FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

無防備な妻はみんなのオモチャ 第1回

私の妻は恐ろしい程無防備です。今はその無防備を自分は楽しんでいます。それまでの体験を今から告白します。
私がその無防備さに気つ゛いたのは、今年の6月20日のある出来事からです。私は元々胸ちらとかが好きで、よくデパートとか行ったら子供を世話している無防備な人妻に近づいては胸ちらやパンチラを拝んでました。
しかしまさか自分の妻が自分みたいな変態達にのぞかれ痴漢されているとはそれまで思ってもいませんでした。
あれは6月20日の日曜日で、その日はとても暑かったので自分は妻と子供と3人でXXXの森公園に遊びに行きました。しばらく遊んだ後、子供が池の方で遊びたいと言ったので、妻と子供は池の方に遊びに行き、自分はすこしブラブラしながら子供と遊んでいる人妻の胸
元を見たりと楽しんでました。
しばらくして池のほうに行き妻達を探していると、あまり人はいないのに、ある一角だけ人だかりができているのでそこへ行きました。男が15人くらいと子供が何人かいて、その中心の方を見ると妻と子供がいました。
私は妻の方に近づこうとした時妻の格好を見て驚き立ち止まりました。元々妻は子供を産んでから激ヤセしたので、Tシャツはいつもブカブカで肩からズリ落ちそうなくらいの物を着ており、しかもその日は暑かったのでいつもはいているきつめの短パンでした。
その格好はすごいもので、他の子供達と草で作った船を浮かべて遊んでいるらしく屈んだ状態になっており、胸元からはブラやそこからこぼれているオッパイ(激ヤセしたため元々EカップだったのがCカップになったため)、乳首、更にはオッパイの下のお腹の下のシワに
なっている部分まで丸見えになってました。
自分は今までこんなにすごい胸ちらを見たことはありません。ある意味上半身裸になっているようなくらいでした。私は恥ずかしくなり妻の方へ行こうとした時、更に驚きました。なんとまわりの男達の視線はあきらかに妻の胸元にいっているのです。15人くらいの男達が集まっているのは、子供達を見るためでなくあきらかに妻をみるために集まってきているらしく、見ているどころか露骨に上からのぞいています。私はパニックになりその場で動けなくなりました。しばらくすると妻が気づかないせいか男達は更に大胆になり、子供と遊ぶふりしながら妻に近寄り、妻の胸元から30cmくらいのところまで顔を近つ゛けてのぞきこんでます。私は何よりもそれに気づかない妻にびっくりしました。
男達の中でも若い4人組(20才ぐらい)は特に大胆で、妻の1m以内を占領し順番に覗きこんでます、そのうち2人が妻の後ろにまわり屈んで見上げているので何をしているのかと思っていると、妻が反対を向いた時それが分かりました。
妻は短パン(すごいキツメの)をはいて屈んでいるので大きいお尻に短パンがすごい食い込んだ状態になっており、パンツはモロはみだし、更にはお尻の肉まではみだしている格好です。
男達は屈んではそれを覗いているのです。はそれに気づかないない妻の様子に頭の中が真っ白になりその場をちょっと離れ立ち止まってました。
しばらくすると妻達は池を上がり、向こうへ行きました。すると男達もその場から離れていきました。4人の若い男達が私の側を通りすぎていく時会話が聞こえました。 男4人(すごかったのー、モロ見え、俺何回かお尻さわったけどぜんぜん気づかんだぞー、まじでー
、もっかいみてー、やめとけよー)信じられない会話です。
4人の会話を聞き、私はしばらく呆然としていました。
そしてしばらくして私は妻達を探しました。すると妻達は公園の奥の砂場で遊んでいました。そこは公園でも薄暗くていつもあまり人のいない場所で、妻と子供だけしかいなく私はホッと安心しました。
私は妻達の側に行き、あらためて妻の砂遊びをしている格好をみました。その格好はすごいもので、ただ座って砂遊びをしているだけなのに、上から覗かないまでもブラやオッパイ、たまに乳首まで丸見えで、右手で砂を掘る時なんか、何度も開きすぎの胸元から右側のオッパイがポロリとこぼれてる状態で、それでも妻は気にせず砂を掘っています。開いて座っている股の部分なんかもっとすごいことになっていて、短パンは食い込みヒモみたいな状態になっており、ほとんどパンツが見えている状態になっています。更には左足のひざを胸に付けた格好になったときなんかパンツの左側からあきらかに毛とアソコの端の部分が見えていました。今まで妻がいつもそんな格好をしているのに気付かなかった私はアホです。妻を女として今までみていなかったのでしょう。私は妻に言いました。 自分(お前達池の方におったろー、何かあったかー) 妻(あーパパー、何もなかったよー、どうしたん。) やっぱり妻は男達に覗きまくられ、かるく痴漢された事に気付いていない様子でした。
私は頭が痛くなり妻にいいました。 自分(お前胸元開きすぎやぞー、ちょっと注意せいやー) 妻(ほんとけー、わかったわー)まったく気にしてない様子です。
しばらくして妻が言いました(お腹すいたー、でもXXちゃんまだ遊びたいゆっとるしパパコンビニで弁当かってきてー)。私は躊躇しましたがこの場所はあまり人は来ないと思ったので買いにいきました。
30分くらいして私は戻りました。時間も覚えてます確か1時15分頃でした。私は妻達のところへ戻りました。するとなんとさっきの若い4人組の男達が(2人増え6人になってました)妻達と一緒に砂遊びをしているので私はビックリしました。私は(しまったー)と思いながらも5mはなれた木陰で立ち止まりその一部始終を見てしまっつたのです。
妻達と男達は一緒に砂の山を作っており、妻の格好はやはりすごい事になっていて胸元からは右側の胸が完全にこぼれている状態で、男達はニヤニヤしながら覗いています。妻はまったくそれを気にしていない様子です。
そういえば昔妻の母親がよく言ってました(この子はいつも恥ずかしいと思わん子でー、小学校の時なんかいつも平気で男の子の前で着替えとってー私先生によく呼び出されたことあるんよー、ハハハー)その時いつも母親と爆笑していました。でも今は笑えません。妻は大学もでて私より頭がよく看護婦をしており、会話も普通にするし普通の女性です。かといって露出とか好きなスケベな女かといえばそうでもありません。ミニスカートすら1枚持っていません。でもその時はわからなかったがこの1ケ月妻を観察して分かりました。
妻は普通の女性ですが、羞恥心というものが人間的に欠落しているのです。だから他人に裸を見られても恥ずかしいと思わないし、お尻や胸を他人にさわられたり揉まれたりしても肩が少しふれた程度にしか思わないのです。これは本当です。(後々お話します。)
話を戻します。しばらくして大きい山が出来上がりました。すると男の内の一人がいいました。 男C(ボクちゃんよかったねー、大きい山だねー) 男A(これだけ大きいとトンネルがほしいねー) 男E(ボク作りなよー) 子供(こんなでっかいのボクでっけん、ママうまいよー、ママ作ってー) 男F(へーそうなんだー、じゃあママさん掘ってー) 男B(ママさんがんばれー) 男A(姉さんファイトー) すると妻は(じゃあー、やってみる)と言いなんとその格好でトンネルを掘り始めました。男達は下心まるみえです。
妻が四つんばになりトンネルを掘り始めると、男達は全員妻の後ろにまわり屈んで妻のお尻に顔を近付け覗き始めました。しばらくして妻の体がトンネルに肩ぐらいまではいると、Tシャツは下からめくれ胸が両方とも完全に丸見えの状態になってしまいました。更にビックリしたのは男達が妻に(ガンバレー)といいながら、さりげなく順番に妻のお尻にタッチしているのです。妻はそれもまったく気にせず一命懸命トンネルを掘っています。
そのうちその妻の反応を見てか男達は大胆にお尻をさわりだし、そのうち3人の男達がニヤニヤしながら妻のお尻に手の平をあてさすりはじめました。そのうちトンネルだいぶん進んだところで妻が言いました(あとちょっとやけどつらいわー)すると 子供(ママガンバレー) 男C(ママちゃんがんばれー) 男D(あとすっこしー、あとすっこしー) 男A(じゃあーママさん、僕達で体ささえてあげようかー)すると妻は言いました(うん、お願い)信じられない発言です。すると男達は我先にと妻の体をささえはじめ(さわりはじめ)12本の手が妻のお尻、胸、股間とまさぐり始めました。そのうち男達はもっと大胆になり妻のCカップのちょっとたれ気味の胸を両方ともブラから露出させ、まるで牛の乳絞りの様に手を伸ばし順番揉みはじめました。それでも妻は普通の声で(ありがとー)と言ってます。後ろの方では2人の男が左右に分かれ妻のお尻を半分ずつ揉みしだいてます。そのうち左側の男が妻の短パンをずらしアソコを揉みはじめ、更にはパンツをずらしお尻の穴とアソコの穴を丸見えにさせました。
四つんばで背中をそらし足を開いているので、お尻の穴もさらにはアソコなんかはビラビラがひろがりその中の穴まで丸見えになっているのが自分の方からでも分かりました。すると男達は6人ともそこに集まり妻のアソコに10cmくらいまで顔を近付け声を殺し(すげー)と言いながらアソコの穴の奥を上から覗き始め。男の一人が(ダメ、やりてー)と言ったと同時に妻が(やったー、かんつうした)と言いました。
私は妻の声を聞いて我にかえり(どうやー)と声をかけると男達は急いで逃げて行きました。私が妻のところへ近付くと何もなかった様に妻は(おかえりー、あれお兄ちゃんたちは、おらんぜー)と言いました。
これは本当の話で場所は、XXの森公園、6月20日、日曜日、11時から2時までの
出来事です。つづきは後日投稿します。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/10/25(土) 08:21:48|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第2回

妻の普通でない無防備さとまわりの男達の態度には、今思えば思い当たるふしがいくらかあります。
1.結婚してからというもの、自分の友達が毎週のように異常なくらい遊びにきて、私が帰る前に家に来ては妻たちと遊んでます。もしかしたら妻を視姦するためにきているのかもしれません。
2.勤務している病院では、医者や薬屋の男達にしつこいくらい飲みに誘われており、めったには行かないが、今年の4月花見に行ってベロベロになって朝がた頃帰ってきた時すごい格好をしていました。上のブラウスの下はノーブラで、下のスカートは反対にはいており、次の日私は妻に (どうやったー、楽しかったかー)と聞くと妻は (外来の飲み会やからー、医者はんと薬屋の男どもが10人ぐらいおって、女は私と事務のXXさんだけで、ずーっとXXさんと話しとったわー、でもXXさんいつのまにか帰ってしもとって、その後はぜーんぜん覚えとらんわー、どっかで転んだんか胸とお尻だけいたいわーハハハー)私は(バカやのーお前ー)と言いました。でもバカは自分です。今考えるとXXさんが帰ってから夜中の3時まで何をされてたのか。男達にずーっと体を揉まれまくっていたんじゃないだろうか。3.5月22日の同窓会に行った時もそうです。その時も帰ってきた時はすごい格好をしていて、ブラウスの下に着ているはずのタンクトップはなぜかカバンの中につっこまれており、スカートとブラウスにはハミガキ粉みたいな汚れが何ヶ所も付いており、私は(お前また吐いてきたんかー、きたねー)と言ってました。次の日の朝、妻はまた何も覚えておらず(何でかしらんけど、飲みすぎたんかオシッコしたらアソコとお尻の穴痛いわー)と言っていたのを思いだします。
その同窓会は高校のクラブの同窓会で、同窓会のくせに毎月案内状がきており、妻は2年ぶりに今回行ったのです。
私はふと妻が昔そのクラブについて(何もせん男ばかりでー同好会みたいやったー)と言っていたの思い出し、妻のアルバムを見ていると2年前の同窓会の写真が見つかりました。その写真は15人写っているが女は妻1人だけでとは全員男でした。私の想像が本当ならおそろしすぎます。4.そういえばSEXの時の妻の反応もあまりなく、やっている時も寝てしまうこともしょっちゅうで、その後何もしても起きません。

妻は見た目本当に普通の女性で、普通の会話をするし、病院では若くして主任になっているし、私よりまともです。でもやっぱり人間としての羞恥心を普通の人の何十分の一ももっておらず(調べたら何千分の一の確率で男性でも女性でもその様な人はいるそうです)、しかも不感症で何をされても感じないのです。私はそれにくやしくも興奮してしまっている人間です。
その出来事の後何もなかったかの様に1週間が過ぎていきました。
6月26日土曜日、早めに仕事が終わった自分は妻達と銭湯に行きました。
銭湯から上がりしばらく子供と待っていると、しばらくして妻も上がってきました。
今日の妻の格好は、薄手の白のニット製のワンピースで、いつも昔からちょっと出かけるときはいつもよくその格好をしています。でもあらためてその格好を見ているとすごいものです。胸元はブラの上の部分見えるくらいだし、下も膝が見えるくらいで、あらためて見てみてドキッとしました。しかも白っぽいワンピースなので普通に立っているだけでもブラとパンツが透けまくっているのが分かります。たぶん普通なら下にTシャツとかスリップとかしっかり着てはくようなワンピースなんでしょう。でも妻はブラとパンツにそのまま着ているだけで、平気な顔をしています。いつもこの格好でスーパーや公園に行っていたなんて信じられません。自分達の座っているところに妻が(ごめん、まったー?)と言いながら来て、しばらくジュースを飲んだ後、そこで前屈みになり自分達の服の入っているカバンを整理し始めました。その格好はもうすごいもので胸元はポッカリ子供が入れるくらい開き、胸元からなのにオッパイどころかパンツとふとももまで見えています。しばらく自分が見ていると視線を感じたので、ふりかえるとフロ上がりのおっさんが自分の後ろから覗いていました。あわてて自分は妻に(邪魔やから後ろ向いてやれよ)といいました。次の瞬間そう言った自分を後悔しました。なんと後ろ姿のほうがすごい格好で、屈んでいるのでスカートはずり上がりパンツの下の部分がモロ見えているし、ワンピースが貼り付いているので、普通でも透けているのにパンツのピンク色どころかその模様や形、背中の背骨やあばら骨、ホクロまで透けていました。
こりゃもう帰ろうと思ったところで、こわもての男が2人、自分がいるのにもかかわらず、妻の前と後ろの自分の横に座り上と下から覗き始めました。私はどうしようかと思いながら妻を急がせて銭湯を出ました。
  1. 2014/10/25(土) 08:22:44|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第3回

その後いつも行く8号線のレンタルビデオ屋へ行きました。
ビデオ屋に入りいつもならアニメコーナーへ向かう妻達をほっといて、すぐ自分はアダルトコーナーにいくのだけれど、その日は妻が気になったので、となりのCDコーナーに行き隙間から様子を見ていました。
妻はやっぱり無防備で座ってビデオを選ぶ時も、屈んでビデオを選ぶ時もパンツや胸が丸見えで、自分の方からもはっきりと分かります。さらには手を伸ばして高いところのビデオをとる時でさえもスカートがずり上がりパンツが見えてしまっている状態です。
しばらくすると、どう見てもちびっこアニメを見そうにない30才ぐらいの男が妻の2mぐらい離れたところに立ちチラチラ妻を見始めました。最初はそこから時おり妻を見ているみたかったが、そのうちだんだん近付き大胆に見るようになってきました。さらには座っている妻の横に立ちビデオを選ぶふりして胸元を覗いている様子です。
妻の方はあいかわらず無反応で、そのせいか男はもっと大胆になり妻の頭の上まで顔を近付け覗き込むように見始めました。
そのうち妻が立ち上がり今度は屈んでビデオを見始めると、反対側のビデオを座って選ぶふりしてスカートの中を覗き始めました。そのうちスカートの中に顔を半分突っ込んで覗いているしまつです。しばらくそうしていると子供が2人きたので男は急いでその場を離れどこかへ行ってしまいました。
私はその後アダルトコーナーへいきしばらくしてから妻達のところへ戻りました。
するとまたさっきの男がいて、また覗いているのかと思い見ていると、今度は妻の後ろを行ったり来たりと分けのわからない行動をとっていました。何しとるんやーと思いしばらく見ていると、その男の行動の理由が分かりました。
男は妻の後ろを通りすぎる際、妻のお尻に手の甲を押し当て痴漢しているみたいでした。ちょうどそこのアニメコーナーは通路が狭く、さらに妻はが前屈みになりお尻を突き出している状態になっているので、男は手や股間を妻のお尻に押し付けながら通りすぎている様子です。
あいかわらず妻は無反応で(普通の人ならビックリして逃げているはずです)子供と夢中にビデオを選んでいます。その様子を見てか男はやはり大胆になりそのうち手の平でさわるようになり、何回か繰り返した後さらには両手でお尻を持ち上げるようにさわり通りすぎるようになりました。
妻のほうはあいかわらず無反応で、逆に男が妻のお尻をつかんだ時、妻はぶつかったと思ったのか(すいませんー)と謝ってました。男はそのせいかさらに調子にのり、通りすぎる時妻のお尻を両手で持ち上げ、通りすぎずにそのままその状態で立ち止まり、しばらくお尻に手を当てた状態でじっとしていました。それでも妻が振り返らないので、そのまま両手を動かしさすったり、揉んだりし始め、さらにスカートを捲り上げパンツを丸出しにさせパンツの上からさすり始めました。それでも妻は何も言わないのでエスカレートし、アソコを揉んだり、顔を近付けにおいを嗅いだりして、さらにはとうとう自分の物を取り出しこすり付けたりやりたい放題やっています。自分はもう限界になりもう出て行こうとした時、男は急に
動かなくなったかと思うと、急いで自分の物をしまい妻のスカート戻し逃げる様に離れて行きました。私はもしやと思い妻のところへ行き見てみると、案のじょう白いものがたっぷりと妻のふとももをつたって落ちてきているのがみえました。
  1. 2014/10/25(土) 08:23:47|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第4回

7月11日日曜日フリマ、うちの妻は年に2回程フリーマーケットに出店していて、いらない子供服とかを集めては出店しています。自分は休みの日に仕事みたいな事をするのが嫌いだったので手伝わず、いつも妻の妹が手伝っていました。しかし今回は妻が気になったのであえて妹の手伝いをことわり自分は参加しまそた。
朝出かける前今日はどんなかっこうをするかなーと見ていると、ジーパンは洗濯しているらしく、なんと例のワンピースを着ているじゃないですか。ただでさえフリマでは座ったりするのに信じられません。しかし私はそれに何も注意せず出かけることにしました。
そして会場に着き2人で服をならび始め、私は服をならべながら当然妻をチェックしました。胸、乳首、パンツあいかわらず見えてます。
そしていよいよフリマが始まり最初はあまり人がいなかったが、だんだん昼になるにつれてすごい人手でにぎわうようになりました。人が増えてくるにつれて自分達の方にも人が来るようになりました。自分は何よりもお客の視線に注意を払っていると、カップルとかの男達はやっぱり妻のほうをチラチラ見ているみたいで、しかし自分が横に座っているせいか大胆には見る人はいませんでした。
しばらくして私は自分のいない状態の妻が見たくなったので(俺ちょっとブラついてくるわー)と言い妻の元から離れました。
そしてしばらくブラブラしてからもどってみました。すると10人ぐらい人が集まって繁盛しています。案のじょうお客の顔ぶれを見るとほとんど男で、私はお客の後ろの方で少し様子をみることにしました。
やっぱり妻の格好はすごいことになっており、四つんばになり一生懸命に接客していて、胸元は全開で男達はベビー服を選ぶふりして覗いています。そのうちお客の1人が1番前にある商品に(これ名札ついてるのとってやー)言いました。すると妻は商品を踏まないように前に出ていき、名札をピンでほどき始めました。ところがなかなかほどけず、すると妻はなんとその場にうんこ座りの形で座り込み名札をほどき始めました。当然スカートのままでそんな格好をすればパンツは丸見えになり、しかも商品を踏まないように足を広げている状態で座っているので部分的どころか完全に丸見えで、白のパンツに黒く毛が透けているのもハッキリわかりました。男達は当然ビックリしたように目を大きく開いている様子です。そのうち客達は妻を囲むように集まり、そして妻の前に顔を並べわざとらしく(なかなかほどけんねー)とか(それいくらー)とか言いながらじっくり覗き始めました。
その後もお客達は妻に四つんばで後ろ向きでスカートがめくれている状態で物を取らせたり、もっと足をひろげさせたり、胸元から胸がこぼれてしまう体勢にさせたり、いろんな格好にしてオモチャにしていました。これはもうフリマという名のヌードショーみたいなものでしたが私はくやしくなる気持ちと裏腹にすごい興奮の気持ちになっていき、(今度ノーパンでやったらどうなるんかなー)と考えてしまいました。
  1. 2014/10/25(土) 08:24:52|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第5回

7月18日、日曜日プール
私達は妻の実家に遊びに行くついでにX山県のXX山プールというところに遊びに行きました。
この頃から自分は少しずつ妻に計画的にイタズラするようになり、この時も妻の水着の上のパットの部分と下のサポーターの部分をとりはずしわざと透けるように細工しました。
そしてプールに到着して、妻は子供をつれて一応更衣室に着替えにいき、そして着替えて戻ってきました。
私は妻の姿を見て(やりすぎたー)とおもいました。なぜならただでさえクリーム色の薄手の水着で透けやすいタイプなのに、パットとサポーターをとってしまっているため黒い乳首はくっきり浮き出ているし、下の方も毛が透けているのがはっきり分かります。これで水に入ったらどうなってしまうのか、私はちょっとやりすぎを後悔し妻を引き止めようとしましたが、妻は(ひさしぶりに着るから、なんかしっくりこんわー)と言いながら子供を連れて階段を下りていってしまいました。
私は急いで妻達について階段を下りていきました。私はその時さらに後悔しました、なぜなら平日ならまだしも今日は日曜日なのであたり一面人だらけです。私はドキドキしながら妻達についていきました。
やっぱり妻とすれ違うたびに男達はビックリしたような目をして見ています。さすがに私は人のいないウォータースライダーの下のほうに行き妻に文句を言われながらもそこを休憩場にしました。
  1. 2014/10/25(土) 08:25:38|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第6回

そして妻はすぐ子供を連れて流れるプールに入りに行きました。私は急いで後をついていき妻達を見失わないようにプールに入りました。
しばらくそのプールを2週くらいまわった後、妻は子供を自分にまかせプールから上がってしまいました。当然プールから上がった妻の透けぐあいはひどいもので、張り付いた水着に黒い乳首はさらにくっきり透け、乳輪のポツポツした毛穴までわかるくらいで、下のほうも当然毛の生えてる方向や形までくっきり透けているのです。
しかし妻は気にせずそのままプールから上がりトイレに向かって行きました。
そして妻が上がると同時に、プールに入ろうとしていた3人組の高校生ぐらいのガキ達が、妻のその姿を見たせいかプールに入らず、ニヤニヤしながら妻の後をついていくのがわかりました。私は子供がプールから出たがらないので、後をついていくことができず遠くから見ているしかできずくやしい気持ちでした。ガキ達はしつこいくらい妻のまわりをウロチョロしているのが遠くでもわかりました。
その後休憩になったので妻のほうに戻ると、さっきのガキ達がまだ妻の前でニヤニヤしながら見ていました。しかし私がそこへ行くとあわててそこから離れて行き、私はちょっとまずいなーと思い妻に(もう帰ろうかー)と言うと妻は(どうして、来たばっかりやん、あんたどっか具会悪いんけー)とまったく自分が透けていることに気付いていません。
そして妻と話合った結果あと1時間だけプールにいることになりました。妻に透けていることを指摘してもいつもと同じで、さらに妻はプールが大好きなので私はもうあきらめるしかなく、妻と子供がプールに行くというのも追いかけず、しばらく休憩場で休んでいました。
そして15分くらいして様子を見にいきました。
  1. 2014/10/25(土) 08:26:34|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第7回

妻達が入りにいったプールは波のプールで、そこは特に人がいっぱいで妻達がどこにいるのか分からず、しばらくすると右側のけっこう深そうなところで浮き輪をして浮かんでいるのが分かりました。
私はそれを確認してまた戻ろうとしましたが、ふと振り返りもう一度よくよく見てみると、なんとさっきのガキ達が妻のすぐ後ろにいるのがわかりました。
ガキ達は人数が増え7人ぐらいいて、全員ゴーグルをつけており、見ていると何度も水の中に潜っては妻の近くを行ったり来たりして体を見ているみたいでした。私は(ほらー、やっぱり)と思いながらも、またいけない気持ちになってしまいしばらく様子を見てしまいました。
しばらくするとそのうちアナウンスがなり(波のプールでは波がおこります)とアナウンスが入りました。するとプールにはさらに人が集まり芋の子を洗うような状態になり、ガキ達はさらに妻を囲むように密着し始めました。私はとうとうたまりかねてTシャツをその場に脱ぎ捨て誰のか分からない置いてあったゴーグルを拝借して急いでその場に向かいました。
そして妻達の3mぐらい後ろで心配な気持ちを押さえながら見ていました。ガキ達はさらに妻に密着しており何度も潜っては覗いています。そしてそのうち波がおこり始めると、さらにガキ達は波にまかせて妻にぶつかってるみたいな感じだったので、私はもっと近より潜って見てみました。するとやっぱりガキ達は妻の体にタッチしていました。ガキ達は波のせいで妻にぶつかるふりして妻の体のあちこちにタッチしているのです。
私は頭にきましたが、また興奮のほうが勝ってしまい様子を見てしまいました。
妻はあいかわらずで子供とキャーキャー言いながら笑っており、ガキ達にはまったく気付いていない様子なので、当然ガキ達はさらに調子にのり、体をさらに密着させ妻の体をさわりはじめました。
水の中に潜って見てみるとすごい光景なっており、何十本もの手が妻の体に伸びておりアチコチさわりまくっています。飢えたガキ達はデリカシーがないのか、遠慮がないのか、さわるというよりも奪い合うように妻の肉を掴みまくっているような感じで、一つの乳房に4本ぐらいの手が伸び引っ張り合うように揉んでいます。そのうち2人のガキが自分のところにちょっと後退した時会話が聞こえました(このオバハン頭よえーんやぜ、すげーなー)、私はぶん殴ってやろうかと思いましたがこらえました。
そしてそのうちガキ達は水着の中に手を入れるようになり、妻の乳を水着の中から引っ張り出し、生のままでちぎるように揉み乳首を引っ張ったりしています。
そのうち妻が(いたーい、何けー)とガキの1人に言ったので、水の中に潜り見てみると、そのクソガキは妻のアソコにずっぽりと指を入れてました。そのガキはあたふたしながら(すいません、おぼれそうになったんでー)とわけの分からないことを言うと妻も(え、本当大丈夫けー)と逆にガキを心配してあげてます。・・・あいかわらずです。
そのうち波も終わり妻達は流れるプールに行きましたが、ガキ達も当然ついていき、流れるプールのトンネルに入っては妻の体をみんなで痴漢し、それを繰り返してました。

また来年行ってみたいです。
  1. 2014/10/25(土) 08:27:20|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第8回

7月21日水曜日、今日は妻は先日休日出勤した代休で休みでした。
私はめずらしく妻に今日はどこへ行くのかと聞くと、妻は昼頃いつもの公園に行くと言いました。
私は気になりながら仕事へ行き、しかしやっぱり気になるので昼に会社を抜け出し公園に妻達を見に行きました。
今日は天気が悪く雨もポツポツとたまに降るくらいなので人はあまり来ていませんでした。妻達も行くのをやめたのかなーと思い妻に携帯をかけようとしたところ、芝生の奥のほうでポツンと妻達がおりボール遊びをしているのが見えました。
妻はあいかわらずで普通なら公園とかに遊びに来る場合はみんなジーパンとかはいてくるのに、妻は例のワンピースを着ており、当然下はブラジャーとパンツしか着けていないのが、遠目で見てもそれが透けて分かりました。
芝生のまわりは天気が悪いせいか妻達しかおらず、誰も覗くような人もいないみたいなので、私はホッとしたような残念のような微妙な気持ちになりながら、会社に戻ろうかなーと自動販売機のほうへ行きました。
そしてジュースを買って帰ろうと思い販売機にお金を入れたとき、自動販売機の後ろのほうで会話が聞こえたのでチラッと見ると、若い大学生くらいの男が3人座って話をしていました。私は別に気にしないでそのままジュースを持って10mほど歩きましたが、もう一度戻りその男達の顔をしっかり見ました。
顔に見覚えがあります、先日砂場で妻にいたずらした男達です。
私は(これはやばいなー)と思い急いで妻達のところへ行こうとしました。するとちょうど携帯に大事なお客さんからの着信が入ったので、足を止めそれに対応しました。
すると男の一人がジュースを買いにきて、自販機のボタンを押した時に妻を見つけてしまったのです。
男A(よーよー、あの女の人ってこの前のネエさんじゃねえかー)男B(えっ、この前ってー、あのへんなオバハン?)
男C(ウッソー)
男C(あっ、ほんまや)
男A(ラッキー)
と言うと男達は買ったジュースも取らず妻達のところへ向かって行きました。 
  1. 2014/10/25(土) 08:28:14|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第9回

私は大事なお客さんなので携帯を切ることもできず、その場で男達が妻のほうに向かっていくのを見ているしかありませんでした。
男達が妻のほうに到着しそうなころやっと電話もおわり、私もすぐ追いかけました。しかし追いかけている途中でまた悪い欲望が頭の中をよぎってしまい、私はまた離れたところで立ち止まり様子を見てしまうことになってしまったのです。

妻は子供と夢中にボール遊びをしています。湿気と汗のせいで服が濡れてしまっているのか、ワンピースのニット地は肌にぴったりと張り付きブラジャーとパンツの形と色をくっきりと透けさせています。さらに妻は張り付いたニット地が邪魔なのか、ボールを蹴るたびにスカートをたくし上げるため、水色のパンツが丸見えになってしまってます。
男達はしばらくその様子をニヤニヤしながら見た後、妻に近より話かけ始めました。
男A「や、やー、この前の砂場のお姉さんですよねー、また来られたんですかー偶然ですねー」
妻「えっ?、えーと、あっ、この前のお兄さんたちねー」
男B「ボクちゃんげんきー、またママと遊んでるんだー」
子供「うん、おにちゃんあそぼー」
妻「だーめーよー、お兄ちゃんたちもいそがしいんだからー」
男A「いっ、いや、いいよ、いいよ、ちょうどヒマだからあそぼー、なー」
男C「うっ、うん」
妻「えー、いいんですかー」
と会話をしたあと男達も一緒に遊びはじめました。男達はしばらく妻を視姦しながらボール遊びをしたあと妻達に「そうだ、あっちの奥の木にさっきクワガタムシがいたから見にいこー」とウソをつき奥の林のほうに妻達をつれていきました。
  1. 2014/10/25(土) 08:29:29|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第10回

そして林の中でも一番奥のほうの木までつれていき、男Aが言いました。
男A「さっき、この下の穴のところにいたんだよー、のぞいてごらんよー」
すると妻達はその場に座り込みその穴をのぞきはじめました。そして男達は妻が座るとすぐさま妻の前にまわり、一緒に穴をのぞくふりしながら、座った妻の開かれた足の奥を覗いてていました。
そのうち男Aは座っている妻のお尻にそーっと手をあて、ゆっくりとお尻をさわりながら妻の顔をみました。そして妻の無反応を確認してからニヤリと笑い、他の2人のほうに目をやりました。すると他の2人もニヤリと笑い、そして妻のお尻に手をのばし、3人でさわりはじめました。そのうち妻が立ち上って中腰のかっこうになると、大胆にスカートをまくりあげパンツを丸出しにさせ、ニオイを嗅ぐように顔を近付けて見たり、直にパンツごしに指でさすったりしました。そのうち男Aが
男A「あっちの上の穴にはいつもいるよー」
と言い、近くにあった壊れかけのイスを持ってきて、妻にそれにのって見るようにと勧めました。すると妻は
「ええー、こわいわー」
と言うと、男Aは
「大丈夫、しっかり押さえてるからはやく」
と強制するように言い、妻は足を震わせながら
「じ、じゃあー、しっかりおさえててねー」
と言いイスにのぼりました。そして妻がイスにのぼると男達は、待ってましたとばかりに一斉に妻の体に押さえるふりしてさわり始めました。胸を持ち上げるように手をあて、スカートの中に股間を持ち上げる手をやり、そのうち3人ともその手を動かし揉むようになり、スカートも胸のほうまでたくし上げてしまいました。
そしてどんどんエスカレートしていき妻のパンツを半分くらいおろした時、遠くのほうで
「コラー、何しとんやー」
という声がしました。すると男たちは「ウワァ」と言いながらいそいでその場を逃げていきました。遠くからは警備員らしき人が2人向かってきており、声はその人達からしたみたいです。警備員は2人とも40才ぐらいで、そしてとり残されてポカンとしている妻達のところに近付き
「ここはねー、あぶないし入ったらだめなところや、あっちで遊んでや」
と妻達に言いました。しかし言い終わった後、そこにびっくりして座っている妻の足元を見て顔色が少し変わったような感じがしました。
すると急に雨が降りはじめ、おじさん達は妻にXX館に入ろうと言い、妻達もそこへ走っていきました。
XX館はちょっとした体育館と博物館が一緒になっている所で、4人ともそこにたどり着きました。
私も急いで追いかけやっとたどり着き中を見てみると、4人ともタオルで頭や手を拭いていました。妻は服がぐっしょり濡れており、水色の下着が模様までくっきりと透けてました。おじさん達を見ると2人ともやっぱりニヤニヤしながらその姿を見ているみたいです。
そのうち妻は子供の服だけ着替えさせ、自分はそのままでしばらくそこで休憩をしていました。
平日でしかも雨が降っているせいかXX館は、妻達と、おじさん達と、おじいちゃんらしき人が遠くに2人いるぐらいで、まわりはシーンと静まりかえっていました。
  1. 2014/10/25(土) 08:30:14|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第11回

そのうち妻と子供は体育館の隅っこにある、マットのほうに行き転がったりして遊び始め、しばらくするとおじさん達もそこへ向かいました。
おじさん達は2人ともマットの横に立ち妻のパンツや胸元から見えるオッパイをニヤニヤしながら眺め、そのうち妻達にちょっかいをかけ始めました。
男A「ボクなにしてるのー、じょうずだねー」
子供はマットで前転しています。
子供「うん、まわりっこ」
男B「小さいのに、すごいねー、奥さん」
妻「ええー、そうですかー」
男A「ママもやってごらんよ」
男B「おおー、いいねー」
とからかいながらおじさん達が言うと、妻はなんと言われるとおりに(よいしょ)と言いながら前転しました。当然その格好で前転したのでスカートは腰のほうまでめくりあがりパンツは丸見えになってしまい、おじさん達はあっけとられたよう感じでポカーンと口を開けて見ていました。
すると男Aは妻達に言いました。
男A「じ、じゃー、こんどは後ろ回りできるかなー」
すると子供は何度も挑戦し、しかしできず、すると男Aはせかしながら
男A「じゃー、こ、こんどはママや、ママやってごらん」
妻「えー、後転は昔にがてやったし、できんわー」
男A「親ができたら子供もできるようになる、奥さん」
と男は半分おこりながら言い、すると男Bが
男B「ボクちゃん、あのねー、2人のうちどっちかできたらジュース買ってあげる」
と言うと子供は目を輝かせながら(ママ、やってー)と言い、すると妻はいやいやながら後転をしました。しかしやっぱり後転はうまくいかず途中で止まってしまいました。お尻を上に向けた状態で止まってしまったその姿は、スカートは当然めくれ、むき出しのお尻は上を向いたままで止まっており、妻は顔を赤くしながらふんばっています。男達はそれを見て、オモチャを与えられた子供のような顔をしながら妻のむき出しのお尻に顔を近付けました。
妻は(やっぱりだめやわー)と笑いながら元に戻りましたが、男は興奮しておこった様な顔をしながら
男A「こ、こどものためにも、お、親としてがんばりなさい」
と言うと妻は(は、はい)びっくりしながらもう一度挑戦しました。しかしやっぱり途中で止まってしまい、すると男達は(手伝ってあげます)と言い妻のお尻に手をさしのべ、後転を手伝うふりしながら妻にタッチし始めました。
それからも男達は妻に何度も後転させてはそれを手伝うふりして、お尻をさすったり、アソコを指でなぞったり、さらには胸にタッチしたりしています。そのうち男達は何も言ってこない妻にもっと大胆になっていき、妻を普通に座らせていたずらし始めました。
  1. 2014/10/26(日) 01:02:33|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第12回

そして男Aは妻を座らさせ言いました。
男A「奥さん、体硬いからできんのや、足開いてみー」
すると妻は
妻「えー、そうかなー」
と言いながら、男の言われるとおりに座ったまま足をめいいっぱい開き、さらに体を前に屈伸させました。すると男達は開かれた足の奥を見ながら
男B[あー、奥さん、ここや、ここ硬いわー」
と言い、妻のふとももに手をやりさすった後、さらにその手を股間にすべり込ませ、2人で奪い合うようにアソコを揉みながら硬いかどうかのチェックをしました。しばらく妻のアソコやお尻を揉んだ後、男Aは
男A「奥さんー、ここの筋肉も硬いとだめやよー」
と言いながら妻の背後にまわり後ろから妻の胸に両手を当てさわり始めました。そのうち男Aは
男A「奥さんー、マッサージしようかー」
と言うと、妻は
妻「うっ、うん、ど、どうぞー」
と屈伸しているためか苦しい声を出しながら答え、すると男Aはこれ以上ないくらいうれしそうな顔をしながら、胸に当ててある両手の指を動かし揉み始めました。それからは男達はもちろんエスカレートしていき、男Bは股間を揉みながら、そのうちパンツ越しに中指をグリグリと挿入し、さらにパンツをずらしアソコを掻き乱すかのようにいじってます。男Aはさらに胸を揉みしだき、そのうちスカートを腹が見えるくらいまでに捲り上げ、そこから手を入れ直に揉み始め、苦しそうな妻にのしかかるようにして股間を押し当ててました。妻はされるがままの人形で(すいませーん)と言いながら男達に好きなようにセクハラされていました。
  1. 2014/10/26(日) 01:03:58|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第13回

そのうち子供が「やったー、できたー、おじちゃんジュースー」と後転が成功したらしく男達に言いました。
すると男Aは我にかえり、あわてて妻の胸を揉むのを止め[あ、あー、うん」といかにも邪魔をされたような顔をしながら言い、名残おしそうな顔をしながらジュースを買いに行きました。
そしてしばらくして男Aはジュースを2つ両手に持って戻ってきました。
ところが男Aは買ってきたジュースの1つを子供にやって、次に妻に渡す時つまずいてしまい、なんと妻の服にまともにジュースをかけてしまったのです
妻「キャー、つめたーい」
男A「ああー、すいませーん」
妻「やー、どうしよー」
男A「どうしよー、あっ、そうだ今ふきますんであっちのトイレまできて下さい、すいませーん」
はっきり言ってこれはわざとです。
そして妻と男Aは一緒にトイレへ向かいました。
しばらくしてやっと男Aだけが戻ってきました。そして男Aはニヤリとしながら男Bに耳打ちしたのです。すると男Bは真剣な顔になり小走りにトイレへ向かっていきました。
私はその様子を見て、心臓が破裂する程の動機でかなしばりになり、窓の縁に手をかけそのまま固まって身動き一つとれない状態になってしまいました。
そのうちまた男Bだけが戻ってきました。男Bはニヤニヤしながらズボンのベルトを直しながら戻ってきます。妻は何をされているのか。
そしてまた男Aがトイレに行き、その後男Bもまたトイレに行き、男Bがトイレから出た後やっと妻も戻ってきました。
妻は別に変わった様子もなく、服もだいぶ汚れが落ちた感じで男達に「ありがとうございましたー」と言うと、男達は「いえ、いえ」と言うとニヤニヤしながらXX館を出ていきました。
そして私はXX館に入り妻達のところへ行きました。
妻「あれっ、あんたどうしたん、なんでおるん?、ビショビショやぜー、大丈夫?」
私「い、いや、近くまできたから・・・・・・」
私は話かける途中で妻の姿を見て言葉を失いました。
妻は座った時に見えるはずのパンツをはいておらず、スカートの中の奥はパックリ開いたアソコが丸見えの状態で、しかもよく見るとアソコのまわりには異質な白液体がたくさん付着しているのです。
私はどもりながら「ト、トイレに、い、いったやろ、男で、な、何あったんや?」と言うと
妻「あーうん、服汚れたんで警備員の人に洗ってもらったんよ」
私「そ、それだけか?」
妻「あと、わっけわからんけど、聞いたことないなんとか菌とかいうの消毒するのにお尻に薬たくさん塗ってもらったわー、アホらしかったけど言うとおりしとったわー」
私「・・・・・・・・・」

妻の話をいくつか聞きまとめていくとトイレではたぶん男達にこういう事をされていたのでしょう。
  1. 2014/10/26(日) 01:05:15|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第14回

男Aは妻をトイレにつれていき、そして妻に「タオルでふいてあげるねー」と言いながら濡れている妻の胸の部分やお尻にタオルをあて、揉む様に妻の服を拭き始めました。胸の部分にタオルをあて両手でタオル越しに妻の胸を掴みその胸をしぼる様に揉み、次にお尻にタオルをあて妻を前から抱きしめる様にしてお尻を両手で掴み、硬くなった股間を妻のお腹に擦り付け妻を持ち上げる様にしてお尻の肉を揉みしだきました。しばらくそれを繰り返した後男Aは
男A「あーだめだなー、汚れがとれないなー、奥さん洗うから服脱いでやー」
妻「あっ、はーい」
妻は何も疑問も感じず素直に服を脱ぎ、[あー、ブラまでよごれてるわー」と言いながら男の目の前で気にせずブラジャーもとってしまいました。男は血走った顔をしながら妻の生乳を掴み揉み始めた。そのうち妻が
妻「あのー、そこは汚れてないんですけどー」
と言うと
男A「あっ、あっ、ごめん、あーでもパンツも汚れとるわー、パンツぬ、ぬいでー」
と言うと妻はやっぱり素直に言うとうりにパンツを脱ぎ、男にパンツを渡しました。そして男は全裸を眺めた後、トイレの個室に妻を連れ込み
男A「奥さん、ち、ちょっと屈んでみて」
妻「えー、こうですかー」
と妻をお尻を突き出させる格好にさせ、しばらく下からアソコを眺めながら
男A「あっ、あのー、あのー、コミラ菌がついているかもしれないから、そのー薬を塗ります」
と言い妻のアソコをひとさし指と親指で開きました。すると妻は
妻「はあ?何言ってるんですかー、そんなわけないでしょー、そんな菌初めて聞いたわー、原病名は何ですか?」
とエリート看護婦らしく反論すると、男Aは
男A「いっ、いやー、あのー」
と最初しどろもどろになりましたが、そのうち逆ギレして
男A「いっ、いいから、そのままにしてなさい、薬塗るんだよ」
と怒りながら言うと
妻「はー、まーいいかー、信じれんわー」
と言いながら突き出したお尻の足を開きました。すると男は両手で妻のアソコをグイッと広げ、アソコに舌を這わせなめまわし、そのうち
男A「じゃー、薬入れます」
と言いいながら、ズボンのファスナーをおろし自分の硬くなった大きいサオをひっぱりだしました。そして妻のアソコに濡れたサオをあてがい擦り付けて感触を楽しんだ後
男A「薬入れるしー、こっちの足ここにかけてやー」
と妻の右足をトイレのつかまり棒にかけさせイヌがオシッコするような格好をさせました。すると男はこれ以上ないくらいにムキ出しになったアソコの穴にサオをあてがうと、そのままヌプヌプーと大きいサオをゆっくりと奥まで挿入していきました。
妻「えっ、いたたー、何しとるんー」
男A「うー、薬入れとる・・・んやー」
妻「えー、ウソー、ウワー何これ、注射?浣腸?棒?何なのー」
男A「だめや、こっち見るな」
と振り返ろうとする妻の顔をさえぎりました。そのうち男はすこしずつ挿入の速さをはやくしていき目をつぶったかと思うと、ピタリと動きを止めお尻をビクンビクンとさせ大量の薬を妻の中に投与しました。
男A「はー、でたー」
妻「ちょっと痛かったわー」
男A「あ、あー、ごめん、ごめん」
妻「なんかたくさん出たのわかったわー、何の薬ー?」
男A「いっ、いやー、まあもう大丈夫だから、ねっ」
妻「あー、お尻から薬出てきたわー、何これー白っぽいねー、マセリン薬かなー、でもおじさん薬はもう出てこないように入れないと駄目なんですよー、分かったー」
男A「はっ、はい、すいません」
と妻は怒りながら男に言うと、アソコに手をやり出てきたその白い薬を手にすくって匂いを嗅ぎ少し舐め不思議そうな顔をしながら手を洗いにいきました。
そして男Aはすっきりした顔をしながらトイレを出て行きました。
  1. 2014/10/26(日) 01:06:33|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第15回

妻は体を拭いてパンツをはきブラジャーを着けていると、今度は男Bがハアハア言いながらトイレに入ってきました。そして妻の姿を見てゴクリとした後
男B「お、お、奥さん、俺もくすりいれるわー」
妻「はー?さっきの人にしてもらいましたよー、もういややわー」
男B「いや、もう一度や、くすりいれるんや」
と怒りながらあせった声で言うと
妻「わ、わかりましたよー」
と驚き、おびえながらパンツを脱ぐと、トイレのタイルの上に四つんばになりお尻を突き出しました。男はハアハア言いながらカチャカチャとズボンのベルトをゆるめ、ギンギンになったさらに大きいサオを引っ張り出し、妻のアソコを少し舐めサオをあてがいました。そして妻の腰を両手で掴みそのままいっつきに奥まで挿入しました。
妻「キャー、いたい、いたいよー、そっとしてー」
男B「ごめん、が、がまんしてー、たのむ」
と言うと男は妻の頭をおさえるようにして黙らせ、激しく腰をふり奥に突き刺すと同時にまた大量の薬を妻の中に投与しました。そして男はゆっくりとサオを抜き出すと、妻の中から大量の白薬がプッーと吹き出てきました。
妻「いたいわー、もう、おじさん下手やわー、信じれん」
すると男Bは妻の肩と頭をおさえ、また四つんばに組み伏せ
男B「ごめん、ごめん、今度そっとするから」
と笑いながらまた妻の中に挿入してきました。
妻「えっ、ちょっと待って、もういややー、うそー・・・うぐっ」
そしてまた男は激しく妻を突き刺し妻の中に、幸せそうに「最高やー」と言いながらすべてを放出しました。
その後も男AとBはもう一回ずつ妻に薬を入れた後、やっと妻を解放しました。
  1. 2014/10/26(日) 01:07:44|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第16回

8月7日土曜日
私は仕事だけど妻は休みですもちろん気になる私は「今日はどこへいくんやー」と妻に聞きました。すると妻は「あれー、あんたの友達のX山さん昼に来て子供と遊んでくれるって言っとったから家におるよー、あれーあんた知らんかったー」と言いました。
確かにX山とX田が夜遊びにくるとは聞いていたけど、自分は夜来るものだと思っていたのでビックリし、妻に
「なんで昼からくるんよ」
と聞くと妻は
「えー、X山さんとX田さん土曜日遊びに来る時はいっつも昼ごろから来て子供とプロレスごっこしたりして、私達と遊んでくれるんよー、あれー私言っとらんかったけー、ごっめーん」
そいえばX山とX田はよく土曜日に遊びにくるが、いつも自分が帰るとすでに家に上がっていることがよくあります。
(プロレスごっこ・・・・・)私はすごい胸さわぎを感じながら会社へ行きました。
会社では昼になるにつれてそのことがますます気になり、仕事がまったく手につかない状態になったので、上司に怒られながらも早退し家に行くことにしました。
そして家に2時頃たどり着くと、確かにX山とX田の車それと約束していないX井の車の3台が止まっており、私はどうしようかと迷いながら家の庭のほうからリビングの様子を伺いました。
  1. 2014/10/26(日) 01:08:48|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第17回

すると確かにX山とX田、それと約束のしていないX井がリビングで座り妻と話をしていました。
私はさらにリビングがよく見えるところに移動し様子を伺いました。すると楽しそうな笑い声が聞こえ話がはずんでいる様子でした。
しばらくして子供が「おじちゃんプロレスしよー」と言うとX山が「よっしゃー、やるかー」と言い2人で遊び始めました。妻とあとの2人はそれを見ながら笑いずっと話をしているだけだったので、私は(友達だし心配しすぎかなー)と思い玄関から入ることにしました。
ところがそこでX山がなんと
X山「よーし今度は2人チームで対決だー」
と言い、さらに
X山「XXちゃんとママ対おじちゃん達で対決だぞー」
子供「いいよー」
妻「ええー、また私もやるのー」
X井「じ、じゃー、俺レフリーする」
と言うとみんな立ち上がりました。私の心配はやっぱり的中していたのです。さらに物陰に隠れていて見えてなかった妻の姿が見えた時、私はさらにビックリしました。こんな時ぐらいはジーパンをはいているだろうと思っていましたが、妻はいつものワンピースでしかもノーブラで乳首が透けてくっきり浮き出ており、歩く度にささえがない胸がプルンと左右に揺れているのが分かりました。
私は(まっ、まさかこんな格好でやるのかー)と思い、唾をゴクリと飲み込みその場で様子を見ることにしました。
するとプロレスごっこが始まり、最初に子供とX山がらりはじめ、しばらくするとかなわないと思った子供が妻にタッチし妻が出てきました。
最初は手を掴み合っているだけでしたが、そのうちX山が少し力を入れると妻は床にお尻を落として倒れてしまいました。すると当然妻のスカートは完全に捲り上がりパンツが丸見えなってしまい、男達はピタリと動きを止め妻のその格好をしばらくじっと見つめてました。
すると妻が「いたたー、えっ、どうしたんみんな」と言うと3人とも我に返り、X山が「いっ、いや、何でもないよ」と言いながら妻にプロレスの技をかけ始めました。
X山は妻の足をとり自分のほうに引き寄せると、妻のスカートはさらにずり上がりお腹から下乳まで見えてしまい、レフリーのX井はまたそれを呆然と見ていると、妻は何とか逃げ出し子供と交替しました。
しばらくしてまた妻が出てきて、最初はX田と軽い取っ組み合いをしたりしていたが、そのうち男達は激しく技をかけ始めました。
  1. 2014/10/26(日) 01:09:55|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第18回

そのうち男達は激しく技をかけ始めました。
まずX田は妻を後ろから羽交い締めにし、技をかけるふりして妻の胸にさりげなくタッチし、そのまま妻を座らせると妻の足を持ち上げフォールする格好にしました。
すると妻は体を丸めた形になり、スカートは完全に捲り上がりむき出しのお尻だけが上に突き出された格好になり、そのまま身動きがとれない状態になりました。
するとレフリーX井がフォールされた妻に近寄り「だいじょうぶかー」と言いながらお尻を眺め、そのうち妻のお尻に軽く手をあてたりしてさわり始めました。
そのうち妻は苦しいのか一生懸命もがいているため、パンツはどんどん食い込み毛やアソコの端の部分まで見えるようになりました。そのうちX山までそこに近寄り、妻が脱出するまで妻のお尻を2人で撫で回し続けました。
そのうちX山もX田も「あついなー」と言いながら服を脱ぎパンツ1枚になりました。2人ともアソコがギンギンに勃起しており、その格好でさらに妻に飛び掛かりいろんな技をかけオモチャにし始めました。
1X田・・・妻をうつぶせにすると後ろから妻に乗りかかり、妻の首を左腕で絞めると、もう片方の手で妻の胸を掴みしながら揉んでいます。そのうちスカートを捲り上げギンギンになった棒を取り出し妻のお尻にくいこませると、そのままニヤニヤしながら腰を振り始めました。
2X山・・・妻をまたうつぶせに倒し、そのまま妻の両足を取るとエビ固めにしました。レフリーは丸見えになったアソコにいたずらし始めました。指でつまんだり、グリグリいじったり、揉んだり、そのうち調子にのりパンツをずらしアソコを丸見えにさせると2人で{オー」とか言いながら覗き込んでいました。
3X山・・・妻にコブラツイストをかけ、また片手で妻の胸を掴むと揉みしだき始めました。レフリーは妻のスカートを捲り上げると両手で妻のお尻の肉を掴み揉みながら感触を楽しんでいます。
4X田・・・さらに遠慮しなくなり、今度は妻を逆さに抱え上げパイルドライバーの形にすると、スカートの捲くれた妻のアソコに顔をうずめ、さらには妻の口元にギンギンの自分の棒を擦り付けています。そのうち妻が「苦しいー」と口を開けると、X田の棒の先がパンツごしに妻の口に突っ込まれてしまい、X田は「あー」と言いながらそのまま妻の頭を片手で押さえてしまいました。妻はもがき咥えながら[ほれ、はにー、ふるひー、はふへへー」と苦しんでいます。
そのうちレフリーが捲れているスカートをさらにずり下げました。すると妻の顔は捲れたスカートで完全に見えなくなり、顔と腕以外すべて丸見えの状態で、X井はむき出しになった生乳を揉み始めました。
X山は子供にそれを見せないようにして「あっちでおやつあげるね」と言いながら子供を連れて部屋から出ていきました。
子供が部屋を出ていくと、X田は妻をそのままの状態で倒し、X井は妻が横になるとすぐ妻のスカートを妻の頭の上でしばってしまいました。すると妻は腕と顔だけがスカートの中にくるまり身動きの取れない状態なり、腕、顔以外は生乳もパンツも丸見えの格好で妻は「苦しいー」と言ってます。、2人はその格好をしばらくニヤニヤ眺めた後、妻に飛び掛かりました。
  1. 2014/10/26(日) 01:11:09|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第19回

お久しぶりです先月の盆ぐらいに体の調子を悪くして1週間入院してしまい投稿できませんでした、今月から会社にも復帰しやっと調子が戻りつつあるので投稿を再開します、また読んでやって下さいお願いします。


子供が部屋を出ていくと、X田は妻をそのままの状態で倒し、X井は妻が横になるとすぐ妻のスカートを妻の頭の上でしばってしまいました。すると妻は腕と顔だけがスカートの中にくるまり身動きの取れない状態なり、腕、顔以外は生乳もパンツも丸見えの格好で妻は「苦しいー」と言ってます。、2人はその格好をしばらくニヤニヤ眺めた後、妻に飛び掛かりました。
2人は妻の胸に飛びかかると我を忘れ、まるで一つのオモチャを奪い合う子供のように妻の胸を掴み揉みながら引っ張り合いました。
妻は「ちょっとー、イタター、やめてっ」と言ってますが、2人とも完全に我を忘れ妻の声が聞こえない様子で妻の体をさらに弄び始めました。
そのうちオッパイの奪い合いに負けたX田は今度は妻の股間のほうに移動しさわり始めました。X田は中指で円を描くように妻のアソコをグリグリといじった後、妻のパンティーに手をやると一気にパンティ-をおろしてしまいました。
X井は両手で妻の乳を掴み乳首を吸っていたが、それに気付くと吸うのを止めX田と一緒にアソコを覗き始めました。
2人は何とも言えない顔をしながらしばらく眺め、そのうち片方ずつの足を持つとグイッと妻の足を股裂きみたいにして広げてしまいました。すると妻のアソコはパックリと開き、さらにX井は指と指で妻のアソコをグイッと広げました。
妻「イターイ、も、もうやだー、やめてー」
X井「も、もうちょっとやから、ごめん、ハアハア」
X井はそう言いながら、そのまま妻のアソコに顔を近付けアソコをソーッと舐め始めました。そのうちX井は「もう、だめや」と言いだすと自分のパンツをおろし、いきり立った棒を取り出しました。
そして妻のアソコの入口に棒の先っぽをあてがいニヤニヤしながらこすり付けた後、ゆっくりと挿入していきました。

ヌプヌプー
X井「うわぁぁ、あぁ、気持ちえぇぇ-」
X田「まじー、早くしろー」
妻「イイヤー、ヤー、うー、な、何しとるぅー」
X井「わ、技や、技かけとるんや、ごめんな、す、すぐ終わるからガマンしてー」
そしてX井はゆっくりと腰を動かしストロークさせていきました。相当気持ちいいらしく、X井は顔を上に上げヘラヘラしながらよだれを垂らしています。そのうちX井は表情が変わったたか思うと
X井「あっ、やべっ」
と言いながらあわてて妻のアソコから棒を抜き出しました。すると妻のアソコから大量の液体が流れ出てきました。

X井は私の妻に中出ししてしまったのです。

そしてX井はあせった表情でオロオロしていると、X田がX井の耳元で何かささやきました。するとX井は安心した表情に戻りました。

私はそれを見てX田がX井に何と言ったのかなんとなく分かりました。なぜなら私はX田には妻がおたふくのせいでもう妊娠が出来ないことを言ったのです。たぶんX田はX井のそのことを言ったのでしょう。
  1. 2014/10/26(日) 01:12:16|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第20回

妻は足を開きアソコから液体がたれているあわれな格好で「えっ、なに、何やばいの?もうやめてよー」と言っているが、X田は妻の言葉を無視しながら妻の両足を持ち上げ、妻のアソコに自分の物をあてがいました。そしてX田は先っぽを入り口にあてると一気に挿入していきました。

ズブッ、ズブズブー
妻 「ヒィ、イターイ、イターイ、もういやぁーむ」
X田 「・・・・・・」

X田は表情を変えずそのまま奥まで突き刺すと、X井とは反対に激しく打ちつけるように腰を振りました。

妻 「ヒー、ヒャー、やー」
X田 「・・・・・・・」

X田は遠慮なしに腰を振り、そのうちなんとスカートごしに私の妻の唇にキスをしながら腰を振り始めました。

妻 「んぐっ、んー、んん?、んー」

そしてさらに腰の動きが激しくなっていき、妻の体を丸めるように抱きながら奥の奥まで挿入し、そのうち動きが止まったかと思うと腰をビクンビクンと痙攣させました。
X田はいってしまった後もしばらく「むふー、むふー」と言いながら腰を円を描くように動かし余韻を楽しみ、自分の液体のすべてを妻の中にしぼり出している感じでした。
そしてしばらくしてX田は自分の物をやっと抜き出しました。すると妻のアソコからはX井のときよりもさらに大量の液体がプッーと吹き出してきました。

X田 「ふー、すっきり、はー」
妻 「・・・・・・・」

そしてX田はすぐ自分のパンツをはくと、あたり前の様にすぐ部屋を出て行き、代わりにX山が入ってきました。X山もまたあたり前の様に妻を[よいしょ」と後ろ向きにさせるとそのまますぐ挿入していきました。
この2人は今日が始めてではないのかもしれません。以前から妻を弄び、犯していたのでしょう。
そしてX井2回、X山1回、X田は3回、妻と楽しんだ後やっと妻のスカートを戻し解放しました。

妻 「もう今日の技、特に痛かったわ、もうプロレスはしたくないし、もうせんわー」
X山 「ごめん、ごめん、次はやさしくするからー」

私はその日からもう友達を家に呼ぶのを止めました。X田、X山も何となくバレタと思ったのかそれ以来連絡もして来なくなり私を遠慮するようになりました。
  1. 2014/10/26(日) 01:13:25|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第21回

9月4日、義弟
私の妻には妹がおり、その夫(自分の義弟にあたる存在)は自分より二つ年上ですごいしっかりした人です。すごいまじめで市役所に勤めており、いろんなボランティア活動にも積極的に取り組むすばらしい人で、義弟ながら私は逆に兄のように慕い尊敬していました。しかしそんな義弟までもが義理の姉でもある自分の妻を視姦し、さらにひどいイタズラまでしていたとは私はその日まで夢にも思っていませんでした。

その日私達の住んでる街ではちょっとした祭りがあったので、私達は妹夫婦を自宅に呼び食事会をすることにしました。
そして夕方頃、妹夫婦は子供を連れてやってきました。ちょうど私達の子供と同じ年の女の子がいるので、私達の子供も喜びすぐ一緒にはしゃぎ始めました。
しばらく居間でくつろぎ話をした後、妻達は料理の支度を始めたので私と義弟は子供達を連れて露天を見にいきました。露天は納涼祭程度の小さな規模で、私達はしばらく金魚すくいに熱中した後、やきそばと焼き鳥を買い家に戻りました。
家に戻るとすでにご馳走がならべられており、子供達も「ワーイ」と喜びみんなで乾杯をしてご馳走を囲みました。子供達は大きなエビフライを手に取ると「パパー、これヘビだよ、ヘビー」と言って私達を笑わせたりして、それはもうとても楽しい食事会でした。
しばらくご馳走を楽しんだ後、義弟は車からめずらしいウィスキーを持ってきました。そのウィスキーは義弟がいつも飲んでいるらしく、妻も何度か妹の家で飲んだことがあると言ってました。
  1. 2014/10/26(日) 01:14:26|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第22回

そして義弟は私達3人にそのウィスキーをつぎました。義弟はロックで飲んだほうがいいと言うのでそのまま氷だけ入れて飲んでみました。そのウィスキーはけっこう甘く飲みやすい感じでしたが、後からお腹の中がカッーと熱くなるぐらいアルコールが高いものでした。
妻や妹は飲みやすいせいか2人とも弱いくせにどんどん飲んでいるので私は(大丈夫かー)と思い見ていました。
そしてしばらく笑いながら飲んでいると子供達が眠たい様子だったので寝室に寝かしにいきました。妻や妹は完全に出来上がってヘラヘラしながら子供なんかおかまいなしの状態だったので、しかたなく私が子供達を寝室につれて行きました。
私は子供達にお話をしてあげました。そのうち30分くらいして2人ともやっと寝ついたので、私はトイレをして部屋に戻りました。
3人は相変わらず飲んでおり、義弟はもともとお酒がすごい強いのでしっかりしているが、他の2人は弱いので完全に目が座って話方もロレツがまわってません。
私はあきれながらその場に戻りビールを開けました。そしてビールを飲みながら妻のほうに目をやった時、はじめて妻の格好に気付き(ありゃー)と心の中でつぶやきました。
妻はいつものワンピースにノーブラです。しかも酔っ払っているため足が開かれて正面の義弟からはパンティーがが丸見えになっていました。胸のほうも酔っ払って肩を落としているため、ゆるい胸元がさらに下がり片側の乳首が時おり見え隠れするほどでした。
しかし本当の兄弟のように思っている義弟なので、私はそれほど心配せず義弟も気にしていない様子だったので、私は妻に足を下ろすようにと合図し体育座りの妻の足を伸ばす様にさせると、そのまま楽しくまた飲むことにしました。
  1. 2014/10/26(日) 01:20:43|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第23回

しばらくして私は久しぶりに飲んだせいか少し胃が痛くなってきたので後ろで横になり休むことにしました。
久しぶりに飲むお酒はすごい酔いやすく、私は10分くらい横になりウトウトとしていました。
そのうちしばらくして3人の大きな笑い声が聞こえてハッと目が覚めました。
3人はまだ飲んでいる様子で、義弟が「のぶちゃん、具合わるいんやろー、部屋にいって休みなよー」と何度も言ってくるのを「うーん」と答えながら私はまたウトウトしたりしていました。
そのうち少しずつ目が覚め、薄目でボーっと楽しそうな3人を見ていました。すると妻の足がまた体育座りになりパンティーが丸見えになっているのに気が付きました。
しかし私は(あーあー)と思いながらも、もう気にせずあきらめボーっと眺めていました。
しかしそのうち義弟のほうに目をやると、時折不自然な行動をとる義弟が目につき、私はだんだんと目が覚めていきました。
妻はベロベロに酔っ払い先ほどよりさらに足を開き、スカートも捲くれ上がってしまい、自分のところからでさえお腹やおへそまで見えてしまう状態で、さらにはだらーんと落とした右肩はワンピースの襟元がさらにずり下がり右乳が丸見えになっており、さらにずり下がってポロリとこぼしそうなのを乳首で引っ掛け何とか持ちこたえている状態で、乳輪の上の部分が見えているのがはっきりと分かりました。

義弟は妻が座る向きを少し変えるたびに不自然に妻の正面に移動し、妹も義弟に「あんた落ちつきないねー」と言ってます。義弟は「ハハハー」と笑いながらもまた妻の正面にまわったりしています。
私は(まさかー)と思いながら義弟の顔のほうに目を向けました。するとなんと義弟は話をしながら時折妻の股間にチラチラと目線を向けているような様子に見えました。
私はまた(まさか)と思いながら、高鳴る動悸を押さえ寝たふりして様子を見ていました。
  1. 2014/10/26(日) 01:21:43|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第24回

義弟は「へー、そうなんだー」と妻の話をいいかげんに聞きながら、目を大きく開き妻のパンティーをジーっと覗いており、しかも妻が笑いながら屈むとその度に上から覗き込むようにして妻の胸を覗いています。

私は信じられなかった(あれほどまじめで、誠実で、自分も尊敬している義弟がまさか)、しかし目の前にいる義弟は確かに目をギラつかせ妻のパンティーや胸を視姦しています。

そのうち妹は完全に酔いつぶれその場で横になっていたが、そのうち静かになったかと思うとそのまま寝てしまった様子でした。

義弟は「おい、お前大丈夫かー、布団でねろよー」と妹の体をゆすりましたが妹は全く反応しませんでした。すると義弟は妹に声をかけた後、私のほうにも近寄り「のぶちゃん、どうやー」と声をかけてきました。
私はあわてて目をつぶり寝たふりをしました。何度もしつこく体をゆすってきて、そのうち妻が「疲れとるし、もうダウンやと思うよー」と義弟に言うと、義弟は私の体をゆするのを止め一瞬ニヤリと笑ってから妻のほうへ戻りました。
妻のほうに戻った義弟は妻の正面にドカッと座り、そのうちしばらくするとそのままそこで横になりました。義弟はちょうど自分の顔が妻の股間の正面にくるようにして横になり、妻の話に耳を傾けながら、もう先ほどみたいに遠慮せずジーっと股間を覗き視姦しし始めました。
  1. 2014/10/26(日) 01:22:40|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第25回

しばらくすると妻は完全に目もつぶれヘラヘラ笑いながら露出がだんだんひどくなっていき、そのうち腕を後ろにつきさらに足を広げ義弟に(どうぞ見て下さい)と言わんばかりの格好になっていきました。
すると当然義弟はさらに大胆になっていき、首をのばし少しずつ顔を近付けながら遠慮なしにジーっと覗いています。
そのうち妻はバタンと足をおろしてしまいパンティーが見えなくなってしまいました。
すると義弟はさらに頭を下げ何とか覗こうとしていたが、そのうち自分や妹のほうをちらりと確認してから、ロレツのまわらない妻の話を聞きながら、大胆に妻の両足を掴むと無理矢理また妻の足を体育座りにさせました。

妻「Xちゃん、ほうやろー、ほうはろー(そう思うやろー)」
義弟「そうやねー、そうやねー」

義弟は妻の話を適当に聞きながら妻の足をまた体育座りにさせ、さらにその足を広げニヤニヤしながら眺めており、時折ハアハアという義弟の息づかいが聞こえてました。
義弟に足を広げられた妻の股間は、パンティーがさらに食い込みよじれてしまい、アソコのビラビラが少し見えるぐらいにまでなってしまってます。
しかし完全に酔いつぶれてしまっている妻はされるがままの格好にも気付かずロレツのまわらない口調でしきりに義弟に何かを話しています。
そのうち妻は口数が少なくなっていき、しばらくすると全く話もしなくなりました。
義弟はずっと熱心に股間を覗いていたが、しばらくしてそれに気付くと妻に「XXちゃーん、どうしたー」と声をかけました。
しかし妻は全く反応しなくなりました。
すると義弟はまた私や妹のほうに来て軽く体をゆすり、そして寝ているのを確認すると妻のほうへゆっくりと戻っていきました。
  1. 2014/10/26(日) 01:23:41|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第26回

そして妻のほうに戻った義弟は妻の肩に手をやるとゆすりながら「大丈夫ー?」と言いました。
しかし妻は完全に酔いつぶれ寝てしまい義弟の呼びかけにも全く反応しない様子で、そしてそれを確認した義弟はさらに信じられない行動をしたのでした。
義弟はチラリと私のほうを見たあと、妻の肩にあてている手をゆっくりとおろし、そして妻の胸にその手の平をそーっとあてがいました。
そしてその手をゆっくりと上下に動かし妻に小さな声で「だいじょうぶー」と言いながら妻の胸をさすり始めたのです。
義弟はそれでも反応のない妻に徐々に大胆になっていき、そのうちゆっくりと指も動かし軽く揉むようになっていきました。
そして私のほうをまたチラッと見てから妹の顔を覗きにいき、妻のほうへ戻ると今度は両手で胸を掴みゆっくりと揉み始めました。
義弟は鼻息を荒くしだんだん激しく揉むようになってきてます。3人とも意識がないだろうというその空間の中で義弟は完全に我を忘れその行為をどんどんエスカレートとさせていきました。
そのうち義弟は妻のワンピースを掴むとそれを無造作に捲り上げ妻の胸を完全に露出させてしまいました。大き目だがちょっとタレ気味の妻の乳房は義弟の目の前にさらけだされてしまい、義弟はその乳房をしばらく見つめた後、指で右乳を一回チョンとつつきました。すると妻の胸は左右にプルンプルンと揺れもう一度それを繰り返すと義弟から「ふふっ」という笑い声が聞こえました。
そして義弟は妻の生乳を下からすくい上げるように掴み、そしてさらにギュッと掴むと乳首が倍ぐらいに飛び出し、義弟はそれを見て「ウワァー、ハハハー」と声を出した後、口を尖らさせ私の妻のその乳首を吸い始めました。

「チュパ、チュパ、ウハー、ハー、チュー、チュパー」

そして吸いながらそのうち妻の足をさらに開くと手を股間にあてさすり始め、そのうち中指をパンティーの中にすべりこませイジリ始めました。卑猥な音が聞こえてきます。

クチュ、クチュ、クチュ

私はまた頭が真っ白になるくらいのカナシバリにあい、義弟の信じがたい妻に対する光景を見ているしかありませんでした。
  1. 2014/10/26(日) 01:24:59|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第27回


そのうち妹が「うーん」と寝返りをうつと、義弟はビクッと動きを止めあわてて妻から離れました。
そして義弟は妹の顔を覗き込み2、3度妹の体をつつき確認すると、なんと妻を抱きかかえ部屋を出ていってしまったのです。
私は(やばい)思いつつ体が動かず、10分くらいして何とか起き上がり義弟の後を追い妻を探しました。
1階の部屋、座敷、キッチンしかしどこにも義弟はいません、すると2階からゴトッと物音がしました。
どうやら義弟は妻を2階の私達の寝室に連れていったらしく、私は這うように階段を上り2階へいきました。
そして私はそっと近づき寝室のドアのノブを掴むとゆっくりと回しおそるおそる中の様子を伺いました。

妻が1人でベッドの上で寝ていた。しかしその格好は普通ではなく素っ裸で足が開かされアソコが丸見えの格好になっていました。
しかもベッドのまわりには妻の服と義弟の服が乱雑にちらばっており、すると自分の視野に義弟の姿が入ってきて私はそれを見てびっくりしました。
義弟も裸になっており、私は義弟のむき出しになったペニスを見て更にびっくりしました。それ自分よりひとまわり以上大きい立派なもので、しかもこれ以上ないくらい膨張し反り返り、まるでそのペニスが怒りながら妻を見下ろしているように感じるくらいでした。
すると義弟はニヤニヤしながら妻の裸を眺め、そして自分のペニスを握りしめ上下にそれを振り回すようなしぐさをした後ゆっくりとベッドの上にあがったのです。

  1. 2014/10/26(日) 12:34:51|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無防備な妻はみんなのオモチャ 第28回

そして義弟は妻の股間の前に座ると足を広げさせ、さらに指でアソコをグイッと広げました。
「やったー、今日もやれると思わんだー、ラッキー」
信じられない義弟の発言、義弟はそう言い出すと妻のアソコに下を這わせ始めました。
「オ○ンコー、オ○ンコー、ウハー、ハー」
そして完全に人格を失っている義弟は自分のペニスを握り締めながら妻のアソコを一心不乱に舐め、そのうち指も入れ始めました。2本の指を強引に入れると乱暴に掻き乱しグチュグチュという音が静かな部屋の中で大きく響いています。
そのうち義弟は指を入れるのを止めその場に立ち上がりました。そして自分の大きなペニスをニヤニヤしながら2、3回しごいた後、なんと妻の顔にまたがり始めました。
「XXちゃーん、今日もチ○ポしゃぶってー」
義弟はそう言いながら意識のない妻の髪の毛を掴むと強引にうなずかせました。信じられない行為。
「やったー、いいのー」
そして義弟はそう言うと、強引に妻の口を開きその大きな先っぽを無理矢理ねじ込みました。
「うっはー、きもちいいー、フェラー、フェラー、ヘヘヘー」
そして義弟は妻の髪を掴むと上下させ無理矢理フェラチオし始めました。悪夢な光景。
「イテッ、イター、歯あてるなよ、クソッ」
義弟は急に動きを止め意識のない妻にそう暴言を吐くと、口からゆっくりとペニスをぬき出しました。そして今度は
「ねー、生でチ○ポいれていいー?、ねー」
と言いながらまた妻をうなずかせると、妻の足を持ち上げペニスをアソコにあてがい始めました。そして握り締めたその大きなペニスをゆっくりと挿入していきました。
グチュ、グチュー
「ふー、んー、ええー、きもちいー」
「あっ、きついなー、XXちゃんなかなか入らんよー」
私にとっては信じられない言葉、そしてそのうち激しく腰を振り始め
「あっあー、いっ、いきそー、XXちゃーん、かっ、顔にかけていいー?」
「や、やったー」
と言うとペニスを抜き出し妻の口もとに持っていき開かせ、そこにめがけて精子をぶちまけました。大きなペニスに比例するくらいの大量の精液はビュッビュッと音が聞こえる程で妻の口の中、顔、髪の毛まであたり一面に飛び散りました。
そして義弟はさらに何ともいえないうれしそうな顔をしながらペニスをしぼると、妻の唇に残りの精子をのじりました。
そして口元からこぼれてくるその液をすくうと妻の口にもっていき
「XXちゃん、のんでねー」
といいながら口の中にそれをねじこんでいます。そして妻からはゴクッと言うのどの鳴らす音が卑猥に聞こえてきました。悪夢な出来事。
そして義弟はすぐ復活させ2回目をやり始めました。
意識のない妻を抱え上げいろんな体勢にしてオモチャにし楽しみそのうち
「あっ、いくー、こんどは中にだすよー、いくよー」
と言うと妻の中に挿入したまま激しく腰を痙攣させました。
「はー、はー、でたー、うっ、まだでるー」
そしてペニスを抜き出すと妻のアソコを開き
「あー、出てきた、いっぱい出てきたー」
と言いながら妻のアソコから流れ出てくる精液をうれしそうに眺め、そのうち妻の腰を持ち上げると
「もったいないなー」
と言いながら出てきた精液を妻のアソコにまたもどしつっこみました。
  1. 2014/10/26(日) 12:43:09|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第1回

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。
それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。
以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。
医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。
それからは私は妻を気をつけて見るようにしてきました。しかし私はそんな妻や、妻を狙ってくる男達を見ている間にどんどん自分の中で何かが変わっていってしまうのでした。

私の妻は自分の格好をまったく気にせず、夏場はいつもきまったワンピースで出かけます。
何年も着ているそのワンピースは胸元がのびきってしまっており、すこし屈むだけで胸が見えてしまい、縮んだ裾は膝小僧もまるだしで、ちょっと動作を激しくするだけでチラチラパンティを露出させる。
洗濯の繰り返しですこしはげた薄手のニット地は、普通に立っているだけでパンティやブラジャーの模様、さらにはおへその黒い影までくっきり透けさせる。
しかしそんな私の妻は、そんな自分の格好もまったく気にせず外出し、行くところ行くところで男達の視線を集めた。
気がつくと男達に囲まれ胸元やパンティを覗かれているのはしょっちゅうで、さらにはエスカレートした男達に体中をさわられてしまうのも度々あった。
そして私が何よりショックだったのは、そんな妻が覗かれることをまったく気にもしなかったのは言うまでもないが、それどころか体をさわられていても抵抗もしない普通の態度でいるのが信じられなかった。
それを見た私は当然これ以上ないくらいのショックを受けた。しかしそんな現場を見ていくうちにそんな妻の様子にだんだん興奮するようになっていってしまった。

九月 ある残暑の日曜日
私達家族は休日で天気もよかったため、デパートで買い物をし公園で遊んでくることにした。
さすがにデパートに行くときぐらいはそれなりにオシャレをしているつもりかいつもジーパンをはいていく妻だが、いけない妄想をもつようになった自分は、あえてジーパンを隠しいつものワンピースを出しておいた。
「パーパー、あれっ、わたしのジーパン知らん?」
「知らんよ、早くしろ、先にいっとるぞー」
「えー、ちょっと待ってよー」
私は子供を連れ先に車に乗った。しばらくして妻は案の定いつものワンピースを着て出てきた。
「あれー、おっかしいなー」
妻はしきりに車の中でつぶやいている。しかし私は車を走らせデパートに向かった。
デパートは駐車場が非常に混んでいて、仕方なく屋上の離れたところになんとか止めた。
そして私達は車を降りる、私はそこでまず妻の姿チェックしてみたが、私はそこで一つの誤算に気がついた。
妻は下は予想どおりで、今朝はいていた水色のパンティーがうっすら透けている状態だったが、上はなんとノーブラでワンピースに張り付いた乳首がくっきり黒く浮き出ていた。
私は車に乗るとき、妻が荷物を前に抱えていたのでそれに気がつかなかった。(しまったー)
「おっ、お前ブラジャーしてないんか?」
「あー、うん、めんどくさかったし、だってさーパパ早くしって言うからさー、あっでも今日暑いから大丈夫だよ寒くないよ」
しかし妻は私の問いに対してあいかわらずピントはずれな答え方をしてきている。
さすがにそこまでの格好をさせるつもりのなかった私は立ち止まり躊躇していたが、妻は子供と手をつなぎ先にデパートに向かっていったので私はあわてて妻達の後を追った。
  1. 2014/10/26(日) 12:46:02|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第2回

あわてて追う私の目線には妻の後ろ姿が見える。
風でお尻にピタリと張り付いたワンピースは、パンティーの色や模様どころか歩くたびに動くお尻やふとももの筋肉の動きまでくっきり透けさせており、後ろから見ていてもガードのない胸が歩くたびに左右に揺れているのがわかった。
追いついた私は妻の前に進み前から妻を見てみた。
お尻と同様に風でワンピースが張り付いてしまっており、乳首どころかすこしタレ気味のその胸の形、ほくろ、アバラのくぼみ、おへその穴の大きさまでくっきり形を出して透けていた。
歩くたびにふりこみたいに揺れる胸の動きがはっきりと分る。
「んっ、どうしたん?何かついとる?」
自分の今の格好にはまったく疑問にも感じず不思議そうに私を見上げる妻。
通りすぎようとする駐車場の警備員の視線があきらかに妻の胸に釘づけになっているのが分る、彼は私達が通りすぎた後もずっとこっちを見ている。
私はまよいながらもどんどん先に行く妻にうながされるようにとうとうデパートの中に入っていってしまった。
エスカレーターですれ違う男達の視線が妻の胸にいっているような気がする。
そしてとうとうデパート中に入ってしまった。とりあえず食事をとるため私達はコートに向かう、その時は非常に胸がドキドキした。
コートに向かう中、すれちがう男達は何人も当然妻のノーブラに気がつき、私達がとおりすぎた後もこっちを見て振り返っている。
デパートの屋上みたいに風はないので、ワンピースが胸にピタリと張り付くことはないが、黒く透けた乳首の左右に揺れる動きがみんなに妻がノーブラだとわからせた。
メガネをかけた学生風の男が何度も往復しては妻の胸を視姦している。
コートについて私達は昼食をとった。向かい側いる妻に目をやると、ただ座って食事をしているだけの体制なのに、ゆるいワンピースの胸元が下がり、覗き込まなくても乳首が見える。
当然とおりすぎる家族連れのお父さんたちは、それに気がついては一瞬立ち止まり、妻の胸に目線を向けとおりすぎていく。
わざとらしく何回も往復する人、さらには妻の胸に気をとられ食器を落としてしまう人までいた。
そのうち一つのハプニングが起こった。子供が小さい器に入れたラーメンをこぼしてしまった。
当然妻はふきんを借りにいき、テーブルと床を拭き始めた。
しかし床を拭くため、その場にしゃがんだ妻は、自分がスカートだということも気にしないため水色のパンティーが丸見えになっている。
そのうちまわりには、何人も野次馬のふりして妻を見る男が集まってきた。
しかしそんな男達の視線も気にしない妻は、まるで男達を挑発するかのように床を拭きながらさらに足を開いて見せてあげている。
そのうち床を拭くたびにワンピースもどんどんずり上がっていき、パンティーの上の模様のはいった部分まで見えそうになっている。
さらに屈んだ胸元の奥では、手を動かすたびに、おどるように揺れる生乳の動きが見えていて、そのうちずり下がった胸元からは、片側の胸がこぼれそうになり、ワンピースにひかかった乳首がなんとかそれを阻止いている。
私はすこし興奮しながらヒヤヒヤそれを見ている。
興奮しているまわりの男達は、夫である私の存在にもまったく遠慮しなくなり、私の肩ごしに首をのばし、遠慮なく妻のストリップショーをながめている。
そのうち片側の乳首がとうとうポロリと露出してしまったため、私はあわてて妻とかわり自分が床を拭くことにした。
しかし床を拭き終わり立ち上がってみると、せっかく拭くのをかわってあげたのに、バカな妻はもう一枚ふきんを借りてきており、テーブルを拭きながら胸元を引き続きサービスしている。
食事が終わって子供がゲームをしたいと言ったので、妻と子供はゲームセンターに向かっていった。
  1. 2014/10/26(日) 12:46:45|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第3回

食事が終わって子供がゲームをしたいと言ったので、妻と子供はゲームセンターに向かっていった。
私は妻に「本見てからそっち行くわー」と言いゲームコーナーに向かう妻と子供を見送った。
歩く度に揺れる胸、後ろから見ていると歩くたびにお尻が交互にワンピースに張り付くため、その度にパンテイーも交互に透けている、私はそれを見ながら踏み切りの信号を思い出し苦笑いをした。
歩いている途中で手を洗う所があったので、妻は子供と一緒に手を洗い始めた。
わざわざ子供用の低い洗い場で思いっきり屈んで子供と手を洗っている。私は向きを変え妻達のところへ向かった。
妻の後ろには二組の子連れのお父さんがいて、妻の突き出されたお尻をジロジロ眺めている。
私は(あー、あー)と思いながら見ていると、案の定後ろに並んでいた子連れのお父さんは、わざわざ妻の前に移動し胸元を覗き始めた。
後ろのお父さんもわざとらしく妻の後ろでしゃがみ、子供の服を直すふりをしながら妻のお尻を覗いている。
私もふと靴の紐を直すふりをしながら、そのお父さんと同じ目線で見てみた。するとその目線だとパンテイーがモロ丸見えだった。
バカな妻は洗い場でも何人にもサービスし、やっとゲームコーナーにむかっていった。
  1. 2014/10/26(日) 12:47:36|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第4回

私は本屋へ行き、目当ての本を買って30分くらいしてから妻達のいるゲームコーナーに向かった。
妻と子供はお子様用のゲームコーナーでメダルゲームをしていた。
妻は前屈みになり子供と楽しくジャンケンゲームをしており、当然開いた胸元をまわりの人に見せびらかしていた。
ジャンケンゲームのボタンを押す度にゆれる生乳はまるで海に浮かぶクラゲの様に揺れ、向かい側で子供とゲームをしているお父さんがニヤニヤしながらそれを眺めている。
突き出されたお尻はパンテイーの模様や色をくっきり浮き出しており、激しくボタンを押すたびにお尻の肉が揺れるのが分かり、そのうちワンピースがずり上がりパンテイーが少し見えるくらいなってしまった。
反対側で座って子供とゲームをしていたお父さんもそれに気が付き、振り返ってポカンと口を開けながらそれを眺めている。
しかしそんな妻は、見られていることにも当然気にせず、さらにゲームに熱中しながらまわりのお父さん達に大サービスをしている。
そのうち一人のジーパンを履いた茶髪のどう見てもこのゲームコーナーには不釣り合いな若者が、不自然に妻の後ろを何往復もしているのに気がついた。
私は角度を変え、妻達を横から見るようにしてその若者の行動を見るようにした。
その若者の行動は私の予想どおりで妻に痴漢を働いていたのだった。
その若者はジーパンの前のポケットに親指だけをつっこんだ様にして手の甲を露出させ、せまい妻の後ろを通る際に、突き出された妻のお尻に手の甲を押し付けているのが、不自然な動きですぐ分かった。
  1. 2014/10/26(日) 12:55:33|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第5回

その若者は妻の反応を見ながら気付かれていないと分かると、またその行為を繰り返し始めた。
狭い通路に妻はさらにお尻を突き出しているため、反対側のゲームをしている子供との隙間が20CMぐらいしかなく、その若者は普通に通路を通るだけで妻のお尻に触れることができた。
普通に見ていれば、ただ妻の後ろを通っているだけにしか見えなかったが、若者は妻の後ろを通り過ぎる時だけ一瞬立ち止まり、手をモゾモゾ動かしているので、それが痴漢行為だとわかった。
手の甲を押し付け、それと同時に指を少し動かしながら妻のお尻をさすっているように見える。
そのうち若者が通った後に、違う男も同じ様に何回も妻の後ろを通るようになった。
その男は背の低い40才くらいで、暑いこの時季には不釣合いな長いジャンパーを着ており、ジャンパーのポケットに入れた手で、ジャンパーごしに手の平で妻のお尻に触れているように見えた。
本人はまわりからバレないように、そのようにしているみたいだが、ポケットの中が不自然に円を描くように動いているので、それも痴漢だとすぐわかった。
普通の感覚の女性であれば、すぐ振り返りお尻を突き出すのをやめたり、その場をあわてて立ち去ったりするであろうが、当然普通でない私の妻は触られていることに全く気が付いていない。
それどころか子供を自分の前に移動させると、さらに後ろに下がり通路をより狭くして、痴漢が触りやすいように挑発している。
当然痴漢達は妻のその反応見てさらに大胆になっていき、ジーパン男は手の平をあてがうと、下から上にさするように触るようになり、ジャンパー男は軽く揉んでいるようにも見えた。
それでも羞恥心のない私の妻は、いやがるどころか痴漢の行為に対して、逆に自分がぶつかってしまったと思い、少し強く触ってきたジャンパー男に「あっ、すいませーん」とあやまっている。
そのうち妻の前で胸元を覗いていたお父さんも彼らの行為に気付き、子供から離れ男達の仲間に加わり、おどおどながら妻のお尻に手を押し付けはじめた。
そのうちジャンパー男は順番の輪を乱すかのように、妻の後ろでそのまま立ち止まり両手でお尻を持ち上げるようにして触り始めた。
するとなかなかその場を離れないジャンパーに、ジーパンはおこった顔をしながら無理やり割り込もうとし始めた。
欲望は理性をも吹き飛ばすで 、そのうち男達は「何やっ」と言い合いを始めた。
その声を聞いて妻もびっくりして「きゃっ」と言いながらやっと後ろをふり返った。
私はそれを見てあわてて妻と子供の手を取り、ゲームコーナーを出て行った。
あの後あの二人がどうなったのか今でも気になる。
「びっくりしたー、急に後ろでケンカはじまるんだもん、何でー、びっくりしたねー、○○」
「うん」
自分が原因だということも全くわかっていない。私達はそのままデパートを出て公園に行くことにした。
  1. 2014/10/26(日) 12:56:17|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第6回

公園はいつもの公園に行くことにした。
私は以前その公園で妻が学生風の男達にいたずらされているのを目撃してからは、そこへは行かないようにしていたが、今日はデパートからそこがすぐ近くということもあり、
何より先ほどのデパートの出来事で私の頭の中が、好奇心欲望嫉妬でくちゃくちゃになってしまい、その公園に向かってしまった。
「あれー、パパー、あの公園もう行かないって言ってたじゃん、いいのー」
「・・・ああー」
「○○、あのねー、パパねー、前に公園いった時さー、お兄ちゃんたちがたくさん来て遊んでくれたでしょー」
「うん、いっぱいあそんでくれたー」
「パパねー、それ見て妬いちゃって、もうそこ行くなーって怒ったんだよー」
「ふーん」
ただ遊んでくれているだけなら自分も行くなとは言わないし、怒ったりもしない。この女が普通でさわられたりしても「キャー」と騒ぐような、それなりに普通な女なら自分もそんなこと言うもんか。
私は頭の中でそうつぶやきながら、イライラしていた。そのうちそうこうしているうちに公園に着いた。
休日だが駐車場はそれほど車が止まっておらず、みんな各地でやっているイベントに行っているのかなーと思ってしまった。
車から降りて歩き出す妻に目をやる。あいかわらず風によって張り付いたワンピースが体中を透けさせ、体中の形を浮き出させている。
公園から入れ違いに帰ろうとする子連れのママが、妻を見てあきれたような顔をし足早にさっていった。たぶん彼女は妻が、今流行っている意図的な露出でもしていると思ったんじゃないだろうか。
公園に入り私はすぐまわりを見渡した。思ったとおり人は少なかったが、奥の広場で若者達がゴルフか何かの練習をしているのが見えた。
私はすこし彼らに近寄り彼らの顔を見た。私の心臓が高まっていく、案の定彼らは以前妻にいたずらした顔ぶれで、この前より多く10人くらいはいる。
  1. 2014/10/26(日) 12:57:10|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第7回

妻達は回転するジャングルジムのところに行った。
子供がジャングルジムに登り、妻はニコニコしながらしゃがんでそれを眺めている。微笑ましい光景だが、もちろん妻は前を隠そうともしないため、水色のパンティーが近くに座っている幼児のように、丸出しになっている。
まだ幼児のほうが、時おりスカートを戻そうとしているから、そっちのほうが羞恥心があるかもしれない。
子連れのお父さんが通り過ぎる時それに気付き、執拗に子供にジャングルジムで遊ぼうと言っている。
しかし子供はあっちで遊びたいらしく、お父さんは渋々子供に手を引っ張られてあっちへ行ってしまった。
何度も何度も妻のほうを振り返るそのしぐさは、いかにもその残念さを物語っていた。
私はそれよりも、いつ若者達が妻に気が付くか、それが気になっていた。
高鳴る鼓動、照りつける太陽、セミの声、流れてくる冷や汗、そのうち自分は彼らがいつ気が付くのかという緊張と欲望で頭の中が狂っていき、妻をそのままこの公園に置き去りにする行動をとってしまった。
「・・・あー、ママー、ごめん、会社にちょっと忘れ物したから取りに行っていい?」
「ええー、うそー、んーわかったわー、でも早く戻ってよー」
私は会社に行くと言いながら妻達から離れ、そして遠くで見ているという行動をとった。
私は向こうの広場に近付き若者達の様子を見ることにした。
彼らは大学のサークルか何かの練習らしく、パットゴルフみたいなことをしている。
けっこう熱心に練習をやっている様子で、向こうにいる妻にはまったく気付かない。
しかししばらくして、遠くに飛んでいったボールを拾いに行った一人が、その場でピタリと動きを止め、妻のほうをじーっと眺めた後、足早に仲間のほうに戻ってきた。
とうとう気付いてしまった。
  1. 2014/10/26(日) 12:57:53|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第8回

「おっ、おーい、Aちん、あれっ、あれっ、あれさー、ママさんじゃねーかー」
「えっ、うそっ」
「おー、ほんまやー、ママさんじゃん」
「なにっ なにっ ママさんて、あれかー、お前らがこの前話してた、さわらせママさんかー、うそー」
「おおー」
「ラッキー いこうぜー いこうぜー」
男達は持っている道具を放り捨て妻のところへ歩きだした。
「おー ほんまやー あのママさんかー」
「よー いくらさわっても抵抗しないって本当かよー」
「ほんと、ほんと」
「すげー パンツ透けまくりー 青色じゃねーかー」
「あー 胸揉みまくってやろー」
「あー 俺もう勃起状態」
「俺なんかもういっちゃったー」
「でたー そーろー」
「ハハハハハー」
男達は卑猥な会話をしながら妻に向かっていく。
男達は妻のところへたどり着き、態度を変えさわやかそうに言った。
「やー おねえさん 久しぶりですねー」
「よっ ぼくー 元気ー」
妻「あー お兄さん達ー こんにちわー」
「どうしたのー 二人で遊びにきたのー」
妻「んー 天気いいから 旦那と三人でー」
「えっ だんなさんとですか」
妻「んー でも会社に用があるって行っちゃったー」
男達はそれを聞いてニヤリと笑い
「じゃー またいっしょに遊ぼーかー」
妻「えー でも兄さんたち練習できてるんでしょー 邪魔したら悪いわー」
「あー いや もう終わったからさー」
「ボクちゃんも遊びたいだろー」
子供「うん あそぼー」
妻「あー すいませんねー ほんといつもいつもー」
「いや ぜーんぜん」
男達はそう言いながら、妻の前の位置に少しずつ集まり、ギラギラしながら開かれた妻の股間に目線を集めた。
しかし妻はその10人の目線にも気にせずさらに後ろに手をつくような格好をして、男達にパンテイーをさらけだしている。
そのうちその妻の無邪気なそぶりに、男達は笑いながらさらに覗き込むようにして覗き始めた。
男の一人が子供の乗っているジャングルジムをまわしてあげ、そのうちニヤニヤしながら妻にも「さー ママさんもつながろうかー」と言った。
妻「えー わたし高いところいやだって言ったじゃん」
「大丈夫 大丈夫 またささえてあげるからさー はやくー」
妻「えー ほんとにー?」
妻は渋々ジャングルジムを登り始めた。妻が登り始めると男達は競うように妻の下に入り、下から丸見えのお尻を眺め始めた。
「すげー ハハハー」男達は笑いながら見上げている。
そのうち男の一人が「ささえたげるねー」と言いながら妻のお尻を掴み始めた。そしてまわり男達もそれを見てニヤリと笑いながら、我先にとスカートの中に手を入れ始めた。
何十本もの手がスカートの中をまさぐる姿は異様な光景で、そのうちその勢いに妻のスカートは背中が見えるくらいにまで捲くれ上がってしまい、パンテイーも半分くらいずり下げられお尻の谷間が見えるくらいの格好になってしまった。
妻は「キャハハー くすぐったいよー」と言いながら一生懸命パンテイーを元に戻そうとしている。
  1. 2014/10/26(日) 13:00:22|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第9回

男達にお尻をいじくられながら押し上げられた妻は、なんとかジャングルジムを登っていき、すると妻が登りきると男の何人かもジャングルジムを登って行った。
男達は二人が妻の両隣の位置に着き、一人は妻の後ろに重なるようにポジションをとった。
「ねーさーん 大丈夫だからねー ささえたげるよー」
男の一人がそう言うと三人とも妻の体に手を当て始めた。そのうち両隣の男は妻の胸を持ち上げる様に手を当て、後ろの男は右手をスカートの中に入れ始めた。
「ああー お前らずるいなー」
三人の行動を見見上げてた男達のうちの一人がそのように言うと
「へへ- 順番 順番」
と上にいる男達は答えたが、その男はジャングルジムの中に入り込み、強引に登って行って妻と向き合うポジションをとった。
「あっ ひっきょーなやつー」
「へへー とった者勝ちだよーん」
妻「ああー 大丈夫ー そこはあぶないよー」
バカな妻はその男を心配してあげている。しかしその男はそんな妻の心配など無視し、すぐさま前から妻のスカートの中に手を突っ込んだ。
そのうち下にいる男達はジャングルジムをまわし始めた。
妻は「キャー キャー すごーい」と喜びながら叫んでいるが、男達はジャングルジムがまわり始めると妻の体をまさぐり始めた。
容赦なく胸を揉んでいる動きや、スカートの中に入れている手が激しく動いているのが、私のほうからもよく分かる。
「おーい まだかー」
「はやく かわれやー」
下にいる男達はしきりに怒りながら言っている。
そのうちジャングルジムの回転が止まると、上にいた男達は渋々「あーあー」と言いながら降り始めた。降りる時男の一人が未練たらしくスカートの中に顔を突っ込む行為をすると、下の男達は「やめろやー」と真剣に叫んでいる。
男達が降りていくと妻は「やー ちょっと おいてかないでー」とへっぴり腰な格好で叫んだ。
すると違う男達が
「よっしゃー 今いくよー」
「揉むよー」
「バカ」
と言いながらすごい勢いでジャングルジムを登って行った。そしてまたジャングルジムがまわり始めると妻をもて遊び始めた。その男達はさっきの男達よりもさらに激しくまさぐり、そのうちスカートも捲り上げパンティーを丸出しにさせさわり始めた。
「いけー もっとー」
「やりすぎー」
「はよかわれー」
下から野次が飛んでいる。そのうち回転が止まり男達がやっと降り始めると、妻は「げー 気持悪いー もういやー」と言いながら必死に降り始めた。
すると次の順番待ちしていた男達は「ええー もうー まじー」とものすごい悲しそうな声を出しながら叫んでいた。
妻はヨロめきながらもなんとかジャングルジムを降りてきた。登る時はさんざん手伝ったのに、降りてくる時は誰一人手伝わない。
最後に飛び降りる時、スカートが引っかかってしまい、胸まで露出させてしまった。
男の一人がそれを見て「うっひょー」と興奮している。

うだるような暑さの中、セミの鳴き声が人一倍大きく聞こえる。
妻がジャングルジムを降りて一服していると、男の一人が「今度さー あっちで遊ぼうよー」とニタニタしながらコンクリ山を指差した。
  1. 2014/10/26(日) 13:01:21|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第10回

そのコンクリートの山は一応スベリ台になっていて、狭いトンネルをくぐって上に登っていくと、上からすべって降りてこれる形になっていた。
子供は喜びながら一目散に向かっていったが、妻は少し疲れたのか、座ったまま動こうとしなかった。しかし男の一人が「さっ 行くよ 姉さん」と言うと、妻の背中を押すようにしながらそこへ連れていった。
コンクリ山に着き、子供がすぐトンネルの中に入っていくと、男達もニヤニヤしながら、「いっしょに入ろうよー」と妻をしきりに誘った。
妻は「えー 腰痛いからいいよー」としきりに、男達の誘いを拒んでいたが、欲望と下心でいっぱいな男達は、一生懸命妻をおだて、無理やり手を引っ張りながら、トンネルの中に連れていった。
狭いトンネルに子供に続いて、妻も何とか入っていき、男達も妻のお尻を押しながら、トンネルに入っていった。
トンネルの中から妻の叫び声が聞こえてくる。
「キャー くらーい ちょっと引っ張らないでー 誰ー」
トンネルの中で、どんな事が起きているのか、その声を聞けばだいたい想像がつく。
しばらくしてやっと妻と男達が山からすべってきた。下で待っていた男達は、妻がすべってくると、すぐ妻のところに集まり、しきりに介抱してあげた。
男の一人がなかなか立てない妻を、後ろから胸に手をまわし、胸を掴みながら、立ち上がるのを手伝ってあげた。しかしその男は、妻が立ち上がってしまったにもかかわらず、胸を掴んだ手をなかなか離そうとしなかった。まわりの男達はそれを見てニヤニヤ笑っている。
立ち上がった妻に、男達は砂を払ってあげた。当然砂を払ってあげているというより、体を触っているように見える。男はまだ掴んだ胸をはなそうとしない。
念入りに砂を払ってもらった妻は、やっと一服しようとしたが、今度は違う男達が、いやがる妻を無理やりトンネルに連れて行った。
その男達は、トンネルに入る前からすでに、妻の体に触っている。スカートの中に手を入れているのが見えた。
「キャー いたーい やめてー」
さっきよりさらに激しい叫び声が聞こえて、さすがの私もすごい心配になった。
「おい あいつらさー さっき触れなかったから むちゃくちゃやってるんじゃねーかー」
「まじかよー」
「ちょっと 見てくるわー」
男の一人が様子を見に行った。それでもなかなか降りてこなかったが、しばらくしてやっと妻の姿がコンクリ山の上に見えて少し安心した。
しかしコンクリ山のてっぺんに立った妻の格好はすごいことになっていた。
ワンピースの胸元から両方の生乳が引っ張り出されて丸出しになっており、さらにワンピースが下がらないように、腰のあたりで誰かに縛られてしまっており、パンテイーも半分くらいずり下げられてしまっていた。
妻はコンクリ山のてっぺんで立ち止まり、一生懸命縛られたワンピースをほどこうとしていた。
「だれよー こんないたずらすのー もー」
下にいる男達は、それを見ながらゲラゲラ笑っている。
妻はそれを一生懸命ほどこうとしているが、なかなかほどけず、そのうち上にいる男達に背中を押されながら、そのままの格好ですべってきてしまった。
「キャー ちょっとー」
すべってきた丸出しの妻に、下にいる男達は我先にと、生乳に手をのばした。
そしていやがる妻におかまいなしに、掴んだり、引っ張ったりしながらさわりまくった。
  1. 2014/10/26(日) 13:02:11|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第11回

胸元からはみ出た生乳。スカートが捲くれあがって丸見えになったパンティーは、よじれてフンドシみたいになっており、そのため白いお尻の肌がクッキリ遠くからでも分かった。
何とか男達の親切?によって立ち上がったが、男達は妻が立ち上がったにもかかわらず、その親切な手を妻から離そうとせず、執拗にまだ介抱してあげている。
「ねえさーん 大丈夫ー ここ痛くないー?」
男達はわざとらしく言いながら、妻のはみ出した片乳を奪い合うようにさわりまくった。
「ちょっ ちょっとー そこは痛くないわー ひっぱらないでよー もー」
「へへへー ゴメーン」
「あたっ お尻ちょっと打ったかな?」
バカな妻は男達の前でそう言うと、当然男達はニヤニヤしながら「どれどれー」とお尻を揉み始めた。
いくつもの手が妻の大きなお尻を掴み合っている。そのうち男の一人が、フンドシ状になった妻のパンティーをさらにTバックのように食い込ませると、むき出しになった白いお尻をパチパチと手の平でたたくふりをした。
するとまわりの男達はそれを見ながら腹をかかえて笑いだした。
「えっ なに? なに笑っているのよー 何か付いてるのー?」
「んっ あっいやー ねえさんだいじょうぶかなーってね ほら後ろ向いてて 撫でてあげるよー」
「ふーん ありがとう でももう大丈夫よ」
「あっ じゃっ じゃーさー ねーさんもう一回いこ ねっ ねっ」
「えー やだよー だってあなた達私の体中引っ張るじゃん もー痛かったんだからー」
「んー だいじょうぶ だいじょうぶ こんどはしないからさー ねっ ねっ」
「えー」
妻はすごい嫌がっていたが、男達は妻の体を抱え込むようにしながら、またトンネルの中につれていってしまった。妻を連れて行くとき、男の一人の手が早くも妻のスカートの中に突っ込まれているのがチラッと見えた。
当然また妻の叫び声が聞こえてくる「キャー ちょっとー スカート脱げちゃったじゃないー キャー どこ引っ張ってるのー もーやー」 その声を聞くだけで妻がどんな格好にされているのか想像がつく。
しばらくして外で待っている男達が、笑いながら卑猥な会話をし始めた。
「すっげー ほんとやなー 触り放題 揉み放題 サイコー」
「うん オッパイやわらけー 大きいしさー」
「えー でもちょっと垂れてるじゃん」
「バーカ それがいいんよー パイズリしたらええぞー」
「アホ」
「あっそうやー お前さー ちょっとやりすぎじゃねーか? さっき思いっきり指入れとったろー」
「おー 思わずさー パンツの中に手突っ込んで指二本も入れたわー さすがにギャーて叫ばれたけど でもよーこいつなんかもっとスゴイことしとったぞ」
「こいつなんかさー 四つン場みなっとるねえさんの下にさー 思いっきり強引に仰向けに入っていってさー オッパイ?んで乳首吸いまくっとんよー」
「しかも こいつなかなか離れんかったしー」
「へへへー おいちかったです」
「アホ お前ら危なすぎー お前らに言わないほうがよかったわ」
「なー でもよー あのねえちゃん あれか? 知恵おくれかなんかやろ それともそーとーな変態か?」
「さー どうなんやろなー」
「オレどっちでもいいわー あー はやくさわりてー」
「オレやりてー」
「ハハハー バーカ」
「なー どっか連れてってさー 犯っちまおーかー」
「そりゃ マズイっしょー」
「やっぱ お前ら危なすぎー」
「・・・・・・」
「あっ あいつら やっと出てきた」
欲望は理性をも吹き飛ばすで、男達は悪魔でものりうつったかのような会話をしていた。
  1. 2014/10/26(日) 13:03:04|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第12回

そのうちやっと男達のセクハラから解放された妻が、まるで捨てられた人形のように哀れもない格好でスベリ台を滑り降りてきた。
しかし下では獲物を待っている狼達が、やっと解放された妻が降りてくると、喜びながら一斉に手を差し伸べ、妻に飛びついた。
滑り降りてしりもちや肘をついている状態の妻を、やさしく介抱してあげるという名ばかりのセクハラ行為。
しかも最初の頃みたいに遠慮などなく、ひたすら何十本もの手が妻の体中を這いずり回った。妻の胸やお尻を掴みながらゆっくりと妻を起こしてあげるやさしい男達。そして立ち上がった後も妻の胸やお尻に付いた砂ぼこりをひたすら丁寧に丁寧に手の平で払ってあげる親切な男達。
そのうち二組の親子がコンクリ山のほうにやってきた。
男達はそれに気付くと、あわててその親切を止め、妻から少し離れた。
妻はやっと男達の親切行為から解放されると、少し離れた木陰の下に行き、そこの根元に座り込んで休憩をし始めた。
男達のほうは集まって何か話をした後、横の広場に子供だけを連れて行き、自分達の練習していた道具類か何かのかたずをし始めた。

妻が一人で座って休んでいると、しばらくして男の一人がジュースを持って戻ってきた。
「ねえさーん これっ どーぞー 飲んでもいいっスよー」
「あー ありがとー ちょうど欲しかったのー いくらー」
「あー いいっスよー いいっスよー」
「えー わるいわー 出すわよー」
「いや ほんとにいいスから」
「ほんと? じゃーいただきまーす でもあれだねー おにいさん達やっぱり若いわ わたしなんてもうヘトヘト」
「そんなことないっスよ ねえさんも若いですよー」
「まーたお世辞言うんじゃないわよー 無理しちゃってー キャハハー」
「そうだ お兄さん達っていくつなの 大学生でしょー みんな同じ年ー」
「いやー 学生ッスけど あれっス 俺ともう一人 あのバンダナ巻いてたやつが一年で 後はみんなセンパイっス」
「そうかー 学生かー いいなー 私が学生の頃は・・・・・・・・・・・・・・よねー?」
「・・・・・・・・」
妻はいろいろ話し始めたが、男はそんな妻の会話よりもチラチラ見えるスカートの奥のほうが気になるらしく、妻の問いかけにも応じず、無言でしきりに妻のパンティーを覗き込み始めた。
しかし妻はそんな男の無反応や態度にも気にせず、また自分のくだらない昔話を続け始めた。
「だからあの学校は・・・・・・・・・・でダメなのよねー」
「・・・・・・・・」
気にせずひたすら話をする妻を、男は顔を下げて横にしながらスカートの奥をじっくり覗き込み、そのうち顔をだんだん近づける男の頭が妻の膝にあたってしまった。
「あっ ごめん」
妻は自分がぶつけたと思ったのか、その男にそう言いあやまると、自分の足をもっと自分のほうに引きよせ引っ込めた。
するとさらに足を広げM字開脚みたいな格好になってしまい、私のほうからでもパンティーが見えるくらいになってしまった。
男は妻のその偶然的な挑発行為に、喜びながらさらに頭を下げ顔を近づけていった。
「オホホホー」
「んっ どうしたのー 何かついてるー?」
「えっ いっ いや何も」
妻はその男の奇声と思いっきり不自然な姿勢に、さすがに変だと感じたのか、屈んでいる男の顔を少し怪訝そうに見つめた。
しかしバカな妻は、またそんなにも気にせず、足も閉じようともせず、またくだらない話をし始めた。
「でもこのままじゃ学校も・・・・・・・・・・・・になってしまうよねっ!」
力説しながら興奮する妻は、足を閉じるどころか、興奮しながらさらに男の前で足元をゆるめていった。
男のほうもそんな妻の様子に興奮して我をどんどん忘れていったのか、しまいには妻の膝をつかみ広げると、スカートの中に頭を突っ込み、匂いを嗅ぐような感じに顔を近づけ始めた。
「ちょっ ちょっ ちょっとー どっ どうしたのー 何?」
「あっ いっ いやっ あのっ ごっ ゴミ うっ 動かないで!」
男はそう言うと妻の股間に手を差し伸べ、ゆっくりと指でさすり始めた。
「えっ うそー 何も付いてないじゃん」
すると妻は自分でスカートを捲くりさらに足を広げ、パンティーの前の部分を引っ張ると、自分でその男がさすっているパンティーのアソコの部分を確認するような動作をした。
しかし男がさすっている部分に汚れやゴミなど見当たらず。すると「えー ついてないよー ほらー」
と言いながら、さらにパンティーを食い込ませ、男にそこの部分を見せつける、まるでストリッパーみたいなバカな格好をした。
意識的ではないにしろ、そんな格好を見せ付ければ男の頭がプッツンするのは当たり前で、男は股間に飛び付くと乱暴に揉み始めた。
「ねっ ちょっ ちょっとー いたいってばー」
 
  1. 2014/10/26(日) 13:03:56|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第14回

「ひゃっ ちょっと やめっ」
男が自分のアソコに口をつけてくると、さすがに事のなりゆきを少し理解したのか、妻は両手で男の頭をアソコから離そうとした。
しかし男の頭はそんな妻の弱い力にはびくともせず、そのうち逆に片手で妻の両手首を掴むと、妻のアソコにつけた頭を上下に動かし始めた。完全に妻のアソコを舐めまわしている。
「いやっ なにしてる・・ きたないっ いーやっ」
「はー はねーはん しふはにしてってはー しゅるふー」「やめてってばっ そーゆーのは けっこんしている夫婦のしごとでしょー おにいさんしなくてもいいのよー きたないからやめなさいっ!」
私はハラハラしながらも、妻のその言動を聞くとプッと吹き出してしまった。
究極のわいせつ行為も、妻のその感性の中ではただの仕事行為どというその発言。私はあらためてそんな妻の性感覚の白知を実感した。
さすがにその男も、妻の大声そしてその発言内容にビックリ、いや戸惑いを感じたのか、妻のアソコを舐めるのを止め、発言したあとの妻の顔をポカーンと眺めた。
ピタッと動きを止め、シーンと静まりかえる二人。そのうち男がその沈黙をやぶり妻に話しかけ始めた。
「しっ しごとっスか?」
「そーよ 結婚する、または結婚した男女がする仕事よ だからお兄さんは別にしなくてもいいのよ わかったー?」
「はあー?」
男は妻のその発言にまたもや困惑すると、頭を傾けるよな仕草をした。
「もうー パンティ パンティ あっ あったあった よいしょっと」
妻は呆然になっているその男をしばらく見つめた後、自分の脱ぎ捨てられたパンティを掴み、座りながらそれを履こうとした。
すると男は、パンティーを履こうとしている妻の手を急に掴むと、妻に話しかけ始めた。
「しっ しごとしたい」
「へっ?」
「しっ しごとしたい」
「仕事って えっ さっきの?」
「うん 男女の仕事ッス」
「ええっー これは結婚する人がするのよ だめよー」
「えー したいっ」
「ダーメ」
「えー あー あっ そうだっ いやっ オレねえさん好きだしさー そっ それならいいだろ いやっいいっスよねー ねっ ねっ」
「えー うーん でもねー私あんまりその夫婦の仕事っていうのかな? それ好きじゃないのよねー 疲れるしー お兄さんもあれだよ 今興味ちょっとあるかもしれないけど 実際は面白くないと思うし、元来繁殖儀式のためにアダムとイブ・・・・・・現代のこのありかた・・・・支持活動が・・・」
「いー やりたいっスー」
「うわっ ちょっと大声ださないでよー そんなにやりたいのー?」
「うん するっ」
「えー もー」
「ちょっとだけっ おねがい!」
「ちょっとだけー? ほんとにー?」
「うんっ」
「ふー わかったわー 」
「やたっ」
「じゃー じゃーさーどれするのー?」
「えっ どっ どれって?」
「えっ あっそーか知らないわよねー いくつかあるのよ まずねー男性の陰茎あるでしょ、それをねー私が握って上下に動かすのー
それとねー私がその陰茎を口にくわえてねーそれを出し入れするの、でも私あんまりそれ好きじゃないなー、男性の精液ってねー飲みやすーい時と飲みにくーい時あるのよっ、旦那はそればっかりしたがるのっ、キャハハハハー
えーっとーそれとー陰茎を膣に、あっ膣って私のここね、それをここに入れてー、同じように出し入れするのっ
ちょっと何ハアハア言ってるのっ、聞いてるー、それだけかなー、あっ あとねー女性の肛門、ここねっ、ここっ、ここにー同じように陰茎を出し入れするの、うーこれわねー ちょっと痛いからなー、やめとこうかなーエヘッ
わかったかなー じゃーどれにする?」
「どっ どっ どっ どれって どっ どっ わわわー」
「キャハハー わかんないよねー じゃーそーだ じゃーねー 私が一番楽なー膣に入れるのにしよっ ねっ じゃーちょっと待っててね」
妻はそう言うと、履きかけたパンティーを脱ぎ捨て、後ろの草むらを確認したあと、自分のワンプースを捲り上げ、そして寝そべり、男に向かって思いっきり足を開いた。
「はーい いいよー」
「うおっ ふぉ ほっ ほんとにいいんスか」
「うん どして? したいんでしょ あっでもね あまり強く出し入れしないでね 私すこし胃が弱いからすぐ痛くなっちゃうの」
「うっ うん」
男はそう言うと荒々しくジャージを脱ぎ下ろし、妻の目の前にいきりたった自分のペニスをさらけだした。
「うわー にいさん おっきーねー ちょっとみせてー うわっ カチカチー あれっもう精液が出てきてる ちょっとまっててー」
妻はそう言うと、握った男のペニスのたれてきている精液を、舌ですくいとる仕草らしきことをした。

     
  1. 2014/10/27(月) 00:52:40|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第15回


「うほぉー うそっ あー おー あふぅぅー」
予想もしない妻のその行為に、男は顔を空に向けると、喜び
のよがり声を出した。
「うわっ あっあっちょっとー まだたれてくるじゃないー
どうなってるのよー もー」
男のペニスにひたすら舌を這わせる妻。 たぶん若い元気なその男のペニスからは、次々と先ばしりがあふれ出しているのだろう。
「あー もぅー」
指や舌を使って、ひたすら男のその先ばしりをぬぐってあげる妻。 男のペニスの根元から、あふれ出しているその先っ
ぽまで、妻は大胆に舌を這わせては、それを舐めてぬぐいとってあげている。
よっぽどの淫乱な女性ぐらいしかやらないであろうすごい行為。  普通なら、もしやったとしても少しためらいながらとか、もしくはアダルトビデオのようにわざといやらしくや
ったりするのだろう。
しかしその感覚や感性などゼロに等しい妻のその行為は、ただ大胆で奉仕的で、しかしながらその一生懸命無邪気にやっ
てあげる動作は、よりいっそういやらしく見えた。
そのうち男の声が大きく聞こえた。
「あっ あっ あっ だっ だめっ」
「えっ? 何?」
「あぁー いくっ でるっ  ごめん」
「えっ? あっ んぐっ んーんん んーんんー」
男は声を荒げると、舐めている妻の顔を離し、自分でペニス
を握り、なんと妻の頭を押さえ強引に妻の口の中にペニスを
ねじこんでしまった。
「んんーん ん? んっ?・・・・・・・・・・」
「うふうー ふぅー はぁぁぁー・・・」
そして男は妻の口にペニスをねじこむと、妻の頭を押さえながら、何度も何度も激しく自分の腰をけいれんさせた。
その様子を見るだけでも、男が妻の口の中で射精行為をした
のがよーくわかった。
男はそれどころか、自分のペニスを握った手をゆっくりと上
下に動かすと、自分のペニスをしぼるような動作をした。
そして男が手を動かすたびに、「んんっ」「んんっ」と苦しそうに声をだす妻。
「ふうぅー・・・でたぁー・・ あうっ ふぅー・・・・」「んんー んーん」
「・・・ねーさーん・・・ ごっ ごめん・・・・」
「んんー んー んごくっ んー んごくっ・・・・・」
「・・・プハァー げほっ げほっ ちょっとー きゅう
に出さないでよー はー くるしかったー もー 死ぬかと
思ったわよー コラー」
「ヘヘヘヘー ごめーん・・・・んっ?」
「んっ? なによー」
「あっ あれっ もっ もしかして ねえさん のっ 飲ん
だのっ えっ」
「飲んだって 何を?」
「あー あのー おっ オレのザーメン」
「ザーメンて何?」
「あっ いやー あのー 精液」
「あー精液 んっ? 精液ってザーメンていうのー ああー
精液なら飲んだわよー」
「あっ そうだ あんたすっごい量だったわよっ もう口の
中にオシッコみたいに ジョー ジョー って出てきてすご
ーかったんだからー どんどん出てくるからとまらないかと
思ったわよー もーおっなかいいっぱい  なーんてねっ
キャハハハハー」
「すっ すげー」
「んっ? なんでー」
「いっ いやっ あっ あーそうだ ねえさん こっ こんどはさー あのー マンコに・・・・ あっいや ちっ 膣に いっ いんけーっスか いれさせて ねっ ねっ」
「えっ? いいけどー・・・ あっ あんたもうたくさん
精液だしたじゃないー もうでないでしょー? 男性は
精液がなくなると陰茎の・・・生体の神経が・・・・」
「いやっ ホラッ ホラッ」
そして男はそう言いながら立ち上がると、妻の目の前に、完全に復活した大きな自分のペニスを、見せつけるようにさらし出した。
「うわっ でかっ なんでー うわっカッチカチー」
「ヘヘヘヘヘヘー」
「なんでだろー? あっ ちょっと待って ホラッ 精液がでてきてるー かしてっ  チュュゥー 」
すると妻は男のペニスを握ると、あわててその先に口をつ
け、その男の精液の残りを吸い取るという無邪気な信じがたい・・・・アホな行為をした。
 
  1. 2014/10/27(月) 00:53:49|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第16回

「おっ? おほぉー いっ いぃぃー」
「ちゅっ ちゅっ んっ? これでいいかなー」
「あっ ねえさん そっ その持ってる手さー ぎゅっぎゅってしてごらんよっまっ まだ出るかも」
だいぶその雰囲気になれたのか、口を離した妻に、その男は
注文をし始めた。
「ん? こおー?  うわっ ほんとだー まーだでる おっとー ちゅっ ちゅー」
「はぁー いいぃーー・・・・  あっ ねえさん そろそろー」
「ちゅぅぅー・・・・ ん? なに?」
「あっ そのっ チン・・いやっ いんけー・・ 膣にいんけー 入れていいっスか?」
「あっ! そうかっ うん わすれてたねー ははははー プクッープクッーって出てくるのが
おもしろくてさー キャハハハハー」
「ほっ ほんとー まっ まただしてあげるっ さぁっ さぁっ やろっ やろっ」
「ほーい あっ ちょっとまってー」
すると妻は、そう言いながら、カバンの中からピクニック
用のシートを取り出し、足元にひいた。
「ハハッ 背中痛いからねー」
「うっ うん そだねっ」
「よいしょっとー」
そして妻は、シートを広げると、そこに座り、ゆっくりと
ワンピースを捲くり上げ始めた。
妻がワンピースを腰ぐらいまで捲くり、そこに横になろうと
すると、その男は
「ねえさん もっ もうちょっといいい? もうちょっと捲くろー ねっ」
と言いながら、妻のワンピースをさらに、捲くり上げ始めた。
「うっ うん いいけどー?」
そして男は、妻のワンピースを捲くり、完全に妻の胸を露出
させると、両手で撫でるようにして、それをさわり始めた。
「・・・・そんなのさわって面白い?」
「・・・・やわかけー あっうんっ」
「キャハッ へんなのー あっ でもうちの旦那も好きだなー
あっ あと旦那の友達もよくさわってくるなぁー お尻とかもー
あいつらしょーっちゅう家に来てはさー 私の体さわったり
さー 仕事したりしていくのー なんでだろねっ しっかも
さー すっごいらんぼーなのっ・・・まっ 旦那の友達だ
し 好きにさせてあげてるけどねっ いい人達だしさー
あっ あと医者達もっ いっつもおはようって言いながら
オッパイ揉んでくるのっ 部長先生なんてさー まいっにち
私のオッパイさわりながらねー 陰茎検査させるのー
あれいやだったなー だってねー部長のなんてねー 
ドッロドロして のーみにくいのっ ひどいときなんてね
ー それを朝と昼と2回もさせるのよー しっんじらんな
いでしょー もー  飲み会のときなんて最悪よー!
もう順番にっ陰茎検査よっ らんぼーに膣に入れてくるし
さー これが医者?って感じよっ ・・・まっでもそれも仕事だしねっ でもやっぱりいい人達でねー 私がやめる時
なんてさー みんな悲しんでくれたっけなー 部長なんて
挨拶にいったら泣いてるのよー ハハッ・・・・・・・」
「おーい 聞いてる?」
「チュパ チュパ ハァ ハァ ん? ん?」
「キャハッ なーに乳首吸ってるのよー あっかちゃんみ
たいねー あっ 男の人ってどうして大人になってもそん
なふうに吸うんだろ? 本来乳首は授乳期の・・・・・
ためにある・・・・・・・・・・でねー」
「チュパ ハァ チュ フッ ・・・・さぁっ さっ ねえさんっ」
「・・・・でねー あっ ゴメン ゴメン」
すると男は、せかしながら妻を横にさせると、妻の足を大きく広げた。
「あっ そおーっとしてねー そーっとねっ」
「うんっ うんっ」
そして男は、自分のペニスを握り、その先を妻のアソコに
あてがい始めた。

     
  1. 2014/10/27(月) 00:55:09|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第17回

すると男は、せかしながら妻を横にさせると、妻の足を大きく広げた。
「あっ そおーっとしてねー そーっとねっ」
「うんっ うんっ」
そして男は、自分のペニスを握り、その先を妻のアソコに
あてがい始めた。

しかし、大きい膨張して反り返った若いその男のペニスは、強引に下に向けて妻のアソコにあてがうため、入れようとするたび
に、妻のアソコからツルッとすべり、なかなか入れれない様子だった。

「うー  あれっ  くそっ  あっ ねっ ねえさんごめんっ  ちょっとまっててっ  くそっ」
そのうち男は妻のアソコに唾をつけては、ペニスをあてがい始めたが、焦れば焦る程、なかなか入らず、しきりに妻に
失敗するたびに、あやまっている。

「なかなか入んないねー  お兄さん  ・・・・そんなに無理してやらなくてもいいんじゃない? ねっ」
「ダッ  ダメッ  やるっ  やるっ」
「ひっ  わっ わかったわ  ゴメン」
「もっ ももももも  もっと  あっ 足ひらいてっ」
「あっ  はっ  はい」
「・・・あっ  ゴメン  ねえさん・・・」
「ん?  ううん  いいのよっ  私こそゴメンねー  兄さんこーんなにしたいのに、そんなこと言っちゃてさー」
「よーし  わかったわっ  入るまで何度もやろっ  私もがんばるわ  うふふー」
「あっ  ありがとう  へへへへー」

そして二人はそんなバッカな会話をした後、また挑戦し始めた(私の妻とのセックスを)。
しかし、妻は先程より足を開いたが、ペニスのサイズが大きい(私よりはるかに大きいのが十分わかった)のと、自分の
おなかに張り付く程、それが元気に反り返っているせいで、依然なかなかうまく入ろうとしない。

そのうち、さすがの男も、少しあきらめ気味になったのか
「ああー  くっそー  ダメッ」
と言いながら、妻の足から離れ、地面に座り込んだ。

私はその様子を見て、残念に思いながらもホッとし(やっぱりどんな女だろうが、自分の妻が犯されるのを、じかに見
るのは、さすがの自分でもくやしい)、妻の携帯電話に着信を入れることにした。

しかし、私が携帯をかけようとしたその時、またです。
妻のバカは、まーたまたやってくれました。バカなバカなバッカな行動をです。

確かに彼女は悪くない、別にワザと男を誘っているわけじゃないし、元々病気なだけで、当然悪いのは、それをフォロー
しないで、ただそれを自分の欲望にしている自分です。
しかし、どうして自分の妻だけが、男達の好きなようにされても、平気で、それどころか男の欲望どおりにしてあげる馬鹿な性格なんだと思うと、くやしくてたまりません。
そりゃ私自身も昔は、好きなようにさせてくれる女でもいればいいのになぁー、と思ったが、まさかのまさか自分の妻が
、そんな漫画にでも出てくる様な、男の好きなことをさせてくれる女だとは・・・
とにかく、そんな妻に出会った男達が、くやしくも、ただうらやましいだけです。

妻は、そんな諦め気味の、そんな男に
「にいさんっっ  だーめよっ  あっきらめないのっ  よーし わったっしにまっかせなさーい!」
と言うと、自分のカバンや服を、腰の下に入れ、男が入れやすいように、自分の腰を浮かせるバカな格好をした(私と妻
が家でやる時は、やりやすいので、いつも腰に枕を入れてやってます、たぶんそれを知っているからやったのでしょう)。
さらに妻は
「ちょっと待ってねー  よいしょっとー  さあどうだー」
と言いながら、自分の両足を?み、足がプルプル震えるくらい、限界まで自分の足を広げた。

「さっ  にいさん  はやくっ」
妻が言うと男の方はそれを見て、当然ポカーンとした後、「スゲー 信じらんねー」と言いながら、ペニスを妻の股間
に埋め込みはじめた。
  1. 2014/10/27(月) 00:56:24|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第18回

「どっ  どお?  入りそう?」
「うっ  うん  ちょっ  ちょっと待っててー  おっ  いい感じスー」
「でも にいさんのちょっと大きいからなー  大丈夫か・・・うっ  くっ  ちょっ  イタッ」
「うほっ  うはー  くー  入った!  先っぽ入ったスよねえさん!」
「イタッ  くー  よっ  よかったね  でっ  でも痛いから  そーっとね  そーっとね」
「あはー  おおっー  入っていく  入っていくー  くー  キツー  しまるー」
「うー  くっ  ちょっ  待って!  ゆっくりね  ゆっくりねー  ・・・あっ  やっ  うぅぅぅー」

しかし、男はそんな妻の言葉など無視し、ペニスの挿入から逃れようと、上にずっていく妻の腰を両手でつかむと、遠慮
なしに、ペニスをズボズボと差し込んでいった。
そして、とうとうこれ以上入らないくらいのところまで、ペニスを到達させると、男は顔を空に向け、勝ち誇ったように
ニヤニヤしながら、うれしそうな顔をした。

そして男は、非常に苦しがっている妻のことなど気にもせず、脳天気に妻に話かけた。
「くー  ねえさーん  さいこうだよー  すっげー気持ちイイッスよっ  ねえさんも気持ちいいっ?」
「・・・・くぅぅぅー  イッ  イタイわっ  でっ でもよかったわね・・・・あっ あっー  そっ  そんなに
激しく動かさないでー  にいさんの大きすぎっ  うくっ」
「へへへー  そうっスかー?  でもみんなにも言われるッスー  ヘヘッ  あー でも気持ちいいー  ねえさんしまるわー」

しかし男は、悲痛な声を出している妻などおかまいなしに、ペニスの出し入れの動きを、どんどん激しくしていった。
「ハァ ハァ ハァ  イイッ  あー」
「うっっ くぅー」
「さいこー  ねえさんいいよおー  いいよぉぉー」
「あうっ  ひっ ヒッィ」
「あぁー  たまんねー  さいこー  こうすればもっと気持ちイイッスよ!」

男はそう言うと、さらに妻の足を持ち上げるようにして、さらに深くペニスを差し込んだ。
「ああぁっっ・・・・」
「おうっ  いいっー  どう?  どうっ?」
「・・・・・・・・・」
「気持ちイイッしょー  イイッしょー?」
そんな妻だから感じるはずもない、(クッ コノヤロー)私は心の中でそう叫んだ。

「ねっ  ねえ  まっ まっ まだ精液でないのー?  ねえさん  くっ くるしいわー」
「あっ  ごめん  もうちょっと  だって気持ちよすぎてー」
さらに男は激しく腰を動かした。まるでその大きなペニスで、妻を刺し殺すかの様な勢いで。
「・・・・・・・」
「あぁっ  あぁっ  いいっ  おっ  ねっ ねえさんっ  そろそろイキそうス・・・いやっ 精液出そうスー」
「ホッ  ホントッ?」
「あぁっ  あぁっ  でるっ  いくっ  おっ おなかに出すねっ  いくよっ」
「あっ  まって  ダメッ  ダメヨッ  膣の中に出してー」
「ヘッ?」
「精液は膣の中に出してえー」
「ヘッ?」
「ほらっ  服とかシートとか汚れるからっ  ねっ  わるいけどさーお願いっ」
「まっ  マジー  マジー  ほんとに中に出していいのー?」
「うん  いいわよ  なんでぇ?・・・」
「イッ  イヤッ  ヤタッ  ヤタッ  うれしぃー  じゃーいくよー  いっぱい出すよー」
「うんっ  残さず出してねー」
「はいっ! あっ あっ  あぁぁぁー・・・・・・・」
「あっ!  今出たでしょ?  でたよねぇ?  だって膣の中でピューッて出たの分かったものー  ・・・・あっ
また出てるー  すごいっ」
「ウハァー  くぅぅぅー  すげえぇぇー  いいっー  気持ちいいぃぃー」
「おわったー?  ねえ 全部出たー?」
「あっ  もっ  もうちょっと  ゴメン」

男はそう言うとまた腰を動かし始めた。
「ええぇー  ちょっとー  また大きくなっきてるじゃないー  もう私疲れたわよー」
「ゴッ  ゴメン  すっ  すぐ終わらせるから  もうちょっとおねがいっスー」
「もおぉー ふぅー」
「ゴメンー  中出しするの初めてだったスから  もう気持ちよすぎてー」
「ヘッ?」
「あっ  イヤッ  気にしないでー  ・・・・おっ  うぅぅぅー  いくぅぅぅー  いったぁぁー  出たぁー」
「あっ  本当だっ  陰茎が中でビクンビクンいってるねっ  でも今度はピューって出るとこわかんなかったなぁ」

男は妻の中で二回もいきやがった。
そして男は、しばらく妻の中で余韻を楽しんだ後、やっと妻の中から、自分のペニスを抜き出した。
男は自分のペニスを抜き出した後、妻の足をひろげたままにし、ニヤニヤ妻のアソコをながめている。
たぶん自分の精液が、妻のアソコから流れてくるのをながめて、楽しんでいるのだろう。
「ん?  どうしたの?」      
妻がその男の、不審な行動に気付き、体を起こそうとした。
すると腰に力をいれたせいか、妻の中に溜まっていた、男の精液が、ドロッドロッと流れ出てきてしまった。
「フホッ  すげっ  すげっ」
「ヘッ?」
「あっ  いやっ  なっ  なんでもない  気にしないで」
「ふーん  へんなのー」
しかしそんな妻は、男のその喜ぶ原因も気にせず、さっさと自分アソコをタオルで拭き、身支度を始めた。
  1. 2014/10/27(月) 00:57:41|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第19回

「ウッハー  気持ちよかったなー  ・・・ヘヘッ  ねー  ねえさんもう1回ダメかなあ?」
・・・驚くことに、しつこい男は、自分のペニスを回復させるような仕草をしながら、もう一度妻を求めようとしている。

「なっ  何言ってるのよー  ダメッ  しつこすぎ!」
「ヘヘヘッ  やっぱりダメッすかー」
「当たり前でしょっ  もー」
さすがの妻も、男のしつこさにあきれ果て、あわてて自分のパンティーをはきなおした。

しかし、それでも未練たらしいその男は、自分のトランクスクスをはこうともしないで、それどころか、シートをかたず
けている妻のお尻にタッチしたり、話かけたりしてさかんに妻にアプローチを繰り返した。

そんな男は、妻のお尻をゆーっくりと撫で回しながら
男「ねえさーん・・・  ねえ  どこに住んでるのー」
妻「えー  ○松だよー」
男「へぇー  ねっ  ○松のどこっ  ねっ ねっ」
妻「んー  えっとー  駅の近くの○○○よー」(教えるなっ、バカ!)

男「あっ  俺その辺の○○屋よくいくんですよー」
妻「へー  そうなんだー  うちの近くだー」
男「ねっ  今度遊びに行っていい?」
妻「ヘッ?  ・・・ダメよぉー  旦那に怒られちゃうわー」

男「そーかー・・・  あっ!  じゃあさー  今度どこかへ行かないッスか?」
妻「んんー  でも  いそがしいからいつかネ!  じゃーおにいさん私そろそろ・・・」
男「あーあっ  あっ!  そーだっ  ねえさんさっき花が好きだって言ってたっスよねー」
妻「ん?  うん  大好きだよー うん」

男「ヘヘッ  おっ 俺のダチがさー、大学でそういうクラブに入っててさー、めずらしい花とか採れる場所とかよく
知ってるんスよー  そっ そこならどうっスか!  いっ いきませんかっ!!!」
妻「・・・えっ?  本当にっ  うんっ 行きたいわー  そこなら行きたいわー  にいさんやさしいねー  好きっ
へへへー」(バカッ、チンポ入れたいだけだっ!)
男「ホントッ  行く?  ヤッタ  ヤッター  オッシャー」
妻「・・・えっ えらい喜んでるわねー  にいさんもお花すきなの?」

男「いやっ・・・  あっ  好きです  大好きですとも」
妻「へー  やっぱりねー  フフフッ  お花が好きな人に悪い人はいないのよねー・・・・・んん?  あれっ?
にいさん何で私のスカートの中に手を入れてるのー?」
男「あっ・・  アハッ  ゴメン ゴメン」

・・・そしてバカな妻は、自分の携帯番号を、その男に教える動作をし始めた。
当然その男は、花など興味があるわけがない、ただ今日みたいに、妻の体をオモチャにして、やりまくりたいだけだ。
しかしそんな妻は、自分の携帯番号を教え、さらにはその男と遊ぶ約束の日を、自分からすすんで決めようとしている。

妻「はやく行きたいわぁー」
男「オッ オレもまたやりてー」
妻「えっ?」
男「あっ  いやっ  はやくお花様見たいッスねー」
妻「・・・そーねー  ウフフフフ・・・  ん?  にいさんまたお尻さわってるわよー?」
男「ハッ!  アハッ  アハッ  アハッ」
妻「ウフフフフー?」  
     
  1. 2014/10/27(月) 01:05:30|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第20回

2人がそんなバカな会話をしていると、しばらくして向こうから声がして、2人男がやってきた。

男A「おーい  ねえさーん」
  「・・・やべっ  先輩だっ」

男A「ん?  あっ  ○川ー 何してんだよお前!  手伝いもしないでコノヤロー」
男A「・・・あっ!  てっ てめー  何て格好してんだ!  バッ バカッ!!」
その男の下半身丸出しの格好を見ながら、男達は怒りながら言った。

○川「あっ  いやっ  そのー・・・・」
男B「あっ  あのっ  ねえさんゴメンねー  ・・・こっ こいつ頭悪くてさー  きっ 気にしないでー」
 妻「えっ?」
男B「・・・あっ  そうだ!  ボクちゃん砂場で遊んでいるからさっ  そこいこっ  ねっ ねっ」
 妻「あー・・・うん・・・」
そして、一人の男がそう言うと、妻の背中を強引に押しながら、そのまま妻を、砂場の方向に連れていってしまった。

すると、妻が向こうに行ったのを確認しながら、もう一人の先輩らしき男がそこに残り、その○川というやつに言い始めた。
男A「てっめー  ぬけがけはダメだって言っただろうが  バカッ!」
○川「あっ いやっ・・・」
男A「ふうー まあー 変なことする前に俺達が来たからよかったものの  お前アブナすぎだわっ!」
○川「・・・・」
男A「警察に捕まっちまうじゃねーか  バカッ!」

○川「・・・いやっ  あのー  せんぱい」
男A「なんだよ  文句あんのかっ」
○川「やっ  やれるっスよ!」
男A「ハァ?」
○川「やっ やらしてくれるっスよ・・・あの女」

男A「・・・・・・バカッ!!  そーれーおー犯罪って言うんだ  バカッ!」
○川「あっ いやっ 無理やりじゃなくって・・・」
男A「ハァー  もう黙ってろ!  お前は頭悪いんだからよー  もう帰れ!! わかったなっ!!」
○川「ハッ ハイッ!」
男A「いーなっ!  さっさと道具かたずけて帰るんだぞ!  じゃねーと明日しごきだゾ!!」
○川「ハイッ!」

そして男は、○川という男にそれだけ言うと、急いで妻達の後を追い、砂場へむかって行った。
逆に○川という男のほうは、しばらくそこに呆然と立ちつくした後、そのうちガックリ肩を落としながらトボトボ駐車場
に歩いていってしまった。

砂場・・・・・一番最初に妻が、男達にオモチャにされた場所である、そして私もあわててそこへ向かった。
  
  1. 2014/10/27(月) 01:06:29|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第21回

砂場は公園の奥にあり、人目にあまりつかない場所にある、男達はこの前みたいに妻に・・・・・

私が砂場に着き見てみると、砂場では男達と子供が砂遊びをしている。
妻の姿が見あたらなかったので、私はあわてて妻の姿を探した。
すると妻は、疲れた顔をしながら、奥のベンチに座っているのがわかった。

男達「ねえさーん  一緒にやろうよー  ねー」
 妻「やだー  疲れたもーん」
男達「じゃー  こっちにくるだけでいいからさー」
 妻「やーだー ここで見てるよー」

しかし当然それではおもしろくない男達は、その後いろんな手をつかって、なんとか妻を参加させるようにしてしまった。
しぶしぶ砂場の中に入っていく妻、すると男達はそれを見て、喜びながら大歓迎し妻をそこに招きいれた。

砂場に入ると妻は、子供のところに近寄り、座って子供の作るトンネルを見始めた。
ニコニコしながら、一生懸命にトンネル掘りをしている子供の姿を見つめている妻。
しかし一番見つめられているのは妻のほうで、男達の視線は、露骨に妻の股間へのばされていた。

そして、まるでその男達の視線にうながされるかの様に、膝元をゆるめていく妻、覗いていた水色の逆三角が、最後には
台形にまでなって、男達に見せびらかせられていた。

そしてそのうち妻は、まるで男達の筋書き通りかの様に、子供を手伝い、子供とトンネル作りをし始めた。

よつんばになり、楽しそうに子供と砂遊びをやり始める妻。

しかし当然・・・男達はそれを見て、ほおって置くわけがない。

まるでフタを開けられたエサに近づいていく野良犬の様に、男達は妻を取り囲み始めた。
  1. 2014/10/27(月) 01:07:26|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第22回


男達「あっ  ねえさん  俺手伝ってあげるよー」
男達「あっ  オレも オレも」
男達「ヘヘッ  じゃーオレはねえさんの後ろで砂掘ろーっと」
男達「あっ  オレもそっちがいいなー」
そして男達はそう言いながら、妻の前や後ろに陣取り始めた。

前のほうでは3人が陣取り、妻の砂掘りを一生懸命?に手伝い始めている。
私のほうからは前からの妻の状態は、見ることができなったが、男達の顔やその視線を見れば、だいたいはわかった。
 妻「アハハー  兄さん達ありがとねー」
男達「いえこちらこそー  あっ! いやいや何でも」
しかしそれは最初だけで、そのうち男達の手は止まり、ただひたすら妻の胸元を覗くことだけに、没頭するようになっていってしまった。

そして私のほうからよく見える後ろのほうでは、後ろのほうが人気あるらしく、6人もそこに陣取り、非常に大変にぎやかな状態になっていった。

よつんばの妻のお尻・・・突き出されたそのお尻はそれはもうパンティーがくっきりスケスケになり、しかもずり上がっ
たワンピースからは、すこしパンティーも見えているような状態でした。
そして妻の後ろに座り込んだ男達は、その妻の透け具合を指差しながら、ニヤニヤ笑っている。
そのうち男の一人が、妻が前のほうに気をとられているのをいいことに、指でそーっと妻のワンピースをめくり始めました。
すると、すぐに水色のパンティーが食い込んだ妻のお尻が丸見えになり、男達は(オオッー)というような感じで、そのお尻に顔を近づけました。
しかしさらにその男は、妻の腰のほうまでその手を動かし、ワンピースをめくっていってしまうのです。
   
  1. 2014/10/27(月) 01:08:16|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続 無防備妻 第23回

完全に丸出しになった妻のお尻、しかも腰の上までワンピーズがめくられているため、奥のほうではプラーンプラーンと
動く度に揺れるオッパイまで見えていた。
そのうちお尻を見ている男の一人が、その奥の二つの物質に気づきたのか、それを指差す動作をした。
するとまわり男達も頭を下げ、その物質を覗き込み、そしてそれを見てクスクス笑いだした。
しかし前のほうで盛り上がっている妻は、当然自分のそんな格好にも気づかず(まあー気づいてもそんなにかわらないかー)、
男達にじっくりと、見てもらっている。
そのうち妻の動きが激しくなってきたのか、さらにそのオッパイの揺れが激しくなっていき、オッパイどうしがパチンパチンと
ぶつかる様に動きだした。
するとそれを見ている男達の顔が、だんだんニヤニヤした顔から興奮したような顔にかわっていき、まじまじと妻のそれ
を眺め始めた。

 妻「すごーい  深くなってきたねー」
子供「うん!  でももっと掘りたいー」
 妻「よーし  わかったゾー」
男達「オオー  ねえさんすげー」
男達「すっごい揺れまくり!」
男達「プルンプルンだ!」
 妻「えー?  何か言ったー?」
男達「あっ いや 気にしないでー」
男達「さっ  ホラ  ねえさんがんばって!」

男達に励まされ、一生懸命砂掘り(ストリップショー)をがんばる妻、しかし後ろにいる男達はそんな妻を尻目に、やがて
さらなる行動をおこし始めた。

そのうち、そんな妻のお尻やオッパイを眺めている男の一人が、妻のお尻の横に軽く手を当てた。
すると男達はまるでそれが合図だったかのように、手を差し伸ばし、妻の体に触れ始めた。
妻のお尻やふとももに軽く手を当てる男達。

 妻「くぅー 砂がだんだん硬くなってきたみたいー」
しかし妻は、まーったく気づいた様子もなく、ひたすら砂と格闘している。

そして男達は、各自その様子を確かめると、当てた自分の手を撫でるように動かし始めたのだった。
妻のお尻やふともも、それどころかお腹にまで手を這わせる沈黙の男達(ハアハアという息づかいが聞こえてくるようでした)。

そのうちふとももをさすっていた男が、大胆にいやらしく指で妻の股間を上下になぞり始めました。
すると少し大胆なその男の行動に、一同はピタリと手の動きを止め、バレないかと一瞬妻の顔のほうを確認しました。

 妻「キャハハー 貫通だー」
とあいかわらずの妻(大丈夫ですよー、にいさんたちー、そんな妻ですからー)

すると男達は、当然それが第二の合図かのようにして、さらに激しく妻の体をまさぐり始めた。

だんだん激しくなっていく男達、股間にはいくつもの指が重なっていき、そしてそれぞれバイブのようにその指を動かし
ながら、その感触を楽しんでいる。
お尻の穴にまで、ぐりぐりしている奴もいた。

当然標的は、奥の二つの物質にまで及び、男達はそれにも手を差し伸ばし始めた。
男の一人がそれに手を差し伸ばしたが、それはプルンプルン動くため、なかなか捕まえることができないみたいだった。
そしてまわりの男達は、それを見て笑っていた。

しかしそのうちその男はなんとか捕まえることでき、顔をニヤリとさせ、その感触を楽しみ始めた。
すると当然まわりの男達も、我先にとそれに群がり、それを掴み始めた。

大き目でタレ気味な妻のそれには、一つのそれに二つの手で楽しむことができる程で、すごい光景になっていた。
一人がその根元から中間までを掴み、もう一人が先のほうを掴み揉みしだいている。
それは以前にも表現したことあるが、まさしく牛の乳搾りみたいな光景だった。

男達「・・・あっ  おまえらずりーなー」
男達「ひっ  ひっきょー」
前にいる男達が当然クレームをつけている。
 妻「えっ?  どうしたのー」
男達「うそっ  気づいてな・・・いやっ 気にしないでー  あっ  ホラッ  崩れるよー」
 妻「ああっー  ヤダッ!  たいへーん」
男達「スッ  スゲーなー」
男達「おっ おれも 後ろいこッ」
男達「おれも おれも」

そしてとうとう前にいる男達も、そんな妻を尻目に、後ろからのイタズラに加わり始めたのだった。
  1. 2014/10/27(月) 01:09:20|
  2. 無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR