FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

名器 第1回 序

 私、渡辺隆42歳 学歴、神戸の国立大農学部卒、身長178センチ、体重75キロ、職業 神戸市で野菜果物の仲卸の自営業、住所、兵庫県の南東部の地方都市、年収約1600万
 嫁、渡辺順子37歳 学歴高校普通科卒、身長167センチ、体重50キロ超、スリーサイズ 95-70-98、職業 主婦及び農業手伝い 年収約100万
 娘、渡辺幸恵18歳、北大学生獣医学科在籍、札幌のアパート住まい・ 

 妻の順子は、少しぽっちゃりですが、腰のくびれは十分残っており、オッパイは少し垂れだしてきていますが大きくて、お尻は幅も厚みもあるデカ尻です。女性としては大柄、色白で、美人ではないですが、男好きのする女だと思います、
 性格は、明るく、社交的で、酒に強く、ハスキーな声でカラオケもこなしますし、皮膚が丈夫なのか、どう見ても40手前のアラフォーには見えず、アラサーぐらいにみえます。
 順子の女としての最大の特徴は、名器の持ち主で、好色ということです。

20年近く夫婦をしていると、妻が他の男に抱かれたときは、なんとなく、変に感じるものですが、自分の浮気の事もあり、心まで持っていかれない限り、まあいいかと思っていました。
 
 面白いことに、妻は浮気を隠し、絶対にバレないように用心に用心を重ねているようで、自分が好色で尻軽女である事は絶対に認めませんし、他人に知られないようにしているようです。        
夫に対しては貞淑貞節な妻であり、娘には恥ずかしいところのない立派な母親であるかのようにふるまっています。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2017/09/24(日) 03:15:18|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第2回 名器の妻

 今年の4月に娘の幸恵が、念願の北大獣医学部に入学し、札幌のアパートで暮らす事になり、入学、引っ越しでばたばたしていた妻も4月の半ばには落ち着いてきました。
 一方、私の商売のほうは、永年勤めた農協をやめ、果物と野菜の仲卸をしてい
ましたが、高級品に方向を切り替えて一年、面白いほど得意先が増え、注文量が
増加、仕入れ先の開拓に走り回る毎日です。

 そんな訳で、全国の特級品を求めての出張は多いですが、以前のように、早朝
から、市場のセリに行くこともなくなり、体の方は楽になってきましたし、娘の
学費の仕送りも余裕で行う事が出来るようになりました。

 娘が北海道にいってから、夫婦2人になりました。
 私の方は、独立してから、早朝のセリに行くようになり、仕事が忙しすぎて、
自由な時間が取れない事で、浮気からは遠ざかり、妻とのセックスが多くなり、
週に3回はするようになり、妻の名器を楽しんでいます。
 
 妻の順子は、私が農協の職員をしていた関係から、農家の手伝いのアルバイトをしていたのですが、忙しい時と、暇な時の差が激しく、平均しても月に10万に届かない安賃金です。
 当地方の小規模農家は、殆ど兼業農家で慢性的に人手不足で田畑の日常的な手入れも怠りがちで、順子のように農家育ちのなんでもできるアルバイトの需要が多いのですが、農家の収入が低いのでアルバイト料は安いものです。
 時間換算すると、スーパーのバイト代の半分以下のようです。
 
 
 そんなある晩、順子が相談があるといってきました、その内容は、

 娘が北海道に行き、母としての義務から解放された今、以前からやりたかった民謡教室とカラオケ教室に行きたいしエステにも通いたい、しかし、夫の収入で自分だけが贅沢するのは申し訳がないので、良い仕事を捜していたが、高校時代の友達の叔母さんのしているスナックで人を捜していたようで、週3日で月20万はくれるそうで、ぜひ行きたい、貴方には迷惑を掛けないよう、勤めに出る日は、夕食の準備もしておくので是非許してくださいという事で、全て自分で決めておいて夫の許可を得るというものでした。

 「話を聞いたらさー、相談ごとじゃあーないやんかー、全部自分で決めて、俺には報告するだけのようで、俺は気に入らん。俺の仕事も順調で、幸恵の学費も、お前の民謡やカラオケの費用ぐらいへいきやで、なんでお前が夜の仕事に行かなあかんねん」
  
妻は困ったような顔つきになり、俯いて、何か考えている様でしたが、
 
「あんなー、農家の手伝いはなあー、助平な男に媚びを売る夜の仕事と違い立派な仕事や、お前は仕事をただ金を儲けるだけのもんと思うてるのか」
今後の主導権の為にも、ここで簡単にスナック勤めを了解をするわけにはいきません、きつい事をいいました。

 「あのー、全部決めてから報告してるんと違います、以前、同窓会の2次会で同窓生の朋美という子の叔母さんのスナックに行った時から、その  ママさんに気に入られて、スナックで出す料理なんかのお手伝いでもいいからと誘われているんです、決めたわけではないんよ、それから、夜の仕事、夜の仕事って言いはるけど、風俗と一緒にせんといて、なんもやましい事も後ろめたい事もない仕事です」

 と反論してきます。
  「お前はスナックのお手伝いに行くというてるがなー、客に料理を出すだけ  の料理屋と違って、酒のお相手をするホステスやー、その客は、俺に言わしたら、酒がすきなら家で飲んだら安いのに、わざわざ高い金はろうて、スナックやバーに飲みに行くんは女が目当てやないか、そんなとこに、俺の妻を行かすのは反対やと言うとるんや」

  「父ちゃんは、スナックに行く客は、女が目当てというはるけど、そんなん偏見や、仕事の疲れや、ストレスを癒すために、美味しい食べもんを
食べ、お酒を飲むひと時で明日への活力を養っているんやと思います」
  立派に、ホステス支援派になっていますし、論理構成もしっかりしています。
 しかし、女房を水商売に出しているという私のプライドを傷つけること、助平
な男に言い寄られ、寝取られる事を心配をしなければならない私の立場を考え
ているとは云えません。
 
 「そりゃあスナックのお客のなかには隆さんの言う女目当ての悪い客もいるかも知れへん、うちが悪い客に騙されるのを心配してくれはるのは、嬉しいんですけど、うちは父ちゃんの妻で、幸恵の母です、うちはだらしない女と違います、信用してください」
 とあくまでもスナックに勤める事にこだわっています。

 「お前のご両親に相談したんか、お前のお父さんもお母さんも真面目で立派な人や、ご両親が賛成するなら、俺も考えなおしてもええ、相談してこいや」
 と云い、この日の会話を打ち切りました。

 妻は、風呂にはいり、寝化粧をし、私の興奮するシャネルNo5の香水をつけ寝室に入ってきました。
 妻の魂胆は解っていますが、久しぶりに香水までつけてまでサービスしよう
という妻に一物が敏感に反応しました。
 妖艶な笑みを浮かべながら、ベッドに上がって来た妻は、私の寝間着を脱が
せ、いきなり私のいきり立った物にしゃぶりついてきました。
 永年夫婦でいるとキスは重要な前技で無くなっているのですが、それでもいきなりチンポを音を立ててしゃぶり出すのはあまりありません。
 私が仕込んだとはいえ、妻のフェラテクは上手なもので、ジュボジュボと唾
液を出して音を立てしゃぶっていたかと思うと、舌先でカリの裏側をなめ、手
を使いしごいてくるというもので、先走りの液が出だすと口をすぼめ吸い込み、
手で激しくしごきながら、袋をなめ、タマを口で頬張るという多彩なテクニッ
クを駆使してきます。
 このころになると、妻の呼吸が興奮で激しくなり、咥えているときは、鼻で息をするので、馬の息のように、フーム、フームと聞こえます。
 本当に、妻はフェラをするのか好きで、していると興奮するようです。

 今日は特別サービスなのでしょう、私の両足を曲げ、上に持ち上げアヌスを
舐め始めました、アヌスの回りをなめ唾液を塗り付け、舌をとがらせ肛門の中
に入れてきます。
 私はこのアヌス舐めで興奮はするのですが、何か感じる所が違うのか、チン
ポのほうが、柔らかくなります、そのこと知っている妻は片手で激しくしごい
てきます。
 アヌス舐めをやめるとまた、蟻の門渡りと呼ばれる会陰舐め、カリの裏筋舐
め、ジュボジュボ音をたてた普通のフェラと連続技で、最後に妻得意のバキュ
ームフェラです、これにはたまらずチンポが大きく収縮し、精液を妻の口の中
へ送り出していました、この射精は7回ないし8回と続きま
すが、その収縮に合わせ口をグイグイと絞めてきますし舌が尿道口のあたりを
チロチロと舐めています。
  荒い呼吸を止めていたのでしょう、チンポを喰えたまま、鼻でフームと大きく息を吐き出し、ゴクリと喉が動き、精液を呑み込みます、精液が多いのでしょう、もう一度ゴクリと喉がうごきます、赤い顔をしたまま、チンポから口を離し、お掃除フェラを始めてくれます、尿道に少し残った精液を吸い出し、亀頭周辺を綺麗に舐めとって掃除してくます。

ただ、ここからが、私の強いところで、この無反応期からの回復が早く、チンポが少し柔らかになるぐらいで、すぐに回復します。
  ヌカ3が可能です、この射精後の無反応期を、欧米では、賢者タイムといい脳のある部分の活動が停止に近い状態になるそうですが、欧米の皮肉な言い方なのでしょう。私にこれが殆どないということは、もともと愚者で賢者にはどうしてもなれないという事でしょうか。

  妻順子はゴックンとお掃除フェラが終わると、仰向けに寝転がり、私を股の間に導き、両の大腿を肩に挙げ、オメコを私の顔の前に持って来ます、クンニをしてくれという合図です、今日は、順子のオメコからシャネルのいい香りがします。
  順子のオメコは普段は独特の匂いがし、下わきがというほどの臭さではないのですが、少し匂います。
  陰毛は薄いほうで、陰阜の上の方に柔らかい短毛が生えており、割れ目の回りには毛が無く、肛門まで何も生えていません、クンニの時毛が口に当たりくしゃくしゃすることが無く、クンニ向きですし、挿入の時毛が巻き込まれチンポが怪我をするという、所謂、毛切れの心配のないものです。

  オメコのビラビラ(小陰唇)は、使い込んだ割にはきれいで、色は茶色になっていますが、ドドメ色になるほど変色していません、まだ十分鑑賞に堪えるものです。

  舌を出し、クリを舐めだします、順子は舌がクリに当たると「ヒー」と声をあげます、2人きりなってから誰もいないので、気にすることが無くなったのでしょう、嬌声が大きくなってきました。
  突き出てきたクリを吸い込むように舐めますと、「ヒーヒー」と声が大きくなってきます、それにつれ、愛液がじわじわと出てきます、舌を,尿道口のあたりに突き出したり、膣の中に出し入れし、またクリをなめたりします。
  クリに吸い付き、顎の下から指を膣の中にいれ、Gスポットのざらつくところを刺激します、このクリとGスポットの同時攻撃に加え、空いた方の手で乳房を揉みに行きます、この三処攻めは私の特技で両手がそれぞれ別の動きをしなければなりませんし、クリを攻める口の動きも忘れてはいけないのでなかなか難しい技です。
  この三処攻めで、順子は、「ヒー」から「アンアーン」にかわり、びくと小さい痙攣が起こり膣がぎゅっとしまり、「イグー」とクリイキがはじまります。

  クリイキが始まり出すと肩に担いでいた順子の両股をおろし、股を大きく、広げ、チンポを手で持ってクリと膣口の間を激しく上下させます、愛液で濡れたカリ先でのクリ攻めですが、これで2回目のクリいきをさせます、「イグー」という声を聴くと挿入に移ります。
 
  順子のイク時、オメコは、ギュと締まり、またギュと締まる繰り返しが大体30回くらい続きます、順子の括約筋の痙攣は強く長いものです。
  この痙攣の間に、チンポを抜き入れると中にあった空気が押し出されるのか、「ブチュー」というような、大きな音がします、まるでオナラに水気の多い内容物が混じったような音です。
  ぐいぐいと奥に入れていくと、膣壁がチンポをくるむ様に巻き付いてきて、奥に引っ張りこむように動き、入口が締まり、次に中ほどが締まり、奥が締まるという締め付けがきます。
  女性の括約筋は膣口と肛門に8の字状にあるそうで、膣壁にはない筈ですが、昔から言われている、3段俵絞め がなぜ起こるのかわかりません。
  構造上はありない事だとは思いますが現実に起こっていることで、これが名器なのでしょう。

  クリイキの最中に入れると、順子は過呼吸のように喘ぎ、「イーーイーー」と声が大きく高くなります。
  順子の声は、若いときから、低音でハスキーな声ですが、歌を歌う時は男性も顔負けの低音から、ソプラノ歌手に近い高音まで出すことが出来るという声帯の強い女性で、マライア キャリーの低音版というところでしょうか。

  射精感が近づくと、奥の子宮口のコリコリした処をグイグイとつつき、少し射精感が遠うのくと、ピストンを再開し出すという方法を続けていると、順子の、奥イキが始まります、全身を痙攣させ、「イグイグイグー」と大きな声でよがり、全身を痙攣させ、子宮が上にあがるのが感じられ、膣は3段俵締めがはじまります、これに堪えて子宮口をつついていると、すぐに次の絶頂がきて、「イグイグイグー」がはじまります、この連続が5回ほどで、最後は「ギヤー」という声で、私も精液を子宮に向かって放ちます。
  奥までいれたまま、妻の膣の収縮が段々をゆるやかになり、呼吸が元に戻り出すと、また出し入れを始めます、2回放出した後ですので、ピストン運動を早く、激しくしますと、ブチュ、ブチュと大きな音がしだし、呼吸が激しくなり、イーイーと喘ぎだし、すぐに絶頂が来て、「イグイグイグー」が始まり、これが、5回ほど続き最後に「ギャー」という叫び声で終わります、クリイキを含めると、十三回はいきます。
  順子の呼吸が落ち着いて来るまでじっと余韻をたのしんでいますが、順子は失神に近い状態になり、後始末をすことなく眠りにつきます。
  私も、チンポを順子の柔らかい陰毛にこすりつけて簡単な後始末をし、眠りにつきます。

  これが、私達夫婦の夜のフルコースです。

  1. 2017/09/24(日) 03:17:34|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第3回 妻のアルバイト その1

  妻からスナックへアルバイトに行きたいと相談があったのが水曜日でしたが、この週の木金は、仕入れ先の開拓のため和歌山県に出張し、帰って来たのは金曜の夜でした。
  電話で連絡を入れていたので、8時過ぎに帰宅しますと、ちゃんと夕食が整えられており、おいしく、いただきました。
  この二日間、和歌山県の田舎を車で走り回っていたので疲れが出ていましたので、妻にそのことをいい私の書斎へいこうとすると、
  「隆さん、お疲れのところすいませんが、明日朝、父さん母さんが来て、うちのアルバイトの事で父ちゃんと話したいそうです、いいですか」と聞いてきましたので、この二日間考えていた事もあるので、
  「うん、いいよ」と返事をし、書斎に入りこの出張の間、見ていなかった為替相場を見、私のFXの状況をチェックするため、パソコンを立ち上げました。相場は殆ど持合いで動いていずパソコンの電源を落とし、妻順子のアルバイトに行きたいという事について出張中あれこれ考えていた事を纏めにかかりました。 

  民謡教室、カラオケ教室、エステに行きたいから稼ぎのいいスナックに行きたいという理由なら、私の稼ぎも増えたのだから問題はないはずで、自分が稼いだ金で行きたいという、この辺に鍵があるのではないだろうか。
  順子は高校卒業と同時に、妊娠、結婚、大家族の中で主婦、母親を勉めて来て、若い女性の遊びをしらない。仕事と云っても農業の手伝いという地味なもので、華やかさのないものであり。収入も少ない。

  自分を実の親以上に愛してくれ、大事にしてくれた、祖父母が相次いで往き、父母が交通事故で同時に往き、動物が好きな一人娘が、その理想とする獣医になるために旅立った時順子はどう思ったのだろうか。

  家の嫁としての義務、責任を果たし、娘には、親としての努めを果たしたという達成感で満足したであろうか、そのように感じるには、順子は身も心も若すぎるように思います。

  他方、愛する者が次々にいなくなり、仕事で忙しい夫と二人になったとき、自分の人生を振り返る事になったのではないかとも思う、女性が自分の女としての盛りがもうすぐ過ぎようとしている焦りを感じるのも、30代後半が多いという、普通はそう感じながらも子育てやら家事に追われ、収入の伸びない夫の為家計の為にパートの仕事に忙しい時期を過ごすという。
  順子の場合、早すぎる年代で、殆どの義務から解放され、自分の中の女という部分に向き合う事になったと考えたらどうだろうか。

  こう考えると、順子がスナックのアルバイトに拘る理由が見えてくるように思う、もう一度止めて見て、止まらない様なら、様子をみて、自分は自分の方向を進むしかないかと考え、書斎のシングルベッドに寝転んでいるうちに眠ってしまいました。
  
  翌朝、9時ごろ目がさめました、会社は土曜日も営業していますが、半分の従業員は休みで、土曜日も営業している得の担当者だけが、出勤しています。私もこの頃は、土曜日は殆ど休みにしています。
  下のバスルームで顔を洗いリビングにいきますと、義父、義母がもう来ていて、順子と何か話している最中でした。
  私が入っていくと、くたびれた紺の背広にネクタイをした、義父が立ち上がり挨拶をしようとしましたので、それを手で制し、
  「お義父さん、他人行儀はおやめください、どうぞお座り下さい、それにしてもご無沙汰して申し訳ありません」
  と、永年農業をやってきて70歳になったいまも、市の高齢者事業団の仕事に出ている、固い一方の義父に敬語で話しかけます。
 義母の方はくだけた性格の人で年の割には派手なワンピースを着ています。

 妻の順子が、「父ちゃん、お母さんがサンドイッチをもってきてくれはったんでんで、朝ごはんは、特製サンドイッチとコーヒーにしますね」と云ってキッチンに立っていきました。
  
  私はこの義父が苦手で、真正直、無口、勤勉という文字を辞書でひいたら、山口健一という名前が出てくると云うジョークがささやかれるほどの堅物で、順子との結婚に反対されて以来、こちらから進んでは、口をきこうとは思はない人です。
  お義母さんと、娘の話、仕事の話等あたりさわりのない話をしていましたが、義父は多少うなずくか、うんうんというぐらいで、やはり無口です。
  順子が今日はサイフォンで煎れたコーヒーのポットと義母の持ってきた特製のサンドイッチ、カップ、などをテーブルに並べ始め、4人そろっての朝食になりました。義父はただ黙々と食べていましたが、やはり何も言いません。
  夫婦とはよくしたもので、夫が無口の分、妻のほうが喋ります、これで均衡が取れているのでしょう、義母と順子がたあいの無い会話をしています。

  その時、車の販売店から電話がありました。
 クラウン マジェスタで、FXで儲けた資金で、個人用に買いました、会社用の車は、広告の為、全てに大きな会社の名前とロゴが入っているので、個人がお忍びで使うにはちょっとという事がありました。
その車が、今日納車予定で11時頃になるが都合はどうかと聞いて来たので、了承しました。

順子はちらっと壁の時計を見、自分の母親をきつい目でみました、義母もその順子の態度でわかったのか、
「あのね、順子がスナックにアルバイトに行きたいらしんやけど、隆さんが反対しているので、説得して欲しいといはれましたんで今日来たんで   
すけど、許してやってもらえませんか」
と切り出しました。
「あの。私は順子が水商売の夜の仕事に出ることには反対しました、しかし、お義父さん、お義母さんの意見も聞いて来いと云い、賛成なら考えなおしても良いといったんです、お義母さんは順子が水商売に出ることを賛成しているんですか」
 と聞きますと、
  「水商売とか、夜の仕事とかいいはりますが、お客さんに料理や、お酒を出すだけのスナックの仕事やそうで、隆さんの考えてはる水商売やないそうです」
 と順子の説明を鵜呑みにしているようです。
  「いやいや、順子の行きたいというスナックは、カウンターだけでなく、ボックス席といって、客の隣に座り酒を注いだり一緒に酒を飲んだり席  があり、客とダンスをする場所や、カラオケの装置もある、バーやクラブと同じ物です。
   ママのほか、ホステスも4人ほどいるとこで、水商売そのもので、順子はホステスにいくんですよ」
 とそのスナックの説明をしますと、義母は少し状況は解っていたようで、
  「順子の話では、そのカウンターの中で、料理を作ったり、お酒を出す用意をするだけの仕事やそうで、カウンターからは出ないでよいそうです、 ホステスとは違います」
 何とか言いくるめようとしている義母をおいて、義父の矛先を向け、
  「お義父さんは、どう思っていらっしゃるんですか、ご自分の娘が、水商売
の女として夜の仕事に行くのを賛成されているんですか」
 と聞いてみました、その時、順子が
  「お父さん、あれほど説明したでしょう、うんと云ってくれたんと違うの、隆さんにきちんと説明して」
 と父親にいいました、無口な義父はようやく、
  「基本的に嫁いだ娘はその家のもので俺がとやかく言えるものじゃあないと思っている、娘の説明を聞いたかぎりでは、夜の仕事にはなるが、あ  
くまでも、お手伝いで、隆君のいうホステスではないと思う」
 と結論をハッキリ言わない、このひとらしい返答です。
  「それでは、お義父さんは、客の接待をしないお手伝いなら賛成だと仰るのですね」
 結局、順子は親には、ただのお手伝いと云い、私には、悪い客に騙されるよう
なことは無いとホステスとして客に接する事を言っていたことになります。
 
  「順子、俺は水商売にいくのは、反対や、改めていっておく」
  と順子の両親の前で反対の表明をしておきました。

  この時、納車で車のセールスがやって来ましたので、この話はうちきりまし
た、義両親と順子が一緒に、義父の知り合いの書道家の個展に出かけまして、私は新車のクラウンマジェスタを受け取り、書類手続をすませました。  
新車の試運転に出かけましたがやはり新車は気持ちよく、特にこの車は、静
かで、乗り心地がよく、加速がすごいと感銘をうけ、中年のおじさんが、運
転に夢中になっていました。
 

 家に帰り、考えをまとめるため書斎に入り、新車で気づいた新鮮味という事を中心に、順子がスナック勤めに固執していることを考え順子のスナックのアルバイトにも一応の結論が私の中で確定しました。
  1. 2017/09/24(日) 03:20:50|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第4回 妻のアルバイト その2

書斎のシングルベッドに寝転んで考えようと思っていましたが、いつの間にか、寝てしまっていました。
 
  順子に起こされたのは、まだ日は残っていましたが、夕方6時でした、
  「寝てられるのを起してすいません、夕食のことがあるんで起きてもらいました」
  「うん、よく寝た、ご両親はお帰りになったんか」
  「はい、父さんの知り合いの書道展をみてから、家に送っていき、うちは帰って来たんですけど、隆さんが寝てはるので買い物にいってきました」
「朝からお義母さんのサンドを食べただけで、お腹がすいた、順子といろいろ話があるんで、久しぶりに加納屋の鰻と櫃まぶしでも食べにいこうか」
寝起きながら、亭主の機嫌がよさそうで安心したのか、
「やったー、加納屋の鰻、うち大好き、でもこの頃鰻高いんとちゃう」
「車の値引きがあって、その分予算がういたんで、鰻ぐらい平気や」
市内の鰻屋に 新車でいきました、クラウンマジェスタに対する順子の反応は、「この車、静かやなー」ぐらいで、私の感じた事とは違いました。
鰻屋に着き、中に入ると、順子の知り合いがいました、順子はその方にかけより、愛想よく挨拶をし、この店の女将にも機嫌よく挨拶していました、やはり順子は、客商売に向いた女なのでしょう。

小部屋に案内され、鰻のかば焼きと櫃まぶしに、順子には酒を注文し、待つ間にはなしかけました。
「俺に話した事と、ご両親に話した事は内容が違っているな、」

「ごめんー、あの固い両親が心配するんで、お手伝いだけといいました、悪気はありません」
この返答は、理屈が通りませんがそれ以上の追求はやめ、

「俺も、いろいろ考えた、これだけ順子が行きたがっているのに、止められん、好きにしたらええ、しかし俺は、女房を水商売に出す甲斐性なしと思われるんやでー、それに客にいいようにされ股を開く尻軽女と思われるんやでー、世間とはそんなもので幸恵の結婚にも悪い影響を与える」

「隆さん、ほんまにごめん、うちは他人に後ろ指さされるようなことは絶対にせえへん、うち農家の手伝いは嫌やないけど、ほんまに安い、安過ぎると思うんや、手に職のないうちが稼げるんは、こんな事しかないんでスナックに行こうと思たんや」

「それで、そのスナックには、週何日いくんや、何時から、何時まで勤めるんや、まずそのへんからハッキリしてほしいんや」

「隆さん、うちがスナックに行ってもほんまにええん、ママさんは、旦那さんのお世話もあるやろから、週3日でもええと云うてはります、時間は、つきだしやら料理をつくるんで、4時頃から、店のおわる12時までやそうです」
反対していた亭主が、何とか許してくれそうなので喜んでいました。

「時間はわかったがな、3日とは何曜日と何曜日にいくんや、俺の仕事とも関係するんでそのへんををハッキリしてほしいんや、ママさんに聞いてくれへんか」
順子うなずいて、携帯を取り出し、席をたちました、廊下でママさんと電話していたようで、少したって部屋に戻ってきました。

「ママさんが、隆さんの許しが出そうというたら喜んでくれました、お勤めの日数と曜日を聞いたら、できたら週4日、曜日は火水木金にして欲しいといわれました、父ちゃんにお願いして欲しい、ママも直接会ってお願いしたいというてはります」
と、こちらの顔色を窺うように聞いてきます。

「うん、水商売の女将なんてそんなものや、一つ譲れば、また一つ譲れと云うてくるんや、そんなもんやろなー」

急に機嫌だ悪くなったのかと心配しているようですが、その時、料理が運ばれてきました。  

 ここの、櫃まぶしは名古屋のほうから来たものだそうですが、鰻のかば焼きをご飯に混ぜたもので、最初の一杯はそのまま、2杯目は白ネギを細長く刻んだものを上にのせて、3杯目はダシをかけてお茶ズケ風に食べると云うもので、
三回変わった味を楽しめるものです。

 順子は、美味しい美味しいと呟きながら、櫃まぶしの間に、鰻のかばやきを食べ、自分で日本酒を大きめの、お猪口についで美味しそうに飲んでいます、健啖家というのか、大ぐらいと云うのか、普段肥えるのを嫌って摂食していますが、好きなものがでると、本当によく食べます、私のかば焼きの下半分をそっと順子にまわしてやると、
 「ええの、うちが貰うてええの」
 と喜んでいます、
 「これから、スナックで頑張るんやから、栄養つけとかんと」
 さも妻の健康に気配りをする夫を演じていますが、やはり、大阪の老舗うなぎやで食べた鰻とは違いだいぶ味が落ちているので、順子に回してやったのです。

 家に帰ってきましたが、一合程度の酒では顔にすら出ていない順子は、サイフォンで私の好きなブルーマウンテンのコーヒーを煎れてきます。
 美味しいコーヒーを飲みながら
  
「あんなー、俺も8月で42や、順子が週に4日もスナックに行って、仕事がすんで帰って来ても、順子はおらんし、電子レンジでチンしたものを独りで食べるなんて侘しすぎると思うんや、それに、俺の商売も野菜と果物だけなく、塩干物も扱おうかと考えてたんや、それをやると忙しなると思うんや、そうなると片道一時間かかる通勤の時間も勿体ないんで、神戸の会社の近くの寝るだけのアパートかマンションでも借りようかと思ってるやんけど、順子はどう思う」

 と考えてきた計画をはなしました、順子は驚いたような、表情をうかべ、考えているようでした、
  
「そうやなー、うち、隆さんの事、あんまり考えてなかったんやなー」
 と、スナックに行くために夫の許しをどう得ようかと考えていて、その後のことはあまり考えていなかったようです。
 「それで、うちがスナックにいきだしたら、いつ家に帰ってきてくれはるの」
 
 「うん、順子が家にいる日は俺も家にいるようにする」
 
「隆さん、うちがいいひんかったら寂しいの」
 と自分の存在感と亭主の自分への愛情を確認しているのでしょう。

「うん、一人でいるより、仕事に打ち込んでるほうがええんや」
 と返しますと、
 
私の条件をうけいれ、スナックに行く決心をしたよう

「順子、最後に云っときたい事がある、これが、スナックに行ってええ条件や」

 「うん、なんやの」

 「お前が言うとった事やが、だらしない女やない、後ろ指さされるようなことはせえへん、というたな、それを守る事を誓えるか」

 「隆さん、そんな事あたりまえや、誓います」

 「それから、もう一つ、順子がホステスをし出しても、客と変なサービスをしたりして俺の面子をつぶさんという事を誓えるか」

 「隆さん、うちを信じて、そんな事はそんなこと絶対せえへん、誓います」
「うん、順子を信じる、しかしどれを破っても、離婚やで、それだけわかってくれたら、スナックに勤めるの、夫として許可するし、出来るだけ応援する、解かったな」

 「ハイ、わかりました、誓います」
 何を言っても、ハイハイで、順子にすれば、スナックに行ける事が、そんな
に、嬉しいのでしょうか。

                
  1. 2017/09/24(日) 03:25:45|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第5回 出発信号

 男が浮気をするのは、なぜかと云う事は、おおよそ見当がついたと思ってい
ます、それは、いくら美しい女であろうと、いくらいい体をしていようと、飽
きが来ることは避けようのないもので、たまには、違った女としてみたい、と
いう、美醜、年齢にかかわらず、新鮮味ということが大きな要素になっている
と思っています。

 女の浮気、不倫は男とは少し違うのでしょうが、夫とのセックスは満足のい
くものであるとしても、他の男にちやほやされると、自分の中の女が蘇り、い
い気分になり、違う男を試してみたいと思うのではないでしょうか、特に酒が
はいると、好色のスィッチが入り、夫とは違う男に抱かれたいという浮気心が
がおこるのだと思います。

それは、私が、新車で感じたものと同じ、新鮮味というものではなかろうか
と思っています
女も、慣れ親しんでマンネリになり飽きが来た夫の物より、新しい物を味わ
ってみたいと心の底で思っているのでしょう、男にちやほやされる事が新鮮な刺激なのでしょう。

妻は夫に対して貞節を守るかという事ですが残念ながら、順子は夫に貞節を守るという倫理観は持ち合わせていないと思いますし、浮気をしたとき罪悪感を感じるのかという事も、バレなければいいと思っているように感じています。
一夫一婦制という比較的新しい制度の維持のために、夫婦がお互いに貞節を守るという倫理観を作りだし、その倫理観が社会の規範となっていったといえますが、順子にはその倫理観は希薄ですが、社会規範を完全に無視し、自由奔放に生きるには、払う代償が大きすぎるという事で、社会規範も守っていますと繕う事に熱心なのでしょう。
不倫を隠す、つまり繕うことは、薄くなってきたとはいえ、社会規範がまだ存在している現在、社会規範逸脱の代償を払いたくないからでしょう。

また、不倫は夫に対する裏切りであり、不倫そのものが罪悪であるという強い倫理観を持っている女性なら、罪悪感に悩む前にその様な事をしないでしょう。
飲み屋の女に平気で触る、いい加減なこと云って口説く等は何も悪い事では無い、相手もわかっていることで、その為に高い酒代を払っているんだという男は知り合いに多く居ます、水商売の女はプレイの対象だというのです。                    
飲み屋の、あの女を誰が落とすかで賭けしている友人達もいます。
水商売の女は、売りものに買いものや、それを解かっていて店に出てるんやと風俗と同様にしか考えていない知人もいます。     

飲み屋に女だけが目当てではないでしょうが、酒を楽しむとき、女がいればなお酒が旨いという男を多く知っている私はそのような危険がいっぱいという処へ、妻を送り出すのですから、浮気、不倫をされる事は覚悟しておく必要があります、まして妻の順子は尻の軽い女ですから。

私が、心配しなければならない事は、妻が多くの男に抱かれることではなく、そのことが広まり、私の男としての面子が潰れ、笑いものにされることで、会社の仕事にも、娘の将来にも悪い影響の出ることです。

妻が考えこんでいる私に笑顔で話しかけてきました。

「コーヒーを、もう一杯飲みはらへん、何やら真剣な顔で考え事をしたはったようですが、なにか、心配ごとでも有るんですか」と聞いてきます。

「コーヒーはもうええ、ちょっと仕事の事考えてたんや、書斎でパソコンにむかって、纏めるものがあるさかい、上にあがるわ、それから、明日ちょっと相談に行きたいとこがあるんで、出かける」

 と云って書斎にあがりました、順子は今日も抱いてくれるのかと期待していたようですが、夫がパソコンの前に座りこむと、集中し他の事には見向きもしなくなるので、諦めたようで、
 「うち、先にお風呂に入り寝ますね、隆さん、今日はほんまにおおきに」


  1. 2017/09/24(日) 12:33:41|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第6回 始動 その1

  私にとって、順子に対し、何か心の底にわだかまっているものが、一つあります。
  娘の幸恵が生まれて3歳になるころ、次子を生もうと話し合い避妊リングを外しましたが、妊娠しません、幸恵のときは、結婚まえで、コンドームや安全日等妊娠しない様に気をつけていたのですが、妊娠し、出来ちゃった婚となったのにどうしたんだろうと産婦人科での精密検査を受けさせました、卵管采周囲癒着だとの診断結果がでまして、医師に説明を受けました、それは、卵子をキャッチする機能が炎症を起こし癒着しており機能不全になったというものでした。
  機能が回復すことは無く、子供は諦めてくれと云はれ、その原因を聞きますとクラミジアトラコマチスという細菌の子宮内侵入だそうで、無症候感染で、つまり感染しても症状が殆ど現れないので、ここまで悪化したものだと云はれました。
  そして、私も検査を受けたのですが、私の検査結果は陰性で、その結果を聞いた時私の表情が一瞬変わったの見た医師が、このクラミジアは他の疾患で抗生物質を服用しても治ることが多く、最近抗生物質を服用したことはありませんかと聞いてきましたので、歯の治療の時に貰った抗生物質を服用したことを思い出し、有りますと答えその時はそれで終わったのです。

  しかし、順子と出来てからは、順子一筋で他の女性とは、有りませんでしたし、順子の妊娠検査に私も立ち会わされ、その時念の為と云はれ性病の検査もうけさされ、結果、陰性で性病なしでした。その後も娘の幸恵も可愛く、順子を愛していましたし、何より順子の名器に嵌まり、浮気はありませんでした。

  原因が私でないとしたら、順子は原因、順子がどこかで性病を移されたと、考えた始めた時から、心の底にわだかまりが出来ました。

その頃から、浮気に対する倫理観は薄くなり、妻に対する罪悪感はなくなりました。
  私はそれほどもてる男とは思っていませんが、他人の妻が、時、場所、方法を選べば簡単に落ちることに驚きました。
  その後、妻の行動に不信なことがあっても、浮気を疑うに足りることも、深く追究せず、心を奪われ、家を出て行くようにならない限り、まあいいかと思ってきました。

  パソコンを使いクラミジアについて調べました。
  インターネット上に氾濫する情報に対し信頼できないところもあるため、同じ事を何度も他の情報と比較しクラミジアについての正しいと思はれる知識も得られました。

  1. 2017/09/24(日) 12:35:38|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第7回 始動 その2

  翌日は、順子は機嫌よく、朝昼兼用の食事、ハムエッグとトーストにコーヒーを出してくれました、
  「うち、今日買い物に出たいんやけど、ええかな、隆さんが仕事の事で、出かけてはるあいだに行ってきます」

  「うん、俺は何時に帰るかわからんから、ゆっくりしてきたらええよ、それから今日は晩御飯いらんから」
  
 昨日、以前の浮気あいて、農協の時の部下であった、田中美奈に電話をし、会いたいといい、了承の返事をもっていたのです。
 
 「部長、お久しぶりです、益々いい男になって、前より若く、逞しくなられましたね、電話頂いて驚きましたが、嬉しくて、ドキドキしながらき   
ました」

 「突然電話して御免ね、でもすぐに会ってくれて有難う、こうして見ると、美奈ちゃん、益々、女子度がアップして、別れた事を後悔するよ」
  
と頼み事があるので、持ち上げておきます。

 「早速ですが、部長、私に相談したい事ってなんですか、うふふ、当ててみましょうか、奥様順子さんの事じゃあないですか」
  なぜ解ったのか不思議そうにしている私を見て、
 
  「やっぱりそうなんですね」
  「うん、そうなんだ、話が込み入っていて、長くなりそうなので、どこか静かなところで聞いてほしんだが、美奈ちゃんの都合はどうだい」
  と云いますと、伝票をもって立ち上がり、
  「行きましょう」
  と云って会計を済ましにレジのところにいきました、理解が早く、行動が早い仕事の出来る女性です。
 
  車に乗ってから、喫茶店の支払いを渡そうとすると、断られ、どこが話をするのにいいか聞きますと、人目のつかない、静かなとこって、ラブホしかないでしょうと言われ、当市から離れた神戸に近いところのホテルにいきました。

  ラブホの部屋に入りますと、以前のきんきらきんのいかにもやるための部屋と違い。落ち着いたムードの装飾で、テレビ、カラオケがあり、ベッドも大きなキングサイズのベッドで、周りに鏡もなく、シティホテルのような雰囲気でした。
  その部屋のソファーに座り、妻順子のスナックに行きたいと言い出し事から始め、順子が不倫している疑い等を話しました。それから、順子が不妊症になったクラミジアの話をし、この性病を他人に移された疑いが濃厚で、その15年前の不倫で、次の子供が出来なくなったのが事実なら、スナックで浮気不倫した時点で離婚しようと思っている事を話しました。

  なにしろ、15年も前の話なので、事実を知る事は難しいが、高校時代の友達等から探って貰いたいので美奈ちゃんに頼みたいと、バッグから札束三つを取り出し、お願いしました。

  「これなによ、お金なんて貰は無くても、部長の頼みならいやとは云わないですよ」

  「そうじゃなく、昔の、話したくない事でもお金を見ると口が軽くなる事もあると思うんで、その時に使って貰いたいんだ」

  「うーん、そうかもしれませんね、解かりました、今んところ仕事も暇だから、しらべてみます、それから、部長、順子さんの悪い噂を聞いたんだけど、さっき順子さんが浮気してるの知ってはるようだけど、どこまで知ってはるんですか」

  「知ってるって事じゃないんだけど、感じてるといった方がいいのかな、俺も浮気してたから、心まで持っていかれない限り、まあいいかって思っててるんだ」

  「ふうん、やっぱり部長は器が大きいんだ、でも、なんで15年も前の事は許せないの」

  「うん、自分でもなぜかという事は説明しにくいんだ、あのころおれは真面目で仕事と家庭を大事にしてたし、娘が可愛くて夢中だったんだ、順子は俺と娘と家族を裏切って、次の子供が出来ないようになっても、真剣に罪悪感を感じていなかったと思うと、あの事だけは許せないんだ、あの事は、娘を含めた家族みんなが幸せに行くために、俺は疑いを封印したんだ」
「そう、解かるような気がする、でも一つ聞いていいですか、今になってなぜということなんですけど」

  「娘は北海道の大学に行って、金だけを送ってやればいいという、親の手を離れ、祖父母を亡くなり両親も亡くなった、もう辛抱しなきゃあならない家族はいないこと、順子は止めたんだが、どうしても水商売に行くって聞かない、俺のプライドの事も考えてくれない、自分本位、ジコチュウの順子の本性が出て来たんだ」
  ここまで話すと美奈は目に涙をうかべ、
  「順子は本当に馬鹿ね、こんなにイケメンで、優しく、仕事も出来て金儲けも上手、それにあれも大きくHも抜群、こんな亭主はほかにいないのに、それが判らないなんて」

「美奈ちゃんとこはご主人とはどうなの、この頃はうまくいってるの」

  「あの時ね、私、主人に離婚して下さいと云ったの、甲斐性なしで、鈍感で、無神経な人とやっていけないし、私に好きな人が出来たのと本心を打ち明けたの、そしたらね、離婚は許してくれって泣いて謝るの、無くした子供の事は忘れて、次の子を産もうといって、うふふ、一生懸命私に尽くすし、仕事も頑張り出したの、あれだけ主人は頑張ったんですけど子供はできないまま」
「部長、今日は抱いてくれませんか、あの時の事を思いだしちゃって」

  「美奈ちゃんに、ご亭主のこと聞いたらなんかご亭主が気の毒になったやけど、美奈ちゃんを見てると、こうなって来るんや」
  と、大きくなったものをズボンのチャックを外し、とりだして見せました。

  「うわー、すごい、おおきいー」といいながら、しゃぶり始めました。
  以前と同じく、もともとMの性癖がある美奈は、ディープスロートが好き
なようで、喉の奥まで受け入れ、ゲボゲボ云いながらも,吐く事はなく、ディ
ープスロウトを楽しんでいます。
 私は、ズボンとパンツを脱ぎ、下半身をむき出し、美奈の髪の毛を掴み出来
るだけの角度で頭部を反り返らせ、喉と口を出来るだけ直線になる様にし、私
の体は、そり返えった美奈の上にもっていき出来るだけ奥までチンポが入る様
にします。
 喉をふせがれ、呼吸が出来なくなるので、チンポを引き抜きますと、ゲホ云
う音とともに、美奈は荒い息を再開し、また喉の奥に入れるという繰り返しを
します。
 私の方は、あまり気持ちのいいものとは云えませんが、異常に喜ぶ美奈の表
情が、楽しくしばらくこのディープスロートを続けます。
 これをある程度繰り返すと、呼吸をさせる為抜いた時「入れて,入れて」と云
いますので、スカートをめくりあげ、パンティを降ろし、後ろから濡れている
オメコに突きさします、この時、ゆっくり入れていきますと、「イイー」と大
きな声でよがります、やはり以前と変わっていません。
 このドッグスタイルの時にピストン運動は、大きく子宮を突き亀頭が膣から
離れる寸前まで引く抜くというロングストロークがお気に入りで、ズボと音が
します、たまに突き出したお尻のまるい丘を、手でぴしゃっとたたきます、ビ
クっとして、イイー イイーというよがり声が大きくなり、ズボズボズボとい
う音とともに、だんだん高みに上っていき、最後にイイイーーイクイクイクー
と叫び、括約筋の収縮が始まり、この時子宮めがけて、精液を発射します。
 この同時に いく というのは、なかなかタイミングがとりにくいのですが、
以前と同じく、成功しました。
 その後、風呂に入り、もう一度してくれというのかと思っていましたが、亭
主が待っているのか、化粧をしていました。
 
「部長、やっぱり最高、奥様の事、頑張ってしらべますので、また会ってくださいね」
 
 「うん、久振りによかった、君さえよければ、また会いたい、でもその部長はやめてくれないか、俺は農協を5年前にやめているんで、今度会う時は名前でよんでね」
 
  ホテルを出て、車で美奈を送って、家に帰ったのが5時頃で順子はまだ帰っ
ていませんでした。
  朝ハムエッグとトーストを食べただけなので、空腹になり、冷ごはんを電子
レンジで温め、卵かけごはんを二杯たべました、美奈子と夕食を食べればよか
ったなとちょっぴり書斎で後悔していました。

 書斎でパソコンを使い、神戸でのマンションを捜しました、賃貸と買い取り
の両方を見て検討していた時、この家の維持費がかなり高く、この家をどうす
るのかを考える時期に来ている事に気がつきました。
 この事は、娘の幸恵に相談する必要があり、娘が夏休みで帰って来るまで結
果を出すのは延期しようかとも考えましたが、神戸で私が住む処は、
早く結論を出す必要があり、海の見える須磨のマンション(4LDK)が気に入
っていましたので、FXで儲けた資金の一部で買える事もありここにしようか
と考え、明日の月曜日に見に行こうと思いました。

 妻が帰って来たのは10時をすぎで、私が家にいるのに驚いたようで、敬子
ママに買い物を付き合って貰い、近所のファミレスで食事をしてきたと話して
ました。

 「隆さん、晩御飯はどうされたん、まだなら、なんか作りますけど」

 「家で卵かけごはんを食べた、仕事の話が早くすんで帰って来たんやけど、明日、塩干物のセリが始まる前に業者と会い、セリの様子を見ることに為ったんで神戸の会社の近くに泊まる、そのことを順子にいってから、神戸に行こうと思って待っていたんや、」
 
  「ごめんね、隆さんが遅くなるというてはったんで、敬子ママに買い物を付き合ってもらって、お仕事の話もあったんで遅うなって、御免ね」

  「仕事の話が出来たんなら、明日打ち合わせにいかんでもええ様になってよかったやん」
  順子は少し困ったような表情をしていましたが、バッグを持って家をでました、車まで来た時、
  「隆さん、明日は帰って来てくれはるんやね」

  「うん、仕事で遅くなるかもしれんが、帰って来る」
  と云い車を出しました。妻に行ったことは全て嘘でこれからどうしようか
と迷いましたが、以前長期の契約をしていたビジネスホテルに電話しますと一
部屋空いていますとの返事でしたので、そこに行き、近所のラーメン屋で美味
しいラーメンを食べ、ホテルで寝ました。

 翌日は、月曜日で朝から忙しく仕事をこなし、午後は知り合いの不動産屋に
案内され、須磨のマンションを見に行き、最上階の70坪の家具付きの部屋を
契約し、1週間後に入居する事になりました。
 家具付きでしたが、モデルルームにしていたので、新品というわけには行か
ないと私と一緒に行った不動産屋の交渉で、本体の値引きと家具を無料にして
貰い、明日銀行で決済する事になりました。
 そのあと、足りない家電を買いに行き、5時頃には、家に帰りましたが、や
はり妻はいませんでしたので近所の馴染みの小料理屋に行き、久しぶりに和食
を食べましたが、女将が、娘を店で働かせ店を継がせたいと云い娘を挨拶につ
れてきました、美人とは言えませんが、その初々しい娘に心惹かれるものを感
じ、浮気心が沸き起こって来るのを感じました。年のせいか、若い女に惹かれ
る自分を感じています。                       
家に帰ってきましたが妻はまだ帰っていませんでした。

 書斎にいき、ノートパソコンだけを残し、他の3台の自作パソコンをマンシ
ョンにもっていくため、プロバイダーとの契約の変更、NTTとの契約の変更
をし、回線から外しパソコンの引っ越しの準備にかかりました。

 パソコンの引っ越し準備が終わったのが12時過ぎでしたが、妻の軽のバン
の音が聞こえてきましたので玄関まで迎えに行きました。
 入って来た妻をみて、やはりなと思いました、アイシャドウをした濃い化粧
に、超ミニスカート、胸が半ば見えるほどの薄いシルクのブラウスをきた、ホ
ステスそのものの妻がいました、近寄って見るとお酒の匂いがしました。
 驚いた妻が、立ちすくんでいました。

 「何を、そんなに驚いているんや、はよ上がらんかい」
と云いリビングに行こうとしたとき、後ろから、
「隆さん、汗かいたんで、先にお風呂入りたいんけど、ええですか」と聞いてきました、

「風呂にはいるのは、後にせいや、先に話があるんや」ときつい言い方でいい、リビングにいきました。
 妻をリビングのソファーに座らせ、きつい目で妻をにらんでいますと、

「あんな、今日スナックに料理を作りに行ったんやけど、ママが明日からくるんやから、今日のお客に挨拶だけしていってって言われたんで、挨拶してきたんや、隆さんがはよ帰って来るんやったら、挨拶なんかせえへんでもよかったんや」

「そのことはあとや、先に、車のキーだせや、お前酒飲んで運転したんやろ、飲酒運転や、飲酒運転するもんに車貸したら飲酒運転幇助で、俺まで罪になる、この車は処分する、農家の手伝いに行かんのやからもう車はいらんはずや、予備のキーはガレージのキーボックスにあるんやな」
 妻は不満そうでしたが、そういう事に厳しい夫の性格を知っているだけに何も言い返さず、黙って聞いていました。
  「それから、今日は料理を作りに行っただけで、ママに云われて挨拶してかえって来たんやなー」

  「そうです、隆さん おそうなったんは謝ります、ママに云はれて仕方なく挨拶して、少しお酒を飲まされて飲酒運転してしまいました、御免なさい」

  「へー、料理を作りにいくのに、なんで、ケバイ化粧して、若い女でも考えるほどの超ミニのスカートはいて、胸をみせびらかすブラウス着て行かんならんのやー、嘘もいいかげんにせい」

  「・・・・・・・」

  妻は俯いて、何も云わなくなりました。

  「嘘を,つかんお前やったが、スナックの事になると、なんで平気で嘘を吐くようになったんや」

  妻は泣きだしましたが、何も話そうとしません。
都合が悪くなると、黙る、泣き出すなど順子が初めてとった態度で、今まで見た事がありません。
引っ越し準備のため、書斎のかたずけをし、書斎のシングルベッドで寝ました。

  1. 2017/09/24(日) 12:38:12|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第8回 別離の始まり その1

  翌朝、朝早くから目が覚め、残ったかたずけをしていますと順子がはいってきました、風呂に入って化粧を全て落とし、髪も洗ったままセットもしていない状態、所謂、スッピンでした、
  「隆さん、おはよう、昨日はごめんな、ママに云はれて、ママに買うてもろた服着てお客に挨拶しろって云われたんで、あんな恰好でいったんやけど、仕事やから、仕方なかったんや、それと、隆さんの食事も作らんとごめんなさい」

  「あんな恰好で仕事か、立派なしごとやな」
  と嫌みをいいましたが、私に嫌味は通じていないようで、

  「よう考えたんやけど、やっぱり車ないと不便や、もう飲酒運転せえへんから車使わしてえなあー」
  と懲りていません、

  「用があるときはタクシー使ったらええ、酒を飲むのを仕事にするんやから車はあかん」
  「隆さん、今日から仕事にいくけど、今日は帰って来てくれはらへんの」

  「前に云ったように、神戸に泊まる、土曜日に帰ってくる」

  と云い捨て、食事もとらず車で会社に向かいました、その週は、仕事、新し
いマンションの決済と入居の準備、娘との電話とメールのやりとり、妻が使っ
ていた軽バンの売却等忙しい週でした。美奈ちゃんからの連絡はありませんで
した。

 土曜日になり、泊まっていたビジネスホテルの精算をし、朝の10時頃に家
に帰りましたが、妻はまだ寝ていました。
  家の中は、掃除をした跡もなく、キッチンの流しには食器やスーパーで買ってきた、ラーメンやプリン等の残骸が残された侭になっていました。
  以前の妻は掃除洗濯等は本当にきっちりし、食器を流しに放置する事等は、絶対と云っていいほどなく、綺麗好きな性格だと思っていましたが、一人になりスナックへ勤めだし、たった4日間で、だらしのないものに変わっていました、どちらが、順子の本当の性格か私にはわかりません。

  この家に置いておく、ノートパソコンに自作機に入れていたソフト、を入れプロバイダーの契約書類を出し必要な事項を打ち込みメールが通じるようにセットしました、これが案外時間がかかりお昼頃に終わりましたので、リビングに降りていくと、順子がキッチンのかたずけを終えたところでした。
「隆さん、ごめんな、昨日ちょっと飲みすぎて今まで寝てました、朝ごはんまだでしたら何かつくりましょうか」
   
順子のそばによると、酷い匂いがしますし、顔色が悪く二日酔いで気分がわ
るそうです。
「酒に強いお前が二日酔いするほど飲んだんか、ひどい匂いやし、顔も土気色や、俺の事は気にせんでええ、水飲んで寝てたらええがな」

  私はその日、この家の売却を決断しなければならないと思いました、祖父母
が父母が私が娘が、育ったこの家、この土地、そんな感傷的な思いから、現実
を考えると、この市の人口減少、娘が獣医になってもこの土地では開業出来な
いであろうという見透し、私自身が使い続けられない現実を考えた時、やはり
経済的価値のある間に売却し、娘にその財産を継がせるべきだという思いが強くなりました。

 冷蔵庫にあるもので空腹を満たし、ノートパソコンの遅さを我慢しながら、
おそくまで、売却について税務問題を中心に検討しました。

 あくる日曜日、今度は私が昼前まで寝ていました、リビングに行きますと、
順子が、昨日の二日酔いから完全に復活したようで、掃除洗濯と元気に家事を
こなし、顔色もよく、薄化粧をし、元の順子に戻っていました。

 「隆さんおはよう、昨日は二日酔いでごめんな、おとといはお客さんにすすめられるままに飲んでしもうて、ごめんな、もうあんな深酒はせへんから、ゆるしてなー」

 「・・・・・・」

 私は、じろりと冷たい視線を向けたまま何も言いませんでした。
順子は亭主を相当怒らせたと思ったのか、おどおどした態度で、

 「隆さん、ごめん 堪忍してなー、おとといはぎょうさんのお客さんが来てくれはって、断り切れへんで継がれるまま飲んでしもうたんや、隆さんが帰って来はってもなんもでけんようになってしもうて、反省してます、機嫌直してなー」

 「そんな事より、順子に話しておきたい事があるんや、あのファミレスに朝昼兼用のブランチでも食べに行って、話きいてくれへんか」

 ファミレスで美味しくない和定食をたべながら、月曜日に須磨の海が見えるマンションに引っ越す事を話し、仏壇も持っていく事を話しました。

 「それからな、今の家処分しょうと思うんや、遺産相続であの家と土地は殆んどが幸恵のもんになったのは、お前も知っているやろ、幸恵が、獣医になってもあの家では開業でけへんやろから、まだええ値で売れるうちに売って全部幸恵の財産で残してやりたいんや」
「うちはどうしたらええの」

 「結城の家は、須磨のマンションになるんや、お前が須磨に来てもええし、スナックに行くのに不便やったら、スナックに近い処でアパートでも借りたらええやん」
 順子は表情がかわり、驚きの表情が失望の表情にかわりました。
 「あとは、家で話そう」と云い和定食を食べました、順子はショックで殆ど食べず、家にかえりました。

 「隆さん、少し考えさせて」と云って、寝室に入っていきました、私は洗面道具、髭剃り等この家に帰って来なくてもいいように、小物の整理をし、ダンボールの箱につめだしました。
 順子がお出かけ用の服に着替え、
 「ちょっと、相談に行ってきます」
 と云って出かけました、敬子ママに相談にいくのでしょう、順子にとって、ホステスとして自由に生きていくのか、私と須磨のマンションに行き普通の専業主婦として生きていくのか最後の選択です。

 順子はなかなか帰って来ません、冷蔵庫にあるあり合わせの物をたべ、明日の引っ越しに備え早い目に寝ました。
 順子がいつ帰って来たのか、どんな状態だったのかはわかりません。 

 翌月曜日は朝6時頃に目が覚め、朝風呂にはいり、引っ越しようにGパンをはき、半そでシャツを着、朝食の代わりに牛乳を飲んで、8時の引っ越し業者の来るのを待ちました。
 順子は帰っているのでしょうが、起きて来ませんので起こしに行かずそのままにしておきました。
 8時になり、門を開けますと、もう引っ越し業者の人がきており、背の高い中型トラックと、ワンボックスの車が来ており、荷物の運びだしの作業を始めました、女性2人と男性2人で、テキパキと仕事をしていました、書籍類は、専用の箱に詰め、本棚を分解し、パソコンとモニターを運びだし、パソコンラックを分解するなど、本当に見事なものでした。
 9時半ごろには、作業がすべて終わり、須磨へ向かって出発となりました、私は自分の車で、男性一人がトラックを運転し女性一人が助手席に乗り、残りの二人はワンボックスで帰るようです。

 出発になっても、順子は起きて来ませんので、家の鍵を掛け須磨に向かって出発しました。

 須磨に着くころになって、順子からの電話が私の携帯にかかってきましたが、
 「今、運転中」とだけ言って、電話をきりました。

 マンションに着くと、会社の本田専務と女性従業員1人が待っていました、お手伝いに来ましたと、専務が云い、私のお気に入りの女性社員1人がにっこり笑っていました。

 引っ越し業者の手伝いが4人到着し、早速荷物の搬入が始まり、それぞれの処へ納めて貰う手配していると、順子からの電話がありましたが、
 「今、搬入の最中で、手がはなせん、邪魔をせんといて」
と云って電話を切りました。

お昼過ぎには搬入も全て終わり、会社の人には、広告に入っていた、料理屋から、出前で海鮮丼をとり、三人で食べて帰って頂きました。
 
昼からは、パソコンのセット、回線のセットに時間を費やし、夕方には何と
か復旧に成功しました、その間順子からの電話が何度かはいっていたようですが、マナーモードにしておきましたので、電話にでませんでした。

一日休んだだけで、火曜日からは、仕事が忙しく、順子との電話にも、一度でただけで、今度帰った時に話合おうとだけ言っておきました。

  1. 2017/09/24(日) 12:40:57|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第9回 別離の始まり その2

  この週は、マンションの整備と仕事が忙しく、やっと落ち着いたのが、金曜の昼でした。
 定時の5時半過ぎに会社を出、家に帰ったのが6時半ごろでした。
 やはり、だれもいない家はだだっ広いだけの、侘しい感じのするものでした。
この前のような、だらしない事になっているのかを調べに、キッチンにいきま
したが、さすがに、この前で懲りたのかキッチンは整理整頓されていましたが、
あまり使ったように見えませんでした。
 スナックに勤めだし、亭主が帰らぬ生活が、どうなったかを調べる為に、夫
婦の寝室に行き、順子の衣装箪笥を調べてみました、もともとお洒落はあまり
しない妻でしたが、目についたのは、横の割れたチャイナドレス、同じく横の
割れた黒のイブニングドレス、超ミニスカートに、胸が半分見えるようなブラ
ウス等いずれも安物でしたが、ピンサロの女性が来ているようなセクシイなも
のでした。
 下の引き出しを開け、下着類を見ますと、今までの肌色のおばさんパンツも
ありましたが、原色のスケスケパンティ、Tバックのエロいショーツ、スケス
ケのブラジャー等普通の女性が身に着けるものではないものが多数ありまし
た。
 ベッドの横にある、三面鏡のついた化粧台を見ますと、以前とは違う、濃い
赤色の口紅、アイシャドウ用の化粧品等ケバイ化粧用の物が入っていました。

 空腹を感じましたので、冷蔵庫をあけましたが、何も食べるものはありませ
んので、戸棚からカップヌードルを出し、お湯を沸かして食べました。
 
 時間も10時前になっていましたので。順子の努めるスナックに。客として
行き、どんな状況かを見、敬子ママにも挨拶をしてこようと思っていましたので、鞄から、小型の録音機を取り出しYシャツの胸ポケットにいれ、  
スナック敬子にタクシーででかけました。
 この録音機をもっていくのは、順子をホステスとして雇おうとしていた信頼できない敬子ママの話を押さえておこうと思ったからでした。
 
 スナック敬子は飲み屋街の一角にビル挟まれた処に在りました。
 普通の客を装い、店に入っていきました。
 店は本当に繁盛していて、3つのボックス席もいっぱいで、カウンターも席
も7席のうち5席がうまっており、チーママと思はれる女性がカウンターに案
内してくれました。

 「お客さん、初めてですね、今日は混んでいてろくなサービスもできず、御免なさい、お飲み物は何になさいます」
 といいますので、
 「ビールをお願いします」
 と云って、店の中を見ますと、一番奥のボックス席で、順子が客にしなだれかかり、肩から回された手が胸を触り、超ミニのスカートに客の手が入っているのがみえました。
 ビールと柿の種ピーナッツがおつまみとしてでました、チーママが、
 「お客さん、混んでいてろくなサービスも出来ないで御免なさい、今度ゆっくり出来る時にお出で下さいね」
 と云い、40歳ぐらいの人と交代し、ボックス席へいきました。
ちらちらとみていますと、順子と客がカラオケの小さいステージにいくのが、
見えました。
客の片手は、順子の腰にまわしたまま、北空港 を歌いだしました、客のほ
うは、聞けたものではありませんでしたが、順子のうたは、低音から高音までのびがよく本当に上手なものでした。

 カラオケが終わると、隣の日焼けした中年のおじさんが私に話しかけて来ま
した。
 私は、録音機のスウィッチをいれました。

 「あんた、この店は初めてかい、ここは、カウンターでは安く飲めるが、ボックス席は高いんや、ボックス席でセットを頼むと、あんたが見ていた、あの順子が作る、美味しい料理がでて、女にさわっても文句いいよらんのや」

「へー、あの順子という女はそんなにサービスがいいんですか」

「うん、聞いた話けどな、千円札を胸に入れるとオッパイを触らせてくれるんや、そいでな5千札をパンティに入れると、オメコを触らせてくれるんやそうや」

「それで、いくら出したらオメコさせてくれるんですか」

「そりゃ知らんけど、あの順子を落とそうと、儲けのええ客がぎょうさん通
ってきてるそうや、もう落とされてるんとちがうか」

そんな話を聞いていると、敬子ママがカウンターの中にはいってきて、

「いらっしゃいませ、お客さん初めてお出で下さった方ですね、私はこのマ
マで敬子と申します、きょうは混んでいて御免なさい、宜しけれ
ばお名刺頂けません」
私はママに名刺を差し出しました、その名刺を見た敬子ママの表情がかわり、
「あの。渡辺隆さんて、あの順子ちゃんの旦那さんですか」

「順子がお世話になってるんで、一度ご挨拶にと思いまして寄せて頂きまし
た」
さすが、海千、山千の敬子ママも、順子の接客態度をみられては、なんとい
っていいのか言葉に困っているようでした。
 その時、チーママが
「ママすみません、ボックスのカイダ社長が今度の貸し切りの話がしたいの
で来て欲しいとの事です」

「渡辺さんすみません、ちょっと失礼しますごゆっくりしていってください、
すぐに戻ってきます」
と云い、ボックス席の方にいきました。

その時順子が客を案内し、トイレの方へ行くのが見えました、少し時間をお
いて、私もトイレにたちました、トイレの入り口で順子が蒸タオルを渡しな
がら話しをしていました
「順子、アフターでホテルに行こうや、お願い、お願い、今日指いれたら,あないに締め付けて来る順子のオメコに入れたいんや」

「だーめ、まだ2回しか、アダチさんとお会いしてへんのや、うちはそんな
軽い女やないの、もっと通ってきてくれはらんと」

客が順子に抱きつき、
「きょうは、キスだけさせて、」
と云って、1万円札を順子のドレスの胸に挟み、キスをしていました。
 キスをしている客をよく見ますと、チビ、デブ、ハゲと3拍子揃った50過ぎのオヤジでした。

客が順子の腰に手を回しトイレの出口の通路に来ますので、私は狭い通路を
客と順子に譲りました。
 すれ違う時、通路を譲ってくれた私に順子が軽く会釈し顔を合わせました、さすが酔っているとは言え、そこに立っているのが、亭主とわかったのでしょう、とび上がるほど驚き、

「隆さん、なんで、なんで」

とかなり大きな声でいいました、私は知らんふりをしトイレにはいりました。
トイレから出ると、順子はいませんでした、私はチーママを見つけ、勘定を済まし、車を取りに家に往き、須磨に向かって走りだしました。
 順子の携帯の番号と家の番号を電話機能で着信拒否にセットしておきました。
 やはり順子は、私の思っていた女で、決着をつけなければならい時が来たという思いが強く、腹が立たないことから、順子に対する愛情は完全に冷めているのを実感しました。 
 ただ惜しいのは、妻の名器が使えなくなる事だけでした。
 
翌土曜日、インターネットで得た知識ですが、離婚等の前に、預金等を先に確保しておく事が重要とありましたので、金庫のなかから、家計用の口座の通帳を出し、順子に預けてある、キャッシュカードの無効化に取り組みました。
銀行の休日ですが、緊急連絡の番号に電話し、キャッシュカードの盗難にあったと考えられると云いますと、そのカードをすぐに無効にしてくれました。
 
順子からの電話に出ないでいると、メールに変わり、誤解だ、話合いたい、帰って来てほしい、等暇な時間は全てメールに費やしているのかと思われるのメールの数でした。
私からメールを1通送りました
 
(私も順子と話し合いたいと思っていますが、会って話し合う前に、家の処分の事を、どう考えているのか、少し考えさせて、相談に行くと云ったままでその返事がありません、まずこの事の返事をしてください、それでなければ今後の事を話し合う必要がありません、また娘の幸恵と連絡を取り、家の処分について幸恵の意見も聞いてください)
  
とメールを出しました。
メールを読んだのか、それ以降順子からのメールはとまりました。
  1. 2017/09/24(日) 12:43:14|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第10回 新しい恋 その1

昼になり、自分専用の金庫に入れてあるお金を取りに行きました、会社に入り、社長室に入ると、引っ越しの時お手伝いにきてくれた、留美ちゃんが、お茶をもって来てくれました。 

  この本田留美ちゃんは専務の本田勝三氏の姪で、今年の4月に短大を卒業し入社してきた新入社員で、美人というよりかわいい系の女性です。

  留美ちゃんは、癒し系の女性というか、話をしているだけで何か楽しくなる不思議な魅力を持った女の子で、入社以来気にな
っているのですが、会社の従業員は、私が保護する立場であり、私を常に助けてくれる本田専務の血縁でもあるので、ちょっかいを出してはけないと思っていました。
  しかし、妻順子の本性をみて、愛情が急速に冷めたいま、留美ちゃんに惹きつけられるものを感じだしました。

「この前の引っ越しの時のお手つだいのお礼と言ったらなんだけど、留美ち ゃんがいやでなかったら、食事に誘いたのだけど」
 と云いますと、驚いたようで、
 「ええー、ほんとですか、ほんとにお食事に連れていって下さるのですか」
  
と、嬉しそうに少し恥ずかしそうに答えていました。

 「留美ちゃんの都合のいい時でいいんだけど、いつがいいの」

 「あのー、私はいつでもいいです、社長さんのご都合のいい時で」

  留美ちゃんの幼さが残る顔が 恥ずかしそうに、赤くなっていました、なん
と清純、清潔そのもの、可愛い顔つきでした。
  「今日は暇なんだけど、留美ちゃんはどう」 

  「ハイ、私はいつでもいいんですけど、今日は、会社の制服で来ていますので」

  「では、留美ちゃんのアパートに送っていき、私服に着替えてから行くのはどう」

  「はい、嬉しいです、社長さんの新車に乗せて頂けるのも嬉しいです」

 私は、少し舞い上がっていました、こんなに可愛い女性が、中年のおじさんに
なった私に好意を寄せてくれている事に。
 5時半過ぎに、会社の駐車場で待っていると、留美ちゃんが急いで、小走りに
やってきました、留美ちゃんのアパートは会社の借り上げで会社の近くでした
のでそのアパートに送り、着替えを待ってレストランにいそぎました。

そのレストランは、私が高級で新鮮な野菜の販路を拡大し始めた時に開拓した、
得意先で、美味しい神戸牛をメインにしたお店で、オーナーシェフに無理をい
って小部屋を取って貰いました。

レストランの小部屋に案内され、オーナーが自らオーダーを取りにきた時留美
ちゃんが、立って挨拶をしました、私もやもう
えず立って挨拶をしようとすると、気を利かしたオーナーが、
「今日は、お客様としてお出でいただいたのですから、かたぐるしいご挨拶は抜きにして、ごゆっくり私どもの料理をお楽しみください」
と雰囲気を和らげてくれます、料理はオーナーにお任せで、留美ちゃんに甘口
の白ワインを注文しました。
前菜、スープ、メインディッシュと進むうちに、留美ちゃんのやっていたスポ
ーツが、マイナーな競技の槍投げで、女子の部では、国体にも出て、2位にな
ったことや、全国大会でも3位になったことなど、私の誘導に、嬉しそうに、
楽しそうに語ってくれ、終わりのコーヒーが出るころには、白ワインは空にな
っていました。
ワイン一本は日本酒に換算すると、三合ほどになるそうですが、留美ちゃんは
顔が少し赤くなった程度で、酔ったとは思えません。
 オーナーに礼を云って勘定を済ませ、車に戻り、ご機嫌な留美ちゃんをのせアパートに送っていこうとしていると、

 「社長さん、今晩は、ほんとに有難う御座いました、こんなに楽しい事は生まれて初めてです」

 「留美ちゃんが、そんなに喜んでくれて、嬉しい、かえって俺のほうからお礼を言いたいぐらいだ、ほんとに楽しかった、有難う」
「私まだ帰りたくないんです、もっと社長さんと居たい、どこか連れて行ってください」

 「そんな事言っていいんかい、彼氏が聞いたら怒るぞ」

 「ええツ、私、彼氏なんかいません、今までお付き合いした人もいません、好きなのは社長さんだけです、入社以来好きになって、だんだん自分が抑えられなくなって来たんです」

 「いいのかい、後悔しても知らないよ、俺も留美ちゃんが可愛くてかわいくて、仕方なくなってきていたんだ」

 と云い須磨のマンションの方向にUターンし、マンションに連れ込みました。
 マンションに入るなり、上気した留美を抱きしめ、キスをすると、留美の両手が私の背中に周り抱きしめてくれました。
 呼吸が荒くなり、性的な興奮が起こり出したのか、口が開きだしたので、舌を入れディープキスになり、留美の舌を吸い込み、舌と舌を絡めあい、歯の裏側をなめ、口の中を舌で舐めまわす等をしていました。
 玄関口でディープキスに夢中になり、10分以上キスをしていました、もうこれ以上我慢が出来なくなり、寝室に連れ込み、ワンピースを脱がせ、シミーズを取り、ブラジャーをはずし、ベッドの上でパンティを脱がしました。
 留美は顔を両手で覆い、恥ずかしがっていましたが、一切抵抗はせず、呼吸を荒くしていました。
 素早く、ネクタイをとり、Yシャツを脱ぎ、ズボン、パンツを脱ぎ、留美ちゃんの上にかぶさって、再度キスをはじめ、耳に息を吹きかけ、首筋に舌をはわし、乳首を吸い込む様になめると、感じるのか、「はーー」と声を漏らしだしました。
 留美の乳房は大きいのですが、仰向けに寝ていても張りがあり、乳房がぺちゃんと潰れたようにはならず、こんもりと盛り上がっていました。
 顔を覆っている両手を、外し、私の首に持って来ますと、嫌がらず抱きついてきました。
 
 弾力のある乳房を両手で下から押し上げるようにし、乳首をなめていると、
 「ハー」と悩まし気な声をあげます。
  留美の顔を見ると、目を閉じ、口を半開きに厭け、白い歯みせ、快感をむさぼる女の表情になっており、普段の幼さの残る可愛い顔から、男を引き付ける大人の女になっていました。
 
  所謂、あへ顔 に興奮した私は、乳房の愛撫から、腹部を舐めくだり、留美の女陰をまじかにみました。
  陰毛は、割れ目から上の方に、ほんの申し訳程度に生えているだけで、割れ目が丸見えでした。
  陰阜は盛り上がっていて、少し もりまん で、土手が高いものでした。
  割れ目は土手と土手の間に、一本の筋が走っているようなもので、小陰唇は、発達してなくて、両側からぴたりと合わさったようになっていて、少し陰阜と色が違いますが、変色していないものでした。

  両のふとももを膝の処から肩に担ぐように持ち上げました、留美は恥ずかしいのか、また、両手で顔をかくして、恥ずかしそうにしていましたが、この恥ずかしそうにすることで、さらに性欲を掻き立てられます。

  まだ、男性器を受け入れる準備が出来ていないのか、割れ目は開いていませんでしたので、両手で開きました。
  中は全体がピンクで、綺麗なものでした。               
クリトリスは薄皮を被ったままで、少し膨らんでいるのか、盛り上がっているようにみえ、膣口は小さく、何か白く見える皺のようなものが膣口を覆っておりその中に人差し指ぐらいの穴が空いているのが見ました。
 少しですが、愛液が沁みだしているのがわかりました。

  このように、留美のオメコを見たり、土手を舐めたり、太ももを舐めたりしながら、クリを覆っている薄皮を舌で外し、クリ自体を舐めはじました。

  その時まで、何も云わなかった留美が、
  「汚いので、やめてください」
といいました、たしかに、独特の匂いがしており、この鼻につんと来る匂いが、新鮮な刺激になっていました。
  
  「留美のものなら、何も汚いものはない、愛しているんだ、好きなんだ」
  といいますと納得したのか、何も云わなくなり、呼吸が荒くなっていきました。

  肩から足を降ろし、足をいっぱいにひろげ、いよいよ挿入です、私のチンポを手でもって、クリと,膣口の間を上下にこすりだしました、だんだん愛液が多くなり、亀頭部分に私の我慢汁と留美の愛液を指で塗りつけ、挿入時の留美の顔をまじかで見る為、体を上にずらし、覆いかぶさり、片手でチンポを膣口のあたり保持したまま、
  「留美、いれるよ、しっかり抱きついて、痛いのなら我慢せず痛いといってね、優しくするから」
 といいました、留美は、両手を私の背中に回ししっかり抱きついてきました、その時にタイミングを合わせ、ぐいと挿入していきました、
  「痛いー」
 
という声で、挿入の速度を緩め、ゆっくりと奥の方に押し込んでいき、奥に届いた時、動きをやめ、留美の耳元で
 「好きだよ、愛しているよ」
と囁きを繰り返しました、その囁きにつれ、背中にまわした両手が強くなり、
膣壁が私のチンポを締め付けて来るのを感じました。
 はあ、はあ、はあ、と留美の呼吸がいよいよ早くなり、ゆっくりと、ピストン運動をしていきました。

 留美の膣はきついもので、入っている陰茎全体がキツキツに包まれていまして、特にカリの部分がしっかり膣壁に絡めとられているような感じがし、すぐに逝きそうになりました。
 ピストン運動をやめ、奥のコリコリした処をグイグイと突くようにして射精を延ばそうとしましたが、チンポ全体が強く吸い込まれるように感じ、

 「留美、もう行きそう、行きそう」
 
 というと同時に、射精が始まりました、留美にも射精がわかるのか、背中に回した手がきつくなりました。

 こんなに早く射精してしまうなんて考えてもいなかった事で、妊娠させてしまったかもわからない、など考えながらキスをし、耳もとで、

 「良かったよ、有難う」
 と囁き、用意してあった綿のハンカチを取り出し、ゆっくりとまだ大きいままの、チンポを抜いて、ハンカチを当て、出てきた血の混じった精液をふきました。
 やはり、留美は処女だったのだと確信しました。
 綺麗にふき取った後、自分のチンポも拭き、キスしてやろうと顔を見ると、留美は目にいっぱい涙を溜め、泣いていました。

「ご免ね、処女を奪って、痛かったのかい、それに留美の中へ、だしてしまった」
 と謝ると、留美は横にいる私に抱きついてきて

 「いいえ、私、嬉しかったんです、大好きな社長さんが私を抱いてくれはって、嬉しかったんです」
 
 私は留美を抱きしていました、留美も私に抱きついてきて、自分からキスをしてきました。
  1. 2017/09/24(日) 12:50:33|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第11回 新しい恋 その2

  留美の処女を破り、膣の中に精液を注ぎ込む、中年になった私にとってこれほど、征服欲を満たされるものはありません。
  妊娠が気になったので、留美に聞きますと、もうすぐ月のものが来るそうでだいじょうぶだと解かり安心し、拒否しない留美にもう一度、翌朝にももう一度、留美の中に精液を注ぎこみました。

  昼過ぎに、留美と買い物に三宮に行き、プラダのパンタロンスーツとスカートスーツを買いにいきました、さすが海外もので留美の長身で出るとこが出た立派な体格に会うものがありましたが、値段を見た留美が気の毒がって、遠慮しだしましたので、販売員さんから少し離れ、
  「留美ちゃん、君はもう俺の女だ、3回も君の中に、精液を出し、今君の子宮に向かって、精子が必死に泳いでいるんだよ、その精子の製造元の男が、君に似合う服を買って君に着て貰いたいと云っているんだ、君には拒否権はない」
  と、訳の分からない理屈を笑いながら云うと、顔を赤くした留美が精子云々が聞いたのか、
  「あんな高いお洋服を、私には勿体ないと思います、でも本当は嬉しいんです、社・・・ いえ、隆さんいいんですか」

  「当たり前だ、しかしあの服を脱がすのは、俺だけだぞ」
  と冗談を言い、販売員の処に戻り、
  「それ2着と、何か夏物のワンピースをみつくろって頂けませんか」
  とお願いし、その売り場へと移動し、留美の体格に合うものを選んでくれました、外人なみの体格に会うものはそう多くはなかったのですが、ピンクの花柄の物と、白を基調にした清楚なものを2着選び、試着や少しの直しをしてもらう事で了承し、3日後の受け渡しで、現金で決済しました。

  そのあと、オシャレなハイヒールや靴を買い、元町にある下着の専門店にいき、絹のブラジャー、パンティ、シミーズを買い、中華料理店にいき、美味しい中華を食べ、須磨のマンションに帰りました。
  留美もやはり女性で、美しい服や靴等、身を飾るものも買って、ご機嫌でした。
  その日も、2回留美を抱き満足したのですが、どうも私の方が長持ちしません、すぐにではないのですが、なにか、全体に絡みついて来るような動きと、きつく締め付けて来るような膣に、出し入れを早くすればすぐに射精になってしまう気持ちのいいものでした。
  もしかして、留美もすごい名器の持ち主だろうかと思いましたが、ゆっくり開発していこうと思い、フェラも要求せず、体位も正常位だけで済ませました。

  翌月曜日は私は、仕事ですが、留美は土曜出勤でしたので、この月曜は休みでした、朝起きると、ベッド留美はいなくて、もう起きて、キッチンで朝食の準備をしていました。
  朝食は、スクランブルエッグにカリカリに焼いたベーコン、トマトジュースにフレンチトースト、最後にコーヒーと云う洋風の朝食でした、特にフレンチトーストが美味しく、留美に褒めますと、頭全体を右に左にこくりこくりと動かします、昨日買い物に行ったときにもみせた、嬉しいという時の表現なのでしょう、そのしぐさが、可愛くて、可愛くて、すぐにベッドに押し倒したいぐらいです、
 
  新しい恋です、留美に惹かれてしまっている自分がありました。

  月曜日の忙しい朝を過ごし、昼に、本田専務と鰻の出前を取り、食べながら留美を抱いた事を打ち明けました。
  私の謝罪を聞いた専務は、留美が入社以来私を慕い、専務が、私と妻順子との不仲を留美に話した時、何か決心をしたような留美の表情が怖かったと話してくれ、留美の方から社長に近づいたのでしょうと話してくれ、二人が男女の仲になった事を笑っていました。
  しかし、会社では、その事を他の社員に知られない様に気をつけて欲しいと釘を刺されました。

  定時で須磨のマンションにかえりました、留美が待ってくれており、和食の夕飯が用意されていましたが、化粧をした可愛い顔に少し硬さを感じました。
  風呂に入る前に、食事をしながら、留美と話しあいました。

  留美の話は、叔父の本田専務から、電話があり、社長から話はきいたが、奥さんとの関係がおかしくなっているときに、そんな関係になるのは感心しない、奥さんは美人で明るい性格で、この会社を始める前から知っており、社長を愛しているは本当で、お前が、仲直りの邪魔をしている、また、社長のマンションに泊まっているのは、どう考えても許される事ではない。
  会社が、大きくなっているときに、お前との不倫が他の社員に知られることは、社長に対する信頼が低下することにもなる、その事をよく考えろと云はれたそうです。

  留美は、目にいっぱい涙をため、ポツリポツリと叔父に叱られた事を、話しました。

  「うん、話はわかった、まず俺の話を聞いてくれ、留美とおれとは、20年ほど年が離れている、このままズルズルと関係を続けて行き、留美の大切な青春を、大切な人生を、無駄にしてしまう事を心配している」

  ここまで云うと、留美の表情が変わり、別れを切り出されるのかと思ったのでしょう、顔色が急に蒼くなりました。

  「しかし、俺は、真剣に留美を愛している事に気がついた、自分勝手だとは思うが、留美を離したくない、先の事等考えたくない、愛する留美を離したくない、留美はどう思っているか聞かせて」

  というと、パッと表情が変わり、テーブルのこちら側に移って来、立ったまま、私の頭に手を回し、わんわん泣きながら、激しく、顔じゅうにキスをしてきました。

 こんなに激しく感情を激発する女だとは思っていなかった私は思わず立ち上がり、留美を抱きしめ耳もとで、  

  「好きだ、好きだ、愛してる」

  と囁きました。留美は泣きながら、

  「うれしい、愛してます隆さん、好き好き」

  夕食をそのままにし、風呂場に行き、留美が沸かしていた風呂にはいりました、留美のオメコに石鹸をつけ、シャワーで洗い流し、自分の勃起したチンポを洗おうとしていると、留美の手が伸びてき、優しく洗ってくれました、洗いながら、

  「私、奥様に挑戦します、勝てるとは思っていませんが、奥様の次に私が来るように頑張ります、Hは何も知りませんが、隆さんに喜んで頂ける事なら、どんな事でもします、教えてください」
  といいながら、私のチンポに口をつけ、ほおばる様に口の中に入れました、それは、フェラのテクニックは全くありませんが、一生懸命、男を喜ばそうとする熱意のこもったもので、 
「留美、気持ちいい、気持ちいいよ」

 と云いますと、チンポを喰えたまま、上目ずかいに私の顔をみ、嬉しそうに目が笑っていました。

 風呂から上がり、ベッドでキス、オッパイしゃぶり、クンニと、もてるテクニックで攻めますと、クンニでクリ舐めあたりから、感じだしたのか、
 「ハーハー、フーン、フーン、ハーハー」
 感じだしたので、初めて指を入れGスポットあたりをこすり、膣壁の横、下もこすりました、留美の膣壁は皺だらけで指で押してみますと、分厚い感じのするもので、これが、入れたチンポに絡みつき、絞めつけて来るものだと解かりました。妻の順子とは、タイプの違う名器です。
  チンポをゆっくりゆっくり、入れていきますと、
 「ハーン」と声を出しましたが、やはり痛いのか、眉をしかめるようにしていましたが、今日は痛いと云いませんでしたし、感じだしているようでした。
 ピストン運動に移りますと、やはり長持ちはしません、今回は、無理に辛抱せず、奥に思い切り、精液をぶちまけました。
  1. 2017/09/24(日) 12:53:05|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第12回 行動開始 その1

  食事の途中から、はじめ、終わってからまた食事に戻るという、若い時にもした事のないセックスに満足し、留美といろいろ話し合いました、
  その内容は、

1、 時間はかかるかも知れないが、妻とは離婚したい
2、 留美さえよければ、結婚して欲しい、子供も欲しい
3、 会社で噂になろうとかまわない、会社より留美の方が大切
4、 離婚に差し支えるかもしれないが、留美とこのマンションで一緒に暮らしたい

  と話しますと、最初は驚いた表情をし、次に顔を赤くし全身で喜びを表し、次に、ワアワアと泣き出し
「うれしいー、隆さんが好き、愛してる、いい奥さんになるよう頑張ります」

  と云ってくれました。

  その後、ベッドで、今日も2発目のHをしました、2発目でようやくピストン運動をゆっくりですが、継続できるようになり初めて心ゆくまで留美のオメコを楽しむことができ、寝もの語りというのでしょうか、遅くまで語り合いました。
  どんどん留美に惹かれていく自分を感じ、この女から離れられないと思いました。

  翌朝、留美のやらかい唇で目が覚めました、時計を見ると、7時で、昨日も2発出しているのに、朝立ちがあり、はじめて、留美を朝抱けると思い強く抱きしめ、留美の手を大きくなったものに持っていきましたが、
「ご免なさい、今日朝から、アレになっちゃって」
 
  と恥ずかしそうに云いました、そしてシーツを少し汚したそうで、早く洗濯したいので、起きて欲しいとの事でした、朝のHは出来ないと諦めました、シーツを汚した事を謝り続ける留美にそんな事で謝らなくていいと、優しく言いました。少し早い目に、マンションをで、留美をアパートに送り、会社にいきました。
  昼に、本田専務を誘い、蕎麦屋にいき、妻とは離婚しようと思っている事、留美とは、年が離れているが結婚したい、会社でどのように噂されても、留美と暮らす、会社より留美の方が大事と思っている等留美の叔父に話ました。
  専務は改まった口調で、

 「社長、お話はわかりました、姪の留美が社長に恋をしてしまい、あの大人しい子が積極的に行動するとは、私も驚いていました、社長のお気持ちをお聞きして、私からお話することはありません、留美は早くに父親を亡くし、母が再婚して寂しかったのだと思います、留美のこと宜しくお願いします」

と丁寧に頭を下げられました。
 
 火曜日に、有田のミカン農家の主婦から電話があり、昼過ぎに大阪に行くのでお会いしたとの電話がありました。
 このミカン農家は先週も仕入れをさせて欲しいとお願いに行った先で、有田のミカン農家の中でも特別のおいしいミカンを作る農家で、特別の先にしか卸していない、生産量は、少ないですが別格の農家です。

  その農家の主婦、山脇美奈さんを連絡のあった列車の到着する、天王寺駅のホームにお迎えにいきました。
  列車から降りてきた美奈さんは、農家でお会いしていた姿と違い、白いワンピースを着て、化粧をした、魅力的なアラフォーの姿で列車から降りてきました。
  ホームにまで出迎えに来ていた私を見つけ、はにかんだような,うれしそうな笑顔を私に向け、

 「駅までおいでいただいて、有難うございます、お忙しいのに恐縮です」
 と紀州弁ではなく、少しイントネーションに関西の訛りがある、標準語で挨拶をしてきます。

 「いやー、美奈さんから電話をいただいて、うれしくて早くからこのホームでお待ちしていました、何かご相談があるようで、私にできることならなんでもお役に立ちたいと思います、時間も時間ですから、食事でもしながらお話をお聞きしたいと思いますが、いかがですか」

 といい、美奈さんの持っている、かなり大型のボストンバッグを持ち、近くの
ハルカスに案内しました。
 こんな時は、強引にこちらのペースに乗せてしまうのが、私の営業経験から
得たテクニックで、美奈さんをハルカスの最上階にあるフレンチレストランに
案内しました。

 美奈さんに、ステーキを中心としたコースを進めますと、嬉しそうにお任せ
しますといいますので、赤のハウスワインを一杯オーダーしておきました。

 美奈さんを、憧れと親しさのこもった目付きで見ていますと、それが解るの
か、打ち解けた表情に変わり、ワインをちびりちびりと飲みながら、話し出し
ました。

 それは、ミカン農家の本家から、10歳も年下の婿を押し付けてきたこと、
その本家の男は少し知恵遅れの男で、美奈さんの家の、特別にいいミカンを産
出する山を狙っていることが明白で、出荷の面倒を見ていることから圧力をか
けてきていることを話しました。

 そこで私は、当社が美奈さんの生産するミカンをすべて引き取りたいと申し
出、価格も現在の価格より高く買えることなどを話しますと、安心したように
 「お願いします、助かります」
 と喜んでくれました。

 契約の詰めに、契約書のひな型ができ次第お伺いし、前渡金などの詳細を詰
めたいと話しました。
 美奈さんの予定を聞きますと、ミカンの卸先を探しに来たので、もう用事は
終わりましたとのことで、はにかむように、少し媚びるように、
 「今夜は、本当に大阪を楽しみたいのですが、もしよろしければ、案内していただけませんか」
 と言ってきましたので、日焼けはしていますが、健康そうな、アラフォーを
抱けるかもしれないと思い、
 「美奈さんが今夜泊まるホテルを予約されていないなら、このハルカスのホテルを、当社の接待で予約しますので、少し休んでいてください、私は、いったん会社に帰り、さっき言った、契約関係の指示をし、6時頃に戻ってきて、美奈さんを大阪見物にご案内します」
 といいますと、
 「何から何までお世話になり、有難うございます、楽しみにお待ちしております」
 といいますので、ホテルのロビーに行き、今夜の宿泊のチェックインをし、
私は会社に帰り、本田専務に今日の話をし、契約の詳細を詰めてもらうこと
にし、留美を呼び出し、この週は、妻との離婚に向かって話を進めたいので
留美ちゃんはアパートにいて欲しいと話しました。

 留美ちゃんは、何の疑いもなく、
 
 「はい、社長さんが、また須磨のマンションに呼んでくださるのを、お待  
  ちしています」
 といいます、私は、そっと小さい声で、
 「言いにくいんだが、留美ちゃんにはまだ妊娠してもらいたくないので、この間にピルを手に入れて飲みだして欲しい」
 といいますと、顔を赤くして、恥ずかしそうに、小さい声で、
 「ハーイ」と答えてくれました。

 妻のことを、倫理観がないの、罪悪感がないのと非難できません、昔の人
妻の彼女を抱き、処女の部下を抱き、今また、健康そうな取引先の女をもの
にしようとしている私に倫理観も罪悪感もありません、妻を非難できるもの
ではありません。
 私は、ただの助平男なのでしょう。

 6時ちょっと前に、ハルカスにつき、美奈さんにスマホから電話入れ、ホ
テルのロビーで待っていますと、きれいに化粧した美奈さんが現れました、
服装も着替えたのか、花柄のピンクのブラウスに白いスカートは丈が少々短
いミニスカートで髪はアップにしていましたし、首に巻いた白いスカーフが
よく似合っていました。
 その服装に驚いていると、
 「御免なさい、おばさんがこんな格好をして、驚かれたでしょう、一度でいいから若い女性の服を着てみたかったのです」
 と照れたように笑顔を見せます。

 「いやー、驚きました、綺麗です、どう見てもアラサーにしか見えません、美奈さん大阪見物というよりは、今夜は私とデートしていただけませんか」

 と、持ち上げますと、嬉しそうに、
 「うれしいです、渡辺さんとデートなんて」
 
 ホテルのロビーを出るときに、並んだ美奈さんに右腕をまげて腕組を無言
で促しますと、そっと腕を組んできました。
 車で北新地の高級寿司屋にいき、美味しい寿司を食べ、酒好きの美奈さん
に日本酒を飲んでもらいました。
 食事の最中も盛んに美奈さんを持ち上げ、こんな美人でお色気のある人を、
男がほっておくわけがない、本当にもてるんでしょう、とか格好のいい唇を
見ると、その唇に思いっきりキスしてみたいとか、耳元でささやき続けてい
ますと、お酒のせいもあるのでしょうが、アラフォーの女性が頬をぽっと赤
くし、まんざらでもないような表情に変わってきました。

 寿司屋を出て、車に乗せていきなり近くのラブホに連れ込みました。
 ラブホなど、経験がないのでしょう、部屋に入るまで硬くなっていました
が、部屋に入るなり、抱きしめキスをしますと、私の背中に腕を回し抱きつ
いてきます。
 少し開いた口から、舌を差し入れ、ディープキスをしだしますと、興奮で
呼吸が荒くなっていくのが解り、ベッドに連れていき、耳や首筋をなめなが
ら、服を脱がしていきました。

 留美の時にも、服を脱がすことに興奮しましたが、アラホーの美奈さんの
服を一枚一枚脱がしていくのも新たな興奮で、オッパイも服の上から見たよ
り、大きく、綺麗で、何より顔は日焼けしていますが、その体の白さは見た
ことのないもので、乳首はピンク色で出産経験があるとは思えないのもでし
た。

 スカート、パンストを脱がし、パンティを脱がすとき、腰を浮かし協力し
てくれました、美奈さんのオメコを見ると、陰毛のない、パイパンで本当に
きれいなものでした、私にとって天然のパイパンは初めて見るもので、その
つるっとしたオメコに興奮しましたし、小陰唇も出ていなくて、変色のして
いない綺麗なものでした。

 急いで自分のネクタイ、Yシャツ、肌着を脱ぎ、ズボン、パンツを取り、
勃起したチンポを美奈さんに見せつけたいとおもいましたが、両手で顔を覆
い、手の平で声が出ないように口を押えていました、しかし感度がいいのか、
禁欲生活が長いからなのかはわかりませんが、息を荒くして、感じているこ
とは確かでした。
「美奈さん、ここはラブホテルで、みんなセックスをするために来るところ
 で、恥ずかしがらないで、大きな声を出してもいいんですよ」
といいますと、恥ずかしそうにしながらも、手を外し目を開け、私のチンポ
を見て、
「すごいー、おおきいー」
といいます。
私は、オッパイを舐め、乳首に吸い付きますと、「ヒー」とよがり声をあげ
だし呼吸がますます荒くなっていきます。
 
 次に、クンニをするために体を下にずらし、両手でオメコを広げ、クリト
リスに吸い付きますと、「ヒーヒーヒー」と一層よがり声が大きくなってい
きます、クリ責めから膣の中に舌を入れたり、尿道付近を舌でつついたり、
またクリを舐めたりのクンニを続けますと、美奈さんの愛液出だしお尻の穴
のほうまで垂れだしました。

 美奈さんの両足を広げ、勃起したチンポを右手でオメコの入り口を上下
こすり、愛液を充分チンポにつけ、膣口に押し付け、グイっと挿入しました、
 「ヒイイイー」と大きな声を上げ、チンポが入っていくのを歓迎するよう
な嬌声を上げます。
 膣は緩くはないですが、妻や留美と違い、そう締め付けてくような感覚が
なく、出し入れのストロークをだんだん早くしていけ、永く出し入れができ
ます、これもまたいいもので、ブチュブチュという卑猥な音と、ヒーヒーと
いうよがり声を聞きながら、美奈さんを高みに追いこんで行きます。

 よがり声が、ヒーヒーからもっと高音になり、キーキーという声に変わっ
てき、アクメを迎えたのでしょう、
 「グエーーーー」をいう声とともに、オメコがギュッと締まります、私の
ほうもこのアクメに少し遅れて射精しました、美奈さんの痙攣は長く、私の
射精が終わってもまだピクピクと締め付けが続いていました。
 美奈さんは、私の下でさも満足したような顔つきをしていました。

 そのあと、一緒に風呂に入り、美奈さんのオメコを丁寧に洗っていますと、
美奈さんは、また大きくなった私のチンポをさもいとおしいというようなし
ぐさで洗ってくれました。

 風呂から上がり、ベッドで2回戦を始めました、美奈さんはフェラをして
くれましたが、本人の言うとうりテクニックのないものでしたが、真剣に男
を喜ばそうと熱心にしてくれました、二回目にも関わらず、大きな嬌声を上
げ、アクメも正常位で2回いき、バックからで3回いきました。

 12時過ぎに、ハルカスのホテルに美奈さんを送り、次に逢う日の約束を
し、私は、須磨のマンションにかえりました。

  1. 2017/09/24(日) 12:56:16|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 第13回 行動開始 その2

  須磨のマンションに帰りついたのが、1時をすぎていましたが、久し振りに
 抜き差しの激しいセックスに満足していましたし、大きな声で嬌声を発する美奈さんをいかし、そのタイミングで射精できたことにも、満足していました。

  スマホをマナーモードにしていましたので、気が付きませんでしたが、妻からのメールが2通、留美からのメールが5通、農協時代の愛人敏江さんから1通、北海道の娘幸恵から1通がはいっていました。

  まず、娘からのメールを開きました、
  「パパ、お元気ですか、サッチャン(娘は自分のことをこう云う)も元気に学校に通っています、パパが仕送りを増やしてくれたおかげで、バイトもせず、少し贅沢に生活しています、パパ本当に有難う。
    それから、ママからメールがあり、M市の家に買い手が付いたようで売って、サッチャンが獣医を開業するときの資金にしたいとのことで、相談をうけました。
    いつもサッチャンのことを考えてくれるパパに感謝します、ママは少し渋っているようですが、パパの考えているようにしてください。
    それから、ママが 水商売に出だしたようですが、ママは以前から、
   不潔なことをする人で、パパの良い奥さんではありませんので、ママとの仲が、どうなろうと、サッチャンはパパの味方です。
    これだけは、忘れないでください。

    最後に、サッチャンはこの頃、やたらと男の人に、もてだしましたが、まだ本当に好きな人はいません。
    夏休みは、海の見える神戸のマンションに帰れるのを楽しみにしています」

  とあり、幼いと思っていた娘が大人に脱皮していくのが解り、何か寂しいよ
うな、安心したような、妙な気分でした、また、娘も妻順子の不倫を知って
いたようですが、あまり娘の心に傷を残していないようで、安心しました。

次に、敏江さんのメールを開きました。

 「隆さんから依頼されてました件、判明しました、お預かりしたお金を使  
  い証拠も手にいれました、また、順子の最近の不倫についても、その詳
  細と証言、証拠も入手しました。
   ご都合の良いときにお会いしたいと思いますので、ご連絡ください」

 とありました。

 次に、妻からのメールを開いてみますと、

 「スナックで、営業中のお客さんとのやり取りを聞かれ、あなたに不愉快 
  な目に合わせてしまい、ごめんなさい。
   あのお客さんは、お店の大事なお客で、ママからも大事な客だから、出来るだけのサービスをしてあげてねときつく言われていましたので、軽くキスをしてしまいました、反省しています、でもあなたを裏切るようなことは、一切していません、信じてください、私はあなたの妻で、幸恵の母です、あなたや幸恵に顔向けのできないことは、本当にしていません。
    ママに、大事な夫に誤解されてしまい、このままでは、離婚されてしまうとお話し、スナックをやめさせてくださいとお願いしました。
    帰ってきて下さい、誤解を解きたいと思います、お願いします」

 とあり、この前の不始末を見られたことを誤魔化そうとしていることは明
白で、スナックをやめるのにママにお願いなどというところも、おかし
なことで、やめるならきっぱりやめるといえばいいもので、ママにお願い
などということは、何かあるとしか思えません。

 もう一通のメールを見ますと、
  「家の件ですが、幸恵とも話ました、私にとって本当に寂しいことですが、将来のことを考えると、あなたの言うとうりだと思いますので、私の住むところなど、あなたがお帰りとき相談させてください」

 とあり、内心は、須磨に来るつもりがなく、M市にいて、スナックの勤
 めを続けたいと思う考えが透けて見えます。

 やはり、 妻順子とは、やっていけません、留美とも約束したように、
妻との離婚を決心しました。

 最後に留美からのメールを順番に開いていきました、この留美からの
メールは、私に対する愛を伝えるもので、本当に私に尽くしたいという
心からの訴えでした。
 ただ、産婦人科に行き、ピルを処方してもらったことが唯一の連絡事
項でした。

 敏江さんにメールしました、
 「頑張って調べてくれたようで、有難う、出来るだけ早くお会いして、話を聞かせて欲しいと思っています。敏江さんの都合の良いときでいいですから、連絡ください。
  それから、お尻ぺちぺちを楽しみにしています」

 妻順子には、
 「今度の土曜日には、土地、家の売却の話の為、そちらに帰ります、
  私たちの今後についても、話し合いたいと思いますので時間を取ってください」
 とメールしておきました。

 夜中の2時過ぎでしたが、敏江さんから返信のメールが入りました。

 「明日、いえ正確には、今日になるのですが、午後6時に、この前にお会いした喫茶店でお待ちしております、ペチペチも楽しみしております」
 と入っていました。
  翌日の水曜日、少しばかり、寝不足でしたが、会社に定時に出勤し、溜まっている決済事項をこなし、本田専務と山脇農園からのミカンの全量仕入れについて打ち合わせをし、昼に留美さんを近所のソバ屋に連れ出しお昼を一緒に食べました。
  留美さんは、他の社員の目があるので緊張の様子でしたが、
  「留美ちゃん、結婚するのだから、気にしない、気にしない」
  と、言いますと、はにかみながら、嬉しそうな笑顔で、そばを食べていました、昨晩抱いた美奈さんと違い、やはり二十歳そこそこの若さにはち切れそうな肢体には引き付けられます。
  「留美ちゃん、綺麗だよ、愛してる、それから、妻との離婚に向けて、今日から動き出す、娘の幸恵には、了解を取った、時間が掛ると思うが、待っていて欲しい」
  と留美ちゃんの目を見ながら話しますと、頬をポッと赤くしながら、嬉しそ
うに頷いていました、やはり可愛いものです。

 昼からは、市役所にいき住所移転の確認のため、住民票を取り、離婚届の用  
紙を、書き損じがあった時の為に2通もらい、須磨のマンションに戻り、夜の 
為、昼寝をしました。

 約束の6時に、その喫茶店に行きますと、驚いたことに、敏江さんだけでな
く、二人の同年配の男女がまっていました。
 男性は、敏江さんの夫で田中一夫、もう一人の女の人は、松本明美という人でした。
 敏江さんが、
 「驚かせたようですね、ごめんなさい、この二人がどうしても、隆さんにお会いしたいというものですから連れてきました」
 といいますので、これはどうも込み入った話になりそうなので、
 「ここで話もなんですから、みなさんが宜しければ、鰻の加納屋に行って、
  お話を聞かせていただくというのはどうでしょう」
 といいますと、敏江さんが、
 「いいですね、あなたも、明美もいいでしょう」
 といいますので、私の車で、そんなに離れていない加納屋に向かいました。

 車の中で、助手席に座った敏江さんが、二人のことを説明してくれました。

 この3人と妻順子は、中学と高校の同級生で明美さんの亭主の松本良助も
同級生で、この松本良助が永年の妻順子の浮気相手で、スナック敬子のまま敬 
子は、この明美の叔母だそうで、敏江さんの亭主は、この松本良助の親友だそうで、私が、この敏江さんと不倫関係にあるという、複雑な関係です。
 しかし、私が不倫関係のある女性の亭主と会うというのも初めてで、どのように応対すればよいのか分かりません。

 加納屋につき、奥の小部屋に案内され、席順で戸惑いました、私が誘ったので,敏江の亭主と明美さんを奥の上席、私と敏江さんが、入り口側の下席に着きましたが、あまりそのようなことに無関心のようで、何も云はず、席に着いてくれました、しかしどのように話を持っていくのか、迷っていますと、敏江さんから、
 「明美、亭主の良介と順子とあんたのことから話しなさい」
 と、話しの口火をきってくれました。
 明美さんが、お茶を飲みながらポツリポツリと話し始めました、加納屋の女将が注文を聞きに来たときは、話しを中断し、中学の2年の時からの、なれそめを話し続けましたが、気の短い私には、もっと手短に、要点をまとめて、といいたいほど要領の得ない話でしたが、イラつく私を見て、敏江さんがきつい目で私を見ますので辛抱して聞いていました。
 明美さんの話の途中で料理が来ました、その間は明美さんはだまりましたが、 
私が気になったのは、敏江さんの亭主の態度で、どうも私に怯えているようで、ちらちらこちらを見るのですが、どうも女房を寝取られた男が、間男に怒っている態度ではありません。

 鰻の、かば焼きと櫃まぶしを食べ、注がれた日本酒を少しずつ飲みながら、明美さんの長い話が終わりに近づいてきました。
 最後に、3年前の興信所の調査書と今年の調査書をだし、
 「私は、主人を愛しています、何度、裏切られても嫌いになれず、主人を取り戻したいと思うばかりで、この書類も主人に見せていません。
  順子さんを昔から愛し続ける主人ですが、順子さんのご主人にお願いです、
個性証書  順子さんと主人の中を割いていただけませんか、お願いします、普段は3人の子供のいい父親で、私にも優しい人ですが、順子さんのことになると、隠すこともなく、会いに行きます、何とかしてください、お願いします」

 と涙を流しながら、私に訴えます。
 
 私は、15年ほど前から始まったと、明美さんの話をもっと詳しく聞きたい
のですが、あまり知らないようなので、敏江さんに、
 「順子とその松本さんの最初の不倫は15年ほど前のことだそうですが、このあたりの調査はどうなんでしょう」

 聞きますと、
「それにつきましては、主人が調べてくれましたので、明美さんのことが終わればお話しします、先に順子と良介を切り離す方法について、隆さんのお考えを聞かせてください」
といいますので、
「それについては、私も順子と離婚しようとしているところなので、有効かどうかは分かりませんが、その明美さんの持っている、探偵の資料で、私と順子の離婚の原因が良介さんにあるので、弁護士に頼み、慰謝料の請求、二人の接見禁止、を公正証書にして、やぶった場合即座に慰謝料の増額、と不倫の公表という風にしたらどうでしょう」

 明美さんの顔色がぱっと明るなり、
「そうお願いできますか、慰謝料は私が立て替えてお支払いします、主人の教師としての資格がなくなることには、恐れるでしょうから、順子さんとは会はないようにするでしょう、私は主人に尽くし、私と子供たちのところへ、心から戻ってくるように努力します」

「慰謝料は、私はいりません、形として受けとったものは、そのまま明美さんにお返ししますので、弁護士費用と調査費用に充当してください」
 
といい、明美さんの持っている調査書を預かりました。
敏江さんに、農協でお世話になってる、弁護士明石さんがまだお元気かと聞
きますと、まだお元気にやっておられますとのことで、明日にでもお電話し
て、お願いしてみますといいますと、明美さんが嬉しそうにしていました。

 敏江さんが、
 「次に、15年前の件ですが、うちの亭主があの時分の悪仲間を使い調べたのですが、わかりましたので報告させます」
 といい、おどおどしていた敏江さんのご主人が、8ミリビデオテープを2
本取り出し、話し出しました。

「要約して申し上げますと、社長さんの奥さんは、同窓会が有馬温泉で開かれたとき、高校時代の同級生8人に酒を飲まされ強姦されたようです、
 その時、松本良介も参加していたようで、当時の一番の悪であった、竹田義男がとったのが、この8ミリビデオです。
  その後、このビデオで奥様順子さんを脅してまた関係を持とうとしたようですが、警察に訴えると云はれ、あきらめたようです。
  その後、竹田は親の商売を継ぎ、真面目になったので、そのことを忘れていたのですが、松本良介ともう一人の藤井健太郎という男は、順子さんを忘れられず、たびたび口説いていたようで、竹田のいうことで、本当かどうかは分かりませんが、2人とも順子さんと出来たようだといっていました。
  それから、性病の件ですが、確かに竹田はその時分、クラミジアを風俗でもらい、病院で治療したことがあるそうです。
  15年も前のことで時効だとは思いましたので、お詫びの印として、その時のビデオテープを出させました」

 「田中さん、あなたはそのテープをご覧になりましたか」

 「いいえ、見ておりません、正直に言いますと見たい気持ちはありましたが見るためには、テープデッキというものがいるそうで、それがないので見られませんでした」

 「それと松本さん、慰謝料の請求は、そのこと知ってから3年が時効で、正確には、今日から3年以内なら、請求できます、それにすべての訴訟などの権利が消滅するのは、20年であと5年は訴訟もできます」
 
 といいますと、田中さんは、正座し、
 「敏江さんに、そのこと聞きまして、叱られました、勝手なことをし、申し訳ありません、私のことは、どうなっても構いません、慰謝料の請求なり、裁判なりなんでもしてください」

 と言って、土下座したまま頭を下げます。

 「田中さん、頭を上げてください、正直に申し上げますと、私は、事実が知りたかっただけで、裁判も慰謝料の請求もしたいとは思っていません、気にしないでください」

 といいますと、敏江さんが、
 「ね、言ったとうりでしょう、部長いえ渡辺社長は正直に謝れば許して下さるといったでしょう」
 と亭主に、自慢げに言います、この人のいい敏江さんの亭主に、私があ
なたの奥さんの間男ですとは口が裂けも言えないなーと思い、これからは、
敏江さんとのお尻ペチペチもやめようと思いました。

 明美さんが、もじもじしていましたので、
 「明美さん、心配しないでください、あなたのご主人に、このことを脅しとして使うかもしれませんが、裁判なんかには持っていきませんから大丈夫です、明美さんのご主人と順子が二度と付き合わないように
  するためです」

 といいますと、
 「有難うございます、有難うございます」
 といい、涙を流して 喜んでいます、ここにも、いい人がいました、い
いい人でないのは、私一人でしょう、本当に人間とは、捨てたものではない  
と実感しました。
 食事が終わり、敏江さんが紙包みを取り出し、
 「これお預かりしていたものですが、使いませんでしたので、お返ししま  
  す」
 といってきましたが、
 「いや、敏江さんとご主人にお世話になりました、お二人へのお礼と思っ   
  て、ご自由にお使いください」

 といい、ここの勘定に立ちました。



  1. 2017/09/25(月) 19:00:36|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名器 最終回 行動開始 その3

  翌日は寝不足もなく、会社に出勤し、午前中は真面目に仕事をして、昼は留美ちゃんと、近所のうどん屋に出かけ、やはり、可愛いなーと見とれていました。
  留美ちゃんが、綺麗な形をした唇の中に、うどんを5~6本すするのを見て、この口の中に勃起したものを入れ、射精したら留美ちゃんはどうするだろうと、よからぬことを考えていますと、チンポが大きくなってきました。
  「社長、どうなさったのですか、さっきからじっと私を見てられますが」

  「御免、留美ちゃんの唇がきれいで、よからぬことを考えていた」
 といいますと、
  「よからぬことって、なんですか」
 顔を近づけ、そっと耳元で、
  「フェラチオ」
 といいますと、留美ちゃんは途端に、顔を赤くしうつむいてしまいました。

  昼からは行動に移り、離婚届けの記入、M市の農協時代お世話になった弁護士明石さんに電話、午後4時に先生の事務所で会っていただくことになり、明美さんから預かった書類のコピーを取り、実物は、持っていくことにしました、それに着手金として、100万円を私の普通口座から引き出し持っていけるようにしました。
  会社の金庫から、M市の家と土地の書類を取り出し、明石弁護士に売却の手続きをお願いしようと準備しました。 

  4時前にM市の明石弁護士の事務所につき、会社で用意した、果物籠と、必要書類すべてを入れたカバンを持って事務所にはいっていきました。
  以前、農協時代に何度か農転(農地の転用)の件で訪れた事務所に、少し皺の増えた明石弁護士が温かく出迎えてくれました、以前いた女性の事務員さんはいず、40前後の知的な感じの女性がお茶を出してくれました。

  先生とご無沙汰のご挨拶も、そこそこに、要件を切り出そうとしますと、
 「農協の田中敏江さんから、電話をもらい、大体のご依頼事項はわかりましたが、出来ないことは  ないのですが、離婚関係を多く手掛けてきたベテランの弁護士である娘と今、一緒にやっていま  すので、それでよろしければ、お話をお聞きしたいと思います」
といはれ、先ほどお茶を出していただいた、女性を紹介されました。

   「先生、離婚と慰謝料の請求の件もそうですが、もう一件、私の家と土地   
    の売却についても、先生にお願いしたいと思ってまいりました」

   「あの大手スーパーが、新しい形態の店を、この地にオープンしたいと土地を探していると聞    きましたが、その件ですか」

   と聞いてきましたので、詳細をお話しし、書類をお見せしました。
   明石先生は、
   「こういう案件は近頃めっきり減り、小さい土地の相続のもつれなどで娘の京子の専門の離婚    や不倫の仕事の手伝いをしている状態です、久しぶりの私の専門の仕事ですので、頑張りた    いと思います」
   といい、書類を見出しました。
   明石京子さんという、女の弁護士さんは、
  
   「私でよかったら、まずお話をお聞きしましょうか」
   と、私に聞いてきます、理知的な面立ちの、色気があるとは、言えない顔付きですが、何か信頼のおけるような威厳が感じられる女性です。

 私は、妻とのなれそめから、不信感を持つようになった出来事、妻の水商  
売に行きだしたことなど、を簡単にお話しし、スナックでの妻の接客態度を見たことから、妻と同期の農協時代の部下の女性に妻の調査を依頼したことや、昨日の、妻の浮気相手の奥さんの話、農協時代の部下のご主人の話などをし、取っていたボイスレコーダーの記録、浮気相手の奥さんの依頼していた、興信所の調査書、元部下のご主人から預かった8ミリビデオ、などを渡しました。それに、今週から、依頼した興信所の話をしました。

 メモをとりながら、聞いていた京子さんは、
 「さすが、伝説の農協部長さんですね、田中敏江さんから今日お話しのあらましはお聞きしました  が、よく纏まっていますね、証拠も十分で、離婚、とその不倫相手への慰謝料請求と接見禁止な  どの処置をとるのは、十分可能だと思います」
 
 「先生に依頼したいのですが、引き受けてくださいますか」

 「はい、喜んで、それから。その興信所の報告書が届けば、それを補強資料として使わせてくださ  い、このような案件では、スーピードが必要でこじれてしまう前に一気呵成にやりましょう」

 という心強い宣言をお聞きしし、依頼の着手金として持ってきた100万を渡し、契約をお願いしました、
 「契約の着手金は50万円であとは預り金としてお預かりします」
 といい、明日にでも契約証を郵送でお送りしますと云はれました、
 「次に、お願いしたいのは、相手方からの連絡事項はすべて私に知らせていただき、返事もすべて  私に相談してからにしてください、それと早急に解決するために相手がた、奥様も含め、お会い  になるときは、私を同席させてください、つまり、もう夫婦は絶縁の状態にあるようにしてくだ  さい、この件は了承していただけますか」

 「はい、わかりました、それに、明後日の土曜日に、妻と会い、離婚の話をするという約束をして  いますが、それはどうしましょう」
 と相談しますと、
 「その日は、私もご一緒させていただき、私からお話しをし、追い込んでいきたいと思います、こ  のような場合、情の絡むご主人からの話より、冷たく法律の話のほうが、相手の心を折るのに適  していると思います」

 なかなか、やり手の弁護士さんです、妻には。少しかわいそうな仕打ちかなと思いましたが、留美さんと一緒になるには、仕方ないかーと自分自身を納得させました。

 土曜日の4時ごろにここに訪れ、妻と会う目に打ち合わせを行いそれから、この事務所に妻順子と順子の両親を呼ぶことにしました、

 明石先生は、書類の預かり証を作成していたのでしょう、印鑑を押して渡されました、
 「ざっと見たところ、売買に支障のあるものは、見つかりません、あとは、こじれず、奥さんが当  該物件から立ち退いていただくことでしょう、あの大手スーパーの顧問弁護士とは検事時代から  の付き合いで、
  値段の交渉さえうまくいけば法律的には問題なく行けると思います」
 
 「先生、それでは、売却の法律手続きの顧問契約をしていただけますか、着手金は、土曜日にお持  ちします」

 といい、弁護士事務所を後にし、マンションに帰りました。
 
 翌金曜日は、朝から、山脇農園との契約を詰め、新たに、塩干物の仕入れ販売の計画を討議したり仕事に忙しく、昼に留美さんが捜してきた、トンカツ屋に一緒にいきました、トンカツ定食を食べながら、昨日の弁護士親子に依頼した、家の売却の件、離婚と不倫相手に慰謝料請求の件など、敏江さんとの浮気がばれないようにその件は隠して、話しました。
 
留美さんは、着々と、離婚が進むのを聞いていましたが、嬉しそうな顔はせず、むしろ苦痛そうでしたので、きいてみました。

「留美ちゃん、離婚を進めていくのが、嬉しくないの、俺と結婚したくないの」
といいますと、

「いいえ、本当は嬉しいんです、でも、喜んではいけないと思う心もあるんです、私が社長さん、い え、隆さんを好きになって、奥様から隆さんを奪う行動に出てしまい、奥様を苦しめてしまうこと になり、そのことが心苦しいんです、本当は、喜んではいけないのに、嬉しいんです、私は、悪い 女です」

 ここにも、いい人がいました。

 「離婚は、俺の問題だ、留美ちゃんを愛してしまい、自分のものにしたいから、離婚するので、留  美ちゃんが悪いんじゃない」
 留美ちゃんは、目から大粒の涙をながしながら、

 「でも、隆さんが好きなんです、どうしようもないほど好きなんです、愛しています、私は悪い女  です、でもでも、私を愛して欲しいんです」
 
 それ以上は言えないほど、感情が高ぶったのでしょう、必死に大声で泣き出すのをこらえているようです、私は、ポケットから、あまり清潔といえないハンカチを取り出し、留美ちゃんの涙をそっと拭いてあげました。

 お昼を食べに来ていた、サラリーマン風の客が、興味深々という態度で私たちのほうを見ていました。

 私は、考えていたセリフをこの時とばかりにいいました、
「留美、 黙って俺についてこい」
言い古された、クサイセリフですが、留美ちゃんの心に響いたのでしょう、ビクっとした留美ちゃんが、泣きながら、嬉しそうな顔になり、泣き笑いという顔を初めて見ました。
 私はその顔見て、(やはりこの女が好きだと思い)、激しく欲情が起こってくるのを感じました。

昼から、銀行に行き、明石先生の着手金として100万円をだしておきま
した。

   あのセリフ依頼、すっかり落ち着いた留美ちゃんにメールを出しておきました、

 (明日、夕方から弁護士と一緒に離婚の話し合いをします、一回で済むとは思えませんが、その内  容を留美ちゃんに聞いて欲しいので、夜にマンションに来てください、カギは玄関マットの下に  隠しておきます、この鍵は、留美ちゃんのカギにしてください)
  
 夜は、マンションに帰り、明日の話し合いの準備をし、明日忘れて出かけてしまうといけないと思い、予備のカギを玄関マットに隠し、カップラーメンを食べて寝ました。

 よく土曜日は、おなかが空いて何か食べ物のいい匂いを感じ目が覚めました、枕元の目覚まし時計を見ると、お昼の12時を少し回っていました。
 いい匂いは、夢でなく、ブルーマウンテンコーヒーのいい匂いがしていました、留美ちゃんが、はにかむような笑いを浮かべながら寝室にはいってきました、

 「おはよう御座います、夜に来てくれとメールいただきましたが、辛抱しきれず先ほど来てしまい  ました、ごめんなさい」

  と、綺麗に化粧を市し、髪をアップに結い、私と買いに行ったプラダの黒のスカートスーツに、白い絹のブラウスを着ていました。
 近づくと、香水のいい香りがします、寝ている私の頬っぺたに、チュッと軽いキスをしてくれました。
 
 朝立ちの上、香水の香りと留美ちゃんのチューで ますます勃起がおさまりません、朝立は性欲とは違う要因で起こるものらしいですが、その朝立ちに性欲が加わり。痛いほど勃起します。
 留美ちゃんが、月のものでなければ、すぐにでも押し倒すのですが、勃起を隠し、起き上がり、

 「おはよう、綺麗なご婦人のチューで目覚めなど、最高の気分です」
 といい、トイレに行き、洗面所で歯磨きと顔をあらいました。

 留美ちゃんは、タオルを出したり、なにくれとなく世話をしてくれます。
  
 コーヒーとフレンチトーストの美味しい朝食を食べ終わるころになって勃起がおさまりました。
   
 「やはり、スタイルのいい留美ちゃんにプラダはよく似合うね、綺麗だよ」
 と褒めますと、嬉しそうに、

 「有難うございます、そう言っていただいて、嬉しいです、あの時、隆さんが、このプラダの服を  脱がすのは俺だけだと言ってくれましたので、着てきました」

 「あのねー、服を脱がすというのはー」

 「はい、分かっているつもりです、今晩ぬがしてください、昨日メールをいただいて、鍵を預けて  いただける意味を考え嬉しくて眠れませんでした、今日からは、ここで隆さんのお帰りをお待ち  します、特に今日は、遅くなってもお帰りください、脱がしてくださるのを待っています」

 留美ちゃんは、可愛いだけでなく、頭のいい人のようです、今晩は抱いてくださいと言っているのがわかりました、鍵を預けるということが、このマンションに住んでくださいということが分かったようです。

 2時過ぎになり、明石弁護士の事務所に持っていく手土産を買い、それからM市に向かうのにいい時間だと思いました、その時、昨日、私のハンカチで留美ちゃんの涙を拭いたまま、返してもらっていないのを思い出し、
 「留美ちゃん、昨日の、俺のハンカチ貸したままなんだけど、返してくれない」
 笑いながら、といいますと、驚いたようでしたが、真剣な表情で、
 「あのハンカチは私の一生の宝ものなので、額に入れて飾ってありますので、返せません、今日は  これで我慢してください」
 と自分の女物のハンカチを渡してきます、留美ちゃんにとって、あの時のハンカチが大事なのではなく、自分の愛する男が、本当に自分を愛してくれていることが分かった時の思い出が大切なのでしょう、その思い出を具体化したものが、あのハンカチなのだろうと理解しました。

黙って留美ちゃんを抱きしめキスをし、決意をもって、離婚に向けて出発しました。


                             完
 
  1. 2017/09/25(月) 19:03:12|
  2. 名器・北斗七星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR