FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

友達 第1回

高校時代からの友人がいる。
昔から軽い男で話も上手かった。
だから、女性には人気なのであろう。
仮に名前を裕一としよう

私は裕一も含め何人かの友達と何回か飲み会をする。
特別、仲がいいわけでもない。
ただ、同じ町に住む為、何かと顔をあわせる機会は多い。
裕一の妻は、しっかり者だ。
夫婦とは、やはり欠点を補い合うものなのだろうか・・・・

その裕一が面白い事をしてきた。
きっかけは、妻が1人で行った初売りで裕一と出逢った事
裕一は家族できていたが、ちょっとした会話を交わしただけだと妻は言う。

しばらくして裕一から妻の携帯へメールが入った。
友達の妻へメールをする・・・・
この行為自体私には不可解だった。
私が妻を他人に抱かせて興奮する男だと知ってるならともかく・・・・

妻は裕一の奥さんと幼稚園が一緒と言う事からメルアドは登録してあった。
それを見て妻へメールしたとの事だった。

妻は私に聞いてきた。
「どうしよう?今度、飲もうだって・・・」
「いいんじゃない、面白そうじゃん」
「だって友達の旦那さんと2人で飲むなんて・・・」「バレたら怖いよー」
「バレないよ」「裕一は、お前の事抱きたいのかもよ」
「わぁー、どーする?そうなったら、興奮する?」
「はははは・・・」
裕一は、私と妻が、こんな会話をしてるとは思ってないだろう・・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2014/06/10(火) 03:39:24|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第2回

裕一と妻のメールは意外と多かった。
でもメールには興味がないので、一々報告はしなくていいと伝えた。
裕一は意外と早く妻を誘ってくれた。
悶々としていただけに助かった。
妻を他人に抱かせるようになって、早く結果が知りたくて知りたくて・・・

裕一と妻の初デートの日が決まった。
知らない男に抱かせる事には馴れてしまった。
でも今度は違う。
自分の友達であり、知らないのは一人だけという状況・・・・
久々に興奮していた。

裕一は、ほとんど酒を飲まないタイプである。
妻に飲ませてどうしようというのか・・・

また初対面の男とでも平気で抱かれる妻が、どう言う対応をするか・・・
裕一には悪いが妻の方が何枚も上手だろう。
  1. 2014/06/10(火) 03:40:11|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第3回

裕一と妻のデート当日がついにやってきた。
妻はちょっと緊張していたかもしれない。
そりゃそうだろう、自分の友達の旦那さんとの秘密のデートだから・・・

「いっぱい誘惑してこいよ」
私の送る言葉だった。

当然、近所の店に行けるはずもなく、
必然的に少し離れた町に飲みに出かけた。

ここから妻が帰宅するまでの時間が私の妄想する時間となる。
今回は空いてが友人と言う事で比べようのない気持ちの高揚があった。

裕一は妻と、何処に行き、どう言う行動をし、何をするのか・・・・
ただ、ホントに飲むだけだったら・・・という不安も多少あったが、
裕一の性格上、確立は低いだろう・・・・

考えれば考えるほど気持ちを抑える事ができなくなってきた。
裕一は妻を酔わせて口説いてるのだろうか
妻の体に触ってるのだろうか・・・・

自然と手はペニスをしごいていた。
  1. 2014/06/10(火) 03:41:07|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第4回

妻が、ニヤニヤして帰ってきた。
最近、いつもこうだ
なぜなら、私が喜ぶのわかるからだと言うが・・・・

「どうだった?」
「裕一君って面白いね~」「凄く楽しかったよー」
「で、どうだったの、早く話してよ」
「うふふふ、聞きたい?」
「当り前だ!!!」
「裕一君って飲まないのね」
「そうだね、で・・・」
「お互い内緒って、なんか緊張するねとか言ってたわ」
「どうして、貴方と結婚したのかとかも聞いてたわね」
「余計なお世話だ!!」
「私の事、いろっぽいねとか綺麗だねとか・・・・」
「やはり軽いな・・・・」
「で、楽しく飲んでカラオケボックスへ行ったの」
「うん」
「隣同士に座るでしょ、何曲か歌った後で、なんとなくキスしちゃったかな」
「そうしたら裕一君、興奮しちゃったらしく、私の事、ぎゅーって抱きしめてキスばっかり」
「部屋の中でおっぱいを揉みながら、大きいよね・・・・」
「私のブラウスをひっぱり上げておっぱいに顔を埋めて・・・」
「裕一君って、少しマザコン入ってるのかな?」
「そう思ってると、意外に強引なとこもあって、自分のモノを触らせようとして手を持っていくし」
「耳元で、咥えてとか言うし・・・・」
「壊れたのか?(笑)」
「ふふふ、壊れたと言うより、凄く興奮したんでしょうね」
「だって、友達の奥さんだもんね・・・」
「で、おれからは?」
「そうなると、歌どこじゃなくなって、カラオケボックスを出て、少しドライブ」
「その間、ずーっと、おっぱい触ったり足触ったり・・・・」
「とりあえず海まで行こうと言う事になって、そこでエッチしちゃいました(笑)」
「おーーーーーーー、一回目からか・・・」
「裕一、なんて言ってた?」
「凄いって連発してたわ」
「こんなに興奮するの初めてだとか・・・・」
「私に浮気した事あるのかとか聞いてきたし・・・・」
「何も答えなかったけどね」
「で・・・」
「フェラは貴方と同じようにしてとか言うし・・・・」
「男って、みんな同じね・・・・」
「いっぱいサービスしたら、驚いてた・・・」
「口に出していいかって聞くから、ダメって・・・(笑)」
「残念そうに、何回も聞いてたわね」
「また会おうねって言うから、うんって言っといたけど、いいんでしょ??」
「もちろん」
「今も家の前で、最後にもう一度とか言って咥えさせようとするから、チュッってしてきたら喜んでた」
「可愛いというか単純と言うか・・・・」

自分の友達と妻のw不倫・・・
また、楽しみを見つけてしまった。

  1. 2014/06/10(火) 03:42:00|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第5回

さて、この日から、妻と裕一のメールは激増した。
手に入りにくいものほど欲しくなる。
わがままというか、なんと言うか・・・

その後、裕一に直接会う機会はないが、どういう日々を過ごしているのだろうか・・・
ま、それより、次はどうなるのか・・・
裕一は、いつ会えるのかを仕切りに聞いているようだった。
妻は裕一を弄ぶかのように、煮え切らない態度をとっていた。
友達の妻を横取りする・・・興奮するに違いない。
いつ壊れてしまうかわからない相手だからこそ、早く時間は作っておきたいのだろう
きっと、私を想像しながら妻を抱くのだろう・・・・

ある日、偶然にも私がいる時に裕一から電話がかかってきた。
妻は、いつもとは違う甘えた声で話している。(ちょっと嫉妬)

「ただいま~」
わざと大きい声で言ってみた。
妻が「もう・・」と困った顔をした。
「誰?」またき手みた
「友達」妻が顔を横に振りながらダメという仕草をしながら
「友達だよー」

きっと裕一は慌てただろう・・・
でも、その後、凄い興奮を感じたはず
自分が抱いた女、自分が服を脱がし、乳房を愛撫し、自分のモノを咥えさせた女の旦那がいるのだから・・・

これが私流の気遣い・・・(笑)
  1. 2014/06/10(火) 03:42:49|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第6回

ようやく次のデートが決まった。
裕一も盛上っているだろうが私も盛上っている。
次は、どこまでやってくれるか・・
ここで盛り上がりすぎてがっかりするのが今までの私のパターンだった。
ここは少し気楽な気もちでいこう

裕一の場合、仕事柄か、残業という理由なので必然的に夜のデートになる。
そして当日・・・
妻は、割と早めに帰ってきた。
「どうしたの?」
「ホテルでエッチするだけだったから・・・」
「もう、そんなデートだったんだ・・・」
よく考えてみると、自分でも抱ける女がいれば、安上がりにホテルへ直行するだろう
ある意味、普通の行動だった。

その時点で、完全に冷めてしまったので、後は、妻の話を聞くだけだった。

「どうだった?」
「裕一君、バックからするのが好きみたい」
「私のおっぱいが揺れるのを見て
「凄い凄いって興奮してたわよ」
「あとはフェラチオさせながら、貴方のとはどうかって聞くの」
「よっぽど比較したいのね・・・男って不思議(笑)」
「口に出していいかとか顔にかけていいかとか・・・」
「なんか子供みたいだったわ」
「で、どうしたの?」
「じゃあ、話すからちゃんと聞いててね」

「会って車に乗ったんだけど、すぐに抱きしめてくれて、会いたかった~だって」
「で車の中で、すぐに脱がそうとするから・・・」
「しばらくしてホテルに行ったわ」
「部屋に入るとすぐに脱がされて、体中を舐めるの・・・」
「そうされてたら、私も気持ちよくなっちゃって・・・」
「あとは、誰でも同じだったかな・・・」
「誰でも同じと言われても・・・・」
結局妻の話では、いつも中途半端な気持ちになってしまう。
「あっ、でも、帰ろうと言う時間になって、服を着てるのに後ろから、抱きしめてきて」
「そのままパンティだけをずらしてエッチしようとするからドアの前でしちゃった」
「裕一君ったら、またイキそうとか言うから慌てたら・・・・」
妻がスカートを見せると、そこにはペコペコになった白い痕が・・・
「間にあわなくてかかっちゃうんだもん・・・」
そこだけ少し興奮できた。

結局、次は、電話で聞かせろと言う話をした。
しかし、この電話が最悪の37,000円の請求となった(涙)

  1. 2014/06/10(火) 03:43:41|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第7回

友人にばれないように臨場感を味わいたい・・・・
となると声を聞くと言うのが手っ取り早い。
そこで通話中のままバッグにしまってもらう事にした。
裕一と会う直前に一度電話で確認する。
切るふりをしてバッグにしまう・・・
これが意外と明瞭に聞こえてきます。

「ごめん、大丈夫だった?」
「うん、友達とお茶してくるって言ったから・・・」
「そう、もう、会いたくて会いたくて・・・」
「ほんと、嬉しい・・・」
・・・・雑音・・・・
「ん・・・・・」
キスかな?
しばらくして、
「今日は、どこに行こうか?」
「行った事のない所にしよ!」
「了解」
単なる会話が続く
ホテルについたらしい
車のドアが閉まる音
しばらくして
「裕一君、今シャワーだよ、聞こえてんのかな」
もちろん
「呼ばれたのでお風呂入ってきま~す」
しばらくして雑音
この時間が、かなりの無駄

突然聞こえてくる声
「おいで・・・」
「ん・・・・あ・・・・」
妻が感じてる声
バッグをどこかに置いたらしく
声が聞きとりにくい・・・
しばらくして、声が聞こえやすくなった。
「ねえ、悦とは、どんな感じなの?」
肝心な部分が聞こえないまま雑談してしまう
どうもストレスのたまる盗聴になった。
切ろうかと思っていると・・・
「この前は誰にも見られてなかった?やっぱ昼は怖いね・・・・」
!!!!昼???
夜しか会ってないはずでは????
途端に退屈になりかけてた盗聴が疑心暗鬼に・・・・
もしして、手玉にとられていたのは私???
私はパニック寸前だった。
妻は昼間も会ってるのか・・・・
会話に耳をこらすと、すでに、その話題ではなく
次のsexが始まろうとしていた。
今度は、ちゃんと聞こえるが・・・
ここから先、覚えているのは、
裕一が意外に激しいsexをしていた事、すでに妻の口には発射経験済だった事
結局、興奮ではなくショックだけが残った。
  1. 2014/06/10(火) 03:44:33|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第8回

妻が私に嘘をついてる・・・
そうなると、仕事どころではない。
自分が妻を掌握してるからこそ楽しめる嫉妬
ここで活躍するのがp-doko
一時間おきに妻の行動(正確には車の)をチェックする。
冷静に考えると単なるストーカー

ただ、所在がわかっても、そこに行けるわけでもなく・・・
結局、妻の昼間の行動は謎のままだった。
盗聴では、妻に対する疑念と電話代だけしか残らなかった。

このモヤモヤした気持ちを忘れるために・・・する事は一つ
とりあえず裕一と妻を盛上げていかないと・・・
私は、裕一と友達を家に呼んで飲み会をする事にした。

妻と友人と裕一と・・・
その状況だけでも興奮できる。
あえて友人をいれたのは、その方が不自然じゃないから・・・
そして宴は始まった。

この日は不思議なノリの飲み会になった。
友達の奥さんを弄んでる男と、それを楽しんでる夫
そして妻を私に紹介してくれた友人・・・・

当然、大学の頃の話で盛上る・・・
そして話題は恋愛や男、女の話に自然と移っていった。
男3人、女1人の状況では、ターゲットになるのは、当然、女である妻の男性遍歴・・・
酔っ払っていれば何でも聞けると言うものなのか・・・

「みーちゃんって学生の頃もてたんでしょ?何人くらい経験あんの?」
まさか裕一を入れて100人越してるなんて言えるわけないし・・・
まあ酔っ払いだから言っても忘れてるだろうが・・・

酔った友人は
「おい、みーちゃん、ちょっと、ここに来い・・・」
ついに絡み始めた。
裕一は飲まないので、笑ってるだけ・・・
妻が友人のとこへ行こうとしたところで偶然よろける

この辺から私は芝居をしだす。
そう、寝たふり・・・・
途端に友人の行動は大胆になるが裕一はまだ静観している。
妻は妻で、ホントに酔ってるのか酔ったふりをしてるのかわからないが、
されるがままになっている。

ホントに酔っている友人は
「なんで悦なんかと結婚したんだよ」
とわけのわからない事を言いながら、両手で妻の乳房を掴んでいた。
妻が何気なく手をどかそうとすると、妻の耳元で何か話しながらニヤニヤしていた。
何を言われたのか、その事が原因なのかわからないが、その後、手をどけようとするのを止めた。
しばらく友人は妻の乳房を揉み続け、服の中に手をつっこんで揉み始めた。
酔ってない裕一は心配そうに私を気にしていた。

服の下から手を入れると服がどんどん上がってくる・・・・
ブラジャーを外し、一気に妻を押し倒し・・・・・
もう、そこからはレイプに近い状況だった。
酔った勢いで・・・・
便利な状況、便利な言葉、私もよく使う・・・(笑)
それにしても、私でさえ最近触らせてくれない妻の体を・・・・
そして、友人はパンティを脱がそうとして・・・・
「こいつ剃ってる・・・」
また私の知らない事実が・・・
またもや身動きのとれない状況で・・・
そのうち、妻が喘ぎだしたので、友人は、妻を連れて隣の部屋へ行ってしまった。

翌日は何も無かったように帰っていった。
おそらく、バカな夫だと思いながら・・・・・

  1. 2014/06/10(火) 03:45:26|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第9回

さて、面白い関係になった。
酔った勢いとは言え、妻を抱いてしまった友人
自分だけの楽しみだと思っていた妻を目の前で別の友人に抱かれてしまった裕一
全てを知っている私
それと妻、私の知らないところで昼間、裕一と会ってるのか
剃毛とは、どこまで剃られ、そんな状態になっているのか・・・
そして誰が剃ったのか・・・・

おそらく、2人は、私の事をバカな男だと思っているに違いない。
友人は、次のチャンスを狙い、裕一は嫉妬してしまうのではないだろうか??
私は妻に不信感を抱き、妻は・・・・

そんな複雑な関係のまま日々を過ごしているとは誰も思わないだろう

妻は裕一に会う時は、必ず私に言う、言っているはずだ・・・
最初の自信は、崩壊寸前ではあるが、信じたい気持ちも強かった。

夜のデートだと言って出かけた妻が帰宅したのは、かなり遅かった
その日は服は、かなり乱れ泥酔していた。
いつもとは違う雰囲気・・・
「おかえり」
「あー酔っ払っちゃった・・・へへへへ」
「珍しいじゃん、こんなに酔ってるの」
「まーね」
「何かあるの??」
「別に・・・」
妻は、さっさとシャワーへ
こんな時の最終手段は・・・・
バッグの検査
妻のバッグには、大量の名刺
ホステスか?
デートが嘘?
?????・
何がなんだかわからない。
ただ何らかの嘘をついてる事はわかった。
  1. 2014/06/10(火) 03:46:15|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第10回

私がとった手段は、名刺に書かれてある番号へかけて見る事だった。
「ありがとうございます。○○○○コンパニオンサービスでございます」
「友達から名刺もらってかけてるんだけど」
「はい」
「今度、何人か呼びたいんだけどシステムを教えてくれない?」
いろいろ説明していたが、そんな事はどうでもいい事だった。
「そう言えば、名刺にらんって書いてあるので、この子も呼んでくれない?」
「らんさんですね、わかりました。」
あとは、日時、グループの人数と、女の子の人数を聞いて・・・
料金が提示され、支払方法が説明された。
思ったよりも高かった。

私は、その日から、ネット上の友達に声をかけた。
当然、妻のことなど知るはずもない・・・
多少の費用を私が負担することで簡単に集まった。

来るのは妻なのだろうか・・・・
  1. 2014/06/10(火) 03:48:55|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第11回

当日、私は幹事を代わってもらい、なるべく妻の本性を見ようと思っていた。
お金とビデオカメラを渡して・・・・
自分も行って自分の目で確かめたいが・・・
妻の実態を知る事が目的なので我慢
「悪い、急用で間にあわないかもしれない」
「らんと言う子が可愛いらしいのでビデオ撮っといてね、もちろん他の子も・・・」

ついに宴は始まった。
また、悶々とした時間を過ごす。
予定では2時間
終わったと電話があったのは、ずいぶんと遅かった。
「わりぃ遅くなった」
「どうした?何かあったんか?」
「らんちゃん可愛いかったぞ~、今まで口説いてたんだけど・・・」
「面白かった??」
「いいね~、高いだけあるよ、お前もくればよかったのに」
「マジか~残念」
「今から持っていこうか?」
「いや、俺が行くよ」
「じゃあ酒買って待ってるな」

友達の家に到着
「なんか、楽しかったみたいだな・・・」
「すっげーぞ」
軽く乾杯した後でビデオを見る
「らんでーーーす」
いきなり妻の顔・・・・・
盛上ってからの撮影なんだろう、
「な、可愛いだろ、子持ちらしいけどな」
画面が引いていくと、妻の後ろに1人いて妻を抱っこしてるようだ
そして手は当然のように乳房のところへ・・・・
「らんちゃーん、反応しちゃってるから慰めてよ・・・・」
すっかりおやじのコメント
妻の手を半ば強引にズボンの上に・・・
「あらあら、ホントだわ・・・ふふふふ」
「らんちゃんは反応してないの?」
妻のブラウスに指をかけ襟ぐりを引っ張って覗きこむ。
また別の男が妻の後ろから抱きつき、
何気にボタンを外している。
男達は、コンパニオンの間をうろちょろしてるようだった。
「らんちゃん、もう下着だけでいいが!」
「ほとんど強引にブラウスは剥ぎ取られた」
「えー、いやだ、もう・・・・」
と口で言うだけで抵抗はしていない。
ブラの上からは、代わる代わる揉まれていた。
完全にトップレスにはならないが、
ギリギリまでは、されるがままになっていた。
1人が上半身を触れば、もう1人は、下半身・・・
「今日は何色??問題です・・・・」
くだらない事を言いながら、注目をさせといて
スカートを上までめくる。
妻は、動じない。
男にとって楽しい飲み会であり、
多少高い料金でも、納得はできるのだろう。
宴も終わりの頃のようだったが、録画になったまま忘れているのだろう
横になったままの画像が映っていた。
「あーわりぃ、後で気づいて消したんだけど・・・」
突然
「これ、どうして撮ってるの?」
「あー、幹事に頼まれたんだ」
「えっ、幹事の人は来なかったの?」
「急用だってさ」
「ふーん」
「そんな事よりさ、この後、どっか行こうよ」
「えー、私帰らなきゃマズイし・・・」
「旦那にはバレないの」
「うん、大丈夫」

この間、録画してないと思ってる友人は、
カメラのレンズ部分で妻のブラウスの中を覗いたり、
乳房に押し付けたり・・・・
全く気づかずに遊んでいた。

「でも、らんちゃんが一番可愛いよ」
「ホント?嬉しいわ」
「ちょっとだけでもドライブしようよ」
「だってお酒飲んでるじゃない?」
「あっ、そっか・・・」
「じゃあ、タクシーでドライブは(笑)」
「えっ???、面白い!じゃータクシーでね」
「ホント?どうすればいい??」
「ちょっとだけ、待ってて」
「わかった・・・あれ?、これ録画になってた。」

なんか、男が女を口説くビデオと言うのもめったに見れない・・・
しかも妻を口説いているのだから・・・・
  1. 2014/06/10(火) 03:49:51|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第12回

ビデオを消そうとしてると・・・
「今から、代行で帰ります。」
「らんちゃんもお持ち帰り~」
酔っ払いの2人はハイテンション
代行の車の中でも、はしゃいでました。
また録画したまま床に置かれたようで、音声だけが記録されていた。

「やだやだ、見られちゃうぅ~」
「大丈夫だよ・・・・」
「あっ・・・うっ・・・」
なんとなく想像はつくが、友人に聞いてみた。
「もしかして、やっちゃった??」
「運転手がちらちら見てたよ」「気分いいよな~」
「この子は?」
「最初照れてたけど、すぐに大胆になったよ」「たぶん慣れてるんじゃないかな~」
で、友達の部屋・・・そう、この部屋である。
「おーーーー、ここか」
「そうだぞ、さっきまで、この子が・・・・いいだろう」
「セックスレスの私としては羨ましい限りだ・・・・」
ここからは、単なるハメ撮り、
友人が立ったまま妻が上半身裸でしっかり咥えていた。
その後、スカートをはいたまま挿入し、妻の喘ぎ声が延々と・・・
友人は、妻を、風俗嬢くらいにしか思ってないらしくsexは乱暴だった。
中出しした後、糸を引かせながら妻の口に押し込む。
ぐったりとした妻をビデオを撮りながら写真も撮っていた。
「どうするんだ写真??」
「どっかのエロ系サイトにでも投稿すっか・・・」
そんな事されてはたまらない・・・・
  1. 2014/06/10(火) 03:50:38|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友達 第13回

まあ~
今年は、いろいろあるもので・・・
昨年夏の妻レイプ以降、私には触らせようともしない妻が、
一つのきっかけで、ここまで崩れてしまうとは・・・・

人間関係を整理してみると・・・
私に内緒で妻を誘い、抱き、コンパニオンの仕事までさせている裕一
ただし、コンパニオンの仕事を紹介しただけだと思うが、
どういう経緯でそうなったのかがイマイチ不明

酔った勢いで妻を抱いた事で興奮し、またチャンスを狙っている友人
たぶん、そう機会はないはず・・・・

そして、今回、ちょっと驚いた、ネット上の飲み仲間
私の妻だと知らないし言えないから、ちょっと怖い。

最初は、裕一と妻の関係が面白いと思っていたが、
意外にも、最後のネット上の友達(ハンドル名:けい)
この男の存在が一番、面白くなってきた。
危険と隣り合わせ・・・が良いのか・・・

妻にも私のも秘密がいっぱい・・・

ここまでが、直近の状況
これから先、決まっているのは、
友人達とののみかが7月
裕一ファミリーとのキャンプが夏休み

けい達とは、月1くらいで飲んでるので、
妻と鉢合わせしないように気をつけねば・・・

では、しばらくお待ちください。
  1. 2014/06/10(火) 03:51:39|
  2. 友達・悦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR