな強情を張るのですか」

犬山はエネマシリンジのゴム球をぐいっ、ぐいっと続けざまに押し
ました。激烈な苦痛に妻は「おおっ!」と獣が吠えるような叫び声
を上げ、恐ろしいほどの力で身体を捩じらせます。

「どうですか? まだ頑張りますか?」

犬山は再び、妊婦のように膨らんだ妻の腹を押し続けます。膀胱が
激しく圧迫されたのか、妻の股間から噴水のように尿が迸り出ます。

「ゆ、ゆっ、許してっ!! い、い、言う通りにしますっ!! だ、
だからっ、だ、出させてっ!!」
「浣腸責めを中止して欲しいということですか?」
「は、はいっ!」
「ピンクコンパニオンとして売られてもいいんですね」
「は、はいっ!! い、いいですっ!!」
「実演専門のストリッパーにもなりますね?」
「な、なりますっ!! だ、だからっ、もうっ!! 出させてっ!!」
「わかりました。女に二言はありませんよ」

犬山はピッカーカテーテルのゴム球を取り上げます。

「どうですか、奥さん。浣腸責めは辛かったですか」
「はい……つ、辛かったです」
「それでは、バルーンの空気を抜いてあげます。いいですか?」
「は、はい……お願いします」

妻はようやく浣腸責めの苦痛から解放されると知って、苦しげな中
にも安堵の響きが混じった声を出します。

「念のために言っておきますが、浣腸責めはクリトリス責めの代わ
りということで奥さんの希望で行ったんですから、これを中止する
ということは、代わりにクリトリス責めを再開するということにな
りますが、いいですね」
「え、ええっ??」

妻は恐怖と驚きに目を丸くします。

「それと手間をかけさせた罰として、クリトリス責めの時間は当初
予定の8時間から、12時間に延長することにします」
  1. 2014/06/16(月) 00:37:12|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第67回

あまりのことに妻は言葉もありません。

「まあ、かわいそうですからこの浣腸責めに費やした時間も責めの
時間に算入することにしましょう。今12時を少し過ぎたところで
すから、奥さんの排泄が終わったら10分休憩して、その後に責め
を再開します。終了時間は最初の予定の午後6時から、4時間延長
されて午後10時になりますからあと10時間弱頑張ってください。
しょうがないので私も付き合いますよ」

妻ははらはらと涙を流します。

「ああ……ひ、ひどいわ……あんまりだわ……」

哀れっぽくすすり泣く妻の乳房をやわやわと揉みながら、犬山が因
果を含めるように話しかけます。

「まあ、私も鬼ではありませんから、クリに繋ぐ錘は少し軽めにし
てあげますよ。苦痛がまぎれるようにアヌスやオマンコも一緒に、
バイブで責めてあげます。奥さんもゆっくり楽しむと良いですよ」
「ああ……犬山さん……も、もう……絵梨子、駄目なのね」

妻は涙にぬれた瞳を犬山に向け、ため息をつくように言います。

「絵梨子、もう、もう、どうなってもいいのです。犬山さん……絵
梨子を好きなように責めてください」
「そうですか……奥さんがそんな気持ちになってくれるのを待って
いたんですよ。ようやくマゾの悦びに目覚めてきたようですね」

犬山はそう言いながら、妻の膨らんだ腹部を撫で回します。

「クリトリス責めをされても良いんですか、奥さん」
「か、構いませんわ……」
「アヌスやオマンコを一緒に責められてもいいんですね?」
「お、お任せいたします……」
「ピンクコンパニオンになるのも承諾しますね」
「しょ、承諾いたします……」

犬山はにやりと笑って妻に接吻します。チュッ、チュッと音を立て
て接吻を交し合う妻と犬山を、私はすっかり虚脱した表情で眺めて
いました。

ようやくバルーンのの空気が抜かれます。妻の腹部は苦痛のため麻
痺したようになっており、すぐには排泄されません。やがて肛門が
ぷっくり膨らんで、腸内にたまった便が大量の浣腸液と共に堰を切
ったように吹き出してきました。犬山は妻の臀部に当てた洗面器で
それを受け止めています。

「あっ、あああっ……ああっ……」

妻は身も世もあらずといった感じで泣き崩れています。それが排便
の一部始終を見られることの恥ずかしさからなのか、ピンクコンパ
ニオンとして温泉へ売られると決まったことによる辛さなのか、そ
れとも犬山が言うとおり、マゾの悦びに目覚めたことに対する悲し
さなのかはよくわかりませんでした。

犬山は妻の排泄の始末を終えると、股間に装着されたままのクリキ
ャップを指で弾きます。

「それでは始めますよ、奥さん」
「お願いします……」

妻は犬山の言葉にはっきりとうなずきました。


その後延々と、犬山による妻に対する凄絶な責めが展開されました。
クリトリスを高々と吊り上げられ、苦痛と快楽の入り混じった強烈
な感覚に狂い泣く妻と、嗜虐の鬼と化して妻の女体を徹底的に責め
抜く犬山の、戦いとでも表現すべきぶつかりあいに私は完全に圧倒
されました。

妻は陰核を滑車で吊り上げられ、錘のバケツをぶら下げたまま大山
の手にするバイブ、ローター、綿棒といった責め具で、尿道口、膣、
肛門という女の穴という穴をかわるがわる責められ、数え切れない
ほどの絶頂に達し、数度にわたる失神を経験しました。

責めと責めの間の短い休憩時間に妻は犬山の手で、ミネラルウォー
ターやゼリー状の食物を取らされました。驚いたことに休憩の間も
妻はクリキャップをつけたままのことがほとんどでした。

私はとても全てを見る勇気はありませんでしたし、途中で他の役員
たちも犬山の熱気に当てられたのか、次々にログオフしていきまし
た。

浩樹の食事の支度をしたり、風呂に入ったりしているときも、私の
頭からは、犬山の責めに悶え狂う妻の裸身が決して離れることはあ
りませんでした。

犬山が宣言した責めの終了予定時間である午後10時近くに、私は
再びおそるおそるオンライン役員会にログインしました。他の役員
も犬山と妻の戦いの結末を見届けようというのか、すでにログイン
していました。

私の目に飛び込んできたのは、依然として素っ裸のまま拘束椅子に
固定され、全身に脂汗を流しながらクリトリスに繋がれた糸でバケ
ツを高々と吊り上げている妻の姿でした。

「あと10分で12時間だ、頑張れるか、絵梨子」
「は、はいっ、犬山様っ。頑張れますっ」
「クリは痛くないか?」
「もう、すっかり痺れてしまって……感覚がありませんわ……」
「どれ……感覚が戻るよう、ローターで虐めてあげよう」

  1. 2014/06/16(月) 00:38:03|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第68回

犬山はピンクのローターを手にとり、スイッチを入れると妻のクリ
トリスに押し当てました。

「ああ、ああっ、あーーん!!」

限界まで引き伸ばされた花芯をローターで刺激される妻は明らかな
喜悦の声を上げ、双臀をもどかしげに揺らせ始めます。妻のその貪
欲なまでに被虐の悦びを求める姿に、私はただ呆然とディスプレイ
を眺めるだけでした。

「気持ち良いのか、絵梨子」
「は、はいっ、き、気持ち良いですぅーーっ」

妻は甘えたような鼻声を出します。10時間近くの間交互に訪れる
苦痛と快楽に悶え狂い、泣き叫んだためか、妻の声は随分ハスキー
になっていました。

「どこが気持ち良い?」
「絵梨子のクリが、クリがたまらないーー」
「バケツをぶら下げているのに気持ち良いのか」
「あーーん、クリが引っ張られるのが、痛くて、切なくて、変な感
じなんですーー」
「それじゃあ、今夜はずっとクリを責めてやろうか?」
「いやーん、それはいやっ」

妻は拗ねたような声を出し、腰部を切なげに悶えさせます。滑車か
らぶら下げられたバケツが妻の頭上でゆらゆらと揺れています。

「絵梨子、犬山様に言われた通り、頑張ったのよ……だから、約束
は守って」
「さあ、何の約束だったかな?」

犬山は会心の笑みを浮かべると、ローターを妻の秘園にずらします。
妻は「ああっ!」と鋭い悲鳴を上げました。

「そ、そこは駄目っ!」
「どうして駄目なんだ」
「だ、駄目っ、駄目なのっ!」

犬山がローターを置いて妻の陰唇を指で開きます。すると膣内に溜
まっていた愛液がどっとばかりにあふれ出て、蟻の門渡りを伝って
拘束椅子を濡らします。

「そ、そこを責められると、あと10分我慢できなくなっちゃうっ。
お願い、そこは今はやめてっ!」
「こっちはもう我慢できないな。さっきからチンポが破裂しそうだ」

犬山はそう言うと妻の股間に顔を沈めます。

「あ、あんっ!!」

妻は黄色い悲鳴を上げます。

「え、絵梨子も我慢しているのよ。お願い、終わるまで待って!」
「そう言っているうちにあと5分だ」

犬山はローターを妻の陰裂に当てて、優しく撫で上げます。

「いやんっ、そ、そこは駄目っていったでしょっ」
「あと5分このまま我慢して見ろ」
「そ、そんな、我慢できないわ」
「我慢できないのならこっちも約束は守らないぞ」
「嫌っ、そんなの嫌っ」

妻は駄々をこねたように下半身を揺らします。

先程から妻と犬山の会話に出てくる「約束」とは一体なんでしょう。
私がログオフしている間に妻と犬山の間にある取引が成立したよう
なのです。

妻が責めに耐え抜いたら解放する、あるいは少なくとも明日の肉体
改造を受けたら妻を温泉に売るようなことはしないとでも犬山は約
束したのでしょうか。

「しかし、変われば変わるもんですなあ。これがあの貞淑そのもの
と言った感じの○○さんの奥さんとは」
「会長の手腕も大したものです。さすがですな」
「いや、○○さんが会長の好みにぴったりだったんですよ。調教に
熱も入るはずです」

そんな役員の男たちの会話から、私は何かたまらなく不安なものを
感じていました。

「あっ、ああっ、あああっ!!」
「あと1分だ、耐えられるか、絵梨子」
「が、頑張りますっ、あああっ!!!」
「あと30秒」
「ひいいっ!!」
「もう降参かっ」
「ち、違いますっ。ああっ、そんなにローターを強くしないでっ!」
「あと15秒」
「あっ、ああっ! ひいっ!」
「こら、そんな風にケツを動かすな」
「だって……ああっ、もう駄目っ」
「あと10秒」
「ああっ、絵梨子、頑張るわっ、絵梨子、頑張るっ」
「あと5秒」
「ひいっ!」
「4、3、2、1、ゼロ!」

犬山がローターを離すと妻は力つきたようにがっくりと顔を横に伏
せます。男たちから拍手の音が湧き起こります。
  1. 2014/06/16(月) 00:38:48|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第69回

「いや、奥さん、よく頑張りましたね」
「会長の12時間の責めに耐え切れるなんて、奥さんが初めてじゃ
ないですか」
「本当に驚きましたよ」

妻はついに延々12時間に渡る犬山の責めを耐え抜いたのです。C
CDカメラが妻の顔にズームインします。

(絵梨子……)

汗と涙、そして涎ですっかり化粧のはげ落ちた妻の素っぴんの顔が
ディスプレイに大映しになりました。その表情は長時間にわたる凄
惨な拷問を耐え抜いた貞淑な人妻のものではなく、なにか激しい疲
労の中にも幸福感を漂わせている、お産を終えたばかりの母親のよ
うな美しさを感じさせました。

「よく頑張ったな、絵梨子」

犬山が滑車からバケツを外し、妻の頬に軽くキスをすると、映像を
妻の股間に向けたCCDカメラに切り替えます。

妻の充血したクリトリスは完全に鞘から露出し、堂々とまで屹立し
た姿を見せています。私が知っているそれよりも随分肥大したよう
に見えるそれは、明日予定されている道岡による改造手術を待たず
してその大きさと形状を完全に変化させられたように思えます。

犬山は妻の陰唇を押し開き、尿道口を露わにします。メンソレやベ
ビーオイルを塗った綿棒で責め立てられたその部分は、排泄器官と
いうよりは妻の小さな性器というようなたたずまいを見せています。

それはとめどなく分泌される愛液にしっとりと濡れ、玩弄のためか
少し腫れた感じがあります。女のそんな箇所が性感帯になるとは私
にとっても驚きでしたし、もともと性に関して奥手の妻にとっては
さらに衝撃だったでしょう。

それ自身が一つの生き物であるかのように恥ずかしげに震え、息づ
いている妻の尿道口は、禁断の喜びを教え込まれて拘束椅子の上で
妖しい被虐の快感の余韻に浸っている妻自身のように思えました。

その下の、すっかり開花して悦楽の果汁をとめどなく溢れさせてい
る妻の女陰――犬山はなぜかそこへの刺激は入り口のみに止め、本
格的な責めは避けていました。そのためか妻の女の象徴は何かそこ
だけが取り残されたような不満を言い立てるように、ゆっくりと収
縮しています。女陰を取り囲む陰毛は汗と愛液でべっとりと肌に張
り付き、清楚な妻には似つかわしくないほどの野性味を醸し出して
います。

犬山は最後に妻の尻たぶを押し開き、双臀の狭間に秘められた肛門
を露出させます。私は妻の隠微なその部分の変容ぶりにも驚かされ
ました。

ピッカーカテーテルとエネマシリンジを使用した凄絶な浣腸責めに
耐え抜いた妻の肛門は、ふっくらと内側から膨らみ、まさに開花寸
前の菊の花のような風情を見せています。妻の荒い呼吸に合わせて
かすかに収縮するその姿は尿道口以上に性器そのものという感じで、
私が見慣れたつつましいそれとはまったく異なるものでした。

犬山が唇を求めると妻は潤んだ瞳を開け、うっとりとした表情を見
せながら唇を預けます。熱烈な接吻を交し合う2人を見ながら、私
は敗北感に打ちのめされるとともに、取り返しのつかない失策を犯
してのではないかという後悔に苛まれていました。

私は今日のところは軽率に動くのは控え、明日、肉体改造の場で4
人が終結したときに動かぬ証拠を押さえて彼らを一網打尽にし、妻
を救い出そうと考えていました。週末の役員会やオンライン役員会
ですでに妻は4人の嬲り者になっており、今日もう一度犬山から責
められてもたいしたことではないのではと軽く考えていたのも事実
です。

妻が犬山に進んで舌を吸わせている姿を見ていると、道岡のクリニ
ックで妻が改造されることさえ回避できればと思っていたのですが、
それがとんでもない間違いだったのではないかという疑念が湧いて
きます。

私は役員4人をセットで考えており、犬山はその中心的な人物では
あるが、特に彼だけを警戒するということはありませんでした。む
しろ妻の不倫相手であった長尾の方を警戒していたのです。

妻が12時間の責めに耐え抜いたことも驚きですが、52歳の犬山
が妻を12時間、いや、正しくは妻への責めは午前9時にはすでに
開始されていましたから13時間もの間責め続けることが出来たと
いうことのほうが驚異です。

明日の肉体改造を待たずして、妻は犬山の責めによってすっかりそ
の肉体も、また精神までも改造されてしまったのではないか、とい
う恐怖に似た思いがわきあがってきます。

いや、元々道岡のクリニックでの包皮切除手術や肛門の美容整形と
いうのは犬山が行う妻に対する徹底的な人格および肉体の改造の仕
上げを彩るセレモニーに過ぎないのではないでしょうか。

その証拠に、CCDカメラを通じて映し出される女の肉体は、どう
見ても私が知っている慎ましく清純な妻ではありませんし、犬山と
熱い接吻を交し合う女は私の愛する妻とは別人のようです。

「絵梨子ががんばりぬいたのだから、俺もちゃんと約束を守ってあ
げるよ」
「嬉しいわ……犬山様」
「その前に絵梨子を見守ってくれた役員の皆さんにご挨拶するんだ」
「はい、わかりました」

妻は恥ずかしそうにうなずきました。
  1. 2014/06/16(月) 00:39:40|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第70回

毛塚様…橋本様…道岡様…ご覧になっていらっしゃいますか?」

妻はそういうと悩ましげに大きな尻をゆらゆらとうごめかせます。

「おお」
「ちゃんと観ているよ、奥さん」
「マンコから尻の穴まで、よーく見せてもらっているよ」

3人の男たちが笑いながら返事をします。

「え、絵梨子、今日は皆様にぜひお伝えしたいことがあるんです……
聞いていただけますでしょうか?」

「なんだい、奥さん」とか「もちろん何でも聞いてやるよ」という
返事が聞こえます。

「○○絵梨子は夫のある身でありながら、息子の担任である長尾先
生との不倫にうつつを抜かし、あ、愛欲に溺れる生活を送っており
ました……」

妻がいきなり長尾との不倫について告白を始めたので、私は驚きま
した。

「わ、私は、学校の公的機関であるPTA役員会厚生部の副部長で
ありながら、若く将来のある長尾先生を、熟女の手管を使って篭絡
し、毎月2回ある懇親会を一次会で抜け出し、せ、先生を無理やり
いかがわしいラブホテルに連れ込み、若い男性の肉体を存分に楽し
んでおりました」

とんでもない女だ、とかB高PTAの面汚しですな、といった野次
が聞こえます。

妻の告白は犬山によって無理やり言わされているに違いない、真実
ではないと思いながら、あまりの露骨な内容に私は言葉もありませ
ん。

「こ、このような淫らな女を、犬山会長様と皆様におかれましては、
役員会の書記に任命していただいただけでなく、か、隔週の役員会
において厳しくも暖かいご指導を頂戴いたしました」

男たちはどっと笑いこけます。妻のこの言葉から、週末の役員会に
おいて役員たちから妻に対してどのような行為が為されたのか想像
が出来ます。

「このたび……そのご指導の総仕上げとも言うべき厳しくも暖かい
調教を犬山会長様自らの手によって行っていただいたことで、○○
絵梨子はすっかり生まれ変わることが出来ました。絵梨子はこ、こ
れまでの怠惰でおろか、またふしだらな生活とは一切決別し、会長
様および役員の皆様他の殿方を慰安するための性の奴隷として、こ
の身をささげる事をお誓いいたします」

男たちからいっせいに拍手が沸き起こります。

犬山はうっとりとした表情で男たちの嘲笑交じりの歓声を浴びてい
る妻の耳元に何事かささやきかけます。妻は犬山の言うことにうん、
うんと素直にうなずいています。

「それじゃあいいか、絵梨子」
「はい……犬山様」

私は先ほどから妻が犬山に対して「犬山さん」ではなく「犬山様」
とか「犬山会長様」と呼び、また犬山が妻に対して「奥さん」では
なく「絵梨子」と名前を呼び捨てにしているのが気になっていまし
た。また、犬山はこれまで状況に応じて妙に丁寧な言葉遣いをした
り、わざと乱暴な話し方をしたりと巧みに使い分けていたのですが、
調教終盤からの妻への言葉遣いからは丁寧さは完全に消えており、
まるで自分の所有物としてみなしているかのようです。

その変化の理由も、私はすぐに分かることになります。

「絵梨子から皆さんへお伝えしたいことはまだ途中ですが、ここで
少し絵梨子がこの場にいないご主人に対してぜひ言っておきたいこ
とがあるようです。皆さんに代わりに聞いてもらいたいとのことな
ので、よろしくお願いします」

犬山の言葉に他の役員たちはしんと静まります。

「ね、ねえ……あなた……絵梨子、あなたにこれを機会に是非申し
上げておきたいことがあるの……」

妻がいきなりカメラに向かって話し出したので、私はまるで自分に
話しかけられているような錯覚にとらわれ、どぎまぎしました。ま
さか妻は私がオンライン役員会にアクセスしていることは知らない
はずです。

「絵梨子……あなたをずっと裏切っていました。長尾先生と半年以
上も不倫の関係に浸り、妻としての勤めを怠っていたのです。これ
だけでもあなたに愛想をつかされても仕方がないことだと思います……」
「絵梨子はもう、あなたにお別れをしなければなりません。だけど
それは長尾先生との不倫が原因ではないのです」

妻の瞳から一筋、二筋、涙が零れ落ちてきます。犬山から妻に叱咤
の声が飛びます。

「絵梨子、泣かないでちゃんと話すんだ」
「はい……わかりました」

妻はうなずいて再び口を開きます。

「長尾先生との不倫のことなら、絵梨子が誠心誠意謝って、もしあ
なたが許してくれるなら、あなたとお別れをしない道もあると思い
ます。でも、今の絵梨子はもうあなたと一緒には絶対に暮らすこと
は出来ないのです」
  1. 2014/06/16(月) 00:46:31|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第71回

「絵梨子っ!」

私は思わず声に出して妻に呼びかけました。

「あなた……?」

ディスプレイの中の妻が不思議そうな顔をします。

「どうしたんだ、絵梨子」
「今、主人の声が……」
「そんなことがあるはずないだろう。おおかた絵梨子の罪悪感が幻
聴を生んだのではないのか。ぼうっとしていないで先を続けろ」
「はい、わかりました……」

絵梨子は再びカメラに顔を向けます。

「あなた……絵梨子は犬山会長様をどうしようもないほど愛してし
まったのです。いえ、愛という言葉では正しくない、愛と言う言葉
だけでは足らないかもしれません。犬山会長様にこの身も心も捧げ
たい──絵梨子は今、そんな気持ちなのです」

「最初絵梨子は自分の気持ちを、犬山会長様の妻になりたい、いえ
、それがかなわないのなら愛人になりたいということだろうかと思
いました。でも、自分の心とよく向き合ってみたら、それとは違う
のだということがわかりました」

「犬山会長様の目の前でに臓物まで露にして、女の穴という穴を──
あなた、はしたなくてすみません。絵梨子はこんな言葉も平気で口
に出来る女になってしまったのです──虐められ、極限の羞恥の姿
を晒した絵梨子は、犬山会長様のいわれるがままに生きることに悦
びを感じるようになり、会長様の奴隷として生きたいと真剣に思う
ようになったのです」

「絵梨子は明日、犬山会長様のお言いつけどおり、道岡様のクリニ
ックで肉体改造の手術を受けます。その後会長様のご指示により、
西伊豆の温泉にピンクコンパニオンとして売られていきます。これ
からはピンクコンパニオンとしてお客様の宴席で素っ裸で接待した
り、野球拳のお相手をしたり、殿方と混浴をするだけでなく、いわ
ゆる枕営業──つ、つまりお客様のセックスのお相手もすることに
なるのです」

「ま、また、コンパニオン業者が経営するストリップ劇場で、踊り
子として出演させていただくこともあるそうです。で、でも絵梨子
はまともなストリッパーとしての踊りは出来ませんので、そこでは
実演専門──つまり舞台の上で男優の方とセックスをお見せするこ
とでお金をいただくストリッパーになると思います」

「そ、そんなわけですから絵梨子はもうあなたの妻でいることは出
来ません。浩樹の母でいることも出来ません。私の勝手でお別れを
するのですから、慰謝料や養育費をお支払しなければならないとこ
ろですが、ピンクコンパニオンとしてのお給料も全て犬山様に捧げ
ることになっておりますので、も、申し訳ございませんが、絵梨子
への財産分与と相殺していただきたくお願いいたします」

これは妻の本心ではない、犬山から言わされているに違いないと私
は必死で自分を納得させようとするのですが、妻のすべてを諦めき
ったような静かな口調がそれを否定するようで、私の心は乱れます。

長い台詞を言い終えた妻に男たちの拍手が沸き起こります。犬山は
妻をいたわるように肩に手をかけて引き寄せます。

「よく言えたな、絵梨子」
「ああ……」

私に対する恥ずかしい告白を強いられた妻は、その場に私がいない
と思っていてもやはり心が乱れたのでしょう。妻は自分から犬山の
唇を求めていきました。犬山は妻を抱きながら妻に熱い接吻を注ぎ
込みます。

「いやいや、お二人はすっかり息が合っていますな」
「○○さんがこれほど犬山会長に首っ丈になるとは、さすがですな」

役員たちは口笛を吹いて犬山と妻を冷やかします。

熱い接吻を終えた妻は、犬山の胸にすがりつくようにします。

「ねえ、ねえ、犬山様……絵梨子、もう犬山様しかいないの。お願
い、絵梨子を捨てないで」
「ああ、わかっている。絵梨子は永遠に俺の奴隷だ」
「本当? 絵梨子、信じていいのね」
「もちろんだ。絵梨子が売られてからも、ちょくちょく西伊豆まで
行って絵梨子を座敷に呼んでやるし、ストリップも見に行ってやろ
う」
「嬉しい……絵梨子、犬山様がいらっしゃるのを毎日お待ちしてお
りますわ」
「まじめに働いていたら、いずれ買い戻してやってもいいぞ」
「本当? 本当ね? ああ……そうしてくださるなら、絵梨子、何
でもいたしますわ」

妻はすっかり気を高ぶらせて、犬山の唇、首、胸元など、ところ構
わず接吻を注ぎ込んでいきます。私は妻を完全に失ってしまったと
いう喪失感、そして犬山に対する敗北感に打ちのめされていました。

妻は続けて、それぞれの役員に対して「生まれ変わった絵梨子の決
意表明」をさせられました。

「毛塚様……絵梨子は明日の肉体改造が終わったら西伊豆に参りま
すが、毛塚様のブティックの下着モデルにお使いになりたいのでし
たら、いつでもお声をおかけください。絵梨子は藤村さんに比べて
胸が小さいし、お尻が大きく、み、見苦しい身体ですが、絵梨子で
お役に立てるのならどんなエッチな下着のモデルでも、絵梨子は構
いませんわ」
  1. 2014/06/16(月) 00:47:31|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第72回

「橋本様……橋本様が銀行で絵梨子の上司だったとき、課の飲み会
の後、せ、折角絵梨子をホテルに誘ってくださったのに、絵梨子、
つれなくお断りして申し訳ありませんでした。それと、エ、エレベー
ターで絵梨子の大きなお尻を触ってくださったとき、『セクハラで
す』などと失礼なことを申し上げ、すみませんでした。心よりお詫
び申し上げますわ。これからは絵梨子の大きなお尻でも、貧弱なオ
ッパイでも、いつでも好きなようにお触りになってください。絵梨
子の身体のどんな部分もご自由にお使いいただいて結構ですわ」

「道岡様……以前の役員会で道岡様が絵梨子のク、クリトリスの皮
を剥こうとされたとき、絵梨子、興奮してしまって道岡様の手の甲
に噛み付いてしまいましたこと、ふ、深くお詫び致しますわ。その
お詫びとして、明日は絵梨子のクリの皮を道岡様の手ですっかり剥
ぎ取っていただきますわ。な、なお剥ぎ取ったクリの皮は道岡様に
差し上げますので、ホルマリン浸けにして保存していただくなり、
わ、わさび醤油でお召し上がりいただくなり、お好きなようになさ
ってくださいませ」

妻の3人の役員に対する決意表明が終わり、男たちから妻に対して
拍手が湧き起こります。妻は拘束椅子からようやく解放されますが、
激しい責めのため身体がガタガタになっているのか、まともに立つ
ことも出来ず、犬山にしっかりと支えられています。

「それじゃあ、絵梨子との約束を果たしてやろう」
「嬉しいわ……犬山様」
「その前にどんな約束だったか、絵梨子の口から役員の皆さんに説
明するんだ」
「そんな……恥ずかしい」

妻は頬を染めて顔を伏せます。

「ちゃんと説明しないと、約束は守れないぞ」
「待って……駄目っ。ちゃんといいますから……」

妻はしっとりと濡れた瞳をカメラの方に向けます。

「皆様……犬山様は絵梨子に、犬山様の責めを12時間耐え、また
最後の50分のクリ吊りを一度もイカないで堪えることが出来たら、
犬山様のおチンポで絵梨子のオマンコを思う存分犯してくださると
約束してくださったのです」
「それは絵梨子がおねだりしたことだろう」
「だって、だって……」

妻がすねるように身体を捩らせます。

「犬山様ったら、絵梨子のオマンコをちっとも責めてくださらない
のですもの……」

絵梨子はそう言うといきなり犬山の下半身に巻き付けられたバスタ
オルを剥ぎ取り、屹立した肉棒を握り締めました。

「こら、絵梨子。あわてるんじゃない」
「だって、だって、ずっとじらされていたんですもの。早くちょう
だいっ」

13時間にわたる責めでくたくたのはずの妻の身体のどこにそんな
力が残っていたのか、妻は犬山の肉棒を握ったまま、ベッドの方へ
引っ張るようにします。

「わかった、わかった、慌てるな。その前に役員の皆さんに挨拶し
ないか」
「わかりましたっ、犬山様」

妻は犬山にしがみついたまま媚びめかしい表情をカメラに向け、犬
山に指示されたとおり観客の3人に挨拶します。

「役員の皆様……絵梨子はこれから、クリトリス吊りの責めに耐え
抜いたご褒美として犬山さまに抱いていただくのです。大好きな犬
山さまのおチンポで絵梨子のオマンコが串刺しにされる場面をご覧
になりたければ、引き続きオンラインで中継いたしますから、ぜひ
お楽しみになって……」
「よし、抱いてやるからベッドに横になれ」

妻は嬉々としてベッドに横たわると、大きく両足を開きます。犬山
は素っ裸の妻にのしかかり、ぐいと抱き寄せます。

「あーんっ! 嬉しいっ」

犬山の剛直が妻の中に侵入した途端、妻は喜悦の悲鳴をあげます。
犬山が腰を使い出すと、妻も応戦するように下から腰を突き上げま
す。

「あんなに長い間責めあげたのに、これほど腰を触れるとは、絵梨
子もたいした淫売女だ」
「ああっ、言わないでっ」
「このチンポが欲しかったんだろう」
「そ、そうよっ。おチンポが欲しかったのっ!! あ、あっ、犬山
様のおチンポが絵梨子の中に入ってるぅっ!」
「絵梨子のどこに入っているんだ、言ってみろ」
「絵梨子のオマンコ、絵梨子のオマンコよっ!!」

信じられないことに犬山と妻のセックスは途中何回かの休憩を挟み、
夜明け近くまで続けられました。犬山は妻の中に少なくとも3回は
発射し、妻は犬山の剛直で貫かれながら歓喜の声をあげ続け、7度
のエクスタシーに達しました。

荒淫の果てに疲労し切った2人が眠りにつくまで私はログオフする
ことが出来ませんでした。私は妻が犬山に抱かれ、悦楽の境地を極
めるのを眺めながら犬山と同じく、3度も射精したのです。

  1. 2014/06/16(月) 00:48:41|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第73回

携帯メールの着信音が耳元で響き、私は目覚めました。頭は重く、
身体は泥のように疲労しています。

時計は午前7時を指していました。夜明け近くまで起きていました
ので2時間ほどしか眠っていないことになります。頭が重いのも当
然です。

メールは里美からでした。里美は私に、自分の部屋にアクセスする
ように促していました。

そういえば昨日里美は、ダウンコンバータを買いに行くといってロ
グオフして以来、私に連絡を取ろうとしませんでした。里美によれ
ばダウンコンバータは、私にとって4人の役員の悪行の証拠を押さ
えるための重要な武器となるものでしたが、今の私にはもはやどう
でも良いという気分になっていました。

私は妻を完全に犬山に奪われてしまったのです。

仮に犬山の元から妻を取り返したところでどうなるでしょうか。妻
は犬山が与える嗜虐の悦楽の虜になり、犬山に身も心も捧げ、彼の
奴隷としていきたいとまで言っています。

妻は肉体だけでなく、その人格も犬山によって改造されてしまった
のです。もはや元の妻に戻すことは不可能でしょう。

喪失感と敗北感に苛まれながら携帯の画面をぼんやり眺めていたら、
再び里美からメールが入りました。

「何をぼやぼやしているのっ! 今すぐ私の部屋にアクセスしてっ」

里美に叱咤された私はのろのろとPCを立上げ、里美の部屋にアク
セスしました。Tシャツ姿の里美は艶やかなボブヘアーの下から私
を睨みつけています。

「遅かったじゃない。何をしていたの」
「何って……」
「奥様を助けに行くわよ」
「え……」

私は突然の里美の言葉に驚きました。

「絵梨子を助けに行くだって? どうやって……」
「○○さん、あなた、寝ぼけているの? 今日は奥さんがやつらに
肉体改造されてしまう日なのよ。助けないでどうするの」
「しかし……助けても……」

私は逡巡しました。仮に妻をやつらの手から取り戻しても、妻が落
ちた倒錯の性の蟻地獄から妻を救うことが出来るだろうか。妻は私
や息子を捨て、何度でも犬山のもとへもどろうとするのではないだ
ろうか。

「○○さん、いったいどうしたの?」
「里美……絵梨子はもう無理かもしれない」
「無理って……どういうこと?」
「もう以前の絵梨子じゃないんだ」
「だったらどうだっていうの? もう○○さんは奥様を愛せないっ
て言うの?」
「そんなことはないっ!」

私は叫ぶように言いました。

「そんなことなないんだ……でも、絵梨子は犬山を選んだ……里美
は絵梨子の変貌ぶりを見ていないから分からないかもしれないが……
もう元には戻らない」
「見ていたわよ」
「えっ」

私は思わず聞き返しました。

「ずっと見ていたわよ。といっても電気屋を往復する間、2時間く
らいは抜けたけれど、奥様への、その……浣腸責めの終わりあたり
からはずっと見ていたわ」
「どうして連絡しなかったんだ?」
「機械のセットや録画や……色々忙しかったのよ。その代わり、犬
山が奥さんに対してどんなことをやったか、そして犬山と奥様の不
倫の証拠も取れたわ」
「しかし……」

私には里美の行動が理解できませんでした。妻を救うために証拠固
めをしているのなら、どうしてそれを昨日知らせてくれなかったの
でしょう。そうすれば私は精神的にかなり楽になったはずです。

「ごめんなさい……」
「えっ」

里美が小さな声で私に謝ったので、私は再び驚きます。

「私……本当は、奥様が責められている姿から、眼を離すことが出
来なかったの」
「どういうことだ?」
「奥様が犬山の責めにのたうちまわり、身悶えしている姿、本当に
素晴らしかったわ……だけど、私、自分のそんな気持ちを認めるの
が怖かった。奥様がその……尿道責めを受けているあたりから私は
自分を慰めたくて我慢できなくなったの。だけど、○○さんの前で
そんなことは出来ないわ……それでダウンコンバータを買いに行く
って言っていったんログオフしたの。だけど、すぐにまたログイン
し直したの」
「電気屋に行ったんじゃないのか」
「いえ……ごめんなさい。それも嘘。ダウンコンバータは前日に手
に入れていたわ」
「何だって?」
  1. 2014/06/16(月) 00:49:40|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第74回

「それじゃあ、里美はコピーガード外しの方法に気がついていたの
か?」
「つい最近よ。水曜日の藤村さんが参加したオンライン役員会が終
わった後で、知り合いのビデオ録画に詳しい人に聞いてみたの。も
ちろん内容は伏せて、コピーガードがかかったストリーミング映像
を録画する方法はないかって。その人はとても単純な方法で外せる
んだけど、一般にはあまり知られていないと言いながら、具体的な
やり方について教えてくれたわ」
「それなら、昨日の映像は……」
「頭から全部記録出来ているわ。2時間のVHSビデオテープを1
0本も使ったわ。デジタル映像に比べると画質は落ちるけど、そう
……ビデオで3倍速モードで録画したような感じかしら。音声もか
なり鮮明よ」
「里美……しかし、どうして……」
「ちゃんと説明するから、今はとにかく色々なことが手遅れになら
ないように行動しましょう。とりあえず○○さんは例の知り合いの
興信所に連絡して、橋本の尾行の手配をして。橋本の不倫の現場を
押さえるのよ」
「えっ? そ、そうか……」

昨日の彼らの会話では、橋本は道岡のクリニックには行かず、オン
ラインで役員会に参加することになっています。橋本は昨年度の役
員をしていた江藤さんとの関係が続いており、妻が肉体改造を受け
るシーンを彼女とともにホテルで鑑賞しようというのです。

私は里美に言われたとおり、知り合いの興信所に連絡しました。休
日の朝の7時過ぎではオフィスに連絡しても捕まりませんので、直
接担当者の携帯にかけます。眠そうにしている担当者にPTAの役
員名簿に記載してある橋本の住所を告げ、なんとか緊急の尾行を依
頼しました。

「役員会はいつもは夜だったよね?」
「ああ、しかし今日はもっと早いかもしれない。絵梨子と藤村さん
の2人の手術を済ませてししまおうっていうんだから」
「道岡のクリニックの営業時間は午前10時から午後7時までか……
美容クリニックって、結構遅くまでやっているのね」
「そういえば橋本が『早めにホテルにチェックインして……』と言
っていたな。すると役員会の開始は午後2時か午後3時あたりかな」

里美と話しているうちに私は徐々に元気が出てきました。妻を取り
戻せるかどうかは分かりませんが、やれるだけのことはやってみよ
うという気分になっています。とにかく、犬山達にやられっぱなし
になっているというのはどうにも気持ちが収まりません。

「道岡のクリニックのあるC駅の近くに、光ファイバーのブロード
バンド対応のラブホテルがあるわ。『ラブマシーン』っていう名前」
「凄い名前だな」
「住所と電話番号が載ったアドレスを送るわ。ここから役員会にア
クセスしましょう。○○さん、ノートパソコンを持ってこれる?」
「ああ」
「私はビデオデッキとダウンコンバータを持っていくわ。午後1時
にC駅の改札で待ち合わせをしましょう。VHSビデオのテープを
たくさん買ってくるのを忘れずにね」

そこで里美はいったん言葉を切って俯きます。

「……私の気持ちと、昨日取った行動の理由についてはその時に説
明するわ」

そう告げると里美はログオフしました。


私は車でC駅まで向かうとコインパーキングに停め、里美と待ち合
わせをした改札口へ向かいます。時間より少し早く着きましたが、
里美は既に待っていました。ビデオデッキとダウンコンバータが入
っているのか、大きなキャンバス製のバッグを抱えています。

「里美」

私が声をかけると、里美は少し恥ずかしげに微笑みます。考えてみ
ると里美とは常にライブチャットでのやりとりばかりで、リアルで
会うのは初めてです。

里美は思ったよりも小柄で、ボブヘアのせいかディスプレイで見る
よりも子供っぽく見えますが、なかなかの美形であることは間違い
なく、女優の栗原千明に少し似ています。

男物のような白いシャツブラウスにデニムのボトムという里美の姿
は、顔立ちの綺麗な少年のようにも見えます。

「○○さん」
「わざわざ付き合ってもらって申し訳ない。俺のために」
「奥様のためよ。行きましょう」

私は里美のバッグを手に持つと、パーキングへ向かいます。道岡の
クリニックはC駅の駅前にあります。まだこの時間なら毛塚や犬山、
そして妻はクリニックには現れないとは思いますが、道岡とはひょ
っこり顔を合わせる危険もあり、私たちは『ラブマシーン』に急ぎ
ました。

『ラブマシーン』はC駅前から車で5分ほどの近さです。車を駐車
場に入れると私たちは部屋に向かいます。光ファイバーが完備され
ている最新式の部屋は建物が出来てから間もないこともあるのか非
常に綺麗で、いわゆるラブホテルのイメージとは随分違います。

道岡のクリニックで何かあったらすぐに飛び出せるようにあらかじ
め4時間分の料金を前払いしておきます。私と里美は部屋に入ると
早速PCをランケーブルにつなぎ、ダウンコンバータを使ってビデ
オデッキに繋ぎました。部屋には大型のテレビがあり、オンライン
役員会にアクセスしながら同時にビデオの映像をモニターすること
も出来そうです。
  1. 2014/06/16(月) 00:50:35|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第75回

ようやくセッティングを終えた私たちは念のためにテストをします。
いつものようにユーザー名とパスワードを入力し、オンライン役員
会にアクセスします。問題なく繋がったので私たちは安堵の吐息を
つきました。回線のスピードも十分なようです。

「これで準備は万端ね。興信所には連絡がついた?」
「ああ、大丈夫だ。30分ほど前に橋本が家を出たという連絡があ
った」
「やっぱり、開始時間は私たちが思っていたとおりね。たぶんあと
30分ほどかしら」
「里美、そろそろ説明してくれないか……」

私は冷蔵庫から缶コーヒーを2本取り出すと、里美に1本渡しまし
た。

「里美はこの件で、ずっと俺を助けてくれた。一時は里美が俺に好
意を持ってくれているからとも思ったんだが、どうもそういう訳で
もなさそうだ。単に正義感から行動してくれているのかとも考えた
が、そうとばかりも言えないようだ」

ベッドに腰をかけている里美は私の言葉を聞きながら缶コーヒーの
プルトップを空け、一口飲みました。

「里美の協力にはとても感謝しているが、俺たち夫婦のプライバシー
の問題に里美を引き入れすぎているんじゃないかとも思う。特に、
絵梨子が犬山達に責められている姿を見ている里美はとても辛そう
にも見えていた。しかし、昨夜の里美の行動でまたわからなくなっ
た」

私は出来るだけ穏やかな口調で聞きました。

「今日はやつらとの対決になるが、正直言って絵梨子を犬山たちか
ら取り戻すことが出来るかどうか自信がない。里美が一緒に戦って
くれるのは心強いが、それだけに味方のことは良く知っておきたい。
里美、どうして俺たちにこんなに肩入れする?」
「そうね……やっぱりきちんと説明しないと駄目よね」

里美は飲みかけの缶コーヒーをテーブルに置くと、私の方に向き直
ります。

「○○さん、私、レズなの」
「えっ?」

思ってもいない言葉が里美の口から飛び出したので、私はひどく驚
きました。

「男性が全然駄目って訳じゃないんだけれど……女性の方がずっと
好きなの。驚いたでしょう」
「……驚いたが、確かに里美と話していてもあまり色っぽい方向に
会話が行かなかったな。若い女の子とライブチャットで話しながら、
相手の服を脱がそうとも思わなかった。自分でも不思
議だとは思っ
ていたんだが、そう言われれば里美に女性を感じていなかったのか
も知れないな」
「若い女性としてはそういう評価は、本当はあまり喜ぶべきことじ
ゃないのかもしれないけれど」

私の言葉に里美は苦笑しました。

「オンライン役員会にログインして、○○さんの奥様がローターを
使ってオナニーをさせられているのを見たとき、私、犬山達に腹が
立って仕方がなかった。奥様にこんなことをさせるなんて許せない
って」
「そういえばあの時の里美は随分怒っていた。俺のために怒ってく
れているのかと思っていたが」
「違うのよ……私、奥様みたいな女性がタイプなの。○○さんには
申し訳ないけれど一目見たとたん好きになっちゃったの」
「しかし……絵梨子と里美は随分年が違うぞ」

私は頓珍漢なことを言ってしまいます。

「そう、多分母親と娘ほども年が違うわね。でも、私昔からそうな
の。母親くらいの年代の品のよい、綺麗な女性が好きなのよ。男と
女でもそんな関係はあるでしょう。こういうのも一種のマザコン、
っていうのかしら」

私はあまりにも突飛な里美の告白に呆気に取られていま。

「ローターを使いながら恥ずかしそうにオナニーをしている奥様を
初めて見たとき、私、身体に電流が走りそうになったの。そして、
そんなことを奥様にさせる犬山達が許せなかった」
「だけど、あの時○○さんが先にログオフしてしまって、奥様が茄
子やプチトマトを使って恥ずかしいことをさせられるのをずっと見
なければいけない羽目になったとき、私、自分の気持ちに徐々に気
づき始めたの。
実は私も○○さんの奥様を思い切り辱めたいと思っているんじゃな
いかって、犬山達の立場に嫉妬しているんじゃないかって。あとで
○○さんの前で奥様が犬山達に何をさせられたか演じて見せたとき、
私は奥様に感情移入しながらも、同時に奥様を虐める犬山達にも感
情移入していたの。それで自分の身体を奥様の身体と見立てて、○
○さんの目の前で責め苛んだ……そうすることで奥様と一体になれ
るような悦びを感じたの」

里美は頬を上気させて話し続けます。私の妻に対する愛情を私の前
で告白する──相手が男ならば許しがたい行為ですが、里美のよう
な美少女とも言ってよい若い女が相手の場合はなんとも現実味がな
く、どのように反応したらよいのか、私にはさっぱり分かりません
でした。
  1. 2014/06/16(月) 00:52:33|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第76回

「しかし、それならそうとどうして早く言わなかったんだ?」
「そんなこと、そう簡単にはいえないわよ。私、○○さんとは本の
趣味も合うし、仕事の話も面白いし、生意気な言い方だけれど、と
ても良い友達になれそうだって思っていた。そんな人に自分がレズ
だっていうことをカミングアウトするだけでも勇気が要るのに、お
まけに女のマザコン、しかもサドなのよ。変態の三乗だわ」
「確かに、そう言われればそうだな……」

私は妙に納得してしまいます。

「昨日、奥様が犬山に延々と責め立てられている姿から、私、目を
離すことが出来なかった。奥様をあんな目に合わせる犬山が許せな
かった。でも、本当は犬山じゃなくて私が奥様を虐めたかったの。
代わりに私がやりたくてしょうがないことをやっていたから、犬山
を許せなかったの」

「○○さん、奥様を犬山から取り返すのよ。西伊豆に行かされたら
奥様は色々な男たちから昨日のようなことを毎日のように続けさせ
られるのよ。あんな奴らに奥様をこれ以上自由にさせれば、奥様の
身体はボロボロになってしまうわ」
「里美……」

私は里美の勢いにたじたじとなります。

「俺も絵梨子を取り戻したい。しかし、絵梨子はもう以前の絵梨子
ではなくなっているかもしれない……」
「だからどうだっていうの? 奥様は奥様よ」
「それはそうだが……」
「○○さん、私は昨日奥様が犬山に責められている姿を見ながら、
何度も何度も自分を慰めたの。奥様をこれ以上、やつらの手にゆだ
ねるなんて我慢できないの。○○さんはもう奥様に魅力を感じてい
ないの?」
「えっ……」

私は里美の問いに咄嗟に答に詰まります。

「私、知っているのよ。昨夜○○さんが、犬山に抱かれている奥様
を見ながら自分を慰めていたこと……私と○○さんは同じだわ」

私を裏切って長男との不倫に走った妻、犬山の奴隷になると誓った
妻、どれも私にとっては腹立たしく、許せない行為です。

しかし私は里美に言われる通り、以前よりも一層、妻に惹かれてい
ることを否定することができないのです。

「そんなことはない……」

私は絞り出すような声をあげます。

「そんなことはないんだ……だが、絵梨子は俺で満足するだろうか」
「長尾や犬山を負かせる自信がないの?」

里美の問いに私は答えることが出来ません。里美は俯いている私を
黙って見ています。

「○○さん……レズの私から誉められても嬉しくないかもしれない
けれど、○○さんは長尾や犬山なんかより男としてずっと上よ」
「どうしてそんなことが言える?」
「伊達にチャットレディを長くやっているわけじゃないのよ。レズ
のせいで色恋が混じらない分、男を見る目は確かだと思うわ」
「それならなぜ……」

妻は私を裏切ったのか……私はその言葉を呑み込みました。

「どんなご馳走も毎日食べていると飽きるわよ。奥様、○○さんの
良さがだんだん分からなくなってきたのね。そこで新鮮な若い男に
誘惑され、ついふらふらと道を外す。そこに犬山なんてつまらない
男に付け込まれ、今まで経験したことのないようなプレイを仕込ま
れる──奥様は今、倒錯的なセックスの中毒になっているようなも
のよ」
「だからといって、俺は今回のことで絵梨子を簡単に許すことは出
来そうにない」
「簡単に許さなくたって良いじゃない」
「え?」

私は里美の意外な言葉に顔を上げます。

「簡単に許さなくてもいいのよ。奥様は不倫の罪を犯し、○○さん
やお子さんを捨てようとしたのだから。そんないけない奥様は、心
の底からよーく反省するまで徹底的にお仕置きしてあげればいいの
よ」
「犬山と同じことをやれって言うのか?」
「いーえ、同じことじゃないわ。もっともっときついお仕置きよ」

里美は口元に妖しい笑みを浮かべます。

「でも、奥様にとってはとっても楽しいお仕置きになるかもしれな
いわね」
「絵梨子を虐めるなんてそんなこと……俺には出来そうにない」
「私が手伝ってあげるわ。それが奥様にとってはつらいお仕置きに
なるのよ」

里美がベッドから立ち上がり、私にぴったりとくっつくようにソフ
ァに座りました。

「一緒に、奥様を虐めさせて……それが私が○○さんに協力する条
件よ。2人で力を合わせれば犬山なんて怖くないわ」

里美は私の身体に、ふくよかな乳房を押し付けるようにします。
  1. 2014/06/16(月) 00:53:33|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第77回

「……里美はレズじゃなかったのか?」
「男の人が全然駄目って言うわけではないのよ。セックスは出来れ
ばしたくないけれど」

里美は私の耳元で甘く囁きかけます。

「私は○○さんの愛人、っていうことにしておくと良いわ。不倫し
た奥様に対する復讐として夫が愛人を作り、その若い愛人と一緒に
罪を犯した奥様を責め上げる。考えただけでぞくぞくするシチュエ
ーションだとは思わない?」

里美という娘は相当変わっていると思っていましたが、ここまで来
ると私の理解の範囲を越えます。しかし、私は里美の熱気に当てら
れたのか、「目には目を」の言葉ではないですが、あの犬山達の異
常性に対抗するためには、それを超える異常性を持つ里美の力を借
りるしかない、という気分になって来ました。

「……わかった。里美の条件を呑むから協力してくれ」
「そう来なくっちゃ」

里美が喜色を露わにし、私の頬にキスします。その時私の携帯電話
が鳴りました。発信人を見ると例の興信所の男です。

「10分前に橋本が、女と一緒にホテルにチェックインしました。
聞いていた特徴から、相手は江藤という女性に間違いないと思われ
ます」
「写真は?」
「任せておいて下さい。ばっちり撮っていますよ。この蒸し暑いの
にべったり腕を組んで、どこからどう見たって不倫カップルですよ。
いつもの浮気調査もこれくらい楽だといいですね。引き続きホテル
で張ります」
「頼む」

私は電話を切りました。

「いよいよね……」

心なしか里美の表情も緊張してきたようです。その時、ノートPC
の画面が待ち受け状態から変わり、道岡のクリニックの一室が映し
出されました。部屋の中にはすでに道岡と毛塚がいます。

部屋の中にはCCDカメラが何台も取り付けられているようで、毛
塚がテストしている様子が映し出されています。道岡はさすがに施
術を控えて、用具の点検などをしているようです。

「里美、ビデオ録画を開始してくれ」
「OK」

PCとビデオを繋いだダウンコンバータによってデジタル映像がア
ナログ映像に変換され、部屋に置かれた大画面のTVに道岡のクリ
ニックの様子が映し出されます。相当画質が落ちるのかと思ってい
ましたが、モニター上ではほとんど違和感はなく、まるでテレビド
ラマの画像を見るような鮮明さです。むしろPCのディスプレイよ
りも格段に画面が大きく、スピーカーの質も良いため、いつもより
も迫力があるほどです。

「異常ないわ。ちゃんと録画できているわよ」
「よし……」

これで少なくとも犬山、道岡、毛塚の3人が揃った現場を押さえる
ことが出来ます。また、すでに興信所が橋本の不倫の証拠も押さえ
ることも確実なので、計画は今のところ順調といえます。

やがて橋本がホテルからログインしてきました。

「やあ、橋本さん。出張ご苦労様です」

毛塚がニヤニヤ笑いながら橋本に挨拶します。

「どうも、お手伝い出来なくてすみません」
「いいですよ。まだ会長がきていないから、久しぶりに江藤さんの
顔を見せてくれませんか」

毛塚の言葉に、橋本はどぎまぎしています。少したって妻より少し
年上と思える、派手な顔立ちの女性が画面に現れました。この女が
藤村さんの前に役員会で会計を担当していた江藤さんしょう。

「知っていたの……皆さん、意地が悪いわ……」
「江藤さん、お久しぶりです」
「橋本さんにたっぷり可愛がってもらっていますか?」
「いやらしいことおっしゃらないで……もう」

江藤さんはまるで男たちを挑発するように身体をくねらせます。江
藤さんの髪は綺麗にセットされており、巧みに化粧も施されていま
す。江藤さんが橋本との逢瀬を心から楽しんでいる様子が画面から
うかがえます。

「○○さんと藤村さんの肉体改造の様子を是非見たいって、橋本さ
んにおねだりしたんですって?」

毛塚に問いかけれれて、江藤さんは顔を赤らめます。

「そんなことまでお話ししたの、あなた?」
「いや、それは……」

橋本は再び慌てて、言葉を詰まらせます。

「いいんですよ、別に。ただし、今日のことは絶対秘密にしてもら
わなければ困りますよ」
「わかっていますわ。私も主人に知られたら大変ですもの」

江藤さんは微笑して頷きます。
  1. 2014/06/16(月) 00:54:33|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第78回

「でも……あの上品そうな藤村さんや○○さんが、犬山会長たちの
調教でどんな風に変貌したのか、とっても興味があるわ」

江藤さんは妖しく瞳を輝かせながら言います。

「今日はとうとう藤村さんは豊胸手術を受け、○○さんはクリトリ
スの包茎手術を受けるって言うじゃない。○○さんはクリトリス包
茎って訳じゃないんでしょ?」
「違いますよ」
「包茎でもないのに皮を剥ぎ取って、常に剥き出しにしてやろうっ
て言うのですよ」

毛塚と道岡はそう言って笑いあいます。

「そんなことされたら女の身体ってどうなるのかしら?」
「ちょっと布に擦れると感じてしまうから、パンティも穿けなくな
るだろうな」

橋本は笑いながらそう答え、江藤さんを抱き寄せて大ぶりな乳房を
揉み始めます。
「嫌だわ……私、そんな風にだけはなりたくないわ」

江藤さんはくすくす笑います。

「そんなこと言って、お前だって道岡先生に豊胸手術をしてもらっ
たからこんなデカパイになったんだろう」
「いいのよ……主人だって喜んだんだから」

橋本は江藤さんのブラウスのボタンを外し、玄人っぽい黒いレース
のブラジャーに覆われた巨乳を露わにします

「久しぶりにみんなに自慢のオッパイを見てもらうか?」
「もう……エッチね……」

江藤さんはそう言いながらも強くは抵抗しません。ブラが外され、
ゴム毬のような江藤さんの乳房がこぼれ出ました。

「でも私、○○さんっていい年をしている癖に何だかぶりっ子で気
に入らなかったの。専門部会の懇親会でお酒が入ってエッチな話に
なっても、自分だけは関係ありません、なんて顔をして済ましてい
るんだから。長尾先生の餌食になったって聞いたとき、正直言って
痛快だったわ」

そう言うと江藤さんは橋本にしなだれかかり、キスを求めます。

「……この女、何なの」

江藤さんの態度に里美が怒りを露わにします。

「品がないし、全然可愛くないわ。○○さんの奥様と比べたら月と
スッポンよ。別の意味で徹底的に虐めたくなる女だわ」

確かに江藤さんの言葉の端々には妻や藤村さんに対する悪意が感じ
られます。昨年役員たちの慰み者になったはずの江藤さんは言わば
妻の同類と言えますが、それだけに倒錯した嫉妬心のようなものを
妻に感じているのでしょうか。

その時、道岡のクリニックのインターフォンがなりました。

「おや、会長の到着だ」

毛塚が液晶の画面で確認します。

「お前は隠れていろ。話がややこしくなる」

橋本に指示されて、江藤さんは渋々画面から消えます。

やがて施術室の扉が開き、妻と犬山が部屋に入ってきました。驚い
たことに妻は全裸に股縄をかけられ、さらに後ろ手に縄を打たれ、
片手に青竹の鞭を持った犬山に罪人のように引き立てられています。
おまけに妻は、口に何かビニールの袋のようなものを咥えさせられ
ていました。

「本当に素っ裸でつれてきたんですか……」

毛塚がさすがに驚きます。

「そうですよ。ホテルから車まではコートをかけてやったが、車の
中では素っ裸にしてやりました。いや、隣からやたらに覗かれるの
で大変でしたよ」
「そりゃそうでしょう」

毛塚が呆れたような声を出します。道岡が心配そうな顔で尋ねます。

「まさかクリニックの中も裸で?」
「そんなことをしたらさすがに道岡先生の営業妨害になるでしょう。
先に施術用の上っ張りをお借りして、駐車場の中でそれを絵梨子に
羽織らせました。部屋に入る直前に脱がしたんです」
「途中で縄が見えなかったかなあ」

道岡はまだ心配そうです。

「奥さんが口に咥えているのものはなんですか?」
「ああ、これは昨日道岡先生が競り落とされた品ですよ。後で本人
から直接渡させます」

犬山に縄を解かれ、妻はその場に直立不動の姿勢で立たされますが、
長く立っていることが出来ず、ふらついたところを犬山に抱きとめ
られます。
  1. 2014/06/16(月) 00:55:56|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第79回

「あんなに長い時間クリトリスを吊られていたんですから、腰が抜
けたようになるのも無理がないでしょうな」

カメラが股縄をかけられた妻の股間に寄ります。なんと妻はまたし
てもクリキャップを装着されており、2本の細い縄がクリキャップ
を挟み込むように股間に通されていました。

「これでは歩くたびにクリが刺激されるでしょう、どうですか、奥
さん?」

道岡が尋ねますが、妻はビニールの袋を咥えたまま魂を抜き取られ
たように虚ろな表情を前に向けているだけです。

「……奥さん、責め過ぎておかしくなってしまったんじゃないでし
ょうね」

道岡が心配そうな声を上げます。

「まさか」

犬山は笑いながらそう言うと、いきなり青竹で妻の大ぶりの双臀を
ピシッと叩きます。

「うっ!」

妻の肉感的な尻がブルッと震え、小さく悲鳴を上げた拍子に口に咥
えていたビニールの袋が床に落ちます。ようやく妻は目を覚ました
ような表情になりました。

「あ……ここは……」
「何をボケているんだ、道岡先生のクリニックじゃないか」
「道岡先生……」

妻は靄のかかったようになっている記憶を必死で探るように眉をひ
そめます。再び犬山の鞭が飛びます。

「ひっ!!」
「今日は絵梨子が先生にケツの穴の拡張とクリの皮剥きをしてもら
うことになっていただろう。忘れたのか、この馬鹿女っ!」
「お、思い出しましたっ!!」

妻は悲鳴のような声をあげました。

「○○絵梨子は本日、道岡先生にお尻の穴の拡張とクリの皮剥きを
お願いするためにここに参りました。よ、よろしくお願いいたしま
す」

妻は叫ぶようにそう言うと深々と頭を下げます。男たちは笑いなが
ら拍手をしています。

「毛塚様、淫乱人妻絵梨子の肉体改造にお立会い願えるだけでなく、
道岡先生の助手まで買って出てくださったとのこと、深く御礼申し
上げます」
「橋本様、お仕事お疲れさまでございます。わざわざ出張先から絵
梨子の肉体改造をお見届けくださるとのこと、有難うございます。
最後までよろしくお付き合いくださいませ」
「車の中で何度も、挨拶の仕方を練習させたんですよ」

犬山が楽しげに笑います。

「道岡先生へお渡ししなければいけないものを落としやがって、そ
のまましゃがみこんで口で拾い上げるんだ」
「はい……」

妻は犬山に命じられたとおり後ろ手に縛られたまま床にしゃがみこ
み、床に落ちた袋を口でくわえて拾い上げようとますが、手が縛ら
れているためにバランスが取れず、なかなかうまく拾えません。妖
しく蠢いている妻のむっちりとした双臀の間にピンク色をした器具
が挟まっています。

「お尻に挟まっているものは何ですか? 奥さん」

毛塚が尋ねると、ようやく妻は口で咥えあげた袋をテーブルの上に
おき、小さな声で答えます。

「それは、アナルストッパーですわ……」
「アナルストッパー? 何でそんなものをしているんですか」

毛塚は道岡と顔を見合わせてクスクス笑いながら再び尋ねます。

「犬山様が、道岡先生のお手間を少しでも減らすために、絵梨子が
自分で拡張しておけとおっしゃったので……」

妻は恥ずかしそうに頬を染めて俯きます。

「なるほど、そうですか」

道岡は笑いながら妻の尻を撫でます。

「どうですか、だいぶ開きましたか?」
「……」
「尻の穴がだいぶ開いたか、と聞いているんですよ。医者の質問に
はちゃんと答えなさい」

道岡は厳しい声を出して、妻の大きな尻をピシャリと平手打ちしま
す。

「は、はいっ……だ、だいぶ開きましたわ」
「何ミリくらいですか?」
「は?」
  1. 2014/06/16(月) 00:56:54|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第80回

「は、じゃありませんよ。奥さんの尻の穴のサイズを聞いているん
ですよ」

道岡の突飛な質問に、犬山と毛塚はゲラゲラ笑い出します。妻は真
っ赤な顔で俯いて「ぞ、存じませんわ……み、道岡先生が後で詳し
くお調べになって下さい」と答えます。

「くそっ、変態医者めっ」

私はTV画面を見ながら怒りにテーブルを叩きます。

「落ち着いて、○○さん。こうなったら連中のお下劣なところを出
来るだけ記録しておいた方が、後々脅すのに役に立つわ」
「しかし……これでは絵梨子が……」
「大丈夫よ」

里美は妙に自信ありげです。

「だけど、確かにこの道岡って男、犬山とはタイプが違うけれど相
当の変態ね。類は友を呼ぶってよく言ったものだわ」

私は再びモニターに視線を戻します。妻は手首を縛った縄をようや
く解かれています。手首に縄の痕が赤くついているのが痛々しいで
すが、そういったものが嗜虐心をそそるのか、里美は真剣に画面に
見入っています。

「股縄も解いてやろう、こっちを向け」

犬山は妻のヒップをパシンと平手打ちします。

先程から事あるごとに妻はその大ぶりの尻を男達から叩かれており、
その度に妻の大柄な裸身がブルッと小さく震え、白い尻は少しずつ
桜色に染まって行きます。

妻は素直に犬山に陰部を向け、股縄を解かれ、クリキャップとアナ
ルストッパーを外されます。無言のまま犬山に身を任せていた妻で
すが、ストッパーの一番太い部分が肛門を過ぎるときに、さすがに
辛いのか「うっ」と小さな声をあげます。

「尻の穴がどれくらい開いたか、皆さんにお見せするんだ」

妻は素直に「ハイ……」頷くと道岡や毛塚に尻を向け、両手で尻た
ぶの肉を押し広げながら身体を大きく前に倒します。CCDカメラ
が妻の肛門をアップで映します。

Sサイズとはいえ、アナルストッパーを長い間押し込まれていた妻
の肛門は確かに心なしか口を広げ、男達の目に晒されて恥ずかしげ
に息づいているようです。股縄の刺激で潤んだ秘裂から流れ出た蜜
が蟻の門渡りの辺りでキラキラと光っています。

隣の里美が食い入るようにディスプレイを眺めています。里美がレ
ズだと言うのは確かにウソではなさそうです。しかも妻が辱められ
れば辱められるほど里美は興奮しているようで、随分息遣いも荒く
なっています。

「み、皆様、絵梨子のお尻の穴……いかがですか? 少しは拡がっ
たでしょうか」
「そうですな……」

道岡はもっともらしい顔つきをして妻の尻を覗き込みます。

「前回の役員会のときと比べると、だいぶ大きくなったようですが
……奥さんの希望はどれくらい広げることでしたかな?」
「は、はい……前回のオンライン役員会では、お尻の穴でプチトマ
トを呑み込ませていただきましたが、今度はぜひピンポン玉をお尻
の穴で呑み込んでみたいと思います」

妻はゆらゆらと尻を振りながらそんな卑猥な言葉を吐きます。

「それはお前が命令したことでしょう。この変態医者っ」

私に落ち着けと言った里美が吐き捨てるように言いました。里美は
かなりのめりこんでいるようですが、私の方はこの場の展開に気が
気ではありません。

昨日は妻を完全に失ったという喪失感や敗北感がなぜか被虐的な快
感になったのですが、里美の力を借りて妻を助けることが出来るか
もしれないという期待が生まれると、途端に落ち着かなくなってし
まったのです。自分の気の小ささに嫌気が差してきます。

「ピンポン玉が呑み込めるようになれば、次はゆで卵ですな。そう
すれば会長の自慢の息子もこっちの穴で呑み込むことが出来るよう
になりますよ」

道岡は「どうですか、楽しみでしょう」といいながら、妻の尻を撫
でさすります。

「はい……楽しみですわ」

妻は男達のからかいにどのように反応すれば喜ばすことが出来るの
かを次第に身につけてきたようで、道岡の嘲笑まじりのからかいに
迎合的に尻をくねらせます。

里美は相変わらず夢中でモニターの妻の姿に視線を注いでいます。
それは、妻がどのような責めにどう反応するのかを自分の頭の中に
すべてインプットしようとでもいうかのようです。

(里美はひょっとして妻にとって、犬山たちよりも恐ろしい存在に
なるかもしれない……)
  1. 2014/06/16(月) 00:57:45|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第81回

私はそんな漠然とした不安まで感じます。毒を持って毒を制すとい
いますが、里美の嗜虐性は妻に対する倒錯した愛情のせいで犬山た
ちよりもより過激なものになる可能性があります。妻ははたしてそ
んな里美の嗜虐性に耐えることが出来るでしょうか。

しかし今はとにかく里美の力を借りるしかありません。私は再びデ
ィスプレイに視線を戻します。

妻は次に前を向き、クリキャップを外した後の陰核を突き出すよう
にしています。男たちは軽くそれに触れ、妻に甘い悲鳴を上げさせ
ながら「随分大きくなりましたね」とか「これなら手術してもしな
くても同じじゃないですか」などとからかっています。

「絵梨子、道岡先生にお渡しするものがあっただろう」
「あ……ハイ……」

妻は頷いて、自分が口に咥えてきたビニールの袋を手に取りました。

「道岡先生……これ、昨日先生が競り落としてくださった、絵梨子
のパ、パンティとブラですわ。どうもお買い上げありがとうござい
ました」
「ほう、わざわざ持ってきてくれたのですか」

道岡はビニールの袋を受け取ると、中を覗き込むようにします。袋
は食物の保存用に使うファスナー付きのもので、中に妻の白いパン
ティとブラが入っていました。

「どうしてこんな袋に入れてきたのですか?」
「は、はい……中に入っているパンティが良く見えるように透明の
ものを使い、絵梨子のに、匂いが出来るだけ逃げてしまわないよう、
密閉式のものにしました」

道岡はファスナーを開くと、中の匂いをかぐようにします。それを
見た犬山と毛塚がゲラゲラ笑い、妻は羞恥に身を捩じらせています。

「なるほど、確かに奥さんのアソコの匂いがしますよ……おや、写
真が入っていますね」

道岡は袋に入っていた数枚の写真を撮り出しました。写真がCCD
カメラの前に順にかざされます。

最初の写真はパールホワイトのシャツブラウスと薄いグリーンのスー
ツ、そして同系色のスカーフを身につけて恥ずかしそうに微笑んで
いる妻の姿でした。

「あの写真は……」

私は思わず画面に身を乗り出します。

「どうしたの?」
「確か3月に絵梨子が藤村さんに呼び出されて、PTAの書記を引
き受けさせられたときに着ていたものだ」
「そんなの覚えているの?」
「出かける前に妻が、ファッションショーをするみたいに俺に見せ
ていった。とても似合っていたので思わずぼおっと見とれてしまっ
たのを覚えている」
「そうなの……」

今思えばあの日が全ての始まりでした。しかし、妻や藤村さんを嬲
るときは凌辱の証拠を残さないよう気を配っていたはずの犬山たち
でしたので、写真を撮っているとは思っていませんでした。

「どうですか、懐かしいでしょう、この写真。まさに貞淑そのもの
の人妻って感じですな。まだほんの3ヶ月前のものとは信じられま
せんよ。この頃はまさか奥さんも、今のように尻の穴まで広げられ
ることになるとは夢にも思わなかったでしょう」

道岡は笑いながら、ことさらにその平和な頃の妻の写真を、いまや
男たちの性奴隷に落ちた妻に見せつけるようにします。さすがに妻
も辛いのか、写真から顔を背けます。

2枚目の写真は、純白のブラとパンティを身に着けた妻が、まるで
囚人のようにホテルの壁際に立たされている写真です。

「……なるほど、確かに奥さんがこの下着を身に着けていたという
証拠がないと、値打ちがないですからな」

道岡と毛塚が感心したように笑います。

最後の3枚目の写真は、同じ場所で妻が全裸で直立不動の姿勢を取
っている写真でした。いかにも女奴隷らしいその写真は妻の見事な
までの転落を鮮やかに物語っています。

「これは今朝撮影したばかりのものですよ」
「なんとなく奥さん、痩せたように見えますな」
「見えるんじゃなくて実際に痩せています。ホテルに転がり込んで
きたときにはろくろく食うものも食っていなかったようですが、そ
れでも体重は58キロもありました。今朝出る前に体重計に乗せた
んですが、54キロまで減っていましたよ」
「昨日の責めは奥さんにとっては実に効率的なダイエットだったわ
けですな」

男たちはしばらくの間その3枚の写真を見比べ、しきりに妻をから
かっていました。やがて道岡が財布から1万円札を5枚取り出し、
全裸の妻に押し付けるようにします。

「ほら、これが奥さんの下着の代金ですよ。女子高生が穿いていた
パンティならともかく、42歳の主婦の使用済みパンティとブラを
こんな高値で買ってもらえるんだから、ありがたいと思うんですよ」
「は、はい……有難うございます」
  1. 2014/06/16(月) 00:58:46|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第82回

妻は代金を受け取ると深々と頭を下げますが、素っ裸のカバンも財
布も持たない身で、受け取ったお金を持て余しておどおどと犬山の
方を見ます。

「おやおや、お金をしまう場所もないんですか」

妻の戸惑う様子を見ながら道岡が楽しげに笑います。

「い、犬山様……絵梨子のお金を預っておいて頂けますか?」
「パンティを売った金を俺に預れというのか?」
「で、でも……絵梨子、しまっておくところがありません。裸のま
まだと道岡先生に失礼ですし……」
「裸のままで失礼しているのは奥さんのほうでしょう」

男たちはそういうとゲラゲラ笑いあいます。

「絵梨子、女には男と違ってしまっておく場所があるだろう」
「えっ……?」

妻は一瞬何のことか分からない、という怪訝な表情をしますが、犬
山に「そこだ」と股間を指差されて、顔を真っ赤に染めます。

「で、でも……こんなところでしまったら」
「感じやすい奥さんのことですからせっかく稼いだお金がびしょび
しょになってしまうでしょうな」

毛塚がおかしそうに笑います。妻は消え入りたそうな風情でこくり
と頷きます。

「いい方法がありますよ」

道岡は机の中からコンドームを取り出すと、5枚の1万円札をくる
くると筒型に丸めてその中に入れ、先端に結び目を作ります。

「どうです、これならしまえるでしょう? タンポンよりは大き目
かもしれませんがね」

妻はその子供のペニスほどの大きさの棒状のものを呆然とした表情
で見つめていましたが、やがて「わ、わかりました……」と頷いて
受け取り、それをゆっくりと秘苑の中にしまいこみました。

「少々のことで落ちないかどうか、そこで2、3回飛んでみなさい」
「ハ、ハイ……」

妻はその場でラジオ体操をするように両足をそろえ、2、3度垂直
に飛びます。妻の膣内に挿入された紙幣は最初の位置で維持された
ようです。

「これで奥さんのマンコは財布としても使えることが証明できたわ
けだ。時々そのまま買い物に行ってもらいましょうか」
「支払をするときには股を開いて、店員にマンコの中のお金を取り
出してもらえば良いでしょう」
「ストリッパーとして実演を披露して、チップを受け取るときもそ
こにしまうようにすると客に受けますよ」

男たちはそんな野卑なからかいを妻に浴びせながら、さもおかしそ
うに笑いこけます。妻はさすがに屈辱に裸身を震わせ、涙を堪える
ような表情になっています。

「それでは奥さん、いよいよ施術を開始しますが、その前に当クリ
ニックの規則ですので同意書を書いていただきます」

道岡は便箋とボールペンを妻に渡します。妻はおろおろとした表情
を道岡に向けます。

「私が言うとおりに自筆で書いて、署名捺印をしていただきます。
いいですか?」
「は、はい……」

妻は裸のまま机の前に座り、ボールペンを取ります。

「まず、一番上に『同意書』と書いて下さい。その下に『私、○○
絵梨子は以下の手術に同意いたします』と続けてください」

妻は言われたとおりに便箋に書きます。

「次は同意する手術の内容です。1.肛門拡張手術、2.肛門美容
整形手術、3.クリトリス包皮切除手術……」

いよいよ冗談ではなく自分の身体に肉体改造手術が施される……妻
はさすがに恐怖を感じているのか、裸身が小刻みに震え始めます。

道岡に言われる通りの内容を書き終えた妻は、今にも涙がこぼれそ
うな表情になっています。

「最後に住所、氏名と認めの印鑑を押してください」
「あの……印鑑を持っていないんですが」

妻は涙に潤んだ瞳を道岡に向けます。

「奥様のあの表情、たまらないわ……」

モニターを見ながら里美が溜息をつくように言います。

「こんなときに何を言っているんだ」
「だって……」

里美は妻が男たちによって精神的に嬲られている様子に本当に嗜虐
心が刺激されているようで、私の隣で身体をもじもじさせています。

  1. 2014/06/16(月) 00:59:48|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第83回

「印鑑も持っていないんですか、しょうがないですね……」

道岡はわざと溜息をつくように言います。妻はもはや着るものも財
産もない、文字通り裸一貫の身の上が改めて身に染みたのか、悲し
げに俯いています。

「あ、あの……拇印でよろしいでしょうか」
「奥さんのオッパイはとてもボインとは言いがたいですな」

毛塚はそう言うと妻に後ろから抱きつくようにして小ぶりの乳房を
揉み上げます。

「あ、あっ……やめて下さい……毛塚様」
「どうしてですか? 奥さんはもう我々の奴隷になることを誓った
んでしょう?」
「で、でも……これから絵梨子は道岡先生に手術を受けなければな
らない身ですわ……お願い」

妻は身を捩じらせて毛塚の手を避けようとしますが、その仕草はか
えって嗜虐者を焦らしているようでもあり、むしろ挑発的にも思え
ます。それが証拠に毛塚が妻に抱きつくようにして乳房を揉みつづ
けると、いつのまにか「あっ……嫌ン……」などと甘い鼻声をあげ
始めているのです。

「手術を受けなければいけない身はよかったな」

道岡は犬山と顔を見合わせて笑いあいます。

「しかし、考えてみれば大変な変わりようですな。あの清楚な人妻
といった感じの○○さんの奥さんが、完全にセックス奴隷に変身し
てしまっているじゃないですか。そういえば、会長。昨夜はあれか
らどうしたんですか?」

道岡は、朝方まで続いた犬山と妻の激しい肉交の後、このクリニッ
クに来るまでの2人の様子を聞きます。それは私も興味があるとこ
ろでした。

「昨夜……といっても今朝方ということになりますか、年甲斐もな
く午前5時まで絵梨子と頑張りましたが、さすがにその後は疲れ果
てて眠り込みました。しかし、どうもこの年齢になるとどんなに遅
くまで起きていても決まった時間には目が醒めてしまうものですな。
いつも通り7時には起きてしまいましたよ」

毛塚に乳房を揉み続けられている妻を楽しそうに見ながら犬山が話
し始めます。

「隣を見ると、絵梨子がまだ寝ていたんで叩き起こしてやりました。
ご主人様よりも奴隷の方が朝寝をするなんてのはとんでもないこと
です」
「なかなか厳しいですな」

毛塚が笑います。

「当たり前ですよ。奴隷のしつけは最初が肝心です」
「会長のことですから、何かお仕置きしたんでしょう」
「もちろんです」

犬山が淫靡な笑いを口元に浮かべました。

「素っ裸のまま浴室へ連れて行き、土下座で詫びを入れさせた後、
イラマチオの特訓をしてやりました」
「イラマチオ?」

道岡が不思議そうな顔で聞き返します。

「おや、道岡さん、ご存知ないんですか?」
「いや、聞いたことはあるんですが……フェラチオとどう違うんで
すか?」
「イラマチオって言うのは女がチンポを咥えて頭を動かすんじゃな
くて、男が女の口の中にチンポを突っ込んで、頭を掴んで動かすこ
とですよ。騎乗位と正常位みたいなもんですな」
「そんなことをしたら苦しがるでしょう」
「苦しがるくらいじゃないとお仕置きになりませんよ。ただ、窒息
しそうになって思わずチンポを噛まれてしまう危険がありますから、
噛めないように絵梨子には開口具をつけさせました」
「開口具をですか?」

道岡が驚いたような顔つきをします。

「歯医者で使うようなプラスチック製の簡単なものですよ。それで
も口がかなり大きく横に広がります。素っぴんのまま歯茎まで剥き
出しにして泣きべそをかいている絵梨子の顔はなかなか見ものでし
たよ。あんな顔はご主人にも見せたことがないでしょうな」

犬山が残酷そうな笑みを浮かべます。

「それはまたマニアックな責めですな」
「そうでしょう。開口具をつけた絵梨子を浴室のタイルの上に正座
させたまま、唇から喉の奥まで思い切り犯してやりました。いや、
朝から実に痛快な気分でした」
「……犬山会長は昨夜あれだけハッスルされてたのに、今朝はちゃ
んとナニが立ったんですか?」
「朝勃ちしなくなったら男はおしまいですよ」

犬山はヘッ、ヘッと下品な声で笑います。

「絵梨子のやつ、私のチンポの先でのどちんこまでぐいぐい突かれ
て、涙目になりながらも一生懸命尺八の練習をしていましたよ。最
後にはゲロゲロ吐くまで絵梨子の喉を突きまくってやりました」
  1. 2014/06/16(月) 01:01:14|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第84回

道岡はさすがに呆れたような表情を犬山に向けます。私は涙と胃液
で顔をどろどろに汚しながら、犬山の肉棒をしゃぶりぬく妻の姿を
想像すると、さすがに痛ましいような気持ちになります。

「奥さん、いつまでオッパイを揉まれてよがっているんですか。早
く同意書を仕上げて下さいよ」

道岡は毛塚に乳房をもまれている妻に声をかけます。

「あっ……で、でも……認印は……」
「そうですね、認印を持っていないんだったら、奥さんの肛門拓で
いいことにしましょう」
「え、えっ?」

妻は何を言われているのか分からず、おろおろした表情で道岡を見
上げます。

「肛門美容が終わったら奥さんのお尻の穴にたっぷり朱肉を塗って
あげますから、魚拓のようにしてこの同意書に押してください。そ
れを認印代わりにするということでいいでしょう」
「そ、そんな……」

さすがに妻は激しい羞恥に顔を赤らめます。

「なに、皺の一本一本まで綺麗にとってあげますよ。そうだ……こ
れを見て下さい」

道岡は机の中から一枚の紙を取り出してきます。紙の中央には菊の
蕾のような肛門が鮮やかな朱色で浮き出しています。紙には黒々と
「たかこ」という署名まで記されていました。

「どうですか、綺麗に取れているでしょう」
「こ、これは……」
「去年の会計を担当した江藤さんの奥さんの肛門拓ですよ。なかな
か形がいいと思いませんか?」

道岡はくっ、くっと不気味に笑います。

「私は女性のマン拓や肛門拓を収集するのが趣味でね。このクリニ
ックに来る患者さんも、綺麗な女性なら麻酔をかけている間に素早
く採集したりしているんですよ。もう100人分はたまったかな。
奥さんの肛門拓も私のコレクションに加えてあげますよ」

妻はあまりのことに唇をブルブルと震わせています。

「とんだ変態医師もあったもんだ」

犬山と毛塚は顔を見合わせて苦笑しています。モニターの中の橋本
が複雑な笑みを浮かべています。

「それじゃあ念のために同意書を読み上げて下さい」

道岡は妻が署名した同意書を突きつけます。

「ああ……」

妻は覚悟を決めたようにそれを手にもち、読み上げ始めました。

「同意書 道岡美容クリニック御中 私、○○絵梨子は道岡美容ク
リニックにおいて以下の手術を受けることに同意いたします。1.
肛門拡張手術、2.肛門美容整形手術、3.クリトリス包皮切除手
術……。な、なお、道岡美容クリニックとの診療契約を取り消すこ
とはいたしませんし、施術されたことについては一切異議を申しま
せん」

そこまで妻は読み上げるといったん言葉を切りました。

「じゅ、住所、K県Y市I区○丁目、Iパークホテル内、○○絵梨
子……」

読み上げた住所は妻が軟禁されている犬山の経営するホテルのもの
でした。それは妻がもう私の家に帰ることはないという決意を表明
しているように思えました。

「いいでしょう、それではいよいよ施術を始めましょう。台の上に
乗って下さい」

妻は道岡の指示に従い、全裸のまま診察台にあがります。性器の美
容整形用の診察台は施術台兼用になっており、産婦人科の診察台と
同じ肢受けの付いた電動式の本格的なものです。両肢を肢受けに固
定された妻は羞恥に赤く裸身を染め、露骨な姿を男たちの視線に晒
しています。

「○○さんと藤村さんの施術には看護婦は使いませんので、恐縮で
すが犬山会長と毛塚さん、助手をお願いします」

道岡が2人の男にブルーの施術衣とキャップを渡します。

「一度お医者さんごっこというのをやって見たかったんだ」
「橋本さん、見ているだけとは残念ですな」

男達はモニターの中の橋本に笑いかけながら施術衣の袖に腕を通し
ています。

「それでは肢を開きますよ。いいですか、奥さん」

道岡が診察台のスイッチを入れると肢受け機械音を立てながらが左
右に開きます。妻の両肢は極端なまでに開かれ、女の羞恥の2つの
源泉は野卑な男たちに丸見えになってしまいました。

  1. 2014/06/16(月) 01:02:41|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第85回

「どうですか、奥さん。今の気分は……」

道岡が妻の乳房を指でつつきながらさも楽しげに尋ねます。

「は……恥ずかしいです」
「そうでしょう。ここに来る女性患者は問診のときは平気な顔で自
分のセックス体験などの質問に答えていても、この台に乗せられて
大股開きのポーズをとらされると、恥ずかしさに実に情けなさそう
な顔になりますよ」

道岡はそういいながら診療ユニットを診察台の傍に引き寄せると、
そこに取り付けられた無影灯の前に手をかざします。

「あっ……」

照明器が自動点灯し、妻の股間が煌々と照らし出されました。道岡
は診療ユニットから電動ローターを3個取り出すと、犬山と毛塚に
1つづつ手渡し、残りの1つを自分で持ちます。妻は脅えたような
表情で男たちを順に見つめています。

「奥さんには特別サービスをしながら問診をしてあげましょう」

道岡はローターのスイッチを入れ、妻の羞恥の茂みの生え際の辺り
にそっと触れさせます。

「あっ!」

妻はいきなり敏感な箇所を攻撃され、電流に触れたようにぴくっと
身体を震わせます。

「会長、毛塚さん、奥さんのオッパイをお願いします」
「よし来た

犬山と毛塚は舌なめずりをするような表情で妻の左右から、両の乳
首に同時にローターを触れさせます。

「あっ、あっ……」

妻は再びぴくっ、ぴくっと身体を震わせます。男たちは互いに顔を
見合わせ、ニヤニヤ笑いながらローターで妻を責めつづけます。道
岡の持つローターは徐々に妻の羞恥の中心部に向かい、クリキャッ
プで引き伸ばされ続けて未だ鞘から露出したままのクリトリスの亀
頭にちょん、ちょんと触れています。犬山と毛塚が操るローターは
妻の乳首を触れるか触れないかという微妙さで愛撫しつづけます。

最初は嫌悪の表情を見せていた妻の顔はローターの刺激に徐々に被
虐性の快美感に蕩けていき、診察台の上の裸身は海草のようにゆら
ゆらと揺らめき始めます。

「だいぶ気持ちが良くなってきたようですね、奥さん」

道岡の問いかけに妻ははっきりと頷きます。

「それでは問診を始めます。いいですか」
「は、はい……」

妻は溜息をつくように答えます。

「奥さんの初潮年齢は何歳ですか?」

いきなり極めてプライベートな質問をぶつけられた妻は一瞬戸惑っ
たような表情をしますが、道岡が催促するようにクリトリスにロー
ターを強く押し付けられると、「ああンっ」と甘い悲鳴をあげて、
身悶えします。

「じゅ、15歳ですわっ」

妻は悲鳴のような声をあげます。

「ほほう……随分奥手ですな」

毛塚がそう言いながら妻の乳首を責め続けます。

「この奥さんみたいに身長の高い女性は往々にしてそういうことが
多いんですよ。初潮が来るとその後女はあまり背が伸びませんから
な」

道岡がローターでクリトリスを責め、妻に「あっ、あっ」と甘い悲
鳴をあげさせながら解説します。

「月経周期はどれくらいですか?」
「さ、32日ですわ……」

少し長めですかな、いや、正常の範囲でしょうなどと男たちが批評
を加えます。

「性病の経験はありませんか?」
「ご、ございませんわ」
「初体験はいつです?」

妻は一瞬辛そうに眉をしかめますが、男たちが目配せをしてロータ
ーを妻の身体から離します。

「あ……嫌……」

いきなり快感を中断された妻は戸惑ったような声をあげます。妻の
緊張が緩んだところを見計らって、3人の男たちはローターで一斉
に攻撃を再開します。

「ああっ!」

ローターの攻撃に男たちの指先による責めが加わり、妻の身悶えは
一層激しくなります。
  1. 2014/06/16(月) 01:04:18|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第86回

「素直に答えるんですよ、奥さん」
「に、24歳のときですわ……」
「なんですって?」

道岡が聞きとがめます。

「それでは結婚するまでずっと処女だったんですか?」
「そ、そうです……」
「ご主人がはじめての男性というわけですね」
「は、はい……」

妻は改めて私を裏切ったことを辛く思い出すのか、シクシクとすす
り泣き始めます。男達は嵩にかかったように妻を責め立てます。い
ったん火のついた身体は燃え上がるのも早く、妻は「ああ……」と
悩ましげな声を上げながら診察台の上で裸身を悶えさせています。

「それでは、奥さんの2番目の男性は誰ですか?」
「……」
「長尾先生ではないんですか?」
「……そ、そうですわ」
「少し答えにためらいがありましたね。何か隠しているんじゃない
ですか」

道岡は妻のクリトリスにローターを強く当てます。

「ああっ、な、何も隠しておりませんっ!」
「嘘でしょう。淫乱なマゾの奥さんはひょっとしてローターや指で
責められるだけでは物足りないのですか?」

道岡は診療ユニットからクリップを何個か取り出し、2人の男に渡
します。犬山と毛塚はニヤニヤ笑いながらクリップを、屹立した妻
の乳首に取り付けます。

「い、痛いっ!!」

敏感になった乳首をクリップで責められ、妻は苦痛の悲鳴を上げま
す。道岡も大きめのクリップを2つ手に取ると、充血のため肥大を
見せている妻の左右の大陰唇を挟みます。

「おおうッ!!」

激痛のため妻は首をのけぞらせます。クリップにはそれぞれ細い紐
が取り付けられており、道岡は大陰唇を挟んだクリップから伸びた
紐を、診察台の肢受けに固定します。これにより妻の秘園は無理矢
理に全開させられた形となりました。

「オシッコの穴まではっきり見えますよ、奥さん」

道岡は綿棒を取り上げるとアルコールに浸し、露わになった妻の尿
道口を軽くつつきます。妻は「ヒッ!」と悲鳴を上げて下半身を捩
らせます。すると大陰唇がクリップに引っ張られて激しい痛みが走
るのか、再び「おおっ!!」と悲鳴を上げます。

「痛いですか? 奥さん」
「は、はい……痛いです」
「どこが痛いですか?」
「え、絵梨子のち、乳首とオマンコが……」

消え入りそうにつぶやく妻の乳首を、犬山と毛塚がいっせいに引っ
張ります。

「い、痛いっ! 許してっ!」
「奥さん、医師の問診に答える時はオマンコなんてあいまいな言い
方はだめですよ。ここは大陰唇というんです。わかりましたか?」

道岡は大陰唇に取り付けたクリップをぐい、ぐいと引っ張ります。

「は、はいっ! わかりました」
「それじゃあ言ってみなさい。絵梨子の大陰唇が痛いです、と」
「絵梨子の……だ、大陰唇が痛いです……」
「良く言えましたね」

道岡が淫靡な笑みを浮かべます。痛いと言えたからといって紐をゆ
るめてくれる訳ではありません。妻は苦痛の中にも諦念と、被虐性
の快感を感知し始めた微妙な表情を浮かべています。

「それでは問診を続けますよ、奥さん。おりものの量や色、匂いは
どうですか?」
「え?……ふ、普通ですわ」
「普通とはどういうことです? もう少し具体的に答えてください」
「そんな……具体的と言われても……特に多くはございません。に、
匂いや色もありません……」
「本当ですか? ちょうどいいから検査しましょう」
「あっ、ああっ……そんな……」

道岡は綿棒を妻の膣の中に挿入します。妻の秘苑はすでにすっかり
潤っているのか、キラキラと愛液に光っており、細い綿棒をするり
と受け入れます。

「会長、毛塚さん、ちょっと手伝ってください。奥さんのおりもの
を採取するんです」
「面白そうだな」
「お手伝いしましょう」

犬山と毛塚も手に取った綿棒を妻の全開にされた膣口に伸ばします。
3本の綿棒に同時に膣内をほじくり回される妖しい感覚に、妻は豊
満な双臀をブルブル震わせます。

「あっ、ああっ、嫌っ! ゆ、許してっ!」
「奥さん、量は多くはないと言ってましたが嘘ですね。後から後か
ら流れ出してきりがありませんよ」
「そ、それは違いますわっ、あ、ああっ。お、おやめになって!」

  1. 2014/06/16(月) 01:10:55|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第87回

妻は散々男達によって愛液を採取されて行きます。ようやく玩弄の
手が止み、妻ははあ、はあと荒い息を吐いています。綿棒で蹂躙さ
れた妻の秘苑からは甘い果汁が溢れ出ています。

「さあ、質問に答えてもらいますよ。本当にご主人と結婚してから、
長尾先生と関係を持つ間には何もなかったんですか?」
「……ございました」

妻が小さな声でそう答えたので、私はひどく衝撃を受けました。

「そうでしょう、こんな淫乱な奥さんがご主人一人だけで20年近
くも満足できるはずがないですからな」
「どこの誰と乳繰り合ったんですか? 正直に答えてください」

男達はそう言いながら、妻の乳首や大陰唇を挟んだクリップをくい、
くいと引っ張ります。

「あっ、あっ、しょ、正直にお答えしますわ。で、ですからクリッ
プを引っ張るのはやめて」
「それじゃあ、いつ誰と寝たんですか? 詳しく話しなさい」
「はい……お話しますわ」

妻は記憶を呼び起こすようにそっと目を閉じて、話し始めます。

「あ、相手は高校のころの同級生です。結婚してから5年ほど経っ
たころ、卒業10周年ということで盛大に同窓会が開かれることに
なりました。主人にお願いして子供を見てもらって、わざわざ帰省
して出席したんです」

「本当に懐かしい友達や先生がたくさん揃っていて、私も高校時代
に戻ったような楽しい気分になって、ふだんはあまり飲めないお酒
をつい飲み過ぎてしまいました」

「同窓会も終わりに近づいたころ、同級生だったDさんから突然、
昔からずっと好きだったと告白されました。すっかりお酒に酔って
いた私も当時Dさんのことは素敵だと思っていたので、嬉しくなっ
て2人で二次会で盛り上がってしまいました。そして気が付いたら
ラブホテルのベッドで下着姿のままDさんに抱かれていたんです」

男たちはほう、とかさすが淫乱妻ですなというから回を浴びせます
が、妻は淡々と話し続けます

「私はとてもびっくりして、すぐにベッドから飛び起きました。D
さんは平謝りに謝って、気分が悪そうだったからホテルで休ませて
いただけで、何もいかがわしいことはしていないと必死に弁解しま
した」

「Dさんはそう言っていましたが、私は目覚めたときの身体の感触
から、何もなかったということは信じられませんでした。でも、私
にも落ち度があったことでもあり、Dさんもちょうどその頃婚約し
ていたこともあって、その夜のことは2人ともなかったことにしよ
うと言って別れました」

「家に戻ってからしばらくの間、私は申し訳なくて主人の顔をまと
もに見ることができませんでした。このことは一生主人に内緒にし
て、それこそ墓場までもって行こうと決心したのです」

妻の告白を聞いた私は呆然と言葉もありませんでした。長尾との不
倫、犬山への従属を聞かされた時もショックでしたが、それらにつ
いては妻は巧妙な罠にはめられたのだからと、妻に同情する気持ち
もありました。

長尾や犬山との関係に比べれば、一夜限りの同窓生との過ちはささ
いな事かも知れません。しかし、それが私にとってかえって衝撃的
だったのは、妻がもともとそういう隙のある女だということを思い
知らされたことです。

私が妻に対して20年近く抱いていた、清楚な妻に対するイメージ
がガラガラと崩れて行くような思いでした。

「衝撃の告白、といったところかしら。○○さん、大丈夫?」

里美が心配そうに私に声を書けます。

「でも、告白ビデオが撮れた訳だから良かったじゃない。奥様を虐
めるネタがひとつ増えたと思えば?」
「絵梨子……許せない」
「えっ?」

私の呟きに里美が怪訝な表情を見せます。

「俺をずっと騙しやがって……思い知らせてやる」

里美はしばらく驚いたような顔を私に向けていましたが、すぐにに
っこり笑うと、いきなり私に抱きつくようにします。

「そうそう、その意気よ。○○さん。あんな浮気妻はギュッと言わ
せなければ駄目よ。私が手伝うから、きついお仕置きをして上げま
しょう」
「ああ……」

私は妻に対する愛情がはっきりと憎しみに変わって行くのを感じま
した。いや、正確に言うと愛しているからこそ憎いということでし
ょうか。

長尾や犬山が妻に対して本質的な愛情はもっておらず、そこにある
のは倒錯的なセックスの相手としての興味だけでしょう。里美は妻
に、レズビアンとしての愛情は感じているかも知れませんが、憎し
みの感情は持っていないでしょう。

  1. 2014/06/16(月) 01:18:23|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第88回

従って、妻に対して誰よりも強い感情を抱いているのは私というこ
とになります。自分以外の人間に対してそこまで強い感情をもてる
とはこれまで考えてもいませんでした。

告白が終わった妻は静かに目を閉じて男たちのからかいを受けてい
ます。

「思った通りの淫乱人妻ですな」
「10年もあっていなかった男と、再会したその日にベッドインす
るとは」
「そんなしまりのない下半身で恥ずかしくないんですか」

男たちは口々に妻を嘲りながら、乳首や大陰唇に取り付けられたク
リップを引っ張り、妻に小さい悲鳴を上げさせています。

「ああっ、許してください」
「お酒に酔って知らないうちになんて言っていましたが、どうせ奥
さんの方が誘ったんでしょう」

「そ……そんな……違いますわ」

毛塚がニヤリと笑い、思い切り妻の左の乳首を引き伸ばします。

「あっ、い、痛いっ! そ、そうですっ。わ、私の方から、お誘い
しましたっ」

妻は痛みに耐え兼ねて迎合的な男たちに返事をします。

「絵梨子もその頃は28歳、子供も生まれて女の悦びが分かり始め
るころだから、同窓生の逞しいチンポで後ろから前から一晩中、ズ
ッコンバッコンやられまくったんだろう」
「そ……その夜のことは本当に覚えていないんです」
「嘘をつくなっ、この淫乱女がっ!!」

犬山が妻の右の乳首に取り付けられたクリップを力任せに引きます。

「お、おおっ! や、やめてっ、お乳が、お乳がちっ、千切れるっ」

妻は激しい苦痛に上半身をのけぞらせて喚きます。

「本当のことを言えっ!」
「は、はいっ! 言いますっ。ほ、本当は逞しいもので、後ろから
前からズッコンバッコンやられまくりましたわっ!」

妻は全身を震わせながらそう叫びます。

「その夜一度だけというのも嘘じゃないですか? 不倫の楽しさに
酔ってお互い夫や婚約者の目を盗んで、それから何度も乳繰り合っ
たのでしょう?」
「そ、そんな……主人を裏切ったのはその時だけです。嘘じゃあり
ません……」

道岡は無言で妻の大陰唇に取り付けられたクリップを思い切り左右
に引きます。妻のその部分がトランプのダイヤを横にしたような極
端な形に拡張されました。

「ひ、ひいっ! や、やめてっ! あそこが、あそこが裂けちゃう
っ!」

妻は白目を剥いて腰部を痙攣させ、悶え苦しみます。

「う、嘘を言ってごめんなさいっ。え、絵梨子はふ、不倫の楽しさ
に溺れて、そ、その後も夫や、Dさんの婚約者の目を盗んで、何度
も何度も乳繰り合っていましたっ、あ、あなたっ、御免なさいっ!」

その後も妻は男たちに責め続けられ、ついにその同窓会以来毎年2、
3度の実家への帰省の度にDに抱かれる生活がもう15年近くも続
いていると告白するに至りました。

それが本当のことなのか、男たちに拷問されて嘘の自白をさせられ
ているのか、それとも男たちの嗜虐心を煽ってマゾヒスティックな
快感に浸るために作り話を小出しにしているのか、私には分かりま
せんでした。

しかし妻が実家への帰省の際に、久しぶりに友達と空いたいからと
いう理由で、私より先に帰ったり、一人で残り後から家に戻ったり
することはしょっちゅうあります。ですので、Dとの不倫の継続も、
ありえない話ではありません。

「……絵梨子が肉体改造を受けて、西伊豆に売られて行くことは納
得いたしましたが……それで主人や子供と一緒に暮らせなくなるこ
とよりも……Dさんと二度と会えなくなる方が辛いですわ……」

そんなことをシクシクと甘いすすり泣きとともに口走る妻は、淫ら
な不倫妻であることを演じ、自虐の快感に酔っているのか、本当に
そう思って泣いているのかさっぱり分からなくなりました。

「やっぱり奥様って素敵だわ……」

里美がため息をつくようにそう言います。

「どういうことだ?」
「どういうことって……奥様、犬山たちを完全に自分の下僕にして
いるじゃない」
「犬山たちが下僕?」

私は里美の言葉に混乱します。

「絵梨子がやつらの奴隷になっているんじゃないのか?」
「○○さんって、少しはこっちの趣味の素質もあるみたいだけれど、
まだまだ初心者ね」

里美が呆れたように言います。
  1. 2014/06/16(月) 01:19:10|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第89回

「MはマゾヒストのMっていわれるうけれど、本当はMこそご主人
様、Masterなのよ。SはサディストではなくServant。マゾヒストの
快楽に奉仕する哀れな下僕に過ぎないわ」
「奥様は3人の男たちに責められているように見えるけど、実際は
自分の被虐の快楽に男たちを奉仕させているのよ。モニターを通し
て奥様を見ている橋本や江藤も、そして私達でさえ、奥様の快楽の
触媒に過ぎないわ」
「そんな……」

私は妻という女に何か底知れぬ物を感じます。

「もちろん奥様が意図してやっていることとは思えないわ。奥様は
そのあたりが天然なんだけど、だからこそ最強なのよ。もう、本当
に素敵だわ……」

里美はキラキラした瞳をモニターの中の妻に向けています。その姿
はまさに妻に恋する乙女、いや、里美の少年っぽい服装もあいまっ
て、恋する美少年といった感じがします。

妻に対する道岡の問診がようやく終了し、ようやく施術が開始され
ることとなりました。

「それじゃあ奥さん、約束どおり肉体改造を開始します。いいです
ね?」
「はい……」
「承諾書をいただいていますから、これはあくまで奥さんの意思に
基づく美容整形手術です。それについても異存ありませんね?」
「い……異存ございませんわ」
「それから、奥さんはもう家には戻らないということですから、今
後は奥さんの外見に関する改造も進めて行きたいと思います。これ
がその計画書です」

道岡はA4サイズの紙を犬山と毛塚に渡し、開脚の姿勢で診察代に
固定された妻の前に広げるようにします。それを目にした妻の表情
が見る見るうちに青ざめていきます。

「オンラインで参加している橋本さんのためにも、計画の内容を説
明してあげましょう」
道岡は妻の強張った顔を楽しげに眺めながら、計画書の説明を開始
します。

「○○絵梨子肉体改造計画」

道岡はまず計画書の表題を読み上げます。

「第1段階、○○絵梨子を身も心も淫乱なマゾ奴隷に落とすことを
目的とし、クリトリス包皮の切除、肛門美容整形、肛門拡張を行う。
これにより絵梨子はパンティの布地が陰核に触れるだけで欲情し、
また肛門でも男性の肉棒を受け入れることが可能な淫乱女に改造さ
れることになる」

ここまでは今日中に施術を終えます、と道岡は悪魔的な笑いを浮か
べます。

「第2段階、○○絵梨子の淫乱化を促進するための処置を行う。具
体的には以下のとおり。1.クリトリスへのヒアルロン酸注入によ
る増大強化、2.膣内壁へのヒアルロン酸注入による膣縮小、3.
レーザー脱毛による陰毛の完全除去、4.小陰唇と大陰唇の脱色、
5.大陰唇への脂肪注入による肥大化……これは明日から順に実行
しましょう」

そんなことをされれば妻はもとの生活に戻ることは絶対に出来なく
なるでしょう。

「これから後は慰安旅行移行の処置になります」と前置きして道岡
は続けます。

「第3段階、○○絵梨子をこれまでの生活と完全に決別させ、淫乱
マゾ奴隷としての新しい人生を歩ませるための外見の改造。具体的
には以下のとおり。1.豊胸手術、人工乳腺法により最低300cc
の乳腺を絵梨子の大胸筋筋膜下に注入、現状のBカップをEカップ
まで拡大する。2.腹部の脂肪吸引、3.ヒアルロン酸注入による
臀部の拡大、4.トータルフェイスリフトによる若返り、5.レー
ザー脱毛による陰毛の完全除去……」
「ケツをわざわざでかくするんですか?」

毛塚が驚いて道岡に尋ねます。

「脂肪吸引によってお尻を小さくしたがる女性は多いですが、ブラ
ジルあたりでは美人の条件はケツでかであることで、尻が大きくす
る手術が一般的らしいですよ。この奥さんのチャームポイントはな
んといってもデカいケツですからな。胸だけを大きくしたんでは魅
力が失われてしまいます」
「それにしても……」
「腹の脂肪も取りますから、一昔前のアメリカのグラマー女優か、
エロ劇画に出てくる女みたいなプロポーションになりますよ。フェ
イスリフトをすると顔の張りも出て、まず見た目10歳は若返るで
しょうから、仮に道でご主人や息子にばったり出会っても、奥さん
とは気づかないことは請け合います」

道岡がさも楽しげに話します。妻はさすがに衝撃を受けたのか、ぼ
ろぼろと涙を流しています。

「ああやって泣いているけど、奥様はそれほど嫌がってはいないは
ずよ」

里美はすすり泣く妻の姿を食い入るように見つめながら言います。

「そうなのか?」
「奥さんにとっては、道岡たちの脅しは一種の言葉責めになってい
るのよ。もう、悔しいわ。私ならもっともっと上手に責めてあげる
のに……」

里美はそんなことを言いながら、頬をすっかり上気させています。
  1. 2014/06/16(月) 01:19:56|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第90回

「第2段階以降については改めて書面で同意書をもらいますが、と
りあえず口頭で奥さんの了解をもらいたいですね。いいですか? 
奥さん」

さすがに逡巡する妻を3人の男たちは再びローターで責め立てます。
何度も絶頂近くに追い上げられ、そこから8合目付近まで落とされ、
再び追い上げられるという寸止めの拷問を繰り返された妻はついに
屈服します。

「わ、わかりましたっ……え、絵梨子の道岡先生の身体をお好きな
ように改造してくださいっ! で、ですから……」
「ですから、何ですか?」
「ですから……ああ……お、お願い……一度イカせてっ!」

道岡と犬山は顔を見合わせてにやりと笑いあいます。

「いいでしょう、思い切りイキなさい」
「ハ、ハイっ!!」

3つのローターが妻の裸身の上で踊ります。妻は診察台の上で限界
まで開脚した姿勢のまま、「い、イキますっ!」とほざくように叫
び、激しい絶頂に達しました。

「すっきりしたところで、昨日の約束どおり剃毛してあげましょう。
それが終わったらいよいよ肛門拡張ですよ」

道岡がしとどに濡れた妻の秘園を拭いながらそう言うと、妻は素直
に「ハイ」と頷きます。

「赤ちゃんみたいな身体にしてあげますよ、嬉しいでしょう」
「う、嬉しいですわ……」
「慰安旅行が終わったらレーザー脱毛してあげますからね」

道岡はそういいながら妻の黒々とした陰毛を撫で上げます。

「それにしても奥さんは随分お毛々が多いようですが、それまでこ
こを剃ったことはあるんですか?」
「ございませんわ……」
「それなら、子供の頃からずっと育ててきた大事なものとお別れす
るわけですね。名残惜しいでしょう?」
「は、はい……名残惜しいですわ」

妻はため息をつくようにそういうと、軽く身悶えします。

「それならマンコの毛を剃る代わりに、腋毛を伸ばさせてやろう」

犬山が笑いながら妻の繊毛を引っ張ります。

「あっ、そ、そんなことをされたら、ノースリーブを着られなくな
ってしまいますわ……」
「何を寝ぼけたことを言ってるんだ」

犬山は笑います。

「絵梨子はこれからずっと素っ裸で暮らすと誓ったじゃないか。ノ
ースリーブも何も、服を着ることすらないんだぞ」
「そ……そんな……でも……いまどき腋毛を伸ばしているなんて、
おかしなな女だと思われます」
「思われてもいいじゃないか」
「事実そうなんだから」

男たちはそういうといっせいに嘲笑します。

「とにかく、これからは自分で腋毛の処理をすることは一切許さん。
毎日、伸び具合を報告するんだ」

犬山にぴしゃりと決め付けられて、妻はがっくりとうなだれます。

「わ……わかりました。おっしゃるとおりに致します」

3人の男たちは満足そうに笑いあいます。

「ところで奥さん、施術料金はどうしてくれますか?」
「え、ええっ?」

思いがけないことを道岡に聞かれ、妻は戸惑いの表情を浮かべます。

「何を驚いているんですか? 専門家に美容整形手術を依頼するん
ですよ。奥さん自身がちゃんと同意書を書かれたじゃないですか」

道岡は妻が署名した同意書を、わざとらしく妻の顔の前でひらひら
とさせます。

「いくらくらいかかるんだ」
「そうですね……クリトリスの包皮除去で10万円、肛門の美容整
形で10万円、肛門の拡張はサービスしておきましょう。合計で2
0万円ですね」
「絵梨子、20万円だそうだ。道岡先生にお支払しなさい」

犬山に命じられた妻は世にも情けない表情になります。

「そ、そんな大金……私にはございませんわ……」
「お金もないのに施術を依頼したのですか?」

道岡はわざとらしく大きな声を上げます。

「一円も持っていないのですか?」
「い、いいえ……」

妻は小さな声で答えます。

  1. 2014/06/17(火) 17:12:10|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第91回

「先ほど道岡先生からいただいたお金が……」
「どこにあるんですか?」

道岡はニヤニヤしながら尋ねます。

「絵梨子の……オマンコの中に……」
「何ですって? 奥さんは自分のオマンコを財布代わりに使ってい
るんですか?」

道岡の言葉に男たちはどっと哄笑します。

「ハ、ハイ……そうです。ああ……もう虐めないで」

妻はなよなよと身を揉みます。私の目にも、妻は確かに被虐性の快
感に徐々に浸ってきているように見えました。道岡は妻の膣口から
覗いたコンドームの端をつまみ、ゆっくりと引き出します。

「ああっ……」

丸めた紙幣を入れたコンドームがずるりと引き出され、妻は喘ぐよ
うな声を上げます。

「どれ、いったいいくら入っているんですか?」

道岡は妻の淫蜜でぐっしょり濡れたコンドームの端を鋏で切り、中
の紙幣を引き出します。

「一枚、二枚……5万円ですか。これじゃあ全然足りませんね。残
りの15万円はどうするんですか?」
「す、すみません……道岡先生、足らない分については絵梨子に貸
しておいていただけますでしょうか……」

妻は気弱に尋ねます。

「さて、どうしましょうかねえ」

道岡は腕組みして首をかしげます。

「どうですか、会長。この奥さんにお金を貸したとして、返済能力
はありますかね?」
「まずムリだろう。絵梨子にはうちのホテルの宿泊料金もまだ払っ
てもらっていないからな」

犬山はそういって笑います。

「職もなければ財産もない。文字どおり裸一貫の四十女に金を貸す
やつはいないだろう。私も宿泊料金に食事代だけでなく、奥さんの
ために買ったクリキャップ、開口具、ピッカーカテーテルの代金も
まだ払ってもらっていない」
「そ、そんな……」

自分を責める器具も自分で贖わなければならないのか。妻は悲しげ
に唇を震わせます。

「まあ、これは絵梨子を温泉に売るときの代金と相殺するつもりだ
。足らなければ借用書を書いてもらうが」
「犬山会長はそれで良いでしょうが、こちらは困りますね。クリニ
ックの経営は楽なものではないですからね」

道岡はわざとらしく顔をしかめていましたが、やがて思いついたよ
うに妻に話しかけます。

「そうだ、当クリニックにはモニター契約というのがあります。奥
さんにはモニターになってもらいましょう」
「モ、モニターって……何をするんですか?」
「施術の術前術後の写真を撮って、うちのクリニックの広告に使わ
せてもらうんですよ」
道岡が淫靡な笑いを浮かべます。

「クリトリス包皮切除手術の場合は、施術前と施術後の奥さんのク
リトリスをアップで撮った写真を撮って、クリニックのホームペー
ジに掲載します。若返りや豊胸手術くらいならともかく、さすがに
婦人科となるとなかなかモニターのなり手がなくてね。モニターに
なってもらえれば施術料金は75%引きにしてあげますよ」

道岡の言葉に妻は愕然とした表情になります。

「なに、顔は隠しておいてあげますから、知っている人が見ても奥
さんだとは分かりませんよ」
「そ、そんな……」
「クリトリスや肛門の写真を掲載しても問題ないんですか? 猥褻
物陳列罪になりませんかね?」

毛塚がさすがに心配そうに尋ねます。

「医療行為だから問題ないですね。他の美容整形外科でも、小陰唇
縮小手術や包茎手術の施術例の写真を堂々とホームページに載せて
いますよ」
「驚いたな……美容クリニックというのは不思議な世界ですね。う
ちのランジェリーショップではとてもそういう訳にはいきません」

毛塚が感心したようにつぶやきました。

「どうですか? 奥さん。モニターになることを了解しますか」
「ああ……」

妻は苦しげに眉をしかめますが、他に手段はありません。

「し、仕方ありませんわ……」
「仕方ないという言い方は気に入りませんね。私は施術代が支払え
ない奥さんのために好意で申し出ているのですよ。どうせならこん
な風にいって欲しいですな」
  1. 2014/06/17(火) 17:13:49|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第92回

道岡は妻の耳元に何事かささやきかけます。妻は羞恥に赤く頬を染
め「ああ……」と呻くような声を上げていましたが、やがてこっく
り頷きます。

「み、道岡先生……施術代の支払さえ出来ない絵梨子のために、モ
ニター契約をしていただけるとのこと。有難く御礼申し上げます。
よ、42歳のむさくるしい身体でございますが、道岡クリニックの
発展のためにお役に立てるのなら、え、絵梨子のオマンコやお尻の
穴の隅々まで……存分に記録してください」

男たちはゲラゲラ笑いながら手を叩きます。

「そうだ。今ちょっと思いついたんですが、肉体改造が一通り終わ
ったら、この奥さんには局部専門のモデルになってもらったらどう
でしょうね?」

毛塚が笑いながら提案します。

「どういうものですか?」
「よく『手タレ』っていうのがいるでしょう。手の撮影専門のタレ
ント。奥さんの場合は顔を映すと色々まずいことがあるから、オマ
ンコや肛門の撮影専門のタレントになってもらうんです」
「そんなの、需要がありますかな?」
「十分ありますよ。たとえばこういったクリニックの術後写真、医
療用器具の使用マニュアル用の写真、たとえば浣腸器やクスコを挿
入したところを写真に撮ります。SMグッズのショップのモデルな
んかも顔が写らなければいいかも知れません」
「スカトロもののAV撮影で、浣腸シーンの吹き替えモデル、って
いうのもいけそうだな」

男たちのそんな恐ろしい話を妻は小刻みに裸身を震わせながら、じ
っと目を閉じて聞いています。

「まったく、とんでもないことを思いつく連中ね……でも、ちょっ
と面白いかも……」

男たちのやり取りをじっと聞いていた里美がそう呟きました。それ
にしても里美の妻に対する執着は相当のものです。犬山たちから救
出されても、妻にはまた別の地獄が待っていそうです。

「おや、ちょっと時間をかけすぎました。そろそろ剃毛にかかりま
しょう」

道岡は腕時計を見ながらそう言うと、妻の股間の前に三脚を置き、
一眼レフのデジタルカメラをセットします。

「奥さんの、施術前の毛が残っている状態の写真を撮っておきます」

道岡はそういうと妻の大陰唇に取り付けられたクリップを外し、陰
部をデジタルカメラで接写します。フラッシュが光るたびに妻の腰
部がブルッ、ブルッと小さく震えます。写真を撮り終えると道岡は
鋏を手に取りました。

「奥さんのは量が多いので、まずざっと鋏でカットしましょう」
「ハイ……」

道岡は鋏を使って妻の豊かな陰毛を刈り取っていきます。黒々とし
た繊毛が房になって、診察台の肢受けの下に取り付けられた金属の
トレイに溜まっていきます。

「これは私が買い取ったものですからね。一本もムダにはできませ
んよ」

PTAの役員に配ったらどうですか、とか今度の慰安会の参加者に
記念品として分けたらいいでしょう、と言った声が男たちから飛び
ます。やがて妻の恥丘は短い毛が突き立った禿山のような状態にな
りました。道岡はそんな妻の股間をしげしげと眺めると、わざとう
んざりしたような声を出します。

「こりゃあまるで無精髭のようで、あまりみっともいいものではあ
りませんな。まあ、これもついでに撮っておきましょう」

道岡は再び妻の陰部を撮影します。

「ああ……」

妻はこみあげる羞恥をじっと耐えるように、目を閉じています。犬
山たちはこれまで証拠を残ることを恐れて写真は撮影しなかったよ
うですが、もはや妻が完全に自分たちの手に落ちたという安心感が
油断につながっているようです。妻を解放した際には今道岡が撮っ
ている写真は彼らの悪行の動かぬ証拠となるでしょう。

道岡は次に妻の恥丘にジェルを塗りたくります。屹立したクリトリ
スにまでジェルを塗られた妻は「はあっ……」とため息に似た声を
上げています。

「随分気分がよさそうですね、奥さん」

道岡はそう言いながら指先で妻の肉裂の間をゆっくりとかき回しま
す。犬山と毛塚も道岡と調子を合わせて、乳首に取り付けられたク
リップを外し、再びローターによる責めに切り替えています。妻の
秘園からはピチャッ、ピチャッとぬかるみを歩くような音が響き始
めます。

「あ、ああ……も、もうジェルは十分ですわ。早くお剃りになって……」

妻は徐々に情感が迫ってきたのか、もどかしげに裸身をくねらせな
がら剃毛をねだります。
  1. 2014/06/17(火) 17:14:47|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第92回

「まだまだ、もっと柔らかくしないと」
「ジェル以外のものも随分出てきているようですがね」

男たちはそういいながら妻の裸身を責め続けます。

「……い、悪戯するならお剃りになってから悪戯すれば良いでしょ
う。ねえ、早く剃って……絵梨子を赤ちゃんのような身体にして……」
「段々奥さんのマゾぶりも板についてきたようじゃないですか。そ
れじゃあお望みどおり剃ってあげますよ」

道岡は剃刀を取り上げると、妻の恥丘にそっと当てます。剃刀が妻
の柔らかい皮膚の上をゆっくりと滑り、妻のその部分は確実に幼女
のそれに還元されていきます。

「どうですか、奥さん。オマンコの毛を剃られる気分は。気持ち良
いですか?」
「ハイ……気持ち良いですわ……」

妻は道岡のからかいに対して、開き直ったような口調で答えます。
私はそんな別人のように淫奔になった妻を信じられない思いで見つ
めていました。隣にいる里美は陶然とした表情を妻の陰部に向けて
います。

ついに妻の股間が完全に剃り上げられます。翳りを失った妻のその
部分は一見幼女のそれのように見えますが、よく見ると熟女らしく
褐色の色素が沈着しており、また剃り上げた陰毛の毛根がポツポツ
と盛り上がっているのが淫らがましく見えます。

「なんだか剃り上げたらかえって生々しくなりましたな」

道岡はそういいながら妻の肉裂に指を差し入れます。開かれた肉襞
からどっとあふれ出た淫蜜が蟻の門渡りを伝って妻の肛門をしとど
に濡らします。

「剃毛されて随分感じたようですな、奥さん」
「ハイ……」

妻は素直にうなずきます。

「奥さんも随分変態的になったものだ」
「ああ……意地悪なことを言わないで……」

妻は吐息をつくようにそう言うと診察代の上で豊満な裸身をくねら
せます。

「皆さんがそんなふうにさせたんでしょう……ねえ、絵梨子をもっ
と、もっと虐めて……」
「だいぶ気分が乗って来たようですね」

道岡はそう言って他の2人と笑い合います。

「それでは次にお尻の穴の周りの毛も剃りますが、いいですね?」
「ハイ……お願いしますわ」

妻は恥ずかしげに頬を染めて、再びうなずきます。

「はっきりとおねだりしてください。オンラインで参加している橋
本さんにもはっきりとわかるようにね。そう、こんな風に言うんで
すよ」
「ああ……そんな……」

道岡に何事か囁きかけられた妻は羞恥にうなじをのけぞらせます。

「そ、そんなこと……絵梨子、恥ずかしいわ」

「ケツの穴まではっきり見せながらマンコの毛を剃らせて、今更恥
ずかしいもないでしょう。たった今『絵梨子をもっと虐めて』と言
ったのを忘れたんですか。それくらいのこと言えないようじゃ困り
ますな」

道岡に詰め寄られた妻は「ご、ごめんなさい。言いますわ」と唇を
震わせると、覚悟を決めたようにCCDカメラに視線を向けます。

「み、皆様。え、絵梨子のオマンコの毛を奇麗にお剃りいただいて
有難うございました。つ、次に、お手数ですが、絵梨子のお尻の穴
の周りの毛をお、お剃りください」
「お尻の穴の毛まで剃ってくれというんですか? 奥さん」

毛塚がわざと驚いたような声を出します。

「は、はい……せ、折角オマンコがつるつるになったのに、お尻の
穴に無駄毛があったら艶消しですわ。む、むさくるしいところの毛
ですが、どうか、が、我慢してお剃りください……ああっ!」

妻はその先のせりふがよほどおぞましいのか、思わず声を詰まらせ
ます。

「どうしたんだ、絵梨子。また尿道責めをして欲しいのか?」
「い、嫌……おしっこの穴を虐められるのはもう嫌です……」
「それなら早くその先を言いなさい」

犬山と道岡に責め立てられ、妻は覚悟を決めたように口を開きます。

「え、絵梨子、お尻の穴の毛を剃られるのがいくら気持ちが良いか
らといって、お、おならなんていたしませんから……み、皆様、安
心してお剃りください……ああっ!」

そんな下品な言葉を吐かされた妻は再び羞恥にうなじをのけぞらせ
ます。その時、突然モニターの中から甲高い女の笑い声が聞こえま
した。
  1. 2014/06/17(火) 17:15:39|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第92回

「ホホホホッ!! ○○さんったら、なんて下品な女になったのか
しら。傑作だわ!」
「だ、誰なのっ! 誰かいるのっ!」

妻は驚愕して顔を左右に振ります。

「こら、貴子、声を出すなって言っただろう」
「だって、おかしくってもう我慢できないんだもの」

モニターの中から男女が言い合う声が聞こえます。

「あれは貴子の声じゃないか。どうしてここにいるんだ」

事情を知らない犬山が不審そうな声を上げます。

「申し訳ありません、会長……」

橋本が画面に現れて、頭をかきます。橋本の後ろに玄人っぽい黒の
下着姿の江藤さんが薄笑いを浮かべています。

「え、江藤さん……どうしてっ!」

妻はうろたえて診察台の上で裸身を悶えさせます。

「橋本さん、出張というのは嘘だったんですか」
「いや、申し訳ない。貴子と一緒にホテルからアクセスしています」
「道岡先生、毛塚さん、お2人は知っていたんですか」

道岡と毛塚も恐縮したように頭を下げます。

「まあ、参加してしまったものはしょうがない。貴子、分かってい
るとは思うがこの件は絶対に秘密だぞ」
「わかっていますわ、会長。私も主人には知られたくないもの」

江藤さんは不敵な笑みを浮かべています。

「じっと黙って見ているのも疲れたわ。ねえ、会長様。私も参加し
ても良いでしょう?」
「そうだな……絵梨子もちょっと責められ慣れてきたところなので、
刺激になって良いかもしれん」
「やった!」

江藤さんが歓声を上げます。

「この馬鹿女!」

隣の里美が吐き捨てるように言います。

「折角○○さんの奥様が燃えていたのに、ぶち壊しじゃない!」

里美は本当に妻を助けに来ているのか、さっぱり分からなくなりま
す。私は同性でありながら妻への責めに参加した江藤さんに対して、
里美が嫉妬しているのではないかと思いました。

里美の言う通り、すっかり身体を燃え上がらせていた妻ですが、江
藤さんの登場に完全に心を乱されたようです。道岡が妻の肛門にジ
ェルを塗り付けようとすると、それを必死で避けるように双臀を悶
えさせます。

「こら、そんなにケツを振るんじゃないっ! 切れ痔になっても知
らないぞ」
「お、お願いです。犬山様、道岡先生っ、毛塚様っ。え、江藤さん
をこの場から出て行ってもらってっ! え、絵梨子のこんな姿を見
させないでっ!」
「何を我が儘を言っているんだ」

道岡は妻の頬をピシャリと平手打ちします。

「おまえにもうそんなことを言う権利はないんだぞっ!」

次に犬山が妻の乳首を思い切りひねり上げます。

「だ、だって……私や藤村さんを陥れたのは彼女なんですっ! え、
江藤さんにだけはこんな惨めな姿を見られるのは嫌っ!」

今まで男たちに従順さを示していた妻が、人が変わったように荒れ
狂い、泣き喚き、悶え抜きます。

「随分嫌われたようだな、貴子」

犬山がニヤニヤ笑いながら声をかけます。モニターの中の江藤さん
は憮然とした表情で吐き捨てるように言います。

「何よっ。私だけが悪いっていうの」
「だって、あのとき私と藤村さんに変な薬を飲ませたのは……」

再び道岡の平手打ちが妻の頬に飛びます。妻は「ああっ!」と悲鳴
を上げて顔をのけぞらせます。

「しょ、しょうがないじゃないっ。専門部会の中であなた達が一番
生意気だったのよ。いちいち執行部のやり方にけちをつけて」
「あなたの会計に不正があったからだわっ!」

そう絶叫する妻はすっかり女奴隷から、以前の毅然とした妻に戻っ
てしまったようです。

「会長さん、女奴隷の分際でこんなに反抗するなんて、私の時と比
べて調教が生ぬるいんじゃないの。○○さんがちょっと奇麗なもん
だから手加減したのかしら」
「ふん……そんなことはないはずだがな」

犬山は苦々しげに首をひねります。
  1. 2014/06/17(火) 17:20:35|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第95回

「しかし、確かに貴子の言う通り再調教が必要なようだ。道岡先生、
電気責めの器具はありますか?」
「もちろんありますよ」

道岡は悪魔的な笑みを浮かべます。

「絵梨子、素直になるように絵梨子の大好きな尿道の電気責めにか
けてやろう」

妻の顔色がさっと青ざめ、唇がブルブルと震えだします。

「い、嫌……電気は嫌……」
「きっと絵梨子は昨日からずっとやりっ放しで、睡眠不足だし、疲
れているんだろう。電気を通したらすっきりするぞ」
「やめて……お願い……電気だけは……」
「遠慮するな」

犬山はニヤリと嗜虐的に笑います。道岡が戸棚の中から何やらスイ
ッチやメーター、電極が取り付けられた機械を取り出してきました。

「嫌……ああ……やめて……電気は嫌……」

妻は恐ろしいほど目を見開いて、裸身を激しく悶えさせます。冗談
ではなく、男たちは妻を拷問にかけようとしている。私が思わず腰
を浮かせようとした時、一瞬早く里美が立ち上がりました。

「○○さんっ、行くわよっ!」
「あ、ああ……」

私は機先を制された格好で、里美を見上げます。

「何を気のない返事をしているの。奥様を助けに行くのよっ。ちょ
うどテープも2時間で一杯になったわ。デッキから取り出してっ!」
「ビデオデッキや、ノートPCは……」
「そんなの後で取りにくればいいわっ、今はとにかく奥様を助ける
のよっ!」

里美はそういうとキャンバスのバッグからデジタルカメラを取り出
し、ストラップに手をかけると駆け出しました。私はあわててデッ
キから取り出したビデオテープを掴み、里美の後を追いました。


ホテル「ラブマシーン」から道岡のクリニックまでは車でわずか5
分です。信号が変わるのももどかしく車を最大限飛ばして、里美と
私はクリニックの前に到着します。

「○○さんはちょっとこれをかけていて」

私は言われた通り、里美に渡されたサングラスをかけます。それを
確認した里美は「ついて来て」と声をかけるとクリニックの扉を蹴
るようにして開けます。大きな音を立ててドアが開き、受付にいた
若い女が目を丸くしてこちらを見ています。

「神奈川県警生活安全課よっ! 道岡院長に対する医師法違反、売
春防止法違反、誘拐、暴行、および傷害未遂の容疑でこれから道岡
クリニックを家宅捜査しますっ! これが捜査令状よっ!」

里美は何か縦書きの用紙をポケットから取り出すと、受付の女性に
突きつけるようにして、すぐにしまいます。

「院長はどこなのっ! すぐに案内しなさいっ!」
「で、でも……先生は施術中なので誰も入れるなと……」
「あなたっ!」

里美は受付の女性を指差すと、シャツブラウスの胸ポケットから薄
い黒皮の手帳をちらりと見せます。

「公務執行妨害で現行犯逮捕されたいのっ」
「す、すみませんっ!」

女性は受付から飛び出し、里美と私を案内します。私たちは廊下の
端の「施術室」とプレートが張られた部屋に行き当たります。

「ああっ!! 嫌あっ! 許してっ!!」

部屋の中から妻の絶叫が響いて来ます。

「絵梨子っ!」

私は扉を押して見ましたが、鍵がかかっているようです。

「そこをどいてっ!」

里美は私を扉から離れるように指示し、廊下の中央当たりまで下が
ります。

「道岡っ、観念しろっ!!」

里美は大声で叫びながら助走し、扉に思い切り飛び蹴りを食らわし
ます。大きな音と共に扉が開きました。素っ裸のまま診察台に固定
された妻の回りに、3人の男たちが身を寄せ合っています。デジタ
ルカメラを構えた里美は男たちの姿を連写します。

「だ、誰だっ! お前らっ!」

犬山が里美につかみ掛かって来ます。里美は私にデジタルカメラを
渡すと、「写真!」と叫びます。犬山の放った拳がわずかに里美の
肩先にヒットした瞬間をカメラが捉えます。里美は犬山の身体を避
けながら前進を独楽のように回し、犬山の後頭部に回し蹴りを放ち
ました。
  1. 2014/06/17(火) 17:21:20|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第96回

犬山は床の上に潰れたヒキガエルのように伸びます。道岡と毛塚は
診察台の妻の横に呆然とつっ立っています。

「絵梨子!」

私はサングラスを外して診察台の妻に駆け寄りました。

「あ、あなたっ!」

妻の目にどっと涙があふれ出ます。私は妻の股間に取り付けられた
電極を外し、診察台から解放して抱き抱えます。その時モニターの
中の橋本と江藤さんがあわててログオフする気配を見せました。

「逃げるなっ! 橋本っ、江藤っ!」

里美はモニターに向かって指を突き付けます。

「あんたたちの不倫の証拠はしっかり押さえたわ。ホテルから出て
も私立探偵が張っているわよ。そのままおとなしくそこで座ってい
なさいっ!」

2人はへなへなとベッドに座り込みました。

道岡と毛塚はサングラスを取った私の顔を見て、表情を強ばらせて
います。

「○、○○さん……何か誤解があるようです……これは、奥さんの
希望による施術です……ほ、ほら……ここにちゃんと同意書もあり
ます」

道岡は私に妻が書かされた同意書を見せます。

「それは無理矢理……」
「それは無理矢理○○さんの奥様が書かされたものでしょうっ!」

私が口を開こうとすると、里美が先に道岡を怒鳴りつけます。道岡
は一瞬ひるみますが、相手が小娘だと見て気を取り直します。

「馬鹿な……な、何を証拠に……」
「証拠はこのビデオテープよ! あなた達の悪行はしっかり記録さ
せてもらったわ」
「記録なんかできるはずがない!」

毛塚が食ってかかりますが、道岡に目配せされて「しまった」とい
う表情を浮かべます。

「それが出来ちゃうのよ。世の中に破れないコピーガードなんかな
いのよ。昨日のオンライン役員会の様子もすべて録画してるからね。
観念しなさいっ!」

道岡と毛塚はがっくりとうなだれます。床に伸びた犬山がようやく
目を覚まし、きょろきょろとあたりを見回しています。

「今回の落とし前をどうつけてもらうかは後で連絡するから、4人
とも首を洗って待っていなさい。それから、この件で○○さんの奥
様や藤村さんにちょっとでも圧力をかけるようなら、こちらも手段
を選ばないからね。私のネットワークを甘くみない方がいいわよ」

最後に里美は犬山に指を突き付けます。

「犬山っ! あんたが裸でSMプレイに興じているみっともない姿
のビデオを、B高ラグビー部OB会最高顧問の、柳原先生に見せた
らいったいどうなるかしらね」
「や、柳原先生に……」

犬山の表情はたちまち真っ青になります。

「や、やめてくれ……それだけは……」

床に頭を擦り付けるようにペコペコしている犬山を見下ろしている
里美に私は尋ねます。

「柳原先生って誰だ?」
「犬山たちが現役時代のラグビー部の監督よ。もう70歳を越えて
いるけど、OB会に絶大な影響力をもっているわ。ほら、なんとか
ウォーズっていうテレビドラマのモデルにもなった……」
「それは別の高校だ」
「とにかく、先生の逆鱗に触れたら、OB会やその縁者のつてでた
くさんの商売をもらっている犬山の会社は、たちまち立ち行かなく
なるわ。道岡や毛塚の商売も同じことよ」
「里美はどうしてそんな先生のことを知っている?」
「私のネットワークで色々と方法を探るっていったでしょ。チャッ
トレディの口コミの力ってすごいのよ」
「柳原先生もライブチャットを?」

私は目を丸くします。

「若い女の子としゃべるのが元気の秘訣だって。お年寄りのネット
リテラシーを馬鹿にしちゃだめよ」

里美はそう言うと、私にしがみつくようにしている妻に施術用の上
っ張りを渡します。

「……あ、有り難うございます」

妻は目に涙をためて里美に礼を言います。

「ところで……あなたは?」

妻の問いに里美はにっこり微笑んで答えます。

「はじめまして、奥様。私、○○さんの愛人の、里美っていいます。
よろしくね」
  1. 2014/06/17(火) 17:22:24|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第97回

私は犬山たち4人の役員に対して合計で1000万円の慰謝料を請
求しました。犬山たちも地元で商売が出来なくなりことによる打撃
に比べると、この程度で済んだのは幸運だったのかも知れません。

私は半分の500万円は里美に渡しました。彼女の力なしに今回の
トラブルの解決はあり得なかったからです。これとは別に長尾と西
岡から合計で200万円を妻との不倫の慰謝料として支払わせまし
た。

藤村さんについては妻に比べると彼らから受けた責めは少なく、西
岡との不倫も含めてご主人にはばれていないためあまり表沙汰にし
たくないようでしたが、私が交渉して4人から300万円を支払わ
せることとしました。

PTAの役員会については犬山たち4人は辞任させ、後任の会長に
は私が就任しました。夫婦で役員を務めるというのは異例のことで
すが、犬山たちの強い推薦という形で何とか場を収めました。

副会長ポストは3つから1つに削減し、妻の絵梨子を書記から昇格
させました。会計には藤村さんが異動。書記には前執行部の会計を
務めていた江藤さんを復帰させました。

PTAの執行部といっても、実務は事実上専門部会で動かされてお
り、やることはほとんどありません。犬山たちがSMプレイに興じ
ていても運営に支障がなかったことからもそのことは証明されてい
ます。

里美は私の会社に、マーケティング担当兼私のアシスタントという
位置付けで入社しました。ネットビジネスについての里美の発想力
は非凡なものがありますし、またいつの間にかチャットレディを組
織化して作り出したネットワークの力は会社にとっても大きな力に
なりました。

一緒に仕事をしてみると里美は頭が良いだけでなく行動力もあり、
仕事面でもしばしば私がリードされるほどです。会社の人間は私と
里美の関係について疑っているようですが、ベンチャー企業は結果
を出していればさほどうるさいことは言われません。

私の会社のメインビジネスであるウェブ出版は、これまで長期にわ
たり苦戦の日々が続いていましたが、携帯電話への配信がいきなり
盛り上がり、私がこれまで延々と集めていた、SF、ホラー、恋愛
などの分野の短編小説の版権がさまざまなプロバイダから引き合い
が来るようになりました。里美のアイデアで立ち上げた自社の配信
部門も、若い女性の支持を得てスタート段階から多くの読者を集め
るようになり、広告収入も増加してきました。


私と里美が妻を救出してから2カ月が経過したある日曜、私と里美
は企画書作成という名目で休日出勤していました。

専用の個室のソファに、私と里美は並んで腰掛けています。私も里
美もきちんとしたスーツ姿です。目の前には大型の液晶モニターが
置かれています。といっても会社の備品ではなく犬山たちからの慰
謝料の一部で私が個人的に購入したものです。

「そろそろ時間よ……」

そう里美が言った途端、画面に3人の女性の姿が次々に現れました。
江藤貴子、藤村尚美、そして妻の絵梨子です。

3人の女は競うように娼婦のようにセクシーな下着姿で、揃って椅
子の肘あての部分に肢を掛け、M字開脚淫らなポーズをとっていま
す。3人の熟女は程度の差こそありますが、その姿かたちは以前か
ら著しい変貌を遂げています。里美が探してきた腕の良いクリニッ
クで3人とも美容形成手術を受けさせたのです。

「それじゃあオンライン役員会を始めるわ。最初はいつものように
3人のオナニー競争よ。私の合図と同時に始めるのよ。3、2、1
……はじめ!」

里美の指示で3人の熟女はいっせいに自らの手で自らの肉体を慰め
始めました。

当然のことですが、オンライン役員会のシステムはB高PTAに帰
属しますから、運営そのものは会長である私が引継ぎました。里美
はPTAにとっては部外者ですが、システム管理担当ということで
参加させています。

もちろん犬山たち4名のIDは削除し、役員である4名(および里
美)以外はアクセスできないようになっています。下田の会社に注
文して、登録されたIPアドレス以外からのアクセスを禁じる2重
のセキュリティもかけましたので、もはや犬山たちには手が出せま
せん。

犬山たちの行っていたオンライン役員会も私と里美によって引き継
がれたのです。

「ああン……」

江藤さんは紫色の玄人っぽい下着をずらし、片方の手で大ぶりの乳
房を揉みしだき、もう片方の手で股間をさすりながら、熱いため息
を吐き始めています。

茶色に染めた髪をカールさせた江藤さんは以前からエキゾチックな
顔立ちでしたが、目頭切開法によって目を大きくしたため、ますま
す派手な顔になっています。また太ももの脂肪を吸引して胸に注入
したため、下半身はややスリムになり、逆にバストは以前からFカ
ップあったものが、Gカップまでサイズアップしています。

  1. 2014/06/17(火) 17:23:07|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第98回

江藤さんと橋本の不倫の証拠である興信所の報告書は私がしっかり
と押さえていますので、夫に知られたくない江藤さんとしては私に
逆らうわけには行きません。私が指示した江藤さんの美容形成代は
橋本が払ったようですが、関係そのものは終わったようです。

元々、爛れた不倫の関係に浸りきっていた江藤さんの調教を引き継
ごうと言い出したのは里美ですが、里美は江藤さんに対して嫌悪感
があるためかあまり熱心に調教をしません。そのため、必然的にそ
のお鉢は私に回ってきます。

「ああ……いいわ……」

江藤さんはオナニーにふけりながら、ちら、ちらと私の方に視線を
送ります。私を誘惑しようとしているのかもしれませんし、時には
明らかにそのようなそぶりを見せることもあるのですが、今のとこ
ろ私は相手をしないようにしています。

私は次に藤村さんに視線を移します。

高級そうなレースをあしらった黒の下着を身につけた藤村さんは、
小さなブラジャーの下で窮屈そうにしている乳房を強く揉み上げ、
股間をせわしなくこすり立てながら「ああ……ああ……」と切なげ
な声を上げています。

日本的な顔立ちによく似合う黒髪を乱しながら恥ずかしいマスター
ベーションに浸っている藤村さんは、フェイスリフトを行ったため
吊り目が強調されていますが、印象的には10歳は若返った感じで
す。乳房は従来GカップはあったものがIカップまでサイズアップ
されており、爆乳というのがふさわしい身体つきになっています。

藤村さんの美容形成も私(と里美)が指示したものですが、抵抗す
るかと思った藤村さんは意外に素直に受け入れ、施術にかかる費用
もすべて自分が負担しました。犬山から受け取った慰謝料の中から
支払ったとのことです。

藤村さんと西岡先生の関係も終わったようです。藤村さんのご主人
は今回の経緯を一切知りません。あくまで夫婦の問題ですから、私
から藤村さんのご主人に知らせるつもりはありません。

私と里美は、妻と江藤さんの調教は計画していましたが、藤村さん
については巻き込むつもりはありませんでした。藤村さんについて
はそのまじめな性格で、執行部の会計をしっかり管理してもらえば
それで十分だと思っていたのです。

しかし藤村さんは「他の3人の役員が参加している会議に、私だけ
が参加しないわけにいかない」と強く主張し、結局他の2名ととも
に私たちの調教を受けることになりました。おとなしそうな外観に
似合わぬ藤村さんの強い被虐性は、しばしば里美すら驚かせました。

また、藤村さんのご主人は美容整形によって変貌した藤村さんの顔
や肉体について随分気に入っている様子で、夜の生活も増え、家庭
はかえって円満になったそうです。

「ああ……尚子、もう、イキそう……」

藤村さんは最近、江藤さんとは違った形で私に対して秋波を送って
来ます。少女を思わせる藤村さんの黒目がちな瞳でじっと見つめら
れると、思わずふらふらと関係を持ってしまいそうになります。

最後に私は妻に目を転じます。

高級なレースをあしらった真っ赤な下着を身に着けた妻は、江藤さ
んや藤村さんに決して引けを取らないような激しさで自慰行為に没
頭しています。充血した乳首と良く手入れされた短めの繊毛が下着
からはっきりと透けて見えます。

明るい栗色に染めた髪は里美の好みもあってマニッシュな感じのシ
ョートにセットされています。目頭切開により目の彫りが深くなり、
さらにフェイスリフトによって藤村さん同様見かけは10歳は若返
っています。

全体に本来の妻の清楚さをより引き立てる整形といえますが、下着
に合わせて引かれたルージュの口紅がそこだけ妙に淫靡な印象を与
えています。

また、妻のBカップだった乳房は人工乳腺法による豊胸手術の結果、
Eカップまで巨乳化されています。これを江藤さんや藤村さん並み
の爆乳にするかどうかについては私と里美で意見が分かれていると
ころです。

私はこのままで良いといっているのですが、里美はホルスタインの
ような乳房を持つようになり恥らう妻の姿を是非見てみたいといっ
て聞きません。妻に意見を聞くと恥ずかしそうに頬を染めながら、
「お二人にお任せします」というだけです。

妻の美容形成の費用はもちろん、犬山たちからむしり取った慰謝料
から出ていることは言うまでもありません。

「ああ……素敵……もう、イッちゃいそう……」

妻の妖艶なオナニー姿を見ながら、私はこの2ヶ月間の目まぐるし
い出来事を思い出していました。


日曜の夕方に道岡のクリニックから妻を家につれて帰った私と里美
は、とにかく妻を休ませることとしました。犬山や道岡の責めによ
り憔悴しきった妻は昏々と眠り続け、途中うなされながら高い熱を
発しました。翌日、重要な商談のある私は妻のことが気にかかりな
がらも出勤しないわけには行かず、里美に看病を任せました。
  1. 2014/06/17(火) 17:23:50|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第99回

里美は私の依頼を目を輝かせて喜び、私の家に泊まりこみ、親身に
なって妻の世話をしたようです。息子の浩樹には「妻の友人」とい
うことで紹介しておきましたが、突然若い女性が我が家に何日も泊
まることになって、浩樹も随分驚いたようです。

妻が十分休養を取れるように私は夜は居間で休み、夫婦の寝室に妻
と里美を休ませました。火曜日の夜帰宅した私は、ダイニングのテ
ーブルで楽しげに談笑している妻と里美の姿を見て驚きました。里
美は妻に対して「私の愛人」と自己紹介したこともあって、妻が里
美とこんなに急速に親密になるとは思っていなかったのです。

「あ、○○さん、お帰りなさい」

里美は私の顔を見て微笑します。妻は椅子から立ち上がると食堂の
床に正座し、「あなた、ご心配をおかけして本当に申し訳ありませ
んでした」と深々と頭を下げました。

「ああ……」

私はことの成り行きに意表を衝かれながら、とにかく妻が元気を取
り戻したことにほっと安心していました。そんな私に里美が近づき、
いきなりキスをしました。

「里美……」

私は驚いて里美を見ますが、里美はじっと私の瞳を覗き込むように
しています。妻はそんな私と里美に少し寂しそうな表情を向けてい
ます。里美は私の耳元に口を寄せ、ささやきかけました。

「ごめんなさい……○○さん、奥様の身体、いただいちゃった」
「なんだって?」

私は里美の言葉に再び驚きます。

「奥様、昨日の夜からだいぶ熱は下がり始めたんだけれど、悪寒が
するらしくて震えていらっしゃったから、私、裸になって奥様を暖
めたの。じっと抱き合っているうちに奥様は随分落ち着かれたんだ
けど、段々変な気持ちになっちゃって……」

妻と里美は裸で抱き合いながら、互いの指先で女の部分を愛し合い、
ついには2人で絶頂に達したというのです。

「奥様、レズビアンもお嫌いじゃないみたいだったわ。ひょっとし
て経験があるのかと思って聞いてみたら、結婚前の女子大に通って
いた頃、お相手がいたんですって。驚いたわ」

それは私のほうが驚きました。

妻は私と結婚するまで処女でしたので、性というもの全般に奥手だ
とばかり思っていたのですが、なんとレズビアンの経験があったと
は……。

「とはいってもほとんどが精神的なもので、実際にベッドでペッテ
ィングしたのは2、3回だけらしいけれど。ただ、レズビアンの癖
はその後も治らなかったみたいね。ああいうのは一生尾を引くのか
しら……」
「どういう意味だ?」

私は不吉な予感に駆られて尋ねます。

「奥様が道岡のクリニックで告白した『D』って同窓生の話、覚え
ている?」
「もちろんだ」
「……あのDって人、女性なのよ」

今日は何度驚かされることになるのでしょうか。

「で、でも……」
「そう言えば奥様は、Dが男性だとは一言も言ってなかったわね」
「し、しかし……一晩中ズッコンバッコンっていうのは?」
「もちろんレズビアン用のディルド(張り型)を使ってね。男は一
度出したらなかなか回復しないけれど、レズなら一晩中だって出来
るからいいよね」

里美は納得したようにうなずきます。

「それじゃあ、今も関係が続いているというのは、本当なのか?」
「腐れ縁みたいになっているんでしょうね。奥様も相手も一種のバ
イセクシュアルで、レズじゃなきゃ駄目とか男じゃなきゃ駄目とい
ったのがないみたい。それとレズと男は別で、彼女との関係につい
て、○○さんに対してある程度罪悪感は持っていたけれど、○○さ
んとの愛情と両立しないものだとまでは思っていなかったみたいね」

呆然と里美の言葉を聞いている私に、土下座したままの妻が再び深
々と頭を下げました。

「あなた……長尾先生とのことなんですが……」
「あ、ああ……」

そうだ、その件もあったかと私は間の抜けた返事をします。

「本当に申し訳ありませんでした。昨年の8月、厚生部の懇親会が
あったとき、執行部の江藤さんも参加されて……私と藤村さんは知
らないうちに彼女に薬を飲まされてしまったのです。その時は薬だ
とは気づかず、飲みすぎたとせいだとばかり思っていました」
「ふらふらになった私たちを教師の中では若手で、ラグビー部出身
で体力もある長尾先生と西岡先生が送っていくことになって、気が
ついたときは私は長尾先生にラブホテルに連れ込まれて、裸で抱き
合っていました」

私が心の用意が出来ていないのにもかかわらず、妻は早く重荷を下
ろしたいのか告白を続けます。
  1. 2014/06/17(火) 17:24:53|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

役員会 第100回

「私が気がつくと長尾先生はベッドから飛び出るようにして、私が
余り気分が悪そうだったから休ませようと思った。やましい気持ち
はまるでないつもりだったが、以前から綺麗だと思い憧れていた私
の下着姿を見ているうちに我慢できなくなった。ご主人や浩樹に顔
向けの出来ないことをしてしまったので、B高校を辞め、2人に謝
りたいと言い出しました」

どこかで聞いた話だな、と私は妙に冷静な気持ちで妻の話を聞いて
います。

「私は驚いて、そんなことをされたら家庭が滅茶苦茶になってしま
うし、PTA中に噂が広まってしまう。絶対にやめて欲しいと頼み
ました。あなたには私から話をするからと。でもすっかりパニック
になった彼は私の言うことを聞かず、私は彼を落ち着かせるために
身体を抱いて……」
「またセックスしたのか?」
「すみません……」

妻はまた深々と頭を下げます。結局長尾との関係はずるずると続き、
妻が長尾の本性に気づく頃にはすっかり深みにはまっていました。
私は妻の性格を「頼まれたら断れない」と評したことがありますが、
それだけではなく、イケメンのスポーツマンで母親からも人気のあ
る長尾が自分に夢中だということに悪い気がしなかったようです。

それでも妻は今年の3月に長尾との関係を清算することになります
が、妻の秘密を握った犬山たちによって罠にはめられていくのです。

今年の3月終わりごろに藤村さんに呼び出された妻は、その場にい
た犬山たちに長尾との関係をちらつかされながら脅迫されます。

それはPTAで妻と長尾、藤村さんと西岡の関係を問題にし、2人
の教師を処分してもらう。ただし藤村さんと妻が役員を引き受け、
1年間、月に2度だけ自分たちの欲望処理の相手をすれば関係は秘
密にしておいても良いというストレートなものでした。驚いた妻は
犬山たちの欲求を拒みますが、夫への発覚を恐れる藤村さんに懇願
され、やむなくその条件を飲んでしまうのです。この段階では長尾、
西岡と犬山たちがグルだとは明かされていませんでした。この日に
妻と藤村さんは早速犬山たちによって犯されます。

その後毎週のように妻と藤村さんは犬山たちに呼び出され、2人は
交互に彼らの慰みものになります。最初はただ犯すだけだったのが、
徐々に犬山たちの変質性が発揮され、妻は徐々に彼らに作り変えら
れていきます。

その頃妻は役員会で家に帰るのが遅くなったら、男性役員に交互に
タクシーで送られていましたが、だいたいその日に妻を送ってきた
人間が妻に対して自分の趣味を発揮したようです。

初回は毛塚がそのフェチシズムを発揮し、妻に陰毛が透けて見えた
り局部に穴の空いたパンティや、かろうじて乳首を覆うのみのブラ
ジャーを順に着せたり、赤いガーターベルトを着けさせてストリッ
プを演じさせたりしました。

次は三度の飯よりもセクハラが好きな橋本です。橋本はどうやって
手にいれたのか妻に勤め先の銀行の制服を着せると、わざわざスチ
ールのデスクまで取り寄せ、オフィスでセクハラを行うというシチ
ュエーションでのイメージプレイを強制しました。妻の役割は「セ
ックスレスで欲求不満になっている人妻パート社員」という侮蔑的
なもので、橋本のセクハラを悦んで受けるという日頃の妻とは真反
対のものです。

3人目は道岡です。妻はここで初めて道岡特有の、ローターやバイ
ブを使用したねっとりした責めを受けることになります。妻は素っ
裸にされてベッドの上に拘束され、道岡のリードの元、4人がかり
で責め立てられました。長時間にわたって寸止めの責めを施された
妻は狂乱状態となり、「お願い、イカせて!」と男たちに懇願する
ようになります。妻はさんざん焦らされた後、男たちの責めで何度
も絶頂に達したのです。

そしてその次に犬山によって、妻は女としての矜持を完全に破壊さ
れるような責めを受けます。西伊豆へのセックス慰安旅行を拒絶し
た妻は犬山によって仕置きをされたのです。クリトリスを指ではじ
かれ、小陰唇にクリップをはめられ、アヌスにガラス棒を挿入され
た妻は最後に尿道への電気責めというすさまじい拷問を受け、つい
に屈服したのです。

西伊豆で妻と藤村さんに行われた行為はほぼ私の想像していたとお
りでした。宴会の前に男たちとともに混浴をさせられた妻と藤村さ
んは、素っ裸のまま露天風呂で並んで放尿まで強いられます。その
後三助のように男たちの背中を洗わされた後、宴会に突入するのです。

宴会では2人の人妻は、犬山たちによって呼ばれた2人のコンパニ
オンと同じスケスケの衣装を着せられ、野球拳、王様ゲーム、わか
め酒といった淫靡な遊戯の相手をさせられます。すっかり酔っ払っ
た男たちは妻たちやコンパニオンと一緒に再び風呂になだれ込み、
ソープ嬢の真似事をさせられたあげく4人に交互に犯されたのです。

この時点では妻も藤村さんも、長尾と西岡が犬山たちとグルだとい
うことに気がついています。しかしもはや自分たちの力では抜け出
せないほど深みにはまっており、週末だけでなく平日も、オンライ
ン役員会のシステムを使って嬲られることになるのです。

妻から全ての告白を聞いた私はこれからどうすべきか考え込みます。
高校の同窓生とのレズビアンの関係はともかくとして、少なくとも
長尾とのことでは妻は私を裏切っていました。しかし、その後の役
員会で犬山たちに受けた仕打ちは哀れといえます。

しかし里美の言うには妻は犬山たちの責めを跳ね返し、受容し、さ
らには彼らの嗜虐心を掻き立てるほどに変容・進化を遂げました。
今私の目の前にいる妻は私が知っていた妻とはまったく違う女にな
っているといえるのです。

  1. 2014/06/17(火) 17:25:37|
  2. 役員会・KYO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR