FC2ブログ

闇文庫

主に寝取られ物を集めた、個人文庫です。

変わりゆく妻 投稿者:無力夫

みなさま、はじめまして。
自己紹介からします。
私「しげる 35歳」妻「ゆみこ 34歳」結婚5年を向かえた夫婦です。
子供はいません。半年前までは全く普通の夫婦でした。
本当に平凡な夫婦でありました。


1年ほど前、初めてパソコンを買いました。(職場では毎日使っていましたが)
やっぱりパソコンを買ったらメールやネットをしないと・・
というわけで、プロバイダ契約をすませました。

ネットをはじめて1ヶ月くらいが経った頃でした。
私も男ですからアダルト系が好きで、いつも画像を楽しんでいました。
この日はチャットをしてみようかなという気持ちになり、相手を捜していました。
チャット相手にはもちろん女性を希望していました。しかし入って来たのは男性。
まあ、女性とチャットなんてやっぱり難しいのだろう、くらいに考えていた私は
男性と気軽にはじめました。

はじめてびっくり。男性は妻のことばっかり聞いてきます。
そんな。公然と私の妻と不倫でもする気なのか?
そのうち、妻は私が知らない間に浮気をしているのではないか等という話になり
そういう不倫セックスについての卑猥なものとなっていきました・・

最初のうちは馬鹿かこいつ・・くらいに考えていたものが、だんだんと話しにのめり込んでしまいました。
妻が男に抱かれる、それを隠れて垣間見る自分を想像して勃起していました。
そんなことが・・妻が知らない男性の腕の中であえぐ・・
私はチャットの会話で興奮し我慢出来なくなり、オナニーしてしまっていました。

さすがに、チャットの男性に今オナニーしたことまで伝えはしませんでした。
それ以来、その男性とメール交換するようにまでなりました。
私にそんな願望があったのだということに驚きながら、バーチャルの世界で興奮していました。

私にとってはバーチャルで十分だったのです。
その話しを妻との営みで思い出しながら興奮を倍加させることで十分満足していました。
しかし、男性は私がそういう世界に入り込むことを望んでいると思ったのでしょうか?
いつのまにか、私の願望を現実とする罠を作っていたのです。
私はそのことに全く気付きませんでした。

男性と知り合って2ヶ月くらい経ちました。
メール交換は続いていました。
そのころには妻を目の前で犯されるところをテーマにした物語を読んでは興奮し、オナニーし、
感想を送るということが続いていました。

物語とはいえ、妻はまるで公衆便所になっていました。
それに歓喜する私の妻の姿が描写されています。
そのことに恐ろしいくらいに興奮する私。もう病みつきになっていました。

こんな倒錯した世界を創造する、見ず知らずの男性に対して何かを求めていたのでしょうか。
メールを送って来る際の人当たりのよい言葉とは裏腹に、物語の中の男性は完全なサド。
それを読みふける私はマゾでした。


「妻とセックスしながら物語を思い出すと何度イってもペニスが萎えることがないのです。」
「あなたはすばらしいMでいらっしゃる。一度経験したら忘れられないくらいの快感を与えてあげますよ。」
「どんなことですか?」
「ふふふ、それは秘密。お楽しみにということで・・」

チャットでこのような会話をした1週間後、忘れもしない今年の4月、
私は10日間の出張のため○○支社へ出かけました。
出発前、職場の私の端末にメールが来ました。
「明日の晩、10時にチャット出来ますか?  By○○」
男性からでした。
「?」
何故、私の仕事用のアドレスに?しかし、それでも私は「何かで調べたのかな」程度しか思わず
単純に返信しました。
「出張で○○へ行きますが、支社に端末はあるし、10時なら誰も残っていないだろうから問題ありません」
と。

次の日の夜10時にチャットを開くとすでに男性は待機していました。
待機メッセージには次のようにありました。
「今、○○ゆみこを女の自宅にて陵辱する準備が完了した。 ○○しげる早くこい。」
???
妻も私もフルネームで書いてあります。
私は今まで男性に名字を教えていません。
それどころか、自分達の所在など身元を明かすものは何一つ送っていません。
もちろん、私も男性の事は何一つ知りません。
「何で名字が分かった?」単なる偶然か?

私はそのとき背筋を寒いものが通りすぎるのを感じました。
チャットに入ると、
「ようこそ。○○しげる君。今君の自宅に私はいる。」
私は意味が分からず
「私の自宅?」
「そう。奥さんいい女だね。これからたっぷり楽しませてもらうよ」
そうか、これは男性が私を興奮させようと思って作っているのだな・・
私は冷静になろうと努めていました。

「今から奥さんと寝室に行くよ」
「妻はどうしてるんだ?」
私は男性の話に合わせるつもりでいました。
「もちろん、縛ってあるよ。・・ほう、こんなところに写真が結婚式のかね?」
「!」ベッドには夫婦の結婚式の写真が飾ってあるのです。「まさか・・」

「その隣はこの近くの○○学校かな?こっちは○○大学。ツーショットでいいなあ。
 君たちずっと付き合っていたのだね。もしかして奥さんは旦那さんしか知らないのかな?」
私は愕然としました。1枚くらいならでまかせであたるかもしれません。
しかし、飾ってある3枚全ての写真を言い当てられる訳はありません。
男性は本当に今私の家にいるのです。

「本当に俺の家なのか?」
私はそれでも嘘であって欲しい。偶然であって欲しいとの希望で聞いてみました。
「まだ、信じられないの?なんならここの住所言ってあげようか。
○ ○市××町 △?○ ・・・コーポ 205号
電話番号 ○○○?○○○○  」

もう、疑う余地はありませんでした。
「妻と二人だけなのか・・」
「いや、悪いけど、もう一人いるよ。俺の連れがね。」
二人がかりで妻を犯そうというのか・・

端末にメールが届きました。
画像が添付されていました。全裸で縛られた妻のゆみこでした。
呆然とした表情からすると、既に犯された後なのか・・日にちまで入ってる・・昨日?

画像は4枚ありました。知らない男に正常位で挿入されている画像が一番刺激的でした。
妻の顔がはっきり写っています。
なんてこと・・ゆみこ!叫んでいました。ショックでした。
しかし、しかしです。私のペニスはこの状況で勃起しているのです。
「どうして・・」

「しげるさん、あんたまさか勃起してるんじゃない?だとしたら本物のMだぜ。」
言い当てられ、つい「そうです」と返していました。
「今俺の連れが奥さん抱いてるところだけど、声聞かせてやろうか?電話してきてみな」

私は慌てて職場の電話から自宅へかけていました。
「○○です」
「ああっ、あん、あん、あん。」
ゆみこの声が受話器から聞こえてきました。
普段のゆみこではありませんでした。まさに半狂乱でした。
「ゆみこ、そ、そんなにいいのか?」声にならない私の言葉でした。

「奥さん、また中でイかせてもらうよ。昨日から何回目かな?」
「あん、だめよ。こんどこそやめてえっ、お願いだから・・」
「もう、がまんできん。いくぞ ううっくっ」
「だめだめだめだめええええっ」


そこで、電話が一方的に切られました。
チャットの反応もありません。電話を掛けても誰も出ませんでした。

なんともいえない放心状態で数分間が過ぎた頃
メールが届きました。画像が添付されています。
何通も届きます。画像は全部で30枚くらいありました。
昨日のが15枚。今日のは19枚ありました。
今日の画像の方がゆみこは感じているようでした。
昨日のは犯されている感じでした。
私はそれを見ながら、しごきはじめました。
陵辱されるゆみこの画像を見ながらペニスが腫れるほどしごきつづけました。

もどかしく感じるそれからの出張先での仕事にはまったく身が入りませんでした。
毎日届くゆみこの画像を見ながらオナニーする日が続きました。
相変わらず電話にでることはありません。

出張が終わり帰宅しました。
妻は何事もなかったように私を迎えます。
私は妻を求めました。嫌がる風もなくなすがままの妻。
股間に手を入れるとツルツル?
「あなた、全て知ってるんでしょ?」
「え?」
「あなたの出張中私調教されたの。」
思いもよらない展開に私は次の言葉が出ませんでした。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/08/28(木) 09:21:50|
  2. 1話完結■インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むちむち・笹崎

 『ちょっとだけドキドキしたい』というつもりだった。
 きっと寝取られ癖はあるんだろう……それは否定しない。でも現実には無理だと思っているし、妻にだって話せない。
 そう……そんな雰囲気を楽しむだけの遊びのつもりだった。


 僕がとあるチャットで出していた待機メッセージ。それは

『買い物中の妻をやらしい目で見てもらいたい』

 そんな短いメッセージだった。
 待ち合わせなんてするつもりはない。チャットの中だけで遊ぶつもりだった。
入室していた『月川』という相手の男性にもそんなつもりで話していたんだ。

「34歳の妻で、ムッチリ体型です……ウエストの括れはしっかりありますが、胸もお尻も肉付きの良い妻です」
「実は経験人数は僕を入れて3人しかいません」
「細身が好きな方は好みではないかも……」
「胸のカップですか? Gです。お尻? 確実に90cmより下ということはありません」

 画像を見せるなんてことはしかなった。ただ、文字だけで妻を紹介して……それでも僕は妻を知られていっているような気がして興奮していた。

「今日の服装ですか? たぶんレース状の黒のアンサンブルに下はTシャツという格好だと思います」
「下はジーパンだと思いますよ」
「髪形ですか?肩に届かないくらいのショートカットです」

 僕も相手の「月川」がただの『ごっこ』のつもりで話していると思っていた。
心のどこかで思っていたと思う。自分はしっかりと妻のことを話しているけど、こんな情報で見つけられるはずがない。
「月川」もそう思っているだろうから、実際にその店に行ったりなどしないだろうと……。

「買い物は夕方に行くと思います。僕は行きませんよ」
「はい。あそこのスーパーです」
「たぶん18:00頃だと思います」

 嘘じゃなかった。僕はその日の妻の服装を予想して報告し、買い物に行くであろう時間をしっかりと教えた。
よく利用する店も嘘偽りなく話したのは、そうすることでドキドキする感覚を味わいたかったから。


 休日の昼。僕はそんなチャットで興奮をして夜にはすっかり、良き夫の顔に戻っていたと思う。
 明日は仕事だ……。メールのチェックだけして早々に寝よう。そう思っていた時だった。

「ん?誰だ……これ」

 知らないメールアドレス。差出人の名前は「月川」と書かれていた。
チャットの中でお互いメール交換はしてみたが、実際にメールが送られてくるとも、僕から送るとも思っていない中での交換。
だから、僕はこのアドレスを「知らない」と思ったし、「月川」の名前も頭の中には残していなかった。
 その主を「あの人だ」と気付いたのは、そのメールを開いてからだったほどに、僕はその人を覚えていなかったのだ。

『こんばんは。
 ひとみさんはこの奥様で間違いないでしょうか?
 撮影してみたので確認してください。 
 あの時間帯で服装と、髪形と、30代半ばほどのムッチリ巨乳巨尻。
 たぶん合っていると思いますが……。』

 「ひとみ」とは妻の名前だ。もちろん本名……。ただただ興奮したかった為に、僕は本名を月川に教えていた。

「撮影した……?」

 確かにメールには5つのファイルが添付されてきている。その一つ目を開いて、僕の身体は小刻みに震え始めていただろう。

「まさか……本当に……?」

 1つ目の添付画像は、店内で撮られた女の後姿だった。
見覚えのある店舗内。後姿とは言え、それは間違いなく妻の姿だとわかるのは、10年も一緒に居る夫の目から見れば当たり前なのだろう。
 僕は『ごっこ』のつもりだったんだ……。
 でも月川から見れば、この人妻の旦那はチャットでそんな遊びをしているような男なのだと、冷たい笑みを浮かべているかもしれない。
 ただのバーチャルな遊びでしょ……?
 実際に妻を見つけられた。他人の手から妻の画像が送られてきた。僕はその事に怖くなったのだと思う。
 残りのファイルを開くことなく僕はそのメール事削除をしてしまった。
 もちろん「それは妻じゃありません。違います」と返信をしてから……。



 それからどれくらい日にちが経っただろう。
 相変わらず寝取られ癖はあるんだと思う。でもあの出来事以来、僕は『妄想寝取られ癖』なんだと理解した。
実際に妻を狙われると知れば怖くなるんだと理解したんだ。
あの日から僕は、ただ妄想で妻を寝取られる話だけをして楽しんでいる日々だった。

 そんなある日、チャットで話していた相手の中に僕の妻のような「ムチムチの巨乳巨尻妻が大好物」と公言する男がいた。
もちろん僕は文字だけで、自分の妻はそんなタイプですと話をしていただけ。
僕がただ、相手の好みに合わせて妻のスタイルを話しているだけと思っていたかもしれない。
 それでも僕はそんな妻を持っているのだから、30を超えた肉感の増した人妻の魅力はよくわかると話し、意気投合していたのだ。
 相手の名前……もちろんハンドルネームであるが、「百田」と名乗る男に最近同癖の人同士で盛り上がっているサイトがあると知らされた。
 僕の答えは当然、「興味がある」の返答。意気投合していたこともあり、百田は僕にそのサイトを教えてくれた。

【むちむち他人妻】

 ページを開いてみて最初に目に入ってきたのは、そんなサイト名であった。
 デブ専……とは違う。下半身や二の腕……太ももなんてのもあるだろう。人妻となり、年を重ねて肉感を増した女性に興奮してしまう男達が作ったサイト。
 僕はその中にあった【街撮り奥様】というコンテンツを百田に言われるままクリックしてみた。
明らかに盗撮だろう。街を歩く人妻……子供を見守るように公園のベンチに座る人妻……買い物中の人妻。
様々であったが、どれも共通していたのはモデルのようなスラリとした人妻ではなく、極々普通のどこにでもるような肉感の増した人妻ばかりということだろう。

「すごく普通って感じの人妻ばかりで……すごいですね」

 チャットの中でそんなことを話した僕に、百田は

「笹崎さんの奥さんって話を聞いていたら……スレナンバーNO.2063の奥さんに近い?」

 なんて話をしてきた。「笹崎」というのは僕がチャットでよく使っている名前だ。実は妻の旧姓でもある。
誰も知らない……誰も気付かないという思いから、僕は妻の旧姓を名乗り、妻の名前をチャットで晒していたのだ。
 僕は百田に言われた「NO.2063」のスレを探した。

「……っ!」

 それを見た瞬間、僕の身体は震えだした……そうあの時と同じ様に。

「この奥さんサイトでも結構人気あるんだよ?」

 チャットで送られてくる百田の文字は目に入る事はなかった。
 そのナンバーのスレには妻の画像が貼られている。投稿者は「月川」。

『むちむち人妻発見! 巨乳巨尻のオプション付き!』

 そんな言葉と共に飾られていた画像は、僕が見たあの後ろ姿の画像。そして見ることもなく削除した4枚の画像も一緒に並べられていた。
 正面から撮られた画像に顔のモザイクなどない。
主婦らしく安売りの特売品でも吟味しているのか、前かがみになる妻のお尻をアップで写した画像もあった。
胸元がアップで撮られた画像は、しゃがんだ妻を少し上から見下ろすように撮ったものなのだろう。Vに開くTシャツの首元から、谷間の裾が見えている。
そして、表情……この場合は「素顔」と言った方がいいかもしれない。それがよりわかりやすいようにと顔のアップの画像もあった。
 きっとあの時、僕が「その女が妻で間違いありません」と答えていたのなら、月川は僕とだけ秘密の遊びを楽しんでいたかもしれない。
 だが、僕は「違う」と答えてしまった……。
そう答えてしまった為に、撮られた画像は月川が発見した「ムチムチのオカズ妻」として晒されてしまったのだ。

「コメ数もすごいでしょ? デブというわけじゃない……でも圧倒的な肉感を感じる巨乳巨尻」

 相変わらず僕は百田の言葉など見ていなかった。それでも妻の画像に寄せられるコメントの返信はじっくり見てしまっていたのだ。

『月川さん。良い奥さん発見しましたね!』
『乳デケェ。旦那には絶対パイズリしてるはず』
『首は細いんだね……でも下半身の肉付きなんて「ザ・人妻」でしょw』
『俺、この店知ってる(笑) 今度俺も行ってみるわ』

 いったいこのサイトを利用している人間は何人いるのだろう?そもそもこんなサイトがあって許されるのだろうか?
完全にプライバシーを無視したやり方。妄想の中でということであろうが、「今度みんなで犯そう」なんて言葉まで出てきている。
 その事を百田に尋ねれば、「良いわけないよね?秘密のサイトだから秘密厳守だよ」と言葉が返って来た。
 さらに付け加えられた言葉……。

「ここでは「ひとみ」って呼ばれてる奥さんだけど、まだ新人なのにランキングも上位に食い込んで来たんだよ」

 ドキっとした……。いや「ドキ」なんて一言で片付けられない心臓の鼓動。
 僕は確かに月川には妻の名前を「ひとみ」だと教えてあった。
だが、これがひとみではないと僕は返事をしたはずだ。それでも月川にとっては適当に付けるには「ひとみ」という言葉がピタリとハマってしまったのだろう。
奇しくも妻は本名を出され、そしてこんなサイトで晒されていることになってしまっている。

「ランキング?」

 僕の問いに百田はトップページに戻って「オナペットランキング」というのを見るように言ってきた。
 そこは、一発オカズにする度に、女性の「仮の名前」をワンクリックしていくシステムになっているらしい。
そこに妻の名前を発見した。それは……『月川ひとみ』と書かれたもの。
 まるで月川の妻……月川の所有物にでもなったかのような文字に僕は感じてしまった。
その『月川ひとみ』の現在のランキングは……。

『5位 月川ひとみ 397発』

 「発」という文字はこのサイトの中で処理された精液の処理回数らしい。
妻は画像を見られながら397回もオカズにされたと言うことを見せられているのだ。

「ひとみ初登場が2週間くらい前だから、この数字って驚異的だと思わない?」

 百田の話によれば、このサイトの中で画像を出されている人妻の数は200人近いと言う。
すべてに仮名が付けられ、ランキングもその数に対応している。最下位の順位を見れば、204位となっているのだから、これがすべての数なのであろう。
 このサイトの利用者数がどれくらいに上るのかわからない。それでも登場から約2週間で397回の精液を処理した人妻は確かに僕だって異例にも感じる。
画像だって裸なんかじゃない。ただ普通に買い物をしている風景の画像でだからなお更。


 僕は……ただちょっとした刺激が欲しかっただけ。
 妄想で楽しみたかっただけなんだ……。

「今みんなで、うまくひとみを襲える方法がないか?って相談中なんだ。笹崎さんもどう?」

 『妻をやらしい目で見てもらいたい』。そんな待機メッセージを出したのが始まりだった。
 妄想だけで……そう思っていたのに。
 僕はあの時、月川に「違います」と嘘を付いてしまった。

 こんな大事になるなんて思わなかったんだ
  1. 2016/02/06(土) 18:51:47|
  2. 1話完結■インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名作の宝庫リンクサイト

このブログをリンクに追加する

プロフィール

シーザー

Author:シーザー
闇文庫は個人文庫です。
非公開の記事を公開する事はありません。
もしお読みになりたい場合は下記メールフォームに作品を指定していただければ、可能な限り掲載しているサイトをお知らせいたします。
問い合わせされる前に、お読みになりたい作品は一部を除き「オナニー三昧」の”逝く”ボタンで掲載サイトにリンクしますので大半が閲覧可能です。

yahooメールでお問合せいただいた場合、当方からの返信が迷惑メールとして扱われている場合があります。
返信が無いと思われる場合、迷惑メールのホルダーを覗いて見てください。

メールフォーム

カテゴリ

■完結名作 (1784)
別れた妻・七塚 (34)
妻は銀行員・貴子の夫 (5)
夢の中・弱い男 (29)
変身・KYO (43)
変わってしまった・柴田 (27)
気持ちの置場に・レタス (23)
心の隙間・松本 (7)
薬剤師・津島正義 (49)
表裏・所 (24)
本性・拓也 (32)
蜃気楼・WR (63)
妻の想いは…?・ムーア (19)
彼方なら・マサユキ (13)
待っていてくれる紗代・呑助 (6)
水遣り・CR (73)
CRの妻・洋子 (35)
喪失・バーバラ (25)
永遠に夫婦でいるために・ルイ (11)
役員会・KYO (102)
隣の芝生・石井 (42)
留守番・赤とんぼ (15)
家主・えりまきとかげ (32)
雲の上を歩く・MMさん教えて (62)
Booby Trap・道化師 (51)
チョコレートの伯父ちゃ・思い出 (31)
立場・Retaliation (42)
白き花・男とは? (38)
黒の凱歌・TELL ME (35)
女友達と妻・KYO (49)
赦さない・・・・ヨシキリ (34)
戦い・MM (75)
誤解の代償・美鈴さんに捧げる (24)
子は鎹・種無し (10)
魔性・樹氷 (43)
品評会・ミチル (33)
帰省・N (5)
妻の同窓会・間抜けなそして幸せな夫 (37)
奈落・RHM (27)
侵略・流石川 (23)
二人の妻・桐 (93)
神の悪戯・弱い鬼 (36)
イヴとなった妻・忍兄さん (70)
インプリンティング・迷人 (64)
よき妻・BJ (26)
卒業・BJ(よき妻 第二部) (24)
卒業後・BJ(よき妻 第三部) (74)
2つの我が家・鎌田 (14)
ミコと美子・美子の夫 (21)
暗黙の了解・裏筋舐太郎 (34)
■職場関係 (591)
上司と妻・陽太 (6)
知らなかった・みつる (6)
妻の初体験・変な夫 (7)
堕ちていく天使の影・赤いかげろう (7)
私の妻・つよし (5)
僕の不貞な妻・カウニッツ (6)
招かれざる、客・使徒 (14)
屋上・古屋二太郎 (2)
デジカメ・龍 (6)
壊れかけの絆・叶 (34)
本当の妻・加藤 (17)
嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした・不詳 (5)
二人の?妻・木下某 (27)
未完・修司 (19)
空白の2時間・ナガネギセブン (3)
妻・友子の不倫告白!・ヘタレ旦那! (18)
妻の浮気を知ってしまった。・美作 (2)
ピアノレッスン・悦 (5)
アルバイト・凛 (14)
元ヤクザの情婦にされた妻・574 (13)
観光温泉ホテル・公務員亭主 (16)
奥手でおとなしい妻が後輩に仕込まれた・名無し (6)
寝取られ妻が本気で妊娠まで・浩二 (5)
ナース妻を寝取られて・由美子命 (10)
写真館派遣の妻・無知な夫 (7)
私の身に起きた事実。・ファイター (10)
イケメン部下と妻・・・リュウセイ (9)
変貌する妻・雄治 (18)
僕の厄年・田舎おやじ (10)
訪問介護・サンコウシン (6)
狙われた人妻・亜紀・恋愛小説家 (7)
マラソンを愛する妻・スポーツトレーナー (3)
妻が汚れてしまった・常陸の親方 (10)
妻は専務のおもちゃだった・道騎士 (6)
妻の二人の夫・妻を愛する夫 (27)
見えない檻・生き物係り (30)
美樹がやられた・無能な夫 (41)
愛妻を・・・・川島クロード (12)
序破急・中務 (75)
月の裏側・久生 (14)
婚約者の調教動画が見つかって (12)
官舎 送別会・公務員 (5)
撮られていた妻・スネ夫 (8)
夫婦の恩返し・赤とんぼ (8)
1話完結■職場関係 (20)
■義父または近親 (65)
妻は義父のモノ・クスコ (3)
イトコと親友に、そして・・・ ・正光 (16)
巨乳妻・ゆうき (18)
家族遊戯・六郎汰 (14)
疑わしい行動・圭太 (9)
妻の絶頂・こうくん (5)
■隣人または友人 (491)
はちきれそう・ゆう (7)
仕掛けられた糸・赤いかげろう (6)
本当のこと。・一良 (14)
リフォーム・とかげ (22)
友達・悦 (13)
悪夢・覆面 (10)
ビデオ・はじめ (4)
言えない真実、言わない真実・JOE (17)
私しか知らなかった妻・一樹 (3)
妻の秘密・光一 (54)
清楚人妻 一夜の陵辱劇 ~親友に騙された~・仁 (6)
俺が負けたので、彼女が手コキした (5)
惨めな自分・子無き爺  (6)
田舎・マス夫 (16)
秘密・POST (14)
新妻の幻想・TAKA (4)
遠方よりの友・ちかこmy-love (11)
管理組合の役員に共有された妻・エス (136)
団地・妄人 (50)
抱かれていた妻・ミリン (18)
パーティー・ミチル (33)
友人・妄僧 (7)
甘い考え・白鳥 (22)
乳フェチの友人・初心者 (6)
1話完結■隣人または友人 (7)
■インターネット (54)
チャットルーム・太郎 (19)
オフ会・仮面夫婦 (10)
ターゲット・アイスマン (5)
奇妙な温泉宿・イワシ (14)
落書きの導き・マルタ (4)
1話完結■インターネット (2)
■旅先のアバンチュール (63)
バカンス・古屋二太郎 (7)
妻との旅行で・けんた (5)
無題・ざじ (10)
A温泉での忘れえぬ一夜・アキオ (18)
露天風呂での出来事・不詳 (2)
たった1度の体験・エロシ (9)
旅行・妄人 (12)
■医者・エステ・マッサージ (62)
孕まされた妻・悩める父親 (7)
とある会で。 ・けんじ (17)
亜希子・E-BOX (14)
子宝施術サービス・かえる (23)
1話完結■医者・エステ・マッサージ (1)
■借金 (56)
私達の出来事・不詳 (9)
私の罪・妻の功・山城 (9)
失業の弱みに付け込んで・栃木のおじさん (3)
変貌・鉄管工・田中 (5)
借金返済・借金夫 (5)
妻で清算・くず男 (5)
妻を売った男・隆弘 (4)
甦れ・赤子 (8)
1話完結■借金 (8)
■脅迫 (107)
夢想・むらさき (8)
見えない支配者・愚者 (19)
不倫していた人妻を奴隷に・単身赴任男 (17)
それでも貞操でありつづける妻・iss (8)
家庭訪問・公務員 (31)
脅迫された妻・正隆 (22)
1話完結■脅迫 (2)
■報復 (51)
復讐する妻・ライト (4)
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた (4)
ハイト・アシュベリー・対 (10)
罪と罰・F.I (2)
浮気妻への制裁・亮介 (11)
一人病室にて・英明 (10)
復讐された妻・流浪人 (8)
1話完結■報復 (2)
■罠 (87)
ビックバンバン・ざじ (27)
夏の生贄・TELL ME (30)
贖罪・逆瀬川健一 (24)
若妻を罠に (2)
範子・夫 (4)
1話完結■罠 (0)
■レイプ (171)
輪姦される妻・なべしき (4)
月満ちて・hyde (21)
いまごろ、妻は・・・みなみのホタル (8)
嘱託輪姦・Hirosi (5)
私の日常・たかはる (21)
春雷・春幸 (4)
ある少年の一日・私の妻 (23)
告白・小林 守 (10)
牝は強い牡には抗えない。・山崎たかお (11)
堅物の妻が落とされていました・狂師 (9)
野外露出の代償・佐藤 (15)
妻が襲われて・・・ ・ダイヤ (6)
弘美・太郎棒 (11)
強奪された妻・坂井 (2)
痴漢に寝とられた彼女・りょう (16)
1話完結■レイプ (5)
■不倫・不貞・浮気 (788)
尻軽奈緒の話・ダイナ (3)
学生時代のスナック・見守る人 (2)
妻・美由紀・ベクちゃん (6)
押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優・不詳 (8)
妻に貞操帯を着けられた日は・貞操帯夫 (17)
不貞の代償・信定 (77)
妻の浮気を容認?・橘 (18)
背信・流石川 (26)
鬼畜・純 (18)
鬼畜++・柏原 (65)
黒人に中出しされる妻・クロネコ (13)
最近嫁がエロくなったと思ったら (6)
妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった (5)
他の男性とセックスしてる妻 (3)
断れない性格の妻は結婚後も元カレに出されていた!・馬浪夫 (3)
ラブホのライター・され夫 (7)
理恵の浮気に興奮・ユージ (3)
どうしてくれよう・お馬鹿 (11)
器・Tear (14)
仲のよい妻が・・・まぬけな夫 (15)
真面目な妻が・ニシヤマ (7)
自業自得・勇輔 (6)
ブルマー姿の妻が (3)
売れない芸人と妻の結婚性活・ニチロー (25)
ココロ・黒熊 (15)
妻に射精をコントロールされて (3)
疑惑・again (5)
浮気から・アキラ (5)
夫の願い・願う夫 (6)
プライド・高田 (13)
信頼関係・あきお (19)
ココロとカラダ・あきら (39)
ガラム・異邦人 (33)
言い出せない私・・・「AF!」 (27)
再びの妻・WA (51)
股聞き・風 (13)
黒か白か…川越男 (37)
死の淵から・死神 (26)
強がり君・強がり君 (17)
夢うつつ・愚か者 (17)
離婚の間際にわたしは妻が他の男に抱かれているところを目撃しました・匿名 (4)
花濫・夢想原人 (47)
初めて見た浮気現場 (5)
敗北・マスカラス (4)
貞淑な妻・愛妻家 (6)
夫婦の絆・北斗七星 (6)
心の闇・北斗七星 (11)
1話完結■不倫・不貞・浮気 (18)
■寝取らせ (263)
揺れる胸・晦冥 (29)
妻がこうなるとは・妻の尻男 (7)
28歳巨乳妻×45歳他人棒・ ヒロ (11)
妻からのメール・あきら (6)
一夜で変貌した妻・田舎の狸 (39)
元カノ・らいと (21)
愛妻を試したら・星 (3)
嫁を会社の後輩に抱かせた・京子の夫 (5)
妻への夜這い依頼・則子の夫 (22)
寝取らせたのにM男になってしまった・M旦那 (15)
● 宵 待 妻・小野まさお (11)
妻の変貌・ごう (13)
妻をエロ上司のオモチャに・迷う夫 (8)
初めて・・・・体験。・GIG (24)
優しい妻 ・妄僧 (3)
妻の他人棒経験まで・きたむら (26)
淫乱妻サチ子・博 (12)
1話完結■寝取らせ (8)
■道明ワールド(権力と女そして人間模様) (423)
保健師先生(舟木と雅子) (22)
父への憧れ(舟木と真希) (15)
地獄の底から (32)
夫婦模様 (64)
こころ清き人・道明 (34)
知られたくない遊び (39)
春が来た・道明 (99)
胎動の夏・道明 (25)
それぞれの秋・道明 (25)
冬のお天道様・道明 (26)
灼熱の太陽・道明 (4)
落とし穴・道明 (38)
■未分類 (569)
タガが外れました・ひろし (13)
妻と鉢合わせ・まさる (8)
妻のヌードモデル体験・裕一 (46)
妻 結美子・まさひろ (5)
妻の黄金週間・夢魔 (23)
通勤快速・サラリーマン (11)
臭市・ミミズ (17)
野球妻・最後のバッター (14)
売られたビデオ・どる (7)
ああ、妻よ、愛しき妻よ・愛しき妻よ (7)
無防備な妻はみんなのオモチャ・のぶ (87)
契約会・麗 (38)
もうひとつの人生・kyo (17)
風・フェレット (35)
窓明かり ・BJ (14)
「妻の秘密」・街で偶然に・・・ (33)
鎖縛~さばく~・BJ (12)
幸せな結末・和君 (90)
妻を育てる・さとし (60)
輪・妄僧 (3)
名器・北斗七星 (14)
つまがり(妻借り)・北斗七星 (5)
京子の1日・北斗七星 (6)
1話完結■未分類 (1)
■寝取られ動画 (37)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

訪問者数

現在の迄訪問数:

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR