FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

気持ちの置場に 第1回

私は現在40代のサラリーマン、妻と同じ会社で働いています。
妻は私より少し年上で、入社もその分先になります。
子供もいますが、お金はかかるけど手はかからない年頃です。

時期的にはおぼろげですが、私が30歳ちょっと過ぎた頃だったと思います。

タバコを吸うために職場の喫煙所に向かって歩いていると、喫煙所の中から笑い声や、
歓声が聞こえてきました。
『また仕事中に悪ふざけしているな』なんて思いながら喫煙所の戸をあけると、中には
4、5人の2~4歳くらい年上の先輩たちが集まっていました。

私が喫煙所の中に入ると急にその場が慌てたような静まり方をしたので、軽く会釈し、
立ち位置を決めてタバコに火をつけ、ひと吹かししてから尋ねました。
「ずいぶん盛り上がっていましたね、何の話ですか」

この先輩たちの話題の中心になっている人物が、少し間を置いて答えました。
「この前の飲み会の話でな」

「そんなに楽しい話だったんですか?」
「まあな」
「聞かせてくださいよ」

一人の先輩を指差しながら
「いや、こいつと二人で飲んでた時のくだらない話だから」
そう言って吸いかけのタバコの火を消すと、他の先輩たちも同じようにタバコを消して、
「じゃあな」
と、みんな次々に仕事へ戻ってしまい、私は一人残されました。

喫煙所に入る直前に、私に返事をしてくれた先輩の声で
「こいつがやってる間、俺は・・・・」
と言う会話が漏れて聞こえていたので、女関係だろうな、となんとなく思っていました。

職場も違って当たり障りのない付き合い方をしている関係の人たちなので、別に興味が
あって聞いた訳でもなく、沈黙させてしまったから、挨拶程度の会話をしただけで、
こんなことは私も気にしていませんでした。

この時には意味のなかったちょっとした出来事が、ワンシーンとして私の記憶から蘇って
くることになったのです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2014/05/31(土) 00:39:22|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第2回

いつもと変わらない日々が続いていました。

朝私が一番に家を出ると、続いて子どもが学校に行き、最後に妻がギリギリに出勤します。
普段家に帰るのは私の方が遅いのですが、仕事柄、妻も21、22時をすぎて帰宅することがひと月に何度かありますが、妻の仕事の状況は良く分かっているので、遅くなる時はお互い話して、私が早めに帰って子どもと食事をしていました。

仕事の忙しさに波はあるものの「いってらっしゃい」と「お帰りなさい」がある、ごく普通の家庭だと思ってました。

家庭での妻には何もおかしいところはありませんでした。
というより、疑っていないので、そういう目で見ていなかったのです。
何かあれば自然に気がつくでしょう。

妻は携帯も不自然な使い方はしていません。
毎月の請求書も電話料金、パケット利用量も私が理解できる範囲です。

同じ会社ですから出勤状態もよく分かります。
会社以外は家にいるか、夕食の買物に近所のスーパーに行く程度しかありません。

仕事が私より遅くなることもありますが、職場の目と家族の目が届いている範囲でもありますし、私を不安にさせる要素はありませんでした。

飲み会もありますが、これも同じ職場の人ばかりで、慰労会や歓迎会、送別会等のイベントで、団体の飲み会ばかりでこれといって気にすることもありませんでした。

妻が飲みに行く時には、通常1次会は21時~22時に終わります。
車は会社に置いて、バスで帰宅すると待ち時間を含めても、だいたい22時~23時。
妻が22時~23時までに帰ってくると、だいたい私は起きていますから何もおかしいとは思っていませんでした。

しかし、昨年6月のことでした。
妻が飲み会の日に、早めに帰宅するはずの私の仕事が終わらなかったのです。

仕方なく子供に、ちょっと遅くなるから食事を済ませておくように連絡をしておきました。
そろそろ家に帰ろうとした時には21時前だったので、梅雨時で雨も強かったこともあり、ついでに妻を乗せて帰ってあげようと思い、私は妻に携帯からメールを送りました。

『まだ宴会中?』

返事がありませんでしたので、まだ盛り上がってるのかなと思い、宴会が終わればメールに気がつくだろうと、近くで少しだけ待つことにしました。

強かった雨も多少弱くなってきてましたが、それでも雨音や車の水しぶきが騒々しく感じられる中で、妻が乗るバス停の近くに車を停めました。

車の中で10分ほど待っていると、傘をさしながら比較的早い足取りで歩いている妻を見つけました。
一緒に飲んでいたはずの他のメンバーは近くに見当たりませんでしたから、恐らくは終わってすぐに出たのでしょう。
すぐに携帯に電話しましたが、妻は気づきませんでした。

私がバス停まで車を回そうとしたその時に、妻は近くに停まっていたタクシーに乗ってしまったのです。

せっかく待っていたのに、と拍子抜けしたところに妻から電話がかかってきました。

「電話したでしょ、なに?」
「仕事が遅くなったから、迎えに行ってあげようかと、、、、」
「大丈夫、もうすぐ終わる。みんなと帰るから、じゃあね」
と妻は話をさえぎるような言い方で電話を切ってしまいました。

家には妻より私の方が先に帰りつきました。

『結局私の方が早かったな』と思いながら、起きていた子供に声をかけました。
「ごめんな、遅くなって」
「そんなに心配しなくたっていいって。ご飯、温めてあげようか」
と、私の食事を用意してくれました。

食事をとっている間も『遅いな』と思っていたのですが、結局子供が寝る時間にも妻は帰ってきませんでした。

私の携帯には、妻がタクシーに乗ってかけてきた履歴が、21時過ぎの時刻で残っていました。
それからもう1時間半は経っています。

タクシーでこの時間帯なら、15分もしないうちに帰ってくるはずですし、私が家に着いて30分以上も遅いということは事故でもない限り考えられません。

2、3度電話をしましたが、妻の携帯は電源がきれていました。
こういった時、携帯がつながらないことは、かなりストレスを感じます。

『何してるんだろう』と思いながら私は風呂に入りました。
風呂からあがって、冷蔵庫からビールを取り出そうかと思いましたが、妻の身に何かあってはいけないからと、酒を飲まずに妻の帰宅を待ちました。
  1. 2014/05/31(土) 00:40:22|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第3回

結局、妻は23時をまわった頃に帰ってきました。
タクシーに乗って2時間過ぎています。

「ただいま。」

当然私も機嫌がいいという訳ではありません。
「遅かったな」
そう妻に言って返事を待ちました。

「そうかね。いつも通りでしょ。」

「電話してから随分経つじゃない」
「ああ、だってあれからすぐ終わるかと思ったら、なかなか終わらなくて。」

「2次会か何か連れて行かれたのか?」
「行ってないよ、終わってすぐ帰ってきたよ」

「誰かと一緒に帰ってきたのか?」
「質問ばかりするのね。何かあったの?」

何か察したのか、妻がこちらの様子を勘ぐりはじめたので、ごまかしだすとやっかいだから、私は感情が顔に出ない様に気をつけました。

「いや、雨が強かったから、帰り道を心配したんだけどね。」
「そう、ありがと。今度から心配させないように雨が降ったらタクシーで帰るね。」

「お前、携帯の電源切れてないか。」
「え? ・・・・ あれ ほんとだ、充電切れたのかな。ごめん。」

妻は、私に聞かれたこと以外は自分から話すことをしませんでした。
ボロが出ないようにしているのかもしれません。

「お前、俺に電話してきたとき、何してた?」

この私の質問で、妻は私から目を逸らし、さっと反対を向いて
「だから宴会中だって。着替えたいから、風呂に入ってくるね」

そう言って、いったんテーブルに置いてあったバッグを手に持って寝室に行きました。

私はすぐに立ち上がり、妻を追いかけて部屋に入りました。
  1. 2014/05/31(土) 00:41:19|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第4回

閉めた扉がすぐに開いたので、妻は驚いて振り向きました。

「なに? どうしたの?」
「ちょっと向こうを向いて。」

そう言われて私に背中を向けて立った妻のスカートを少し乱暴に巻くし上げようとすると、
「やだ、、、ちょっと待って、、、」
と妻はスカートを押さえました。

「どうしたの?、、、、したいの?、、、、分かったから、お風呂に入ってからね、、ね、、」

私は妻の背後から左手でウエストを抱きしめ、右手をスカートの下から突っ込むとすぐにストッキングの上から差し入れました。
ストッキングの締め付けが少し邪魔でしたが、右手を下へ下へ入れていくとすぐに下着にたどり着きます。
下着と肌の間に指先を伸ばした手の平を滑らせこむと、中指、人差し指、薬指が妻の陰毛に触れました。

妻は抵抗して、その場に座り込もうとしましたが、私が抱きしめているのでそうはできません。
背中を丸めて、両膝を強く閉じて両太ももを密着させ、私の手があそこまで届かないようにしていました。

妻は抵抗して腰を引いて体を折ってしまったので、私も妻を支えきれなくなり、後ろから覆いかぶさるような感じでそのままベッドに向かって倒れこみました。

ベッドの上で私から体の自由を奪われてしまった妻は、それでも抵抗していましたが、
「動くな!」
と私に言われ、半ば諦めたようにじっとしました。


それでもきつく閉ざされている妻の太ももの隙間に向かって、私の右腕に力が込められます。

「ちょっと、待ってって、、、ちょっと、、、」

妻の下着の中の右足の付け根にあった中指を、クネクネとさする様に動かして妻の陰部をたどり当てた時、妻の体から力が抜けたので逃さず右手を太ももの隙間にこじ入れました。

こうなると私の手の平にはざらっとした妻の陰毛があたり、すでに私の指先はあふれ出ている愛液を確かめることができました。

人差し指と薬指を使って愛液に浸された左右の陰唇を開き、中指がその中央をゆっくりと膣口までたどっていくと、妻の女性器はすでに受け入れが十分可能な、、、、開いた状態であることが分かります。
男を受け入れたばかりなら、閉じきれていない状態と言うほうが適切なのでしょう。。。

もう何も考えるまでもなく、さっきまで体の中に挿入されていた跡が分かってしまうほど、その部分は濡れ開き、悦びに打ち震えていたことを想像させてくれました。
自分の妻ですから、触ればその状態が分かってしまうのです。

私の右手には、下着の中にこもっているじっくりとした熱までもが伝わっていました。
私は右手を引き抜くと、妻を押し離すように起き上がって部屋を出ました。

私はショックを受けながらも冷蔵庫から缶ビールを取り出し、静かにリビングのソファに座りました。
この時点では妻はまだ浮気を認めたわけではありません。
ですが私の中では『限りなく黒』でした。

妻の矛盾する言葉を盾に妻を責めた場合は、何らかの言い逃れをする可能性を考えました。
『あなたには言ってなかったけど、昔の友人がたまたま地元に戻ってきてたから、コーヒー飲んできた』なんてことを言われた場合、どうしようもありません。

どうすれば、言い逃れができない状況になるのか。。。。
どうすれば、証拠を押さえることができるのか。。。。
  1. 2014/05/31(土) 00:42:13|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第5回

今までの妻の行動を振り返りました。
ソファの前のテーブルの上に置かれた缶ビールを見つめながら軽くため息をつき、他におかしいことがなかったかと考えます。

冬に、『バーゲンに行くけど、ゆっくり見たいから私について来なくていい』と言って、丸一日出かけたこともありました。
あの時は洋服を買って帰ってきましたが、男と会う時間は十分とれたはずだと思います。

銀行に行くとか言って、急に午前中仕事を休んだ時もありました。あれはいつ頃だったか、、、、
その時も相手が合わせて休めば、会うことも可能なはずなんです。

いや、こんなことまでしなくても妻が私の目を盗んで行動しようと思えば、長時間でなければいつでも可能なはずです。

そう考えていると、妻が風呂に入っている音、洗面器に湯を入れて、体にかける水の音が聞こえてきました。
私はすぐにソファから立ち上がって、寝室に行きました。

ドレッサーの前に妻のバッグが置いてありました。
この中に携帯電話があるはずです。
私が携帯を見たことを妻にばれないようにするためには、すべてを元の状態に戻さなければなりません。

このバッグの置かれた位置や向き等の状況を確かめました。

ファスナーが1センチくらい閉じしろを残してあります。
うっかり私が全部閉じてしまえば見られたことが分かるようにするため、わざと1センチ開けておいた妻の仕掛けではないか、、、、とさえ考えてしまいます。

このファスナーを開けると、横の方に入っている携帯がすぐに分かりました。
ここで携帯の置かれている左右上下の向きやストラップの位置を確認しました。

妻の携帯を取り出し、折りたたまれている画面を開くと電源は切れた状態になっていました。
電源ボタンを押すと、電源が入って待ち受け画面に子供の写真が出てきます。

そして画面の充電サインを確認すれば、十分電池量は残っていました。
『電池が切れた』のではありません。
タクシーに乗って電話を掛けてきた妻は、『電源を切った』のです。

これも追求すれば、『誤って切ったのかも』と答えるのでしょうし、逆に自分を正当化してこちらが覗いたことを非難するでしょう。

さらに案の定というか、妻の携帯はメールの送受信と電話のリダイヤル履歴、着信履歴もすべて消されていました。

電話の登録名簿を見ても、誰が相手かわかりませんから、これは途中で調べることをやめました。

ここまで確認すると急いで元の状態に全てを戻して部屋をでました。


ソファに座り直して缶ビールにクチをつけました。

『妻はタクシーに乗ってどこに行ったのか?』『何をしていたのか?』これらはもう分かりました。
確定的証拠はないものの、間違いなく他の男に抱かれていたはずなのです。

それよりも『妻は誰と会っていたのか?』と言うことが気になりました。

そうこう考えているうちに、妻は風呂からあがって髪をタオルで乾かしながら私が座っているソファの横に来ました。
  1. 2014/05/31(土) 00:43:22|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第6回

妻は少し聞きにくそうに、セックスをするのかしないのかを訪ねてきました。

「ねえ、、どうするの?」

返事をしない私に、
「あまり機嫌よくないみたいね、髪乾かしたら先に寝るからね。」

そう言って脱衣所の洗面台へと戻って就寝準備をしていたようですが、そのまま私のいるリビングには顔をださず、寝室へ入って行きました。

高まった感情を表すかの様に、私は飲みかけの缶ビールを一気に飲み干して立ち上がると、そのまま寝室に行きました。

妻はベッドでもう寝ていましたが、私は妻に掛けてあった布団を乱暴にはがしました。

「なに?? 寝てたのに。。。。」


「脱げよ」
「するの? さっき返事しなかったじゃない。。。」
「ごちゃごちゃ言うな!」

「・・・もう。。。全部? 下だけでいいでしょ?」

私が何も言わないうちに、妻は下半身だけ脱いで、ノーブラTシャツの姿になりました。


いつもと違って部屋の照明を点けたままにして、私は体勢をずらし、すぐに妻の両膝を立たせてその裏に手を添え、
妻のあそこに顔を近づけると、
「ちょっと、いやらしいよ、電気消してよ」
と言われました。

私は妻の声に返事もせずに観察しました。
クリトリスも陰唇の内側もいつもより赤味を帯びていて、、、、
急に現実感が襲ってくると、とてもその部分を舐めあげるなんてことはできませんでした。

私は体を倒すように妻の横に仰向けに寝転んで中断すると、妻は
「しないなら寝かせてよ。飲んで疲れてるのに」
と、苛立ったような声を出しました。

こうなってしまうとお互い義務的なセックスしかできませんから、
「今日は止めとこう」
と言ってまた寝室を出て行くと、
「さっきからなんかおかしいよ、文句があるなら言ったら!」
と妻から背中越しに言葉を浴びせられました。


それから、私は2、3日の間、妻の行動をどうやれば監視できるのかだけを、ひたすらに考えてました。
  1. 2014/05/31(土) 00:44:27|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第7回

この時の妻の下着がどうだったか、ということまではさすがに覚えていませんが、私が知る範囲で妻の下着に大きな変化はありませんでした。
やがてお分かりになると思いますが、下着を変化させる必要がなかったという方が適切なのかもしれません。


同じ社内の人間に尋ねるわけにはいきませんし、なにせ、自分の妻の不貞を露呈してしまうと、噂があっという間に広がってしまいます。
探偵を雇うようなお金を持っていませんから、できるだけ小額に抑えなければなりません。

妻の行動を監視するには、妻本人ではなく、まず妻の車を監視するということに割り切りました。

そしてその方法をいくつか探したのですが、結局は2つに絞り込みました。
1つ目は、子供向けの携帯を使って今どこにいるのかを確認できるようにする。
2つ目は、ポータブルナビを使って車の通行軌跡を記録する。

この2つは両方とも妻の車、トランクのスペアタイヤのところに隠すことで考えました。
値段的には5万で買えるポータブルナビの方が安いのですが、電源がバッテリー式のものに限られるので明け方に妻の車に仕掛けてもまる一日の監視には充電がもちません。
それにナビでは記録として残るのはいいのですが、リアルタイムではないので、結局少し高額な子供向け携帯を選択したのです。

そのうち子供に渡してもいいかなと思いましたし、私の融通が利く範囲のコストで収まりそうでした。
電話として使わなければ、消費電力もかなり抑えられるので2~3日は充電が持ちます。

この携帯を購入した日のうちに何度か使い方を試しました。
通常のナビのイメージでいましたが、こちらが要求してから居場所が返されてくる仕組みで、精度にもちょっとのズレがありました。
しかし、機能的には差し支えがないのですぐ翌朝には妻の車へ設置しました。
トランクでゴトゴト音がしないように携帯をハンカチで包み、スペアタイヤの横に挟みこむようにして置きました。

妻の通勤時刻に合わせて何度か確認してみましたが、結構これがすぐれもので妻がどこにいるのかがわかります。

怪しい行動がないか毎日のように監視していましたが、何事も起きなかったこの頃は、浮気監視というより妻に内緒で行動監視しているとことが楽しくなってきたこともありました。

しかし、それも段々飽きてきた頃の、1ヶ月もしないうちに妻が行動を起こしました。
7月の暑い日でした。

この日は私が客先で打ち合わせをして、同行した人たちと帰り道で飲むことになったのです。
妻に飲んで帰ると連絡すると、妻はどこで飲むか尋ねてきたので場所を伝えました。
自宅の最寄の駅から電車で30分くらい離れた場所でした。

私はそろそろ妻が行動しそうな予感はしていました。

確認してみると会社の定時が過ぎた頃、妻の車が動きだしていました。
やはりというか、案の定というか、通勤ルートからそれた場所を走っています。
いつも買物をして帰るスーパーとも違う方向でした。

何かありそうなのに、その現場を抑えられないもどかしさをこの時感じていました。

妻の車は自宅の最寄の駅からひとつ離れたJRの駅近郊で止まりましたが、地図ではその止まった位置が何なのかまでは表示されません。
しかし、私も土地勘のあるところなので、そこが広い駐車場であることは想像できました。

なるほどです。
ここの目の前には3,4つのラブホテルもあります。
それにチェーン店のスーパーもありますから、仕事帰りに寄ったとしても適当に何か買物すればごまかしも効くというものです。

駐車場に車を停めて、近くで待ち合わせといったところでしょうか。

飲みながら何分ごとに携帯の画面で、妻の車が動き出すのを確認していました。
私は妻がこの瞬間にセックスしているということに呆れ、諦めの心境でした。

妻からの裏切りが現実感を増してくるに従って、ますます私を葛藤させてしまいます。

妻を許せない気持ちと、失いたくない気持ちがありました。
たとえ妻が不貞していたとしてら、復讐したいという思いと、更生させたいという思いが入り混じってしまいます。


裏切った妻を攻撃すべきか、受け入れるべきか。。。

結局この日の妻の行動は、
17時に仕事が終わり、
17時20分に駐車場着、それからラブホ、(スーパーにまで寄ったかどうかわかりません)
19時過ぎに帰宅といったところでしょう。

この日はこれ以上の収穫はありませんでしたが、妻の行動するパターン、つまり平日であればその時間帯と場所が特定できたことは大きな収穫でした。
次は相手を特定する必要があります。。。
  1. 2014/05/31(土) 00:45:24|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第8回

私はこの翌日の帰宅途中に妻が停車していた駐車場へ赴き、また妻が行動した時に備え、見張りやすい場所を探しておきました。

意外だったというか、その日はすぐにやってきました。
この前妻が怪しい行動を取ってまだ数日しか経っていないのに、妻の車が自宅とは違う方向を走っていたのです。

前回からあまりに日が開いていなかったので、『浮気ではなく本当はスーパーに寄っているだけなのか?』とさえ思いました。

現場をこの目で見なければ意味がありません。
妻が会社を出て15分くらい経ったでしょうか、私は妻を追いかけるように会社を後にしました。

この日は雨が降っていたのですが、私は傘もささずに小走りで自分の車まで行き、運転席に座って妻の車の位置を確かめるためにリクエストをかけてから、すぐに車を走らせました。

いつものように少し間があってから妻の位置が返されてきました。
思った通り、この前の駅の近くでした。

何度か確認してみましたが、妻の車は動きませんでしたので、すでに停車しているのでしょう。
しかし、この前の駐車場ではありません。
少し地図に誤差があるので、そのためかと思いました。

妻が停めたと思われる駐車場は2~300台くらい停められる大きな駐車場です。
私は駐車場の外の位置にいったん車を停めて、助手席の窓越しに妻の車を探しましたが、雨で窓ガラスが濡れている上、非常に視界も悪く見つけることができませんでした。

妻が止まって15分は経過していたこともあって、すでに妻は車の中にはいないと思い直し、駐車場の中に車を入れて探してみましたが妻の車は見当たりませんでした。

今の妻の車を示している位置とこの駐車場では、確かに誤差がありすぎます。

画面上の位置に車を向けるとコンビニに来てしまうのですが、その駐車場に妻の車はありません。
ですが、そのコンビニの隣には薄いピンク色のラブホがあるのです。
私はその建物の駐車場に入ることに少しためらいましたが、さすがにここで引き下がることはできませんでした。

妻の車が止まって、すでに20分は経っているはずです。
私はラブホの駐車場に進入すると、さほど広くない駐車場に探すまでもなく妻の車を見つけました。

その隣に見覚えのある車、会社でよく見る先輩の車でした。
先輩の車はひとつ型が古いドイツ製の大衆車で、見間違うことはありません。

震える手で、妻の車と先輩の車を携帯のカメラに納めると、私はその場を離れました。

そして少し離れた位置に車を停めて、私はまたそのラブホの出入り口付近を影から見ていました。

妻の帰宅時間を考えるとそんなに長くここにいれるはずはないのです。
夏とはいえ、雨のせいか心境のせいかわかりませんが、鳥肌が立ちとても寒かったことを覚えています。

しばらくすると先にその男の車が出てきて、その30秒後くらいに妻の車が出てきました。
妻は恐らくスーパーにでも寄るのでしょうが、私が先に寄っていた大きな駐車場に車を回しましたので、それを確認した後に私は自分の車に戻りました。

『どうしようか』と思っても何も思いつきませんでした。

少しあけた運転席の窓の隙間から細かい雨が入ってきましたが、普段は車の中で吸わないタバコに火をつけました。
このタイミングでようやく冒頭の10年前の喫煙所の出来事を思い出したのです。

私が喫煙所に入ったとたんに、霧散した先輩たち。
『こいつと二人で飲んでた時のくだらない話だから』と言っていた先輩ではなく、そう言われていた方の先輩。
その男が乗っている車が、ひとつ型が古いドイツ製の大衆車。

妻の浮気が確定し、浮気の相手が確定し、、、、、



家に帰るとリビングで子供がひとり宿題をしていました。

私が帰宅して10分後に妻が帰宅しました。

「あら、早かったね」

そう言った妻の手には、スーパーの袋がありました。
いつも行くスーパーと同じチェーン店なのですが、いつものスーパーとは場所が違う駅前のスーパーであることは分かっていました。
  1. 2014/05/31(土) 00:46:24|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第9回

子供の手前、妻に何も言いませんでした。
しかし、何を言えばいいのか、どう切り出せばいいのか思いつきませんでした。

その日の夜、ベッドの中で妻の背中をトントンと軽く叩きました。
私たちのセックスの合図です。

お互いが自分で裸になって、向かい合います。
普段であればここで前儀をするのですが、私は妻に騎乗位で私の体の上にまたがる様に指示しました。

妻は自分の陰部を当てながら、半立ちの状態の私のモノを手で上下にしごいていました。

少し硬くなった状態になると、妻は私のモノを体の中に受け入れてゆっくりと腰を前後に動かしだしました。

しかしというか、やはりというか、いつもなら濡れ方にもう少し時間がかかるはずなのに、溢れてしまって私をすんなり受け入れました。

妻は体を安定させるために私の両手を握って、腰を前後にも上下にも動かしています。

私のモノに伝わってくる妻の中が、いつもとちょっと違います。
説明するのは難しいのですが、私を包み込む妻の入口から子宮へと続く通り道に、ほんのわずかなんですが、妻の感触に違いがあるのです。

妻の中に隙間があるとか、ゆるみとか、、、、、そんな感じです。

『男のモノが大きかったのか・・・』
『興奮していたのか・・・』
頭の中にこういった言葉が浮かぶのは自然なことなのでしょうか。。。。

私は妻にかける言葉を探しましたが、言葉がみつかりませんでした。

妻はキャシャな体でセックスは受け身、一度逝ってしまうと、何度も何度も逝ってしまいます。
ですから一度上り詰めてしまうと、ずっとそのまま感じ続けてくれます。

しかし、この時は少し疲れた様子で私の方へ体を倒してきて、少しかすれたような声で私の耳元でささやきました。

「・ ・ ・ いいよ  もうイッて ・ ・ ・ なんだかイキそうにない      」

他の男とやるだけやってきてこのセリフかと、頭にカッと血が上りました。

ベッドの枕元の棚に置いてある携帯を取ると、その日に撮影したラブホの駐車場の写真を妻に見せつけました。

妻は騎乗位の姿勢で体を起こしてから携帯の画面を見つめたとき、妻の中が一瞬キュッと締まりました。

すかさず私は問いました。

「どういうことか、説明してくれるか」


妻はしばらくしてから大きくため息をつき、私の体から降りてそのままベッドの上に座りました。

「いつ撮ったの?、、、、、」 
  1. 2014/05/31(土) 00:47:40|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第10回

「今日だ。偶然お前の車を見つけた」
「・ ・ ・ そう・ ・ ・ 」

「どうするつもりだ」
「・ ・ ・ どうしたらいいの」

「俺がどうこうして欲しいわけじゃない。自分で考えろよ」
「・ ・ ・ じゃあ、もう会うのやめます」

「それで?」
「・ ・ ・ それだけ」

「あの人、独身だろ。一緒になることは考えてないのか?」
「それはないわ」

「どうして?」
「別に好きじゃないから」

「じゃあなぜ会ったんだ」
「・ ・ ・ 」

「セックス目的か」
「・ ・ ・ 」

「いつから会ってたんだ?」
「・ ・ ・ 」

妻はあっさりと認めました。
しかしこの後、何を言っても何を聞いても妻は口を開こうとはしませんでした。
返事をしないという態度は苛立ちを募らせます。

妻はそんなに勝気な性格ではありませんが、この時ばかりはかなり強い意志で口を閉ざしていました。
『いつかはばれる』ということを覚悟していたのでしょう。

私は妻との会話は成り立たないと思い、この日はすぐに会話をやめました。

翌日、妻の相手をした男、先輩のもとに行くとすでに話を聞いていたようで、私の顔を見てすぐに
「今日、定時後時間とっておいてくれ」
と言われ、待ち合わせの場所も決めて会うことにしました。

妻からすぐに連絡が届いているかと思うと尚更ムカツクものです。

その日の仕事は通常通りこなしましたが、社内で妻の姿を見かけると怒りの感情が込みあがって仕方ありませんでした。

定時を過ぎて待ち合わせの場所に行くと、その男以外にもう一人の先輩もいました。
喫煙所にいた先輩です。

そのまま近くの店の個室に入り、生ビールがでてきて、軽く口を当てると先方から切り出しました。

名前を出すまいと思っていましたが、話が分かりにくくなりそうですから今更ながら名前を出しますが、この2人のうち、ラブホに行っていた方が新垣、もう一人が江口です。

江口が場をとりなすような口調で
「お前の嫁さんのことでいきさつを説明しようと思っている。いいか?」
と言う言葉に私は頷きました。

話の出だしは私と妻が出会う前に遡りました。
  1. 2014/05/31(土) 00:48:40|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第11回

「どこまで知ってる?」
「まあ、妻が新垣さんとできてるってことですかね」

トゲのある言い方をしたのですが、新垣は何も言いません。
少し間をおいて江口が話しだしました。

「お前が会社に入ってくる前に、コイツ(新垣)とお前の嫁さんは付き合ってたっていうのは知っていたか?」
「詳しくはしりませんが、それらしいことは周りから聞いたことがあります。だから、新垣さんは妻が私と付き合う前の彼氏かなとは思ってました」

「それもちょっと違うんだ。いや正確に言うとお前の嫁さんんは別に付き合ってた彼氏がいたんだが、コイツとも並行して付き合ってた」
「それって新垣さんと浮気の関係ってことですか?」

「まあ、言い方にもよるけどな。お前の嫁さんは入社前から付き合ってる彼氏がいるってことを周りも知っていた。しかしコイツともいい関係になっていたので、周りは彼氏と別れてコイツと付き合いだしたと思ってた」
「二股かけられてたってことですか?」

「だから、二股なのか浮気なのかは分からないし、それにその彼氏っていうのといつ別れたのかもまったく知らない。この頃はコイツなりに真面目に交際していたし、いつか自分だけに振り向いてくれることを願って付き合ってたんだ」
「そこで僕が登場したって訳ですか」

「そう。だからお前がいい関係になってるって噂はすぐに広まって、コイツはそれであきらめたんだ」
「でも続いてるじゃないですか」

私はそう言ったものの、この時にはだんだんと江口、新垣の言いたいことも解ってきていました。
浮気をしていたことを情で済ませようとしているのでしょう。

「俺は、脚色して言うわけじゃない。こうなったいきさつをそのまま話していることを信じてくれ」

江口は落ち着いた口調で話しを続けます。

「話は戻るが、実際はお前とコイツが重なってた時期もあったんだ。ただコイツは自分から身を引いたんだけどな」
「じゃあ先日もこうやって何かあったってのはどういうことなんですか」

「時期的には、お前たちが結婚して子供が生まれた後くらいだったかな」
「育児休暇中ですか?」

私は子供が生まれた後の1年間取得できる育児休暇中に何かあったのかと思って尋ねました。


「いや、違う。その後だ。嫁さんが会社に復帰してきてちょっとしてからだ」
続けて江口は説明しました。
江口はそれまでの口調とは明らかに違って、声のトーンを少し落として言いにくそうに話しました。

「・ ・ ・ お前の嫁さんに対して職場復帰の歓迎会があってな ・ ・ ・そこで新垣も参加してたんだ」
「その時に何かあったんですか?」

「その日、一次会でお前の嫁さんは帰ったように見せかけて、新垣に誘われて二人で抜けたんだ。ただ、お前の嫁さんは結婚したこともあって、不倫するわけにもいかないと思い、近場で飲もうとしたが、結局は新垣の部屋に連れて行ってしまったんだ」
「いきなり妻はハイハイと部屋まで着いていったんですか?いきさつは正直に話してくださいよ」

「・ ・ ・ 」

言葉を失った江口の替わりに新垣が割り込みました。
「いや、二人きりはダメだと拒まれたんで、抜けだす時に江口も一緒に三人でって条件で説得したんだ。江口はそれから電話で呼んだんだよ。」
  1. 2014/05/31(土) 00:49:34|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第12回

私は新垣をかばっていた江口が言葉につまり、反対に江口をかばいはじめた新垣の様子を見て、江口も同罪であることを確信しました。
いずれにしても喫煙所の出来事が脳裏から離れなかったので、恐らくここで江口も何か絡んでいることも感じていました。

この後もお互いをかばってなかなか話が進まなかったのですが、結局は新垣の部屋で妻を交えて3人で飲んだそうです。

妻はしばらく酒を飲んでいなかったので少しの酒で酔ってしまい、そのまま新垣になすがままになったそうです。

初めにキスをした時に妻が何も言わなかったので、新垣はスカート中から下着を脱がせて妻を膝の上に座位の姿勢で座らせ、2人とも服を着たそのままの状態で挿入。

新垣は生で挿入したものの、服を着ている妻の腹上に放出することができず、どうやら妻にくわえさせてクチの中に放出したようでした。

他の男に抱かれているのを見られた妻は、もう拒絶する理由もみあたらず、その後江口まで受け入れたようでした。

どういったプレーをしたのかはわかりません。

その日何度か妻を抱いたような感じでしたが、新垣と江口で交互にまわしたのか、3Pをしたのかまでは分かりませんでした。
ただ、私は妻のセックス体質から、その日に何度もいき続けたんだろうな、なんて想像していました。

段々と調子づいた新垣と江口は、次々に話をばらしだしました。

その後も何度か新垣を中心にして3人でラブホに行くことがあったということです。
そのうちに、新垣とも江口ともそれぞれに誘われるがままラブホに行っていたようでした。

妻が言う『好きではないけど会っていた』という意味がわかりました。

結局妻は、私に出会う前からずっと新垣に抱かれ続け、結婚後は江口まで加わって私の目を欺いていたのです。

ひと通り話を聞いた私は、相手にクギをさしておきました。

「よく分かりました。 ・ ・ ・ で、これからは?」
「お前に悪いからもうするのやめるよ、悪かったな」

「婚前の三角関係なんかであればこれで済むかもしれません。ですが、私は結婚して子供までいる状態で『今までごめんな』って言われてコトが済むとは思っていないでしょ?」

私が低姿勢で聞いていたので、多少調子に乗っていた新垣と江口は、私が真剣に切り返したことでキョトンとした表情になりました。


「どうするって ・ ・ ・ ちょっと待て、俺たちは正直に話しただろ」
「それはきちんと事実を話したということにすぎません。責任とは別です。今答えは求めませんから、後日連絡してください。僕も今の内容を元に妻に確認してみます」


私は何か言いかけた二人の言葉も聞こえないフリをして、飲み代を少し多めにテーブルに置くと、すぐに店をあとにして帰路を急ぎました。

私は新垣、江口、妻の3人から恥をかかされました。
それだけに同じように恥をかかせてやることを考えていました。
  1. 2014/05/31(土) 00:50:27|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第13回

私はそれからすぐに自宅に帰りました。

早く切り上げたため、子供はまだ起きていましたが、寝締まった頃を見計らって妻に切り出しました。
妻も何か言われることは分かっていたようです。

「今日、新垣さんと江口さんと飲んできた」

本来、あまり交流のない人との飲みなので、普段であれば妻も驚くところでしょうが、この時は落ち着いたように

「そう」

とだけ返事しました。

「いろいろ聞いたよ」
「・ ・ ・」

「どうするつもりだ」
「どうするって、何が?」

「浮気しててとぼけた言い方するな」
「私、浮気とかしてないわよ」

「ふざけるな! 昨日新垣さんと会ってたこと認めただろう!」
「私、新垣くんと会ってたとか言ってないわ」

「新垣さんの車とお前の車がラブホの駐車場に停まってた写真みせただろうが!」
「何言ってるの、私は○○ちゃんに車を貸してたから、その間に江口くんに買物に連れて行ってもらっただけなのよ。変なこと言わないで。それに私の車がラブホに
停まってるってことは私も驚いたけど、○○ちゃんがラブホに行ってるなんてこと、いちいちあなたに言えないでしょ」

「昨日そんなこと言わなかったじゃないか!もう会わないと言ったのはなんだったんだ!」
「江口さんと買物に行ったのは悪かったと思ったわ。あなたからすればいい気持ちはしないでしょうから。でも私、○○ちゃんのことが気になってたの。変なこと言ったならごめんなさい」

私は妻の態度に強い怒りを覚えました。

「何を言ってんだ。結婚前から今までずっと体の関係だったんだろうが!新垣、江口が認めたんだぞ!!」
「・ ・ ・ そんなはずないじゃないの。あなたお酒の席でからかわれたのよ。酔ってるの? 絡みすぎよ」


なるほどです。
この時点で、妻と新垣、江口が口裏合わせて、私がどうでるか確認しようとしていたことに気付きました。

もちろん私は昨夜の妻の態度が許せず、浮気相手にも損害賠償請求を含めた責任の追及をするつもりでいました。
新垣にも正直に話してもらう必要もありました。

しかし、妻と新垣の関係は思っていたよりも深かったので、酒の途中で『ごめんでは済ませない』と宣告して退席したのです。

今回、私が妻の浮気問題を訴状に上げたとしても、この3人はそんな事実はないと否定して終わらせるつもりでしょう。

妻が車を貸したと言っている○○ちゃんというのも恐らく話がついているように思います。


仮に私が妻たちの関係を容認したり、今までは仕方ないがこれから先はダメだと柔和な態度を示したとしても、今までの関係を継続するように思えました。

結局、この3人は自分達の関係を匂わせることで、少しずつ私を手のうちに丸めこんでおこうという考えであったように思えます。

この日の夜中に私は妻の車に隠してあった携帯を取り出しました。

見つけられると、反対に妻の立場が強くなる可能性があったからです。

これからが大変でした。
  1. 2014/05/31(土) 00:51:22|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第14回

翌日、出社すると、新垣、江口がやってきて、

「すまん、すまん。昨日は冗談きつかったみたいだな。お前の嫁さんからも変なこと言うなってさっき怒られたよ」

と案の定というか、思った通りの言い訳をされました。


私は会社の懇意にしている人たちから、それとなく私が入社する前の妻の過去について尋ねました。

今まで全く知らなかったわけではありませんが、耳にしたことがある程度だったので、冗談とも本気ともわかりませんでした。

こちらから尋ねると、聞かれた相手はすべてを話さないにしても、嘘はつきません。

過去の新垣との関係を知る人は数人いましたが、現在の関係になると、誰もが『知らない』と口を揃えます。

反対に『なにかあったの?』と聞かれることも多く、あまり勘ぐられても困るのでそんな時は笑って濁しました。



妻との協議離婚に持ち込んだとしても、浮気を立証しなければ反対に慰謝料を払わなくてはいけません。
そんな愚かなことはできないので、私はしばらくの間、どうすればいいのか悩みました。

会社での仕事はまじめにこなしていましたが、気持ちが明るくなるこもなかったので自然と会話は少なくなっていました。
ある日、私の元気がないと心配していた同期の友人が声をかけてきました。

「お前、嫁さんのことで悩んでないか?」

ちょっと驚いて返事しました。

「ん? どうした、いきなり」

友人は少し間をおいて説明しました。

「この前な、会社でお前のことを話しているのが聞こえたから、そのまま内容を聞いてたんよ」
「なんの話?」

「お前が、嫁さんの浮気を疑ってるって」
「・ ・ ・ まあね、ちょっとそれでここんとこ気が晴れなくてね。それ新垣さんたちだろ、話してたの」

「うん。。お前が新垣さんと嫁さんのことを疑って詮索してるみたいなことを言ってた」
「気を使った言い方しなくていいよ。バカ扱いで笑われてたんだろ」

友人は私の問いに答えなかったので、私の勘は当たっていたのでしょう。
新垣としては、妻と結婚した私を良く思うはずがなく、私の人格を否定することが楽しくて仕方ないのでしょう。

「お前、ホントに嫁さん、浮気してるの?」
「たぶん、間違いない。嫁さんと新垣さんが口裏合わせているからなかなかね。。。」

その翌週、課長が私を会議室に呼びました。
  1. 2014/05/31(土) 00:52:22|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第15回

課長は私を見るとすぐに座らせ、前置きもなく話始めました。

「家庭の話を少し聞いたんだが、深刻なのか?」

話が広まっているのかなと、少しうんざりもしました。

「妻のことですか?」
課長は何も言わずに頷きました。

「深刻というか、実態がわからず心配しているだけですよ」

「奥さんは何も言わないのか?」
「否定してますからね。相手と思われる方も同じような感じです」

いろいろと聞かれましたが、すべては言いませんでした。
私も話がどこまで広がっているのかが気になって、最後に情報元が同期の友人でないのかと尋ねると、課長は頷きました。

「あいつ、お前のこと、本当に心配していたぞ」
と付け加えました。

その翌日にまた課長から呼ばれたので、会議室に行くと今度は部長まで同席していました。
話が大きくなるのは私も望んでいたわけではないのですが、こうなると仕方ありませんでした。

課長が先に切り出した話はこうでした。

「奥さんの相手と言われていた本人(新垣)に確認したが、酒の場の冗談をお前が真に受けたらしいじゃないか」

私は黙っていました。

部長は
「この話を初めに聞いた時は驚きもしたが、勘違いだと聞いて安心したよ。いい奥さんだから心配もするだろうけど、まあ良かったじゃないか」

私は形式上、お詫びとお礼を言って会議室を出ました。

まっこうから、相手に聞いたとしても素直に答えるどころか、人間関係の悪化しか生まないことは誰にでもわかることです。
しかし、上司としては「聞いたから確認した」ということで責任を果たしたつもりなのでしょう。
初めから上司に期待していたわけじゃないので、これはこのままで構いませんでした。


この時期は自宅に帰っても妻との会話は必要最低限しかしませんし、私は寝室にこもりがちでした。
妻は明るくふるまっていますが、そういった態度さえ私の感情を逆なでしていました。

どうするか策を練るというより、手を打ちあぐねてしまったな、と思っていると、
「お前の嫁さんのことで話がある。会社じゃ話せないから」
と同期の友人が私に声をかけてきました。

その日、2人で入った古びた焼鳥屋で、彼は私に相談せず上司に告げたことを最初に詫びました。
そして本題に入りました。

「本当は課長たちになんとかして欲しかったんだ。お前を傷つけたくなかった」
「どういうことか?」

「新垣さんとお前の嫁さんは出来てる」
「なんでお前が知ってるの」

「あの人(新垣)たちの仲間内では、みんな知ってる」
「そうだろうな。そう思ってたよ。グルになってるのが多いってことだよな」

「そう。お前、嫁さんとどうするつもり? 許すの?」
「考えてる段階。ただ証拠もなく噂だけでは行動とれないし」

友人は黙って私の顔を見つめていました。

「俺、今日お前に会ったのはこれ見せようと思ったんだけど、見せた俺をうらむなよ」

そう言って携帯電話を取り出し、ボタンを操作してから携帯を私に手渡してくれました。

画面には、暗がりのベッドで男と女性が絡んでいる姿が写っていました。
男の横顔が少し写って、女はアイマスクを掛けて写っています。

ですが、それが新垣と妻であることが分かりました。
髪、体型、体のライン、脚線なんか見れば妻だとすぐに分かりました。

私はその画面をじっと見つめました。

「これ1枚しかないんだけどな。あの仲間内のひとりがメールでくれたんだよ」
「いつの話?」

「ずいぶん前だけどね。悪いけどお前には言えなかった」
「お前も良く消してなかったな(苦笑)。このアングル、誰かが撮ったんだろ?」

「たぶん。それが江口さんなのか、あの中の誰かまでは知らないけどな」
「流出してるってことか、最悪だな。他にはないか?」

「いや、まだあるらしい。でも俺はこれしか見たことはないけどな」
「お前、証人になってくれるか?」

「ん、、、、いきなり俺の名前を出すのは勘弁してくれ」
「分かってる。その写真、俺の携帯に送ってくれ」
  1. 2014/05/31(土) 00:53:52|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第16回

その日友人と別れた後の帰宅途中、携帯に送ってもらったその写真を何度も見ました。


恐らくは写真を撮るようにしたのは新垣でしょうが、そうこうすることによって妻への征服感も高めていたのかもしれません。
実際は写真だけでなく、江口のように他の男にも抱かせて妻への支配欲を充たしてもいたのでしょう。

それに女の悦びを感じて新垣に挿入されている妻。

妻の居場所を探知していた頃には、少しの興奮さえ感じていた私でした。
しかし、今までの妻と新垣が私に対してとった態度を思い出すと、興奮どころかバカバカしさを感じてしまってました。

この携帯の写真は、妻に見せつけたとしても『他人のそら似』で終わらせることでしょう。

私はこの写真を証拠として使うつもりはありませんでしたが、もしもの為に手元に置いておきたかっただけです。


扉を開くと我が家独特の匂いがします。
リビングに行くと妻が起きていました。

「お帰り」

私は黙って荷物を置いてスーツを脱ぎ、シャワーを浴びました。

シャワーを浴びながら、今までの妻との生活を思い浮かべましたが、落ち着いて考えているわけではないので、かえって頭の中が
整理できませんでした。
バスタオルで体を拭きあげ、着替えて妻の横に立つと妻は
「どうしたの?」
と問いかけてきました。

私は自然と口から出た言葉が
「お前、新垣さんと一緒になるつもりはないのか?」
でした。

前も同じようなことを聞いて『ない』と返事した妻でしたが今回は違っていました。

「どうして新垣くんのこと、そんなに気にするの?」
「お前がそうしたいんだろうと思ってね」

「浮気してるか疑ってるんでしょ。それに知ってるんだから、あなた会社で上司にまで相談したらしいわね」
「俺が相談したかったわけじゃないけどね」

「なによそれ、とぼけた言い方して。新垣くんが上司に変なこと聞かれて迷惑かけたじゃない」
「もとはあっちが俺に仕掛けてきたんだろ」

「どっちにしたってそういう噂が会社で流れたら、私だって困るのよ。なに考えてるの。あなた頭おかしいんじゃない?」

妻は感情が高ぶって、語気がどんどん強くなっていきました。
私は逆ギレの状態の妻に対して『相手できないな』と思ってさっさと寝室に入りました。

『仕方ない。もう・・・・』
  1. 2014/05/31(土) 00:54:52|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第17回

私は妻との修復が困難であることにようやく自分の中で整理がつきました。

私は気持ちが揺るがないうちにと、すぐに会社の人事部長に連絡をとりました。
本来ならそう簡単に合える相手ではありませんが、緊急ということで時間を取ってもらい事態を説明しました。

もちろん私の説明では、妻の居場所を確認するための携帯を設置したことは隠しましたが。

ひと通りコトを聞いた人事部長は、私にこう言いました。

「奥さんと別れたいのか、別れたくないのか。まずそれが一番大切だ」

「別れたくはありませんでした。でももうやり直しができません」
と答えました。

「別れることになっても仕方ないということだな。まずは事実を確認する。ちょっと待ってろ」
そう言って会議室を出ていきました。
するとすぐに、妻に車を借りてラブホに行ったことになっている○○ちゃんを連れて来ました。

○○ちゃんは、いきなり人事部長が来て何のことか分からないうちに連れてこられたのでしょうが、会議室で私の顔を
見るとハッとしたような表情を見せました。

新垣の仲間うちのひとりで、○○ちゃんもラブホ駐車場の件では口裏をあわせているはずです。
それは人事部長も分かってのことです。
しかし、社内電話で呼び出して、あれこれ新垣や妻と連絡を取ると面倒なので直接呼びに行ったのでしょう。

人事部長は○○ちゃんを席に座らせるとすぐに切り出しました。

「確認したいことがあってね。あなた、この人(私のこと)の奥さんとは仲がいいようだけど、車を借りて運転したことある?」

人事部長は続けます。
「答えにくいだろうね。私にウソはつかないようにね。で、どうなの?」
「・ ・ ・ ありません」

借りたことはないということが何を意味するのか分かっていたので、○○ちゃんはためらいながら答えました。
しかし、人事部長、ここで止めませんでした。

「何か聞かれたら『借りたことにしておいて』と頼まれたことはあるよね。この人の奥さんに」
「・ ・ ・ はい」

「何で『借りたことにしておいて』と頼まれたのかその理由は分かる?」

○○ちゃんはここで言葉を発せなくなりました。

そこで人事部長は私に会議室を出て行くように指示しました。

それから30分後、私は人事部長に呼び戻されました。

人事部長は私に教えてくれました。
「あなたが言っている通り、○○ちゃんは車を借りてはいなかった。もし何かあった場合、車を借りていたことにして欲しいと頼まれていた。その理由は奥さんの不倫によるものだった。その相手については確かめないといけないので、確定しない限り、あなたに伝えることはできないが、しばらく待っていて欲しい」

○○ちゃんがまた戻って新垣たちに何か言うのではないかと気になっていたが、人事部長はそれはないと説明を付け加えてくれた。
もともと○○ちゃんはこのことを良く思っていなかったので、片棒担がされている事に嫌悪感も感じているということだった。

数日後のこと、次に人事部長が私を呼んだ時には、すべての事実が確認されていました。
  1. 2014/05/31(土) 00:55:45|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第18回

私が人事部長に話をしてから、数日後に明らかに妻の様子がおかしいと感じた日がありました。

元気がないというか、動作が緩慢で表情も暗く、まったく言葉を発しませんでした。
私は『何かあったな』と分かりましたが、何も声をかけませんでした。
その日妻は食事さえとらなかったようでした。

翌朝、朝食の時間にさえ起きてこなかったので、私が子供と自分の食事の用意をして簡単な朝食を済ませました。
子供が学校に行く時間に起きてきた妻は、
「行ってらっしゃい」
と、気だるそうに言って、朝からため息をつきながらダラダラとした感じでコーヒーを沸かし始めました。

この居心地の悪い空気が嫌だったので、私はいつもより早い時間に家を出て会社に行きました。


その日の午後のこと、人事部長から直接私の携帯電話に連絡がありました。

すぐに呼ばれた会議室に入ると、人事部長と直属の上司である△△部長の二人が座っていました。

△△部長までいることに少し抵抗感がありましたが、人事部長が私を座らせるとすぐに話しはじめました。
「内容はわかってるだろうけど、あなたの奥さんの事についてだ。非常にデリケートな内容のため、私が誤った伝達や不適切な説明が起きないように、また起きていなかったことが証明できる
ように△△部長に同席して貰いました」

私は
「はい」
とだけ返事しました。

「結論から言うと、残念ながらやっぱり奥さんは浮気をしていました。それもあなたの言う通り新垣とは結婚前から今まで続いていました」
「そうですか。。。」

「あなたから相談を受けたあとに、新垣と奥さんのメールサーバーの履歴を確認したんだけど、怪しい内容のものは見つからなくてね。それで携帯の写真が流出している可能性を考えて
そこを重点的に調べさせていたら、2、3人やり取りをしているヤツらが見つかってね。そいつらは新垣と仲がいいわけじゃなかったので、言いかえると社内的にもかなり流出しているってことだろうね。
結局そいつらをひとりひとり呼び出して、出所をさかのぼって調べていくと、新垣にたどり着くことができました」

写メをPCメールで転送していたのでしょうが、人事部長から呼び出されて勤務時間中に会社のパソコンを使って、ワイセツな写真を閲覧、送受信していたことを注意されると誰も隠すことはできなかったでしょう。

人事部長はしっかりとした目線で私に向かって話を続けました。
「それでね、いろいろと話を聞いていく内に、奥さんの相手は複数人いることが分かってね。これには私も驚いたね」

私は人事部長の話を黙って聞いていました。

「あなたの奥さんの相手は新垣が中心で、その他に特定できたのが江口と森山でした」

私はびっくりして聞き直しました。

「森山って、森山課長ですか?」
「そうだ。申し訳ないがあなたの上司の森山だ。」

私はまったく予想してなかったことに言葉を失いました。


ここで△△部長が話しをはじめました。

「以前キミの話があがっていた時に私が確認すべきだった。森山から、『いろいろ確認したが勘違いにも関わらず、キミが新垣と奥さんの仲を疑って仕事が手についてない』と報告を受け、私がそれをそのまま鵜呑みにしてしまった。すまなかった。」

△△部長は私に頭を下げて謝りました。

人事部長がそれを見て、また続けます。

「森山と新垣はね、入社が1年違うけど、高校の同級生なんだよ」
「そうなんですか。。。酷い話ですね」

「ああ、とんでもない話だ。言葉が適正かどうかは分からないが、新垣と奥さんが不倫の関係であって、森山と江口はそれにあやかった肉体関係という見方をしているがね。  そこでだ。今回のように社員同士での不倫と言っても、
お互いの同意の上なら会社は介入できない」
「オトガメ無しってことですか?」

「不倫や肉体関係だけならね。しかし、新垣、江口に関しては、奥さんの裸の写真を社内に流出させた罪がある。このことを昨日奥さんを呼び出して確認したが、奥さん自身はこれを知らなかった。
その後初めて新垣、江口を別々に呼んだが、不倫関係や写真の事実関係を認めたので、女性社員の裸を意図的に社内に広めた著しく風紀を乱す行為として、二人に何らかの処分が出ることを伝えた。処分の内容はまだこれから検討する段階であったが、今朝、二人そろって辞表を持ってきたのでそれを受理した」

私はじっと人事部長を見つめていました。

「森山については、管理職であるため、自分の部下の妻に対しての不貞の事実というのは会社としても看過することはできない。更に部下からの相談に対する偽証、隠蔽工作を認めたこともあって、未確定ながら少なくとも一般職への降格及び1ヶ月の停職があることを示唆したが、それを聞いてすぐに自ら依願退職した」

少し驚きましたが、このまま会社に残ってたとしても会社側も本人側にも良いことはないと、そんなことも含めて自己都合による退職を勧め、丸くおさめたのだと思いました。

会社を辞めることになった3人と少しでも顔を会わせたくなかったのですが、
「3人については、顧客情報を持ち出したり、データの消去や破壊をさせないように、仕事も机も今の状態のままで会社を引き取ってもらった。私物はこちらから自宅に送るし、もう職場に来ることはない」
という説明を聞いて安心もしましたが、会社の厳しい姿勢も感じました。
『引き継ぎはどうなるんだろうか』ということも気になりましたが、愚問になるので聞きませんでした。
  1. 2014/05/31(土) 00:56:42|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第19回

それよりも私は、
「妻の様子はどうでしたか?」
と人事部長に尋ねました。

「昨日私が呼び出した時には、あくまでも裸を流出させられた被害者として呼んだにすぎない。 もちろん流出の事実は知らなかったようで、聞かされた時には真っ青になっていたよ。まあ自業自得の気もするがね」

人事部長は話を続けます。
「さて、あなたの奥さんについて話を続けます・ ・ ・ 今までの話を聞いて、あなたもショックを受けているでしょうが、大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です」

ゆっくりとした口調で間を取りながら、話が続きました。

「今、あなたを呼ぶ前に、さっきまでここで奥さんと話をしていました。写真を流出させられた被害者として、その関係者がどうなったかを伝える必要があってね。今回新垣たち3人の退職について説明をするとひどく動揺していたよ。
『写真のことはあなたが知っているのか』ということを質問してきたので、そこは隠すことなく正直に知っていると答えている。  あなたが知っていると聞くとさすがに泣きだしてね。  私は奥さんに言ったよ、バカなことしたねって」

この時点で人事部長がこれから言おうとしていることが脳裏によぎりました。

「3人が退職した件にかかわっている被害者でもあるが、それを引き起こした当事者でもある。 だが、先にも説明したように浮気という問題については、プライベートでの出来事であるため、会社として奥さんをどうこう処分することはない。
しかし、このままにしておくことも望ましいわけではない。その点にあなたは理解できますか?」
「はい」

「ご主人にも浮気していることや写真のことも知られているし、そのこと自体が会社の中で噂となって広がることまでは、止める事ができないよって奥さんに言うと、ただただ謝っていました。私に謝られてもね。。。」

会社とすれば妻を退職させることは簡単なのでしょうが、妻が退職するのか仕事を継続するのかの決断を、最終的には私たち夫婦に委ねたということがわかりました。
人事部長は、私たちがこれからをどうしていくのかという大きな分岐点に、自ら結論を出すように導いてくれたのです。

人事部長が冒頭に△△部長を同席させた理由を説明しましたが、それだけでないことも感じました。

森山課長と人事部長が話をする時でさえ同席していないようですから、△△部長を同席させたのには、部下の声をしっかりと聞かず、こういった人の気持ちが関わる問題を軽くあしらったその罪を深く反省するように意図されているのではないかと感じました。
それに△△部長がここにいることで、△△部長と私の距離が近づき、これから先の仕事の上でも相談がしやすいようにお互いへの配慮が含まれている事も感じました。

私は人事部長に感謝しつつ、△△部長に今後もお願いしますとの気持ちをこめ、深くお辞儀をしてから会議室をあとにしました。


その日、遅めの22時前に自宅へ帰りました。
妻と話し合わなければならないその日、子供が眠るころに帰らなければ、子供の心配を募らせるだけだと思ったのです。

自宅に車をとめ、玄関を開けると、家の電気が消えているのがわかりました。
  1. 2014/05/31(土) 00:57:46|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第20回

暗く静まりかえっている家の中、子供の部屋の前に立ちそっと扉を開けると、いつもと変わらず子供はベッドで眠っていました。

眠っている子供のオデコに手を当てるとうっすらと汗ばんでいたので、ポケットからハンカチを出しましたが、よごれたハンカチで子供の顔を拭いたらこの子に怒られちゃうな、と思いなおして、机の上のティッシュを取ってそっと汗を拭ってあげました。

子供のそばに立ちすくみ、チカラのないため息が自然と漏れました。
『パパ、どうしたらいいんだろうね』涙をこらえて子供の部屋を出ました。

リビングに入って照明を点けるとテーブルの上に食事が置かれているのが目にとまりました。
今までであれば、私が帰ってきてから食事が作られたり、温めなおしたりしてくれてました。


寝室の扉をあけると、妻が寝ていました。
私はためらうことなくその妻を起こしました。

気だるそうに起きた妻の顔は、不機嫌をあらわにした態度でテーブルの椅子に座りました。

私はそういった態度も鼻につきましたが、いろいろ前置きをせずに、新垣たちとの関係について説明を求めました。

妻は、都合が悪くなるといつも口を閉ざしてしまうので私もくたびれるのですが、この時も妻が口を開くのをじっと待ちました。

テーブルの上に置かれた食事が虚しく私の視界に入ります。

じっと下を向いたままの妻に苛立ちがつのっていくばかりでした。

さすがに10分もたつと、私もこの変化のない沈黙に耐えられませんでした。

「説明しろと言ってるのに何を黙ってんだ」

落ち着いて話したつもりでしたが、怒りが込められていることがわかるような声色だったと思います。

妻はようやく返事をしました。


「・ ・ ・ 眠ってたのを急に起こされたから頭がまわってないのよ」
  1. 2014/05/31(土) 00:58:59|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第21回

人事部長から聞いた話では、『この一連の出来事を私が知っている』と伝えた時に、妻はショックで泣きだしたということでした。
かなり反省して気持ちも沈んでいるという状況を想定していました。
少なくともこの態度とこの言葉はありえないでしょう。

コトの重大さ、というものが分かって今更ながらとぼけているのか、分かってないのか、いずれにしてもこの態度は許せませんでした。


「お前は、どこまで人をバカにするんだ。今回、どれだけの人に影響があったのか分かってるのか?」
「私だって被害者でしょ!恥ずかしくて会社なんか行きたくないわよ」

「お前、俺に謝るのが先じゃないのか?」
「別に私は恋愛感情なんてなかったのよ、それをあんたが勘ぐって会社に言うからでしょ!」

「呆れたヤツだな。自分のやってたことを悪いと思わないのか?」
「私は家庭のこともちゃんとやってるわ。あまり人に言えたことじゃないけど、人との付き合い方だっていろいろあるでしょ? 嫌ならどうして面と向かって言わないの。だいたい自分の妻を会社に告げ口する? あんたもおかしいんじゃない? これだけ大騒ぎになってどうするつもりよ!」

「お前、自分に非が無いと思ってるのか?」
「私が女だからそんな聞き方されるんでしょ。男の人たちってみんな何してるか分からないのに」

妻は、冷静なのか頭に血が上ってるのか分かりませんが、新垣たちに対しても、私に対しても、自分が被害者としての立場しか思いつかないようです。

私は妻から説明を聞くつもりでしたが、こんな状況で話が進まないので私から順序だててはっきりと伝えました。

雨の日の飲み会の帰りのこと、ラブホの駐車場のこと、写真のことなど、今日までのことを妻に話しました。
喫煙所で新垣たちが話していたことや酒を飲みながらバカにされたことも話しました。
△△部長、森山課長、人事部長とのやりとりも説明しました。
新垣とのかかわりについても何度か尋ねたが、否定してウソをついていたことも非難しました。

そして私は妻に問いました。

「2つの答えを出さなければならない。1つ目はお前の仕事のこと、2つ目は俺たちのこと。まず会社はどうするつもりだ?」
「・ ・ ・ 行きたくないわよ。辞めるとか辞めないとかより近所に広まった方が嫌だわ」

「俺たちの夫婦の関係をどうするかを決めて、仕事のことを考えた方がいいかもな」
「夫婦の関係ってなにを考えるの?」

「このまま夫婦の関係を続けていくのかってことだ」
「・ ・ ・ そんなの聞かれたって分かるわけないでしょ」

「分かる、分からないじゃない。考えなければいけないんだ。
いいか、新垣さんは独身だからまだいい。江口さん、森山さんは家庭もあるし子供もいるんだ。それが急に仕事を辞めた。その理由についても今後の生活についても夫婦間で話し合いをしているはずだ。
今回の当事者たちには社会通念上の罪があり、その報いを受けなければならない。お前は自分の立場を被害者と思っているようだが、江口さんたちの奥さんからみれば、お前は加害者になる。つまり、報いを受けることになるひとりだという事をよく分かっておくべきだ」

「奥さんたちが私に文句を言うってことを言いたいの?」
「文句とかいうものじゃない。江口、森山たちの奥さんから訴えられる可能性だってあるってことだ」

「あの人達が好きでやったことじゃない。何で私がそんなことされないといけないの」
「お前、、、自分がやったことは恋愛感情があろうとなかろうと浮気ってなるんだよ。いいか、お前は俺から訴えられることもあるってことを忘れるなよ」

「いろいろ言われたって分からないわ。どうしたらいいってこと?」


疲れます。。。話の本質にたどり着きません。

妻の倫理観の無さに呆れるばかりです。
勉強はそこそこ出来ていたのかもしれませんが、大人としては何も学んでいないのでしょう。
これは私も反省すべきなのかもしれません。

いずれにしてもこのままでは会話が成りたたないのは分かりました。
過去にもケンカになった時、物事の考え方や理屈を説明しても『分からない』を貫いてきた妻です。
いえ、本当の所は、分からないではなく、自分に非があるということに耐えられない性分にあると思います。

私は仕事の疲れを理由に話を中断しました。
  1. 2014/05/31(土) 00:59:50|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 第22回

時間をかけても話は進展しません。
私はこうなった時には、妻の実家に相談することを前々から考えていました。

翌朝、妻は寝たまま起きてきませんでした。
子供に朝食をとらせ、学校に行かせると、その後私は会社に行くふりをして家を出ました。
△△部長に電話して急に休みを取ることになったことを伝え、謝罪したところ、
「きついだろうな。明日は会社に出てこい。用事があるならすぐ帰っていいが、顔だけは見せろよ」
と言ってくれました。

妻の実家は車で1時間程度の距離。
そのまま行くには時間が早いこともあるし、昨夜眠れなかったので途中で車を止めて仮眠をとってから妻の実家に行きました。
この両親はすでに定年を迎えて普段は自宅にいます。
父親の車があることを確認して私は車から降り、玄関の前に立ってチャイムを鳴らしました。
すぐに母親が出てきましたが、突然の訪問に何かを察したらしく、すぐに父親も出てきて家の中に通されました。

母親がお茶を入れてくれ、両親が同席したところで私はすぐに話しを切り出しました。
妻の不貞とその影響範囲について、そして会社での立場もひと通り説明しました。
私は事実だけを説明することにとどめ、まずはこの両親の反応を待ちました。

深く謝罪の言葉があったあと、母親は
「それでも許してあげてね」
と言う言葉をいきなり添えました。

父親は今日こうして私が来た目的を尋ねました。

「本来であれば私達で答えをだすべきだと思います。私は周りから事実を聞いているだけで、妻はそれを認めたものの、自分の口からは
何も説明しようとしません。
 今までの不貞もそうですが、今現在の不躾な態度にも我慢ができませんし、私が直接助けてやれることはありません。
 今日はおそらく会社にも行けず休んでいるでしょう。もし相手の男のところに行ってるのであれば、こうして私がお話しする必要もなく
離婚手続きを進められますが、そうでなければ相談相手も行く場所もアテがないでしょう。
 お願いしたいのは、まずあのコに事実を確認してください。
 そしてできることであれば、しばらくここで生活させてあげてください」

その日の夕方に父親から連絡がありました。

私が帰ったあとに、両親は私の家に行ったとのこと。
さすがに新垣とは会いにくいのでしょう、妻は家で寝ていたようです。
連れて出ようとしたが泣きじゃくって嫌がったので、着替え程度しか持って出なかったが荷物をまとめるのに時間がかかったそうです。
子供のことを心配していると言われたのですが『こうした自分の責任を感じて欲しいと思います』ときつく伝えました。

辛い役ですが、子供には私から説明するので、会社をどうするか連絡しないといけないでしょう。
辞める辞めないは別にして、しばらく休むとでも伝えてはどうかと言って電話を切りました。
  1. 2014/05/31(土) 01:00:50|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの置場に 最終回

その日家に帰って子供に話をしました。
子供は涙を拭きながらも気丈にふるまってくれました。
それから子供と私の2人だけの生活が始まったので、今までより会社は少し早く帰るようにしています。
食事なんかも苦労しましたが、年頃のせいか子供は洗濯だけは私にさせません。

会社は思っていたより騒ぎになることもなく、普通通りでした。
妻は数か月の間休職をしていましたが、結局職場に戻ることなくこの3月末に退職してしまいました。

そして現在ですが、まだ離婚はしていません。
新垣や江口のことはどうなったか知りません。
森山については、離婚したかどうかは知らないが、遠くの会社に就職したようだと△△部長から聞きました。

あれから妻とは顔をあわせていません。
子供は会っているのか、いないのかわかりませんが、それは聞かないようにしています。

妻はたまに荷物を取りにきているようで、そんな時にはテーブルの上に作ってきたおかずを置いて行くことがあり、私が帰ると子供が飛んできて
「ほら、お母さん、来てたみたいよ!」
とおかずを指さしながら、笑顔を向けてくれます。
子供は喜んで食べるのですが、私はさすがにノドを通りません。

妻と別居してもう少しで半年になります。
半年という節目を決めていたわけではありませんが、私も子供も気持ちも落ち着いてきたので、そろそろ妻との離婚に向けた話をすすめるつもりです。
正直なところ、私も揉めるのが嫌だったので、うまく実家に引き取ってもらい、そのまま離婚の流れで考えていましたので。。。

新垣と妻が今はどういう関係かは分かりません。
家庭を守れなかった私自身にも責任はあるのですが、ひとつのケジメとして妻との離婚手続きを終えてから、新垣に慰謝料請求をするつもりにしています。
慰謝料というとそのお金の使い方が難しいんです。
法的には正当なのですが、あまり縁起の良くないものなので。

そして妻にも責任を取ってもらいますが、毎月の養育費は必要ありませんし、毎月関わっているということもあまり考えたくありません。
タイミングを見計らってまとめた金額を請求することで考えたいと思ってます。


ちょっと耳にしたお話があるので、お伝えしておきます。
妻から車を借りたことになっていた○○ちゃんは、以前から江口と出来ていたようです。
江口がたまに妻と寝ていることを面白くなかったようだという噂もありますが、ホントの所はわかりません。
人事部長に、妻から車を借りたのか尋ねられて借りてないと答えたのは、ごまかせないということもあったのでしょうが、妻を突き離した心境を考えると恐ろしいものです。
それに人事部長もこのことは調査済みで、私には言う必要がないと情報を閉ざしたのかもしれませんね。
しかし、○○ちゃんは今でも普通通り出勤しています。大したもんです。


今日は天気の良い日曜日になりそうです。
子供と一緒に、どこへ行って、晩御飯何にしようかとこれから決めるのが楽しみです。
「パパ、朝起きてもう晩御飯~!?」
って毎日のように言われてますけど。。。。


まだ最終結果はでていませんが、これで投稿は終わりになります。
皆さんのレスを読ませていただいて、自分の萎えかけた心が本当にずいぶん励まされました。
たくさんのレスありがとうございました。
ひとりひとりの皆様に心から感謝します。

レタスは、手をかけずに食べれるので私と娘の食事によく登場しますので、名前に使ってみました。これにマヨネーズをかけて食べるだけですけど、これが料理かどうかは微妙。

ワタシタチオヤコハコレカラモガンバリマス。
アリガトウゴザイマシタ。

  1. 2014/05/31(土) 01:02:00|
  2. 気持ちの置場に・レタス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR