FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

敗北 第1回

私45歳、妻36歳。結婚して4年。
私はみるみる髪の毛がハゲてくるし、遅い結婚でもともとコンプレックスのある亭主が、ますます自信を失って行く過程の中で、妻はまだまだ若々しい・・・・・
私もビングーさんと同じでセックスも自信もなく、妻を喜ばす事はできません。
さらに結婚は41歳でやっとですから、お恥ずかしいながら自慰による性欲処理が癖になってもいました。
結婚当初からセックスよりも妻の手コキが好きでしたが、だんだん妻は手コキをやるのが嫌になったようで、半年もすると完全にセックスレスになり、私はもとの自慰生活に戻ってしまいました。
妻は手コキをやらされるのは奉仕させられていると思うようで、女性の立場からすれば手コキで旦那をイカせるのでは自分は何にも気持ちよくないと言うのは当然です。
私は脚フェチですから、妻に手コキをしてもらって、スカートから伸びる太ももに頬擦りしながら射精するのが好きでした。

そんな状態の中で妻が職場の男性と不倫に陥るのは当然の事でした。

私は観光関係の仕事で、普段土曜日も仕事ですが、妻は土日は休みです。
しかし、土曜日が突発的に休みの日もたまにあり、家でゆっくりしていた時の事です。
妻が近くまで買い物に出かけたとき、たまたま家に置いて行った妻の携帯電話が鳴りました。
私は何気なく携帯を取ると留守電が入っているようでした。
私は1417・・・・留守電を聞くと
「ああ、杉山です。女房が実家に行くので、明日送って行くから月曜日僕の家にきなよ。
庸子を愛してるから。そう、それから、もう入れた?リングいれた?もうゴムですんの嫌だからさ。じゃ夜代田橋の駅に車で迎えに行くから7時ね。待ってるよ。」
なっ、なんて留守電だ。
私は思わず留守電を消したくなったのですが、消すわけには行かないのでそのままにしておきました。
私は携帯の残された相手の男の携帯番号を控えておきました。
リングを・・・・・
ゴムですんの嫌だから・・・・・
中出しまで要求している浮気男じゃないですか・・・・・・
私は妻が月曜日その男に中出しされる事を思うと、その場で激しいセンズリをしてしまいました。
そして近所から妻が帰ると、「なんか、庸子の携帯鳴ってたよ。」
「えー、まさか貴方出たの?」
「出ないよ。」
妻は寝室に行き、扉を閉めて留守電を聴いているようです。
でてきた妻は何か顔はボーッとした感じで、やっぱり相手の男に気があるのでしょう。
その晩、私は3年ぶりに妻に迫りました。
勿論嫉妬からです。
妻は「ヤメテよ」
「庸子、頼むよ」
「手でもいいからしてくれよ」
「嫌よ!」
私は思わず「庸子、何でなんだよ。男でもできたんじゃないのか?」
「できたらどうすんのよ!あなたは手でしてくれって、それだけじゃない。」
「やっぱり、浮気してたんだぁ。」
「馬鹿!ヤメテよそんな言い方。あなたがおかしいんでしょう。別れる?その方がスッキリするわどうすんのよ。」
「わ、別れないよ。」
「じゃぁツベコベ言わないでよ。」
「浮気してもいいから、いいから、だからせめて手でしてくれよ」
「嫌なの。あなた結婚前はどうしてたのよ。」
「え、そんな。自分でしてたよ。」
「じゃあ、そうすればいいじゃない。私は嫌なんだから。」
なにしろ事セックスに関しては離婚をしてもいいから嫌だと言うのです。
それ以外はとてもいい家内なんですが・・・・・・・・
そして、月曜日、私は朝から仮病を使って、熱が出た、具合が悪いいい、会社を休んで寝ていました。
妻は「今日は会社の歓送会があるから遅いよ。」と言いました。
やっぱり、アイツの家に行くんだ。行くんだからきっとリングはもう入れているんだ。
リングをいれて、何発中出ししてもかまわないオマンコなのに、亭主の私にはさせなかった・・・・・・・・・・・・・・・
もしかしたら、アイツに旦那には絶対させるなと命令されているのかもしれない・・・・・・・・・
何も、中出しまで許さなくても・・・・・・・・
私は夜そっと代田駅の近くでタクシーに乗ったまま身を潜ませて見ていた。
妻は丁度7時に駅から出てきた。駅の前に紺色のクラウンマジェスタが待ち構えていた。
私はタクシーの運転手に気付かれないようにマジェスタを追ってくれと頼みました。
マジェスタは近くのマンションの駐車場の中へ入ってゆきました。
男の顔は見えませんでしたが、二人はマンションの中へ消えてゆきました。
中へはオートロックで入れません。
どこの部屋なのか?わかりませんでした。
私は公衆電話から男の携帯に電話しました。
「はい、加藤です。」
私はとぼけて「ああ、加藤ちゃん、俺だよ、今どこ?」
「家ですけど、誰?」
「また、人妻と浮気してんじゃないの?」
「はっはっは、ナンだよ、誰だよ。」
「この前話してたじゃない。人妻とやってるって!」
「え、岡さん?」
私は仕方ないので「そうだよ。」
「なんだ岡さんか、電話だと声が違うから」
「あ、ああ、今日はちょっと風邪ひいてんだよ。」
男は急に小さな声で「今、やるところなんだからさ。」
「そ、そうか、邪魔したな。でもさ、中出しすんだろう?」
「そ、そんな事言ってないじゃない。でもさ、今日するんだよ。まぁ、後にしてよ、今お客さんいるから。」
私は浮気相手の男が話し方の口調で、完全に遊び心だと言う事がわかりました。
私はその足でとりあえず家に帰りました。
今頃・・・・・・・・・・
単に遊びで、妻のいる男に抱かれている。
本来、女が中出しを許すと言うのは重大な意味があるのです。
唯一の人にこそ、それを許すものではありませんか。
私は嫉妬と興奮を抑える事ができませんでした。
激しく、それも自虐的な妄想の中で激しいオナニーをしました。
妻は夜12時過ぎに帰宅しました。
私は妻が寝静まってからトイレに行くふりをして、妻の大きなバックの中を確かめました.
なんと、中には短いスカートが一枚、入っているではありませんか。
きっと加藤と言う男はミニスカフェチなんでしょう。
スカートは巻きスカートで、私もミニスカを身ながらセンズリするのが好きですので、よけい嫉妬してしまいました。
巻きスカートのミニって、とってもセクシーで、そそられるんです。
きっとこれに着替えて、色んなポーズをとって、遊ばれ、最期にトドメの中出しまでされて帰ってきたんでしょう。
夜中に、巻きスカートを見ながら、今日三度目の激しいオナニーで射精をしました。

翌日、私は加藤と言う男に、昨日は岡と言う男になりすまして電話した件もあるので、もう一度電話で話しをしようと思いました。
勿論、妻へは内緒で、妻の浮気を公認するために・・・・
続きはまた
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2017/08/18(金) 12:59:36|
  2. 敗北・マスカラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敗北 第2回


妻が加藤と言う男と浮気している事ははっきりわかった。
その前後、私は前に書いたように嫉妬に燃え狂う思いをしながら、何故か興奮して激しいオナニーを何度もしてしまいました。
本当は浮気男をぶん殴って、妻に怒りをぶつけなければいけないはづが・・・・・・・・
私は加藤と言う男に電話をしました。
加藤という妻子ある男性は電話では一応普通に対応して私と話しをしました。
代田駅での事も話をすると、最初は慰謝料でも請求されるんじゃないかと思ったようです。
しかし、私がさかんに妻との関係を続けても構わないと言うと。
それでは一体何のために電話をしたのか疑問に思ったようでした。
私は色々な事を正直に話したいが、男にそれを伝えるのは辛いと話ました。
そこで、60分2万円のホテル嬢を3人分連続で、最初に男の伝言を2人目の男にホテトル嬢に云えて、そして再度最初の男に応えを伝えるという事で呼びました。
勿論最初の男は私で、二番目の男、即ち伝言を聞くのは加藤です。
そして、最後にまた私が最終結果をホテトル嬢から聞くのです。
ホテトル嬢は少々驚いていました。
彼女はホテルに来ると「三咲って呼んで。なにか次のお客さんへ伝言をするってマネージャーから聞きました。
何かゲームですか?」
彼女は丁度30代の主婦と言った感じでした。
「三咲ちゃんか、いや、違うんだ。」
「何しろシャワー浴びましょう」
私は三咲に云われるまま裸になり、ベットへきました。
三咲はバスタオル一枚巻いた格好でしたが、私は来た時の洋服を着て欲しいと言いました。
三咲は茶色いややミニスカート、に黒のパンストです。
私はナマ脚でいてくれと頼むと、パンストだけ脱いでくれました。
私は三咲を椅子に座らせ、スカートの中の白いパンティーが見える格好でいて欲しいと頼みました。
私はバスタオルを取り、三咲のスカートの中を見ながらオナニーを始めたのです。
そして、オナニーしながら全てを告白しました。
私はオナニーしながらだったので一層自虐的な気持になってしまい、かなりマゾ的な要望を言ってしまいました。
三咲は私がオナニーでイキそうになっては休み、またすこし経ってオナニーを開始すると言うような男の半狂乱オナニー告白を聞きながら
「そうなんだ。あなた、その加藤さんって言う人があなたの奥さんとセックスしても構わないんだ。
それで、奥さんには貴方の相手もして欲しいって云う事なの?」
「あ、ああ、そ、そうじゃないんだ。」
「なんか判ってきた感じする。あなたマゾでしょう。奥さんが寝取られちゃって、興奮しちゃってるって云ってたわよね。
自分でしたって、そうでしょう。
あなた意地悪されて寝取られたいんじゃないの?」
「そう、なんだと思うよ。妻がリング入れてるらしいって知って、特にそれからマゾになっちゃった感じなんだ。」
「そう、そうか、加藤さんって云う人がさ、奥さんにナマで中で出しちゃうの想像して興奮してんだ。」
「ああ、そうなんだ。きっと、俺はそう言う性癖なんだ。」
「面白~い。そうか、じゃあ、あなたは加藤さんに奥さんを好きにやってもらいたいんじゃない!そうでしょう?」
「そ、そうなんだ。」
三咲も私の話に何故か興味を持ちました。
三咲のご主人は三咲がホテトルをしているのを知っていて、やはりもの凄い嫉妬で毎日聞いてくるそうです。
でも、肝心なセックスは求めないので不思議に思ってご主人に聞いてみたら、三咲が仕事で出ている間想像すると興奮して、つい自慰で射精してしまう毎日だそうです。
三咲も毎日何人もの男とセックスしているので、それでいいと思っているそうです。
だから、セックスの時はイカせてもらうよう1回だけはお客さんと本気でセックスしているそうです。
だから、私の気持が判る気がするといいました。
それから三咲の誘導尋問で、私の性癖は暴露され、自分でも気が付かなかった事を認めながら、どうにも我慢できなくなった所でバスタオルの中に射精をしました。
三咲は「いいわね、本当にあとで加藤さんに伝えちゃうからね。」
三咲は何度も念を押しました。
私は不安ながら、何故か、何度聞かれてもそれでいい。伝えてくれと言いました。
三咲の提案はもの凄く過激で、私が興奮するものでした。
三咲の提案は
まず、加藤が妻を度の程度まで虜にしているか聞き出す。
その結果、加藤に私がなるべく嫉妬するよう三咲の判断でいろいろな事をすすめるというものでした。
三咲は自分も提案して面白くしてあげると言いました。
一体どんな提案をするのかは私には話はしませんでした。

そして、三咲が加藤との時間を終え、再度私に電話があり、再びホテルの部屋で会うと、
「加藤さんとあなたって、面白い。あなたは自分でしたでしょう。加藤さんはちゃんと私を抱いたわ。
それが、あなたと加藤さんの関係の全てをあらわしていると思うわ。」
そうか、そうかもしれない・・・・・・・・・・・・・
そして、この数時間で私の性癖を知り尽くした三咲は「私はシャワー浴びる必要ないから、あなたシャワー浴びてきて、出てきたら自分でしながら私の話を聞くでしょう。」
私は再び三咲の前で、三咲のスカートの中をちょっと見えるようにしてもらい、オナニーしながら三咲の結果報告を聞きました。
「奥さんは加藤さんに抱かれて始めてイク事を知ったんだって。
わかる。だから、奥さんは完全に加藤さんの虜になっていそうよ。
明日からなたの元へ加藤さんからメールが届くわ。
あなたはそれを見て、きっと、興奮して自分でしちゃうんでしょう。
細かいことを私から提案しちゃったけど、メールを楽しみにするのね。
そう、それから、あなたの奥さんはやっぱりリング入れたんだって。判るわね。
興奮するでしょう。いいの、あなたはそれでいいの。さぁオナニーなさい。
狂っちゃってかまわないから、私見てて上げるから、泣いてもいいのよ、オナニーで出しなさいよ。
いいの、恥ずかしい事も気にしないで云ってもいいの、男だからなんて思わないくていいのよ。
加藤さんに奥さんが中出しされるんだから。
嫉妬していいの。狂っちゃっていいの。
奥さんの身体は加藤さんが好きにするの、いいわね、あなたはオナニーすればいいのよ。
加藤さんのあなたへのお願いが一つあるんだって。
あなたは浮気しちゃ駄目なの。
わかる。
あなたがマゾだって知ったから、私の提案であなたにはそどうしてもオナニーだけで処理させる事にしたの。
加藤さんはそれは嬉しいって言うの。
加藤さんは奥さんの中で射精を楽しむのよ。
それで、あなたは自分の手で射精を楽しむの。
これは条件よ。
加藤さんは明日奥さんを呼び出すはずよ。
奥さんには絶対亭主とセックスはしないよう命令するわ。
さあ、いいのよ、狂いなさいよ。」
私は、本当に狂ってしまいました。
三咲のスカートに頬擦りしながら、中年男のセンズリを、しかも決して普通ならいえないようなマゾ男の告白をあらいざらい叫びながら
バスタオルに射精しました。
なんと云う事でしょうか。
今日、私は完全に男として加藤に敗北したのです。
加藤は私の妻の膣を使って、しかもナマで中出しして楽しむ。
夫である私は自慰で処理する事まで決められてしまいました。
そして、明日、妻は加藤に呼び出され、加藤に亭主には絶対セックスは許しませんと誓いながら膣内射精を受けるのです。
狂わずにはいられませんでした。
三咲は私を哀れに思ったのか、時間延長してもかまわないからもっと狂ってもう一回オナニーしなさいと云ってくれました。

そして、翌日・・・・・・・・・
妻は私の勤務先に電話をしてきて、「あなた、今日は会社の関係で遅くなるから」と言ってきました。
私は仕事が終わると、家に帰り、なにしろ裸になってオナニーをせずにはいられませんでした。
今頃、妻は加藤の射精を直接膣内に受けているんだ。
「夫には絶対させません。だから中で、中で出して」と懇願しているに違いない。
ああ、加藤が妻に中出ししている・・・・
私は今後オナニーで処理する、いや、それを加藤も知っている。
加藤はさぞ、満足しながら膣内で射精を楽しんでいるのだろう。
他の男の女を寝取って、寝取った女には好きに中出しをし、男には自慰で処理させると言うのだら・・・・・・
つづく

  1. 2017/08/18(金) 13:00:42|
  2. 敗北・マスカラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敗北 第3回

妻は加藤との浮気から深夜帰宅しました。
私は妻が帰宅するまで、嫉妬と興奮で何度自慰で射精してしまったかわかりません。
翌朝、妻は何食わぬ顔をして出勤しました。
そして、夕方、私のiモードにメールが到着したのです。
「ご主人、三咲さんとの約束通りにします。
三咲さんと話をしましたが、あなたがマゾなご主人だったと言う事がわかり、大変喜んでいます。
三咲さんの提案でマゾなご主人なら満足するはずと言われ、私も嬉しいのであなたに約束をお願いしました。
私はあなたと違って、どっちかと言うとサドっけがあると思います。
単身女性よりも人の奥さんと寝た方が満足が大きいく感じられます。
三咲さんからあなたがマゾだと聞いて、私は本当に嬉しいのです。
ご主人は今後浮気は絶対しないで下さい。
ソープランドへ行ってもセックスはしないで、また、ファッションマッサージに行ってもフェラも手コキもしないで下さい。
判りますね、ご主人は必ずご自分で性欲処理をして頂きます。
これは条件です。
勿論奥さんとのセックスは禁止するのは云うまでもありません。
これは昨日奥さんにも誓わせました。
それから、奥さんはリングを入れたので判りますよね。
私は奥さんとセックスする時はゴムは使いませんし、射精は膣内で楽しませて頂きます。
昨日はワンルームに済んでいる後輩に部屋を借りて、奥さんを連れてゆきました。
私は三咲さんの話を聞いてから嬉しくて、また興奮もして、昨日は何度も奥さんの膣内で射精をして興奮を鎮めました。
奥さんはご主人とは絶対セックスはしませんと誓っています。
今日も奥さんを呼び出します。
あなたの奥さんからご主人に浮気告白をさせます。
勿論、あなたが奥さんに浮気を公認させるためです。
私はあなたにもう一つ要求するものがあります。
それは、本当にあなたが自慰で性欲を処理していると言う証なのです。
逆に私はあなたに本当に奥さんの膣内で射精をしている証を提供しようと思っています。」
つづく
  1. 2017/08/18(金) 13:01:43|
  2. 敗北・マスカラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敗北 第4回

元々隠れて加藤は私の妻と不倫をしていました。
しかし、私の性癖を知って喜んでいるというのです。
妻は加藤に抱かれて夜遅く帰宅しました。
家に入ると妻は何か恥ずかしいそうに私の顔を見ないようにして「只今・・・・」
私はリビングでテレビを見ていたのですが、妻はハンドバックを置いてからリイビングへ来ると、テレビのスウィッチを切って私の前に座りました。
「あなた加藤さんと話をしたんだってね。私と加藤さんの事認めるんでしょう。」
「あっ、ああ」
「あなたには悪いけど、あなたのお相手もしなくて悪いと思ってるんだけど、加藤さんに抱かれると違うのよ。
本当にイクの、凄く良くって・・・
あなたの事はいい人だし好きよ、でも、正直言うと加藤さんは特別なの。
彼と再婚するとかはできないけど、セックスの事で彼に言われる事何でもしてあげたいと思うし、それでワタシも喜びを感じるわ。
彼から聞いたんだってね。ワタシが避妊リング入れた事。
彼、コンドーム嫌だって言うからなんだけど。
彼から聞いたんだけど、あなた、ワタシを抱かなくてもイイって、本当でしょう?ねぇ?」
「いや、ああ、そ、その」
「あなたは自分で処理してくれるんでしょう?
ワタシもそれが一番いいと思うのよ。どうせ独身時は男の人って、自分でしてたんでしょう?
彼も、あなたがワタシを抱くんなら辛いって言うし。
でも、あなたが浮気するんなら、私たち夫婦でいる意味ないから、あなたは浮気しない約束でしょう。
彼も、あなたが浮気するなら嫌だって、彼のために私たち夫婦が離婚するのは辛いって言うの。
優しい人なのよ。
彼、その事にもの凄く拘っているわ。
彼から聞いたんだけど、あなた彼がワタシを抱くの嬉しくて嫉妬して自分でするのが好きなんだってね。
彼がワタシの中でアレ、出しちゃう事にあなたが拘っていて、証拠を見せなくちゃならないって言うのよ。
あなたはそうなんでしょう。
そこで、彼は家に来て私とスル事になったの。
でも、ワタシはあなたがいると嫌だから、終わるまで外にいてね。
終わったら家に入ってきて、彼が出した証拠見せてあげるから、自分でしてくれる?
あなたが自分でしたあと、彼はあなたがバスタオルに出した証拠を確認するの。
それから、彼が来ない日は、ワタシの前で自分でするんだけど、ビデオに収めて彼に確認してもらうの。」
私は妻の云う事を全て承認しました。

そして、翌日加藤は私の家に来ました。
三人で食事をしているうちに加藤は妻を抱きしめてスカートの中に手を入れ始めたのです。
「あなた、そろそろ外にいて、終わったら携帯するから・・」

私は外の居酒屋で酒を呑んで待っていました。
1時間もすると携帯が鳴り、
「もうすぐだから帰ってきて」
私は急いで帰宅したのです。
部屋に入ると、まだ加藤は妻に繋がっていました。
妻は「いま、出されたわ」
加藤はゆっくり妻から離れました。
加藤のオチンチンはまだ立っている状態です。
妻の膣からはゆっくりと加藤の射精した精液が溢れ出てきました。
私は加藤が本当に妻の膣内で射精をした証拠を見たのです。
妻は唯一膣内射精を許す相手を夫の私ではなく、加藤を選んだのです。
加藤はバスタオルをまくとリビングへ行きました。
「あなた、どう、自分でして、自分で処理して!」
私は妻の股間を、中出しされた証拠を見ながら、裸になって自慰を始めました。
私は興奮でメチャメチャです。
私がイキそうになって、トロンとした目で激しくオチンチンをさすっていると妻が、ちょっと意地悪そうにも聞える声で
「あなたのために、加藤さんがわたしに出してくれたのよ。何か云う事ある?」
私は異常な興奮と、自虐的自慰に陶酔しているあまり言ってはいけない事を叫んで射精の時を迎えてしまいました。
リビングにいる加藤に聞えるような声で、私はこれからも自慰で処理する事を尊守しますから、これからも妻の中に出しもらうよう何度もオネガイをしながら射精してしまいました。
どこにこんな亭主がいるだろうか?
浮気相手の男に、自分は今後自慰で処理する事を誓うから、今後も自分の妻にナマで中出ししてくれるようオネガイをしながら自慰で果てたのです。
でも、オナニーしながら私は本気でそう叫んでいたのです。
加藤に完全に敗北しました。
私は改めて加藤にメールでオネガイをしました。
「加藤さん、この前は本当に男として恥ずかしい姿を見せました。
でも、あれは私の本当の姿で、本心です。
私から妻を奪ってかまいません。
私はこれからずっと自慰で性処理をしますから、コンドームはしないで妻の中で直接射精をしていただくようお願いします。
できれば私の前で妻に中出しセックスをしていただく事を望みます。
お邪魔はしないで、隣の部屋で自慰をさせて頂ければ幸いです。」
つづく

  1. 2017/08/18(金) 13:02:44|
  2. 敗北・マスカラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR