FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

妻は専務のおもちゃだった 第1回

結婚して1年余りが過ぎました。
私は、妻の抱えていた秘密の凄さにうちのめされています。
過去への決別と今後の参考になればと、書き込みます。

私は28歳、自分で言うのもなんですが、
とある会社に勤務する平凡なサラリーマンです。
私の会社は半導体関連製品を扱っていることもあって
業績はそこそこ伸びていますが、不況の波にあって
営業の私はいつリストラされるかビクビクしています。

とにかく上司の機嫌を損ねないよう、波風を立てずに
ノルマを淡々とこなす毎日です。
私は見かけも平凡で、無害を地で行くような所があります。
扱いやすい部下と見られたのか、営業出身の専務の派閥に
入ることになりました。といっても下っ端で会合の
セッティングなんかが主な仕事で
リストラに対する保険をかけたつもりでした。

ある日、派閥のボスである専務から声がかかりました。
専務は私に一枚の写真を渡し、
この女と見合いをする気はないかといいました。

その写真には、社内でも評判の
秘書課の美人秘書が写っていました。
私は専務の話をうわの空で聞きながら、はいといいました。
なんでも専務と同郷で、実家が近所にあり
学生時代から面倒を見ていたそうです。
自分の娘のようなものだと専務は言いました。

それが、今の妻との出会いでした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2014/09/06(土) 10:51:16|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻は専務のおもちゃだった 第2回

専務の紹介で初めて妻と会ったときは、
緊張でろくに会話も出来ませんでした。
専務が言うには奥手で男性に免疫がないという話でしたが、
なんでこんないい女がと、不思議に思いました。

妻は女優の奥貫薫さんによく似た、笑顔が可愛い美人で
スレンダーながらメリハリの利いた体型をしています。
そして、細やかな心遣いのできる心優しい女性でした。

何度かデートを重ねるうちに、私はすっかり
妻の虜になってしまいました。
彼女の笑顔が見られるなら何でもするぐらいの勢いでした。

私は一世一代の勇気を振り絞ってプロポーズしました。
妻は少し恥ずかしそうにOKしてくれ、
私たちは出会って半年で結婚することになりました。

仲人は専務が買ってでてくれました。
結婚式の時は、私は幸せの頂点にいました。
男性の同僚からは、徹底的に羨ましがられ、
幸せものめ~と噴水に投げ込まれたほどです。

結婚と同時に妻は退職し、主婦生活に入りました。
妻は積極的に私の世話をし、私も妻を大切にしました。
結婚から一年、子供にこそ恵まれませんでしたが
幸せを絵に描いたような新婚生活でした。
仲人の専務もちょくちょく我が家に遊びに来てくれました。
酒豪の専務と飲むと、私がいつも先に潰れてしまうのですが
珍しい酒を持ってきてくれるので楽しみにしていました。

のろけですが、私は夜の営みは妻に負けっぱなしでした。
妻のあそこは信じられないほどの名器なのです。
元来遅漏ぎみの私ですが、妻を相手にすると
まるで童貞の中学生のようにいってしまうのです。
それでも妻は、
「あなたが満足してくれるのなら、私はそれで満足よ」
といってくれます。
私にしっかり寄り添って眠る妻の幸せそうな
寝顔を見るのが、私の何よりの活力剤でした。

正直言うと、私は羞恥攻めとかもしてみたいのですが
聖女のような妻を見ているととても出来ません。

結婚から1年余りがすぎた先日、
珍しく妻が旅行に行こうと言い出しました。

そして旅行先で、
妻からとんでもない告白を聞かされることになったのです
  1. 2014/09/08(月) 14:39:17|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻は専務のおもちゃだった 第3回

温泉にでも行きたいという妻の願いを受けて
居間と寝室、そして専用の総檜の露天風呂つきという
ちょっと贅沢なコテージを奮発し、
1泊2日の温泉旅行に行きました。

書き忘れていましたが、妻は4歳年下で現在24歳。
すこしばかり中年太りの傾向が出てきた私と違い
妻のスラリとしたプロポーションは完璧なままです。

夕食後に私がウイスキーをちびりちびりやっていると
妻が思いつめたような顔で、私の隣に腰を下ろしました。
そして何か喋ろうとしたまま、言葉に詰まって
その場で嗚咽を漏らし始めたのです。

私はただならぬ妻の雰囲気に驚き、
とりあえずグラスを置いて妻をしっかりと抱きしめました。
妻はしばらくして、絞り出すような声で
ごめんなさい、ごめんなさいと何度も繰り返しました。

そして妻は意を決したように
ぽつり、ぽつりと話はじめました。
それは私の予想だにしなかった、驚くべき内容でした。

妻は専務の愛人、いや性奴隷だと告白しました。
女子短大に入学するために田舎を出てきた直後に
世話をしてくれるはずの専務に
強引に処女を奪われたそうです。
それからは、
暴力とセックスで専務に服従させられたと妻は語りました。
変態的な専務の欲望を満たすためだけに、
妻は風俗嬢もやらないような
あらゆる性のテクニックを仕込まれたそうです。
電車の中での痴漢プレイやSMも日常茶飯事で
少しでも逆らうと容赦ない暴力で従わされ、
罰と称して怪しげな媚薬でよがり狂わせられたそうです。

私は呆然とするあまり、
妻の告白をただ聞くだけしか出来ませんでした。
  1. 2014/09/08(月) 14:40:14|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻は専務のおもちゃだった 第4回

私との結婚も専務の命令だったと告白しました。
他人の妻になった女を弄びたいという、
ただそれだけの理由で。
妻も、最初は嫌々ながら結婚したといいました。
私に対しても、騙して申し訳ないという気持ちはあったが
愛情はなかったと正直に告白しました。

妻は結婚後も専務に度々呼び出され、弄ばれたそうです。
私たち夫婦に子どもが出来なかったのも理由がありました。
妻は結婚前から避妊リングを入れていたのです。
もちろん専務の命令で。
そしてつい一週間ほど前、
専務から自分の子どもを産めと言われて
避妊リングを外されたそうです。

そこまで言うと妻は大声で泣きじゃくりました。
私は頭が真っ白になって力なく妻を見ていました。

妻は泣きながら、もう私を騙すのは嫌だといいました。
私と暮らすうちに、本当に私が好きになったそうです。
男性から物のような扱いしか受けてこなかった妻にとって
私との生活は物凄く楽しかった、
そして専務から弄ばれるのがより一層苦痛になったと
切々と語りました。

妻は、自分にそんな資格はないけど
心から私を愛していると繰り返しました。
血を吐くような妻の告白に、私は打ちのめされました。

妻は、私への愛情が深まるにつれて、
私への裏切りを重ねる自分自身が許せなくなって、
何度も逃亡や自殺を考えたそうです。

妻はそこまで語り終えると、肩を落として
身勝手な私を軽蔑するでしょと、ぽつりと言いました。
私は大きくうなずきました。
妻はゆっくりと目を伏せると、
その場に突っ伏して激しく泣き崩れました。

私はそんな妻を優しく抱きかかえると
有無を言わせずキスしました。
妻は驚いて私を見上げましたが、激しく応じてきました。

私は妻にはっきりと言いました。
お前は私の妻じゃないか、私はお前を愛しているよ、と。
そして過去は過去として捉え、将来のことを考えようと。

妻は涙でぐちゃぐちゃになった顔に
信じられないといった表情を浮かべた後、
ぼろぼろと涙をこぼしながら、
何度も愛しているといいました。

私はそんな妻の告白を聞かされて衝撃を受けましたが、
私自身が妻にベタ惚れしていたので、
妻が正直に全てを話してくれたことの方が
私にはうれしかったのです。

私は妻への愛情を示そうと、
その場で妻を抱くことにしました。
愛のあるセックスで妻を包もうと思ったのです。
そうでもしないと、目の前の妻がいなくなってしまう、
そんな不安に駆られていました。

妻は、私が服に手をかけるとビクッと身を硬くしましたが
優しくキスすると全身の力を抜いて私に身を委ねました。
妻は私を裏切っていたことへの後ろめたさと、
秘密を告白して私に嫌われてしまうことへの不安が
ない交ぜになっていたのでしょうか、
全身で懸命に私に奉仕してくれました。

普段は私が先に達してばかりでしたが、
このときばかりは私も専務の影を吹き払おうと
懸命になって頑張りました。

その結果、私が終えるまでに妻は何度も
絶頂に達してしまいました。

私はぐったりする妻に、
全ての秘密を話しなさいと言いました。
何を聞かされても驚かないと思ったからです。

妻は私に抱かれながら
専務から受けた数々の辱めを
ぽつりぽつりと話し始めました。
  1. 2014/09/08(月) 14:54:01|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻は専務のおもちゃだった 第5回

妻は専務だけでなく、
専務の知り合いで作るグループの男たちに
集団で弄ばれ、抱かれていたそうです。

数え切れないほどのビデオや写真も撮られたといいました。
驚くべきことに、
私たちのマンションにも盗聴器やビデオが
仕掛けてあるのだそうです。
だからわざわざ旅先に出て告白したのだと
辛そうに言いました。

私は妻に、ビデオは持っているのかと尋ねました。
驚いたことに、専務お気に入りの数本のビデオは常に
持ち歩くようにと言われていると答えました。

今も持っているのかというと、
妻は苦しげにこくんとうなずきました。
ビデオを見たいというと、
妻はお願いだから見ないでと懇願しました。

私は強い口調で、いまさら何が映っていようと
お前への愛情は変わらないよと言いました。
妻はためらいながらも荷物の中から
数本のデジタルビデオテープを取り出して手渡しました。

私は旅先での楽しい様子を録画するために持ってきた
デジカムにテープをセットし、
部屋に備え付けのテレビに接続しました。
まさかこんなことにデジカムを使おうとは
思ってもいませんでした。

最初のビデオには、どこかのホテルのような部屋で
専務をはじめ4人の中年男に責められる妻が映っていました。
日付は2年ちょっと前、結婚の1年前でした。
後ろ手に縛られ、縄で乳房をくびられた妻を、
4人がかりで攻め立てていました。
四つんばいになった妻を後ろから貫いているのは、
大手取引先の役員でした。
涙を流す妻にむりやり肉棒をくわえさせているのは
うちの会社のメインバンクの担当常務、
そして執拗に妻の乳房をもてあそんでいるのは
専務の派閥のNO2で私の直属の上司でした。

私は愕然としながら画面を見ていました。
妻は私の隣で画面を見ようともせずに
ごめんなさい、ごめんなさいと繰り返していました。

私はそっと妻を抱きしめましたが、目は画面から
離すことが出来ませんでした。
画面の中の妻は何度も、もう許してください、と
言っていましたが、逆に男たちの攻めは強まるばかりで
妻は涙を流して絶叫しながら
何度も絶頂に追い立てられていました。

2本目のビデオは、見覚えのある結婚式場でした。
そして画面に映し出されたのは
ウエディングドレス姿の妻でした。
私たちの記念すべき、結婚式の日のビデオでした。

改めてみても、花嫁姿の妻は美しいとか
そういうレベルを超越しているように光り輝いていました。

式が始まる前の控え室のようで、
専務が入り口に鍵をかけました。

ビデオを撮っているのは、直属の上司のようで
声がはっきり入っていました。

専務は妻のドレスをたくし上げると、
純白のパンティをぐいと引き下げました。
そして妻のあそこを、指で愛撫し始めたのです。
なんだ、もう濡れているじゃないか、
専務が妻を揶揄する、楽しそうな声が入っていました。

そして専務は妻に壁に手をつかせると
悠々と後ろから妻を貫き始めたのです。

私は再び愕然としました。
式には当然、妻の両親や親族もたくさん来ていました。
その場所で花嫁姿の妻を辱めていたのです。
妻はさすがに苦悶の表情を浮かべて泣きながら、
専務を受け入れていました。
専務も興奮していたのでしょうか、
あっという間に妻の中に放出したようでした。

そしてカメラを撮っていた上司と交代しました。
上司はきれいな化粧をした妻に、口で奉仕させました。
そして最後は専務と同じように、後ろから妻を責め
当然のように妻の中に放出しました。
妻は苦悶と愉悦の入り混じった表情で、荒い息を吐きながら
上司の放出を受け止めているようでした。

専務は、2人分の欲望を飲み込んだ妻のあそこに、
ピンク色のローターを押し込んでから
ぴっちりした皮のパンティをはかせました。
専務が手にしたリモコンを操作するたびに
妻の体がビクッビクッと震えていました。

私自身、幸福の絶頂にあった記念の結婚式は、
専務たちにとっては、歪んだ欲望を妻に吐き出すための
格好の舞台に過ぎなかったことが明らかになりました。

画面はやがて華やかな披露宴に移りました。
どうやらビデオをまわしているのは上司のようです。
式の進行に合わせて
弱だ、強だとささやくように入っている上司の声は
妻に仕込んだローターの
リモコン操作を示しているようでした。
華やかな披露宴の中で、妻は一人、
押し寄せる官能の波に弄ばれていたのです。

ウェディングケーキの入刀の場面では
入場の瞬間に弱のスイッチが入れられました。
そして、入刀です、の合図とともに強!という
上司の声が入っていました。
画面に捉えられた妻の表情は明らかに強張っていました。
隣にいる私は舞い上がっていて、
そんな妻の様子にまったく気づいていませんでした。

ふわっとしたドレスのスカートに包まれた中の様子は
画面からは分かりませんが、
小刻みに妻の身体がゆれているのは見えました。
祝福を受けて、必死で笑顔を返そうとする妻が、
とても哀れに見えました。
  1. 2014/09/08(月) 14:55:08|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻は専務のおもちゃだった 第6回

次のテープに映し出されたマンションの一室は
見覚えのある我が家のリビングでした。

妻が言っていた、盗撮カメラの映像なのでしょう、
天井から室内を写しており、画質もよくありませんでした。
リビングに面した食器棚の一番上に仕掛けてあるそうです。
私はカメラには、まったく気づきませんでした。
自宅に盗聴カメラがあるなど、考えもしませんでした。

テープには、テーブルを囲んで和やかに酒を酌み交わす
私たち夫婦と専務の3人が映っていました。
日付は今から半年ほど前のものでした。

私たち夫婦の仲人だった専務は、
時折差し入れをもって我が家に遊びに来ていました。
私は酒豪の専務に、いつも酔い潰されていました。
画面に映る私は、すでに泥酔しているように見えました。
そしてぱたんと机につっぷすと、いびきをかき始めました。

妻が私に寄り添うようにして、あなた、あなたと
呼びかけているのが見えました。
しかし私はぴくりとも答えず、ぐうぐう寝ていました。

妻は私の体をソファに横たえると、
クッションを枕に、私にそっとタオルケットをかけました。

私の隣に座っていた妻は、私に睡眠薬を飲ませていたことや
実は専務はほとんど酒を飲んでおらず、
途中から水を飲んでいたことなどを告白しました。
すべて専務の命令だったそうです。

専務はにやりと笑い、私が寝ているソファと
小さなテーブルを隔てた反対側にある、
ソファにどっかと腰を下ろしました。

そしていきり立った肉棒を、寝ているとはいえ
私の目の前で妻にしゃぶらせ始めたのです。

妻はやはり気になるのか、
時折私のほうをちらちらと振り返りながら
専務に奉仕を続けていました。

専務は、夫の目の前で人妻を寝取るスリルがたまらんとか
勝手なことを言いながら、妻に服を着せたまま、
シックスナインの格好をしたりして妻を弄びました。

しばらくしゃぶらせた後、専務は妻を後ろから
貫き始めました。
専務は妻とつながったまま、妻をひょいと抱きかかえて
寝ている私のすぐ側にまできました。
そして妻の顔が私の寝顔のすぐ近くになるようにして、
セックスを続けたのです。

ちょうどカメラからは反対側になり
画面からは妻の顔は見えなくなりましたが、
妻は声を抑えて泣いているようでした。

そんな妻の姿を見て専務は更に興奮したのか、
言葉で妻を責めました。
専務は妻を犯しながら、
半年も一緒に暮らせば少しは情が移るだろとか、
旦那もお前の本性しったら卒倒するなとか
自分勝手なことを言っていました。

妻は必死で耐えているようでしたが、
次第に腰の動きが激しくなってきました。

専務は私の隣で、じゅうたんの上に寝転ぶと、
妻を騎乗位にして、ラストスパートをかけました。
専務がううっと呻いて腰を突き上げるのと同時に
妻も唇をかみ締めながら、体を何度も激しく震わせました。

そのとき、ソファに寝ていた私がうーんと呻いて
うすぼんやりと目を開けました。
そして寝ぼけ眼で、専務はもう帰った?とか言いました。
妻が驚いた様子で帰ったわよと答えると、私は
むにゃむにゃいいながら、また寝息を立て始めました。

もし私が少し起き上がっていたら、
大変な事態になっていたかもしれません。

そんな私を見ながら専務は、
いつか本当に旦那が起きている目の前でやりたいとか
平然とした顔で言っていました。

妻は泣きながら、
それだけは勘弁してくださいと言っていましたが、
専務はニヤニヤ笑うだけで返事をしませんでした。

妻は専務が帰った後、ソファで間抜けにいびきを立てる
私にぴったりと寄り添って、
泣きながら何度も何度も謝っていました。

ビデオを見終わると
妻は泣きはらした目で私を見ていました。
そして、このころから私への愛情をはっきりと
感じるようになったといいました。
それ故に、専務たちに抱かれるのが
以前にもまして苦痛になったとも。
妻が言うには、専務が家に遊びに来たときは
必ず同じようにして、妻を抱いていたそうです。

ひょっとしたら専務はそこまで計算して、
私を妻にあてがったのかもしれない、
私はそんな疑念に駆られるようになりました。
  1. 2014/09/08(月) 14:56:21|
  2. 妻は専務のおもちゃだった・道騎士
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR