FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

再びの妻 第1回

私、高島研二と薫子は47才と42才で2度目の結婚です。2度目と
言っても違う相手との再婚ではありません。私と薫子は一度離婚し、
又結婚したのです。再婚した後の話です。一人暮らししていた頃の
妻の回想が大きな部分を占めます。この物語の重要な要素ですので
省けません。冗長な話ですがご容赦下さい。

離婚したのは約3年半前の事です。小さいながらも、それなりの
商社を営んでいました。資金繰りが怪しくなり、銀行にも見放され、
町金融に手を出したのが始まりで、後は坂を転がるように、行き着く
ところまで行ってしまいました。まっとうな所からお借りした金は
それなりに待って頂いたり、金額を減らしてでも返済する事が出来ます。
しかし町金融にはそれが通じません。自宅の前で朝に晩に大声を出される
ようになり、このままでは妻にまで危害が及びそうに感じたのです。

幸いな事に自宅は担保に入っておらず、売却すれば町金融の債務は
返せると思っていました。ところが清算する段になって元金が3倍にも
なっている事を知らされます。自己破産し清算は出来たのですが、
町金融の嫌がらせは続きます。法的には私に何の落度はありませんが、
妻の事を考え離婚することにしたのです。

私が44才、妻、薫子が39才の時離婚しました。娘の朋子は京都の大学
付属高校の寄宿舎住まいです。娘には私達夫婦が離婚した事は知らさず
にいました。

薫子には『3年の内にはきっと君を迎えに行く』と、私は東京郊外の
千葉の北部の以前の住まいの近くにアパートを借りました。薫子は自分
の出身地、茨城の県庁所在地にやはりアパートを借り、そこで住むよう
になります。私のアパートからは100km程離れています。なにも、
そんなに遠く離れたところに借りる必要はなかったのですが、町金融の
事が頭にあり、出来るだけ遠くの場所にしたのです。それから薫子の
親元に近いと言う事もありました。

それと一番大事な要素は薫子の仕事です。自己破産した後も私は細々と
仕事を続ける事が出来ました。しかし自分の生活と娘への仕送りが精一杯
です、薫子の生活までは手が回りません。そんな時募集広告があったのです。
その会社の本社は東京ですが、製造事業所はその県庁所在地にあり、条件に
地元出身の人のみとありました。薫子はその面接に受かり、そこにアパート
を借りたのです。薫子のご両親の住いもその県庁所在地にありますが、
離婚したとは言え、ご両親に迷惑をお掛けしたくはなかったのです。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/10/22(水) 00:47:09|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第2回

一度、破産した人間が再度、身を立てようとするのは並大抵では
ありません。破産する前に懇意にして頂いていたお二人から
その会社の製品の商権をそのまま頂きました。幸いな事にその
製品のユーザーさん達も、新商法で起こした私の資本金5万の会社
から買っていただく事になります。人の情けが身にしみました。
新しい会社の住所も私のアパートです。

最初の1年は土曜日も日曜日もありません。仕入れ、営業、帳簿付け、
全て私一人でこなします。薫子に会いたいと思っても、会いに行ける
のは2ヶ月に一度位です。薫子から電話も毎日あったのが、週に3度、
2度と段々頻度も減ってきます。たまに会った時も抱きたい、抱きたい
と思っていても、疲れきった体が言うことをきかないのです。
そんな時、薫子は言ってくれるのです。

『私なら平気です。体を労わって下さい。私は何時までも待ちます』
と。

その言葉を励みに2年半が経ち、借家ですが一軒家を借りる事で出来、
曲りなりにも事務所も持つ事が出来ました。そして薫子と再婚した
のです。

妻に違和感を感じたのは再婚して今の家で最初の夫婦の営みを持った
時です。この2年半の間、妻が私のアパートに来た事は確か10回位
だったと思います。これは私が来ないようにと言ったからです。
まだ町金融の影があると思ったからです。しかし一人暮らし最後の
方は妻は殆ど私のアパートを訪れなくなりました。私が妻のアパート
に行ったのは十数回、抱いたのは数回だっと思います。その時には
妻の異変には気がついていません。その時には異変は無かったのか、
それとも私の気持ちが仕事に向いていた為か、今となっては解りよう
がありません。家で妻を抱いた時に異変を感じ取ったのは、仕事の
事を忘れ、妻に集中したからだと思います。

今までは妻は受身100%の女でした。私の男根を触る事も稀でした。
それが男根に手を添え口を寄せ、最後には貴方の精が欲しいとまで
言うのです、最後は妻の口に精を放って終わりました。それと妻の
陰毛が刈り揃えられているような気がします。妻との行為では灯り
をつけません、刈り揃えられたものかどうかは手の感触だけで、
はっきりとした確信は持てません。

「かおる、久しぶりだった。随分と積極的なような気がしたが」

薫子、本当はかおること言います。しかし、私はかおること呼ぶの
が何だか照れくさく、いつもかおるで通しています。

「ずっと貴方を待っていた。いつも今みたいにしたいと思っていたの。
愛しているの、貴方を」

そうだったのかと言う思いになります。しかし陰毛の事は言い出
せません。
  1. 2014/10/22(水) 00:48:20|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第3回

翌日は土曜日です。今は仕事も落ち着いて土曜日の半分は休み
を取っています。

「貴方、お話が」
「何だ、改まって」
「茨城でお勤めしていた会社なんですが、
来週から本社にお勤めします」
「それは前から聞いていたが、どうかしたのか」
「アルバイトではなくて、本社では正社員になるんです。
それに出張もあるかも知れないのですって」
「仕方がないな。今、君に勤めを止めろとも言えないし」

今はまだ、妻に勤めを止めさせる余裕はありません。本社は東京の
中心部にあります。ここから楽に通えます。

経理、決算等は近所の税理士さんにお願いしています、年間で30万円
くらいです。税理士さんの代わりに妻をと言う訳にはには行きません。
妻の給料を自分の家を持つ為にも当てにしなければいけないのです。

妻が本社に勤め始めて2ヶ月位経ったある日曜日、妻は近所のスーパー
に買い物に出かけました。携帯のコールが鳴っています。私の携帯の音
でも、妻の携帯の音でもありません、初めて聞くコール音です。何となく
胸騒ぎがします。コール音を頼りに探します。探している途中でコール音
が途切れます。しかしその音の方向をたどり探し当てました。何とキッチン
の上部収納棚に隠すようにありました。

どうして妻は携帯を二つ持っているのだ、しかも、どうしてこんな所に
隠さなければならないんだ。しかしこの時はまだ妻を疑う気持ちは無かった
のです。しかもこの携帯は妻の物とは限りません、誰かの物を預かっている
のかも知れないのです。携帯を見てみます、メールの着信があります。
中を見てみたい誘惑に駆られます。しかし、見る勇気がありません、
中を開いた事が妻にばれる事を恐れてしまったのです。
  1. 2014/10/22(水) 00:49:09|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第4回

携帯の中身を見る機会は以外に早く来ました。食事が済み、私が
風呂に入った後妻が風呂に向かいます。ひょっとしたら携帯はまだ
収納棚にあるかも知れないと、そこを探してみます。ありました。
着信メールは開封されています。最新の物を見てみます。月曜日
18:00Aホテルロビーで待つとありました。妻からの返信は了解
しましたと只それだけです。後のメールは全て削除されています。
妻のこの携帯の番号、メールアドレス、送信者の携帯番号、メール
アドレスを控えます。送信者の名前は山下常務と記されていました。

妻を問い詰めるのはまだ早いでしょう、仕事の連絡と言われれば
それまでです。今問い詰めれば、もし浮気であれば、これから警戒
するでしょう。それに私は妻を信じています。浮気である筈が無いと
思っています。しかしこの家に一緒に住みだしてこの2ヶ月の事を思い
浮かべます。最初の頃は今までの空白を取り戻すように毎晩愛し合って
いました。それが日にちが経つにつれ、その頻度も減り、その内に妻に、
今日は疲れたから、と拒否される事も増えました。12時を過ぎて帰る事
も増えましたが、仕事だから仕方がないと思っていました。

紹介が遅れましたが、妻の勤めている会社は中国を含めたアジアに小物
を輸出しています。妻が茨城で勤めていた部門は、その小物の製造事業所
だったのです。ある切っ掛けで妻の中国語の能力が認められ本社採用に
なったのです。中国からバイヤーが来た時は接待をする事もあるのです。
山下常務の名も妻からやり手の常務だと聞いた記憶があります。

「貴方、すみません、今日接待で遅くなります」
「そうか」

妻はそう言って出かけました。

浮気ではないと妻を信じていても、心にしこりが残ります。しこりを
残したまま今まで通りの生活が出来るとも思えません。妻が出勤した後、
朝一番で駅前の興信所に飛び込みます。妻の写真を渡し、会うであろう場所、
時間を伝えます。探偵さんの第一声は、これは簡単だ、これだけ材料が
揃っていれば一発だと言う事でした。簡単な調査でも纏めるのに半日はかかり、
報告書をもらえるのは火曜日の夕刻になるそうです。帰り際、探偵さんに
言われます。帰ってきた奥さんをよく見て下さい、浮気して帰れば普段と
違った行動をする筈です、風呂に直行というケースが多いようですと。
  1. 2014/10/22(水) 00:49:53|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第5回

事務所に戻ると今日中に処理しなければならない仕事が山ほど
あります。仕事に没頭している時は妻の事も忘れられます、いや、
忘れてはいませんが、頭の片隅に追いやる事が出来ます。4時を
回り仕事も一段落します。一度妻の事を思い浮かべるともう何も
手につきません。早々に仕事を仕舞います。家に帰って妻を待つ
のは何か釈然としません、かと言って飲み屋で陰気な顔をして一杯
傾けるのも私の生に会いません。結局事務所の冷蔵庫を開け、
ビールを飲みます。

2年半も待ってくれたあの妻が浮気などする訳がない。しかし、
隠すようにしていたもう一つの携帯、一緒に住みだして気がついた
妻の代わり様。浮気を打ち消す私の心に墨のように浸み込んで
いきます。探偵さんは結果が解り次第連絡すると言ってくれましたが、
それは断りました。結果が黒であれ、白であれ明日の夕方までは
知らずにおこう、それまでは綺麗なままの妻として見ておこうと思った
のです。

探偵さんが言った言葉、浮気した妻は帰ってきて普段と違った行動
をする。普段の妻がどうだったか良く覚えていません。普段着に
着替えて居間のソファーに座ってお茶を飲んでいたような気がします。
遅く帰ってきて、風呂に直行した時もあったかも知れません。
そんな程度なのです、如何に妻を見ていなかったかを思い知らされます。

私は11時ごろ帰宅します。外灯も家の灯りも点いていません。玄関を
開けて家の中に入っても寒々としています。私が妻より早く帰宅する
ケースは今までも数多くありました。今まではこんな感じはしなかった
のです、まるでもうここには妻が居ないような気がします。妻を信じて
いる筈の私の心がそうさせているのです。

風呂に入り、居間で又酒を始めます。点けているテレビは目に
入りません。

妻は12時半頃帰ってきます。

「ただいま、遅くなりました」
「お帰り」

妻は私の顔も見ず、風呂へと向かいました。

そうか、前にも何度かこんな事があったかも知れない。泊りがけの
出張もこの2ヶ月に3度ありました。それも単なる出張では無かった
のかも知れない。

「かおる、先に寝る」

風呂場に声をかけて、私は寝る事にします。
  1. 2014/10/22(水) 00:50:47|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第6回

あくる朝、いつも通りに目が覚め、妻もいつも通りに朝食の用意を
しています。妻はいつも通りの事をしているのでしょうが、私の気持ち
が違います。報告書を見たわけではなく、今はまだ疑いの段階です。
しかし私の気持ちの中ではそれはもう疑いのない事実になっています。
妻のいつも通りの態度が白々しいのです。浮気をしたその次の朝に、
よくも日常の生活が営めるものだと思ってしまうのです。

「今日は朝飯はいい。胃の調子がおかしい」
「大丈夫ですか、お医者に行きますか」

そんな言葉さえ白々しいのです。

「いや、すぐ治るだろう」

この日は全く仕事になりません。仕事は諦めて興信所からの電話を
待ちます。1時過ぎに電話があり、興信所で話を聞きます。

「残念です。奥様は浮気をされています」
「ホテルで会っただけで浮気だと断定出来るのですか」
「我々は奥様と山下さんが会っただけで断定しているのではありません」
「我々?」
「はい、用心深い方は女と男が別行動をとる時があります。
その時の念の為です」
「それで」
「奥様は山下さんとずっとご一緒でした。楽な調査でした」
「どうして山下だと解った」
「奥様が山下常務と呼んでいました」
「そうか」
「これが報告書です。写真も貼ってあります」

妻が一人で居る写真、山下と会った場面、腕を組んでエレベーターに乗る
場面、部屋に入る場面、出てくる場面。まだまだあります。もう十分です、
後は見る気がしません。

これだけの材料を見せられても未だ信じられません。

「部屋に入っても抱き合っているとは限らない」
「ご主人、奥さんを信じたい気持ちは解りますが、会議を
する為に大の男と女が5時間も部屋に篭りますか」
「しかし」
「それから、ボイスレコーダーです」
「ボイスレコーダー?」
「部屋の中での奥さんと男の声が録音されています」
「そんな事ができるのか?」
「我々プロには簡単な事です。今お聞きになりますか?」
「いや、いい」

支払いを済ませ事務所に戻り報告書を見ます。
  1. 2014/10/22(水) 00:51:40|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第7回

事務所で報告書を見ています。妻の浮気は紛れもない事実として

報告されています。しかし未だ信じられないのです。袋の中にある
ボイスレコーダーをパソコンに繋ぎます。いきなり二人の声が飛び込ん
できます。

「かおるこ」
「洋司さん」

何と二人は名前で呼び合っているのです。しかも私が照れくさく言え
なかったかおること妻を呼んでいます。その後声はくぐもります、
キスでもしているのでしょうか。もうこれで十分です、パソコンの接続
を解除します。二人の関係は昨日今日に始まった事ではないのが解ります。

妻は浮気に走るような女ではなかった、少なくとも私はそう信じてきました。
妻と別れてこの3年半、妻に寂しい思いをさせたのは事実です。しかし私も
寂しかった、性の欲求もありました。妻を思い他の女を抱く事もなかった。
しかし何故妻は他の男に走ってしまったのか?私への思いは私が思っている
いるほど重いものではなかったのか?他の男に走るくらいなら、どうして私
を3年半も待ったのか、どうして再婚までしたのか?勿論私に回答が見つかる
わけはありません。

家で妻の帰りを待ちます。私が帰宅したのが5時、今は7時。この2時間は永遠
の長さにも感じられました。

「ただいま」妻が帰宅しました。

私は返事をしません。

「ここへ座れ」
私が座っている向かいのソファーを指差します。

「どうかしたのですか」
「いいから座れ」

私は普段こんな物言いをした事はありません。妻も何かを察したのか神妙な
顔つきで座ります。
俺に何か隠し事はないか?」
「えっ、何もありません」
「本当だな」
「はい」

直ぐに報告書を見せれば済むものを、妻を甚振りたくなるのです。

「2年半の一人暮らしは寂しかったか」
「はい、でも貴方も一人だと思うと耐えられました」
「そうか。しかしお前の体はどうだった?
お前の言うことを聞いてくれたか?」
「仰っている意味が解りません」
「疼く体をどうしていたのだと聞いているんだ。なー、かおるこさん?」
「・・・・・」

見る見る内に妻の顔が青ざめていきます。私が何を言いたいのか理解した
のです。妻の前に報告書とボイスレコーダーを放り投げます。

「お前は男にかおること呼ばれているんだな。
俺が気恥ずかしくて呼べなかった名前でな。
本当の名前でお前もさぞ嬉しかっただろう」
「・・・・・」
「返事がないな」
「・・・・・」

妻は号泣します。報告書には何が書かれているのか、見ずとも解ったの
でしょう。

「スカートを脱げ」

私は妻の陰毛が刈り揃えられているかどうか灯りの元で確認したかったの
です。

「自分では脱げないか?いつも山下に脱がしてもらっていたか?」

観念した妻はスカートを脱ぎます。そのまま突っ立っているのです。

「パンツもだ」
「脱げません」
「どうしてだ?山下には股を広げて見せていたんだろう。
来い、俺が脱がしてやる」

無理に脱がせても、妻の手は女陰を覆っています。私には絶対に見せたく
ないと体で言っているのです。手を払い、すぼめた股をこじ開けます。
灯りの下で始めてみ見る妻の女陰、申し訳程度にその上部に陰毛があります。
一緒に住みだして、刈り揃えるのは止めたのでしょうか、その周りには醜く
産毛が生え始めていました。

「自分のオマンコを良く見てみろ。それが今のお前だ」

手鏡を妻の方に放り投げます。

「今日は話をする気がしない。明日だ。
俺もどうするか考える。お前もよく考えておけ
携帯は2つともよこせ。俺が預かっておく」

そう言い残し2階の寝室に行きました。階下からは妻の号泣が聞こえてきます。
一頻り泣いた後、啜り泣きに変わったようです。

  1. 2014/10/22(水) 00:53:17|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第8回

考えるとは言ったものの、何を考えていいのか闇の中です。妻との事
は別れるのか、それとも、このまま一緒に暮らすのか、この点だけ
でしょう。私が一緒に暮らしたいと思っても、バレテしまった妻は
男の下に走るかも知れません。敢えて引き止めるつもりはありません、
引き止めてまで一緒に暮らそうなどとは思いません。私のこれから
取る道は男を潰す、ただその一点です。それには男の事を知る必要
があります。明日一番で興信所に男の身辺調査を頼むつもりです。
妻とはその後話す事にします。

------------------

私の恐れていた事が現実となりました。やはり主人は気がついたのです、
いつかこんな日が来ると思っていました。止めなければ、止めなければと
思っていたのです。主人と一緒に住み始めて、この機会にはと思って
いました。主人に打ち明けて主人の裁断を待とうと思っていたのです。
それがずるずるとこんな事になってしまいました。主人を愛していたのに、
いいえ今でも愛しているのに。

主人と別れ、私は茨城の県庁所在地にアパートを借り一人暮らしを
始めます。主人が破産した時に私の車も手放して、今は自転車が私の
移動手段です。私の職場はその自転車で20分くらいの所にあります。
私の身分はパートです。月々のお給料だけでは私の生活を賄う事は
出来ません。主人から毎月幾ばくかの仕送りを頂いていました。主人は
2ヶ月に一度か二度私のアパートを尋ねてくれます。でも抱いてくれるのは
稀な事でした。主人が来てくれれば、それだけでも嬉しいのですが、
帰った後は寂しさがつのります、心も体も寂しいのです。貧しいなりにも
満足していました、主人と又、一緒に暮らせる日を楽しみに待っていました。
そして・・・・・

お勤めが始まって一年半程経った時の事です、大掃除をします。明くる日に
中国から大事なお客様がいらっしゃる予定で工場の視察に来るのです。当日、
中国の方が3名と、本社の営業さんと中国担当の山下取締役が3時頃、来所
されました。本社の役員の方をお見かけするのは今日が初めてです。

私は製作された商品の整理をしていました。その現場に中国の方3名と
山下常務と営業さんが来られます。でも何か騒然とした感じです。

山下常務が拙い中国語で話しています。

「劉さん、申し訳ない。自分は中国語が達者でないもので」

そんな事を話しています。私が勤めている会社は、その取引量は中国との
お仕事が半分くらい占めています。中国語を話す方が2名居るそうです。
1名は今中国出張中で、この事業所に一緒にくる予定だったもう1名の方は
急病で来れなくなってしまったそうです。山下さんはご自分の話力でも
何とかなると思ったようですが、微妙なニュアンスが伝わらないのです。

私は外国語大学で中国語を専攻していました。前の会社でも入って間もなく
中国に中国語の研鑽を兼ねて、半年程派遣されました。そんな訳で中国語は
得意です。前の会社では中国の方との商談には必ず同席させられました。
中国語をお話になる男性の社員は大勢いらっしゃったのですが、女性の方が
場が和み、商談が上手くいくケースが多かったのです。この会社で私は主人
の部下として働いていました、私達夫婦は所謂職場結婚です。結婚して
暫く後に主人は独立したのです。

山下常務にお声を掛けようか迷っていました。山下常務は汗を掻き掻き
本当に困ってらっしゃる様でお声を掛けました。
  1. 2014/10/22(水) 00:55:22|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第9回

山下常務は私の方を向いてびっくりされた様な顔をしていました。

『どうして、こんな現場に中国語を話せる女性が居るんだ?』

そんな顔をしていました。

その後、2時間程、中国の3人の方、劉さん、商さん、洪さんと山下常務、
営業さんと技術的なお話、商談の通訳を務めます。

「江村さんと言ったかな、今日は有難う。助かった、
君が居なければ、この商談もどうなっていたか解らなかった」

江村は私の旧姓です。

「いいえ、私は只、通訳のお手伝いをしただけです」
「申し訳ないが、今夜の会食に付き合ってくれないか?
何しろ言葉が解らない」
「お断り出来そうもありませんね、解りました。
ご一緒致します。只場所はどちらですか?」
「赤坂だが、君の住まいは?」
「この近くです。赤坂は少し辛いですわ」

結局、私の我侭を聞いて頂き、この近辺のターミナル駅の近くのステーキ
ハウスをご紹介しました。この町で一番のお店だと聞いていました。

「常務さん、このステーキハウスでいいですか?」
「解った、君に任せよう」

会食が終わり、劉さんが山下常務に話します。

「山下さん、貴方も人が悪い。こんなサプライズを用意しているなんて、
貴方は本当に商売人だ。美人の通訳に旨い飯、これでは取引を増やさざる
を得ない」

さすがにこの言葉は通訳し辛かったのですが、日常会話は山下常務も
お解りになった様です。

「いや、これはハプニングです」
「こんなハプニングならいつでもOKです。
日本へ来る回数を増やしたくなった」

山下常務は、営業さんと一緒に劉さん達を東京までお送りし、そのまま
お帰りになりました。

「江村さん、今日は本当に助かった。江村さんのお陰だ。
このお礼はさせて頂く」

山下常務はこの当時50才、浅黒く引き締まった顔に微笑みを浮べて言って
下さいました。
  1. 2014/10/22(水) 00:56:16|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第10回

その夜、アパートに帰ったのが10時頃、久しぶりに気持が高揚して
いました。主人に報告したら何と言うかしら、主人のアパートに電話
します。

数回掛けなおしました電話はコールしているだけです。携帯に電話を
して今日の話をします。

「かおる、どうした?こんな時間に携帯に電話をくれて」
「今日、こちらに中国からお客さんが来たの、通訳の方が来れなくて、
私がピンチヒッターをしたの」
「上手く行ったのか?」
「もちろん、喜んで帰られました」
「それは良かった、君も昔とった杵柄を又使えたと言う訳だ」

主人に褒められて嬉しかった。でも心にしまっていた事を思い出して
しまいます。アパートの電話に出てくれなかったのが切っ掛けでした。
まだお仕事で外で頑張っているんだと思っても、否応なしに私の心に
広がるのです。

主人と別れる半年ほど前の事です。

”いつも主人は自分の部屋で背広を脱いでお風呂に入ります。この日は
酔いすぎてその気力もないようです。服を脱がし、バスルームまで肩を
担ってあげました。脱がせた物を主人の部屋で片付けます。背広の
内ポケットに何か封筒のようなものがありました。いけないと思いながら
封筒の中を覗いてみます。メモが入っています、女の方の流れるような
文字でこう書かれていました。

『昨夜、嬉しかったです。私は貴方の女になれました。今日もお店に
来て頂いて有難う。メール読んで頂けましたでしょうか。真理子』

まさかと思いました、主人が浮気をしている、信じられません。主人の
携帯も背広の内ポケットに入っています。携帯を見ようか見まいか、
誘惑に駆られます。震える手で受信ボックスを開けました。真理子と
言う女性の着信メールを読みました。そこには彼女の今までの主人への
思い、昨夜の出来事が綴られていました。私はそのショックに打ち
のめされながらもそのメールを私の携帯に転送しました。もしやと
思い主人が出したメールも見てみます。只一言返信していました、
明日は店に行く
からと。

気を取り直して、リビングに行きました。コーヒーを飲んでも味が
しないのです。主人は仕事柄、クラブにはよく行きます。その殆どが
接待です。主人は女の方にもてる方だと思います。銀座のクラブに
足繁く通っていれば、男と女の浮いた話の一つや二つあっても、
それはそれで仕方が無いと思っていました。でも現実にそれが起きて
しまうと私の心が受け入れてくれないのです。年に数回のそれもごく
淡白な私達の行為、悔しくなってしまうのです。それに主人はもう私の
事を女だとは見てくれていない、そう言う思いが私の心を占めて
しまいます。このまま年をとったその時には私は主人に見放されて
しまうのでしょうか。女はそこまで考えてしまうのです。

茫然としてリビングのソファーに座っていますと、自然と涙が出てきます。
バスルームのドアーの開く音がします。私は急いで涙を拭いました。

「かおる、酔っ払って悪かったな。悪いが先に寝る」

酷く酔っているからでしょうか、私の悲しみに気がついてくれないの
です。私はリビングに一人取り残されてしまいました。”

東京と茨城に別れて住む時に主人は自分のアパートには来るなと言った
のです。ひょっとしたら真理子さんと言う方が主人のアパートに来るの
ではと思ってしまうのです。
  1. 2014/10/22(水) 00:57:08|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第11回

明くる日、出社すると所長に呼ばれます。

「江村さん、昨日はご苦労様、山下常務も大変喜ばれていた。
よくぞ江村さんを採用してくれたと私も褒められた」
「まあ、嬉しいです。でもそんなに言って頂いて、私は
只言われるままに通訳しただけです」
「そんな事はない、商品もよく知っている。
ところで常務がお礼をしたいそうだ、本社で
お待ちになっている。急で悪いが本社に行ってくれないか」
「えっ、今からですか?でもここの仕事が」
「こっちは大丈夫だから行って来なさい」
「はい、解りました」

ドキドキしながら本社へと向かいました。大きな商社に勤めた事はあって
も役員さんとは話した事もありません。今の会社も総勢で500人くらい
とは言え東証二部上場を目指しています。本社に向かう途中、私は後悔
しだしました。いつもの通勤着のまま飛び出したのです。下はぴったり
としたジーパン、上は白いカシミヤのV-ネックのセーターです。家に
一旦帰って着替えてくるべきだと思ったのです。でも今はもう時間
がありません。

役員室の前で立ち竦んでしまいます。自分の姿を役員室の前の硝子に
映したら、とても入れる格好ではありません。でも仕方ありません、
ドアーをノックします。

「どうぞ」

山下常務の声が聞こえます。

思い切って入ります。

「よく来てくれました」
「あのー、済みません、こんな格好で」
「いや、僕の方が悪かった。急に呼び出して、
かえって、恥ずかしい思いをさせて申し訳ない」
「そう仰って頂くと私も気分が楽になります。
でもこんな格好で伺って申し訳ありません」
「いや、とても素敵だ。ジーパンにセーターか。
君に良く似合っている」

そう言って山下常務は私の頭の先から爪先までじっと見入っていました。

「いや失礼、君があまり綺麗だから見とれてしまったよ」

お世辞でもそう言って頂くと悪い気はしません。幾つになっても男の方
から褒められると女は嬉しいものです。

「履歴書も見させてもらったが、特技に何も書いていなかった。
どうして中国語を書かなかったんだね」
「募集している内容に関係がなかったものですから」
「奥ゆかしい人なんだね。ところで薫子は、かおるこって言うんだね」
「はい、でもみんなには、かおるって呼ばれます」
「おっと、もう12時か、近くに旨いイタリアンを予約してある。
さあー行こう」
「でも私、こんな格好ですから」
「大丈夫だ。そんな事を気にする店じゃない」
  1. 2014/10/22(水) 00:58:01|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第12回

嫌味のない強引さです。結局、常務さんの後について行きました。

案内されたレストランは高級感がありますが、カジュアルな感じで安心
しました。一般のテーブル席ではなく、個室に案内されます、個室と
言ってもドアーは無く、開放的なお部屋です。二人きりで隔離されている
訳ではなく、緊張感も解けます。常務さんのお心遣いが伝わってきます。

「昨日は本当にどうなる事かと思った。君が居て本当に助かった」
「久しぶりに中国の方とお話したものですから、あれで良かったのか
心配でした」
「いや、見事だった。ところで江村さんはパートさんだったね」
「はい」
「中国語は何処で覚えたんだね」

私の出身と経歴をお話します。

「それは勿体無い。本社で正社員として働くは気はないかね。
君だったら、人事部も異論はないだろう」
「いえ、私は事業所のパートで十分です。それにもう東京まで
通うつもりはありません」
「そうか、残念だが、諦めるか。しかし君の能力をこのまま
埋もれさせてしまうには余りにも惜しい。江村さん、どうかな
中国のお客さんが来た時には、是非通訳として、いや渉外を
任せたいのだが」
「私にそんな能力は無いと思います。でも何かあれば、お手伝いは
させて頂きます」

何かあった時にと携帯の番号を交換しました。仕事のお話の流れで
自然とそうなってしまったのです。不自然さは感じなかったのです。

男の方と二人きりで食事をしたのは、結婚して以来ありません、何か
ドキドキしながらお食事を頂きました。常務は上司とその部下として
接してくださいます。食事の時間は1時間余り、久しぶりにわくわく
した気分で過ごせました。

「ご馳走様でした」
「結構旨いだろう。僕も楽しい時間を過ごせた。
一度会社に戻ろう、君に渡したいものがある」
「はい」

役員室に戻り、綺麗に包装された小さな箱を手渡されます。包装紙には
アクセサリーで有名なブランドが書いてありました。

「これは何ですか」
「今日、午前中時間があったから銀座に行ってきた。
君の好みかどうか解らないが、似合うと思う。
開けてごらん」

開けて見ました。そこには女性なら誰でも憧れるブランドのネックレスと
ブレスレットが入っていたのです。

「こんな高価なもの頂けません」
「君の昨日の働きの何万分の一のものだ、いや将来の事を考えると
何十万分の一かも知れない。会社からの報償として受け取ってくれないか」
「でも・・・・・」
「受け取ってくれないと、僕が会社から叱られる」
「はい、解りました、頂きます。有難う御座います」
「良かった。今日はこのまま直帰していいんじゃないかな。
所長には電話しておこう」
「はい、今日は有難う御座いました。お食事とっても美味しかったです」
「僕の方こそ楽しかった」
  1. 2014/10/23(木) 00:09:20|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第13回

地元に戻るともう5時を回っています。そのまま家に帰ります。

アパートに帰り、ドレッサーの前に座ります。ネックレスとブレスレット
をつけてみたのです。とても素敵でうっとりと眺めてしまいました。

2日後はお給料日です。明細をみて驚きました、額が2倍程になっている
のです。間違いだと思い、所長さんにお聞きします。

「あのー、お給料の事ですが、何か計算違いがあると思います」
「いや、間違いではない。この会社は能力に支払っている。
江村さんの働きがそれだけ評価されているし、
期待もされているのだと思う」
「でも、私こんなに頂けません」
「私に言われてもね、本社が決めている事だから。
まあ嬉しい事だからいいじゃないか」

何か割り切れない気持のまま6時頃帰宅しました。携帯に着信があります、
常務さんからです。

「江村です」
「山下だ。携帯で初めてだな、携帯が通じるか試してみた」
「まっ、変な人。通じました、おめでとう御座います」
「はは、おめでとうは良かったな」
「常務さん、今お話していいですか」
「何なりと」
「今日10月分のお給料の明細を頂きました。
お給料が2倍に増えていました」
「それは人事部の決定だよ。君の働きと、これからも
中国からのお客さんの通訳をしてもらう事もある。
当然の決定だよ」
「でも回りの人に悪いです」
「そんな事はない。当社の能力主義は誰でも知っている。
変に思う人は誰もいないだろう」
「解りました。有難う御座います」

自分で意識しなくても、中国からお客さんが来た時には常務さんの指示
に従わなければならないと言う気持が芽生えてきたのです。

その日、主人に電話で話します。

「貴方、私のお給料、2倍になっちゃた」
「どうして」
「この間、お話した中国の方の通訳で認めて頂いたの」
「それにしも2倍とはな」
「能力主義なんですって、その代り中国の方が来た時には
任せるから頑張るようにって」
「君も頑張らなければいけないな」

ネックレスとブレスレットの事は言えません。
  1. 2014/10/23(木) 00:10:31|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第14回

次の週の月曜日、出社しますと所長に呼ばれました。

「明日、中国のお客さんがこちらにお見えになる。よろしく頼む」
「えっ、又私にですか」
「ああ、この間急病で倒れた方はもう60間際のお年だ。
この機会に早期退職された。君に負担を掛けるが宜しく頼む」

暫くして、常務さんからも電話を頂きます。

「明日は初めてのバイヤーさんだ、夜の会食は東京になるが、
頑張って欲しい」
「はい、解りました」

明日は東京です。会食になれば夜遅くなります、久しぶりに主人の
アパートに泊まろうと思います、主人と夜を一緒に過ごせると思うと
気持ちが弾みます。

「かおるです。明日、東京で中国のお客様の接待なの。
明日の夜、泊まります。明くる日は午前中お休みを頂いたの。
久しぶりに朝御飯作ってあげるわ」
「そうか、それは嬉しいが、今日から大阪に2泊の出張なんだ。
僕は居ないが、泊まっていってくれ」

主人は居ない、気持ちが空回りしてしまいます。

当日、バイヤーさんは先ず茨城の事業所に工場見学にお見えになります。
東京への移動は夕方です。

新しいバイヤーさんの始めてのご訪問です。身だしなみにも気をつけ
なければいけません。アースカラーのワンピースにブラウンの細いベルト
を腰に巻きます。主人に買ってもらったミディアムのトレンチコート
を羽織ります。アクセサリーは常務さんに頂いたネックレスとブレスレット
を身につけます。今までつけた事がなかったイヤリングもつけました。
ドレッサーの鏡に映った自分を見ていると、主人にも見せたかったと
言う気持ちになるのです。

出社すると、男性社員の方が冗談めかして声を掛けてくれます。

「江村さんて、凄い美人なんですね。いつもジーパン姿しか
見ていないから。いや失礼ジーパンも格好いいんだが、
正装すると見違えるね。若い頃の黒田福美にそっくりだ」

そんな言葉に私の気持も少しですが晴れてくるのです。

バイヤーがお見えになります。常務さんは来ていません。

「山下常務は東京での会食から合流する予定ですが、来られるか
どうか今は解りません」

本社の若い営業の方と二人でバイヤーさんをご案内、ご説明をします。
4時ごろにそれも済み車で東京へ向います。車の中で思ったのです。
折角、常務さんに頂いたネックレスとブレスレットつけたのに、
つけたところを見て欲しかった、夜の会食には来て欲しい。知らず知らず
に常務さんを待ち焦がれている女がいるのです。

6時過ぎ料亭に着きます。お料理が出てくるまで少し時間が掛かります。
でももう食前酒がテーブルに並びます。その数は5つです。バイヤーの
お二人、営業の男の方、私ともう一つは常務さんのものに違いありません。
早く常務さんに来て欲しい。食前酒が並ぶと同時に常務さんが見えられ
ました。

「会議が長引き遅れて申し訳ありません」

常務さんは、バイヤーさんに深々と頭を下げて遅れたお詫びをするのです。
私の方には一瞥もくれません。何か、ネックレスとブレスレットが
気恥ずかしくなってしまいます。

食事の席では、やはり今後の取引の事がメインになってしまいます。
工場見学と商品紹介に満足した事、今度、中国に来る時は是非私に
来るようにとお誘いがありました。バイヤーさんは満足して帰られました、
営業さんがホテルまでお送りします。常務さんと二人きりになりました。

常務さんは今日、初めて私に声を掛けてくれます。

「良かった、成功だ。又君に助けられた」

と大袈裟に仰ってくれるのです。
  1. 2014/10/23(木) 00:12:10|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第15回

「タクシーを呼んである、それで帰ろう」
「はい、有難う御座います」
「僕も一緒に乗っていいかな」
「えっ、でも方向が違います」
「兄が茨城の守谷に住んでいる、今日は気分がいい。
久しぶりに会って酒を飲みたくなった」
「でも、悪いです」
「そんな事はない、ご主人のアパートのある町とは利根川を
挟んですぐだ、車だからわけはない」
「恐縮します、お言葉に甘えさせて頂きます」

本当はもう少し常務さんと一緒に居たかったのです。

料亭の待合室でタクシーを待っています。

「ネックレスとブレスレット着けてくれたんだね。
良く似合っている、とても綺麗だ」

そっとネックレスに触れました。その手は少し下がって、ほんの数秒、
乳首にも触れたのです。間違っての事だと思いました。私は何も
言えません。只、顔が赤く染まり、乳首が硬くなるのが解りました。
それを悟られるのが嫌で黙って俯いていました。タクシーが来ました。
常務さんが先に乗り、私が続きます。

暫く二人は無言です。お酒を頂き、気持も高揚して、車の心地良い揺れ
も手伝ってリラックスしています、それに常務さんが横にいるのです。

「君を初めて見た時、びっくりした。僕の描いていた理想の女性だった。
おまけに中国語に堪能で、僕を助けてくれた。
君を忘れられなくなってしまった」

そう言ってネックレスとブレスレットを優しく手に包んで撫ぜています。

「それに君はこれを着けて来てくれた」

常務さんの言葉は女心を擽るのです。そこには次を期待している女が
いるのです。アパートに帰っても主人は居ないのです。常務さんのそんな
言葉は私の寂しさを埋めてくれるのです。

ネックレスを触っていた手が下りてきます。ワンピースの上から優しく
触れるでもなく、触れないのでもなく乳房の上で遊んでいます。時々、
乳首が布を通して、手の温もりを感じます。布でさわさわと擦られる
のです。乳首が硬く尖ってきます。常務さんに解ってもいいと思って
しまいます、いいえ解って欲しいのです。

「常務さん、いけません。お止めになって下さい」

常務さんの手を払いのけようとしました。でも形だけの抵抗です、
力はありません。

主人の顔が浮びました。でも主人も他の女の人を抱いている、
そんな思いが常務さんの手を受け入れてしまったのです。
  1. 2014/10/23(木) 00:13:36|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第16回

常務さんの手が私の乳首を捉えます。尖っているのが解ったようです。
布の上から擦りあげてきます。時々、乳首を摘むのです、人差指と
親指で挟んで捏ねるのです。時には強く、時には優しく、時には
おはじきのように弾きます。そして手の平全体で乳房を揉まれます。
元々乳首は敏感でした、でもこんなに感じるなんて初めての事です。
次に進んで欲しくなります。布越しではなく、直接欲しい。常務さん
の口で舌で苛めて欲しい。キスもして欲しい。私の情感はどんどん
高まってしまいます。

私の大事なところも濡れてきました、男の方が欲しいのです。でも
常務さんの手はいつまでも、ワンピースの上で遊んでいます、その先
には進んではくれません。

東京の都心から主人のアパートまで、夜中の高速では40分くらいで
しょうか。既に最寄のインターを降りました。もうこれ以上は
進めません。

「真直ぐ1km程行った所に信号があります。
そこで停めていただけますか」

その時です、常務さんは私を抱きしめキスしてくれました。舌が私の口
の中にはいってきます。私はその舌に夢中で吸い付きました、そして
唾液を流し込まれるのです。背中を抱いていた手は下に降りて私の大事
な所を包んでくれます、その中指を伸ばして私の花芯を擽るのです。
もっと欲しくって私の両足は自然と開いてしまいます。ワンピースの
上からでも常務さんの手はとても暖かいのです。でももう信号は目の前
です。もう少しこうしていたい、タクシーも停まらないで欲しい。

「今日はご馳走様でした。有難う御座いました。おやすみなさい」
「ご苦労様、おやすみ」

何事もなかったように、タクシーは走り去っていきました。

部屋に入ると主人の匂いがします、タクシーの中での行為を主人に申し訳
なく思います。

湯船に浸っていると今日の出来事を思い出します。今時信じられないと
思いますが、主人と結婚するまでは男の方との経験はありません。大学生
の時に同窓生に、手を握られ、キスをされ、抱きしめられたくらいです。
そのキスも小鳥が啄ばむようなキスでした。服の上からとは言え主人以外
の男の方に、胸を揉まれ、大事な場所を触られ、そして唾液まで飲まされ
ました。主人とももう何年もキスはありません。昔、主人としたキスも、
舌は触れ合っても唾液までは飲ませてくれなかったのです。

常務さんとお別れしてまだ20分しか経っていません。乳首がじんじんして
います。そっと自分の手で触れるとキュンと快感が走ります。二本の指で
摘むと私の女の部分に通じます、あそこがきゅっとつぼみます。はっと
主人の顔が浮びます。申し訳ない思いで乳首から指を離します。

今日は主人に抱いて欲しかった、そんな思いで眠りにつきました。
  1. 2014/10/23(木) 00:15:00|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第17回

翌々週にも中国のお客様の接待がありました。今度は主人のアパートに
泊まれます。10時頃に主人のアパートに戻ります、主人はもう帰宅して
いました。6畳と4畳半が一間づつ、小さな台所とバスユニット。6畳は
寝室になっています。4畳半には小さなテーブルとソファーが一つづつ。

ソファーに座って話しをします。久しぶりに会ってあれもこれも話したい
のです。

「かおるはこんなに饒舌だったかな」
「久しぶりだから色々話したいの」

「私、本社で働くように言われているの」
「町金も、もう大丈夫だろう。
そろそろ一緒に住む事を考えてみようか」
「私のお給料も2倍になったし、
少しは広い一軒家に住みたいわね」

あれやこれや、取り留めのない事を話します。そんな事より、主人に
抱いて欲しいのです。

主人はビールが終わり、ジントニックを飲んでいます。主人はお酒が
とても好きで益々強いお酒を飲むようになりました。控えるように
言っても聞き入れてはくれません。会社でのお仕事が余程きついのか
酔うと直ぐ眠ってしまうのです。私もワインを頂きます。酔うにつれ
主人が欲しくなってしまいます。

「貴方、私寂しい」
「どうした。こっちへおいで」

私は主人にしなだれかかります。主人は私の頭を抱いて優しく髪を
撫ぜてくれます。主人のものを触れました。暫くしても何の反応も
ありません。その内髪を撫ぜていた主人の手が止まります。軽い鼾が
聞こえてきます、主人はもう眠りに落ちているのです。

「貴方、眠いのですか。ベッドでお休みになったら」
「あっ、眠ってしまったか。そうするか」

主人は寝室へと行きました。かれこれもう半年も主人に抱いてもらって
いません。会社の仕事で疲れているから仕方がない、そう思って今まで
私の情欲を押さえていました。でも主人の疲れの中には真理子さんの分
も入っている。たまに会ったこんな時でも抱いてはくれない。そう思う
と悲しくて涙が出てきました。

4畳半に一人取り残されて、装飾鏡にに映る自分の顔を見つめます。
若い頃の張りがありません、やっぱり40女の顔なのです。会社の男の方
に綺麗だ、格好いいと言われても鏡に映るその顔は主人に不倫された女
のものなのです。惨めです、主人に構ってもらえない女ほど惨めはものは
ないのです。生活に不満はなくても、主人がどれ程優しくても、女には
それが必要なんです。

足取り重く寝室に行きました。主人はもうスヤスヤと深い眠りに落ちて
います。ベッドに横になりもう寝ようと思っても、寝付けません。暗闇の
中で目を開けて、ぼうっとしていると、乳首が疼きだします。男の方の
手と指を求めているのです。可哀そうな乳首を自分の手で慰めます。
情感が高まってきますが、自分が惨めでそれ以上は進めません。主人の
心の中に他の女の方がいるかも知れないと思うとそれ以上は出来なかった
のです。
  1. 2014/10/23(木) 00:24:33|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第18回

何事もなく一週間が過ぎていきます。主人は私の事をもう女として見て
はくれない。もうこのまま私の女も終ってしまうのでしょうか。私を女
として見てくれる常務さんを思ってしまうのです。

商品の帳簿付けを坦々とこなしていました。所長さんに来るように
言われます。

「今までは、中国のバイヤーさんの通訳を何の事前連絡もなしに
お願いしていたが、それでは君も困るだろう。
本社が予定表を作ってくれた。ま、バイヤーさんの予定もあるが、
一ヶ月毎に更新してくれるそうだ」
「はい」
「赤く丸印をしてある日が江村さんの出番と言う訳だ。
その日には休みの予定を入れないで欲しい」
「はい、解りました」

2月は一度だけです、それも2週間後。それを見て、常務さんに会いたい
気持が急に募ってきます。2週間も会えないなんて、知らず知らずの内に
常務さんの事が私に中に刷り込まれていたのです。

3日後の土曜日の事です、珍しく主人が私のアパートを訪ねてくれます。

「来週の月曜日から、中国と台湾に長期の出張だ」
「どれ位になるのですか」
「2ヶ月位になると思う」
「えっ、そんなに長くですか」
「そうだ」
「その間の仕事はどうされるのですか」
「メーカーと販売店の直接取引になる」
「大丈夫なんですか」
「ああ大丈夫だ。マージンは私の会社に残しておいてくれる。
今回の出張はそのメーカーの依頼だ」

日本のメーカーさんは中国、台湾のメーカーに押されて価格競争で
勝てないのです。そのメーカーさんの依頼で中国、台湾のメーカーさん
と提携する為に主人は出張するのです。技術的な事はメーカーさんの
技術の方が見ます、主人は全般的な交渉事を任されています。

日曜日、スーパーで出張に必要なものを買い揃え、主人のアパート
で出張の準備をします。明日月曜日はお休みを頂きました。

夜10時頃、その準備も終えました。風呂を済ませて主人の布団に
潜り込みます。
  1. 2014/10/23(木) 00:25:31|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第19回

「貴方が欲しい、抱いて下さい」
「おいで」

主人は髪を撫ぜてくれます、口づけをしてくれます。乳房も愛して
くれます。私も主人の大事なものを手で包みます。でもいつまで経って
もそれには変化がないのです。私は焦れます、早く固くなって欲しいの
です。私は布団の中に潜り込み、トランクス越しに主人のものに頬摺り
します。それでも変化はありません。思い切ってトランクスを脱がします。
主人のものに口を寄せます。思い切り息を吸います、主人の匂いが鼻一杯
に広がります。舌で舐めてもみます。それでも変化の兆しはありません。

私の方からこんな事をしたのは初めての事でした。でも主人のものには
何の変化もないのです。悲しくなってしまいます。真理子さんに使えても
私ではもう駄目なのです。私にはもう女を感じてはくれないのです。

「こっちへおいで」

主人が私の腕を優しく掴んで引き上げてくれます。

「ご免な。疲れているようだ」
「貴方、私寂しい」
「手でしてあげよう」
「いいんです。このままで」

手枕をしてくれたその腕の中で私は泣き濡れていました。

「泣いているのか」
「寂しいんです」

朝まで主人の手枕でそのまま寝てしまいました。この日、私は会社から
平日のお休みを頂いています。主人を成田まで送ります。

「貴方、お体には気をつけて」
「お前も」

バッグを担いで、主人は搭乗口へと急ぎます。その後姿にどこか遠くに
行ってしまいそうな主人が映るのです。
  1. 2014/10/23(木) 00:26:55|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第20回

このまま茨城の自分のアパートに帰る気はしません。今日は主人のアパート
に泊まります、会社に電話をしてもう一日お休みを頂くことにしました。
主人がいつも使っているお布団に包まれて眠ります。

水曜日、朝出社すると、所長に呼ばれます。

「来週のバイヤーさんの見学の件だが、金曜日、常務が本社で打ち合わせを
したいそうだ、3時までに本社に行ってもらえればいい」
「はい」

会社の帰りに美容院に寄ります。髪の色は元々栗色なんです、長めの髪に、
内側に軽くカールをかけてもらいます。主人が出張に出てまだ2日目です。
いけないと思っても、この夜は久しぶりに心が浮き浮きます。明日は
常務さんに会える、どんな服を着て行こうかしら、考えながら眠るのです。

その朝、ドレッサーの前であれやこれや迷います。迷った末に選んだ服は
くすんだ緑色したちょっとタイトなスカートと真っ白なブラウスで、
常務さんに頂いたアクセサリーを着けました。2月です、皮のハーフコート
を羽織ります。

事業所でお昼ご飯を頂いて、本社へと向います。本社のある新橋の歩道
の葉を落とした公孫樹の木が寒さを誘います。本社の受付で名前を告げます。

「江村さんですね。ご活躍は伺っています」

私の名前が本社でも知られている、何となく自尊心が擽られるのです。
役員室に案内されるのも今日で二度目です。もう臆する気持もありません。
ただ常務さんにお会い出来るのが嬉しくて・・・逸る気持でドアーを
ノックしました。

「やあー、いらっしゃい」

常務さんは笑顔で迎えてくれました。

仕事の打ち合わせは営業の方を交え2時間程で終ります。常務と二人で
コーヒーを頂きます。もう外は暗くなり始めました。

「もう少し話しておきたい事がある。僕は他の打ち合わせで20分程、
会議室に行くが、待っててもらえるかな」
「はい」

暗くなった外を窓越しに眺めています。街路灯に葉を落とした公孫樹が
照らされていました。中国にいる主人はどうしているかしら、あの人の
事だから私の事など忘れて仕事に打ち込んでいる。あれから一度も電話
もしてくれません。でも真理子さんにはきっとしている。そんな事を思う
と何だか、公孫樹の木も寂しげでした。会議から戻った常務さんにも気が
つかないのです。

「どうかしたのかな」
「いえ、何でもありません」
「寂しそうな顔をしていた」
「実は・・・・」

常務さんの優しい言葉に、主人の出張の事を話します。

「そうか、君も寂しいわけだ。今日、夜は何か予定があるのかな」
「いいえ、帰ってお風呂に入って、ご飯を頂いて、眠るだけです」
「君が良ければ食事を一緒にしないか、旨いところが近くにある」
「いいのですか」
「僕は構わない、今日の予定も終った」
「ご一緒させて頂きます」
「何がいい?和でも、洋でも中華でも」
「お任せします」

常務さんは電話を掛け何処かに予約をしています。

「ラッキーだね。旨いステーキハウスが取れた。
此処はいつも満杯でね、中々予約が取れないんだ。
女神様が居てくれたお陰だね」

冗談めかして言うのです。

「○○ホテルのロビーで待っていてくれるかな。僕は
10分程後で行く」
  1. 2014/10/23(木) 00:27:52|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第21回

ロビーで待っています。本社に呼ばれたのは3時です、ひょっとしたら、
その後常務さんとご一緒出来るかも知れないと半分期待もあったのです。
私の心はときめいていました。程なく常務さんがお見えになりました。

「今日はタクシーで帰ればいい。チケットをあげよう」

常務さんのお心使いが嬉しいのです。

ステーキハウスのカウンター席に座ります。常務さんと二人だけのお席です。
目の前でコックさんがお肉を焼いてくれるのです。コックさんは窓を背に
しています。ここは24階、窓には広い東京の煌びやかな夜景が映ります。
美味しいお肉と美味しいワイン、私の胃の腑も満たされて、心地良く酔って
しまうのです。

「どうかな、旨いかな」
「ええ、とっても」
「僕は此処から見る夜景が好きでね、嬉しい時も、嫌な気分の時も
一人で良く此処へ来る」
「今日はどちらなんですか」
「それは野暮な質問だよ。嬉しいに決っている。
それも飛び抜けてね」
「私も嬉しいです」
「嫌な事も此処へ来ると、どうでも良くなってしまう。
仕事の事も家の事もね」
「家の事ですか?」
「家内と上手くいってない。離婚を考えている」
「済みません。嫌な事、お伺いして」
「いや、いいんだ。僕から言った事だ。
ああ、久しぶりに気分がいい。カクテルバーでもう少し飲もう」

半個室になっているお席に移ります。少し緊張もしますが、酔いも
手伝って常務さんの隣の席に座ります。軽いカクテルを飲んでいます。
二人とも無言で窓の外を眺めています。常務さんは寂しそうに窓の外
を眺めています。

「どうかされたのですか?」
「いや、何でもないんだ。僕は時々こうなるんだ。
それも嬉しい時に限ってね」
「変ですわ。私に何か出来る事があれば仰って下さい」
「こんな幸せな時間がいつまでも続くわけがないと思ってしまうんだ」
「まあ」

私の頬が熱くなるのです、それはお酒の火照りとは別のものだと解ります。
常務さんの肩に知らず知らずに私の頭を預けているのです。

もう10時です、帰らなければいけません。でもまだ帰りたくない私も
いるのです。
  1. 2014/10/23(木) 00:28:58|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第22回

会社の上司とは言え、男の方と二人きりでお酒を頂くなんて、いけない
事だと解っていました。でもそんな理性はもう何処かに飛んでいきました。
お食事をして、お酒を頂いて、でもそれ位は主人も許してくれるでしょう、
そんな気持でいたのです。

「江村さん、そろそろ出ようか。ついておいで」
「はい」

エレベーターに乗ります。エレベーターの中は二人きりでした、
硝子越しに夜景が見えます。エレベーターは下にではなく、
昇っています。

「どこへ行くのですか」
「今日は君を帰さない」

抱きしめられます。

「駄目です。いけません」

と言ったその口に常務さんの唇が重なります。私の腕は常務さんの首
に絡みつきます、体全体を預けてしまいます。

ここは客室の最上階でしょうか、このエレベーターに表示された一番上
のフロアーで停まります。常務さんは降りていきます。

「おいで」

私は後をついていきます。一つの部屋の前で止まります、ルームキーで
ドアーを開けました。

「ここだ。さあ、入ろう」

開けられたドアーの前で私は動く事が出来なくて俯いていました。
主人の顔が浮ぶのです。このドアーを踏み越えれば主人を裏切る事
になってしまいます、ここを超えるわけにはいきません。超えれば
もう戻れなくなってしまうのです。

「どうした」
「出来ません、入れません」
「そうか、僕もここで君を待っていよう」

そう言って常務さんもドアーの前に立ち止まるのです。横に並んで優しく
私の頭を撫ぜているのです。その時です、別のエレベーターが停まり、
ドアーの開く気配がします。他の方に見られるのが恥ずかしく、私の方
から部屋に入りました。

部屋に入って直ぐに、常務さんに抱きしめられます、激しく口を吸われる
のです。もう私は拒む事は出来ません、常務さんの為すがままなのです。
口の中に舌が入ってきます、私の口の中を掻き回す様にするのです、
そして引っ込めます。その舌は私の舌を誘っているのです。常務さんの
口の中に私の舌を差し出します、思い切り吸われます。舌と舌を擦り
合せる様にして、私の舌を捉えるのです。唾液を流し込まれます。私の
唾液も飲んでくれるのです。左手は私の背中を強く抱きかかえ、右手は
お尻の隆起を鷲掴みにしています。長い時間です、私はもう立っている
事さえ出来ません。

「ああ、常務さん、苦しいです」
「常務はもう止めてくれないか。洋司と呼んで欲しい」
「洋司さん、私もう・・・・・」

まだ立ったまま、私を優しく抱きしめて、髪を手櫛にしてくれます。
耳にかかった髪を撫ぜあげて、そっと耳に息を吹きかけてくれるのです。
  1. 2014/10/23(木) 01:16:46|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第23回

「かおるって呼ばれていると言っていたね」
「はい」
「僕はかおること呼んでいいかな」
「はい」
「かおるこ、綺麗だ」

また、ぎゅっと抱いてくれました。主人にも”かおる”と呼ばれています。
常務さんに”かおるこ”と呼ばれると何か別の世界に居るような気がするの
です。”かおる”ではない別の女がいるのです。

抱かれたままベッドに倒れこみます。常務さんは倒れた私の上になり、
私の首、うなじに舌を這わせます、その手はまだブラウスの上から乳房
を探ります。私の乳首は、もう口付けをされた時から堅く尖っていました。
布が乳首を刺激するのです。

「あぁー」と小さく吐息を洩らします。

ブラウスを一気に剥ぎ取られました。ブラは普通のものしか着けていません。
それを見られるのが恥ずかしく、

「灯りを消して下さい」
「どうしたんだ?」
「ブラが恥ずかしいんです」
「白く可愛いじゃないか」
「でも・・・・・」

灯りを消してはくれません、常務さんはブラの中を探り、敏感な乳首を
捉えます。この間のタクシーの中での出来事以来ずっと男の方の手と指を
待っていたのです。触れられただけで、溜息が出てしまいます。

「あぁー、洋司さん」名前を呼ばずにはいられません。

「気持いいのか」
「ええ、とても」

その言葉と共にブラも一気に取られます、そして舌を這わせるのです。
舌で乳首を転がされ、伸びてきた髭のその頬で乳房に頬摺りするのです。
髭がチクチクと乳首と乳房を刺激します。その感触が女のあそこに伝わって、
もう花蜜も溢れています。常務さんの右手は私の右の乳首で遊んでいます、
そして左の乳首は舌で突かれているのです。

上半身裸になった私を突然抱き起こします。後ろ抱きにして、私の髪を
掻き揚げて、首筋に舌を這わせるのです。両の乳首は摘まれて、快感の
呻きを洩らしています。

「スカートを脱ぎなさい」

その言葉にはっとしました。突然、主人の顔が浮ぶのです。
逡巡していました。

「おいで」

頭を優しく抱きかかえられて、囁くのです。

「かおるこが欲しい」

”かおるこ”と聞いて、少し残っていた理性が消えてしまいます。

「洋司さんが脱がせて下さい」
「駄目だ。君の脱ぐところを見たい」

普通のショーツが恥ずかしい、愛撫されてシミの滲み出たショーツを
見られるのが恥ずかしい。

「出来ません」
「僕達の初めての夜だ。かおるこの裸で誘われたい」

そう言われ、恐る恐るスカートを脱ぎました。

「立ってごらん」

常務さんはショーツ一枚の私の裸体に見入っています。シミを見つけられる
のが怖くって、左手でその部分を隠します。

「かおるこは、そうして立っているだけで、男を誘っているようだ」

本当は裸を見られるのが恥ずかしいのです。
  1. 2014/10/23(木) 01:18:19|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第24回

休みの日は殆ど毎日ランニングをしています。ショートのランニング
パンツとランニングシャツ、ですから腕と脚は全体が日焼けしています。
日焼けした部分としていない部分の茶褐色と白のコントラストが恥ずかしい
のです。

「何を恥ずかしがっているんだね」
「日焼けの後が」
「僕には堪らない。君が匂ってくるようだ」

そう言って、私の足元に跪き、私の腰とお尻に頬摺りをくれるのです。

「洋司さん、いけません、汚れています。
お風呂を、お風呂を使わせて下さい」
「僕はこのままの方がいい。このままのかおるこが欲しい」
「初めての夜と仰いました。綺麗にさせて下さい」
「そうか、僕が悪かった。入っておいで」

ボディーシャンプーで体を洗いシャワーで流します。乳首に当たる
シャワーの飛沫が又快感を引き出します。シャワーで女の部分を洗って
も花蜜は後から後から湧き出してきます。温めのお湯のバスタブに身
を沈めて体の火照りを覚まします。バスルームにある鏡に向かい少し
長めの髪をアップに結わえます。

着替えのショーツはありません。シミの浮き出たショーツを穿くのは
気が引けて、裸の上にバスローブを羽織ります。部屋に戻ると常務さんは、
椅子に腰掛け窓の外を見ています。この部屋をまじまじと見るのは今が
初めてです。さっき、入った時はいきなり抱きしめられ部屋を見る余裕が
なかったのです。キングサイズのベッドが二つ、二人掛けのソファーが一つ、
小さなテーブルの向こうには大きめの椅子がありました。

常務さんはバスから出た私にも気がつかず、窓の外を眺めています。

「お風呂、頂きました」
「そうか、僕も風呂に入る。
紅茶を淹れておいた。飲んでいるといい」

椅子に身を預け、36階から見下ろす東京の夜景を眺めます。夜景を眺めて
いるとまた心が締め付けられます。研二さん、ご免なさい。私はもう
後戻り出来ません。紅茶を頂きます。ブランデーが仄かに香ります。
何故か心が落ち着くのです。

常務さんがバスから出てくる気配がします。窓のカーテンを開けている
のが恥ずかしく、そっとカーテンを引きました。

出てきた常務さんにいきなり抱きしめられます。バスローブを肌蹴られます。
裸になった私の、脇の下から体の側面に沿って、脇腹、腰、お尻、太腿と
何度も撫ぜ上げ撫ぜ下げるのです。私の体のラインを確かめるような
仕草です。

「こうしていると、かおるこの全てが解るような気がする」

その手は背中に回り正中線をなぞります。そうされているだけで、
堪らない気持になってきます。長い時間立たされたままで、掌と指で、
敏感な部分には触ることもなく、そうされていました。口づけが欲しい、
乳首にそして女の部分に指が欲しい。私の体は要求しています。でも
それだけで、さっきの余韻もあって花蜜が流れ出しています。常務さん
に見られるのが恥ずかしく、太腿をキュッと窄めます。常務さんは椅子
に座ります。その顔は私の腰の直ぐ前です。

「脚を開いてごらん」
「出来ません。堪忍して下さい」
「駄目だな、どうしても見たい」

そう言って、脚の間に手を入れて脚を開かされました。恥ずかしい、
花蜜を流している女の部分を見られてしまったのです。流れ出ている
花蜜を人差指と中指で掬い取り私の目の前に持ってくるのです。

「ほら見てごらん。こんなに沢山」
「いや、恥ずかしい」
  1. 2014/10/23(木) 01:20:14|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第25回

花蜜で濡れたその指を私の乳首に擦りつけ、花蜜を塗りたくるのです。
乳首と乳房はてらてらと光ります。その恥ずかしい姿に耐えられず、
両腕で乳房を隠しました。でも常務さんは許してくれません。

「その腕をどかしなさい。腕は頭の後ろで組むんだな」

恥ずかしい、でも常務さんの言葉に従うのが心地いいのです。腕を頭の
後ろで組んで、両足を少し広げて次の言葉を次の指を待っています。指は
花芯を捉えます、人差指で突っつくのです、軽く弾くのです。人差指と
親指で摘みます、そろそろと花芯の包皮をその根元に引っ張り下げ、
花芯を露わにするのです。主人との時は軽く触れる程度のものでした。
今まで空気にさえ触れた事もないその部分が露わになりました。常務さんは
その部分に息を吹きかけています。

「ああ」思わず溜息が出てしまいます。

膝ががくがくしてきます、もう立っているのが辛いのです。

「洋司さん、私もう・・・・・」
「もう、どうした?」
「駄目です、立っていられません」

常務さんは私を抱き上げてベッドへと移してくれました。

その後、時間を掛けて愛されました。

「僕ももう限界だ。どこに欲しい」
「恥ずかしい、言えない」
「止めて良いのかな」
「いや、止めないで」
「じゃあ言うんだな」
「あそこに・・・・・」
「あそこでは解らないぞ」
「かおるこの・・・オマンコに下さい」
「出していいのだな」
「はい」

この日、安全日であったかどうか確信がありませんでした、でもこの
前の日から計算すると大丈夫な筈でした。常務さんは私の中に大量の
精を放ちます。主人のものを直接受けたのはもう記憶の彼方の事です。
私の膣と子宮は喜びに打ち震えていました。

一緒にバスルームに行きます。常務さんは私の体にシャワーをかけ汗を
流してくれます。私も常務さんの体を流します。小さく萎んでしまった
それが愛おしく、手に石鹸を付け洗います。ベッドに戻り常務さんに頭
を抱えられるようにして眠ります。中国に発つ前夜に主人が手枕して
くれたことを思い出します、自然と涙が出てきます。

朝5時頃目覚めます。常務さんと顔を会わせるのが気恥ずかしく、
常務さんが目を覚ます前に帰ろうと思います。身支度をしています。
その身支度の音で常務さんもお目覚めになったようです。

「あっ、済みません。起こしてしまいましたか」
「いや、50も過ぎると目が覚めるのも早くなる。
どうした、もう服を着て」
「顔を会わせるのが恥ずかしかったのです。
お目覚めの前に帰ろうと思いました」
「君と言う人は。ゆっくりしていけばいい。
モーニングを一緒に食べよう」
「はい」

アパートには11時頃着きました。ドアーをくぐると私の心に主人への
申し訳なさが滝のようにどっと流れ込んできます。研二さん、貴方は
外国で仕事を頑張っているのに、私は何と言う事をしてしまったの
でしょうか。でも他の女の人を抱いた事を免罪符にしている私もいる
のです。

夜になり周りが暗くなってくると益々罪悪感が募ります。主人への
申し訳なさと初めて他の男の人に抱かれた罪悪感で食事の用意も何も
手につかないのです。テレビを見ていても、ドラマの筋もニュースの
内容も何も頭には入ってきません、只画面を眺めているだけです。
お風呂に入り、ベッドに潜り込みます。灯りを消して何もない暗闇を
見つめています。
  1. 2014/10/23(木) 02:26:40|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第26回

暗闇から“かおるこ”と声が聞こえてきます。私の手と指は自然と胸へと
進むのです。手の平を乳房の上に置き常務さんを思い浮かべます。
まだ乳首には昨夜の余韻が残っています、でもそうしただけで何か
ほっとして眠りにつくことが出来ました。

日曜日の朝、8時頃携帯に着信があります。常務さんからです。

「かおるこです」自然とそう言えるのです。
「山下だ。朝早くから悪いな」
「どうかされましたか」
「いやね。君に時間があればドライブにでもと思ってね」
「まあ、ドライブですか。若いですね」
「それでは初春の山探索ではどうかな」
「連れて行ってください」
「君の近くの駅前で待っていてくれ。1時間半くらいで行けると思う」

ドライブ、これも久しぶりの事です。ワクワクするのが解ります。
ぴっちりしたジーパンと真っ白いスニーカー、V-ネックのカシミア
のクリーム色したセーターに少しお洒落なペンダント、耳にパールの
ピアスをあしらってサングラスを頭にのせました。

駅前で待っていると、真っ白いベンツのSLが滑りこんできます。
コンバーチブルです、常務さんの姿が見えます。

「オープンカーですね」
「オープンカーとは君も古いね、コンバーチブルと言ってくれ」

「何処へ行こうか」
「ここからでしたら、奥久慈が近いです」

走り出すと初春の風が肌に冷たく感じます。

「寒いか」
「ええ、少し」
「スカーフを持ってきた。それと良ければこのハンチングを被れば」

そう言って出してくれたスカーフとハンチングは常務さんとお揃いのものです。
少し恥ずかしかったのですが身につけました。

「似合ってるよ」
「洋司さんも」
「何か恋人同士みたいだな」

50男と40女がお揃いのスカーフとハンチングを身につけているのです。
周りの人が見れば当然、夫婦だと思うでしょう。今は研二さんの事を
忘れているのです、常務さんと居るのが心地いいのです。

山道に入っても常務さんは運転のテクニックを私に見せたいのか、スピード
を落とさずにカーブを曲がります。その度に体が常務さんにぶつかるのです、
きゃーきゃーと女学生の様な嬌声もあげました。途中、峠の平らな所にある
お蕎麦屋さんで美味しい蕎麦を頂きました。そこから見る山々はまだ春には
遠く寒々としていました。

常務さんが呟くように言うのです。

「離婚してからもご主人と会っているのか」
「えっ」

私は返事に窮してしまいます。

「会っています。でもどうしてそんな事お聞きになるのですか」
「いや、会っているのならいい。忘れてくれないか」
「嫌です。最後までお話になって下さい」
「今は話せない。しかし君が上手く行っていないのなら、
君と過ごせる時間がもっと長くなる。そう思っただけだ」
「・・・・・」
「さあ、もう一走りしよう」

途中、洒落たペンション、ラブホテルが所々に建っています。その前を
通るたびに今度はそこに入るのかとドキドキしていました。はしたない女
だと思われるのが嫌で、着替えの用意はしていません。でも車はそこを
素通りで高速道路に入ります。ほっとした気持と、今日は抱いてもらえ
なかったという気持が絡み合っていました。

車は駅前に着きます。

「今日は楽しかった。こんな事は20年ぶりだ」
「私も楽しかったです。有難う御座いました」

今日は、当然抱かれるものだと思っていました。私に女の魅力が無いのかも
知れない、常務さんは私を女として見てくれていないのかも知れない。
でもそれ以上に私の事を大切に扱ってくれているのかも知れない。複雑な
思いが交錯しています。
  1. 2014/10/23(木) 02:29:18|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第27回

主人が出張中の2ヶ月の間に何度も抱かれました。帰ってきてからも
それは繰り返されます。その間常務からは連絡用の携帯を手渡されます。
主人に申し訳ないと言う気持ちがあっても常務さんから電話があると、
その気持ちが片隅に追いやられ常務さんに会いたい気持ちが勝ってしまう
のです。私の気持ちが会いたいのか、それとも体が欲しがっているのか、
解らなかったのです。寂しさと体が欲求してしまったのです。

ある日、常務さんに抱かれた時の事です。

「かおるこ、僕のものだけになって欲しい」
「えっ」
「妻と離婚することになると思う。結婚して欲しい」
「でも私には主人が」
「今は離婚している」
「でも、主人は迎えに来てくれると」
「君は僕とは遊びだったのか?愛してくれてはいないのか?」
「そんな事は・・・・・」
「では君の毛を剃らしてくれ、それが君の気持ちだと思うから」
「そんな事出来ません」
「解った。君と二人で高島さんのところへ行こう。
高島さんと僕の目の前で、どちらか一人を選んでくれ」

そんな事が出来る筈がなく、結局私の毛は刈り揃えられてしまいます。

この事が切っ掛けで、私が抱かれていたのは、私の体が欲しがっていた
からだと解りました。私が愛しているのは主人だけだと再認識しました。
主人にかまってもらえない寂しさを常務さんに求めてしまったのです。

常務さんに毛を刈り揃えられたのはその時一度だけでした。主人は私を
灯りの下で抱く事はなく、刈り揃えられたのは解らないだろうと
思っていました。

主人が出張から戻り半年位たち、中国への製造委託も軌道に乗ったよう
で主人の収入も増え、元住んでいた近くに大きめの一軒家を借りる事が
出来、主人と再婚しました。嬉しかった、でも罪悪感が大きく心を
占めていました。もう常務さんとは会わない、もう決して抱かれはしない
と誓いました。主人も毎日のように愛してくれました。もし許される
ものなら、このまま黙ったまま主人に付いていきたいと思っていました。

常務さんの言葉が気になっていました、主人の目の前で選んでくれと
言う言葉です。でもそれ以後は常務さんの口からはそんな言葉は
でなかったのです。お誘いを断った時も黙って、そうかと言うだけ
でした。

本社に勤めだして3週間位経った時、常務さんが離婚した事を知らされます。
私の責でもあると思い、また常務さんのお誘いを受けるようになってしまい
ます。こんな事をしていてはいけない、もう会社を辞めて主人に打ち明け
ようと思っていました。

主人は気がついていたのです。報告書を放り投げ寝室へと行きました。

「お前もよく考えておけ」と言い残して。
  1. 2014/10/23(木) 02:30:15|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第28回

明くる朝、一番で興信所に行きます。

「俺は少し出かけてくる。帰ったら話をするから、今日は会社を休め」
「はい」

興信所に山下のどんな些細な事でもいいから出来るだけ沢山の情報が
欲しいと依頼しました。雲を掴むような話で、果たして成果があがるのか
どうか解りません。金は幾ら掛かってもいい、女の事でも会社の関係
でも何でもいいからと依頼します。今、金は一円でも残しておきたいのです。
しかし、そんな事は言ってられません。このまま、ずるずると負け犬で
終わりたくは無かったのです。

興信所を出ても、直ぐには家に帰る気はしません、妻に話をすると言った
ものの、何を話していいか解りません。罵りの言葉しか出てこない事
でしょう。駅前の喫茶店で時間を潰します。

思えば私の臆病さがこの事態を招いたのかも知れません。町金融を恐れる
余り、妻と別離し、別々の町で暮らした事がこの結果になってしまったのです。
町金融への恐れは幻影でした、そんなものは無かったのです。

それに加えて、破産のショックと仕事への不安、それらが折り重なって私の
男性機能はじょじょに失われていきました。妻と別れた当初は少しですが、
まだ役に立っていました。それも妻と別れて時間が経つにつれ失われて
いきました。妻と一緒に暮らしていれば、こんなに酷くはなっていなかった
かも知れません。病院に通った事もありますが、妻と再び一緒に暮らしだす
とそれは回復したのです。全ての事が私の選択が間違っていた事を示して
います。

別れた時、妻は39才でした、女盛りです。寂しさに耐えかねて男に走って
しまったのかも知れません。しかし、だからと言って許せません。妻を
許せません、それにつけこんだ男はなおさら許せません。お互い一人で
居た時に妻は男と乳繰り合っていた、男の膝下に敷かれていた、男の愛撫
に妻は答えていた。想像するだけで頭が掻き毟られます。

妻の携帯2つとも持ってきています。何か山下の痕跡がないかと見てみます。
山下からもらった携帯には例のメールが只2通。妻の携帯のメールは1通を
残し全て削除されています。よく見ると私の携帯から4年程前に転送された
ものでした。真理子と言う女が私に抱かれて嬉しかったと文章を綴っています。
真理子?思い出しました、銀座の女です。よく悪戯メールをする女でした。
店に来て欲しくなると時々こんなメールをする女でした。もちろん体の関係
はありません、女のただの可愛い悪戯だと思っていました。明日は行くから
とメールを返した覚えがあります。それを妻は見てしまった、そして自分の
携帯に転送したのです。私は用のないメールは小まめに削除しています。
しかしその日はしたたかに酔っていたか何かで、直ぐには削除しなかったの
でしょう。

妻の浮気の遠因になっていたのでしょうか。
  1. 2014/10/23(木) 02:32:36|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第29回

家に帰る足取りが重いのです。玄関の前に来ても直ぐには中へ入れません、
溜息をついてしまいます。家に入りますと、薫子はダイニングの椅子に背を
正して座っていました。

「こっちに座れ」

リビングの私の正面のソファーに座らせます。

「俺たちはもう、やっていけない、そう思わないか」
「許して下さい。私がいけなったのです。もう絶対にしません」
「別れて住んでいた時、こそこそと隠れて抱かれていただけなら
まだしも、一緒に住みだしても、お前は抱かれていた」
「・・・・・」
「間抜け亭主は気がつく筈がないと思っていたんだ、お前は」
「・・・・・」
「俺はお前と一緒に住める日を指折り数えていた。
一日でも早く一緒に住みたいと、それだけを考えていた」
「・・・・・」
「それをお前は、別々に住んでいるのをいいことに、
山下と夫婦同然の生活をしていた。しかも一緒に住みだしても
それは続いた」
「夫婦同然だなんて、酷いです。そんなに沢山は・・」
「馬鹿かお前は。回数の事を言っているんじゃない。
俺は只の一度も他の女を思った事もない」
「私、寂しかった」
「寂しい?寂しいのは俺も同じだ。寂しかったら他の男に抱かれてもいいのか」
「違います。貴方には好きな女の人がいると思ってた。ずっと思っていました」
「好きな女?そんな女が居るわけがないだろう。どこにそんな女が居る」
「真理子さん。真理子さんが貴方のアパートに来るから、
私にあまり来るなと言ったのだと思ってた」

やはり、妻は、私が真理子を抱いたと思っていたのです。

「真理子さんを抱いていたから、もう私を抱けない、もう私を女として
見てくれないと思ってた」
「真理子って誰の事を言っているのだ」

妻の携帯で解っているのですが、とぼける他ありません。

「何処の誰だか私は知りません。一緒に住んでた頃、
貴方は酔っ払ってぐでんぐでんになって帰って来た。
背広を脱がせた時、メモが落ちました。これです」

メモの事は覚えていません。真理子が私によこして、私が背広のポケットに
入れたのか、それとも真理子が忍ばせたのか。そこには確かに真理子が私に
抱かれて嬉かったと書かれています。

「こんなもの、ただの悪戯じゃないか」
「そんな事信じられません」

このメモが只の悪戯かどうか今更、実証する事は出来ません。真理子が
同じ店にまだ勤めているかどうか解りません。例え、連れて来て妻の前で、
あれは悪戯でしたと言わせても、妻にはとんだ茶番に写るでしょう。ここは
私の言葉で悪戯を押し通すしかありません。
  1. 2014/10/23(木) 02:33:35|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第30回

「お前が信じようが、信じまいが、あれは悪戯だ。俺は抱いていない。
真理子は店に来て欲しくなると、あんな悪戯をしていた。真理子を
探し出して連れて来ようか」
「そんな必要はありません。人は何とでも言えます」
「馬鹿、俺が信じられないのか」

まるで、私が責められているようで、思わず妻の頬を叩いてしまいます。

「そんな事実は無かった。ありもしない事を言い訳にして、
お前は他の男に抱かれた。ありもしない俺の浮気にお前は
復讐したのか」
「違います。復讐なんかしてません」
「ああそうか、何時か他の好きな男に抱かれる為にそれを持っていたんだ。
ばれた時に俺に見せる為にな」
「違います」
「どっちでもいい、とにかくお前は他の男に抱かれた」
「寂しかった、貴方は私を抱いてくれなかった」
「それで山下に抱かれたわけか、男なら誰でも良かったんだ」
「違います」
「そうか、山下を愛したから抱かれたんだ。
あいつは特別な男だったんだ」
「違います、愛しているのは貴方だけです」
「何を聞いても、お前は違うと言うんだな。他に女が居たからお前を
抱けなったわけではない。あの2年間は、俺は男ではなかった。
お前を抱こうと思っても体が言う事をきかなかった。病院に通ってた。
ほら、これが領収書だ」

通っていた病院の領収書の束を投げつけます。

「こんな状態で女が抱けると思うか」
「・・・・・」

「俺が他の女を抱いていたかどうかは、お前が俺を信じるかどうかだけだ。
そんな事より、他の男に抱かれたお前が、何故俺を待っていた」
「貴方と一緒に暮らしたかった。ずっと待っていた」
「嘘を言うな。じゃあ、どうして山下に抱かれたんだ」
「それは・・・」
「もういい。堂々巡りだ。俺を待たないで、さっさと
山下のところへ行けば良かったんだ」
「・・・・・」

「お前とこのまま一緒に暮らせるのか、それとも別れるのか
俺も今は考えられない。暫く考えてみる」
「別れるなんて言わないで下さい。私、一生償っていきます」
「お前、さっき、人は何とでも言えるって言ったばかりだろう。
そんな言葉で許せると思うか」
「・・・・・」

「まあいい。明日からは、今まで通り会社に出ろ。別れた時には
お前も生活費を稼がなければいけないからな。それから夜の接待の
仕事は絶対に受けるな、山下にはばれた事を絶対に言うな。
もし喋たら、即別れる。解ったな」
  1. 2014/10/23(木) 02:34:39|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第31回

そう言ったものの、今の私には妻と別れる事は出来そうにありません。
妻と一緒に暮らし、自分の家をもう一度持つ事だけを夢に見てここまで
頑張って来れたのです。破産してもついてきてくれた妻、そんな妻が
愛しいのです。しかし他の男に抱かれ、汚れた妻を許せません。妻を
許せても男の幻影に負けてしまいます。男が笑っているような気がする
のです。この時の私は山下を叩く事だけを考えていました。社会的地位、
金どれを取っても今の私より山下の方が勝っているのです。私には山下の
情報さえないのです。

山下の会社は中国を主とした貿易で成り立っていると聞いています。
玩具等、キャラクター商品の輸出です。リモコン、ラジコン等で動き子供
に人気があるようです。この分野は中国に、その安い人件費と設備費で
押されている筈です。今だに輸出で成り立っているのはそのアイデアに
一日の長があるのでしょう。

私は43才で独立するまで、商社の中国部門で働いていました。中国の安い
製品、特に電子部品の現地委託製造が主な仕事でした。独立した今も続いて
います。私と山下と接点があるとすれば、それ位です。しかし、中国は広大
な国です。山下の情報が拾えるとは思えません。今は山下の中国の取引先
すら解らないのです。中国の取引先は妻に聞けば解ります。しかしそれも
癪にさわり聞く事が出来ません。

今、山下と会っても、雀の涙程の慰謝料で済まされて鼻でせせら笑われて、
馬鹿にされて終わりです。山下にはどれ程の傷も残りません。馬鹿にされる
のは妻を寝取られた亭主なのです。興信所の報告をひたすら待ちます。

2週間が経ちました。この間妻とは一言も口をきいていません。妻には私の
世話はしないでくれ、食事も作るなと言ってあります。それにも関わらず、
妻は食事を作っています。勿論私は手を付けません、全て外食で済ませて
います。妻の帰宅は早いようです。私がたまに早く帰っても妻は家にいます。
妻は約束を守っているようです、しかしその表情は日に日に暗くなって
います。

家では一言も口をきかない私と妻。しかし妻は会社に行けば山下がいます、
山下とは仕事の接点も多いのです。私と口をきかない寂しさを山下に
ぶつけてしまうかもしれません。私は迷います、妻に会社を辞めさせる
べきか。今は妻の給料を当てにしなくとも生活は十分成り立ちます。ただ、
家を持つ計画が遅れます。家が大事なのか妻が大事なのか。それより今
気がついた事があります、いや意識的に考えなかったのかも知れません。
妻は山下が役員を務めている会社から給料をもらっているのです。私に
とっては汚れた金なのです。

今日は、興信所から山下の身上調査の報告がある日です。それを見て、
妻を辞めさせるかどうか結論を出すつもりです。
  1. 2014/10/23(木) 02:35:36|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第32回

事務所は3時に閉め興信所に急ぎます。

「一応の報告は纏まりました。高島さんから十分な前渡金を
頂いていましたのです、相応の調査が出来ました」
「それで」
「山下は1ヶ月少し前に離婚しています」
「離婚?」

山下は離婚しているのです。これで妻に離婚を持ち札にして話す事は
出来なくなりそうです。離婚を持ち出せば妻は間違いなく山下の下に
走る事でしょう。

「そうです。山下の女遊びが主な原因のようです」
「妻の事か?」
「いえ、違います。山下は特殊な性癖を持っているようです」
「特殊な性癖?」
「順を追って説明します」

山下はこの20日間足らずの間に7回も銀座のクラブに通っています。常軌を
逸した多さです。その内3回は中国のバイヤーと、後の4回は山下単独です。

「7回も。中国のバイヤーの名前は解るのか?」
「解ります。山下もある程度の中国語が解るようで、
時々中国語で話していました。全て録音してあります。
当社の中国語が解るスタッフが解析してあります」
「興信所はそんな事まで出来るのか?」
「このご時勢です。これくらいの事が出来なくては食っていけません」

私も中国語が出来る旨話し、中国語のコピーSDと翻訳文を受け取ります。

「銀座のクラブの他に、特殊なクラブにこの20日間に4度も行っています」
「特殊なクラブ?」
「所謂SMと呼ばれているものです」
「SMクラブか?」
「そうです。4度のうち、2度私も入ってみました」
「入ったのか?」
「山下の性癖を知る為です」
「そうか、それで解ったのか」
「解りました。最初は中々、彼女達も喋らなかったのですが、
ちょっとしたテクニックと金を掴ませて。これが報告書です」

「前渡金はまだ残っているか?」
「残っています。清算しましょう」
「いや、まだ待ってくれ、清算は後にしよう」

報告書を受け取り、興信所を後にします。
  1. 2014/10/23(木) 02:36:40|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第33回

私は慎重と言うよりむしろ臆病なのかも知れません。妻に会社を辞めろと
言った場合、妻は山下に当然会う事になるでしょう。その時また抱かれて
しまうかも知れないと思ってしまうのです。妻の監視の為にもう少し探偵
を付けようと思ったのです。こんな事をしてもきりがありません。妻が
会社を辞めても山下に会おうと思えば日中でも何時でも会う事ができます。
一生、妻に監視を付けなければいけない事になります。この数週間で全く
妻を信じられなくなった自分を見つけてしまいます。

頭を整理する為にも一旦事務所に戻ります。先ず報告書を見ます。

銀座のクラブでの報告です。山下の行きつけの店は3軒あるようです。
あるいは中国のバイヤーの好みかも知れません。山下がバイヤーを
それぞれ違った店で接待をしています。どういう具合に撮ったのか
解りませんが店の様子と山下の席の様子写っています。

つい先週のクラブでの事が特に念入りに報告されています。録音されて
いる会話も同時に聞きます。普通の話はバイヤーも拙い日本語で喋って
います。時々中国語で話しています。

山下もバイヤーも相当酒に酔っているのでしょう、それに中国語だから
安心感もあるのでしょうか、際どい事を喋っています。その内容は、
山下の会社がバイヤーの会社にではなく、個人にかなりの金額をバック
しているのです。そしてバックした金の何割かを山下個人に再バック
しているのです。

購入側の個人にバックするのはよくある事です。購入側の会社がその製品
のエージェント権を持つのではなく個人が持つのは昔の日本でも、特に
中小企業ではよくあった事です。つまりバイヤーの会社には少し高値で
売り、その差額をエージェント権を持った個人にキックバックすると
言うものです。その金の何割かが再度、山下にバックされていたのです。
論外です、山下は会社の金を搾取した事になります。山下は役員です。
事が公になれば山下は特別背任に問われるでしょう。

画面を見ますと、中国のバイヤーが何か紙包みを山下に渡しています。
無言で渡していますが、バックされた金に間違いありません。私は有益な
情報を得た事になります。後の2社は通常の接待のようです。そして
○○社のウイリアム△△だけが、薫子が商談の場に出ないのか不思議がって
いました。山下は彼女は体を壊して今は重責に耐えられる状態ではないと
誤魔化していました。

SMクラブでの報告は、どうも山下は酷いサドであると言う事でした。この
遊びが奥さんにばれて離婚に至ったようです。まあ、これはこれで山下の
人格がどう言うものか妻に知らしめるのに役立つかも知れません。

重要な事は山下の中国バイヤーとのやり取りです。これだけでは証拠に
なりません。例え警察に見せても取り合ってもらえないでしょう。それより、
司法の手に委ねるよりも自分で何とかしたいのです、自分の手で山下を
潰したいのです。
  1. 2014/10/23(木) 02:37:43|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第34回

中国のバイヤーの会社名、個人の名前が解りました。解ったと言っても、
会社名は○○社と言ったような大雑把な名前だけです。個人名も、例えば
ウイリアム△△と言った通称です。△△は中国の本名です、中国の人は
ウイリアムと言ったような米国名を通称にしています。これで私に何が
出来るのか、雲を掴むような話です。

検索エンジンで3社の名前を検索してみます。3社ともヒットします。
何れの会社も深川市にありました。深川市は香港に近く、中国の経済特区
として各国の新進企業が集まっています。この地区は一時期優遇税制を
しいて沢山の会社が集まったのです。私のお客様が中国で委託製造して
もらっている会社も深川にあります。Googleの地図で調べてみますと、
3社のうち1社は、私の取引先の会社の至近距離にありました。

ひょっとすれば、取引先の会社の人なら何か解るかも知れないと取引先の
荘さんに電話をしてみます。藁をも縋る思いです。私が中国に滞在中、
ホテル住いもいいが、たまには家庭を味わいなさいと何度か荘さんと家に
泊めて頂いています。荘さんの人となりは良く解っています。私の事も
解って頂いているつもりです。

「荘さん、お願いがある」
「どうかしましたか?」
「仕事には関係ないが、いいかな?」
「ノープロブレン。高島さんには随分世話になっている。何なりと」

3社の名前と個人名を挙げ、彼らに何か噂がないか探ってもらう事に
しました。荘さんは心良く引き受けてくれます。

荘さんが電話の向こうで思案げに何か考えているようです。

「○○のウイリアム△△か?何処かで聞いたような名前だな。
まあいい、兎に角調べてみましょう。結果はメールでお伝えします。
会社と自宅両方に入れておきますよ」

荘さんの結果を待つ事にします。荘さんは叩き上げでここまで来ています。
その人脈も幅が広く、官にも知り合いが沢山います。結果が楽しみです。

家に向かいます。

「お帰りなさい」

勿論、私は無言です。

「貴方、お食事は?」

妻は夜10時を過ぎても、食事をせずに待っていたのです。いじらしい気が
します。しかし、妻の作ったものを意地でも口に出来ないのです。

「お前の作ったものは食わないと言ってあるだろう」

結構な情報を得た事で強気になっています、妻に対する態度もきついもの
になってしまいます。
  1. 2014/10/23(木) 02:38:50|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第35回

「どうするんだ、お前は?俺とは別れた方がいいんじゃないか?」
「貴方と別れてはは生きていけません。どんな事でもします。
傍に置いて下さい」
「その言葉をよく覚えておけ。俺はもう寝る」

私は男らしくありません。妻にだけは強気に出れるのです。山下には
どうして強気になれないのでしょうか?報告書を叩きつければ済む事です。
山下を潰すと粋がっていても、それを行動に移せない自分が情けないの
です。何かが私の心の中に引っかかっています、もう少し待てと言っている
のです。ウイリアムの事が引っかかります。金のバックの事だけではなく、
他の事でも引っかかるのです。今日、興信所で報告を聞いて、荘さんと
話して、それは雨雲のように広がるのです。

翌朝、事務所に出ると直ぐ荘さんから電話があります。

「ウイリアムの事、思い出しましたよ。私は会った事はないが、
部下が会っている。この地区で一ヶ月に一度、地区工業会の懇親会
があるのだが、部下が何度も話している。お互いの会社の居住区が
近いから、懇親会の席は何時も隣同士らしい。金と女の匂いが
プンプンしているらしい。詳しい事はメールを入れるから、それを
見て下さい」
「そうか、有難う。メールを待っている」

それから、1時間程してメールが入ります。

その内容は、

ウイリアム曰く、自分は女に持てる、日本の女も自分に縋り付いて
離さない。1ヶ月程前の懇親会で部下はその女の写真を見せられた。
飛び切りの美人だった。部下は、ウイリアムから携帯に写真を転送
してあげようと言われたが断った。日本の会社から多額のエージェント料
が入ってくるが、それは自分の腕が良いからだ、等々です。ウイリアムは
どうも酔うと軽くなって、自慢話が好きらしいとコメントされています。

ほどなく、荘さんから再度電話があります。

「高島さん、メール見ましたか?」
「読ませてもらった。軽い奴だな」
「高島さん、何故、この男に興味があるんですか?」
「今は話せない、個人的な事だ。今度会った時に話させてもらう」
「解りました。もう聞きません。今日会社を休んで調べてみましょう。
役所にも知り合いが沢山いるからね。それとジャストタイミングだ。
今日の夜、この地区の懇親会があります。今日は私が出てみよう」
「荘さん、頼みがある」
「何なりと」
「メールに書かれていた日本の女だが、もし出来れば写真を手に
入れて欲しい」
「写真を、またどうして?そうか、訳は聞かない約束でしたね。
やってみましょう」
「荘さん、悪いが頼む」
「早ければ明日の朝、メール入れるよ」

日本の女とは、まさか・・・
  1. 2014/10/23(木) 02:40:11|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第36回

明くる朝、事務所で荘さんのメールを今か今かと待っています。
11時頃私のPCに着信音が鳴ります、荘さんからです。写真が3枚添付
されています。先ず本文を読みます。

荘さんには税務関係の友人がいます、その人と会ったのです。税務担当
の人はこの事実は来週早々にも公になる事だから、それまでは荘さんが
誰にも口外しない事を条件に話してくれたそうです。

ウイリアムの銀行口座に1年程前から毎月定期的に米国ドルで数千ドル
から2,3万ドルの振込みがあったのです。外貨で振込みがあった場合、
銀行は受取人にその内容を問い合わせます。ウイリアムはエージェント料
だと説明しています。それはそれで問題はないのですが、所得申告をして
いるかどうかが問題になります。ウイリアムは申告をしていなかったの
です。ウイリアムは申告の義務があるとは知らなかったと言い張っていた
そうですが、勿論取り合ってはくれません。全て自分のものにしたのでは
ない、3割を日本人にバックしているとも言っています。バックは振込み
ではなく、ウイリアムが日本に行った時に現金でバックしたと言っています。
現金でバックした時の受領書を持っていました。これくらい事で日本まで
背面調査を出来る訳はなく、結局ウイリアムがバックした分は認められず、
全金額が課税対象になるそうです。重加算税を含め相当な金額になるそう
です。ウイリアム本人には、まだこの事を知らせていないようです。金を
バックされた日本人は山下に違いありません。そうなら山下は会社の金を
搾取したことになります。

日本の女はどうも取引先の関係者である事、写真を3枚もらったそうです。
高島さんも見て解る通りすごい美人ですよ、と記されていました。

写真ファイルを開けてみようと思います。いや今は止めておこう、荘さんに
お礼をするのが先だ。もし女が妻であった場合、荘さんに電話をする事も
出来ないかも知れません。荘さんにダイヤルします、コール音が鳴っている
間、ふと思い直します。いや、やはり先に見よう、この先また荘さんに
お願いする事があるかも知れない、それには写真を見ておいた方が良い。

これだけの事をしてくれた荘さんには全て話そうと思います。

震える手でファイルをクリックします。
  1. 2014/10/23(木) 02:41:15|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第37回

1枚目、何処かクラブのようです。ゆったりとしたソファーに3人が腰を
掛けこちらを向いて笑っています。真ん中に女、左に山下、右に男。女は
妻です。右の男はウイリアムでしょうか?別になんて事はありません、
只の記念写真です。

2枚目、妻が一人でソファーに座っています。右手にグラスを持ちカメラに
向かって乾杯しているようです。

3枚目、妻とウイリアムらしき男とダンスをしています、チークです。男の
手は両手とも妻の腰より低い、殆ど尻を抱きかかえています。妻の手は
男の首に縋りつき、頭は男の肩に預けています、ウイリアムの唇は妻の
うなじに寄せているようです。

1枚目と2枚目は普通の写真です。だた普通の写真でも男と一緒に写り、
カメラに向かって笑っているのは、亭主にとって気持ちの良いものでは
ありません。普通の状態なら、ああそうか、そんな事もあるだろうと
許せそうな写真です。しかし、今の状況が状況です。3枚目は妻と男の
関係を匂わせてしまいます。マウスを握っている手が小刻みに震えます。
一つの妄想が、また次の妄想を呼びます。山下がSMクラブに通っていた
と聞けば、妻もそう言う仕打ちを受けていたかと思います。ウイリアム
にもまた然りかと思ってしまうのです。

暫く、3枚目の写真を眺めるともなく見ていました。怒りがふつふつと
湧き上がってきます。山下への怒りです。もし妻がこの男に抱かれていた
のなら、山下の差し金に違いまりません。今日は金曜日、この怒りを抱えた
まま土曜日、日曜日を過ごすことは出来ません。今日、山下と会う決心を
しました。

先ず荘さんに電話です。

「荘さん、メールもらった、有難う」
「役に立ちそうですか?写真見ましたか?いい女ですね」
「妻だ」
「何?」
「あの女は私の妻だ」
「えっ、何と言うこと」
「荘さん、右の男がウイリアムか?」
「そうです」
「荘さん、全て話す。左の男は山下と言ってウイリアムの取引先の常務だ。
妻はこの男と不倫している」
「高島さん、声が震えていますよ。もう話さなくても結構です。
大体解ります。不倫した男を叩きのめしたいのでしょう」
「その通りだ」
「何でも協力しますよ。中国ではそんな男は八つ裂きだ。
勿論ウイリアムもね」
「その時は頼む」
  1. 2014/10/23(木) 02:42:17|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第38回

山下の会社に電話します。

「山下常務さんをお願いします」
「どちら様でしょうか」
「高島と申しますが」
「どちらの高島さんでしょうか」

普通の受付の受け答えです。しかし、ちょっとした事にも腹が立って
しまいます。

「高島と言ってもらえば解る」
「少々お待ち下さい」

暫くして電話が繋がります。

「山下ですが」
「高島だ」
「は?」
「かおる、いや、かおるこの亭主だ」
「元のご主人ですか?その方が何の話ですか?
私には仕事の約束があり、時間が取れないが」
「何の話?かおるの亭主が話しがあると言えば話は一つしかないだろう。
仕事はキャンセルするんだな」
「いや無理だ」
「そうか、じゃあ、社長に話を持ち込もう。ウイリアムの件も併せてな」
「ウイリアムの件?話が見えないが」
「もういい、電話を切る」
「ちょっと待ってくれ、仕事の確認を取る」
「駄目だ、今すぐ返事してくれ」
「解った、会おう」
「初めからそう言え。後2時間で行く」

妻の携帯に電話をします。

「俺だ、今直ぐ早引きしろ」
「どうしたんですか?」
「山下と話をする。お前はその現場に居たくないだろう。
お前は今日辞めることになるかも知れない。だから私物は
全て持って帰れ」
「・・・・・」
「それから山下がお前に何か聞きに来るかも知れないが、何も喋るな。
報告書も知らない事にしておけ」
  1. 2014/10/23(木) 02:43:21|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第39回

山下の役員室に通されます。背広の内ポケットにはボイスレコーダを
忍ばせています。

「役員室か、立派なものだな。俺が何で来たか、解るな」
「いや、解らない」
「何を惚けているんだ。これを見るんだな」

報告書を山下の前に放り投げます。山下は報告書を見ていますが、平然と
しています。その表情が不思議です。

「高島さん、貴方も趣味が悪い。私と江村さんの写真を撮って何が
面白いのですか?独身の男と女が何をしようが貴方には関係ないでしょう」

江村は妻の旧姓です。再婚の婚姻届は二人で出しています。何故この会社
では江村と呼ばれているのか不思議です。

「江村は妻の旧姓だ。再婚した、今は高島だ」

この時、山下の顔が一瞬強張ります、何か落胆した様子が伺えます。

「そうか、知らなかった」

一旦落胆した山下は気を取り戻します。

「確かに江村さんを抱いた。しかしそれは独身だったからだ、本社に
勤めだしても、そう思っていた。総務にも届けが出ていない筈だ」

山下は総務に内線をしています。

「何、出ている。いつの事だ」

「どうして私に言わなかった」

総務の説明では妻は婚姻届を出した明くる日に届けを出しています。
山下に報告しなかったのは忘れたのではなく、必要がないと思っていた
ようです。山下の説明では、会社では今も妻は江村と呼ばれているようです。
誰にとっても江村で違和感がなかったのです。

「届けは出ているようだな。だが俺はずっと江村さんと呼んでいた。
薫子も答えてくれた。不自然さはなかった。」

明らかに山下は落胆しています。話す口調もトーンが落ちています。

「私は江村さんを抱いた、あんたがまだ結婚する前からな。
不倫には当たらないない筈だ」
「そんな事は関係ない、私達はその時も事実上の夫婦だ。しかもあんたは
私達が結婚した後も抱いている」
「江村さんからは、そんな事は一言も聞いていない。俺との関係を
続けたかったからじゃないのか。俺との結婚を匂わせたら満更でも
なかったぞ。体の相性も良かったしな」
「ふざけた事を言うな、そんな訳は無い」

そう言ったものの、法律関係の事は良く解りませんが、妻と再婚する前の
事は多分不倫として認められないのでしょう。私の攻め手がなくなって
しまいます。妻はどうして再婚した事を届けを出すだけでは無く、山下
にも告げなかったのでしょうか。どうして高島と誰にも呼ばせなかった
のでしょうか。山下の言っているように、まだ関係を続けたかったので
しょうか。
  1. 2014/10/23(木) 02:44:32|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第40回

「薫子のオマンコを見たか?」

山下の口調が変わってきます。少しでも自分が優位に立とうとして
いるのです。

「薫子は俺にオマンコの毛を剃らしたぞ。あそこから涎を流しながらな。
あんたに見つかってもいいと思っていたんだ。あんた達は既に破綻
していたんだ」
「違う、破綻なんかしていない」
「現に離婚していた」
「再婚する前提だ」

私の言葉には力がありません。

「剃っている時にもう感じていた、剃り終わったら俺のチンポに
むしゃぶりついてきた。入れて、入れてとせがんでな」
「うるさい、黙れ」

返す言葉の無い私は山下の腹に拳を打ち込んでしまいます。山下は
蹲ります。

「自分が不利になると、今度は暴力か?これじゃあ、薫子も
俺に抱かれたくなるわけだ。薫子の何処が一番感じるか、
あんたは知っているか」

山下の言葉はどんどんエスカレートしてきます。反論するチャンスが
無いまま、私は黙って聞いています。

「もし薫子があんたに抱かれても良いと言ったらな、
横抱きにしてやれ。左のオッパイをしゃぶってな、
乳首を舌で転がしてやれ。そうしながら尻の穴を擽るんだ。
直ぐチンポにむしゃぶりついてくるぞ。可愛い声で鳴くしな」

自分の妻の性癖を、不倫相手の男に解説されているのです。これほど
惨めな事はありません。もう少し法律を見ておくべきだったと悔やみます。
しかし悔やんでいても始まりません。これ以上山下に喋らせる訳には
行きません。

「薫子はいつも生で受け止めてくれたぞ」
「もう止めろ。薫子が俺に籍を入れた後もあんたは抱いていた。
立派な不倫だ。出る所に出ても良いぞ。俺は失うものは何もない、
覚悟しておくんだな」
「どうぞ、ご勝手に」

まだ山下は強気です。山下がここまで強気で無かったら、一言、申し訳
ないと謝っていたなら、中国の件は黙っているつもりでした、しかし、
こう言う状況ではそうは行かなくなりました。

持って来たモバイルPCをテーブルに置きます。

「山下、これを見ろ」

山下とウイリアムのクラブでのやり取りと、妻の3枚の写真が収録されて
いるUSBメモリーをセットします。
  1. 2014/10/23(木) 02:46:06|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第41回

写真を順に見せていきます。

「これを何処で?」
「何処でもいい」

「あんたは自分で薫子を抱くだけではなく、ウイリアムにも抱かせたな。
商売に利用していたな」
「そんな事はしていない。俺は薫子を愛していた」
「馬鹿かお前は、人の女房だぞ」
「だから、俺は、結婚していた事を知らなかったんだ」

ウイリアムが山下に紙袋を手渡している場面で、山下の顔色は若干青く
なったようです。

「肖像権の侵害だ」
「お前が妻の写真を撮ったのは肖像権の侵害ではないのか?」
「馬鹿な、薫子は喜んで撮られていた」
「そうか、この写真は店の風景を撮っていただけだ。そこにたまたま
お前達がいただけだ。店に撮影お断りの張り紙もない」
「薫子の写真とは訳が違う」
「いい加減に人の女房を名前で呼び捨てにするのは止めろ」
「俺にとってはまだ江村薫子だ」

この後に及んでもまだ私の神経を逆撫でしています。

「ウイリアムには相当金が渡っているらしいな。その何割かはあんたに
バックされているな」

山下の口が滑ります。

「それを何処で?」
「世間は狭いんだよ、常務さん。ウイリアムは来週、深川の税務署、
いや額が大きいから政府の国税かも知れないが、摘発される。
その時はあんたの名前も出るだろう」
「何処から仕入れた与太話かしらないが、俺はちゃんとしている」
「ちゃんとしている?何がだ?あんたは会社の金を搾取したんだよ」
「この世界の慣習だ」
「違うだろう。しかもあんたは役員だ、特別背任だよ」

特別背任と聞いて山下は怯えます。

「特別背任?そんな筈は無い」
「会社に聞いてみるんだな。何だったら俺が聞いてやろうか」
「止めてくれ。俺が間違っていた」
「その言葉は会社に言うんだな」
「・・・・・」
「ついに俺には言葉がなかったな、一言もあんたは謝らなかった」
「済まなかった」
「遅かったな、薫子は煮るなり、焼くなり、好きにしろ」

私は捨て台詞を残して立ち去りました。そう言うしかなかったのです。
私と再婚した事を山下に告げていなかった。それに山下の語った妻の行為。
それらがあまりにも重く、この時の私には妻とやり直す事など考えられ
なかったのです。
  1. 2014/10/23(木) 02:47:05|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第42回

会社を出ると、もう夜です。もう直ぐ師走です、気の早いデパートはもう
クリスマスの飾りつけをしています。煌びやかな町の装飾も人並みの喧騒さ
も今の私には無縁のものです。秋の終わりの風が落ち葉を舞い上げています、
それは私の心の中にも吹き荒れているのです。山下は私がこれ以上手を
下さなくても、遅かれ早かれ破滅するでしょう。

何処をどう歩いたのか覚えていません。不思議なものです、人には帰巣本能
があります、我に返ると家の近くの駅に降りていました。ここから家まで、
歩いて20分位です。頭が混濁しています。駅前の酒場で酒でも飲もうかと
思いましたが、酔ってしまえば妻に何を言ってしまうか解りません。
すっきりした頭で妻と話さなければいけません。家に向かいますが、
足取りが重く何も考える事が出来ません。

誰に相談出来るものではありません。しかし誰かに聞いて欲しいのです。
私の事を知っているのは荘さんと興信所の担当です。思い切ってもう一度
興信所を訪ねます。

「今日、山下と会ってきた」
「そうですか。高島さん、奥さんの報告書に書かなかった事があります」
「何だ?」
「我々の報告は私見を混じえません。我々の感想は書きません」
「何か感想がある訳か?」
「そうです、あります。普通、浮気をしている人妻は、相手と
会う時は気分がハイになるものです。殆どの女は高揚した表情を見せます。
しかし、奥さんは沈んでいました。ホテルのロビーで山下を待っていた時
は特にそうでした。このビデオをもう一度見て下さい」

確かに妻は沈んだ顔をしています、思いつめた表情をしています。

「沈んだ顔をしているが、それは当たり前だろう。少しは亭主に悪いと
思っていたんだろう」
「浮気する人妻には全て夫がいます。抱かれる前の人妻は今からの行為に
期待しています。夫には悪いと思っているでしょうが、期待の方が勝つの
です。何かの事情が無い限り、殆どの人妻は高揚した表情をしています」
「しかし、妻がそれに当てはまるとは限らない」
「それはそうです。しかし、高島さんが何か決断される時、参考になると
思います」
「解った。参考にさせてもらう」
「前渡金が残っています。そろそろ清算をされては」
「そうだったな。清算してもらおうか」

妻を見た時に出る言葉が自分の気持ちだと決め、家に向かいます。帰りがけ
にコンビニに寄り、お握り、パンと酒の摘みを買いました。
  1. 2014/10/24(金) 09:37:49|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第43回

家に帰りますと、妻は神妙な顔をしています、お帰りなさいと一言だけで、
後の言葉が続きません。今日、私が山下と会って、何を話したのか、どう
言う結果になったのか不安なのです。妻を一瞥しますが、妻は俯いて立った
まま動けないでいます。

「風呂に入る、話はそれからだ」
「お食事はどうされますか」
「お前の作ったものは食えないと言ってあるだろう」

山下の言葉が脳に焼き付いています。山下の男根を美味そうにしゃぶって
いた妻、愛おしそうに手で包んでいた妻。台所からは煮物の匂いが匂って
きます。普段なら腹を鳴らし食欲を刺激する匂いが、今は吐き気を催すの
です。

風呂に入っていても、山下の言葉が気になります。性行為そのものの言葉
より、二人の気持ちを表す言葉が気になるのです。”俺は薫子を愛していた”
”再婚したのは知らなかった”。山下の表情からこの言葉に嘘はなかったと
思います。もしこの言葉が本当なら、その裏には妻の気持ちがある筈です。
妻は浮気で抱かれたのではなく、本気だったのかも知れません、それで再婚
した事を山下に告げなかったのかも知れないのです。私と再婚したのは
その時の流れでそうなっただけなのか、気持ちは山下にあったのかと、私の
想像はどんどん悪い方へと流れていきます。

それから、もう一つ、興信所の担当の言葉を思い浮かべています。

妻の浮気は私と別れていた時に始まっています。この時の事で山下を責める
事は出来ません、私と妻の気持ちだけの問題になります。再婚してからの
事も、以前から継続していた事でもあり、慰謝料は取れても大したものでは
ありません。慰謝料で山下を責めてもあまり得策ではないのです。
ウイリアムの件が無ければ、私は妻を寝取られてしまった、ただの
間抜け亭主になってしまいます。本当は妻の事で山下を責めたいのだが、
それが出来ない。それが私の怒りを大きくしてしまいます。

風呂から上がり、テーブルに酒、摘み、握り飯を用意します。ソファー
に座り、酒を始めます。腹は空いています。握り飯を頬張っても喉を
通りません、酒で飲み下します。妻はダイニングの椅子に腰を掛け
俯いています。私の言葉をびくびくしながら待っているのでしょう。

穏やかに話そうと思っても、妻の顔を見ていますと甚振りたくなって
くるのです。妻の今の気持ち、今後の事を話そうと思っても、無理なこと
でした。

「毛を剃られた時、気持ち良かったか?」
「・・・・・」
「え、どうだったんだ?」
「恐ろしかった、嫌だった」
「嘘をつけ。山下が言っていた。お前はオマンコから善がり汁を流して、
夢中であいつのチンポに縋りついたそうだな。入れて、入れてと
言ったんだってな」
「そんな事嘘です」
「毛を剃られて、山下の女になれたと思ったか?」
「・・・・・」
  1. 2014/10/24(金) 09:38:44|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第44回

ボイスレコーダで取った山下の言葉を聞かせます。妻に聞かれて都合の
悪い事は編集して端折ってあります。山下が妻を愛していた、こんな言葉
は聞かせたくありません。

「ほら、山下がそう言っているだろう」

妻はうな垂れています。山下の声を聞いているのかどうかは解りません。
ボイスレコーダは妻の感じる部分を告げています。

「酷い、こんなの嘘」
「ふーん、山下は嘘をついているのか。服を脱げ。
嘘かどうか、俺が調べてやる」

嫌がる妻の上着も下着も全て脱がせ、無理やり乳首を吸いたてます、
人差し指と中指で妻の尻穴を擽ります。それは10分程続きます。妻の
女の部分は乾いたままです。

「嫌です。そんなところは汚いです、止めてください」
「俺では感じないんだ、お前は。山下で感じても俺では駄目なんだな」
「違います。そんなところは感じません」

もし妻が感じていれば、それはそれで違った嫌味を言うでしょう。妻の
どんな言葉を聞いても全て嫌味の対象になってしまうのです。

「お前はいつも生で受けていたんだな。山下の子供が
欲しかったのか」
「・・・・・」
「朋子に申し訳ないと思わないのか」

娘の朋子の名を聞いて、妻の啜り泣きは号泣に変わります。

「ピルを飲んでいました」
「この淫乱女が」

思わず妻の頬を叩きます。

ウイリアムとの写真は見せないつもりでした。しかし、もう歯止めが
効きません。

「この写真を見ろ、お前はこんなクラブにまで付き合っていたんだな」
「仕事の流れでした」
「これも仕事か?」

ウイリアムに縋り付いてダンスをしている写真を見せます。

「チークダンスもお前の仕事か?」
「これは常務さんがそうしてあげなさいと」
「そうして、ウイリアムと寝て仕事を貰っているのか?
それがお前達の会社のやり方か?お前は山下の言う事は
何でも聞けるんだな」
「そんな事はありません」
「嘘を言うな。オマンコの毛を剃ると言われれば、剃られ、
他の男と寝ろと言われれば、寝る。山下の言いなりなんだ」
「・・・・・」
「山下には再婚した事を言っていないらしいしな」
「言いました。婚姻届を出した明くる日に言いました」
「さっきの山下の声を聞いただろう」
「酷い」

何に酷いと言ったのか解りません。私に言ったのか、それとも山下の声に
言ったのか。妻の号泣は更に大きくなります。
  1. 2014/10/24(金) 09:46:28|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第45回

今の私には、妻の言っている事か、それとも山下か、どちらが本当なのか
解りません。何れにしてもどちらかが嘘をついているのです。私には大事
な事です、妻の言っているのが本当であれば、まだ救いはあります。

妻も、山下の言葉を聞いて、写真を見て何か感じたのかも知れません。
俯いて、泣いていましたが、呟くように私に言います。

「貴方、聞いていいですか?」
「何だ?」
「あの写真は何処から?」
「それがお前に何の関係がある?」
「あの写真は常務さんがご自分のデジカメで撮りました」
「あの男の事をさん付けで呼ぶな」
「はい」
「あいつが自分のカメラで撮った?それがどうした?」
「常務は写真をメールでは送らない、自分の会社の部下の写真を
メールで送って、万が一間違いがあって世間に晒したくない、
今度来た時にプリントして差し上げますと言っていました。
プリントは1枚しかない筈です」
「何が晒したくないだ。ウイリアムは日本の女が自分に縋り付いて
話さないと喋り捲っている。それにプリントはスキャンコピーしたら
ファイル出来るだろう」
「・・・・・」

妻が何を言いたいのか、私はまだ解っていません。

「何が言いたいんだ?」
「写真を撮ったのは1ヶ月以上も前です。その次にウイリアムが来たのは
先週です。常務はその時に渡している筈です。パソコンのファイルに
なっていない筈です。」

確かに荘さんは部下が1ヶ月前の懇親会で見せられたと言っていました。
山下が先週、ウイリアムに渡したのなら、その時に写真を見せられない
筈です。1ヶ月以上前に送っていた事になります。それに写真は鮮明です。
プリントをスキャンして撮り込んだものなら、これほど鮮明ではない筈です。

「つまり、お前は山下がメールで送ったと言いたいんだな」
「はい」
「メールで送ったとしても、それがお前と何の関係がある。しかし、
どうして、お前は気がついた?」
「画像が鮮明でした。直接ファイルされたものだと思いました」
「こんな時に、そんな細かい事によく気が付くな」
「私、ウイリアムなんかに抱かれていません、貴方に信じて欲しかった。
常務は私にも嘘をついていた」

妻は写真を引き合いに出して、山下の言っている事は嘘だと言いたいのです。
山下の人間性に気がついた妻は何とか私を信じさせようと、こんな時にでも
小さな切っ掛けを必死に探しているのです。妻の言っている事が本当なら
山下は嘘をついている事になります。ウイリアムに抱かれたかどうかは
調べようもありません。妻の言う事が真実だと思う他ないのです。
  1. 2014/10/24(金) 09:48:06|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第46回

こんな事に気がつくほど妻は冷静なのです。それが気に入りません。
泣き叫んで、許して下さいと何度も何度も言って欲しいのです。しかし、
ここは妻の言う事をもう少し聞いてやろうと思います。

「あの写真を何処で手に入れたか教えよう」
「はい」

妻に経緯を教えます。中国との金のバックの件も話します。

「酷い、私そんな女じゃありません」
「そうだな、股を開くのは好きな男だけにだもんな」
「違います、好きではなかった」
「そうか、好きでもない男にも股を開く女に訂正しなければいけないか。
俺にも時々は抱かせてくれたからな」

喋っている自分が嫌になってしまいます。自分が思っている事とは違った
方向に行ってしまいます。

「貴方が抱いてくれると嬉しかった。ずっと抱いてて欲しかった」
「それが、どうして山下に抱かれた?」
「それは・・・・・」

妻は喋りだします。山下に抱かれたのは、私の心が妻から離れていたと
思っていたからだと、寂しさで誰かに縋りたかったのです。それが最初に
タクシーの中で山下に抱擁され女の喜びを思い出してしまったのです。
妻との性交渉は元々少ない方でした。離婚してからは、益々少なく
なりました。私が中国に2ヶ月出張した時の寂しさは耐えられるもの
ではなかったのです。

1ヶ月、2ヶ月程度の出張は会社生活でよくある事です。普通の状況で
あれば、妻も耐えたのか知れません。しかし、その時の状況が状況です、
耐え切れなかったのです。その寂しさを山下で埋めたかったのかも
知れません。山下と会って、その雰囲気に溺れ、関係を続けてしまった
のです。その内に妻は山下を特別な存在だと思い込みます。
そうしなければ関係を続けられなかったのです。私の目の前での選択
を強要され、毛を刈られてしまった事が、再度私への思いを思い起こさせた
のです。ずっと後悔の連続だったのです。
  1. 2014/10/24(金) 09:49:40|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第47回

「山下には特別な感情を持っていなかったの言うのだな」
「はい」
「山下は結婚しようと思ってたと言っていた。結婚してくれとは
言われなかったのか?」
「言われました。でも私にはそんな気はありませんでした」
「じゃあ、俺と再婚してからも何故関係を続けた?」
「それは・・・・・」
「脅されていたのか?」
「いいえ、直接は・・・」
「どうした?」
「誘われて断った時には、あなたの前で、どちらかを選べって言われました」
「それを脅しと言うんだ。何故俺に話さなかった」
「言えませんでした、解ってしまうのが怖かった」
「しかし、それだけではないだろう?山下が離婚した時はどう思った」
「私のせいだと・・・」
「それで、また抱かれた訳か」
「いいえ、そんな訳では・・・」

妻は、山下の離婚が自分のせいかも知れないと、誘いをまた受けるように
なったのかも知れません。

「これを読め」

山下の身上調査を読ませます。

「離婚の原因の一つには山下の性癖があったらしい。
お前の事は多分奥さんも知らなかっただろう」
「・・・・・」

「お前は会社では結婚してからも江村と呼ばれていたのか?」
「いいえ、高島と呼ばれています。メールアドレスも
takashimaに変えて頂きました」
「そうか」

山下の言っていた事が嘘だとするならば、山下は私の前で芝居を打っていた
事になります。妻との不倫がばれれば、謝るどころか開き直り、嘘で固めて
妻と私の気持ちをも弄んでいたのです。

誘いを断る妻を、私と会うと言うことで脅し、関係を続けさせようと
していたのです。私の前でも結婚したことは知らなかったと言い張り
惚けようとしたのです。しかし離婚した山下は妻との結婚を考えていた
のかも知れません。

妻の山下専用の携帯を手に取り、山下をコールします。妻からの電話だと
思った山下は直ぐに出ます。

「どうしたこんな時間に、ご亭主は居ないのか?
俺に抱かれたくなったか?直ぐに来い。抱いてやる」

メールの事といい、今の言葉といい、妻はいつもこんな風にして出前を
取るように山下に呼び出されていたかと思うと、又新たな怒りが湧いて
きます。

「ふざけるな、大嘘つきが。お前の人生を終わらせてやる」
「えっ」

電話を切った私は、考えていた事を実行しようと思うのです。

「かおる、社長のメールアドレスは知っているか?」
「はい、でも何をするのですか?」
「あいつの行状を知らせてやる」
「それはお止めになったほうが・・・」
「山下を庇うのか?それにお前の事は言うつもりはない。
中国の事だけだ」
「違います。メールは貴方らしくありません」
「そうか、じゃあ会いに行こう。辞表を書いておけ」
「はい」

土曜日、日曜日と山下から電話がかかってきます。慰謝料を払うから
許してくれと、もう一度会ってくれ言うのです。私がどういう行動に
出るのか恐れているのでしょう。もともと慰謝料で済ませる気のない
私は無視します。

月曜日、社長に面談を申し込みます。山下が絡んでいる中国の件でと
言うと社長も、何か山下の行状に不信を持っていたらしく心良く応じて
くれます。山下は何かを感じたらしく会社を休んでいました。社長に山下
の中国での件を洗いざらい喋ります。成り行き上妻の事も話します。
社長は部下の起こした不始末は自分の責任だと、土下座して謝ってくれます。
  1. 2014/10/24(金) 09:51:08|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第48回

「社長、顔を上げて下さい」
「いや、本当に申し訳ない事をしました」
「山下だけが悪いんじゃないと思います。妻にも責任があります」
「いや、それにしてもあの山下が。そんな事をする人間だとは
思ってもいなかった。それに中国の件と言い、私に見る目がなかった。」

社長は山下に信頼を置いていて、ゆくゆくは会社を任そうと思っていた
そうです。

「奥さんを会社に置かせてもらう訳にはいかないだろうか?」
「状況が状況です、無理です」
「必要な人材です。会社の中では私以外には誰も知らない筈です」
「いや、やはり」
「非常勤でもいい。考えて欲しい」

考えてみますと言って会社を後にします。後味の悪いものが残ります、
何か胃にしこりが出来たようです。山下の居ないところで、行状を
喋ってしまった、後ろ指を指すようで胃がちくちくと痛みます。

妻の件はさて置いても、山下の会社での処分は、良くても降格、暫く
の謹慎、普通は馘首でしょう。まだ妻の気持ちに自信が持てないのです。
山下がどんな状況になっても、私が辛く当たれば妻は山下の下に逃げて
しまうかも知れないと弱気な自分が情けないのです。

地元に戻ったのが2時、片付けなければいけない仕事があります、事務所
に帰ります。仕事が終わり、また自分と妻の気持ちを考えています。
今は山下より私の方が優位な立場に居る筈だと、まだそんな事を考えて
います。寝取られ男の僻みなのでしょうか、寝取り男と自分を比較して
しまうのです。圧倒的な優位に立った上で妻をこれ程かと言うほど甚振って
やりたいと思ってしまうのです。妻の浮気が解ってまだそんなに時間は
経っていません、私の人格まで変わってしまった気がします。
  1. 2014/10/24(金) 09:52:08|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 第49回

家への帰り道、冷たい風に吹かれていますと、あれだけ熱かった私の
気持ちも冷めてきます。

玄関を開けますと、妻が神妙な顔をして立っています。

「お帰りなさい」
「ああ」

「何か召し上がりますか?」
「要らない」

リビングボードからウイスキーを出し、ロックで飲みます。暫く無言
でしたが、何も聞こうとしない妻に苛立ってしまいます。

「今日の事は聞きたくないのか?」
「はい、いいえ、でも・・・・・」
「どっちなんだ?」
「はい、聞かせて下さい」

聞きたくないのかと言ったものの、私の気持ちが急に萎んでしまいます。
私のせいでは無いものの、山下の破滅の引き金を引いたの私なのです。

「もうどうでもよくなった。どの道、山下は破滅するだろう」
「・・・・・」
「お前もここに居たいのなら、居てもいいし、山下のところに
行きたいのなら行け。俺はどうでもいい」
「そんな事言わないで。ここに居ろって言って下さい、
一生償えって」

その後、10日くらいして、社長から連絡があります。やはり山下は馘首です。
妻の慰留もお願いされましたが、これはお断りしました。妻が身の回りの
整理と残務処理で会社に行った際、社長から私への手紙と小包を手渡され
ます。奥様への退職金とお見舞いだと記されていました。過分な金額でした。
この金額の意味するところは理解出来ます。調査費で出費が嵩んだ私には
固辞する理由はありません、有り難く頂きました。

荘さんに電話を入れました。

「荘さん、有難う。私だけではどうにもならなかった。
荘さんのお陰だ。山下は会社を首になった、もう破滅だろう」
「そうですか、それは良かった。ウイリアムもしょっ引かれる
でしょう。中国はこう言うところは厳しいからね。
ところで奥さんは?」
「ウイリアムとは何もなかったと、そう信じる」
「それがいいですよ」
  1. 2014/10/24(金) 09:53:54|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びの妻 最終回

山下の破滅は山下自身が招いたことです。しかし、その一因が妻にも
あるかも知れないと思ってしまいます。ウイリアムとの件は妻と不倫
して暫くしてから始まっています。その頃既に山下は奥さんとの離婚
を考えていたようです。山下と会った時の言葉、また妻の告白でも山下は
妻との結婚を考えていたようです。山下は奥さんとの離婚の慰謝料、
また妻との結婚を考えて、その資金にとウイリアムとの件を始めたの
かも知れません。もしそうなら、何故山下は、私と妻が再婚してから、
奥さんと離婚をしたのでしょうか、奥さんの事情があったのかも知れません。
そしてもし、私と妻が再婚する以前に山下の離婚が成立していたなら、
妻は山下を選んだかもしれないと、そんな事まで考えが及ぶのです。

しかし、もしこうだったらと仮定の事は考えないことにしました。

「かおる、どうして俺と再婚した?
どうして山下の離婚を待って、あいつと結婚しなかった」
「私、そんな事考えたこともありません。
一日も早く、貴方に迎えに来て欲しかった。
一日も早く、一緒に住みたかった」

妻の言葉を信じました。元はと言えば私の町金融への幻影が離婚を招き、
妻の寂しさをつのらせてしまったのです。妻の不倫は私が招いたのかも
知れません。

暫くは妻の食事は喉を通りません、それでも妻は毎日、毎日食事を用意して
くれます。1ヶ月ほどして、何とか喉を通ります。

「やっと、食べてもらえた」
「ああ」

妻は私の顔を真っ直ぐに見て、その目からは一筋の涙がこぼれます。

「嬉しい」

長い間、つまらない話、下手な文章を読んで頂いて有難う御座いました。
事実の積み重ねで書いてまいりました。今読み返して見ますと、文章に
まとまりが無く、ストーリーとしての流れも無く、赤面の思いです。
ご感想、ご意見を頂いた方々にお礼を述べるでもなく、ここまで、やって
まいりました。ここで改めて御礼を申し上げます。

どうも有難う御座いました。
  1. 2014/10/24(金) 09:54:59|
  2. 再びの妻・WA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR