FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

言い出せない私・・・ 第1回

 もし自分の妻が他の男に寝取られたら・・・という願望を持った男性がこの世に多数存在していることは多少なりとも知ってはおりましたが
少なくとも自分には関係ない事だと思っておりました。

「自分の愛する妻には指一本触れさせたくない」これが普通であり他の男に抱かれる姿など想像もしたくないし、もしそんな事があれば即離婚だと思っておりました。

しかし偶然にも妻の秘密を知ってしまった私は自分でも信じられない行動に出てしまいました・・・


私が言うのもなんですが、妻は不細工な私に不釣合いで結構可愛いタイプだと思います。
結婚当初はいつかは浮気されてしまうのではないかという不安があったのは事実ですが、仕事からは真っ直ぐ帰って来るし家事もよくやってくれていました。

もちろんベッドの方もです・・・私がピストンしている最中もあまり大きな声を出さず私が射精するのをジッと待っているような姿が愛しくてたまりませんでした。

「もっと乱れてくれてもいいのに」
とは思いましたがこんな可愛い妻とヤれるんだからまあいいかなって感じで時は何事もなく過ぎて行きました。

しかし数年後一通の年賀状が私たち夫婦の仲を狂わせ始めたのです。差出人は夫婦の連名だったし、妻の昔の知り合いということでした。

見たところ普通の年賀状でしたが「この歳になって初めて携帯を買いました番号は・・・」というご主人の記載があったのです・・・

その時私は気にも留めませんでした。
だいぶ後から知ったのですがまさかこの男を妻が今でもずっと想い続けていた相手だとは夢にも思いませんでした。

しかも相手の男も妻のことがずっと気になっていたのですがいろいろな事情で別の女性と結婚していたそうです。

ただお互いの気持ちを双方共に知らなかったので今までの平静が保たれていたのでした。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/10/17(金) 07:15:32|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第2回

メカに弱い妻は相手の携帯の会社も調べずに自分のアドレス
をショートメールで送信しましたが、
たまたま同じ電話会社だった為まんまと送信OKになって
しまったのです。

長文のメールがやり取りできるようになった二人はすぐにお互いの気持ちに気付いてしまいすぐにでも再会したい勢いでしたが

相手が地方在住の為,そう簡単に行ける場所ではありませんでした。しかしその距離が逆に二人を燃えさせる結果となってしまったのです。

妻がそんなメールのやりとりをしているなんて全く知らなかった私は数年前と同様妻の「演技?」に騙され、のほほんと暮らしておりました。

まさか妻が再会の決行に向けて計画を練っていたとは全く知らずに・・・

旅行代理店に勤務している私は本当の偶然で妻の計画を知ることになりました。

あるお客様が「明日のJAL便を予約していたのだが予約番号を忘れてしまった」という申し出があり
私は「大丈夫ですよ!お名前と便名だけで検索できますから」と答え苗字を聞くと偶然にも私と同じ苗字でした。

検索すると2件のヒットがあり問題なく発券しましたがもう一件の名前を見て「あれ?珍しいな妻と同姓同名だ」良く見れば一緒に記録されている電話番号はまさしく妻の携帯番号です。

おい、こんな遠くに行くなんて聞いてないぞ・・・

グループで予約したのであれば一人の記録に全員の記録が付いてくるので予約記録を見た限りでは一人で行くのは間違いなさそうです。

飛行機嫌いの妻が間違っても飛行機で一人旅はありえません。
数秒後私の背中には冷たいものが滴って行くのが解りました。
  1. 2014/10/17(金) 07:16:17|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第3回

相手は誰?

帰宅した私を出迎えた妻は「明日観光も兼ねて短大時代の恩師に会いに生きたいの・・・」

「ああ行って来たら・・・」
OKしなくてももう航空券は持ってるハズです。私はそれでも妻を信じたい一心であえて行き先を聞いたり問い詰めたりはしませんでした。

「じゃあおいしいお土産買ってくるね」とか言いながら妻はルンルン気分でバッグにモノを詰めていました。

何の気無しにその仕草を見ていた私は今までに見たことのない小さな袋を入れるのが目に止まりました。

生理用品でも入っているのかなあとも思いましたが気になったのでそのあと妻の入浴中にそっとその袋を開けて見ました。

中には私が見たことも無いナイロンレースのセクシーなパンティが3枚入っていました。

私は心臓が止まるかというぐらいショックを受け、手は震え口はカラカラになり吐き気さえ催しました。

それでも気を取り直し袋を元通りにしてバッグに戻しました。そしていけないと思いながらも妻の携帯を開けてしまったのです。

妻は明日会う男の為に身体を念入りに手入れしているのか、なかなか風呂から上がらない分メールを覗き見する時間は十分にありました。

今まで私が怪しんだことがなかった為か暗証番号等のロックは全くかけていなかったので残っていたメールは全て見る事が出来ました。

「明日へ」向けての楽しそうなメールのやりとりが延々ありましたが、

妻からの「どんな下着を付けたら燃えてくれますか?」というタイトルを見つけた時「ああやっぱりそのつもりなんだ」という絶望感で一杯になりました。

「その可愛らしい口で果てる事が出来るなら下着なんて・・・」という返信を見たときは涙がポロポロ出てきてしまい本当に死んでしまいたいと思いました。

しかしそれでも私はなぜか妻を問い詰める事ができなかったのです。
  1. 2014/10/17(金) 07:19:54|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第4回

当日の朝になっても私は妻を止める事が出来ませんでした。

「でもまだ抱かれた訳じゃないし・・・」自分で必死に自分に言い訳をしています。

「じゃあ行って来るわネッ」と明るい表情で出かける妻が妙にセクシーに見えました。

どこかにしまってあったのかあるいは今日の為に買って来た
のかわかりませんが少し風が吹いたらめくれてしまいそうな
可愛らしいミニのワンピースをひらひらさせながら妻は出て
行きました。

「ワンピースを捲くり上げられて愛撫されてしまうのだろう
か」と思うと頭が変になりそうでしたがそれでも行くなとは
言えませんでした。

「今行けばまだ何とかなるぞ!」私の心は何度も叫んでいるのですが身体が動きません。

とうとう飛行機の離陸時間です。妻を信じたい気持ちとあのメールのやりとりが頭の中で交錯し私は一人部屋の中で大の字になり泣いていました。

日帰りで行ったので時間は限られています彼が行動を起こすとすれば妻が現地に着いてすぐでしょう。

「どうしよう到着時間に合わせてやめろってメールを送ろうか」・・・でももう行ってしまったのです。諦めるしかありません。

「空港からラブホテルに直行だろうなあ」「今頃シャワーかなあ」
「あのパンティを穿いて抱かれちゃうんだなあ」「アヌスも舐められてしまうのかなあ」もう悲しくて仕方ありません。

部屋の時計を見上げてはため息ばかりついていました。
  1. 2014/10/17(金) 07:21:13|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第5回

時間が経つにつれ「今の時間だったらもう絶対に抱かれてしまっているんだろうなあ」「相手は何処に射精するのかなあ」

「それより妻はどんな表情でピストンされているんだろう?きっと自分の時よりもっとセクシーな女の表情になっているに違いない!」

そんな事を想像しているうちに何を思ったのか私は立ち上がり妻の下着が入っている引き出しを開け、今日妻が持って行った3枚にはかなわないもののセクシー系のパンティを取り出し拡げました。

そして妻の抱かれているところを想像し思いっきり自分のペニスをしごきました。あっと言う間に精液が床に飛び散りました。

今までにこんなに気持ちよく発射したのは初めてです。どんなオナニーでもどんなSEXでも味わったことのない快感でした。

「あれ、どうして?悲しくて死んでしまいたいはずなのに?」確かに涙は出ています悲しいに決まってます。

しかし妻の秘密を知ってしまったという何とも表現出来ない気持ちと先程の射精の快楽とで妻を許せないという気持ち
が何処かへ飛んでしまいました。

「何かこういう事をする人って俺の他にもいるんだよなあ」
「確かインターネットでみたよなあ」調べるとイロイロなBBS等にたくさん掲載されています。

決して自分だけでないと言うことがわかりました。私の死ぬほどの心配をよそに妻は「疲れ」も見せず朝と同じく明るい表情で帰って来ました。

すぐにでもパンティを引きずり下ろしチェックしたい気持ちをグッとこらえて「そんなミニじゃ見られちゃうじゃないか」というと「つまんないの穿いてるから見えたって平気よ」と言って裾を少し捲くって見せました。

なるほどシンプルなモノを穿いているようです。
「俺が本当に見たいのはそのバッグの中の3枚さ!」

そう心の中でつぶやいた私はホテルでの石鹸等の匂いを消す為にすぐに風呂に入りたがるだろうからその時にたっぷりチェックしてやろうと思い

「汗かいたろう!風呂は?」と問いかけると「ウンそうするわ」と二つ返事で風呂に入りました。

その時バッグから例の小さい袋を持って脱衣所に行ったのをもちろん見逃すことはありませんでした。
  1. 2014/10/17(金) 07:22:32|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第6回

妻がシャワーを浴び始めたのを確認するとすぐに脱衣かごの中にあるはずのあのパンティを探しました。

すると帰りに穿いてきたパンティに包まれた3枚のナイロンレースのセクシーなパンティが出てきました。

「ああやっぱり3枚とも穿いて見せたんだなあ・・・」予想はしていましたがやはり大きなショックでした。バスルームの中からはシャワーの音に混じって妻の鼻歌が聞こえます。

私は震える手でそっと一枚ずつ広げてクロッチの部分を凝視しました。どれも妻の愛液をたっぷり吸い込んでいるらしく
数時間たったであろう今でも湿っています。

鼻に押し当て思いっきり吸い込んでみましたが3枚とも「妻の香り」しかしません。

少し気が楽になり元に戻そうとしたとき私の身体は凍りつきました。包んでいた方のパンティのクロッチ部分にベットリしたモノが付着していました。

匂いを嗅ぐまでもなく大量の精液であることは確かです。ほっとした直後だけにショックは100倍位になってしまったような気がします。

「中出しかよ・・・」それでも気を取り直し元に戻そうと包み直していると精液の他にヒップの部分にうっすらと血痕がありました。

バックからされている時に爪でも立てられたのでしょう。脱衣所から失意のどん底で部屋に戻った私でしたが妻の携帯も一応チェックしました。

相変わらずロックはされておらず簡単に中を見る事が出来ました。

「もう何が書いてあったって抱かれちゃったんだしなあ」とあきらめながら開けてみると帰りの羽田空港から自宅までの間にやり取りしたメールがそのまま残っていました。

「ランジェリーファッションショー最高」という
男のメールに対し「どれが一番気に入りましたか?」とい妻の返信メール、

男の前で全て穿いて見せたということが立証されました。
  1. 2014/10/17(金) 07:23:26|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第7回

「ブルーのGストリング!凄くエッチだったよ」相手の趣味は私と同じようです。

目の前でどれがイイ?と聞かれたら私もその紐のようなブルーのヤツを選んだ事でしょう・・・

しかし私には選ぶ権利はないようです。次のメールには
「初めは緊張しましたが優しく入って来てくれたので安心しました。

ピストンされてからは乱れちゃってゴメンなさい3度目(4度目)はお口でって約束したのに結局中に出しちゃったんですね!」

「自分の下で悶えているあなたを見ていたらこのままイキたいと誰でもそう思うでしょう!だから3回(4回)とも思いっきり中で出しちゃった。本当に可愛いよ、愛してる!」

とても自分の妻のメールとは思えませんでしたがどうやら全て現実のようです。もう見たくなくなって来ましたが最後にもう一通あったので開いてみると

「まだヒリヒリしているんですよ4回目のせいで!主人ともしたことないのに~」

先程から気になっていたのですが(4回)とかいうカッコは何を意味しているのでしょう?「それはすまなかったね!あまりにキュートだったので・・・」

何の事だか解りません。妻が戻ってくる気配がしたのであわてて携帯を戻しテレビに向かいました。

バスタオルに身を包んだ妻は「今晩はどうする?」とヤル気なんて無いハズなのに聞いて来ました。

「イヤと言うほどして来たんだろう!」と言えば良いものを「えー疲れてないのか?」と聞き返す馬鹿な私

「疲れてないって言えばウソになるけど・・・」「風呂にでも入って考えるよ」私はそう答えるのが精一杯でした。

すると妻は「寝ちゃってたらゴメンなさいね」と言い身体に捲いていたバスタオルを取り「昼間私が開けた」引き出しからパンティを選び始めました。

どうせ地味なヤツを選ぶのだろうと思いながら妻の方に目をやるとムッチリしたヒップが目に入りました。「ああこのヒップはどんな風に愛撫されたのだろう?

バックからした時は爪を立てられる位激しかったんだろうなあ」「そうだ、その爪の痕はどこだ?」私は妻のヒップを嘗め回すように眺め爪痕を探しました。

微量とは言え出血しているような傷ですから見つからないハズはありません。
  1. 2014/10/17(金) 07:24:24|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第8回

そんな私の気配を感じたのか妻は振り返り「どうしたの?私のお尻なんか見飽きてるでしょう?」

私は咄嗟に「イヤぁお尻に傷があるよ」と見つかりもしないのに答えてしまいました。「え~イヤだ~何処に?」

「あれっさっき見えたのに、ちょっと奥かな?」とごまかしながら妻のヒップの割れ目を少しだけ開きました。

「アン、明るい所でそんなところ開いたりしないで!」妻は半分怒ったように言いましたが次の瞬間私の目は爛れた妻のアヌスを捕らえていました。

気になっていた(4回目)のカッコはアナルセックスを意味していたのです。血痕も爪痕などではなく恐らくピストンによって少し裂けてしまった部分の出血だったのでしょう。

ここまで耐えてきた私もついに限界でした。大粒の涙が溢れ妻の背中に落ちました。驚いた妻は「一体どうしたの?」
「何があったの?」とまだバレているとは思っていないようです。

「・・・しちゃったんだねお尻で・・・」私は声にならない声を絞り出し妻を問いただしました。妻はハダカでいるのも忘れ「えっ何のこと?」と言いながらも真っ青になっています。

「うん知ってたんだ、今日行く事・・・いけないとは思ったけどどんな下着を持って行ったのかも調べさせてもらったよゴメンね」私が謝ることはなにもないハズですがなぜか「ゴメンね」などと言ってしまいました。

「どうやって知ったの?」妻はあまりの驚きに自分の置かれている立場を忘れ聞いて来ました。

本来ならばそんなことはどうでもよく妻の行った行為についてのみ話をすればイイのに私はバカ正直にJALの端末での検索うんぬんの話をしてあげました。

ただメールを見る事はたとえ夫婦でも犯罪という事を聞いたことがあるので携帯の話は一切しませんでした。

妻は泣きながら彼への想いを私に話し出し、「お互いのパートナーには申し訳ないが一度だけの約束で抱かれに行った!もちろん私からも彼のペニスを求めた」とやっと白状しました。

驚いた事に妻は「どんな償いでもするので離婚だけは勘弁して下さい・・・」と言いだしたのです。

てっきり「捨てられる」と思っていた私には意外な言葉が返ってきました。

私は言葉に詰まりましたが形勢が有利だと知り「俺が手放すとでも思った?浮気の一つくらいで手放すくらいなら結婚なんてしないさ」と思いっきりウソをつきました。

「許してくれるの?」妻は不安そうに私の顔を覗き込みます。

冒頭で申し上げたとおりこんな事になったら絶対離婚だと思っていたハズの私でしたが実際には「ああ、今日の出来事を正直に話してくれたらネ!」という言葉が私の口から出てしまいました。

自分でも何て事口走ってんだ?とは思いましが・・・「まあ、とりあえず何か着たら?」さっきからハダカのままの
妻に言いました。

妻はせめてもの罪滅ぼしのつもりかフリルのたくさん付いた
可愛らしいパンティを私に解るように穿きその上にバスローブを羽織りました。
  1. 2014/10/17(金) 07:25:21|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第12回

「あなたが本当にイキたい場所はどこ?アヌス、お口、それとも・・・」
もう一度送信すると
「決まってるだろうアソコが一番さ!ああ、ご主人が羨ましいよ。毎晩でも締め付けて欲しい!」

ほう、俺のことが羨ましいんだ・・・
フフ、さて・・・「でもね、今日一日主人をほったらかしにしちゃったからきっとお口に出されちゃうだろうな」

さあ、何て返信して来る?
「そんな事言って、僕に嫉妬させたいのかい?」

さて、遊びはここまでだ!私は妻の携帯から相手のアドレスをコピーして自分の携帯に送信した後、イタズラした分の履歴を削除し自分の携帯に持ち替えました。

とりあえず妻がいつトイレから出て来ても怪しむことは無いでしょう。15分くらいしてようやく便意が治まったのか妻がトイレから出て来ました。

「ふう、やっと空になったみたい・・・」
「もう、変態みたいなことしないでネ」
「本当に恥ずかしかったんだから・・・」

私は「他の男とアナルセックスまでしておきながらよく言うよ」と小さな声でつぶやきました。

「さあお尻と髪を洗っておいで!」
「言われなくても洗いますよ~だ」

妻はバスルームに消えました。さてと私は先程妻の携帯から自分宛に送信した相手のアドレスを入力し反撃に出ました。

「本日は妻が大変お世話になりました。当方といたしましてはしかるべき処置をとらせて頂きます。裁判所にご足労願うことになると思いますがご了承下さい」

「PS アヌスを貫いた罪は重いですぞ!」

相手はどんな顔でこのメールを読むでしょう?自分のアドレスは変更せず直球勝負に出ました。

「返信できるものならしてみろ!」
実際に相手を裁判に掛ける程の根性は私にはありませんが少しは相手に苦しんで欲しかったのです。

そうだ・・・私は再び妻の携帯を取り出し相手のメールアドレスと電話番号を着信拒否に設定してやりました。とりあえず今晩はお互い連絡が取れないはずです。

しかしこの「イタズラ?」がこの後しばらく私を悩ませることになるとは気がつきませんでした。

メールで「復讐」したものの、悔しい気持ちはどうにもならず、やっとシャワーから出てきた妻を抱くことは出来ませんでした。

妻は「ごめんなさい簡単に許してもらえるなんて思ってません」と真面目に答えれば答える程「事実」が私の心に重くのしかかり、身も心も重いままホテルを後にしました。
  1. 2014/10/17(金) 07:27:21|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第13回

私の悩ましい?イタズラメールの直後に「裁判」などというメールを受信した相手は相当驚き困惑したようです。

しかも妻の携帯は着信拒否に設定してありますので私の思惑どおりその日は連絡がつかなかったのですが、次の日妻の職
場に客を装って電話してきたようで携帯の設定変更も相手に気付かれてしまいました。

もちろん私のところに相手からの返信も来ませんでした。私の「復讐」はたった一晩で何事もなかったように流されてしまいました。

妻は「もう二度と彼には会わない」と約束してくれたので甘いと思いながらも復讐は諦めました。しかし妻への不信感は消えるどころか募る一方でした。

妻は私に携帯の設定を変えられたことが原因で「暗証番号」を使いだしたのです。メールを覗き見することは不可能になってしまいました。

「チェッ、あの時のイタズラがこんな結果に・・・」

妻に暗証番号のことを切り出せば私が覗き見していることを白状するようなものですから言い出す訳には行きません。

今さら悔やんでも仕方ありませんが、私は気が気ではありません。もしかするとまた抱かれに行く計画を立てているかも知れないのです。

愛妻家よろしく週末は妻の監視を続ける生活が三ヶ月ほど続いたある日、私はインターネットで携帯の暗証番号を解読するソフトがダウンロード出来る事を知り小躍りして喜びました。

郵便局で千円にも満たない金額を振り込みパスワードを取得しドキドキしながら妻の携帯をパソコンに繋ぎます。

暗証番号で守られていると思っている為か妻の携帯は無造作に置かれていることが多く、私の部屋に持ち出す程度は何の苦労もありませんでした。

携帯をパソコンに繋ぎソフトを起動させました。ディスプレイの「0000」の数字が回り始めドキドキしながら見守ります。

すると数分後ある数字のところで止まり「発見しました」のメッセージが!ほう・・・スゴイなあ!期待に胸を膨らませ早速入力してみると保存してある受信メールのフォルダが開きました。

「ヤッタぜ!」しかし私は何を喜んでいるのでしょう?もしかしたらまた私を絶望のどん底に突き落とす内容が書かれているかもしれないのです。
  1. 2014/10/17(金) 07:28:17|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第14回

果たして悪い予感は的中してしまいました。
二人で会う計画はまた進行していたのです。
「やっぱりな~」私は思い切りへこみました。

きっとまたアヌスを貫かれてしまうのです。
今度こそ止めなくちゃ・・・「24日といえば今週末!?」
妻の会社の社員旅行の日です。

しかも旅行の目的地である大阪と彼の住んでいる方向とは全く逆です。

まさか旅行中に抜け出し大阪空港から飛行機で・・・
私はすぐに職場の端末で大阪から現地に向かう便を全てチェックしましたが何と全便満席です。

メールの内容からしてまだチケットは購入していないようなので妻がどうするかが見ものでした。

次の日、例の暗証番号を入力しメールを覗き見すると「みんな満席だったので大変だったんですよ!でもお昼までには着きますから・・・」

どういうことでしょう?満席なのに・・・
「昼までに着く!」私は航空会社の時刻表を手に取り現地に昼までに到着出来る便を探しました。

何と名古屋空港から乗るつもりのようです。夜行列車で大阪に向かう行程の為、早朝の新幹線で名古屋に逆走すれば十分に間に合う時間です。

まるで西村京太郎氏の小説のようですが事実のようです。
ついさっきまで止めなくちゃと思っていた私でしたが無性に妻が相手の男と会って楽しそうにしている表情が見てみたくなり

羽田から先回り出来る便を探している自分の情けない姿がありました。
幸運?にも30分程先に現地入り出来る便があり空席もあります。

私は迷わず予約を入れました。
  1. 2014/10/17(金) 07:29:22|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第15回

予定通り妻は会社の仲間たちと夜行寝台の「銀河」という列車で大阪に向かいました。

私の帰宅前に出発してしまった為、どんな服や下着を持ったか判らず不安は膨らみました。

翌日の朝、まるで探偵にでもなったような気分で現地に先回りした私は到着ゲートの隅で妻の到着を待ちました。

地方空港ですからたとえ満席の便が到着してもそれ程混雑する訳ではないので妻の姿はすぐに見つけられるでしょう。
妻の乗った便は定刻どおり到着しました。

さてどんな顔をして降りてくるかな?もしかしたら私のすぐ隣にいる男が妻の相手かもしれません。急にドキドキして身体が震えて来ました。

妻の姿が見えた時思わず飛び出して行きたくなりましたがグッとこらえ物陰から眺めていました。
さすがに社員旅行とあってミニのワンピースではありませんでしたがパンティラインがわかってしまうようなピンクのスーツを着ていました。

不安そうな妻の顔がパッと明るくなり駆け寄ったその先に相手の男は立っていました。

「コイツが・・・」妻の嬉しそうな顔が私の嫉妬心をさらに煽ります。良く見ると身体こそガッチリしていますが私よりかなり年上のいわゆるオヤジです。

「こんなヤツにおもちゃにされてるのか・・・」妻のヒップに回した男の手が早くもスカートに浮き出たパンティラインをなぞっているようです。

私は二人が車に乗り込むのを見届けると待たせてあったタクシーに追跡を依頼しました。
どうせ行く所は決まっています。

「お客さん探偵さんかい?」
「えっ、まあそんなところです。前の車はたぶんラブホテルに向かうと思うんですが・・・」
「そうなんだ・・・じゃあ仮に見失っても大丈夫だな、この町にゃ数える程しかないからねえ」

結局見失うことなく二人を乗せた車はホテルに入りました。

ホテルの手前でタクシーを降りた私は
二人がルームキーを持って部屋に向かうのを入り口のガラス越しに見届けるとすっかり

「探偵」になった私はフロントに行き「すいません!今、入って行った二人の隣の部屋は空いてますか?」と、とんでもない要求をしてしまいました。

隣の部屋に入ったところでどうなると言うのでしょう?いかに田舎のラブホテルだとしても
隣の声が聞こえる程壁が薄いとは思えませんしベランダから覗くわけにもいかないでしょう・・・

フロントのいかにも好色そうなオヤジは「探偵さんかい?
隣の部屋は空いてるけど工事中でね、まあ今日は工事は休みなんで入れない事もないんだが・・・

シャワーが使えないんだよ、それでもよければ・・・」そこまで言うとそのオヤジはニヤッとして
「壁に掛けてある額縁は動かさないでおくれ、もし動かす時は部屋を真っ暗にする事、わかったかい?
ほれ、ルームキーだ」何か意味ありげです。

私は渡されたキーの部屋に向かいました。部屋に入る前に隣の部屋のドアの前に立ち「ああこのドアの向こうには愛する妻が・・・」

ここまで探偵気取りで妻の後をつけて来た私でしたが、急に悲しくなってきました。
立ち尽くしていても仕方ないので部屋に入ると別に工事中という感じではありません。

オヤジの言っていた額縁が妙に不自然に壁に掛けてあります。
「額縁ってこれか・・・」うん?待てよ・・・私は部屋の電気を全て消すと手探りでその額縁を動かしました。
すると目の前に隣の部屋のベッドが見えるではありませんか・・・

向こう側がどうなっているかはわかりませんがこちら側からしか見えないようです。
しかも壁はそこだけ薄い板のみで会話まで聞こえます。

昔ラブホテルには各部屋が見える秘密の通路があるなんて話を聞いたことがありますが現実にそんな部屋があったのです。
「ウソだろう・・・」
  1. 2014/10/17(金) 07:30:15|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第16回

二人はこちらに背を向けてベッドに腰掛けて語り合っていました。
男が冗談でも言ったのでしょうか妻の笑い声が聞こえます。笑い声が収まると二人は抱き合いキスを始めました。

男はしっかりと妻を抱き寄せ舌を絡ませています。二人はそのままベッドに倒れ込み男の手がブラウスのボタンを外し胸を弄りました。

すると妻は男の手を遮り「シャワーを浴びてからネッ」と起き上がってしまいました。
確かに夕べの夜行列車から今まで風呂にも入っていないハズですから綺麗な身体で彼を受け入れたかったのでしょう。

「僕は来る前に浴びてきたからどうぞ・・・何なら一緒に?」

「いいえ、すぐに済むから待ってて下さい」

妻はバスルームに向かったようです。「ふ~っ」私は大きなため息をつきました。

妻のキスシーンを見ただけでもう心臓が持ちそうにありません。ノドはカラカラで吐き気さえもよおします。

ここに来てしまった事は自分にとって良かったのでしょうか?
今すぐにでも隣の部屋に押しかけ妻を取り返すべきなのか、このまま覗き続けるか・・・他人からすれば何をバカな事で悩んでいると思うでしょう。

覗いてみたい気持ちが止める気持ちをチョットだけ上回った気がしたとき妻がシャワーから上がって来ました。

ベッドで待っていた男が「ホーッ」と声を上げました。何と妻は白のベビードールにレースのTバックという姿で現れたのです。

男はすぐに妻を押し倒しベビードールを捲くりあげ乳房にむしゃぶりつきました。
「アン、もうせっかちなんだから~」妻は期待していたとおりの男の反応に嬉しそうです。

男は乳首を舌で転がしたり「チュッ」と音がするほど吸ったりしながらパンティの中に手を入れ弄ります。

「もうびっしょりじゃないか・・・」男の声に「我慢できないわ・・・早く来てッ」私の前でこんなセリフは一度だってありませんでした。

「そんなにコイツがいいのか・・・」私は悔しくてたまりません。

男は服を脱ぎ捨てるとTバックを一気に剥ぎ取り妻の熱い部分に顔を埋めました。

「アアッ」クリトリスを舌で転がしているようです。「じらさないで・・・早く・・・」妻の股間から顔を上げた男は妻の膝を立たせ足を拡げました。
  1. 2014/10/17(金) 07:31:09|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第17回

その時初めて男の逞しいペニスが私の目に入りました。
他人の勃起したペニスをナマで見る機会なんて3P経験者以外はまずありえません。

「これが今から妻を貫くんだ・・・」

目の前で悲しい現実が繰り広げられているというのに私はいつしか自分のモノを握り締めていました。

「入れて欲しいかい?」
「イジワルしないで・・・」
「じゃあコイツにちゃんと挨拶してあげなくちゃ」と妻を跨ぎ顔の前にペニスを差し出しました。

「ウフッ、そうね・・・今日は、楽しませてネッ」とペニスに話しかけ咥え込みました。

「うわあマジでフェラしちゃってるよ・・・」
私にする時よりも何倍も時間をかけ丁寧にフェラする妻の表情はたまらなくセクシーでした。

「さあ、ご挨拶はそれくらいにして・・・」男は両手で妻の胸を揉みながら再度膝を拡げさせ妻の熱く湿った部分にペニスをねじ込むように挿入しました。

「アアッ熱いわ・・・」妻は大きな声を上げ男を迎え入れたのです。ついに入れられてしまいました。

男は無言で長いペニスをゆっくりと根元まで押し込むと妻の耳元で何か囁きました。

妻の腕が男の背中にしがみつくようにまわると男はゆっくりとピストンを始めました。

「ああイイわ~」妻の声に私の心臓はさらに高鳴り鼓動が
二人に聞こえてしまうのではないかと思うほどでした。

私は握り締めた自分のモノをシゴくのも忘れ目の前の痴態を食い入るようにただただ見つめているだけでした。

「ああこんなに締め付けてくれて・・・ご主人が羨ましい・・・」

「イヤッ主人のことは言わないで・・・」

「そうだな、今日一日○○ちゃんは僕のものだ!」

男のピストンが激しくなってくると妻はさらに声を上げ、
「もっと・・・もっと激しくお願い・・・」
「ハアハア、今日はお口に出してネッ・・・」
「ううっもうイキそうだよ・・・」
「ダメッもっともっと・・・アアッ」

男はペニスを引き抜くと妻を跨ぎ口元に持って行こうとしましたが
「最初の放出」は間に合わず妻の白い胸に放たれました。
しかし男の射精は続き2回目からは妻の可愛く開いた口の中へビュッビュッと放出されたのです。

妻は男の射精が終わると幸せそうな表情で口の中のモノを飲み干し
さらに欲望を放出させたばかりのペニスを愛しそうにしゃぶり始めました。
  1. 2014/10/17(金) 07:33:27|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第18回

「ウフッ、まだ硬いよ・・・」そういいながらペニスをしゃぶり続ける妻の髪を男は愛しそうに撫でています。

汗で頬に張り付いた髪がセックスの激しさを物語っています。
私は身体の震えが止まりませんでした。妄想はいくら膨らんでもオナニーのネタにしかなりませんが現実に目の前で起こっている事は妄想ではないのです。

私は自分の好奇心?を恨みました。心の中では二人の自分が言い合いをしています。
「それ見たことか、だから見なきゃよかったんだ・・・」「いや、見なければ納得できなかったろう?覗いてみたかったんだろう?」

ショックと悔しさと好奇心とが入り混じって表現し難い精神状態になっていました。
これなら前回同様、家で妄想しながらオナニーしていた方がよっぽど健康的?だったでしょう。

いつのまにか二人はシャワーに行ってしまったようでベッドは空になっていました。
残念ながらバスルームの様子は伺うことが出来ません。

私は額縁を元に戻し自分の部屋のベッドに横たわりました。
目からは涙が溢れ声を出して泣きたいくらいでしたが、
隣の部屋に聞こえてしまうかもしれないので何とか我慢しました。

数分後二人の会話が聞こえてきたのでまた部屋の電気を消して額縁をどけました。
丁度シャワーから出て来たところでしたが妻は前回の「ランジェリーショー」で彼の一番のお気に入りであった
ブルーのGストリングを穿いてベッドに上がりました。

男は「オッ、いいねえ」と歓喜の声をあげた彼でしたがさすがに「回復」するにはまだ時間がかかるらしく二人揃ってお昼寝よろしく布団を被ってしまいました。

しかし男の手は妻のいろいろな部分を愛撫しているらしく妻は時折「アン・・・」「ダメッ」とか声を上げています。

しばらくすると男は布団を跳ね上げうつ伏せにした妻のお尻を抱え上げるようにして
尻の割れ目に舌を這わせ始めました。

食い込んでいるGストリングスを指で除けながら男の舌は妻のアヌスを抉ります。
「アッ、ダメッそこは・・・舐めないで・・・恥ずかしい・・・」

男は顔を上げ「でも気持ちイイんだろう?」と一言いうと舌の先を尖らせてまた妻のアヌスを舐め始めました。

私が舐めると「変態ッ」とか言うのに今の妻は恥じらいと快感に浸っています。すでに男のペニスは元気を取り戻し妻を貫くまでそう時間はかからないでしょう。
  1. 2014/10/17(金) 07:34:25|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第18回

「おやおやイヤイヤをしているのにこっちはトロトロだよ、可愛いパンティがグッショリだ」
妻はアヌスを執拗に舐められて濡れているようです。きっと前回も同じような事をしたに違いありません。

「イヤッそんなところ見ないで・・・」男は紐のようなGストリングを一気に引きおろし少し大きめの妻の尻を抱えました。

「これ以上溢れちゃうと困るだろうからフタをしてあげるね」と十分に元気を取り戻したペニスを今度はバックから一気に挿入していきました。

「アアッ、太い・・・太いわ・・・奥まで来てッ」妻の声に答えるように男は根元ギリギリまで
ペニスを挿入すると最初から激しいピストンを始めました。

「ブシュッブシュッ」とペニスとヴァギナの擦れる音が私の耳にハッキリ聞こえます。

男は「ウウッ」と声を出しながら激しく腰を振っています。妻も「アア凄い・・・○○さん凄~い」と枕に顔を押し付け悶えています。

男のピストンがさらに早くなると妻は
「アアッ、イキそう・・・イキそうよ
・・・ハアハア・・・」とまたしても私の前では一度も言ったことのないセリフが飛び出しました。

「アア・・・ダメッ!」急に大きな声を出した妻はそのまま動かなくなったように見えました。

男は「ありゃチョット激しすぎたかな?イッちゃったみたいだねえ」と言って一旦ペニスを引き抜きました。

テカテカと光る憎きペニスはまだギンギンで射精していない事がわかります。

「とりあえず中出し回避か・・・」私はこの滅茶苦茶な精神状態の中でこんなことを思っていました。

妻は意識はあるようですがお尻を高く突き出した態勢から動きません。

「さて少し早いけどイイかな?」男は妻のアヌスにローションのようなものを塗り始めました。

男の指が妻のアヌスの奥へ入った時「アッ、痛いのはダメよ」と妻は甘ったるい声で話しかけました。

「ああやっぱりアヌスにも・・・」

私の心は今までに味わったことのない絶望感でいっぱいになりました。

男はローションを塗り終え妻のアヌスが解れたのを見届けると備え付けのコンドームを装着し妻の愛らしいアヌスに当てがいました。

「こうなったら最後まで見届けてやる!」私は一番見たくない妻のアナルセックスシーンを覗くことになってしまったのです。

  1. 2014/10/17(金) 07:35:26|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第20回

「さあ力を抜いて・・・」
「ダメッやっぱり緊張しちゃうわ」
「ゆっくり入れてあげるから」
「こんなとこ主人が見たら自殺しちゃうわ・・・」

妻はすぐ隣で私に見られているとも知らずに勝手な事を言っています。
「アッ・・・」妻が短く喘ぐと男はゆっくりと妻の愛らしいアヌスを熱い欲望の塊で貫きました。

「痛い・・・でもイイ・・・ああもう大丈夫だわ・・・奥まで入れてッ」
「ああ、君とこんなことが出来るなんて・・・」
二人は普通のセックス以上に燃えているようです。男はゆっくりピストンを始めました。

「アウッ・・・あまり激しくしないでね裂けちゃうから・・・」
「わかってるよ・・・でもこの締め付けが・・・」
「お尻の穴が崩れると主人にバレちゃうし・・・」
「ご主人はそんなとこまでチェックするのかい?」
「ええそうよ、この間はバレた後に浣腸されたわ・・・」「浣腸?そりゃマニアックなお仕置きだな」

男は一旦動きを止め自分のペニスではち切れんばかりになっているアヌスをジッと見つめるとまたピストンを開始しました。

私は「ああ早く果ててくれ・・・
これ以上妻を傷つけないでくれ・・・」
と声にならぬ声をあげていましたがそんな私の心を知ってか知らぬか男のピストンはだんだん激しさを増しているようです。

「そんなに・・・裂けちゃう・・・でも止めないで」
妻が叫びます。普段は可愛らしいパンティに包まれているハズの可愛らしいお尻を鷲づかみにして

ピストンを繰り返している男に何一つ抵抗出来ない私は泣くしかありませんでした。

「もういいや・・・」最後まで見届けようと思った私でしたがもうこれ以上男の歓喜の放出シーンと妻のエロティックな表情は見続ける根性はどこにもありませんでした。

もうこのまま死んでしまいたい・・・

私はなぜか妻と出合った頃の事や妻を初めて抱いた日の事などを思い出していました。

妻には他の男の指一本でも触れさせたくない・・・もちろん今でもそう思ってはいます。

しかし現実はどうでしょう?隣の部屋で妻が抱かれているのに何一つ出来ずにいる私は何なのでしょう?
何故ドアを蹴破り妻を引き戻す事が出来ないのでしょう?

私は自分という人間がわからなくなっていました。ただ一つわかったのは心のどこかで妻の痴態を見てみたいという気持ちがあるということでした。

さっきまでは妻との思い出に浸っていたハズの自分でしたが、
薄い壁の向こうで展開されていた様々なシーンを思い返しいつのまにかギンギンになっていた自分のモノをシゴくと

アッという間に果ててしまいました。ああ情けない・・・でも気持ちイイ
  1. 2014/10/17(金) 07:36:20|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第21回

すぐに果ててしまった私をよそに隣の部屋ではまだ男のペニスが妻のアヌスの中で暴れまわっているようです。

私は自分の情けないモノをしまうとそそくさと部屋を後にしました。

放出してしまった直後でもあり、正直二人がイク声を聞きたくなかったのです。
再び隣の部屋のドアの前を通りましたが今度は立ち止まる事無く通り過ぎました。

「ヘヘお客さんお帰りかい?3,500円頂くけど・・・」ルームキーをフロントのオヤジに返すと意味ありげな笑いを浮かべながら話しかけて来ました。
探偵?が泣き顔を見せたら変です。私は精一杯の作り笑顔で「ご協力感謝しますオツリはいりません」と言って1万円札を渡しホテルを後にしました。

さてこれからどうしよう・・・
妻はこれから社員旅行中の同僚たちに合流する為大阪に向かうところまでは調べてあるので
このまま男と一晩中という心配は無さそうです。

しかしあれだけのセックスシーンを見てしまった私にとって、2時間も一晩中もあまり変わりない事のように思えました。

「とりあえず帰ろう・・・」
私は空港に向かい羽田行きの時刻を調べると何と妻が乗る大阪行きの後にしかありません・・・
「何てこった・・・」

食事をしようにも当然ノドを通るとは思えないので喫茶店でコーヒーだけ注文し
無理やり飲んでみましたが私の人生で一番苦いコーヒーとなりました。

まともに行けば空港の搭乗ゲートは私より先に妻が通る訳ですからこのまま待っていれば妻の姿を拝むことが出来るでしょう。

「でももし大阪に行かなかったら・・・」さっきまでは2時間も一晩も一緒だなんて思っていた私ですが急に不安になりました。

「このまま妻が帰って来なかったら・・・」あんなに楽しそうにセックスを楽しんでいる二人です。
このまま離婚されても不思議ではありません。読みもしないのに買った新聞を持つ手が震えているのがわかります。

覗いている時には考えもしなかった事でした。私は空港のロビーで動けなくなってしまっているのをよそに二人は空港に姿を現しました。

ホッとする間もなく私は物陰に身を寄せます。
二人は一目をはばかる事無く別れの長いキスをしています。あれだけ楽しんだはずなのに男の手はまだスカートから浮き出ている妻のパンテイラインを撫で回しています。

今はどんなパンティを穿いているのでしょうか・・・涙目の妻が搭乗口に消えた時
とりあえず今晩の危機は無くなったというほんの少しの「事実」で満足した私は羽田行きの搭乗手続きに向かいました。
  1. 2014/10/17(金) 07:37:17|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第22回

その日の晩、妻は社員旅行の同僚達と合流し
今頃は「身の入らぬ」宴会の最中でしょう。
その後もきっと身体が疼き眠れないに違いありません。

私は自分達夫婦が今後どうなるのか不安でたまりません。
明日帰って来るはずの妻をどんな顔で迎えると言うのでしょう?

まさかすぐ隣の部屋から覗いていたなどとは絶対に言えませんし尾行したこと自体言い出せるはずがありません。

「俺はこれからどうしたいんだ?」
一生懸命自問自答を繰り返し出た末に出た結論は、「汚されてもいい、とにかく妻を手放したくない」でした。

「ツライけど、明日は何も知らないフリをして暖かく出迎えよう」
なんてお人好しな私なのでしょう。

しかしそうするしかなかったのです。

翌日、死ぬほどの苦しみを味わった私をよそに妻はニコニコしながら帰って来ました。

「寝台列車で寝不足なのにみんな一日中大阪の町を歩き回ったから宴会もそこそこに爆睡だったの・・・」

会社のみんなは本当に歩き回ったのかも知れません。
「歩いて疲れたんじゃあなくてヤリ疲れだろう?」
私は心の中で叫びました。

「そうか、それは疲れる旅行だったね~」懸命に笑顔を作り答えます。
「早めにお風呂に入って早く寝たら?」
「悪いけどそうするわ、明日は仕事だし・・・」

妻はバッグから洗濯物を取り出しバスルームへ向かいました。
ドアを閉めシャワーの音がし始めたので私は脱衣カゴのチェックを開始しました。

チョット洒落たレースのパンティと白のTバックそれからシンプルなピンクのビキニの3枚がブラウスに包まれるように入っていました。

あれ?ブルーのGストリングがいくら探しても見当たらないのです。
部屋に戻りバッグの中身を調べてもありません。

もしかしたら男にプレゼント?
以前妻が穿いて見せた時男が欲しがったというのを思い出しました。

私の為には一度も穿いてくれないまま男の手に渡ってしまったようです。
そのパンティでオナニーしたいという私の気持ちは絶対に彼の気持ちを上回っているという変な自信がありました。

「あげちゃったのか・・・」涙もろくなっていた私はそんなことでも涙が出て来てしまいます。

「バ~カ、下着一枚で何泣いてんだよ、しっかりしろっ!」心の中のもう一人の私が叱咤しました。

そうですとりあえず妻はまだ?私のモノです。
今夜だってセックスはしないでしょうが私の隣で可愛い寝息を立てるのです。

私は少しだけ気を取り直し携帯のチェックに入りました。
  1. 2014/10/17(金) 07:38:08|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第23回

妻の携帯の暗証は変わっていなかったので簡単に覗くことが出来ました。
今回は行為そのものを見てしまったので、メールの内容で絶望のどん底ということはありませんでしたが

送受信しているメールの内容からシーンの一つ一つが鮮明に思い出され異常に興奮してしまいました。

男にペニスを挿入された瞬間の妻の表情、
バックから貫かれたときに妻の発した声、
今すぐにでもオナニーしたいという衝動にかられましたが懸命にこらえ、メールを最後まで読みました。

「ご主人にはバレないだろうね?」

「ええ、大丈夫!いくらなんでも社員旅行の最中に抜け出すなんて考えられないでしょ?あなたに愛してもらったアヌスも今日は主人には見せませんから・・・
下着をずらされてアヌスに舌をこじ入れるように舐めるなんて・・・思い出しただけで濡れてきちゃう!」

「バレたらまた浣腸されちゃうのかい?○○ちゃんのキュートなアヌスなら俺もしてみたいなあ、ダメかい?」

「ダメです!浣腸器より何倍も太いの入れてるでしょう!でもあなたが本当にしたいのなら許しちゃうかも!
ウフッ、でも主人にばれたら今度こそ離婚されちゃいます。○○さん責任とって私の面倒見てくれます?」

「○○ちゃんと毎日暮らせたら最高だけど興奮しっぱなしで早死にしそうだなあ?」

「死んじゃイヤッもっともっと感じさせて下さいね」

アナルセックスだけでも許せない行為なのに浣腸まで要求するとはなんて図々しいヤツなのでしょう。
しかし私の頭の中では妻がお尻を高く上げて男に浣腸されているシーンをしっかり妄想していました。

しかも妻は嫌がってはいないようです。
「う~ダメだ絶対に・・・」
本当に何とかしなければ妻はまたあの男のおもちゃにされてしまうのです。
何を今更と思いながらも今まで何も出来なかった自分に少しだけ変化が生じました。
  1. 2014/10/17(金) 07:38:58|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第24回

 私の苦悩を知らない妻はやっとバスルームから出て来ました。
してきた事がバレないように「特定の場所」を念入りに洗っていたのでしょうか?

しばらくしてベッドに入ってきた妻は
「私が留守の間このベッドに別の女の人が寝てたりして・・・」
妻は何を言い出すのでしょう

「はあ?」

「フフ、何よその顔は・・・お前じゃあるまいしって言いたそう」

「いやそんな・・・」

妻はいきなり布団を捲り上げると私のパンツを下ろし情けないペニスをしごきたてました。

「○○ちゃんの中に二日も入れなくて寂しかったでちゅか」とあの男にしたように私のペニスに話しかけ口に含みました。

「疲れてるけど二日間も一人にさせちゃったから飲んであげるね」

「あ?ああ」私は返答に困りながらも妻の「偽善的」な行為を拒否出来ませんでした。
このまま私が果ててしまえば身体を弄られることもないとでも思っているのでしょうか?

色々な思いが私の頭の中で交錯しているのをよそに、私のペニスは「いつの間にかフェラが上手になった」妻の口の中で今にも爆発しそうです。

「珍しいじゃないか自分からこんなことしてくれるなんて」
私はイキそうになるのをこらえ妻に問いかけました。
「フフッ、たまにはサービスでちゅう」と一言返すとまたペニスを口に含みしごきたてました。

ほどなく私は妻の口の中に何とも表現出来ない気持ちで放出しました。
「チクショー」妻のフェラの感触をもう一人知っている男がいることを思うと無性に腹が立ち、
いつの間にか私の萎えたペニスの「後始末」している妻の頭を押さえつけていました。

妻は別に気にせず
「気持ちよかった?いっぱい出たから満足かなあ?じゃあおやすみなさ~い」

私の返事も聞かず数分もしないうちに妻は寝息を立て始めました。
あどけない寝顔を見ている限りでは他の男の精液を口に出させるような女には見えません。

現実との大きなギャップが私を苦しめ興奮させるのです。
  1. 2014/10/17(金) 07:40:59|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第25回

妻が完全に寝入ったのを見届けた私は寝室から抜け出し居間で今後の事を考えました。
「何とか二人を引き離す事は出来ないのだろうか?」

「しかも妻を極力傷つけないやり方で・・・」
これだけの仕打ちをされても妻は傷つけたくないと言うのが私の本音でした。

「黙って私の許へ帰って来てくれれば全て許そう」
そんな甘い考え事をしているとき、置きっ放しだった妻の携帯がブルブル震えました。
男からのメールを受信したようです。私は躊躇することなく開きました。

「もう寝ちゃったかい?メールが来ないということはよっぽど疲れたんだな・・・」

「遠いところ本当に有難う!今日は一人寂しいので早速プレゼントを使わせてもらったよ・・・」
「いい歳をして恥ずかしいが○○ちゃんの香りがたくさん染
み付いていたから直ぐに果ててしまったぞ!ありがとう最高のプレゼントだよ!」
男は紛れも無くあのブルーのGストリングパンティで
オナニーしたようです。

「でもあんまりお世話になってると今度の週末、家に帰って女房とする時に
「量が少ない」ってバレてしまうかもしれないから程々にしないといけないね」

「ああ俺もしてみたかったのに・・・」
自分の妻が他の男のオナペットにされているのは
何か複雑な気持ちがしましたが、

あの下着でオナニーしたいという願望のあった私は何か
男に先を越されたような気がして改めて悔しさが込み上げて来ました。
「オナニーまで横取りかよ・・・」

うん?「週末、家に帰る?」あれ、あいつ同居してないのか・・・
私は男が奥さんと同居していないことを初めて知りました。

「チョット確かめてやろう!」私は男からのメールに
妻に成り代わり返信してやりました。
返信してやったというより男が奥さんと同居してない事を確認したかったのです。

「あら昨晩は帰れたでしょうに・・・奥様もお待ちかねだったのでは?」
「からかわないでくれよ、仕事が無い限り毎週末帰るがいつも妻を抱く訳ではないからね・・・月に二回か三回かな・・・」

やはり男は奥さんと別居しているようです。
「あ~んそれでも私より多い!いいなあ奥様、ちゃんと飲んでくれます?」

「ああ、一滴残らずね・・・○○ちゃんもだいぶ上手になったがカミさんも上手いぞ・・・
だから量が少ないとバレちゃうんだ、こっちもバレたら地獄だな」

おやおや?私が思っていたより男の夫婦仲は良さそうです。まあ今日はこれくらい解れば十分でしょう、
あまり長くやりとりしてしまうと次に妻がメールした時話が合わなくなるかもしれません。

「あなたの夢をみられるようにお祈りしてネ、おやすみなさい」と、いかにも可愛らしいメールを送り
、私のなり代わりメールは終了しました。
  1. 2014/10/18(土) 01:09:29|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第26回

夫婦仲は悪くなくて仕事上の関係で別居中か・・・
じゃあ○○とは遊びのつもりか?
だとすればまだ打つ手はありそうだなあ・・・

私は自分の携帯を取り出すと「また妻がお世話になったようで・・・」と、
試しにたった一行のメールを男に送りました。

すると私の携帯には「送信することが出来ませんでした。アドレスを確認・・・」の表示が、
やはり受信拒否に設定してあるようです。
「フン、やっぱりな、このあいだのお返しかい・・・」

ならばこっちのアドレスを一時的に変えて送信するまでです。
適当にアドレスを変えようと思いましたが、少しは皮肉を込めた意味のあるアドレスにしたかったので
「bachiatari2」というアドレスにして送信してやりました。

「昨日はまた妻がお世話になったようですね、私の精神的苦痛は限界を超えました。

直ぐにでも訴訟を起こしたい所存ですので弁護士と相談の
上、決まり次第ご自宅に訴状の内容を書いたお手紙をお送り
させて頂きます。

奥様には大変なご迷惑となりますがこちらの事情をお察しの上ご容赦願います。

但し、妻にこの事を連絡することなく、今後妻と会うことはもちろんメール等を含め一切の連絡を絶つ
約束をして頂ける場合は考え直す余地のあることを申し添えます。返信は不要です。行動で示して下さい」

一時的にアドレスを変えているのですから返信されても届かないのは相手も解ることでしょう。
前回と違い「奥様」という単語を持ち出した効力はあるのでしょうか?文章も何か変です。

しかし送信してしまった以上考えても仕方の無い事でした。
次の日は一日中不安との戦いで仕事が手につきませんでした。

もし男が妻に連絡し妻が決心して家から出て行ってしまったらどうしよう・・・残業もせずに飛んで帰りました。

「あら、早かったのね」
愛する妻は家にいてくれました・・・

「ああ、今日はお客さんの引けが早かったんでね・・・」
私は妻を抱きしめたい気持ちを抑え平静を装いました。

男からの連絡は無かったのでしょうか?
例のごとく妻の入浴中に携帯を開くと
妻の2回の送信履歴だけが残されており男からの着信履歴はありません。

「忙しいのですか?メールして下さいネ」という送信が12:30にされており
19:00には「もう知らないッ」と2度目の送信しています。

どうやら相手からの連絡はなかったようで私はホッと胸を撫で下ろしました。
  1. 2014/10/18(土) 01:10:40|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第27回

妻の携帯の送受信記録を覗いてはホッと胸を撫で下ろす日々が一週間程続きようやく安堵した私は
「今夜はたっぷりと妻の中に注ぎ込んでやろう」と思い

朝の出掛けに「今夜は新しい下着がみたいなあ」と声をかけると

「まあ朝から・・・解りましたッ」
私は妻が以前の妻に戻ったような気がして嬉しくてたまりませんでした。

不安がまったく無くなったわけではありませんが数日前の精神状態とは雲泥の差です。

ただ一つ残念だったのは妻はその日の午後から生理になってしまい私が新しい下着にお眼にかかれたのはそれから一週間後であったことぐらいでしょうか・・・

しかし私の平穏な日々は長くは続きませんでした。ある日、久しぶりに妻の携帯を覗くと送受信メールが全て削除されていました。

あの忌々しい男とのやりとりが消されたことについては喜ぶべきことなのですが急にどうしたのでしょう?

ただメカに弱い妻だけあって履歴はキレイに残されていました。
確かにあの男とのやりとりはあれから無いのですがここ2,3日の間特定の「女性」とのやりとりが頻繁されているようです。

時間からしても夜中とかが多く仕事の関係ではなさそうです。
もし妻が相手の入れ知恵で私の詮索をかわす為に女性名を語っているとしたら・・・

以前のようにメールの内容を見る事が出来ないので不安はどんどん大きくなってしまいました。

相手は本当に女性なのかもしれません。しかし妻を100%信じることの出来ない私は物事を悪い方へ悪い方へと考えるようになってしまっていたのです。
  1. 2014/10/18(土) 01:11:50|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第28回

何とかしてメールの内容を知る方法はないのでしょうか・・・
夜中にやり取りをしているのは解っていますが部屋から出て行っている様子はありません。

私は寝たふりをして妻の行動を探ることにしました。
夜中の1時少し前です。妻の携帯にメールの着信を知らせる
バイブレーションがありました。

妻は私の様子を伺い寝ていることを確かめるとニコニコしながら携帯を開きました。
もちろんどんなやりとりがされているのかはわかりません。
3、4回のやりとりの後、妻は携帯に軽くキスをして寝てしまいました。

メールを削除していないのは明らかです。
なんで携帯にキスなんて・・・?やっぱりメールの相手は男なのでしょうか?

次の日の朝、妻は私より先にベッドから起き出し朝食の用意の為、キッチンへと向かいました。

幸いにも携帯は置きっ放しです。削除していないはずのメールを見るチャンスは今しかありません。

「昨日は初めて飲んでくれましたね!凄く嬉しかったです」

昨日って・・・仕事じゃあなかったのか?

「喜んで頂けて嬉しいわ・・・フリルの付いたパンティが好きだなんて・・・言ってくれればちゃんと用意してあげたのに!次回に期待してねッ」

私にまた悪夢が襲いかかって来たようです。しかも、もう事態が進行してしまっているのは明らかです。

しかも相手はあの男とは別人のようです。こんな思いは初めてではないのに携帯を持つ手がガタガタ震えました。

「またかよ・・・」私は自分の甘さを痛感し後悔しました。今回は年賀状のように相手の手がかりになるようなものはありません。

とりあえず震える手で相手のアドレスをコピーして自分の携帯に送信することだけはしておきました。
  1. 2014/10/18(土) 01:13:21|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第29回

やっと妻を取り戻すことが出来たと思ったのも束の間、確認は出来ませんがもう妻は別の男のペニスで貫かれているようです。

なにしろ今度は相手の手がかりとなるものがアドレス以外何一つ無くその事が私を余計不安にさせました。
若いヤツなのか前回のようなオヤジなのか・・・

タイミングの悪い事に今週の金曜日から二泊三日である会社の社員旅行の添乗の仕事が入っています。

週末、妻はまたその男に抱かれてしまうに違いありません。
「つらい仕事になりそうだな・・・」
何も出来ないままアッという間に金曜日となってしまい、重
い気持ちを引きずりながらそれでも精一杯の笑顔を作り仕事に出掛けました。

目的地の南紀白浜は私のどんよりとした気持ちと裏腹に雲ひとつない快晴でした。
「いやぁ添乗員さん最高の旅行になりそうだよ!有難う!」
別に私のおかげで晴れた訳でもないのにみんなははしゃいでいます。

もちろん私の心情は誰も解るハズはありませんから不思議はないのですが・・・

観光地へ向かうバスの中でも今頃妻は仕事そっちのけで明日男に見せるパンティ選びで悩んでいるのか
と思うと本当に仕事どころではありませんでした。

初日は早くのんびりしたいというお客様の希望もあり三時には旅館に着いていました。

一通りの説明を終え添乗員部屋に戻り一人になると急にまた不安な気持ちで一杯になってしまい
思い切って妻の職場に電話してみようと携帯を取り出したのと殆ど同時に部屋の電話が鳴りました。

とりあえず受話器を取ると電話の相手は今日のお客様の幹事さんからで「会社で重大なトラブルが発生してしまいなんとか今日中に全員連れて帰りたい」

というものでした。悲しいかな先程までの妻への苦しい想いは頭の中から消え、そこには今後のスケジュール調整を淡々とこなす自分の姿がありました。

幸いにも夜便に空席がありお客様を無事送り届け深夜0時近くに帰宅すると自宅前に一台の車が停めてあります。ナンバーはレンタカーのナンバーです。

私はイヤな予感がしてこっそり家の中の様子を伺うと玄関には見知らぬ男物の靴がありました。

緊張で吐き気をもよおしながらもなんとか耐えて居間の中を覗くとテーブルに酒のビンが数本ころがっており人の気配はありません。

と言う事は・・・私は絶望感を胸に寝室のドアをそっと開けました。
  1. 2014/10/18(土) 01:14:48|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言い出せない私・・・ 第30回

寝室に入ったばかりなのか後ろ姿の妻はまだ服を着ており、私はホッと胸を撫で下ろしました。

その時初めて自分は妻がまだ抱かれていなかったということにホッとしたのではなく
これから始まるであろう二人のセックスシーンをラッキーにも覗くのに間に合った事に対してホッとしていることを確信しました。

「ああ、なんてことだ・・・でも見たい・・・」

「さて、もう見せてくれるよね?」男は妻に問いかけます。私より少し若いでしょうか、
ただどう見ても私よりイイ男です。

「何がそんなに見たいのかしら?」妻が笑いながら答えました。
「決まってるじゃんこれだよ!」
男は妻を抱き寄せると遠慮なしに妻のフレアスカートを捲くりあげました。

白のレースにパステルブルーのフリルをあしらった可愛らしいパンティが妻のヒップに張り付いています。

「フフッ解ってるじゃん」というとパンティの上からヒップに顔を押し付けました。

妻はベッドに倒れこみながら「どう?可愛い?探すの苦労したのよ」と喜んでいます。

「ああTバックなんかよりよっぽど燃えるね」二人はそのままシックスナインの態勢になり妻は男のズボンのチャックを降ろし飛び出してきたペニスにむしゃぶりつきました。

「ウッ卑怯だぞいきなりフェラなんて・・・」文句を言いな
がらも男は気持ちよさそうに妻のヒップの下になりパンティ
越しにアヌスからヴァギナにかけての愛撫を繰り返しています。

「もう出ちゃいそうだよ!いいかい?」

「ダメッ、今日は主人が帰って来ないからゆっくり愛してくれるって約束でしょう?」

「ちゃんと数こなすからさあ~頼むよ・・・」

「しょうがないなあ・・・」
妻は着ていたものを全て脱ぎ捨て裸になりました。

男も裸になると改めて妻を抱き寄せキスを始め、念入りに全身にキスの雨を降らせています。

妻の手は男のペニスをしごき続けその怒張した熱い肉棒はいつでも妻を貫ける態勢になっています。

「アッ、ウウッ」妻が声を上げました。先を尖らせた男の舌が妻のアヌスにねじ込まれています。

「フフッ感じるかい?」

「イジワル・・・もう入れて・・・」

「じゃあ今夜の第一回戦!」

「奥さんにもそんなセリフを?」

「まさか・・・」
そう言うと男は妻の尻を抱え一気に熱いペニスをねじ込みました。

なんと男は挿入の感触を味わう事もせずさっさと力強いピストンを始めました。

私の知る限りでは出会ってから一月も経っていないハズなの
にまるでいつもセックスしている二人のようにお互いの遠慮
の無さに私は嫉妬しました。
  1. 2014/10/18(土) 01:16:06|
  2. 言い出せない私・・・「AF!」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR