FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

妻で清算 第1回

マージャンの負けがたまって、とうとう妻マユミの
身体で払うことを承諾させられてしまった。
マージャン仲間のコウジ、テツ、アキラの3人とも
マユミと幼馴染で、3人とも寝たことがあったようだ
負けが込んでる俺に、もう、一回だけやらせてくれたら、
負けをチャラにしてくれると言ってきた
俺は、抵抗したら止める。
中出しはしない。という条件で承諾してしまった。

当日は、3人が近所に来たついでに寄った事にして
5人で飲んで、俺が酔いつぶれた振りをして
席を立ったら、3人がマユミを口説くことになった。

「あー、飲み過ぎた。」俺が言うと
「もう、弱いのに飲むからよ。休んだら。」
何も知らないマユミから休むよう促された。
「おお、わりいな。チョッと休むな。」
俺はフラフラと立ち上がり言った
「ああ、俺たちも帰るから、休めよ。」テツが言うと
「あら、もう少しいいじゃない。」マユミは、3人を引き止めた。
「ああ、ユックリしてけよ。」
俺は、隣の部屋に入ると、ふすまを閉め様子を覗った。

しばらく、4人でくだらない話をしているようだったが、
「マユミちゃん。どう、結婚して」アキラが聞く
「えー、普通じゃないの。」マユミが、答えている。
「可愛がってもらってる。」コウジが聞くと
「おかげさまで、やあねえ。」とマユミの笑い声が聞こえた。
「マユミチャンだったら、俺、毎日、朝晩犯っちゃうよ。」
テツが言ってる。
「まあ、嬉しい。」マユミもかなり酔ってるようだ。
「ほんとだよ。俺も頑張っちゃうよ。」コウジが言う。
「ねえ、3人のともやってるんでしょ。」
アキラがマユミににじり寄りながら聞く。
「え、もう、知ってるくせに。」マユミは否定しない。
「ねえ、誰のがよかった。」テツが聞く
「内緒。・・・旦那のよ。」マユミが答える。
「ねえ、もう一回だけしゃぶってくんない。お願い。」
コウジがスレートの切り出した。
俺は、ふすまの隙間から覗き見た。
「だーめ、もう、飲み過ぎよ。」マユミが笑いながら拒むと
「俺も、お願い。もう一度でいいから。」
テツがマユミの肩を抱き寄せキスしようとした。
「だ、だめよ。」マユミが拒みだした。
しかし、テツに強引にキスされた。
様子から舌を入れられてるようだ。
しだいにマユミもテツの舌に自分の舌を絡めはじめていった。
アキラが、マユミの胸を揉みはじめ
コウジが、マユミのスカートをまくり、
下着の上からオマンコを撫で始めた。
「うぅぅ。」テツにキスされたまま、マユミは声をあげはじめた。
「ああ、犯されるな。」抵抗しないマユミに俺は覚悟を決めた。
そして、しだいに興奮してくる自分に気がついた。

3人は、マユミの服を脱がせはじめた。マユミは
「ダメヨ。お願い。」お言葉では抗うが
虚ろな目で、されるままになってる。
マユミを全裸にすると3人も手早く脱ぎだした。
3人のチンポは既に勃起っている。

アキラが、マユミの目の前に立つとマユミの頭を自分の股間に引き寄せた。
マユミは、目を閉じアキラのチンポに舌を這わせ始めた。
「相変わらず上手じゃないの。」アキラも目を閉じ
マユミのフェラを楽しんでいる。
後の二人は左右からマユミのDカップの胸と
股間を弄んでいる。
二人の手の動きが大きくなると
「あぁぁ」マユミの声が大きくなり始める

「ああ、ダメヨォ、結婚したのよぉ」マユミは声では抗うが
アキラのチンポを激しく舐めしゃぶり、
テツとコウジに弄ばれている股間を振りはじめる。
アキラはマユミの様子からマユミの頭から身体を離し
マユミの両足の間に割って入っていく。
マユミは後の二人に横にされた
「ほら、久しぶり。」アキラはチンポの位置を決めると
一気に押し入った。
「ああ、」マユミは仰け反り、声を上げた。
マユミが開いた口にはすぐにテツがチンポをねじ込んだ。
「うぅぅ。」マユミの声が呻き声に変わった。
そのとき、俺は3人がスキンをつけていないのに気が付いた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/09/04(木) 13:02:43|
  2. 妻で清算・くず男
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻で清算 第2回

アキラの腰の動きが早くなると
マユミもテツのチンポを咥えたまま、呻き声をあげ始めた。
コウジがマユミの胸を揉みながら「マユミちゃん、旦那が起きちゃうよ。」
と笑いながらマユミの左手を自分のチンポに導いた。
マユミは声を漏らさないように右手で握ったテツのチンポを激しくしゃぶり。
左手でコウジのチンポを擦りだした。
「おお、スイッチ入ったか。」テツがマユミの髪を撫でながら言うがマユミは一心不乱にしゃぶり続ける。
しばらく、マユミが両手、口、そしてオマンコで3本のチンポに奉仕していた。

アキラが「おー、出そうだ。いくぞ。おー、ウッ」と
マユミの腰を両手で押さえマユミの一番奥に突き立てた。
「だ、駄目え、あぁ」テツのチンポから口を離したマユミが抗議するが
アキラは、何のためらいもなく中に放った。
「ああ、」マユミはアキラの放出を受け登りつめた。

「あー、タップリ出しやがって。」
アキラが離れたマユミの股間を覗いてコウジが文句を言った。
しかし、コウジはそのまま自分のチンポを突き立てた。
「ほら、滑りがいいだろ。」アキラがコウジに言った。
「ああ、おかげさまで」コウジが皮肉っぽく答えた。
コウジはマユミを四つんばいにさせ、後ろから突きだした。
マユミの顔が私の方を向いた。しかし、すぐアキラの背で見えなくなった。
「ほら、」アキラの声が聞こえた。マユミに促したことは見えなくても分かった。
テツは、四つんばいのマユミの身体を抱き抱えるように背から手を回し
胸を揉んでいる。ふすまの隙間から覗いている私に気が付いたようだ。
こっちを見てニヤッと蔑むような目で笑った。

アキラの尻が一瞬強張り2発目を放ったのが分かった。
アキラが、離れ再びマユミの顔が現れた。
口元からは、白濁した液体が床まで糸を引いて滴っている。
テツがマユミの耳元で何か囁いている。
マユミの虚ろなそして悲しげな目がこっちを向いた。
「あぁぁ。」その時、コウジが放ち、マユミの身体が崩れ落ちた。

肩で息をし、横たわるマユミに
「ほらほら、あと1本残ってるぞ。」コウジがマユミを身体を仰向けにすると
覆い被さっていった。既にアキラとテツに中出しされているマユミの穴はすんなりと向かい入れたようだ。
よく見るとコウジの腰の動きに合わせマユミも腰を振っている。
そして、コウジが果てる頃にはマユミの両腕はコウジの背を抱きしめていた。口にはコウジのチンポを咥えたまま・・・
  1. 2014/09/04(木) 13:03:42|
  2. 妻で清算・くず男
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻で清算 第3回

「もう、みんな、いっぱい出したでしょ。」
興奮の波が引いたマユミは起き上がると男たちに文句を言った。
もともと、みんな幼馴染だし、全員がマユミと関係を持っているのを知っているから
恥じらいもない。マユミは、ティッシュで口の周り、乳房を拭うと、
アキラにビールを持って来させ一口飲んだ。そして、わざと私の方を向きしゃがみこんだ。
マユミの股間の穴から3人分のザーメンが滴ってきた。
3人、いや私を入れて4人の男は、充血し、開いたまま閉じないマユミの穴を食い入るように覗き込んだ。ザーメンはダラダラと滴り続けた。
「うわ、すげえ、エロ。」テツが歓声を上げた。
「マユミちゃん。誰のが良かった。」コウジが聞くと
「うーん、太いのはコウジで、長いのは、テツちゃん。」
「俺のは、」アキラがおどけて聞くと
「アキラのは、えらが張っててねえ、引っかかりが良かったよ。」
マユミは、正直に答えた。股間の白い滴りがやっと途切れた。
マユミは残りのビールを飲み干すと、自分からコウジの手を引きふすまの前、私の目の前に横にさせると。太いと認めたコウジの肉棒にフェラチオを始めた。最初に男たちから受けた強制的な行為ではなく。自分の意志で・・・
「おいおい、まだやるの。」コウジは、マユミの髪を撫でながら聞いた。
「そうよ。もっと、気持ちよくしてもらうからね。」そう言うとマユミは、コウジの肉棒に唇を被せた。
「うわあ、タイヘンだ。」アキラとテツが顔を見合わせて笑った。誰も私のことは気にしていない。
ただ、マユミだけが私にあてつけるようにわざと淫靡にコウジの肉棒をしゃぶっている。
亀頭から肉茎を舐めまわし、袋を口に含み、毛を下で掻き分け、尻の穴まで舌を這わせ、時折、ただじっと覗き見ている私に抗議するように冷たい視線を投げかけながら、ねっとりとしゃぶりまわした。
そして、コウジのチンポがそそり立つとコウジに跨り、白い細い指でチンポを自分の穴にあてがい、舌で赤い唇をひと舐めし腰を沈めていった。
「あぁ・・・、太い・・・。」マユミの口からためらいのない喘ぎ声が漏れた。
そして、自分の指でコウジと繋がっていることを確かめると
ユックリと腰を振り始めた。

既にその場の主導権は全てマユミが握っていた。
マユミは、アキラとテツに手招きし目の前に立たせた。
既にマユミの口技の様子を見て回復していた2本の肉棒がマユミの眼前に突き出された。
マユミは両手で1本づつ握り、コウジの上で腰を振りながら交互に舐め始めた。
長いテツと、亀頭のえらの張ったアキラの2本の肉棒にねっとりと舌を絡めアキラとテツに媚を売る熱い視線を送るマユミ。
しかし、時折、ふすまの隙間の私に冷たい視線を刺している。
マユミは3本の肉棒に奉仕を続けた。
しかし、いつも1本は入るべき穴が無かった。
とうとう、テツが「マユミ、こっちもいいんだろう。」
マユミの尻を撫でまわし聞いた。
「ああ、そこは・・・。最近、してないし。・・・ダメヨ。」
言葉では抗うが、コウジの上で身を倒し尻を突き出し催促する姿が見えた。
「なんだ、くず男は使ってねえのか。もったいねえ。」
テツは、指でマユミの粘液を肛門に擦り付けるとユックリと指を沈めていった。
「あぁ、」マユミの口から甘い吐息が漏れた。テツは、指で肛門の広がりを確かめると、今度は自分の長い肉棒をあてがい押し入った。
「うっ、うあぁぁ。」さすがのマユミも顔を歪めアキラの肉棒から口を放しうめいた。
しかし、コウジが下からマユミの腰を押さえつけているので逃げられない。
「へえ、そこも使えるんだ。」コウジが下からテツに聞いた。
「ああ、ここの処女は俺が貰ったんだ。」コウジがユックリと腰を振り出し答えた。
「そうよ、マユミは・・・どの穴も・・・使えるの。」マユミが頭を振って答えた。
「前は、俺だよな。マユミ。」アキラが聞くと
「ああ、そおよ、アキラが、初めてよ。」マユミが答えながらアキラのチンポに手を伸ばし自分から咥え込んだ。アキラは、マユミの顔を押さえつけ腰を振り出した。マユミは、女が男を迎え入れられる穴を全て肉棒で塞がれた。

結局3人の男は、朝方までマユミを弄んだ。
いや、マユミも3つの穴全てで男たちの肉棒を味わい、楽しんでいた。
外が白みはじめ男たちが帰るときもマユミは全裸のまま、
太腿に白濁液を伝わせながら玄関まで見送った。
「マユミちゃん、またね。」
「今度は、外でやろうか。」
「もう、2,3人増やしてどう。」
「ええ、いいわよ。」
そんな、挨拶が遠くで聞こえた。

マユミの足音が近づいてきてふすまの前で止まった。
「起きてるんでしょ。私を売ったんだってね。サイテー。クズ。」
マユミは、それだけ言い放つと立ち去った。
浴室からシャワーの音が聞こえてきた。
私は、ふすまの前で俯くしかなかった。
  1. 2014/09/04(木) 13:04:45|
  2. 妻で清算・くず男
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻で清算 第4回

妻が家を出て一週間。電話でコウジの部屋に呼び出された。
夜8時頃コウジの部屋に行くとコウジが下半身にバスタオルを巻いた姿で出てきた。
「おう、入れよ。」無表情で私を招き入れるコウジ。
コウジに背を押され奥の部屋に行くと
アキラとテツが裸でソファーに座り、二人に跪く裸の女が居た。マユミだった。
マユミは、アキラのチンポを咥え、頭を振っていた。
そして、右手でテツのチンポをしごいていた。
こっちに向けた白い尻の間の割れ目から白濁した液体を滴らせていた。
「マユミ」私が呼びかけてもマユミはフェラチオをやめない。
「よう、久しぶり。」アキラが勝ち誇ったように言った。
「マユミちゃんさー。お前に売られたのが、頭にきたんだって。それで、こないだのも自分が売ったんだってことにしてさ。3人で10万だって言うからサー。」テツが言った。
「そりゃ、高けえだろって言ったら、じゃ、また、させてあげるから1日1万で置いてくれって言うんで。このとこヤリまくり。だから、お前の負け帳消しって話はなくなったから。」後ろからコウジが言った。
マユミは、一心腐乱にアキラのチンポをしゃぶっている。
「ああ、マユミちゃん。出そう。出そう。オマンコ、オマンコ。」
アキラがうめくとマユミは唇を離し立ち上がり。
こっちを向いてアキラのチンポを自分でオマンコにあてがうと腰を落とした。
「あぁぁ、いいわ、アキラ・・・・。」喘ぎ声を上げ腰を振り出した。
隣でテツがマユミの乳首に吸い付くとテツの頭をかきむしりだした。
テツを咥えこんだマユミのマンコのまわりは
すっかり剃毛され陰唇がチンポを咥え込んでるのがはっきり見えた。
「マユミちゃん、この一週間、やりっぱなしでさ。俺たちも身がモタネエから、昨日は俺の会社の後輩5人に一人二万で売ってやったよ。半分、マユミちゃんにやって、後は部屋代で貰ったけどな」コウジがタバコを一ふかしして言った。

そうこうしているうちにアキラが果てたようだ。
マユミが腰を上げるとマンコからザーメンが滴ってきた。
マユミは、また、アキラの前に跪き放ったばかりのアキラのチンポを口で始末した。
「あら、来てたの。クズ」マユミが私に言った。
「マユミちゃん。クズにもやらしてやんなよ。」アキラが言うと
「いいけど、金出してくれる。只はやあよ。私は、売りもんなんだから。」
マユミは、コウジからタバコを取ると大きく吸い込んでいった。
「マユミ」私は名前だけ読んだが言葉が続かなかった。
「じゃ、俺が一発おごってやるよ。マユミちゃん、しゃぶってあげなよ、でも、マンコはなしだよ。クズ、お前の負けも減らしてやるから、おとなしくしゃぶってもらえよ。」
コウジがテーブルに無造作に置かれた札から1枚取ると
縦に二つに折ってマユミの耳に挟んだ。
「あら、良かったわね。」マユミは蔑むような笑顔を私に向けると、
私の前に跪き、ジーパンとパンツを下ろし私のチンポを取り出した。
私は、されるがままにするしかなかった。
「おっ、夫婦のフェラチオ。いやらしくしゃぶって見せて」テツがはやし立てる。
「マユミちゃん。久しぶりの旦那のチンポどお。」アキラが続くと
「あいかわらずよ、半分被ってるし。」
とマユミは指先で私の仮性包茎の皮をつまんだ。
「それで、突かれてよがってたんだろ。」アキラがいうと
「そうよぉ、こんなんで毎晩よぉ。只でさせて、でも、滅多にいかせてもらえなくて。」
マユミがつまんだ指を振ると私のチンポが力なく揺れた。
「マ、マユミ。ごめん。」私が小声で謝ったが
「お客さん、洗ってないでしょ。匂いますよぉ。しゃぶってあげるけどコウジさんに感謝してくださいね。」と言うと私のチンポに唇を被せた。
久しぶりに味わうマユミの口技に私はみるみる立ってきた。
そして、瞬く間に射精してしまった。
マユミを唇を離すとティッシュを取り吐き出した。
「なんだ、早ええな。せっかく、おごってやったのに。」
コウジがあきれ果てた声をあげた。
「飲んであげなよ。久しぶりなのに」テツが言うと
「飲むのは、別料金よ。テッちゃん、出してくれる。」
マユミがテツに笑顔で言うと
「そこまで、義理はねえなあ。じゃ、俺の続きしてくれよ。」テツに言われて
「はあい、おまんこですか。おしゃぶりですか。それとも、お尻にしますか。」
マユミはテツの元に行った。
テツは一瞬私を見た後、マユミを仰向けに寝かせると
「決まってんでしょ、旦那の前でまんこへ生入れ中出しで」
覆い被さって言った。テツが挿入すると
「ああ、テッちゃん、奥まであたるよぉ。」
マユミをテツの肩にしがみついて仰け反った。
テツが、マユミを抱きしめ激しく腰を打ち付け始めた。
「あぁ、あぁ、あぁ」マユミが喘ぎ声があげだした。
「そういう事だ。どうするクズ。つれて帰りたかったら負け払ってけよ。」
アキラが私に言った。
「俺も、マユミちゃんが居ると彼女呼べねえしよ。早く何とかしてくれよ。」
コウジが言った。
3人への負けは30万程だが、金があればマユミで清算なんて考えることもなかったのにあろうはずもなかった。
そんな、話をしてるうちにテツが「ぅ、出る。」とうめき
マユミの腰に自分の腰を押し付けた。
「あぁぁ、テッちゃん、出てる。出てる、あぁ、あぁ」
マユミも一層強くテツを抱きしめた。
テツが、離れたマユミのマンコから、また、ザーメンが溢れてきた。
マユミは、ザーメンを垂らしたまま、テツの股間に顔を埋め残り汁を舐め取った。
その顔は、私へのあてつけでも、金のためにも見えなかった。
むしろ、3本の立派なチンポに可愛がられ満足しているようでもあった。
「金がねえなら、帰りなよ、マユミはもう少し預かってやるから。」
コウジに玄関へ追いやられた。
「そうそう、昨日撮ったビデオ貸してやるから、センズリでこいてな。」
コウジにビデオテープを持たされ一人帰ってきた。
情けないと思いながら、ビデオを見たがる私だった。
  1. 2014/09/04(木) 13:06:05|
  2. 妻で清算・くず男
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻で清算 第5回

家に帰りやはりビデオをセットした。
ビデオは、妻が5人の見ず知らずの男たちから金を受けとるところから始まった。
一人の男がマユミが金を受け取ると、カメラに向かって
「契約、成立です。」と笑いかけ、カメラを持っているアキラの笑い声も聞こえた。
マユミも5枚の一万円札を広げて笑っている。

「じゃ、奥さん、早速しゃぶって。」一人の男が、マユミの両肩を押さえ自分の前に跪かせました。マユミは、男のスラックスとパンツを下ろし、まだ、下を向いている男のチンポを握り、舌を伸ばし亀頭から舐め始めた。
「おいおい、洗ってねえだろ。」男の一人が言うと
「お前ら、洗って来いヨ。俺は、奥さんに綺麗にしてもらうから。」としゃぶらせてる男がマユミの髪を撫でながら言った。
「即シャブ、いいねえ。」他の男が言った。
男のチンポが立ってくるとマユミは唇を亀頭全体に被せ頬張った。
目を閉じ、ユックリと頭を前後に振り始めた。
「おお、この奥さん、うめえよ。」しゃぶられてる男が目を閉じ、唸った。
「そおだろ、俺が仕込んだだから。」アキラの声だけ聞こえる。
マユミは、時折、唇を離し、肉棒を舐めまわしたり、
袋を口に含んだり、そして、甘えたような目で男を見上げ、
また、頬張り、しゃぶりこんだ。
「おお、出、出そう。いい、」男がマユミの頭を掴み、腰を振りたてる。
マユミは、きつく目を閉じ耐えてる。
そして、男の動きが止まった。
マユミの目がいっそうきつく閉じられた。
男が離れ、目を閉じ口を脹らませたマユミの顔がアップになった。
「こぼすなよ、飲み込め。・・・いや、口開けて見せてみろ。」
アキラの声にマユミは、目を開けユックリ口を開く、
ピントが合うと舌の上にゼリーのように山になった精液があった。
「いいよ、じゃ、飲み込め。」アキラの命令にマユミは唇を閉じ飲み込んだ。
「じゃ、次は俺ね。」
今、精液を飲み込んだばかりのマユミの前に次の男が立った。
既に裸で、チンポは立っている。
マユミは、無言で2本目のチンポに奉仕をはじめた。
今度のチンポは前の男より太くマユミは苦しそうだった。
しゃぶってるマユミの後ろに別の男がまわり服の上から胸を揉み始めた。
マユミは、シャツとスカート姿で跪いてフェラチオを続ける。
後ろにまわった男がシャツのボタンを外し、
ブラジャーを上にたくし上げるとマユミの乳首にしゃぶりついた。
マユミは、顔を歪めながらなお、フェラチオを続ける。
別の男が、マユミのスカート中に手を潜りこませた。
マユミは、しゃぶり続けられなくなり、口を離し、喘ぎ声を上げた。
しゃぶらせてた男が
「ほらほら、奥さん、休んじゃ駄目だよ。」
とマユミの顎のつかみ無理矢理チンポを咥えさせた。
乳首に吸い付いていた男が立ちあがりマユミの手を自分のチンポを握らせ
「奥さん、早く、抜かないと、あと3人しゃぶんだよ。」とマユミの髪を撫でた。
マユミは手でチンポをしごきながら激しく頭を振り出した。
「おお、出る、出る。」二人目の男がいった。
今度は、マユミは、口で受け止めきれず、精液がマユミの顔を汚した。
唇からも精液が滴っている。
「はあ、はあ」息も乱れているが、
容赦なく3本目のチンポが突き出され、
また、咥えた。
  1. 2014/09/04(木) 13:07:02|
  2. 妻で清算・くず男
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR